「ギレルモ・デル・トロ」タグアーカイブ

『シェイプ・オブ・ウォーター』第75回ゴールデングローブ賞最多7部門ノミネート


映画情報どっとこむ ralph SFファンタジー・ロマンスが最多7部門のノミニーに!

この度『シェイプ・オブ・ウォーター』が、日本時間11日(月)に発表されました第75回ゴールデングローブ賞におきまして作品賞(ドラマ部門)、監督賞(ギレルモ・デル・トロ)、主演女優賞(サリー・ホーキンス)(ドラマ部門)、助演男優賞(リチャード・ジェンキンス)、助演女優賞(オクタヴィア・スペンサー)、脚本賞、作曲賞、最多7部門のノミネートを果たしました!

本作は『パンズ・ラビリンス』、『パシフィック・リム』などの世界的ヒット作で知られる、メキシコの巨匠ギレルモ・デル・トロ監督によるファンタジー。

ひとりの孤独な女性と水の中で生きる不思議な生物との言葉を超えた“愛”を描き、圧巻のノミネートとなりました! 
先のベネチア国際映画祭で喝采を浴び、満場一致で金獅子賞を受賞。12月1日よりニューヨーク限定2館で始まった先行公開では、館アベレージ83,282ドルの大ヒットスタートを切りました。12月8日から北米10都市41劇場に拡大、12月22日からは北米全土での公開を予定している本作は、賞レース前哨戦でもすでに16受賞、80ノミネートを果たし、特にアカデミー賞との親和性の高いブロードキャスト映画批評家協会賞では、他を寄せ付けない、史上最多となる14部門でのノミネートを果たしています。

ゴールデングローブ賞の発表は日本時間1月8日(月)となります。


映画情報どっとこむ ralph 世界的人気監督ギレルモ・デル・トロ監督の最高傑作!

孤独だが慈愛に満ちた女性イライザを演じたのは『ブルージャスミン』のサリー・ホーキンス、彼女を支える優しい隣人に『扉をたたく人』のリチャード・ジェンキンス、イライザと恋に落ちる生き物に息吹を与えるのは『パンズ・ラビリンス』でもデル・トロ監督とタッグを組んだダグ・ジョーンズ、冷徹な政府の調査官には『テイク・シェルター』のマイケル・シャノン、イライザの頼もしい同僚には『ドリーム』のオクタヴィア・スペンサーが扮しています。

類まれなる美しさをたたえた映像世界!!切なくも愛おしい、誰も観たことがない究極のファンタジー・ロマンス!!

アカデミー賞(R)最多ノミネート当確の呼び声も高い本作にご注目下さい!

『シェイプ・オブ・ウォーター』
原題:The Shape of Water 
3月1日(木) 全国ロードショー

物語・・
1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。
人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……


***********************************

監督・脚本・プロデューサー:ギレルモ・デル・トロ『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』

出演:サリー・ホーキンス『ブルージャスミン』、マイケル・シャノン『テイク・シェルター』、リチャード・ジェンキンス『扉をたたく人』、ダグ・ジョーンズ『パンズ・ラビリンス』、マイケル・スツールバーグ『シリアスマン』、オクタヴィア・スペンサー『ドリーム』
配給:20世紀フォックス映画 
(C)2017 Twentieth Century Fox



スティーヴン・S・デナイト監督、菊地凛子『パシフィック・リム:UR』東京コミコン登場!!


映画情報どっとこむ ralph 日本はじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。

待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が2018年4月に日本公開へ。

この度、初来日となるスティーヴン・S・デナイト監督、前作からの続投となる菊地凛子がイベント登壇!
さらに全世界未解禁となる新映像をここ日本で先行解禁!
2人が登壇するイベント内で、全世界に先駆け上映されることが決定しました!!

今回2人は、12月1日(金)より3日間開催される世界最大級のポップカルチャーイベント“東京コミコン2017“のゲストとして登壇。
初来日となる監督からのビッグな手土産として、全世界未解禁の激レア映像をイベント内で上映することが決定いたしました!!
ファンが沸き立つ一大イベントの場での先行映像解禁は、日本の”パシリム熱“を一層高めること間違いありません!

さらに本作に登場する新型イェーガー達の姿が映し出された、ファン垂涎&プレミア必至のコミコン会場限定スペシャルチラシの配布も決定!
映画情報どっとこむ ralph 10月にニューヨークで行われたコミコンでは、続編となる本作のテーマなどを熱く語り、劇中でキャラクターが着用する軍服に身を包み登場したことでも、本作にかけるほとばしる想いが窺え、

デナイト監督:最新のテクノロジーでとても素晴らしく作り上げる事が出来るし、戦闘シーンは他のどんな映画にもない戦いだよ。小さい頃から日本の巨大恐竜の作品を観ていてとても好きなんだ。ウルトラマン、マグマ大使、ゴジラとかね。

と日本が世界に誇る偉大なキャラクター達への大いなる愛を明かしており、日本の特撮・ロボットアニメへの多大なるリスペクト精神が人気を博した前作を継ぎ、現在本編を絶賛制作中のなか、他でもない日本を訪れることを心待ちにしている様子。

全世界が今か今かと完成を待ちわびる最中、前作でキーキャラクターを演じた菊地凛子は本作でどんな活躍を見せるのか!?
またギレルモ・デル・トロ監督が認め、その意志を引き継ぐ男は、愛する国・日本で果たして何を語るのか!?
そして全世界初のお披露目となる映像には一体何が映し出されているのか!?

公式サイト:pacificrim.jp
公式Twitter:@PacificRim_JP
公式Facebook:@PacificRimMovieJP

***********************************

監督:スティーヴン・S・デナイト
脚本:スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン
製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、メアリー・ペアレント、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス
キャスト:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、アドリア・アルホナ、ジン・ティエン ほか
全米公開:2018年3月23日(予定)
原題:PACIFIC RIM UPRISING
配給:東宝東和
【映画】 ©Legendary Pictures/Universal Pictures.
【フィギュア】 © Legendary 2018. All Rights Reserved.


デル・トロ監督ファンタジー・ロマンス『シェイプ・オブ・ウォーター』本ポスタービジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph 「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督が贈る切なくも愛おしい、誰も観たことがない究極のファンタジー・ロマンス

その比類なき世界観でベネチア国際映画祭を魅了し、金獅子賞を満場一致で獲得した「The Shape of Water」(原題)が、邦題『シェイプ・オブ・ウォーター』とし、2018年3月1日(木)より全国ロードショーとなります。

本ポスタービジュアルが到着!


世界が注目する気鋭のアーティスト、ジェームス・ジーンの手によるデザインは、深い海を彷彿とさせる一面ブルーで描かれている。
イライザと、人ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛を情熱的に、そして悲劇的に映し出している。
古典とも言える種族を超えたラブストーリーが、奇才ギレルモ・デル・トロの手によって新たに描かれた、官能的で、切ないファンタジーロマンスが、美しいビジュアルで表現されている。

映画情報どっとこむ ralph 物語は・・・・

1962年、アメリカ。政府の極秘研究所に勤めるイライザは、秘かに運び込まれた不思議な生きものを見てしまう。アマゾンで神のように崇められていたという“彼”の魅惑的な姿に心を奪われたイライザは、周囲の目を盗んで会いに行くようになる。子供の頃のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は必要なかった。二人の心が通い始めた時、イライザは“彼”が間もなく実験の犠牲になると知る。果たして!
 
監督・脚本・製作を手がけたのは、『パンズ・ラビリンス』の名匠、ギレルモ・デル・トロ。
ヒロイン、イライザを演じるのは『ブルージャスミン』でアカデミー賞(R)ノミネートのサリー・ホーキンス。言葉なしで溢れんばかりの感情を表現する渾身の演技は、本年度主演女優賞の大本命である。
助演陣として、イライザを温かく支える友人に『ドリーム』のオクタヴィア・スペンサー、『扉をたたく人』のリチャード・ジェンキンス。さらに、イライザと“彼”を執拗かつ残忍に追い詰めるエリート軍人にマイケル・シャノンと、オスカー級の名優たちが脇を固めている。

さらに『グランド・ブダペスト・ホテル』でオスカーに輝くアレクサンドル・デスプラの優美で印象的な音楽がロマンティックで官能に満ちた世界に見るものを誘う。アンデルセンの「人魚姫」から『シザーハンズ』や『美女と野獣』まで、いつの時代も愛されてきた種族を超えたラブストーリーが、ここに誕生した。

『シェイプ・オブ・ウォーター』
原題:The Shape of Water 

3月1日(木) 全国ロードショー
***********************************

監督・脚本・プロデューサー:ギレルモ・デル・トロ『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』

出演:サリー・ホーキンス『ブルージャスミン』、マイケル・シャノン『テイク・シェルター』、リチャード・ジェンキンス『扉をたたく人』、ダグ・ジョーンズ『パンズ・ラビリンス』、マイケル・スツールバーグ『シリアスマン』、オクタヴィア・スペンサー『ドリーム』

配給:20世紀フォックス映画

(C)2017 Twentieth Century Fox


切なくも愛おしいファンタジー・ロマンス デル・トロ監督『シェイプ・オブ・ウォーター』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督が贈る切なくも愛おしい、誰も観たことがない究極のファンタジー・ロマンス

その比類なき世界観でベネチア国際映画祭を魅了し、金獅子賞を満場一致で獲得した「The Shape of Water」(原題)が、邦題『シェイプ・オブ・ウォーター』とし、2018年3月1日(木)より全国ロードショーされることが決定しました。
1962年、アメリカ。

政府の極秘研究所に勤めるイライザは、秘かに運び込まれた不思議な生きものを見てしまう。アマゾンで神のように崇められていたという“彼”の魅惑的な姿に心を奪われたイライザは、周囲の目を盗んで会いに行くようになる。

子供の頃のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は必要なかった。二人の心が通い始めた時、イライザは“彼”が間もなく実験の犠牲になると知る─。
 
監督・脚本・製作を手がけたのは、『パンズ・ラビリンス』の名匠、ギレルモ・デル・トロ。

ヒロイン、イライザを演じるのは『ブルージャスミン』でアカデミー賞(C)ノミネートのサリー・ホーキンス。

助演陣として、イライザを温かく支える友人に『ドリーム』のオクタヴィア・スペンサー、『扉をたたく人』のリチャード・ジェンキンス。さらに、イライザと“彼”を執拗かつ残忍に追い詰めるエリート軍人にマイケル・シャノンと、オスカー級の名優たちが脇を固めています。

さらに『グランド・ブダペスト・ホテル』でオスカーに輝くアレクサンドル・デスプラの優美で印象的な音楽がロマンティックで官能に満ちた世界に見るものを誘う。

シェイプ・オブ・ウォーター

3月1日(木) 全国ロードショー

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。
人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……

***********************************


監督・脚本・プロデューサー:ギレルモ・デル・トロ『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』

出演:サリー・ホーキンス『ブルージャスミン』、マイケル・シャノン『テイク・シェルター』、リチャード・ジェンキンス『扉をたたく人』、ダグ・ジョーンズ『パンズ・ラビリンス』、マイケル・スツールバーグ『シリアスマン』、オクタヴィア・スペンサー『ドリーム』

原題:The Shape of Water   
(C)2017 Twentieth Century Fox
配給:20世紀フォックス映画
    


第74回ベネチア国際映画祭 の金獅子賞はファンタジー・ロマンス『The Shape of Water』へ!


映画情報どっとこむ ralph 映像の魔術師が贈るファンタジー・ロマンスの金字塔

第74回ベネチア国際映画祭の最高賞である金獅子賞を『The Shape of Water』(原題)が、9月9日(土)(イタリア現地時間/日本時間10日3:30)受賞!
日本からコンペに参加していた是枝監督の『三度目の殺人』9月9日公開)は受賞を逃しました。

映画情報どっとこむ ralph 金獅子賞を獲った本作はメキシコの巨匠ギレルモ・デル・トロ監督(『パンズ・ラビリンス』、『パシフィック・リム』)によるファンタジー・ロマンス。ひとりの孤独な女性と水の中で生きる不思議な生物との言葉を超えた“愛”を描いたもの!

孤独だが慈愛に満ちた女性イライザを演じたのは『ブルージャスミン』のサリー・ホーキンス、彼女を支える優しい隣人に『扉をたたく人』のリチャード・ジェンキンス、イライザと恋に落ちる生き物に息吹を与えるのは『パンズ・ラビリンス』でもデル・トロ監督とタッグを組んだダグ・ジョーンズ、冷徹な政府の調査官には『テイク・シェルター』のマイケル・シャノン、イライザの頼もしい同僚には『ドリーム』のオクタヴィア・スペンサーが扮し、観る者を未知の世界に送り込みます。

類まれなる美しさをたたえた映像世界!!映画という陶酔と官能!!空想をも超える純愛と覚醒!!

ファンタジー映画の新たなる金字塔の誕生!!

The Shape Of Water』(原題)

2018年、日本公開

物語・・・
1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。

人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……

***********************************

監督・脚本・プロデューサー:ギレルモ・デル・トロ(『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』)
出演:サリー・ホーキンス(『ブルージャスミン』)、マイケル・シャノン(『テイク・シェルター』)、リチャード・ジェンキンス(『扉をたたく人』)、ダグ・ジョーンズ(『パンズ・ラビリンス』)、マイケル・スツールバーグ(『シリアスマン』)、オクタヴィア・スペンサー(『ドリーム』)
原題:The Shape of Water
配給:20世紀フォックス映画
(C)2017 Twentieth Century Fox