「クミコ」タグアーカイブ

『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』公開記念!シャンソン歌手クミコ熱唱!ミニライブ&トーク


映画情報どっとこむ ralph パリが生んだ20世紀最高の歌姫バルバラ。
『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』が、Bunkamuraル・シネマほかにて11月16日よち公開となりました。

そして、バルバラの代表曲「わが麗しき恋物語」に新たな日本語詞をつけて歌ったことで「人生が変わった」と語る日本を代表するシャンソン・歌手クミコさんが登壇する公開を記念ミニライブ&トークイベントが行われました。

イベントではバルバラの名曲「わが麗しき恋物語」を熱唱し、バルバラについての熱い想いを語りました。


日時:11月17日(土) 13:00~
場所:Bunkamuraル・シネマ
登壇:クミコ

映画情報どっとこむ ralph シャンソン・歌手のクミコさんが登壇しほぼ満席の客席を見て。

クミコさん:『バルバラ』という映画でこれだけのお客様が集まるのは、かなりお客様がマニアックというか東京ならではの光景ですね。さすがBunkamura!という感じですね。

と感想を述べ、映画については

クミコさん:2回観たけれどなかなか難しかったです。でも、この映画は観る人によって感じ方が変わる映画なので、すんなり分かった方、最後まで難しくてよく分からなかったという方、様々かと思いますが、その中からバルバラという人の歌が浮かび上がってくるような映画だったと思います。

と映画の感想を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 2002年にバルバラの歌をカバーした「わが麗しき恋物語」について

クミコさん:シャンソンというものは得てしてそうですが、原詩に忠実に歌うと哲学的でよく分からない歌になってしまうので、その点、私の歌う「わが麗しき恋物語」は全くちがう訳で分かりやすい歌なのでご安心下さい(笑)。 ただ単に男運の悪い女、という歌になっています。

と語り会場の笑いを誘った。

クミコさん:作詞をしたのは覚和歌子さんという、『千と千尋の神隠し』の「いつも何度でも」の作詞をされた方が作ってくださいました。彼女にはなるべくフランスっぽくないものをと注文し、モンマルトルやセーヌ、娼婦といったシャンソンの定番が出てこないようにとお願いしました。詞のパターンを3つ出していただいた中で、一番これはないだろうというものを選びました。かなりベタな詞です。バルバラの歌とベタな詞を合わせたら、また違う世界がそこに生まれました。バルバラには敬愛を捧げていますが、バルバラの歌であってバルバラの歌ではない、新しい日本的な歌になりました。

と楽曲の製作秘話を明かし、そのバルバラの歌に新しい詞をつけた「わが麗しき恋物語」を披露した。

ときおり宙を見上げ腕を広げながら感情を込めて歌われた「わが麗しき恋物語」に、会場に集まった観客は聴き惚れ、日本を代表するシャンソン・歌手クミコさんの歌声に観客は酔いしれ、終始和やかな雰囲気でイベントは幕を閉じました。


クミコ プチ情報
9月26日に発売シャンソンベストアルバム
『私の好きなシャンソン~ニューベスト~』に「わが麗しき恋物語」が収録されています。

映画情報どっとこむ ralph 『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』
原題:BARBARA

11月16日(金) Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
物語・・・
フランスの国民的歌手バルバラに扮した映画の撮影を控えている女優ブリジット。彼女はバルバラになり切るため、自身の性格・歌声・ジェスチャー等すべてをバルバラに模し、自分の中に取り込もうとする。次第にバルバラの存在が自分の中で大きくなり、心身ともにバルバラに支配されるブリジット。そして映画監督イヴも同様、バルバラの存在にのめり込んでいく。果たしてイヴを支配しているのはバルバラなのか、それともバルバラに扮したブリジットなのか?バルバラの貴重なフッテージも絡めながら、一個人のアイデンティティの崩壊、そして再生が今スクリーンに赤裸々に写し出される。
***********************************

監督/脚本/出演:マチュー・アマルリック(『そして僕は恋をする』『潜水服は蝶の夢を見る』
主演:ジャンヌ・バリバール(『そして僕は恋をする』『サガン -悲しみよ こんにちは-』)
2017年/フランス/98分
配給 ブ:ロードメディア・スタジオ
宣伝:テレザ、ポイント・セット
© 2017 – WAITING FOR CINEMA – GAUMONT – FRANCE 2 CINEMA – ALICELEO


夏木マリ、寺山しのぶ、前田美波里・・・ら著名人コメント到着!『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』


映画情報どっとこむ ralph 2017年カンヌ国際映画祭、ある視点部門ポエティックストーリー賞を受賞、パリが生んだ20世紀最高の歌姫バルバラが紡ぐ、激情のドラマ『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』が、11/16(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショーとなります。


人生とは愛であり、哀しみであり、歓びである――。
セーヌの畔で、そして世界で最も愛された歌姫バルバラが、いまここに甦る!
「黒いワシ」「ナントに雨が降る」などの名曲で知られ、1950年代からシャンソン界の女王として君臨したフランスの伝説的歌手バルバラ。謎に満ちた彼女の人生を演じるひとりの女優とその映画監督は、いつしか愛の迷宮で彷徨う。愛に傷つき、愛に悦び、人生を駆け抜けた一人の歌手の魂の歌はやがて、二人をバルバラの人生そのものへと姿を変えていくのだった…。バルバラとはいったい誰だったのか? 世界はいったいなぜ彼女に熱狂したのか?

