「クラウドファンディング」タグアーカイブ

市川美織・秋月成美・りりか出演!『放課後戦記』オフィシャルサポーター大募集!


映画情報どっとこむ ralph ヒロインにNMB48の市川美織を迎え、SOLDOUTした舞台「放課後戦記」が新たなストーリーと新たなキャストを迎え映画化。

2018年春の公開が発表された映画版『放課後戦記』が「オフィシャルサポーター大募集!」と銘打ち、11月1日よりMakuakeにてクラウドファンディングのプロジェクトをスタートさせました。
このプロジェクトでは、支援者を「オフィシャルサポーター」と称し、サポーター自身にSNSなどを利用して映画を拡散してもらい、一人でも多くの方々に『放課後戦記』を届けることを目的としています。

また、支援者が期待を寄せる「リターン」も、オフィシャルサポーター証、キャストからのお礼の手紙、プロジェクト限定デザインのポスター、エンドクレジットへのお名前の掲載、プロジェクト限定試写会へのご招待、キャストとの集合写真撮影など充実の内容。

オフィシャルサポーターとしてチーム『放課後戦記』の一員となり、キャスト・スタッフと一緒に『放課後戦記』を盛り上げていける方を大募集!

『放課後戦記』クラウドファンディングプロジェクトにご注目ください。
映画情報どっとこむ ralph プロジェクト名
市川美織・秋月成美・りりか出演!『放課後戦記』オフィシャルサポーター大募集!

プロジェクト実施期間
2017年11月1日(水)11:00 ~ 2018年1月30日(火)18:00

プロジェクトページ
映画情報どっとこむ ralph 「放課後戦記」ストーリー
ある日の放課後、門脇瀬名(市川美織)はハンカチを返すため屋上で憑対弓立(りりか)を待っている間に居眠りをしてしまう。
目を覚ますと暗くなった学校に閉じ込められていた。電話も通じない外部からシャットアウトされた校内で、瀬名の目に映った
のは手を切断されて苦しんでいる女子生徒だった。巨大な光や世界が赤く染まっていく不思議な出来事が起こる中、少女たちの
史上最悪の殺し合いがはじまる・・・・・・。
残り4日、残り3日、残り2日、残り1日、少女たちの殺戮のカウントダウン、最後に生き残るのは誰か?

***********************************

原案:オクショウ 
監督:土田準平 
脚本:桃原秀寿 
出演:市川美織 秋月成美 りりか 小宮有紗 遠藤新菜 青島心 窪田美沙 井上美那 大野未来 小泉萌香 加藤美紅 
新田祐里子 片岡沙耶 野々宮ミカ 


ミュージカル映画オーディション受付中!『とってもゴースト』角川監督インタビュー


映画情報どっとこむ ralph ミュージカル映画を日本に根付かせる活動をしてきた角川裕明監督が手掛ける次回作は音楽座さんのオリジナルミュージカル「とってもゴースト」。

監督にインタビューをする機会をいただきました!実は、記者自身ミュージカル好きで、音楽座さんの「とってもゴースト」は、何回か観劇させていただいた作品なので興味津々でインタビューに臨みました。


「とってもゴースト」映画化 角川監督インタビュー
日時:10月16日
ゲスト:角川裕明(かくかわひろあき)監督

映画情報どっとこむ ralph 角川監督自身も『レ・ミゼラブル』『エリザベート』『オーシャンズ11』などミュージカル作品に出られている俳優さん。スマートでイケメン。そして、ミュージカルへの熱が言葉の端々にほとばしります。先ずは、本作の映画化への経緯をお聞きすると

角川監督:日本ではミュージカル映画も少ないですし、オリジナルのミュージカルも少ないのが現状です。海外ではブロードウェイのミュージカルを映画化するという道が普通にあるのですが、日本にはない。ならば是非やってみたい。そんな話をSKIPシティーのプロデューサーにお話している時に、彼が懇意にしている音楽座さんに企画を持っていこうということになりました。私も元々ミュージカルを日本で広める活動と俳優として音楽座さんとはつながりがあったので、いくつか候補を持って行ったところ、音楽座さんも面白がってくれまして。今年の6月に再演した『とってもゴースト』を映画化しようということになりました。

と明かしてくれました。

映画情報どっとこむ ralph とってもゴーストは、美貌の人気ファッションデザイナーが自動車事故で死んでしまうのですが、突然の事故死に自分が死んだことに気づかずに・・・と言うもの。既にファッションデザイナー入江ユキ役に安蘭けいさん、デザイナー志望の服部光司役に古舘佑太郎さんが決まっていて、このお二人にメインキャストを決めた理由を

角川監督:安蘭けいさんは、何度も共演させていただいていて、ぼくの監督作に出たいと冗談っぽく言われていたんです(笑)。今回役柄的にも実力的にも安蘭さんが適役だと思い、ダメもとでオファーしてみたらOKがでました。

と語る角川監督は、ミュージカルに対する思いも方向性も安蘭さんと似ている点も起用の一つだそう。そして、古館さんに関しては

角川監督:最初は役柄的に親子で1人を演じてもらおうと2世タレントを探していたんですね。その時に古舘佑太郎さんが気になってました。ただ脚本が進むにつれて、2世でなくてよい演出となり他を探したものの・・・どうしても彼自身の雰囲気と歌声が良くて。伝手がなかったので直接事務所にコンタクトしました。彼はミュージカルは初ですがミュージシャンでもあるので可能性を拡げたいとの古館さんの想いもあって出演が決まりました。

と。
そしてこの流れで、話が出たのが昨日出演することが解禁となったガイド役の永山たかしさんの事。

角川監督:本作で重要なガイド役を探していて、上映脚本をお願いしている方の関係で紹介されたのが永山たかしさんです。直ぐに会いに来てくれまして、内容を説明したら乗ってくれました。実力的にも人気的にも心強い方をキャスティングできました。

と嬉しそうな監督。記者的にはガイドは監督自身がされるのかと思ったと話すと

角川監督:監督をしながら出るのは、どっちつかずになるので、作品のクオリティーを上げるために監督に専念します。

とキッパリ。

映画情報どっとこむ ralph 他のキャストは、いつ頃決まりますか?と、お聞きすると

角川さん:オーディションを行います。締切は、2017年10月29日(日) 23:59 なので、ミュージカルやってみたいと思う人は挑戦して是非応募して欲しいですね。

とのこと、応募サイトはこちら


映画情報どっとこむ ralph ここで、失礼ながら低予算でファンタジーものの映画化は大変ではないかと聞くと?

角川さん:そこは、脚本と演出で一工夫します。ミュージカルやファンタジーになじみのない方達にも共感いただけるリアリティがあるものにしようと思っています。例えば、舞台版と違ってガイドの人物像、背景を描いたり・・・・。今はネタバレになるので明かせませんが楽しみにしてください。

とのこと。すると気になるのは音楽。楽曲スコアは、音楽座さんオリジナルでいくのか尋ねると

角川さん:メロディーラインと歌詞はなるべく世界観を保ちます。ただし、アレンジを効かせて今の時代を反映した物にと思っています。そのためにも今回はミュージカル畑の方ではなく、映像に音楽を付けることを多く手掛けているミュージシャンの方にアレンジをお願いしています。

と映画化するからこそ、新しい世界観も出していかれるそう。


最後に・・・

角川監督:日本人が喜ぶ違和感のないミュージカル映画にこだわって創っていきますが、今回はミュージカルの華やかな部分とダンスもしっかり見せて、ミュージカルの王道の部分も出していきたいなと思っています。

皆さんも、映画に参加してみませんか?

①モーションギャラリーにてクラウドファンディング製作資金調達がほぼ目標金額に達し2017年10月20日23:59終了しました!
ファンディングサイト

②オーディション:2017年10月29日(日) 23:59 締切
オーディションサイト 

映画情報どっとこむ ralph
出演者のお二人からのコメントもどうぞ!

入江ユキ役:安蘭けいさん コメント
角川さんの日本ミュージカルに対する熱い思いに何か協力できないかと思っていたところに映画出演のお声 をかけて頂き、とても嬉しく思っています。しかも音楽座さんの名作で
とても素敵な作品なので楽しみで仕方が ありません。古舘さんとの共演もとても楽しみです!沢山の方に愛される映画になるよう、微力ながら全力を尽くしたいと思います!この出逢いに感謝です。


服部光司役:古舘佑太郎さんコメント
お芝居・歌・ダンスと、三つの要素が試されるミュージカル映画。音楽をきっかけに、この世界に入った僕にはうってつけだと息巻いていましたが、最近、実際にダンスをしてみて 一気に血の気が引きました。全く
経験な かった事を忘れていました!(涙)。でも、新しい事に挑戦するのが大好きなので、とても楽しみです。宝塚のトップとしてステージに立たれていた安蘭けいさんにミュージカルの美しさをとことん教えて頂きながら、普段バンドをやっている僕は僕なりの、“歌と映画”の可能性を探したいです

***********************************


宇野愛海主演『嘘とホームラン(仮)』のクラウドファンディング締め切り迫る!


映画情報どっとこむ ralph ぴあフィルムフェスティバル(PFF)出身の佐藤快磨(たくま)監督の“回復期リハビリ病院”を舞台にした短編映画『嘘とホームラン(仮)』

主人公の新人理学療法士・遥役でには女優活動に専念するためにエビ中こと私立恵比寿中学を“転校”し、映画初主演を果たした宇野愛海さんが主演。
一般から資金調達を募るクラウドファンディングのプラットフォーム「MotionGallery」で、映画の製作、映画祭出品、及び東京・大阪での上映のための支援を募っています!

映画『嘘とホームラン(仮)』のクラウドファンディング締め切りは本日9月8日金曜23:59です!

クラウドファンディング 
プロジェクトページ

物語・・・
宮下遥(宇野愛海)は、回復期リハビリテーション病院1年目のセラピスト。まだ慣れない仕事に戸惑いつつも、同期セラピストの幸子(堀春菜)に、彼氏・翔(細川岳)の愚痴などを聞いてもらっては、共に励まし合い頑張っている。担当していたタエが退院し、新しい患者が入院してくる。仕事中に脳卒中を発症した柘植。遥は初めて入院から退院までを担当することになる。柘植の妻・恵が号泣している中、柘植は淡々と言う。「元の生活には戻れないんですよね?」何も答えられない遥。日野課長と田口リーダーの指導の元、現実と向き合う日々が始まる。

ツイッター
@uno_narumi_proj

facebook
@unonarumiproject



***********************************

出演:宇野愛海、堀春菜、細川岳、佐々木すみ江
脚本・監督:佐藤快磨(『ガンバレとかうるせぇ』、『壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ』)
プロデューサー:登山里紗(『無伴奏』)
音楽:田中拓人(『そこのみにて光輝く』、『無伴奏』、『オーバー・フェンス』)
協力:ニューシネマワークショップ
撮影予定:2017年9月以降
完成及び完成披露試写会予定:2017年中
映画祭でのワールドプレミア目標:2018年中
宇野愛海,堀春菜,細川岳,佐々木すみ江


建てない建築家・嶋田洋平『建築をあきらめる(仮)』クラウドファンディングを開始


popcorn MotionGallery

映画情報どっとこむ ralph MotionGalleryStudioの第一弾作品で、「popcorn」(誰もが自分の映画館をつくることができるサービス)を運営する株式会社ポップコーンシアターによるオリジナル映画の製作が決定。

発表に伴い、クラウドファンディングプラットフォーム・MotionGalleryにて、 製作費を募るクラウドファンディングを開始することになりました。
オリジナル製作作品第1弾は、”建てない建築家”・嶋田洋平の姿に迫るドキュメンタリー です。

『建築をあきらめる(仮)』

遊休不動産を再生《リノベーション》することでまちを元気にする「リノベーションスクール」で各地を熱狂させる一方で、国土交 通大臣賞や日本建築学会教育賞(教育貢献)を受賞し、「アーキテクト・オブ・ザ・イヤー 2017」では隈研吾氏に続いて2位に選定されるなど、高い評価を受ける嶋田。 「これまでの建築家とは変えていかなきゃいけない」と、資金調達からパン屋の運営まで、 従来の建築家の仕事であった設計という範囲を超えて活動する嶋田のことを、地方は救世主のように扱い、建築業界は遠巻きに見つめています。

果たして嶋田は、今どんな景色を見ているのか。どこへ向かおうとしているのか。もはや 建築家はあきらめたのか。建築業界・リノベーション業界で今最も熱い男・嶋田洋平の真 意に迫るドキュメンタリーでありながら、同時に、リノベーションまちづくりをリアルに 体験できる作品となることを目指します。

出演:嶋田洋平ほか
監督:清水艶
企画:株式会社ポップコーンシアター
制作:MotionGalleryStudio produced w/エイゾーラボ 「MotionGallery」で製作費募集!

期間:9月4日(月)17:00~12月21日(木)23:59
クラウドファンディング


映画情報どっとこむ ralph popcornとは

popcornは、日本全国だれでも自分の映画館(マイクロシアター)をつくることができるサービスで す。求人サイト「日本仕事百貨」を運営する株式会社シゴトヒト代表のナカムラケンタと、日本最 大級のクラウドファンディングMotionGallery代表の大高健志が立ち上げました。カフェやコミュ ニティスペースなど開かれた場所での上映を全国各地のカフェ、バー、本屋さん、会社のオフィス、 映画のロケ地など、場所さえあればどこでも映画館になります。popcornにログインして観たい映 画をストリーミングするだけで、初期費用ゼロで上映費用のリスクなく上映会を開催することがで きる、世界初のサービスです。
popcorn公式ページ

映画情報どっとこむ ralph MotionGalleryStudio produced w/エイゾーラボとは

『MotionGalleryStudio produced w/エイゾーラボ 』は、資金調達と映像制作をワンストップで 提供する新しいサービスです。

従来のクラウドファンディングでは、プレゼンターはクリエイターであったり映像制作能力がある ことが前提でしたが、MotionGallery自らスタジオを持ち、資金調達だけでなく映像にまつわるプ ロデュースから実制作までを一気通貫でサポートする体制を実現しました。

これにより、資金や映像技術がなくても、誰もが自分のひらめき・アイディアをかたちにすること が可能になりました。映像制作のプロフェッショナル・チームで、劇映画やミュージックビデオ、 そしてクラウドファンディングのプロモーションムービーまで制作致します。

今回の映画『建築をあきらめる(仮)』は、MotionGalleryStudioの第一弾作品となります。 本 作のプロデューサー・制作を、汐田海平(エイゾーラボ株式会社/ MotionGalleryStudio共同プロデューサー)と大高健志(MotionGallery)が務めます。
***********************************




松浦健志監督最新作「夢の音」MotionGalleryでクラウドファンディング開始!


映画情報どっとこむ ralph 松浦健志監督最新作。想いをうまく言葉にできない不器用な登場人物たちが音楽を通して心を通わせていくミュージックエンタテインメントムービー「夢の音」。

その資金調達のために、クラウドファンディングサービス「MotionGallery」にて230万円を目指し、プロジェクトをスタートしました。本プロジェクトは2017年10月中旬から撮影が始まる映画「夢の音」の『製作費』及び『完成後の上映費用』のために資金調達を行っています。

映画「夢の音」製作支援プロジェクト at MotionGallery
特設サイト

なお、本プロジェクトの募集締め切りは12月25日です。一口3000円から支援することが可能であり、先行試写会(監督・出演者の舞台挨拶あり)の招待や映画DVD、劇中歌CD、サイン入り映画チラシ、主演・眉村ちあきによるあなただけのオリジナルライブチケット、などのリターンを手に入れることができます。


映画情報どっとこむ ralph 松浦健志監督からのお願い

映画「夢の音」は「だらしなく生きる知人がギターを演奏し始めたその瞬間の見違える格好良さ」に心を鷲掴みにされるような衝撃を受けた事がきっかけで生まれた物語です。2017年11月公開の商業映画「覆面系ノイズ」に助監督(音楽担当)として携わり、そこで出会った音楽チームと全く新しい音楽映画を撮るべく、本作を製作します。

どんな人にも、見る人をハッとさせるような輝く瞬間があります。本作では音楽の中で輝きを放つ人たちを切り取ります。

主人公は不器用で人付き合いが苦手な二十歳の女の子・葵。音楽とは無縁だった彼女はひょんな事からバンドのボーカルに抜擢され、音楽の世界に足を踏み入れる事になります。

従来の音楽映画の主人公といえば最初から音楽に対して情熱を持った人物に設定されています。しかし、音楽に対して興味・関心がない人物が、音楽をやる事でしか自分の存在意義を見出せないとしたら…。これが本作の主人公に与えた設定です。

コンセプト「音楽で繋がる絆」。想いをうまく言葉にできない不器用な登場人物たちが音楽を通して心を通わせていくミュージックエンタテインメントムービーを製作します。


松浦健志監督プロファイル

1985年6月3日、神奈川県生まれ。

日本大学芸術学部放送学科卒業後、商業映画・テレビドラマを中心に助監督として活動。近年助監督として携わった主な作品は、2017年3月公開映画「しゃぼん玉」(主演:林遣都)、2017年6月公開映画「結婚」(主演:ディーン・フジオカ)、2017年11月公開映画「覆面系ノイズ」(主演:中条あやみ)など。

監督作も精力的に制作。主な作品は第19回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭正式出品された「とある放課後に」(2010)、新宿バルト9など全国6箇所で劇場公開及びネット配信した「口笛狂騒曲」(2012)、 第13回ダラス・アジアン映画祭正式出品、第1回新人監督映画祭招待上映された「はじまりに花束を」(2013)、第2回湖畔の映画祭正式出品、福岡インディペンデント映画祭に出品された「私の刺」(2016)など。

松浦健志HP
映画「夢の音」HP

映画情報どっとこむ ralph キャスト

<主人公・三上葵 役:眉村ちあき>
眉村ちあきHP

<ギターリスト・薫 役:山﨑恒輔>
RebellioN HP

<シンガーソングライター・佐久間千夏 役:佐久間みなみ>
佐久間みなみHP

<ボーカリスト・夢乃 役:小田夢乃>
小田夢乃公式ブログ

<榎本歩美 役:(情報解禁前)>
映画やテレビドラマで活躍するあの女優さんです。

<マニピュレーター・ユースケ 役:竹田雄祐>
竹田雄祐twitter

<ベーシスト・アフロ藤村 役:藤村英志>
プレタポルテ HP

<ドラマー・里緒菜 役:三田結菜>

<榎本大介 役:林浩太郎>
林浩太郎 HP

<ダンサー・サクラ 役:後藤紗亜弥>
後藤紗亜弥公式ブログ

<ギターリスト・ユタカ役:沢村英樹>
Yeti HP

映画情報どっとこむ ralph 募集するお金の使い道

支援頂いたお金の使い道は本作の制作および完成後の上映費用となります。
製作費は2300,000円を予定しています。

以下、その内訳。

バンド練習・ダンス練習スタジオ費用:100,000円
スタッフ・キャスト人件費:350,000円
食費:120,000円
車両費・交通費:200,000円
機材費:250,000円
小道具・衣装:100,000円
ロケ物件費:850,000円
音楽:80,000円
レコーディングスタジオ費:100,000円
映画祭エントリー費:50,000円
英語字幕製作費:100,000円

制作スケジュール
9月 バンド練習、ダンス練習
10月 リハーサル・衣装合わせ
10月中旬~11月中旬 撮影
11月・12月 編集
1月 劇伴制作・劇中歌レコーディング
2月 映画完成



リターンについては・・・

映画「夢の音」製作支援プロジェクト
at MotionGalleryで!
     
***********************************