「クライヴ・オーウェン」タグアーカイブ

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』リアーナをゆりやんレトリィバァが吹替え


映画情報どっとこむ ralph 『レオン』、『フィフス・エレメント』など、数々の名作を世に送り出してきた巨匠リュック・ベッソン監督によるSF超大作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』が3月30日(金)に全国公開となります。本作は、主人公を演じるデイン・デハーンと、ヒロインのカーラ・デルヴィーニュに加え、ポップス界の世界的スーパースターのリアーナが本作で銀河系SFエンターテインメント作品に初挑戦となることでも注目を集めています。

この度、リアーナが演じる宇宙人・バブル役の日本語吹替え版の声優に、ゆりやんレトリィバァが決定しました!

今回、吹替え初挑戦となるゆりやんレトリィバァは「めちゃくちゃ嬉しかったです。子どもの頃からの夢でした!」と大興奮でリアーナが演じる宇宙人・バブル役の吹替えに挑戦。
さらに、主人公のヴァレリアンには、声優・日野聡が、ヴァレリアンのパートナーであるローレリーヌには、多数のヒロインを演じてきた沢城みゆきが決定しています。

<日本語吹替え版声優(一部)>

ヴァレリアン(デイン・デハーン):
日野聡
ローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ):
沢城みゆき
フィリット司令官(クライヴ・オーウェン):
大塚明夫
バブル(リアーナ):
ゆりやんレトリィバァ
ジョリー(イーサン・ホーク):
咲野俊介
オクト=バー将軍(サム・スプルエル):
関俊彦
ネザ軍曹(クリス・ウー):
石川界人
アイゴン・サイラス(ジョン・グッドマン):
楠見尚己
国防大臣(ハービー・ハンコック):
富田耕生
パール人・リマイ(エイメリン・バラデ):
斎賀みつき



映画情報どっとこむ ralph ヴァレリアン 千の惑星の救世主
物語・・・
西暦2740年。宇宙を守る任務を帯びたエージェントのヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)。二人が向かったのは、長い年月を経て拡張を続け、あらゆる生命が共存する宇宙ステーション・アルファ、別名“千の惑星の都市”。しかし、その深部には謎の放射線反応が見られ、3,000を超える種族が死滅の危機にあったのだ。「10時間以内にその原因を究明せよ」という極秘ミッションを託された2人の前に突如現れたのは、30年前に消滅したはずの惑星の住人たち。彼らの思惑とは一体…? 果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”の危機を救うことができるのか―!?
***********************************

監督・脚本:リュック・ベッソン
原作:「ヴァレリアン」ピエール・クリスタン(作)/ジャン=クロード・メジエール(画) ※小学館集英社プロダクションより2月7日頃発売予定
キャスト:デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、リアーナ、イーサン・ホーク、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、ハービー・ハンコック、ルトガー・ハウアー
2017年|フランス|英語|カラー|スコープサイズ|137分
配給:キノフィルムズ
© 2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION


リュック・ベッソン監督『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』予告映像&ポスター到着


映画情報どっとこむ ralph 『スター・ウォーズ』の元ネタとなった伝説的コミックスが上陸!
チャラ男とツンデレ女子が宇宙の危機を救う!?
リュック・ベッソン監督史上、最強最大のSFエンターテインメント超大作!

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』

冒頭から「謎の敵が攻めてきた」と惑星に巨大な何かが落下するシーンが。その“敵”に立ち向かうことになるのが、主人公でイケメンエリートのヴァレリアンと、そのパートナーでクールビューティーなローレリーヌ。上官から「敵を突き止めろ」という任務を受けた2人は、宇宙ステーション・アルファで絶妙なコンビネーションを見せます。



ローレリーヌの指示でアルファの中を探索するヴァレリアンですが、彼女が示す方向には壁が…。躊躇するヴァレリアンとは対照的に、「早く」と冷静なローレリーヌに、彼は壁を強行突破!!

その先に広がるのは、最新鋭のVFXにより、どんなSF作品をも凌駕する驚異の映像美が!SF映画史上いまだかつて見たことがない奇想天外な惑星や宇宙生物たち、これでもかとアイデアが詰め込まれた超巨大宇宙ステーション“アルファ”を舞台に疾走感あふれる映像に仕上がっています。

映画情報どっとこむ ralph さらに、同時解禁となった本ポスターは「これは劇薬!」のキャッチコピーと共に“体感型ギャラクシー・アドベンチャー!”を感じさせる疾走感あふれる仕上がりとなりました。
広大な銀河を守る任務を帯びた超有能なエージェントなのに、私生活で落とした女の子は“星の数?!”と言っても過言ではない生粋のチャラ男のヴァレリアン(デイン・デハーン)と、ヴァレリアンを支え、現在進行形で口説かれている頼れる相棒・ローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は、宇宙に散りばめられた謎を解き明かし、銀河の平和を守ることができるのか…。

映画情報どっとこむ ralph ヴァレリアン 千の惑星の救世主

物語・・・
西暦2740年。ヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールしている。二人が向かう“アルファ宇宙ステーション”は長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。しかし、その深部には邪悪な陰謀と、宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があった…。果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”と銀河の危機を救うことができるのか―!?



