「ギレルモ・デル・トロ」タグアーカイブ

第74回ベネチア国際映画祭 の金獅子賞はファンタジー・ロマンス『The Shape of Water』へ!


映画情報どっとこむ ralph 映像の魔術師が贈るファンタジー・ロマンスの金字塔

第74回ベネチア国際映画祭の最高賞である金獅子賞を『The Shape of Water』(原題)が、9月9日(土)(イタリア現地時間/日本時間10日3:30)受賞!
日本からコンペに参加していた是枝監督の『三度目の殺人』9月9日公開)は受賞を逃しました。

映画情報どっとこむ ralph 金獅子賞を獲った本作はメキシコの巨匠ギレルモ・デル・トロ監督(『パンズ・ラビリンス』、『パシフィック・リム』)によるファンタジー・ロマンス。ひとりの孤独な女性と水の中で生きる不思議な生物との言葉を超えた“愛”を描いたもの!

孤独だが慈愛に満ちた女性イライザを演じたのは『ブルージャスミン』のサリー・ホーキンス、彼女を支える優しい隣人に『扉をたたく人』のリチャード・ジェンキンス、イライザと恋に落ちる生き物に息吹を与えるのは『パンズ・ラビリンス』でもデル・トロ監督とタッグを組んだダグ・ジョーンズ、冷徹な政府の調査官には『テイク・シェルター』のマイケル・シャノン、イライザの頼もしい同僚には『ドリーム』のオクタヴィア・スペンサーが扮し、観る者を未知の世界に送り込みます。

類まれなる美しさをたたえた映像世界!!映画という陶酔と官能!!空想をも超える純愛と覚醒!!

ファンタジー映画の新たなる金字塔の誕生!!

The Shape Of Water』(原題)

2018年、日本公開

物語・・・
1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。

人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……

***********************************

監督・脚本・プロデューサー:ギレルモ・デル・トロ(『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』)
出演:サリー・ホーキンス(『ブルージャスミン』)、マイケル・シャノン(『テイク・シェルター』)、リチャード・ジェンキンス(『扉をたたく人』)、ダグ・ジョーンズ(『パンズ・ラビリンス』)、マイケル・スツールバーグ(『シリアスマン』)、オクタヴィア・スペンサー(『ドリーム』)
原題:The Shape of Water
配給:20世紀フォックス映画
(C)2017 Twentieth Century Fox


『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』公開決定!したコメでプレミア


映画情報どっとこむ ralph ホラー小説界の頂点に君臨するスティーヴン・キングの小説の中でも、これほど恐れられた作品はない。

IT/イット」・・・

それは発刊以来30年にわたって、世界中の読者に強烈なトラウマを植え付けてきた。

この度、金字塔を打ち立てたこの小説を、ギレルモ・デル・トロ製作総指揮の新感覚ホラー『MAMA』で監督を務め、頭角を現した俊英アンディ・ムスキエティが映画化。

邦題を『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』として11月3日(金・祝)、全国にて公開することが決定しました!

また、本作は9月15日(金)から開催となる第10回したまちコメディ映画祭の映画秘宝まつりでの上映も決定し9月17日(日)にジャパン・プレミア上映を行います!

映画情報どっとこむ ralph 静かな田舎町に“それ”は突然現れる。ピエロの姿を借りた“それ”は子どもたちの命を狙い続ける。神出鬼没、変幻自在の“それ”からは、決して逃れられない……。

予告編がインターネット上でアップされるや、全米では『ワイルド・スピード ICE BREAK』『美女と野獣』を抜き、24時間で1億9700万回という史上最多の再生回数を記録。それとともに町にピエロが出没する奇妙な現象が相次ぎ、全米を震撼させた。日常を侵食する“それ”は、最恐のトラウマになる!

邦題・公開決定とともに超特報映像と場面写真も解禁。超特報映像では、下水道の出口へと回転しながら向うについれ「IT」の恐ろしげなロゴが迫ってくる。「皆、浮かんでるよ。」というゾッとする意味深なセリフとともに観る者の期待感を煽る。写真は真っ赤な風船で顔が隠れた“それ”が強烈なインパクトを残すものとなっている。

映画情報どっとこむ ralph IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

9月5日(土)新宿バルト9他全国ロードショー!


公式サイト:
itthemovie.jp

ハッシュタグ:#イット見えたら終わり

物語・・・
“それ”は、ある日突然現れる。
 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。

自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

11月3日(金・祝)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー。


***********************************

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
     


「マジンガーZ」最新映像解禁!永井豪とギレルモ・デル・トロの対談も!


映画情報どっとこむ ralph 永井豪原作の巨大ロボットアニメ「マジンガーZ」が映画で超復活!世界最大規模のアニメ映画祭として名高い、アヌシー国際アニメーション映画祭にて、本作の特別イベントを開催し、イベントにて<最新映像>を解禁しました。

映画『パシフィック・リム』監督の<ギレルモ・デル・トロ監督と永井豪先生の対談の模様>をご紹介!

世界最大規模のアニメーション映画祭として名高い、フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭において、6月14日(※現地時間)に、「劇場版マジンガーZ」(仮題)特別イベントが実施され、今年画業50周年を迎える原作者の永井豪が、同映画祭に初参加しました。

映画情報どっとこむ ralph イベントでは、完全新作エピソードとして、TVシリーズ最終回からの続編となる世界を描くなど、ファン待望のストーリーや、最新情報を紹介したほか、世界最速で最新映像となる<アヌシー特報>を解禁しました。


アヌシー特報では、マジンガーZのパイロット・兜甲児らしき後ろ姿が垣間見え、【それは、神にも悪魔にもなれるー】という印象的なコピーが目に入ってきます。そして、ホバーパイルダー(操縦席)がマジンガーZの上空へと飛び立つシーンと共に、重厚感とスケール感たっぷりにアップデートされた、隆々たる巨大ロボット・マジンガーZが立ち上がる姿が明らかになります。

さらに、マジンガーZの宿敵として、当時を知るファンには見覚えのある機械獣との圧巻のバトルシーン、マジンガーZが必殺武器・光子力ビームを放つ場面も映し出され、まさに、「マジンガーZ」超復活の様子がたっぷり詰まったファン垂涎の最新映像がお披露目されています。

◎映像について、永井豪先生のコメント
「技術が素晴らしいです。3Dと2Dが一緒になってうまく機能するのか心配でしたが、実際みてみるとなんの違和感もなくキャラとロボが一緒になっている。そこが一番感動しました。昔のファンの人たちもすごく喜んでみてもらえると思いました」

映画情報どっとこむ ralph また、特別イベントが行われた会場に、『パシフィック・リム』監督のギレルモ・デル・トロ監督がサプライズで登場したことでも話題になりましたが、イベント前には、かねてより大の永井豪ファンを公言していたギレルモと永井が初対面を果たししています!

◎永井豪先生とギレルモ・デル・トロ監督の対談の模様

大の永井先生ファンのギレルモ監督は、以前より永井先生に会うことを熱望していたもののタイミングが合わず、フランス・アヌシーの地でついに念願かなっての初対面。会った瞬間から大きな抱擁で永井先生を大歓迎したギレルモ監督。感動のあまり涙ぐみながら

ギレルモ監督:ずっとお会いしたかった。子供の頃にクリスマスプレゼントで(マジンガーの)おもちゃをもらって遊んでいた。本当に光栄です。感謝の気持ちで一杯です。永井さんの作品にとても影響を受けています。

と嬉しそうに語りました。そして、アヌシー映画祭で初解禁となった本編の一部を編集した映像を見て

ギレルモ監督:ロボットのディテールが素晴らしい!

と絶賛しながら終始笑顔で鑑賞。

ギレルモ監督:永井先生の作品は僕や僕の世代の人たちに大きな影響を与えている。僕の人生を変えたんだ。子供の頃、友達みんなとアニメを見ながら、永井先生の名前を見て、『この人は一体誰なんだ?!』と騒いでいたんだ。

と子供時代を振り返り、

ギレルモ監督:永井先生は、マシーンアニメ界のモーツァルトだ!

と大絶賛。

ギレルモ監督:僕の作品も大きな影響を受けている。『パフィシック・リム』の中ではエルボーパンチも登場したんだよ!

と嬉しそうに語った。そして、

ギレルモ監督:映画の完成が待ちきれない。僕、日本に観にいくよ!一緒にカラオケに行って、主題歌を歌おう!

と映画の完成に大いなる期待を寄せていました。

対談の最後には、「マジンガーZ!」と叫びながら再び永井を大きく強く抱擁。終わりに先生のサインをほしがったギレルモは、「僕は誰にもサインをねだったことはないんだ」と恥ずかしそうに告白していました。

映画情報どっとこむ ralph 全世界注目の、永井豪画業50周年プロジェクト

劇場版マジンガーZ』(仮題)


物語・・・
あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。
かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。
それは神にも悪魔にもなれる―
再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

劇場版マジンガーZ公式ツイッター 

***********************************

声優:森久保祥太郎 茅野愛衣
原作:永井豪
監督:志水淳児 脚本:小沢高広(うめ)
メカニックデザイン:柳瀬敬之 キャラクターデザイン:飯島弘也 美術監督:氏家誠(GREEN) 助監督:なかの★陽
音楽:渡辺俊幸 オープニングテーマ:水木一郎 制作:東映アニメーション 配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会 mazinger-z.jp

COMING SOON!世界先行上映決定!


『クリムゾン・ピーク』デル・トロ監督な!プレゼント発表!


ギレルモ・デル・トロ監督の最新作にして、監督史上、最も美しいダークなミステリー『クリムゾン・ピーク』が来年2016年1月8日(金)より公開となります。

今回、ギレルモ・デル・トロが、TVシリーズ初進出となった話題の海外ドラマ「ストレイン 沈黙のエクリプス」とコラボレーションする運びとなり、業界初の試みとなる、ムビチケオンライン券特典に海外ドラマ「ストレイン」シーズン2の第1話を先行でプレゼントすることが決定したそうですので、ご案内です。

クリムゾン・ピーク×ストレイン
本施策はギレルモ・デル・トロが監督のを手掛けた映画の公開とドラマ新シリーズ放送開始を祝して、ジャンルを超えた異例のコラボレーションです。海外ドラマ「ストレイン」シーズン2は2016年2月3日(水)よりデジタル配信&ブルーレイ・DVD発売(レンタル)が決定していますが、12月21日(月)より現在販売中の映画『クリムゾン・ピーク』のムビチケオンライン券を購入した方へ、一足先に第1話が視聴できるURLがムビチケ購入番号と共にメールでプレゼントされます。

※既に購入済の方へもメールにて視聴URLが送付されるそうですので、ご心配なく!

<ムビチケオンライン券 詳細情報>

【価格】 1,500円(税込)
【日程】 12月21日(月)よりスタート (既に購入済の方へもメールで送付されます)
【ムビチケオンライン券購入ページ 公式サイトURL】 
http://www.movieticket.jp/Film/059215

ムビチケオンライン券とは…ネットで座席指定できる映画前売券「ムビチケ」のムビチケ購入番号がメールで届くペーパーレスな電子版です。

※海外ドラマ「ストレイン」シーズン2の第1話の視聴URLはメールにて送付となります。

また、12月21日(月)からは “日本からデル・トロへの愛を叫ぼう!”キャンペーンと称して、デル・トロ愛をツイートしてプレゼントへ応募できる企画もスタートとなります!
<詳細URL⇒http://crimsonpeak.jp/lovedeltoro (※同日13時頃データアップ予定)>

クリムゾン・ピーク』(原題『CRIMSON PEAK』)

2016年1月8日(金)TOHOシネマズ シャンテ他 全国公開です。
公式サイト:http://CRIMSONPEAK.jp

『クリムゾン・ピーク』場面写真
********************************************************************


深紅に染まる山頂(クリムゾン・ピーク)にそびえ立つ屋敷の、怖ろしくも美しい秘密とは?

イーディスは幽霊を見ることができる。初めて見たのは10歳、死んだ母親だった…。
父親のカーターと一緒に暮らしていた彼女は、ある日、突如墓場の彼方から現れた母親から
不思議な警告を受けとる―「クリムゾン・ピークに気をつけろ。」
大人になったイーディスは、父親が不可解な死をとげた後、トーマスいう男性と結婚し、
彼の豪奢な屋敷でトーマスの姉・ルシールとともに三人で暮らすこととなる。しかし住居となる
ゴシック建築の広大な屋敷がそびえ立つ山頂は、冬になると地表に露出した赤粘土が雪を
赤く染めることから、【クリムゾン・ピーク】と名付けられていたのだった…。
新たな生活に慣れるにつれ、クリムゾン・ピークはそれ自身の命を生きはじめ、
悪夢のような幻影や深紅の亡霊たちが姿を現し始める。

果たして、亡霊たちが現れる本当の意味とは?そして、この屋敷に隠された秘密とは…?

監督:ギレルモ・デル・トロ
脚本:ギレルモ・デル・トロ/マシュー・ロビンス
出演:ミア・ワシコウスカ 『アリス・イン・ワンダーランド』、トム・ヒドルストン 『アベンジャーズ』、ジェシカ・チャステイン 『インターステラ―』、チャーリー・ハナム 『パシフィック・リム』

2015年/アメリカ/上映時間:119分
配給:東宝東和
レーティング:R15+
(C) Universal Pictures.