「クラウドファンディング」タグアーカイブ

笠松将x祷キララ 森田和樹監督の最新作「ファンファーレが鳴り響く」クランクイン


映画情報どっとこむ ralph 2019年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭においてグランプリ&シネガーアワードを受賞した森田和樹監督の最新作「ファンファーレが鳴り響く」が11月2日にクランクインした。 主演は若手実力派の笠松将。ヒロインは祷キララ。

その他、黒沢あすか、川瀬陽太、上西雄大、大西信満、木下ほうかなど実力派が集結した新世代の青春スプラッターロードムービー。

本作は2020年の夏に開催されるゆうばり国際ファンタスティック映画祭での上映後に、都内および主要都市で上映予定。

尚、本作は製作費の支援をクラウドファンディングでも募集中です。

2019年11月25日まで3,000円~、エンドロールにお名前を記載、撮影用台本をプレゼントなどさまざまな特典を用意している。

詳しくは、下記、CAMPFIREのサイトまで。

映画情報どっとこむ ralph 森田和樹監督コメント
「2年前に大病にかかり、今も毎日飲む13錠の薬に生かされている自分。
もう死にたいと思う日々がありました。映画がなければ未だに鬱屈した日々を過ごしていたと思います。
そんな中でも映画に縋り、ニュースを見ては伝えたい事が出てきて、自身の欲を沢山入れたのが今作です。枠にハマる映画にはしたくない。
好きだと感じた方々を面白ろおかしくする為だけな撮り方作り方はしたくない。
今の自分に出来る精一杯の事を。」

映画情報どっとこむ ralph 「ファンファーレが鳴り響く」

2020年夏公開予定

【STORY】
高校1年生で吃音症の神戸明彦はクラスでイジメの対象になり、鬱屈した日々を過ごしていた。 耐えて何食わぬ顔で家で過ごす明彦は、脳内で神様を殺す日々。 ある日、クラスメイトで才色兼備の完璧な女子生徒・七尾光莉が猫を殺しているのを偶然に見てしまう。 光莉は生理の時に見た自分の血に興味を駆られて、他者の血を見たい欲求を持っていた。 そして光莉は明彦に殺人欲求がある事を打ち明けイジメグループを殺そうと提案する。 そして2人は殺しを始め、逃げるように東に向かいながらも殺しを行なっていく。新世代の青春スプラッターロードムービー。

***********************************


出演者
笠松将、祷キララ、黒沢あすか、川瀬陽太、上西雄大、大西信満、木下ほうか、他

監督・脚本:森田和樹

プロデューサー:小林良二、鈴木祐介、角田陸、塩月隆史
撮影:吉沢和晃 録音:西山秀明
助監督:森山茂雄 特殊造形:土肥良成
制作・配給・宣伝:渋谷プロダクション
製作:「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会
©「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大崎章監督 ✕ 南沙良主演「無限ファンデーション」即興予告完成!


映画情報どっとこむ ralph 『お盆の弟』(第37回ヨコハマ映画祭4冠)の大崎章監督がシンガーソングライター・西山小雨の楽曲「未来へ」を原案に台本なしの即興芝居で紡がれた本作。いよいよ8月24日よりロードショー公開となる直前に、「即興予告編」が制作され、この程完成、解禁となった。
無限ファンデーション そもそもは大崎章監督に、本作で音楽を担当した西山小雨からMusic Videoの制作依頼があったのがきっかけで、映画が先に完成。映画と音楽のコラボ映画祭MOOSIC LAB 2018長編部門にて、昨年お披露目され、女優賞(南沙良)とベスト・ミュージシャン賞(西山小雨)、そして同作に出演の日高七海がスペシャルメンションを受賞し、3冠を果たした。


そして未だ作られていなかった幻のMusic Videoを制作すべく今年5月からクラウドファンディングをスタート。なんと1週間で目標金額に達成したが、その後も目標金額を超えて支援が集まり続け、8月9日の23:59にて終了となる。

★クラウドファンディング
mugen-foundation

そこで目標金額を超えたため、本編予告と別に、作品同様に「即興」の予告編を制作。
無限ファンデーション_即興予告 完成した予告編には、スペシャルメンションを受賞した日高七海と、映画の中で同じ演劇部の部長役の近藤笑菜が登場。映画の見所などを紹介している。



映画情報どっとこむ ralph 「無限ファンデーション」

公式サイト:
https://mugenfoundation.com/

STORY……
人付き合いが苦手な女子高生・未来は、服飾デザイナーになる夢を胸に秘め、誰にも打ち明けることなく退屈な日々を過ごしていた。ある日の帰り道、リサイクル施設から聴こえる澄んだ歌声に導かれ、ウクレレを弾きながら歌う不思議な少女・小雨と出会う。さらには未来が描いた洋服のデザイン画を目にした演劇部のナノカたちに誘われ、舞台の衣装スタッフとして入部することになる。戸惑いつつも小雨やナノカたちに心を開いていく未来だったが、彼女たちの一夏はやがて思いがけない方向へと走り出していく…。
無限ファンデーション
***********************************


南沙良 西山小雨 原菜乃華 小野花梨 近藤笑菜 日高七海 池田朱那 佐藤蓮 嶺豪一 片岡礼子

監督:大崎章
音楽・主題歌:西山小雨
撮影・編集:猪本雅三(J.S.C) 照明:松隈信一 サウンドデザイン:伊藤裕規
プロデューサー:越川道夫 助監督:張元香織 コンセプトデザイン:宮本茉莉 ヘアメイク:浅井美智恵
企画:直井卓俊 宣伝美術:寺澤圭太郎 ポスタースチール:枝優花
企画協力:Breath 協力:高崎フィルムコミッション玉村町
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
共同配給宣伝:MAP
2018 | 日本 カラー 5.1ch 102min




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

児童養護施設のドキュメンタリー『ぼくのこわれないコンパス』クラウドファンディングスタート


映画情報どっとこむ ralph ぼくは、声なき子どもたちの「声」になりたい。

児童養護施設で育った父親のルーツを辿るため来日したアメリカ人が監督する、児童養護施設の子ども達が直面している問題を扱うドキュメンタリー映画『ぼくのこわれないコンパス』クラウドファンディングがスタート!

ぼくのこわれないコンパス_メインビジュアル
現在日本では、生みの親と暮らせない、児童養護施設に暮らす2歳から18歳の子どもたちが約25,000人*いる。
里親家庭や乳児院などのその他の社会的養護下に置かれている子どもたちを含めると、約45,000人*に上る。

第二次世界大戦後、孤児として日本の児童養護施設で育った父親のルーツを辿りたいと2006年に来日したアメリカ人の映像作家マット・ミラーは、児童養護施設で暮らす子どもたちがアウトドア体験を通して自分の道を自分の力で切り拓ける「生きる力」を育むことを目的とする認定特定非営利活動法人『みらいの森』で映像を撮るようになった。

現在、日本の児童養護施設に入所している子どもたちの内、約6 割は虐待を経験している*が、この子どもたちには、カウンセリングなど、十分なメンタルヘルスのサポートが無いこと、さらに、原則18歳の高校卒業と同時に施設を退所することが定められており、まだ経済力がない中、衣食住すべての自立が求められるという現実を知り、ショックを受け、社会への発信が必要だという思いに至る。

*出典:厚生労働省統計

映画情報どっとこむ ralph その『みらいの森』の参加者の一人・トモヤ(現在20歳)は、マットとの出会いと交流をキッカケに「自分と同じような境遇にある子どもたちの、声なき声の代弁者になりたい」と決意。

18歳以下の児童養護施設の子ども達は、引き離されている親御さんの同意書が必要になってくるため、ドキュメンタリーに顔や声を出すことは難しい。親の同意なく出演できる年齢となったトモヤは、児童養護施設の子ども達を代表し、本ドキュメンタリーの被写体となることに同意した。

トモヤが12歳だった2012年6月、実の母親とその夫がメモと1000円だけを残して数日外泊していることを学校の先生が知り、母親の帰宅まで児童相談所に保護される。13歳になった9月には学校の健康診断で背中に痣が見つかり、児童相談所で数日、一時保護所で2ヶ月過ごした後、児童養護施設に入所。そこで見つけた安心できる生活と、『みらいの森』との出会いなど10代の自分に起こった出来事を、トモヤ本人が自分の言葉で告白。マットのカメラは、トモヤや他の子どもたちの“目”となり、様々な背景を持った彼らの心や、施設での毎日の暮らし、そして大自然の中で「生きる力」を取り戻していく道筋を、 詩的に映し出していく。

本作は、これまで直接聞く機会がほとんどなかった子どもたちの心に光を当て、児童虐待や、ネグレクト、そして子ども達のメンタルケアの欠如などの社会問題に正面から向き合い、社会に発信することで、関心をもってもらうことを目指している。
ぼくのこわれないコンパス_メインビジュアル ぼくのこわれないコンパス_メインビジュアル ぼくのこわれないコンパス_メインビジュアル

映画情報どっとこむ ralph このドキュメンタリー映画の完成に向け、到達しない場合は1円も受け取ることができない「All or Nothing方式」を採用した500万円を目標とするクラウドファンディングがKickstarterにてスタート。寄付を募っている。

「ぼくのこわれないコンパス」クラウドファンディング概要
ぼくのこわれないコンパス_メインビジュアル ■目標金額:500万円 
※500万円を集めることを目標とし、到達しない場合は1円も受け取ることができない
「All or Nothing方式」を採用。
■期間:2019年7月21日(日)正午~9月19日(木)11:30
■特典:エンドロールクレジットに名前がクレジットされる権利、本作をダウンロードする権利、
KEENのシューズ、ヘリコプター周遊にご招待、スカイダイビングにご招待など8つのコース
■URL:はこちら

1分の予告編はこちら。


本編より8分のプレビューと監督の動画メッセージはこちらから。


オフィシャル・ホームページ:
https://my-invincible-compass.com/

公式ツイッター:
@my_invincible

ぼくのこわれないコンパス_メインビジュアル
映画情報どっとこむ ralph 主人公:トモヤ プロフィール

2歳の頃から漁師の祖父母と3人で暮らす。2011年3月11日、当時11歳のトモヤは、東日本大震災の津波で、祖父母と住んでいた家を失う。祖父母が見つからないまま3週間が過ぎた頃、それまで数える程しか会ったことがなかった母親が迎えに来て、東京で母親と母親の新しい家族と一緒に住むことになる。2012年6月に母親によるネグレクト、9月に虐待が発覚。東京の児童養護施設に保護され、居場所を見つける。2014年夏より、児童養護施設で暮らす子どもたちのためのサマーキャンプ『みらいの森』に参加。

主人公:トモヤ コメント

「私にとって、児童養護施設は我が家でした。心から安心して日々を送れることが私の人生を好転させてくれました。多くの子ども達が同じ気持ちだと思います。一方で、児童養護施設に暮らす子どもたちの多くが心の傷を負っていますが、それに対する心のケアが足りていないことは大きな社会的問題だと感じています。この映画を通して、一人でも多くの人に、カウンセラーらによるケアを必要としている大勢の子ども達がいる事実を知っていただきたいのです。当時、私自身も心のケアを必要としていました。あの時、みらいの森のプログラムに出会い、前向きな気持になれた事は幸運な事だったと心から思います。いつか、私も子ども達を支えるケアワーカーの一人になれたらと考えています。」

監督:マット・ミラー(Matt Miller) プロフィール

アメリカ生まれ。彼の父親はアメリカ人の父と日本人の母の間に日本で生まれ、第二次世界大戦の混乱の中、孤児として日本の児童養護施設で育ち、10歳の時に養子として渡米。児童養護施設で育った父親のルーツを辿りたいと2006年に来日したマットは、日本では現在も沢山の子どもたちが児童養護施設で暮らしている現実を知ることになる。子どもの権利を守るために、映画制作を通してより多くの人々の意識や行動に変化を促すことを目的に活動している。

監督:マット・ミラー(Matt Miller) コメント

「私は法律を作ることはできませんが、映像作家である私は“意識を変えるきっかけ”を創造することができます。社会から取り残された声なき子どもたちの声を社会と共有するために、映画というプラットフォームを通して積極的な役割を果たせるはずです。この映画に心動かされない人はいない、と確信しています。」

認定特定非営利活動法人 みらいの森

みらいの森は、児童養護施設で暮らしている子どもたちが、自分の将来の道を自分の力で切り拓くためのスキルや考え方を、体験を通して学べるプログラムを企画・運営しているNPO。長期宿泊型のサマー・ウィンターキャンプや日帰りプログラムなど、年間を通して継続的に行われる活動は、子どもたちが退所後にスムーズに自立し、社会で幸せに暮らしていくために必要な「生きる力」を、体験を通して身に着けるようにデザインされている。「アウトドア」「多文化・多様性」「ロールモデル」を基軸として構成される非日常的な環境で、子どもたちは新しい経験を通し、幅広い学びの場で新しい自分と可能性を発見することができる。

***********************************

(c)映画「ぼくのこわれないコンパス」実行委員会





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

本田孝義監督 初劇映画『ずぶぬれて犬ころ』2019年劇場公開決定!Motion Galleryにてクラウドファンディング中!


映画情報どっとこむ ralph 「船、山にのぼる」「モバイルハウスのつくりかた」などのドキュメンタリー映画を製作してきた映画監督・本田孝義が、夭折の俳人・住宅顕信を描く監督初の劇映画『ずぶぬれて犬ころ』が、岡山と東京で2019年劇場公開されることになり、その劇場公開支援プロジェクトがクラウドファンディングMotion Galleryにて行われています。(締切:2019年4月30日23:59)

Motion Galleryサイトはこちら

映画情報どっとこむ ralph 住宅顕信役には、2015年の『おんなのこきらい』(加藤綾佳監督)出演で注目を集め、2019年には『21世紀の女の子』内『セフレとセックスレス』(ふくだももこ監督)、『疑惑とダンス』(二宮健監督)など出演作が次々と公開される木口健太。
現在のいじめられている少年・小堀明彦役には、これからの活躍が期待される森安奏太。
他に、仁科貴、八木景子、原田夏帆、脇田敏博、坂城君、柳田幸則、田中美里(特別出演)らが脇を固めます。
脚本は歌人でもある山口文子。
撮影は『人のセックスを笑うな』『ニシノユキヒコの恋と冒険』の鈴木昭彦。
音楽は“あらかじめ決められた恋人たちへ”のリーダーであり、『武曲 MUKOKU』『ピンカートンに会いにいく』やドラマ『宮本から君へ』では音楽を担当した池永正二。 

2018年7月に映画は完成し、11月の岡山映画祭で初披露されています。



映画情報どっとこむ ralph 映画『ずぶぬれて犬ころ』について

2002年、精神科医・香山リカさんが住宅顕信のことを書いた本が出版され、全国的なブームが起きました。

1987年に25歳の若さで自由律の俳人・住宅顕信(すみたくけんしん)が亡くなりました。急性骨髄性白血病でした。

気の抜けたサイダーがぼくの人生
若さとはこんな淋しい春なのか
春風の重い扉だ

など、鮮烈な句を残しています。タイトルの『ずぶぬれて犬ころ』も住宅顕信の句です。闘病中も俳句への情熱を燃やし続けた住宅顕信の姿を繊細に描き出しています。



住宅顕信と同じ岡山県出身の私も、この時に初めて住宅顕信のことを知り、彼の俳句を初めて読みました。

住宅顕信(本名・春美)は1961年岡山県岡山市に生まれました。中学卒業後は下田学園調理師専門学校に通いながら、レストラン等で働いたのち、19歳で岡山市の清掃業に採用。この頃から、自由律俳句(5・7・5の字数にとらわれない俳句)と宗教に興味を持ちます。1983年、22歳の時に京都西本願寺で得度、浄土真宗本願寺派の僧侶となり、法名を顕信とします。この年、自宅に無量寿庵という仏間を作っています。また、同年、1歳年下の女性と結婚。しかし、1984年23歳の時に、急性骨髄性白血病を発症し、岡山市民病院に入院。入院中に長男・春樹が誕生しますが離婚し、以後、病室で育児を行います。

入院中、俳句作りに没頭。全国に句友もでき、俳句誌にも投稿をしています。病状が回復し、一時退院出来たこともありましたが、回復するには至らず、1987年2月7日没。生前残した俳句は281句。

私は2014年に、諸般の事情で精神的に落ち込んでいました。その時、なぜか、「ずぶぬれて犬ころ」という住宅顕信の句が自分の中で蘇ってきたのです。住宅顕信の句は、闘病中に書かれたこともあって、暗い句が多いです。ですが、だからこそ精神的に厳しい状態に置かれた人たちにとっては、胸を打つ句でもあるのです。

2002年のブームから時代は一回りし、住宅顕信が生きた岡山県でも顕信のことを知らない人が増えてきました。私は住宅顕信の生き様・死に様を見ていただくことで、もう一度、顕信のこと、顕信の句を知ってほしいと強く願っています。そして、病を抱えながらも文字通り言葉に命を削った生き方は、世代を越えて、人間が生きる意味を考えさせてくれると思っています。

本田孝義監督談

映画情報どっとこむ ralph
監督・本田孝義略歴

1968年岡山市生まれ。1984年山陽町立高陽中学校卒業。1987年岡山県立岡山朝日高校卒業。1992年法政大学文学部日本文学科卒業。大学在学中から、自主映画の製作・上映を始める。その後、テレビの製作会社に2年間在籍した後、独立。ドキュメンタリー映画の製作と並行して現代美術展でも映像作品を発表。

主な作品・展覧会

1995年「デフ・ディレクター~あるろうあ者の記録~」※
1996年「コマンド・オクトパス」(大阪/モダンde平野)
1997年「平野幻想」(大阪/モダンde平野)
1998年「東京-大阪ミクスチャー」(大阪/モダンde平野)
1999年「科学者として」※(2000年に劇場公開)
2001年「ビデオリレー となりのお店」(岡山/奉還町アート商店街)
2002年「リターン」(岡山/アートウェーブ岡山)
2003年「ニュータウン物語」※(2004年に劇場公開)(岡山県山陽団地のドキュメンタリー、2002年に山陽団地で開催したニュータウン・アートタウン展のプロデューサー)
2004年「樋門」
(岡山/西川アーツフェスティバル)
2004年「沖縄ソウル 石川真生×本田孝義」
(沖縄/佐喜眞美術館)
2007年「船、山にのぼる」
※(2008年に劇場公開)
(広島県灰塚ダムでのPHスタジオによるアートプロジェクトのドキュメンタリー)
2011年「クロスポイント」
(岡山/朝鮮学校ダイアローグ)
2011年「モバイルハウスのつくりかた」
※(2012年に劇場公開)(建築家・作家の坂口恭平のドキュメンタリー) 
2013年「ヒカリエイガ」
(渋谷ヒカリエ開業1周年記念オムニバス映画、兼プロデューサー)    
2013年「山陽西小学校ロック教室」
※(岡山/「廻遊-海から山から-」アーティスト・イン・レジデンス)

***********************************

     




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ミスiD2018 小倉青 主演映画「いつか輝いていた彼⼥は」 上映決定!ファンディングも!


映画情報どっとこむ ralph ミスiD2018の小倉青が演技初挑戦にして初主演となる映画「いつか輝いていた彼⼥は」のMOOSIC LAB 2018での上映が11月に決定しました。

MINT mate boxのボーカルのマホと、その親友で音楽仲間の茜との、お互いの心に爪痕を残した高校時代のある一日を描く物語です。
映画情報どっとこむ ralph ★主演 小倉青コメント
撮影現場には驚くべき発見ばかりがあり、紛れもな く濃密な時間でした。役者さんたちのあまりにも自 然な演技、同じシーンを様々な角度から何度も撮影 する手法、飛び交う専門用語、分刻みのタイトなス ケジュール……目の前に広がる未知の世界に置き去り にならないように必死でした。振り返ってみると、 茜を演じたという感覚はありません。確実に自分の ものではない感情が心に着地し、カットがかかった 瞬間にふっと消えていくという、妙な感覚でした。 何もかもが未経験で直前まで不安要素しかありませ んでしたが、現場の和気藹々とした雰囲気に随分助 けられました。ストーリーこそ知っているものの、 完成形を明瞭には想像できずにいます。完成がとて も楽しみです。


★脚本・監督 前田聖来コメント
過去の自分、これからの自分を見つめ直し、今こ の瞬間の決意と後悔がにじみ出ているような、そ んな身を削った作品になるのではないかと思いま す。主演を務める⼩倉⻘さんには、会った瞬間か ら強烈な魅力を感じ、熱烈アタックを繰り返しま した。初経験とは思えない堂々とした演技に注目 です。また、本人役で出演したmahocatoさんも 演技初経験。そこにいるだけで画面が華やぐよう な存在感があります。本作品が今後どのように飛 び立っていくのか未知数ですが、一人でも目に触れた方の心に「へばり付くような」作品になれば 嬉しいです。

MOOSIC LAB公式サイト:
http://www.moosiclab.com/
作品公式SNS: Twitter
@ITSUKANO219


映画情報どっとこむ ralph ★クラウドファンディングを実施

本作品の制作を応援してくださるメンバーをクラウドファンディングにて募集します。
集まった資金は、撮影および編集仕上げ作業にかかる制作費の一部として使用させて頂ければと考えています。 リターンメニューとして下記を予定しています。

CAMPFIREクラウドファンディングページ


※クラウドファンディングの支援受付開始は4月上旬を予定しています。
リターンメニュー(予定)について 各支援金額でのメニュー内容ほか詳細は上記CAMPFIREサイトをご参照下さい

【監督&主演キャストからのお礼メール】
監督の前⽥聖来と主演の⼩倉⻘より、感謝の気持ちをメールにて伝えさせていただきます。

【直筆サイン入りポストカード】
監督の前⽥聖来と主演の⼩倉⻘の直筆サインの入ったオリジナルのポスターを差し上げます。

【エンドロール掲載】
映画のエンドロールにお名前を掲載させていただきます。

【完成台本】
撮影に使用した、映画の完成台本を差し上げます。 【試写会ご招待】 映画の試写会イベントにご招待させていただきます。

【スペシャルメイキングDVD 】
メイキング映像を収録したDVDを差し上げます。

【前⽥聖来監督過去作品DVD 】
前⽥聖来監督の過去作品「さわる」(夜空と森の交差する映画祭2015入選)、 「朝にかえる」(第3回インディペンデント映画大賞入選)を収録したDVDを差し上げます。

【メイキングスチルデータセット】
撮影中に撮影したスチルデータを差し上げます。

【映画限定グッズ】
携帯壁紙、缶バッジ、ポスター、トートバッグ、Tシャツなど、オリジナルグッズを各種ご用意しています。

***********************************

小倉青 mahocato(MINT mate box) 日高七海 里内伽奈 柳澤果那 やすだちひろ(MINT mate box) KJ(MINT mate box)

脚本・監督:前田聖来
主題歌: MINT mate box「青春っていつも何かがたりない」(MMB RECORDS)
企画:直井卓俊|プロデューサー:和田有啓|撮影:原山星舟

照明:島田翔
録音:中尾功俊 助監督:岩瀬航
制作担当:ユ ウンビ
スチール:中本れみ
音楽:鯨岡弘識 宣伝協力:ボダパカ
配給・宣伝: SPOTTED PRODUCTIONS
©「いつか輝いていた彼女」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

アップリンクがクラウドファンディング『PLAN GO』立ち上げ資金集めをバックアップ


映画情報どっとこむ ralph 有限会社アップリンクさんがクラウドファンディング『PLAN GO』を立ち上げます。

PLAN GOでは、“クリエイティブ”、“ソーシャル”、“プロダクツ”の3つのジャンルでプランを募集するそうです。


アップリンクは映画配給会社として30年の歴史をもち、劇場、カフェレストラン、ギャラリー、マーケットの経営も行ってきました。また、国内外のクラウドファンディングを利用した映画製作を通じ、そのノウハウを蓄積しています。これらの経験をもとに、プラン成功へのアドバイスを実施し、クラウドファンディング成功の要となる情報拡散にはアップリンクのSNSアカウントをフル活用するほかwebDICEに起案者やプランを紹介する記事を掲載し、資金集めを全面的にバックアップするとのこと。

映画情報どっとこむ ralph 有限会社アップリンク代表 浅井 隆さんのご挨拶

アップリンクが新しくクラウドファンディングのプラットフォームを立ち上げます。

その名前は『PLAN GO』です。企画(プラン)を進める(ゴー)という意味を込めました。

PLAN GOは、多くのプランを集めることだけを目的とするプラットフォームではなく、セレクト型のクラウドファンディングです。応募のあったプランをPLAN GOスタッフがwebDICE(アップリンクのオンライン・カルチャー・マガジン)編集部と一緒にセレクトし、PLAN GOのページとは別にwebDICEで起案者とプランについての記事を掲載します。

PLAN GOを立ち上げるまで、アップリンクが起案者となり、実際に国内外のクラウドファンディングを利用して、映画やブルーレイの製作費を募ってきました。その時の経験から、プランを広くプロモーションする事がいかに重要で、クラウドファンディングを成功に導くカギであることを実感しました。

そこで、PLAN GOでは、セレクトしたプランをwebDICEへの記事掲載に限らず、アップリンクが持つ、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ラインなどのSNSをフルに活用しPLAN GOでセレクトしたプランを拡散していきます。

また、アップリンクは映画館、カフェレストラン、ギャラリー、マーケットとリアルな場を持っています。例えば制作途中の映画を試写会でアピールしたり、カフェ、ギャラリー、マーケットをクラウドファンディングのプレゼンテーションや支援者のつどいの場として利用することもできます。さらにプランが達成した後も、それらの場と連携して発表や販売の場として利用することもできます。

募集するプランは大きく分けて「クリエイティブ」「ソーシャル」「プロダクツ」の3つのジャンルです。例えば映画であれば、映画製作や配給支援などの「クリエイティブ」なプラン。映画館作り、上映会など場づくりを支援する「ソーシャル」なプラン。そして、映画のキャラクターT シャツやグッズを作る「プロダクツ」といったプランを想定しています。もちろん、こちらの想定するジャンルに捉われないプランも歓迎します。

起案者は、あなたのユニークなプランをクラウドの力を使い共感し応援する支援者をみつけてください。また、支援を希望する方は、このPLAN GOから共感できるプランをみつけて応援して欲しく思います。

映画情報どっとこむ ralph ◆募集概要
​・支援募集開始:2018年2月下旬(『PLAN GO』サイトオープン)
・第一弾プラン募集期間:2018年1月31日まで(左記以降も募集は随時受け付けます)
・起案方式:購入型、All or nothing方式 ※1
・手数料:10%(プラットフォーム手数料+決済代行手数料)※2
・支援募集期間:最大60日間(ストレッチ期間あり)※3

※1 起案者は、設定した募集期間内に資金の目標金額を達成した場合にのみ、支援者から集まった資金を受け取ることができます。
※2 成立したプロジェクトに掛かる手数料は、プラットフォーム手数料と決済代行手数料を合わせて10%のみです。起案者には、集まった支援金総額から手数料を除いた金額が支払われます。
※3 初回に設定した60日以内の目標期間でプランが成立した場合、目標額を増額し最大60日まで期間を延長して支援募集を継続することができます。

◆募集プロジェクト
​​PLAN GOでは、“クリエイティブ” “ソーシャル” “プロダクツ” の3つのジャンルでプロジェクトを募集します。
例)”映画”のプラン
クリエイティブ ・・・ 映画製作や配給支援などのプラン
ソーシャル ・・・ 映画館づくり、上映会など場づくりを支援するプラン
プロダクツ ・・・ 映画のキャラクターTシャツやグッズを作るプラン

◆PLAN GOのサポート◆
《プラン開始前》
・webDICへの記事掲載(プラン概要、起案者の紹介)
・プラン内容の充実に向けたアドバイス
・宣伝方法のアドバイス(SNSの活用、他メディアの活用等)
・サイト掲載内容のアドバイス(文章校正、画像選択、目標額の適正性、リターン内容と金額設定等)

《プラン実施中》
・webDICE追加記事掲載(ex.中間期、終了前)
・プランページへのアクセス解析情報の提供(Googleアナリティクス・週1回)
・アップリンクのSNSを利用した情報拡散協力
・支援者向けイベント開催に関するアドバイス

《プラン成立後》
・発表場所、イベント場所としてアップリンク利用時の協力
・プランの実施経過や完成報告等のwebDICEへの記事掲載

◆プラン応募方法◆
第一弾募集はメールにて受け付けます。


2018年2月のサイトオープン後は、申請フォームにて受け付けます。
プランの応募をご希望の方は〔募集要項〕と〔よくあるご質問〕を送付しますので下記までメールでご連絡ください。
Email: plango@uplink.co.jp
件名:「PLAN GO資料希望」

◆第一弾プラン限定キャンペーン◆
第一弾プランについては、オンライン・カルチャー・マガジン「webDICE」のバナー枠をプレゼント。各プラン専用のバナーを2週間で2万インプレッション表示します。

◆SNSアカウント◆
Twitter:PLAN GO @plango_uplink
***********************************









良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「さぬき映画祭2018」概要が発表&クラウドファンディング スタート!


映画情報どっとこむ ralph 来年2⽉に開催予定の「さぬき映画祭2018」概要が発表に。
今回で12年目となる今回も、充実したラインナップをご用意します。

開催日程:平成30年2⽉9日(⾦)〜 2⽉12日(月・祝) 4日間
開催会場:レクザムホール、イオンシネマ(⾼松東・綾川・宇多津)、サンポートホール 高松、情報通信交流館e-とぴあ・かがわ、かがわ国際会議場 ほか
主催:さぬき映画祭実⾏委員会、香川県、高松市、宇多津町、綾川町
ディレクター:本広克⾏(映画監督)

❶さぬきストーリー・プロジェクト
一昨年から始まった「さぬきストーリー・プロジェクト」ショートムービーコンペティ ションを今年も実施。香川県での面白いエピソードや感動する話、歴史や伝説などの「ス トーリー」を基に制作されたショートムービーを上映し、来場者の投票でグランプリを決 定します。現在、作品を募集中で、グランプリ作品には賞⾦100 万円を、グランプリ作品 ストーリー提供者には賞金3万円を贈呈します。

❷映画上映
話題の新作映画から名作まで、本広ディレクター選りすぐりの作品を、監督や出演俳優 らによるトークイベントを交えながら上映します。 ・新進気鋭の若⼿映画監督作品を上映し、次世代を担う監督たちを応援します。 ・コンペティション部門として平成27年度まで実施していた「映像作品企画募集」におい て、優秀企画に選ばれた過去の作品を上映します。

❸演劇公演
「映画、だけじゃない映画祭」をコンセプトに、今回も演劇公演を実施します。
「水曜どうでしょう」の藤村忠寿ディレクターが、サムライ時代劇集団「笑撃武踊団」 を従えて旗揚げした藤村源五郎一座による演劇公演を予定しています。

❹映画祭地方サミット
地方映画祭を開催している方々に集まっていただき、本広監督やさぬき映画祭開催期間 中に来県した関係者とともに、地方映画祭の未来について話し合うシンポジウムを開催 します。

❺シナリオコンクール
第2回目となる「シナリオコンクール」は、映画監督やシナリオライターなど、映画・ 映像に携わる人材の育成・発掘を目的とし、香川県在住者又は出身者を対象とした企画 です。開会式において表彰式を行い、大賞受賞者には10万円を贈呈します。

❻トークイベント
さぬき映画祭常連、北海道の人気TV番組「水曜どうでしょう」と福岡の「ゴリパラ見聞録」の上映と、トークイベントを開催します。
映画監督によるトークをお食事と共に楽しめるイベントを実施します。

映画情報どっとこむ ralph そして!クラウドファンディングを始めたそうです!

さぬき映画祭2018開催に向けて、CAMPFIREさんにてクラウドファンディングプロジェクトをスタート!
サイトはこちら

パンフレットや映画鑑賞引換券をお手元にお届けするプランから、ゲストも参加される オープニングパーティーや交流会の特別招待チケットなど、ここでしか得られない特典 もありますので、ぜひご覧ください。なお、今回の特典を受けられるのは、2018年1⽉25日までにお申込みいただいた方です。

クラウドファンディングページにはドキュメンタリー映画『映画祭のつくり方ーさぬき 映画祭の場合ー』の特別編集版を掲載。さらに【行定勲×本広克行対談】映画監督兼映 画祭ディレクターでもあるお二人の対談映像も必見です。 日本映画の灯火となる、新しい映画祭を一緒につくりませんか?

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

市川美織・秋月成美・りりか出演!『放課後戦記』オフィシャルサポーター大募集!


映画情報どっとこむ ralph ヒロインにNMB48の市川美織を迎え、SOLDOUTした舞台「放課後戦記」が新たなストーリーと新たなキャストを迎え映画化。

2018年春の公開が発表された映画版『放課後戦記』が「オフィシャルサポーター大募集!」と銘打ち、11月1日よりMakuakeにてクラウドファンディングのプロジェクトをスタートさせました。
このプロジェクトでは、支援者を「オフィシャルサポーター」と称し、サポーター自身にSNSなどを利用して映画を拡散してもらい、一人でも多くの方々に『放課後戦記』を届けることを目的としています。

また、支援者が期待を寄せる「リターン」も、オフィシャルサポーター証、キャストからのお礼の手紙、プロジェクト限定デザインのポスター、エンドクレジットへのお名前の掲載、プロジェクト限定試写会へのご招待、キャストとの集合写真撮影など充実の内容。

オフィシャルサポーターとしてチーム『放課後戦記』の一員となり、キャスト・スタッフと一緒に『放課後戦記』を盛り上げていける方を大募集!

『放課後戦記』クラウドファンディングプロジェクトにご注目ください。
映画情報どっとこむ ralph プロジェクト名
市川美織・秋月成美・りりか出演!『放課後戦記』オフィシャルサポーター大募集!

プロジェクト実施期間
2017年11月1日(水)11:00 ~ 2018年1月30日(火)18:00

プロジェクトページ
映画情報どっとこむ ralph 「放課後戦記」ストーリー
ある日の放課後、門脇瀬名(市川美織)はハンカチを返すため屋上で憑対弓立(りりか)を待っている間に居眠りをしてしまう。
目を覚ますと暗くなった学校に閉じ込められていた。電話も通じない外部からシャットアウトされた校内で、瀬名の目に映った
のは手を切断されて苦しんでいる女子生徒だった。巨大な光や世界が赤く染まっていく不思議な出来事が起こる中、少女たちの
史上最悪の殺し合いがはじまる・・・・・・。
残り4日、残り3日、残り2日、残り1日、少女たちの殺戮のカウントダウン、最後に生き残るのは誰か?

***********************************

原案:オクショウ 
監督:土田準平 
脚本:桃原秀寿 
出演:市川美織 秋月成美 りりか 小宮有紗 遠藤新菜 青島心 窪田美沙 井上美那 大野未来 小泉萌香 加藤美紅 
新田祐里子 片岡沙耶 野々宮ミカ 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