***********************************

監督・脚本:リュック・ベッソン
原作:「ヴァレリアン」ピエール・クリスタン(作)/ジャン=クロード・メジエール(画) 
※小学館集英社プロダクションより2018年2月7日頃発売予定
キャスト:デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、リアーナ、イーサン・ホーク、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、ハービー・ハンコック、ルトガー・ハウアー
2017年|フランス|英語|カラー|スコープサイズ|137分
配給:キノフィルムズ
© 2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION



リュック・ベッソン最新作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』特報映像とポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph 『レオン』、『フィフス・エレメント』など、数々の名作を世に送り出してきた世界的巨匠リュック・ベッソン監督によるSF超大作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』が2018年3月に公開となります。この度、本邦初公開となる本作の特報映像と第一弾ポスタービジュアルが解禁となります!

★あの大作にも影響を与えた!? リュック・ベッソン最新作!

『レオン』、『フィフス・エレメント』、『LUCY/ルーシー』などをはじめとする話題作を生み出し続けてきたリュック・ベッソン監督最新作にして、そのキャリアにおいても最大級のスケールを誇るSF超大作である本作。『スター・ウォーズ』にも多大な影響を与えたSFコミックの金字塔から初の実写化となった本作の特報映像では最新鋭のVFXにより、どんなSF作品をも凌駕する驚異の映像美が見せつけられます。映画の予告編として初めて使用されるビートルズの楽曲「Because」をバックに始まる壮大な宇宙空間と、リュック・ベッソンならではのオリジナリティ溢れるキャラクターは必見です!
yItEThIeMPI

さらに、同時に解禁となった第一弾ポスタービジュアルには『宇宙で、ブッ飛べ。』の強烈なキャッチコピーが。アルファ宇宙ステーションを舞台に、ヴァレリアンとローレリーヌがどんな活躍を見せてくれるのか気になるビジュアルとなっています。


★豪華若手俳優陣の夢の共演が実現!

広大な銀河を守る任務を帯びたエージェントのヴァレリアンを演じるのはデイン・デハーン。『アメイジング・スパイダーマン2』でスパイダーマンの好敵手であるグリーン・ゴブリンを演じた、今最も注目されている俳優です。

そして頼れる相棒にしてクールビューティーのローレリーヌを演じるのは、ファッションアイコンとして数々のファッション誌を飾り、女優に転身したカーラ・デルヴィーニュ。『スーサイド・スクワッド』ではウィル・スミスやベン・アフレックといった超大物俳優とも共演しています。ナタリー・ポートマンやミラ・ジョヴォヴィッチをスターダムへと押し上げてきたリュック・ベッソン監督とのタッグは、新たなスター女優誕生を予感させずにいられません。特報映像ではほんの数秒だけ世界の歌姫、リアーナも登場しています。

彼女は果たして敵か、味方か。・・・。

謎のベールに包まれた彼女の存在が、この物語のカギを握っている!?


映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
西暦2740年。ヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールしている。二人が向かう“アルファ宇宙ステーション”は長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。しかし、その深部には邪悪な陰謀と、宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があった…。果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”と銀河の危機を救うことができるのか―!?

***********************************

監督・脚本:リュック・ベッソン
原作:「ヴァレリアン」ピエール・クリスタン(作)/ジャン=クロード・メジエール(画) 
※小学館集英社プロダクションより2018年2月7日頃発売予定
キャスト:デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、イーサン・ホーク、リアーナ、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、ハービー・ハンコック、ルトガー・ハウアー
2017年|フランス|英語|カラー|スコープサイズ|137分
配給:キノフィルムズ
© 2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION
    


映画『マイ・ブラザー 哀しみの銃弾』予告解禁!


70年代のブルックリンを舞台に、犯罪者の兄と警察官の弟が繰り広げる「血の絆」を描いたクライムサスペンス

『マイ・ブラザー 哀しみの銃弾』

は、7月19日(土)に渋谷シネパレス他にて公開です。

マイブラザー
そして、今回のお知らせは予告編が解禁となったこと。
刑務所から出所し人生を変えようとするもうまく回らない兄クリス(クライヴ・オーウェン)と、その犯罪者の兄を心の奥底で慕いながらも警察官という職業柄信じきれずに憎しみと葛藤する弟フランク(ビリー・クラダップ)との間の衝突が徐々に加速していく様を表しています。

そして彼らを愛した女性たちとして、マリオン・コティヤールが娼婦に身をやつした別れた妻に、ミラ・クニスが健気にクリスを支える恋人となって登場し、アメリカインディーソウルのリー・モーゼスの歌声が哀切を誘うものとなっています。



兄弟の葛藤と彼らを取り巻く人間たちのサスペンスドラマ。

『マイ・ブラザー 哀しみの銃弾』

7月19日(土)より渋谷シネパレスほか全国公開です。

********************************************************************


STORY
1974年、ニューヨーク。
マイ・ブラザー 哀しみの銃弾クリス(クライヴ・オーウェン)は、かつて起こした殺人事件により服役し、7年ぶりに出所した。冴えない表情で迎えにきたのは彼の弟、フランク(ビリー・クラダップ)。真逆の性格の二人はその生き方も全く異なり、犯罪に手を染め続けた兄とは正反対に、フランクは優秀な警察官になっていた。
出所後、フランクはクリスを自分の家に住ませ、仕事を探し、クリスの別れた妻、モニカ(マリオン・コティヤール)と子供たちとの復縁を手助けたりと、心を入れ替えた兄を受け入れようとしていた。
そんなある日、クリスは過去の犯罪歴がバレて失職し自暴自棄となる。兄のためにと尽力していたフランクは、そんな兄の姿に苛立を覚え、歩み寄りだしたかに見えた彼らの人生だったが、徐々に溝が深まっていく…。
全てが上手くいかないクリスの元に、かつての犯罪仲間から再び仕事の話が舞込んでくる。弟や父レオン(ジェームズ・カーン)の期待に葛藤しつつ、クリスは再び犯罪に手を染めてしまう。
一方、フランクは次々に起こる凶悪事件を担当していた。遂に犯人を追いつめた先にいたのは、クリスだったのだ…。

出演:クライヴ・オーウェン,ビリー・クラダップ,マリオン・コティヤール,ゾーイ・サルダナ,ミラ・クニス,ジェームズ・カーン
監督・脚本:ギョーム・カネ
提供:アース・スターエンタテイメント
配給:シンカ
© 2013 – copyright : Les Productions du Trésor – Caneo Films


『マイ・ブラザー 哀しみの銃弾』公開&ポスター解禁


この度、70年代のブルックリンを舞台に、犯罪者の兄と警察官の弟が繰り広げる“血の絆”を描いたクライムサスペンス

『マイ・ブラザー 哀しみの銃弾』

が7月19日(土)に公開に決定致しました!

そして、今回ポスタービジュアルも併せて解禁。
マイ・ブラザー 哀しみの銃弾
フランスを代表する女優マリオン・コティヤールが出演。

と、公私に渡るパートナーでフランス映画界No1の二枚目俳優、ギヨーム・カネの監督最新作です。

クライヴ・オーウェン、ビリー・クラダップ、マリオン・コティヤールをはじめ、ゾーイ・サルダナ、ミラ・クニス、ジェームズ・カーンなど豪華キャストが結したことも話題です。

因みにストーリーですが

1974年、ニューヨーク。

クリス(クライヴ・オーウェン)は、かつて起こした殺人事件により服役し、7年ぶりに出所した。冴えない表情で迎えにきたのは彼の弟、フランク(ビリー・クラダップ)。真逆の性格の二人はその生き方も全く異なり、犯罪に手を染め続けた兄とは正反対に、フランクは優秀な警察官になっていた。

出所後、フランクはクリスを自分の家に住ませ、仕事を探し、クリスの別れた妻、モニカ(マリオン・コティヤール)と子供たちとの復縁を手助けたりと、心を入れ替えた兄を受け入れようとしていた。

そんなある日、クリスは過去の犯罪歴がバレて失職し自暴自棄となる。兄のためにと尽力していたフランクは、そんな兄の姿に苛立を覚え、歩み寄りだしたかに見えた彼らの人生だったが、徐々に溝が深まっていく…。

全てが上手くいかないクリスの元に、かつての犯罪仲間から再び仕事の話が舞込んでくる。弟や父レオン(ジェームズ・カーン)の期待に葛藤しつつ、クリスは再び犯罪に手を染めてしまう。

一方、フランクは次々に起こる凶悪事件を担当していた。遂に犯人を追いつめた先にいたのは、クリスだったのだ…。

『マイ・ブラザー 哀しみの銃弾』
『マイ・ブラザー 哀しみの銃弾』

は、7月19日(土)より渋谷シネパレスほか全国公開です。


********************************************************************


『マイ・ブラザー 哀しみの銃弾』

出演:
クライヴ・オーウェン、ビリー・クラダップ、マリオン・コティヤール、
ゾーイ・サルダナ、ミラ・クニス、ジェームズ・カーン
監督・脚本:ギョーム・カネ
配給:アース・スターエンタテイメント
© 2013 – copyright : Les Productions du Trésor – Caneo Films