映画情報どっとこむ ralph 夏木マリ
私はバルバラの「撃たないで」という曲を唄っていた時がある
シャンソニエとしての攻撃性、クレアシオンとしての美意識が私に唄う勇気をくれたのだ
この映画はいつか観た伝記映画ではなかった
一台の黒いピアノからまた、勇気をもらった

寺島しのぶ(女優)
この映画にジャンヌの全てが詰まっている。計り知れない女優であると証明する映画。恋人であったマチュー・アマルリックが彼女を優しく包み込む。2人の素敵な関係もこの映画が全てを映し出す。脱帽。

前田美波里(女優)
リアルとドラマの見事なコラージュ。
どこからがバルバラ本人なのかわからなくなるほど素晴らしいジャンヌ・バリバールの演技に圧倒されました。

美川憲一(歌手)
私も「黒い鷲」を歌っているので、ずっとバルバラの映画を待っていました。
本当に感激しました。情景が浮かぶような映像美、そして同じ歌手としてバルバラの孤独な人生に共感しました。もう1度観たい、素晴らしい映画です。

クミコ(シャンソン歌手)
私は「わが麗しき恋物語」を日本語詞で唄っている。創作ともいえる歌詞なのに、バルバラのメロディと合体すると、そこに別の「極上」の物語が生まれる。バルバラは奇跡の作曲家だ。それは、極上の底なし沼のように私たちを魅了し続ける。

シモーヌ深雪(シャンソン歌手/DragQueen)
バルバラの歌は劇的である。そしてその劇的さは“わかりにくい劇的さ”なのだ。故に、ドラマティックに唄うことは出来ても、劇的に唄うことはとても難しい。バルバラという特異なキャラクターを指し引いても…である。過去と現在、バルバラとバルバラを演じる女優、ノンフィクションとフィクションを行き来しながら物語を紡いでいく本作。ヌーヴェルバーグへのオマージュとトロンプ・ルイユな演出と共に、バルバラの歌と同様の、“わかりにくい劇的さ”の魅力を大いに楽しんでほしい。

サエキけんぞう(作詞家・アーティスト)
シャンソンを逸脱する異形さ、そのエクセントリックを封じ込めた傑作。思いがけない手法で描かれる彼女の脱日常と愛へのヒリヒリとするような希求ぶり。それはロックのマナーも超え、そしてフランスそのものだ。

真舘晴子(ミュージシャン/The Wisely Brothers)
ジャンヌ・バリバール演じるバルバラが歌うとき、私は演技とは何だろう?と考える。
うたが、こころが、ことばが、誰かの気持ちにつながる瞬間。空気と相まって生まれてくるメロディは、重く美しい誰かの人生だった。

maplecat-eve(映画批評)
ジャンヌ・バリバールが演じること=人生を複数のドキュメントとして提示するとき、 それは彼女の歌に震える私たち自身のドキュメントになる。こんなやり方があったなんて! 
“主人公はバルバラ?それともあなた?”

蒲田耕二(音楽評論家)
日本人はシャンソンに、易しく分かりやすい大衆性よりも奥深く気品のある文学性を求めた。
だが、その願望を高い水準で満たす歌手は、実際には多くなかった。長い空白の時を経て、渇きを癒やしてくれたのがバルバラの歌だったのだ。

深井晃子(服飾研究家)
バルバラが映画全編に寄り添っている。まるで黒い影の様に。

映画情報どっとこむ ralph 映画『バルバラ ~セーヌの黒いバラ~』
原題:BARBARA

は11/16(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー。


物語・・・
フランスの国民的歌手バルバラに扮した映画の撮影を控えている女優ブリジット。彼女はバルバラになり切るため、自身の性格・歌声・ジェスチャー等すべてをバルバラに模し、自分の中に取り込もうとする。次第にバルバラの存在が自分の中で大きくなり、心身ともにバルバラに支配されるブリジット。そして映画監督イヴも同様、バルバラの存在にのめり込んでいく。果たしてイヴを支配しているのはバルバラなのか、それともバルバラに扮したブリジットなのか?バルバラの貴重なフッテージも絡めながら、一個人のアイデンティティの崩壊、そして再生が今スクリーンに赤裸々に写し出される。


***********************************

監督/脚本/出演:マチュー・アマルリック(『そして僕は恋をする』『潜水服は蝶の夢を見る』
主演:ジャンヌ・バリバール(『そして僕は恋をする』『サガン -悲しみよ こんにちは-』)

2017年/フランス/98分
配給 ブロードメディア・スタジオ
宣伝 テレザ、ポイント・セット
© 2017 – WAITING FOR CINEMA – GAUMONT – FRANCE 2 CINEMA – ALICELEO