「キャサリン・キーナー」タグアーカイブ

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』爆音プレミア上映も決定!特別映像到着


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞®3部門ノミネートの傑作サスペンスアクション『ボーダーライン』の続編『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』が11月16日(金)より公開となります。


前作に引き続き名優ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ ブローリンが豪華競演。その完成度に前作の監督であり、『メッセージ』でアカデミー賞ノミネートを果たしたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督をして 「ノックアウト!素晴らしい続編に圧倒された!!」と言わしめるほどの快作が完成。

怒涛の銃撃戦!!
新たな麻薬戦争がいま、始まる―特別映像が公開!
メキシコからのテロリスト流入に危機感を抱いたアメリカ政府の命を受けた CIA のマット(ジョシュ・ブローリン)、孤高の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)は麻薬王の娘イザベル(イザベラ・モナー)を誘拐し、カルテル間の抗争を引き起こす計画を実行。


攻撃部隊、 ブラックホーク、攻撃用ドローン、とルールなど存在しない無法地帯で水面下で進められたミッションは成功したかのように思えたのだが―。 デルトロは「アレハンドロとマットは兄弟みたいなもの。だが計画が進んでいく中で二人の関係は変わっていく」 ブローリン「(二人の) その絆が試されるんだ」とそれぞれコメント。 互いを信頼し合って生きてきた二人がどのような決断を下すのか。息つく間もなく撃ち込まれる銃弾の応酬、破格のスケールアップで激化する国境麻薬戦争の実態を捉え、エモーショナルな進化を遂げた本作に期待が高まる映像となっている。
映画情報どっとこむ ralph ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
原題:Sicario: Day of the Soldado

公式サイト:
border-line.jp

物語・・・
アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。犯人らがメキシコ経由で不法入国したとにらんだ政府は、国境地帯で密入国ビ ジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れるという任務を、CIA 工作員マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)に命じる。それを受けてマットは、カルテル に家族を殺された過去を持つ旧知の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に協力を要請。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、カルテル同士の戦争を誘 発しようと企てる。しかし、その極秘作戦は敵の奇襲や米政府の無慈悲な方針変更によって想定外の事態を招き、メキシコの地で孤立を余儀なくされた アレハンドロは、兵士としての任務、復讐、そして人質として保護する少女の命の狭間で、過酷なジレンマに直面することになる……。

***********************************

監督:ステファノ・ソッリマ(『暗黒街』)
脚本:テイラー・シェリダン(『ボーダーライン』『ウインド・リバー』)
出演:ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノヴァン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、キャサリン・キーナー
2018 年/アメリカ映画/上映時間 122 分
字幕翻訳:松浦美奈/PG12
配給:KADOKAWA
提供:ハピネット、 KADOKAWA
© 2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


極限状態での選択とは!?『ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ』本予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞®3部門ノミネートの傑作サスペンスアクション『ボーダーライン』の続編、『ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ』が11月16日(金)より公開となります。
x-default

激化する国境麻薬戦争、極限の臨場感は次なる 〈 境界 ボーダー 〉 へ アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、あらゆるルールもモラルも通用しない麻薬戦争の恐るべき現実をえぐり出し世界中を驚嘆させた 『ボーダーライン』が、衝撃的な世界観と臨場感はそのままに新章へと突入。

前作に引き続き名優ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ ブローリンが豪華競演。その完成度に前作の監督であり、『メッセージ』でアカデミー賞ノミネートを果たしたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督をして 「ノックアウト!素晴らしい続編に圧倒された!!」と言わしめるほどの快作が完成。

そして!本予告がついに解禁!


