「キム・ミニ」タグアーカイブ

緊急決定!ホン・サンス監督最新作『それから』公開記念 キム・ミニ大ヒット作『お嬢さん』限定上映!


映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され話題となった、名匠ホン・サンス監督最新作『それから』。

主演をつとめるキム・ミニは、昨年、R18指定にも関わらず大ヒットを記録した『お嬢さん』(パク・チャヌク監督作/2016年)で、妖しくミステリアスな令嬢・秀子役を演じ、衝撃のラブシーンにも堂々と挑み国際的に評価されました。

現在では、カンヌ・ベルリン・ヴェネチアなど世界の映画祭が絶賛する名匠ホン・サンスの新たなるミューズとして、その存在感を確固たるものとし、既にホン・サンス監督作で5作品の主演をとつめています。

2015年のホン・サンス×キム・ミニの初タッグ作『正しい日間違えた日』はロカルノ国際映画祭グランプリを受賞、続く『夜の浜辺でひとり』ではキム・ミニが韓国俳優史上初となるベルリン国際映画祭女優賞(銀熊賞)に輝く快挙を達成しました。また『クレアのカメラ』では大女優イザベル・ユペールとの共演を果たし、今年のベルリン国際映画祭に出品された「Grass」(原題)でホン・サンス作品の5本目の主演となり、今、キム・ミニには世界から熱い視線が送られています。


キム・ミニとホン・サンス監督の4度目のタッグとなる最新作『それから』は、カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、かつてロベルト・ロッセリーニとイングリット・バーグマン、ジャン=リュック・ゴダールとアンナ・カリーナ、小津安二郎と原節子といった名監督と名女優のコンビが生み出してきた名作に連なる作品として喝采を浴びました。

モデル出身の抜群のスタイルとユニークな顔立ちが印象的なキム・ミニは、ファッションリーダーとしても女性から絶大な支持を受けています。中学生の頃からモデルとして活動した後、90年代末からテレビドラマと映画で女優としての活動をはじめ、現在は37歳。意外に長いキャリアの中で、2012年に出演した宮部みゆきの原作を映画化した『火車 HELPLESS』の演技が称賛され、パク・チャヌク監督の目に留まったことで主演した『お嬢さん』の演技が、国際的に高く評価され数々の受賞に輝きました。

映画情報どっとこむ ralph このたび、日本で2週間しか上映されていなかった、「スペシャル・エクステンデッド版」を、ホン・サンス監督最新作『それから』公開記念、新ミューズ キム・ミニの大ヒット作として限定上映が決定しました。

ホン・サンスが見出した新ミューズ、キム・ミニ主演の大ヒット作!

お嬢さん
スペシャル・エクステンデッド版 

6/2(土)~8(金) 限定上映決定!ヒューマントラストシネマ渋谷にて 

監督:パク・チャヌク
出演:キム・ミニ、キム・テリ、ハ・ジョンウ
2016年/韓国/169分/R18+ 
配給:ファントム・フィルム
ⓒ 2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

映画情報どっとこむ ralph 名匠ホン・サンス×女優キム・ミニ 作品一挙公開!

6/16(土) 『夜の浜辺でひとり』ロードショー 
6/30(土) 『正しい日 間違えた日』 ロードショー 
7/14(土) 『クレアのカメラ』 ロードショー 

映画情報どっとこむ ralph 名匠ホン・サンス×女優キム・ミニ(『お嬢さん』)が紡ぐ、男と女の可笑しみ。

映画監督と女優の幸せなコラボレーションから生まれた、人間ドラマの最高傑作。
そこはかとなく漂うユーモアが理不尽な世の中を突き破る。

それから

原題:그 후/英題:The Day

6/9(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

公式サイト:crest-inter.co.jp/sorekara 

【STORY】

妻に浮気を疑われ、窮地に立たされている社長ボンワン(クォン・ヘヒョ)が経営する出版社に勤めることになったアルム(キム・ミニ)。

出勤初日早々、社長の妻がやってきて、アルムを夫の不倫相手と決めつけ騒ぎ立てる。

同じ日の夜、前任者であり社長の愛人であった女がひょっこり戻ってきたことで、事態は思わぬ方向へ…。

***********************************


監督・脚本:ホン・サンス
出演:クォン・ヘヒョ、キム・ミニ、キム・セビョク、チョ・ユニ

2017年/韓国/91分/モノクロ/ビスタ/

配給:クレストインターナショナル


仏:イザベル・ユペール x 韓:キム・ミニ共演『クレアのカメラ』全国順次公開決定!


映画情報どっとこむ ralph フランスの大女優イザベル・ユペールと、韓国俳優史上初のベルリン国際映画祭主演女優賞に輝き国際派女優として存在感を増すキム・ミニが共演した話題作「Clare’s Camera」が、邦題を『クレアのカメラ』として、夏よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開することが決定しました。

そして、このたび、日本版ポスタービジュアルが完成。

2人の女優の愉快なコラボレーション。

陽光まぶしいカンヌを舞台に繰り広げられる、映画祭の裏事情。栄光は誰の手に??
ホン・サンスがお気に入りの女優二人と一緒に、魔法を使ったかの如く撮りあげた『クレアのカメラ』。本作が撮影されたのは、2016年のカンヌ映画祭。

イザベル・ユペールはポール・ヴァーホーヴェン監督作『エル ELLE』、キム・ミニはパク・チャヌク監督作『お嬢さん』と、共にコンペティション部門出品の映画の上映でカンヌに来ていた。その機会を利用したわずか数日の撮影で、このチャーミングな映画は生まれたのだ。

本作の見どころの一つがカンヌ映画祭の裏事情だ。女癖の悪い映画監督、監督と男女の関係にある映画会社の女社長、監督と火遊びしてしまった映画会社の社員。虚実ないまぜの設定でそれぞれの思惑が交錯する。

映画情報どっとこむ ralph
映画祭には魔物が棲んでいるといわれるが、まさに本作では華やかな舞台の陰で繰り広げられる人間模様がユーモアたっぷりに描かれる。まるでジグソーパズルのように、ばらばらだったピースが最後にピタリとはまるとき、見るものは思わずニヤリとしてしまうことだろう。

クレアのカメラ
原題:빌링블록
英題:Claire’s Camera

夏、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
公式サイト:
http://crest-inter.co.jp/sorekara/crea/


物語・・・

映画会社で働くマニ(キム・ミニ)は、カンヌ国際映画祭への出張中に、突然社長から解雇されてしまう。

帰国日を変更することもできず、一人カンヌに残ることにしたマニは、ポラロイドカメラを手に観光しているクレア(イザベル・ユペール)と知り合う。

クレアは、自分が一度シャッターを切った相手はもう別人になるという自説を持つ、不思議な人物だった。そこで二人は、マニが解雇を言い渡されたカフェに行き、同じ構図で写真を撮るのだが……。

***********************************

監督・脚本:ホン・サンス

出演:キム・ミニ、イザベル・ユペール、チャン・ミヒ、チョン・ジニョン、ユン・ヒソン、イ・ワンミン、カン・テウ、マーク・ペランソン、シャヒア・ファーミー

2017年/韓国/69分/ビスタ/5.1ch/カラー
配給:クレストインターナショナル
© 2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.



밤의 해변에서 혼자/を邦題『夜の浜辺でひとり』で日本公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 名匠ホン・サンスの新ミューズ キム・ミニが、韓国人俳優初となるベルリン国際映画祭主演 女優賞に輝いた話題作「On The Beach At Night Alone」が、邦題『夜の浜辺でひとり』として、初夏よりヒューマントラストシ ネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開することが決定しました。

その日本版ポスタービジュアルが解禁になりました。

覚悟しかない。
キム・ミニを最高に輝かせた、現代を生きる新しいヒロイン像 2017年のベルリン映画祭で、女優の美しさが全編を支配する作品として話題をさらった『夜の浜辺でひとり』。

キム・ミニは、韓国人俳優として初となる主演女優 賞の栄誉を手にし、ホン・サンス監督の新ミューズとして、世界にその存在を印象 付けた。 現代社会に生きる女性がシンパシーを感じずにはいられない複雑な感情が、ラス トシーンで深い余韻を残す、ホン・サンス監督の比類無き女性賛歌。

夜の浜辺でひとり

公式サイト:
crest-inter.co.jp/yorunohamabe

原題:밤의 해변에서 혼자/
英題:On the Beach at Night Alone

物語・・・
舞台は、ハンブルクとカンヌンという二つの海岸都市。
不倫スキャンダルにより、キャリアを捨て異国に逃げてきたヨンヒ(キム・ミニ)は、訪ねてくると言ったまま姿を見せない恋人を待ちながら、自分の真意が分からずに、後悔と欲望を引きずっている。

月日は流れ、韓国へ戻ったヨンヒは、旧友たちと再会したことで女優復帰を考え始める。そしてひとり江陵の浜辺を訪れ、意外な方法で自分の心に向き合うこ とになるのだが…。

***********************************


監督・脚本:ホン・サンス
出演:キム・ミニ、ソ・ヨンファ、クォン・ヘヒョ、チョン・ジェヨン、ソン・ソンミ、ムン・ソングン

2017 年/韓国/101 分/ビスタ/5.1ch/カラー/


お嬢さまと侍女の、初めての夜・・・『お嬢さん』本編映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 現在公開中のパク・チャヌク監督最新作『お嬢さん』。

本作は「このミステリーがすごい!」で第1位を獲得したサラ・ウォーターズの「荊の城」が原作となり、複数の登場人物の視点で描かれる騙し合いと、過激なエロスが、息を飲むような美しい映像で綴られた作品。韓国では成人映画(R19指定)のオープニング記録を更新。アメリカ、フランス、韓国ですでに500万人の動員を記録、外国映画として全米で映画賞を次々と受賞しています。この度、お嬢さまと侍女の“初めての夜”の本編映像が到着しました!

伯爵に求婚され戸惑うお嬢さま。
結婚したら夜に男女がなにをするのか知らないという無垢な彼女に、ヤケになった侍女は体をはって教えることに。キャンディ―を舐め、優しくお嬢さまに口づけをする侍女。果たして二人はどこまでいってしまうのか!?何も知らない無垢なお嬢さまと、そんな彼女をリードするまだ少女の面影が残る侍女。

そんな乙女二人のエロティックながらもどこか清純で可愛いらしい“初めての夜”を切り取った本編映像となっています。


女同士のベッドシーンの撮影にはかなり気を使って行ったというパク・チャヌク監督。本シーンではスタッフは女性だけにし、女優の二人が演技に集中できるよう、女性だけの空間で撮影が行われました。

映画情報どっとこむ ralph 同性同士の性描写が話題となっていることについて

監督:社会の視線や自分自身と戦いながらも、感情に身を任せ、愛した相手が同性であっても異性であっても関係なく、そうなることが自然だと感じられる作品にしたかった。性描写が嫌われるからという理由で、それを排除するという選択肢はなく、女性の快楽を求める姿を美しくポジティブなものとして撮りたかった。

と語ります。
撮影にこだわりを持つ彼は当初は3Dで撮ることを計画し、2つの視点、ショットの違いをより明確に表現できると考えていたようだが、予算の都合で断念したそう。

また、原作と同じロンドンを舞台に撮影するなら女優はアマンダ・セイフライドやシアーシャ・ローナンだと明かした監督。

『虐殺器官』のハリウッドリメイクが噂される監督なだけに、本作のハリウッドリメイクの可能性もあるかも!?

お嬢さん

美しく純真なお嬢様の財産を狙う、詐欺師と侍女。
次々と仕掛けられた罠。
果たして本当にはめられるのは誰だ―!? 

1939年、日本統治下の朝鮮半島。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・テリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。秀子は世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、日本文化を崇拝する支配的な叔父(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りて秀子を誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキに秀子が次第に心を開いていくのだが…。

令嬢、侍女、詐欺師、富豪。欲望の館で誰が誰を騙し、愛されたのか―。その結末をスクリーンで刮目せよ。

ojosan.jp

***********************************

監督:パク・チャヌク 
(カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ受賞『オールド・ボーイ』)
キャスト:キム・テリ、キム・ミニ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌン
配給:ファントム・フィルム(2016年/韓国/145分/シネマスコープ/5.1ch/R-18) 

ⓒ 2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED
   


『お嬢さん』アジア・フィルム・アワードで最多4部門


映画情報どっとこむ ralph 現在公開中のパク・チャヌク監督最新作『お嬢さん』。

昨日3月21日(火)に発表された第11回アジア・フィルム・アワードにて最優秀新人賞(キム・テリ)、最優秀助演女優賞(ムン・ソリ)、最優秀美術賞、最優秀衣装賞を受賞し、最多である4部門受賞に輝きました。
最優秀新人賞:キム・テリ
©Asian Film Awards
最優秀新人賞を受賞したキム・テリは、令嬢役のキム・ミニに仕えながらも裏で彼女の財産を奪おうとする侍女役を体当たりで熱演。

演技の経験がほとんどないものの、1500人という人数の中からパク・チャヌク監督自身から「少女性を持ちながらも、しなやかで荒ぶりを感じさせる野性味がとても魅力的だった」という理由で大抜擢され、本作で最優秀新人賞を受賞するといった、まさにシンデレラ・ガール!

最優秀助演女優賞:ムン・ソリ
©Asian Film Awards
最優秀助演女優賞を受賞したムン・ソリは令嬢役のキム・ミニの叔母役を好演。

短い出演ながらも、主役級の存在感を放ち、見事、受賞に輝きました。

女たちが活躍する物語『お譲さん』。

アジア・フィルム・アワードはアジア28カ国・地域、約1,600本の映画より選出されるアジアのアカデミー賞。

映画情報どっとこむ ralph お嬢さん

美しく純真なお嬢様の財産を狙う、詐欺師と侍女。

次々と仕掛けられた罠。

果たして本当にはめられるのは誰だ―!?

物語
1939年、日本統治下の朝鮮半島。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・テリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。秀子は世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、日本文化を崇拝する支配的な叔父(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りて秀子を誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキに秀子が次第に心を開いていくのだが…。

令嬢、侍女、詐欺師、富豪。欲望の館で誰が誰を騙し、愛されたのか―。その結末をスクリーンで刮目せよ。

大絶賛公開中

ojosan.jp



***********************************


監督:パク・チャヌク (カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ受賞『オールド・ボーイ』)

キャスト:キム・テリ、キム・ミニ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌン

配給:ファントム・フィルム
2016年/韓国/145分/シネマスコープ/5.1ch/R-18
ⓒ 2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED