「キャサリン・キーナー」タグアーカイブ

ルール無き国境麻薬戦争『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』11 月日本公開決定


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞®3部門にノミネートの傑作サスペンスアクション『ボーダーライン』の続編で、6/29 より全米公開さ れ週末興収 1900 万ドルを記録、『ジュラシック・ワールド 炎の王国』『インクレディブル・ファミリー』に続く第 3 位の好スタートを切った 『Sicario: Day of the Soldado』が邦題『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』として 11 月より日本公開が決定しました。

アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、あらゆるルールもモラルも通用しない麻薬戦争の恐るべき現実をえぐり出し世界中を驚嘆させた『ボーダーライン』が、衝撃的な世界観と臨場感はそのままに新章へと突入する。


マットとアレハンドロのミッションは、 メキシコからのテロリスト流入に危機感を抱いたアメリカ政府の命を受け、CIA のマッ ト・グレイヴァーと一匹狼の暗殺者アレハンドロの仕事人コンビが挑む新たなミッションは、 麻薬カルテル間の内戦を引き起こすこと。

任務遂行の為には手段を問わない CIA 特別捜査官マット役には、『アベンジャーズ』 シリーズのヴィラン・サノス役や『デッドプール2』のケーブル役で人気沸騰中のジョシュ・ブローリン。マットに雇われる一匹狼の暗殺者・アレハンドロ役には、『トラフィック』 でアカデミー助演男優賞を受賞したベニチオ・デル・トロ。

カルテル間の内戦誘発の為、彼らが誘拐する麻薬王の娘・イサベル役には 『トランスフォーマー/最後の騎士王』のイザベラ・モナー、ジェフリー・ドノバン(『ボーダーライン』)、CIA 副長官キャサリン・キーナー (『カポーティ』、『ジョン・マルコヴィッチの穴』)らが脇を固める。

映画情報どっとこむ ralph 脚本は、『ボーダーライン』、『最後の追跡』でアカデミー賞®脚本賞に連続ノミネート、ネイティブアメリカン居住地を舞台に現代アメリカに 潜む闇を描いた初監督作『ウインド・リバー』(7/27 日本公開)で全米 4 館スタートから 6 週連続 TOP10 入りというロングラン大ヒッ トを記録したテイラー・シェリダンが脚本を務める。

気鋭監督ステファノ・ソッリマがメガホンを取り、『ボーダーライン』の世界が、破格のスケールアップとエモーショナル な進化を遂げ甦った。 その完成度は前作を手がけたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督をして「ノックアウト!素晴らしい続編に圧倒された!!」と言わしめるほど。

予測不可能にして非情な展開を見せる映像世界は、極限の緊迫感をみなぎらせて観る者を圧倒する。激化する国境麻薬戦争の深い 闇の中で優先すべきは、兵士としての任務か、ひとりの少女の無垢なる命か。その究極の選択を迫られたアレハンドロは、いかなる“決断” を下すのか。

映画情報どっとこむ ralph ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
原題:Sicario: Day of the Soldado
11 月日本公開決定!!

STORY
アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。犯人らがメキシコ経由で不法入国したとにらんだ政府は、国境地帯で密入国ビ ジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れるという任務を、CIA 特別捜査官マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)に命じる。それを受けてマットは、カ ルテルに家族を殺された過去を持つ旧知の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に協力を要請。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、カルテル同士の戦 争を誘発しようと企てる。しかし、その極秘作戦は敵の奇襲や米政府の無慈悲な方針変更によって想定外の事態を招き、メキシコの地で孤立を余儀なく されたアレハンドロは、兵士としての任務、復讐、そして人質として保護する少女の命の狭間で、過酷なジレンマに直面することになる……。

***********************************

脚本:テイラー・シェリダン(『ボーダーライン』『ウインド・リバー』)
監督:ステファノ・ソッリマ(『暗黒街』)
出演:ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノバン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、キャサリン・キーナー
2018 年/アメリカ映画/上映時間 122 分/字幕翻訳:松浦美奈/PG12/配給:KADOKAWA 提供:ハピネット、KADOKAWA 公式サイト:border-line.jp/© 2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


『ゲット・アウト』第90回アカデミー賞作品賞&主演男 優賞&監督賞&脚本賞4 部門にノミネート


映画情報どっとこむ ralph 現在上映中『ゲット・アウト』(原題:GET OUT)が第90回アカデミー賞ノミネーションが発表され、作品賞&主演男 優賞&監督賞&脚本賞4 部門にノミネートされました!
低予算ながらも全米初登場で NO.1 大ヒットを記録し、 監督デビュー作にも関わらず米映画レビューサイトで99%大絶賛された、映画の常 識を覆すサプライズ・スリラー! 2017 年 10 月 27 日(金)より全国 33 館で小規模公開され、映画ファンを中 心に SNS 上でも高評価が続出し、興行収入 1 億円の大台を突破するなど、本国同様、日本でもサプライズ・ヒット上映中です!

映画情報どっとこむ ralph また、本年度ゴールデン・グローブ賞でも作品賞&主演男優賞 2 部門にノミネートされ、惜しくも受賞は逃したものの、各映画賞 でサプライズ受賞!

そして、この度、本年度アカデミー賞ノミネーションが発表され、作品賞&主演男 優賞&監督賞&脚本賞4 部門にノミネートされました! 作品賞に関しては、ジャンル映画にも関わらず、ゴールデン・グローブ賞に続き、本作 が見事にノミネート入り!また、主演男優賞に関しては、ゴールデン・グローブ賞に続 き、ダニエル・カルーヤが初ノミネートを果たしました!そして、監督賞&脚本賞に関 しては、監督デビュー作にも関わらず、ジョーダン・ピールが初のダブル・ノミネートを達 成しました! 低予算映画にも関わらず、4 部門サプライズ・ノミネートの快挙!授賞式は現地時間 3月4日(日)!

果たして『ゲット・アウト』の運命は!?

http://getout.jp

https://twitter.com/GetOutJP

大ヒット上映中!

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。若干の不安とは 裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。

その夜、庭を猛スピードで走り去る 管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。

翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパー ティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携 帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがお かしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

製作を手掛けたのは、『インシディアス』『ザ・ギフト』『ヴィジット』のジェイソン・ブラム。 また、監督・脚本を務めたのは、アメリカのお笑いコンビ“キー&ピール”のジョーダン・ ピール。世界的ヒットメーカーと大人気コメディアンが異色のタッグを組み、じわじわ来 る“恐怖”とあっと驚く“結末”が待ち受ける、今まで誰も観たことないオリジナリティ溢 れる本作を作り上げた!

***********************************

製作:ジェイソン・ブラム
監督・脚本:ジョーダン・ピール
出演:ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ、ブラッドリー・ウィットフォード、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、キャサリン・キーナー
ユニバーサル映画
配給:東宝東和
© 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved


投資利益率 630%映画を安く作ってヒットを飛ばす方法がここにある!かも。『ゲット・アウト』


映画情報どっとこむ ralph 数々の斬新作品を送り出したジェイソン・ブラム。

低予算ながらも良質な作品を作り続ける彼が、今年世に放った2作品『ゲット・アウト』『スプリット』が投資利益率堂々の1,2位を記録!!

驚異のコストパフォーマンスで世界を賑わせます!!

ジェイソン・ブラムの出世作と言えば、

約 1.5 万ドル(約 165 万円)という超低予算で、約 1 億 9300 万ドル(約 212 億 3000 万円)もの世界興収を記録した『パラノーマル・アクティビティ』(07)。

その後、『インシディアス』(10)は約 150 万ドル(約 1 億 6500 万円)で製作され、約 9700 万ドル(約 106 億 7000 万円)の興収をあげた。

さらに、『パージ』 (13)も約 300 万ドル(約 3 億 3000 万円)で製作され、約 8900 万ドル(約 97 億 9000 万円)もの興収をあげている。

映画情報どっとこむ ralph 低予算で高収入をあげる世界的ヒットメーカー、ジェイソン・ブラムが新たに送り出した『ゲット・アウト』(17)は、新人監督ジョーダン・ピールと共に約 450 万ドル(約 4 億 9500 万円)で製作し、約 2 億 5000 万ドル(約 275 億円)の世界興収を突破する大ヒットを記録。マーケティング費の 無駄も抑えたその結果、投資利益率 630%という高い数値が算出された。

その数値は 2017 年全米公開映画のどの作品よりも優れており、堂々の第 1 位(The Warp 調べ)。 日本でも話題となったディズニー映画『美女と野獣』(17)は世界興収が約 12 億 6000 万 ドル(約 1386 億円)と 2017 年の興行収入ランキング(Box Office Mojo 調べ)では未だ 1 位を譲っていないが、製作費が約 1 億 6000 万ドル(約 176 億円)、投資利益率が 400%と『ゲット・アウト』に遠く及ばない数値となっている。

ちなみに、次点の作品はM.ナイト・シャラマン監督と共に約 900 万ドル(約9億 9000 万 円)で製作し、約 2 億 7600 万ドル(約 303 億 6000 万円)をあげた『スプリット』(17)の 610%。 奇しくもジェイソン・ブラムが手掛けた作品がワンツーフィニッシュを切るなど、ローリス ク&ハイリターンで驚異のコストパフォーマンスを誇る映画を次々に量産している。

また、ホラー、スリラー系で知られているが、『セッション』(14)にも携わった他、『ハロウィン』シリーズ新作 『Halloween』(18)、『スポーン』リブート作『Spawn』(18)、『アンブレイカブル』『スプリット』続編『Glass』(19)が待機し ているなど、今後も要注目のプロデューサーであることは間違いない。 (※数字は全て Box Office Mojo 調べ ※為替は全て 1 ドル=110 円換算)

映画情報どっとこむ ralph 2017 年投資利益率、堂々第 1 位! ローリスク&ハイリターンで驚異のコストパフォーマンス!!

邦題:『ゲット・アウト
原題:『GET OUT
10/27(金)TOHO シネマズ シャンテ他、全国ロードショー! です。

公式 HP:http://getout.jp
https://twitter.com/GetOutJP
https://www.facebook.com/GetOutJP
ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。

若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。そ の夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。

翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってし まう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は 鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・

***********************************

製作:ジェイソン・ブラム
監督・脚本:ジョーダン・ピール
出演:ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ ブラッドリー・ウィットフォード、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、 キャサリン・キーナー
配給:東宝東和
ユニバーサル映画
配給:東宝東和
© 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved
     


恋人に実家へ誘われた人は要注意!?『ゲット・アウト』予告編


映画情報どっとこむ ralph 『ゲット・アウト』(原題:GET OUT)が、10/27(金)より、TOHO シネマズ シャンテ他に て全国ロードショーされることが決定!
また、公開に先駆けて、9/17(日)に浅草公会堂で行なわれる、第 10 回した まちコメディ映画祭 in 台東(http://www.shitacome.jp)の名物企画「映画秘宝」presents 映画秘宝まつりにて上映されます!

この度、初解禁となった予告編は、主人公クリスが不安げな表情で、白人の彼女ロー ズの実家に向かう姿から描かれる。

道中飛び出して来た鹿をひき殺してしまうトラブ ルに会い、駆けつけた白人の警官は黒人のクリスに無礼な態度を取る。実家では、ロ ーズの両親に歓迎されるも、何故か黒人の使用人がいて、夜中に全速力で疾走する 管理人と、不気味な表情で外を見つめる家政婦の姿を目撃する。どこか違和感を覚 えるなか、続々と白人の客人がやって来る。ビンゴカードを持つ来客者たち、満面の 笑みで涙を流す家政婦、フラッシュの光で豹変し“出ていけ”と叫び出す黒人の若者。

“何かがおかしい”!“GET OUT”の声と共に畳みかけるシーンの数々が一気に恐怖 を溢れ出させる!!そして最後に呆然とした表情で涙を流すクリス。一体彼の身に何 が起きるのか・・・。彼は無事に【GET OUT】出ていくことはできるのか!?

映画情報どっとこむ ralph お盆シーズン、恋人に実家へ誘われた人は要注意!?

『ゲット・アウト』
原題:GET OUT

10/27(金)TOHO シネマズ シャンテ他、全国ロードショー!

製作を手掛けたのは、『インシディアス』『ザ・ギフト』『ヴィジット』のジェイソン・ブラム。また、監督・脚本を務めたのは、アメリカ のお笑いコンビ“キー&ピール”のジョーダン・ピール。世界的ヒットメーカーと大人気コメディアンが異色のタッグを組み、じわじ わ来る“恐怖”とあっと驚く“結末”が待ち受ける、今まで誰も観たことないオリジナリティ溢れる本作を作り上げた!

低予算なが らも全米初登場で NO.1 大ヒットを記録し、監督デビュー作にも関わらず米映画レビューサイトで 99%大絶賛された、映画の常識を覆すサプライズ・スリラーが遂に日本に上陸する!

物語・・・
ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安 とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで 走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父 を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を 発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛 かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようとするが・・・。

公式HP:
http://getout.jp
公式TW
@GetOutJP
公式FB:
@GetOutJP

***********************************

製作:ジェイソン・ブラム
監督・脚本:ジョーダン・ピール
出演:ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ ブラッドリー・ウィットフォード、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、キャサリン・キーナー

ユニバーサル映画
配給:東宝東和
© 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved


映画『エレファント・ソング』 と「パティスリーQBC」がコラボ!


バラの花びらがちりばめられた特別ケーキ販売開始。初日来場者特典も決定!

現在、監督作『Mommy/マミー』が公開中、そして先日フランスで開催された第68回カンヌ国際映画祭の審査員も務めたばかりのグザヴィエ・ドランの主演作

エレファント・ソング

が6月6日(土)より公開。

エレファントソング
監督だけではなく、俳優としても評価の高い彼が、出演を熱望した本作『エレファント・ソング』と、メープルシロップとはちみつという、ふたつの天然素材の魅力を伝えるために生れた(株)クインビーガーデン直営の洋菓子店「パティスリーQBG」との特別コラボケーキの販売と初日特典が決定いたしました。

それでは、最初に
アリアパティスリーQBG×コラボレーションケーキ“アリア”販売スタートの話題をご紹介!

幼少期の色鮮やかなバラの記憶と人を翻弄する主人公の不安定な心を表現。ショコラ生地に、ミルクチョコクリームを重ねたチョコレート本来の味が楽しめるケーキです。

商品名:アリア 

価格:¥480(税込)

期間:6月6日~6月30日(予定)

<販売店舗>
・パティスリーQBG品川店
東京都港区高輪3-26-27
JR東日本 品川駅構内「ecute品川」 03-3441-4183

・パティスリーQBG愛宕店
東京都港区西新橋3-4-2 ヤマキ第二ビル 03-6432-4308

そして、初日特典プレゼントはラスク!!

6月6日(土)の初日、初回にご来場頂いたお客様に、100%ケベック州産メープルシュガーを使用したラスクを先着でプレゼントいたします!数に限りがありますので、お早目にご来場ください。

初日プレゼントQBGラスク 【実施劇場】 ※数量限定・先着順 
・新宿武蔵野館    
・渋谷アップリンク 
・川崎市アートセンター  
・川崎チネチッタ 
・横浜ジャック&ベティ   
・名古屋名演小劇場

提供:パティスリーQBG
ホームページ:http://www.qbg-alfa.jp/

失踪した精神科と、愛を渇望した一人の青年マイケル。
グザヴィエ・ドランが「これは僕だ」と出演を熱望した心理劇。

いま最も注目される若き天才グザヴィエ・ドラン。監督だけに留まらず、俳優としても評価の高い彼が「これは僕だ。僕に演じさせてほしい」と出演を熱望したという本作は、精神科病棟内で繰り広げられる心理劇。

ある日、一人の精神科医が失踪した。手がかりを知るのは、彼の患者であるマイケルという青年だけ。院長のグリーンはマイケルから事情を聞こうとするが、ゾウやオペラについての無駄話で、話をそらすばかり。

「母を殺した」「ローレンス医師から性的虐待を受けていた」など、嘘か本当かわからないようなことをほのめかし、グリーンを巧妙な罠に取り込んでいくが…。人々を翻弄しつつも痛々しいまでに愛を求める青年マイケルをグザヴィエ・ドランが熱演。

ブルース・グリーンウッド(『スター・トレック』)やキャサリン・キーナー(『カポーティ』)など実力派俳優と共に緊張感あふれる会話劇を展開し、俳優としての底力を見せつけています。

elephantsong_s
エレファント・ソング』 作品紹介

2015年6月6日(土)より、新宿武蔵野館、渋谷アップリンク他、全国順次公開

公式サイト:http://www.uplink.co.jp/elephantsong/
公式Twitter: https://twitter.com/elephantsong_JP
公式Facebook:https://www.facebook.com/elephantsong.jp

********************************************************************

監督:シャルル・ビナメ  
脚本:ニコラス・ビヨン 
撮影:ピエール・ギル  
編集:ドミニク・フォルタン
出演:グザヴィエ・ドラン(『トム・アット・ザ・ファーム』)、ブルース・グリーンウッド(『スター・トレック』)、キャサリン・キーナー(『カポーティ』)、キャリー=アン・モス(『マトリックス』)、ガイ・ネイドン、コルム・フィオールドン、ほか
(2014/カナダ/100 分/シネマ・スコープ/DCP)
©Sébastien Raymond