予告映像ではメキシコからのテロリスト流入に危機感を抱いたアメリカ政府の命を受け た CIA のマット(ジョシュ・ブローリン)、孤高の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ) が動き出す。麻薬ビジネス、誘拐、殺人、汚職、数多の不法移民―メキシコ麻薬組織 が支配する無法地帯で二人が引き起こそうとしたカルテル間の抗争は、メキシコ警察も 巻き込んだ壮絶な銃撃戦に発展。激化する国境麻薬戦争の真っただ中で、兵士とし ての任務を遂行するアレハンドロは、自らの過去とつながる麻薬王の娘イザベル(イ ザベラ・モナー)と行動を共にする中で、自身の人間性を試される極限状況へ直面。 一方、アレハンドロと固い信頼関係で結ばれていたマットも無慈悲な米政府の方針 転換を受け、究極の選択を迫られることになる。

映画情報どっとこむ ralph 映像に緊張感をもたらすのは故ヨハン・ヨハンソンによる『ボーダーライン』のテーマ 曲”The Beast” 。当楽曲は劇中でも非常に効果的な場面で使用されている。前作 のトーンと繋がりを持ちながらも今まで決して見せることのなかった男たちの感情の揺 らぎや、アレハンドロの過去を知る少女の存在、凄まじい銃撃戦が炸裂するなど、目 が離せない予告編映像となっている。

重層的かつスリリングに交錯する人間模様を初監督作『ウインド・リバー』のヒットも記憶 に新しいテイラー・シェリダンが前作から続投して脚本化。『暗黒街』、TV ドラマ版「ゴモラ」でイタリア裏社会の闇を描き高い評価を受けるステファノ・ソッリマ監督がメガホンを取 り、破格のスケールアップとエモーショナルな進化を遂げ、再び世界中を震撼させる!

また、9月7日より全国のムビチケ対応劇場で利用できるムビチケカード(一般 1,400 円)の発売がスタート。

前売特典は「US 版ビジュアル特製ステッカー」となっている。

『ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ』
原題:Sicario: Day of the Soldado/

公式サイト:
border-line.jp

<STORY>
アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。犯人らがメキシコ経由で不法入国したとにらんだ政府は、国境地帯で密入国ビ ジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れるという任務を、CIA 工作員マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)に命じる。それを受けてマットは、カルテル に家族を殺された過去を持つ旧知の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に協力を要請。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、カルテル同士の戦争を誘 発しようと企てる。しかし、その極秘作戦は敵の奇襲や米政府の無慈悲な方針変更によって想定外の事態を招き、メキシコの地で孤立を余儀なくされた アレハンドロは、兵士としての任務、復讐、そして人質として保護する少女の命の狭間で、過酷なジレンマに直面することになる……。

***********************************

監督:ステファノ・ソッリマ(『暗黒街』)
脚本:テイラー・シェリダン(『ボーダーライン』『ウインド・リバー』)
出演:ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノヴァン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、キャサリン・キーナー 2018 年/アメリカ映画/上映時間 122 分/字幕翻訳:松浦美奈/PG12
配給:KADOKAWA
提供:ハピネット、KADOKAWA
© 2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. <


緊迫の国境麻薬戦争『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』ポスタービジュアルと特報が解禁


映画情報どっとこむ ralph 『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』が11月16日(金)より全国ロードショーとなります。


アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、あらゆるルールもモラルも通用しない麻薬戦争の 恐るべき現実をえぐり出し、世界中を驚嘆させた『ボーダーライン』。

あの衝撃的な世界観と 臨場感はそのままに新章へ突入!

このたび、ポスタービジュアルと特報が解禁となりました!

CIA のマット(ジョシュ・ブローリン)と謎の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)。

メ キシコ経由でのテロリスト流入に危機感を抱いたアメリカ政府の命を受け、仕事人コンビが挑 む新たなミッションは、麻薬カルテル間の内戦を引き起こすこと。兵士としての任務、復讐、ひ とりの少女の命・・・激化する国境麻薬戦争の深い闇の中で究極の選択を迫られたアレハン ドロは、いかなる“決断”を下すのか―。

予測不可能にして非情な展開をみせる映像世界は、 極限の緊迫感をみなぎらせて観る者を圧倒する。

「汚い手も必要だ」「ルールは存在しない」と告げるマット、容赦なく銃をぶっ放すアレハンドロの姿、そして“戦争”の始まり…、緊迫感あふれる特報映像に、更なるステージへと突入した 本作に期待が高まる。



脚本は『ボーダーライン』、『最後の追跡』でアカデミー賞®脚本賞に連続ノミネート、初監督作『ウインド・リバー』が日本公開したテイラー・シェリダンが続投。

『暗黒街』、TV ドラマ版 「ゴモラ」でイタリア裏社会の闇を描き高い評価を受けるステファノ・ソッリマ監督がメガホンを取った。破格のスケールアップとエモーショナル な進化を遂げ、再び世界中を震撼させる快作が完成した!


ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
原題:Sicario: Day of the Soldado

公式サイト:
border-line.jp

物語・・・
アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。犯人らがメキシコ経由で不法入国したとにらんだ政府は、国境地帯で密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテ ルを混乱に陥れるという任務を、CIA 特別捜査官マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)に命じる。それを受けてマットは、カルテルに家族を殺された過去を持つ旧知の暗殺者ア レハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に協力を要請。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、カルテル同士の戦争を誘発しようと企てる。しかし、その極秘作戦は敵の奇襲や米政府の無慈悲 な方針変更によって想定外の事態を招き、メキシコの地で孤立を余儀なくされたアレハンドロは、兵士としての任務、復讐、そして人質として保護する少女の命の狭間で、過酷なジ レンマに直面することになる……。

***********************************


監督:ステファノ・ソッリマ(『暗黒街』)
脚本:テイラー・シェリダン(『ボーダーライン』『ウインド・リバー』)

出演:ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノヴァン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、キャサリン・キーナー

2018 年/アメリカ映画/上映時間 122分
字幕翻訳:松浦美奈
PG12
配給:KADOKAWA
提供:ハピネット、KADOKAWA

© 2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
    


ルール無き国境麻薬戦争『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』11 月日本公開決定


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞®3部門にノミネートの傑作サスペンスアクション『ボーダーライン』の続編で、6/29 より全米公開さ れ週末興収 1900 万ドルを記録、『ジュラシック・ワールド 炎の王国』『インクレディブル・ファミリー』に続く第 3 位の好スタートを切った 『Sicario: Day of the Soldado』が邦題『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』として 11 月より日本公開が決定しました。

アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、あらゆるルールもモラルも通用しない麻薬戦争の恐るべき現実をえぐり出し世界中を驚嘆させた『ボーダーライン』が、衝撃的な世界観と臨場感はそのままに新章へと突入する。


マットとアレハンドロのミッションは、 メキシコからのテロリスト流入に危機感を抱いたアメリカ政府の命を受け、CIA のマッ ト・グレイヴァーと一匹狼の暗殺者アレハンドロの仕事人コンビが挑む新たなミッションは、 麻薬カルテル間の内戦を引き起こすこと。

任務遂行の為には手段を問わない CIA 特別捜査官マット役には、『アベンジャーズ』 シリーズのヴィラン・サノス役や『デッドプール2』のケーブル役で人気沸騰中のジョシュ・ブローリン。マットに雇われる一匹狼の暗殺者・アレハンドロ役には、『トラフィック』 でアカデミー助演男優賞を受賞したベニチオ・デル・トロ。

カルテル間の内戦誘発の為、彼らが誘拐する麻薬王の娘・イサベル役には 『トランスフォーマー/最後の騎士王』のイザベラ・モナー、ジェフリー・ドノバン(『ボーダーライン』)、CIA 副長官キャサリン・キーナー (『カポーティ』、『ジョン・マルコヴィッチの穴』)らが脇を固める。

映画情報どっとこむ ralph 脚本は、『ボーダーライン』、『最後の追跡』でアカデミー賞®脚本賞に連続ノミネート、ネイティブアメリカン居住地を舞台に現代アメリカに 潜む闇を描いた初監督作『ウインド・リバー』(7/27 日本公開)で全米 4 館スタートから 6 週連続 TOP10 入りというロングラン大ヒッ トを記録したテイラー・シェリダンが脚本を務める。

気鋭監督ステファノ・ソッリマがメガホンを取り、『ボーダーライン』の世界が、破格のスケールアップとエモーショナル な進化を遂げ甦った。 その完成度は前作を手がけたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督をして「ノックアウト!素晴らしい続編に圧倒された!!」と言わしめるほど。

予測不可能にして非情な展開を見せる映像世界は、極限の緊迫感をみなぎらせて観る者を圧倒する。激化する国境麻薬戦争の深い 闇の中で優先すべきは、兵士としての任務か、ひとりの少女の無垢なる命か。その究極の選択を迫られたアレハンドロは、いかなる“決断” を下すのか。

映画情報どっとこむ ralph ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
原題:Sicario: Day of the Soldado
11 月日本公開決定!!

STORY
アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。犯人らがメキシコ経由で不法入国したとにらんだ政府は、国境地帯で密入国ビ ジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れるという任務を、CIA 特別捜査官マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)に命じる。それを受けてマットは、カ ルテルに家族を殺された過去を持つ旧知の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に協力を要請。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、カルテル同士の戦 争を誘発しようと企てる。しかし、その極秘作戦は敵の奇襲や米政府の無慈悲な方針変更によって想定外の事態を招き、メキシコの地で孤立を余儀なく されたアレハンドロは、兵士としての任務、復讐、そして人質として保護する少女の命の狭間で、過酷なジレンマに直面することになる……。

***********************************

脚本:テイラー・シェリダン(『ボーダーライン』『ウインド・リバー』)
監督:ステファノ・ソッリマ(『暗黒街』)
出演:ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノバン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、キャサリン・キーナー
2018 年/アメリカ映画/上映時間 122 分/字幕翻訳:松浦美奈/PG12/配給:KADOKAWA 提供:ハピネット、KADOKAWA 公式サイト:border-line.jp/© 2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


『ゲット・アウト』第90回アカデミー賞作品賞&主演男 優賞&監督賞&脚本賞4 部門にノミネート


映画情報どっとこむ ralph 現在上映中『ゲット・アウト』(原題:GET OUT)が第90回アカデミー賞ノミネーションが発表され、作品賞&主演男 優賞&監督賞&脚本賞4 部門にノミネートされました!
低予算ながらも全米初登場で NO.1 大ヒットを記録し、 監督デビュー作にも関わらず米映画レビューサイトで99%大絶賛された、映画の常 識を覆すサプライズ・スリラー! 2017 年 10 月 27 日(金)より全国 33 館で小規模公開され、映画ファンを中 心に SNS 上でも高評価が続出し、興行収入 1 億円の大台を突破するなど、本国同様、日本でもサプライズ・ヒット上映中です!

映画情報どっとこむ ralph また、本年度ゴールデン・グローブ賞でも作品賞&主演男優賞 2 部門にノミネートされ、惜しくも受賞は逃したものの、各映画賞 でサプライズ受賞!

そして、この度、本年度アカデミー賞ノミネーションが発表され、作品賞&主演男 優賞&監督賞&脚本賞4 部門にノミネートされました! 作品賞に関しては、ジャンル映画にも関わらず、ゴールデン・グローブ賞に続き、本作 が見事にノミネート入り!また、主演男優賞に関しては、ゴールデン・グローブ賞に続 き、ダニエル・カルーヤが初ノミネートを果たしました!そして、監督賞&脚本賞に関 しては、監督デビュー作にも関わらず、ジョーダン・ピールが初のダブル・ノミネートを達 成しました! 低予算映画にも関わらず、4 部門サプライズ・ノミネートの快挙!授賞式は現地時間 3月4日(日)!

果たして『ゲット・アウト』の運命は!?

http://getout.jp

https://twitter.com/GetOutJP

大ヒット上映中!

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。若干の不安とは 裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。

その夜、庭を猛スピードで走り去る 管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。

翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパー ティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携 帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがお かしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

製作を手掛けたのは、『インシディアス』『ザ・ギフト』『ヴィジット』のジェイソン・ブラム。 また、監督・脚本を務めたのは、アメリカのお笑いコンビ“キー&ピール”のジョーダン・ ピール。世界的ヒットメーカーと大人気コメディアンが異色のタッグを組み、じわじわ来 る“恐怖”とあっと驚く“結末”が待ち受ける、今まで誰も観たことないオリジナリティ溢 れる本作を作り上げた!

***********************************

製作:ジェイソン・ブラム
監督・脚本:ジョーダン・ピール
出演:ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ、ブラッドリー・ウィットフォード、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、キャサリン・キーナー
ユニバーサル映画
配給:東宝東和
© 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved