「キネカ大森」タグアーカイブ

『愛がなんだ』公開記念、今泉監督の過去作品を一挙上映企画決定!at キネカ大森


映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家、角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を今泉力哉監督が主演に岸井ゆきのを迎え、共演に成田 凌、深川麻衣、若葉竜也、江口のりこなど、多彩な俳優陣が名を連ねて映画化した『愛がなんだ』を 4/19(金)よりテアトル 新宿ほかにて全国公開となります!

本作の公開を記念し、今泉監督の過去作品を一挙上映する今泉力哉監督レトロスペクティブ上映企画

“最低だ。愛されている。”

の実施が 3/29(金)〜4/11(木)までキネカ大森にて開催決定!

本企画上映最終日(4/11)には、参加対象が“不毛な恋愛をしている女子”限定の『愛がなんだ』の先行有料試写会も実 施を予定しております。このセカイは、うまくいく恋より、うまくいかない恋の方が多いーそんな“正解のない恋のカタチ”を 模索し、応援し、背中を押してくれる恋愛映画の旗手今泉力哉監督の珠玉の作品たちを、この機会にぜひ。

映画情報どっとこむ ralph 『愛がなんだ』公開記念 今泉力哉監督レトロスペクティブ “最低だ。愛されている。”

「パンとバスと 2 度目のハツコイ」「知らない、ふたり」「サッドティー」などの長編作品の他、 笑い、音楽、監督のベストセレクションなどのカテゴリーに分けて短編など、 その数計20作品にものぼる今泉監督の作品を一挙上映!

◆開催期間:2019年3月29日(金)〜4月11日(木)
◆会場:キネカ大森
https://ttcg.jp/cineka_omori/
◆チケット販売:3/22(金) ~ キネカ大森 劇場窓口にて販売開始 価格:\1,300
<※各種割引適用可/各種招待券使用不可/全席指定席制>
※本件に関するお問い合わせ先:
TEL 03-3762-6000(キネカ大森)
◆本特集上映企画掲載 URL:
ttcg.jp
< 2/23 正午 OPEN 予定>

映画情報どっとこむ ralph 【4/11(木) 開催!“不毛な恋愛をしている女子限定”『愛がなんだ』先行有料試写会】

ttcg.jp/
< 2/23 正午 OPEN 予定>

◆チケット販売:3/22(金)~ チケットぴあにて販売開始 https://t.pia.jp/ 価格:\1,800 均一 P コード:559-656

出演:岸井ゆきの、成田凌 監督:今泉力哉 「愛がなんだ」公開記念! 今泉力哉監督レトロスペクティブ実施決定! 〜最低だ。愛されている。〜

「愛がなんだ」
公式サイト:http://aigananda.com/

story
猫背でひょろひょろのマモちゃんに出会い、恋に落ちた。その時から、テルコの世界はマモちゃん⼀⾊に染まり始める。会社の電話 はとらないのに、マモちゃんからの着信には秒速で対応、呼び出されると残業もせずにさっさと退社。友達の助⾔も聞き流し、どこ にいようと電話⼀本で駆け付け(あくまでさりげなく)、平⽇デートに誘われれば余裕で会社をぶっちぎり、クビ⼨前。⼤好きだ し、超幸せ。マモちゃん優しいし。だけど。テルコは恋⼈にはなれない・・・。

原作:角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)

監督:今泉力哉
脚本:澤井香織、今泉力哉
出演:岸井ゆきの 成田凌 深川麻衣 若葉竜也 片岡礼子 筒井真理子/江口のりこ
配給:エレファントハウス
©2019 映画「愛がなんだ」製作委員会

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『濱口竜介アーリー・ワークス 』芥川賞作家小野正嗣×濱口竜介監督トークショー!


映画情報どっとこむ ralph 9月1日(土)より、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国公開となる映画『寝ても覚めても』。

その公開を記念して「濱口竜介アーリー・ワークス Ryusuke Hamaguchi Early Works」が行われますが、プログラムの一部として、8月11日、18日にテアトル新宿にて、豪華トークショー付オールナイト上映が開催。

第二弾となる18日(土)のオールナイトゲストには、芥川賞作家・小野正嗣さんが登壇しました。

原作者・柴崎友香さんとも親交の深い小野さんが、作家という視点から分析した上映作品『親密さ』『何食わぬ顔』のお話や、新作『寝ても覚めても』の話まで贅沢なトークショーとなりました!

「濱口竜介アーリー・ワークス Ryusuke Hamaguchi Early Works」
日付:8月18日
場所:テアトル新宿
登壇:芥川賞作家小野正嗣、濱口竜介監督

映画情報どっとこむ ralph この日のオールナイトでは、濱口竜介監督のが学生の頃映画研究会に所属していた頃に撮られた『何食わぬ顔』と、自身が講師を務めたENBUゼミナール映像俳優コース卒業制作『親密さ』が上映。まずはじめに

小野さん:本日は『何食わぬ顔』からの上映ですが、卒業論文というのは基本的に恥ずかしくて読み返したくないじゃないですか。本作は卒業制作ではないけれど、久しぶりに上映される今の心境は?

と質問。

濱口監督:気恥ずかしさのピークは越えました(笑)8ミリ映画なのですが、現代の映画に慣れている人が観たら驚くぐらいの画質だと思いますし、これを大画面で観るとは思わなかったと驚かれるかもしれないですが、頑張って観ていただければと思います

と答え、すかさず

小野さん:何食わぬ顔で観てもらおうということですね。

とタイトルに絡め、観客の笑いを誘った。また「当時から映画監督になりたいという気持ちはあった?」との質問に

濱口監督:映画に関わって生きていきたいという気持ちはありました。ただこれが最後の映画になってしまうのかっていう気持ちもあったし、こういう風に撮れることは二度とないんだろうなと思っていました。

と当時の心境を吐露。さらに

濱口監督:当時は、イメージしたものを撮らなければいけないと思っていたのですが、それが撮れないというのが映画研究会に属していた時にわかったんです。そして自分は、いま目の前にある人・ものが自分の撮りたい、そしてそれがきちんと映画になるんだという確信がだんだんと生まれていったんですよね。そして自分が今まで観てきた映画にどう近づけるかというのも考えていました。

すると

小野さん:それは、ジョン・カサヴェテス監督の作品のような?

濱口監督:そうですね。『何食わぬ顔』は完全にカサヴェテス監督の『ハズバンズ』のぱくりみたいなものですよね(笑)どの作品が好きですか、と聞かれる時に必ず答えるぐらい何回も挙げるほど好きでして。自分もこのような作品まで到達したいと思ったんです。『何食わぬ顔』は当時にしかないまっすぐな気持ちで撮れた作品です。

と恥ずかしがりながらも今でも変わらない気持ちを語った。

映画情報どっとこむ ralph この日上映される二本には類似点があると言う小野さん。

小野さん:小説を書くときにも、意識していても無意識でも反復してしまうということがあるんですよね。『何食わぬ顔』は主人公たちが映画を作る話。『親密さ』は同じく舞台を作る話。このように”入れ子構造“に惹かれるのはなぜですか?

と質問。

濱口監督:実は、発端は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』なんです。同じようなことがシーズンごとに繰り返されるじゃないですか。けれど、反復しているけれども、それを同じものを見せられるわけではなく、別の視点から見ることができる。世の中にこんな面白いものがあるのか!と思う体験だったんです。『何食わぬ顔』も『親密さ』も入れ子構造を使用したのは、反復ができるから。物語の中で自然にもう一度出てきても、観客は違う捉え方をしてくれるはずだと思い取り入れました。

と誕生秘話を明かしました。

そして小野さんは、新作『寝ても覚めても』にも同じことが言えるといい

小野さん:『寝ても覚めても』も同じ顔の人が現れますよね。原作は柴崎友香さんの同名小説ですが、まさに濱口監督のために書かれた作品ですよね!

と小野さんの発言に驚きながらも、

濱口監督:たしかに、おこがましいですがそう思ってしまいましたね(笑)

照れながら返した。さらに

濱口監督:柴崎さんに“映画化される時にどう思いましたか?”と聞いたら、“映画と小説は別のものだと思っていたし、監督にすべてお任せしたいと思っている“とおっしゃっていました。原作には書かれていないこともあったけれども、濱口監督の今までの作品の一貫性が本作にも表されていて、正直驚きを禁じ得ない作品でした。

と小野さんの言葉に、濱口監督も喜びの笑みを見せた。

小野さん:濱口監督の作品は、なにかを正確に捉えている印象がある。『親密さ』や新作『寝ても覚めても』でも極めて正確に正当に精密に言葉が紡がれていると感じたんです。間(あわい)ものや曖昧なものを撮るからこそ、対象を正確に撮らなければいけないし、監督はそれを撮れるのはなぜでしょう?

という言葉に、

濱口監督:『寝ても覚めても』への海外評で唐田えりかさんが演じるヒロインのことを“たぐいまれなる正確さ”という表現をされているんですね。それがなぜかというと、先ほど言った通りイメージをなるべくもたないように演じてもらう。役者さんがその場で初めて演じることで、その場でしか起き得なかったものが撮れるし、この台詞ってそういう意味だったのか、とこちらも驚くほど気づかされるんですよね。それを教えてくれたのが『親密さ』だった。それと同じく『寝ても覚めても』も演出していたので、二つの作品に“正確さ”というものを見ていただけたのかもしれません」と自身の見解を語った。そして最後に「柴崎友香さんの傑作小説を映画化した『寝ても覚めても』が9月1日より公開されますので、ぜひ劇場へ足を運んでいただければと思います。

と強くメッセージを残しました。

映画情報どっとこむ ralph テアトル新宿での特集上映は、この回で終了しましたが・・・。
9/22よりキネカ大森にて引き続き濱口竜介特集が開催されます!

<キネカ大森特集上映>

9/22(土)〜10/5(金)

『ハッピーアワー』『PASSION』『親密さ』『THE DEPTHS』

『不気味なものの肌に触れる』『永遠に君を愛す』

『天国はまだ遠い』『記憶の香り』『遊撃』

『なみのおと』『なみのこえ 新地町』『なみのこえ 気仙沼』『うたうひと』

キネカ大森:1作品 1,300 円均一、『ハッピーアワー』通し券 3,000 円、『親密さ』通し券 2,000 円

映画情報どっとこむ ralph 映画『寝ても覚めても

9月1日(土)、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国ロードショー!
www.netemosametemo.jp 


違う名前、違うぬくもり、でも同じ顔。運命の人は二人いた。

二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。主演・東出昌大が、同じ顔をしていながらも全くタイプの違う男・亮平と麦(ばく)という一人二役に挑み、新星・唐田えりかがヒロイン・朝子を演じる。濱口監督自ら熱望した芥川賞作家の柴崎友香の小説「寝ても覚めても」の映画化で、満を持して商業映画デビューを果たし、初の世界三大映画祭への出品ながら、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された。瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子の豪華キャストが脇を固め、tofubeatsが初の映画音楽を担当し主題歌を書き下ろした『RIVER』にも注目が集まる。

東京。亮平は、コーヒーを届けに会社に来た朝子と出会う。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、

戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。

亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ――。

***********************************

出演: 東出昌大 唐田えりか 瀬戸康史 山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知(黒猫チェルシー)/仲本工事/田中美佐子

監督: 濱口竜介
原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊) 音楽:tofubeats
英題: ASAKOⅠ&Ⅱ 2018/119分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/ COMME DES CINÉMAS 
製作幹事:メ〜テレ、ビターズ・エンド 
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『寝ても覚めても』公開記念!濱口竜介特集上映オールナイト トークショー豪華ゲスト登壇決定!!


映画情報どっとこむ ralph 東出昌大を主演に迎え、芥川賞作家:柴崎友香先生の原作を映画化した商業デビュー作 『寝ても覚めても』(9月1日公開)が、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選出という快挙を成し遂げ るなど、世界に名を轟かせた濱口竜介監督。

この度、映画の公開を記念して行われる「濱口竜介アーリー・ワークス Ryusuke Hamaguchi Early Works」のプログラムの一部として、8月11日、18日開催のテアトル新宿オールナイトのトークショーの登壇ゲストが決定しました!

“『寝ても覚めても』公開記念 濱口竜介アーリー・ワークス Ryusuke Hamaguchi Early Works” とは!?

これから益々多くの作品を世に送り出し、世界中で観られていくと思われる濱口竜介監督。

ここで敢えて“アーリー・ワークス(初期作品群)”と銘打っ た濱口監督特集上映の開催が劇場で決定!
『寝ても覚めても』が上映される テアトル新宿でのオールナイト2日間、そして、キネカ大森にて9月22日 から2週間に渡っての特集上映。『ハッピーアワー』 『PASSION』『親密さ』と いった代表作から、東京大学在学時に制作された『何食わぬ顔(long version)』、東京藝術大学大学院映像研究科時代の短篇『遊撃』『記憶の香 り』や、酒井耕と共同監督した東北記録映画三部作など、多岐に渡る全14作が上映されます。

映画情報どっとこむ ralph テアトル新宿オールナイトトークショー! 黒沢清、小野正嗣ら豪華ゲスト登壇決定!!

この度、8月11日(土)、18日(土)に行われるテアトル新宿オールナイト にて、濱口竜介監督とトークショーを行う登壇ゲストが決定!! 11日(土)には巨匠・黒沢清監督が登壇!

濱口監督が東京藝術大学大学院映像研究科に在学中、黒沢監督の授業 を受けていた頃から親交のある二人。「大事なことはすべて黒沢さんから教わったと言っても過言ではない」と 現在も語る濱口監督が、師匠である黒沢監督とどのような熱いトークを繰り広げるのか注目が集まる。世界最前 線で活躍する日本映画監督二人のトークを聞けるのはこの日だけ!

18 日(土)には芥川賞作家・小野正嗣さんが登壇!
NHK「日曜美術館」の司会でもお馴染みの小野さん。「寝ても 覚めても」の原作者・柴崎友香さんとも親交の深い小野さんに、作家としての視点から濱口監督作品について何 を感じたのかを、たっぷりと語ってもらう! 両日ともに “寝ても覚めても”忘れられないトークショーになること間違いなし!詳細は以下となります。

【テアトル新宿オールナイト概要】
8月11日(土)
・時間:22:00 開演
※上映前のトークショーとなります。
・登壇者:黒沢清(映画監督)、濱口竜介
・上映作品:『ハッピーアワー』

8月18日(土)
・時間:22:00 開演 ※上映前のトークショーとなります。
・登壇者:小野正嗣(作家・立教大学文学部教授)、濱口竜介
・上映作品:『親密さ』+『何食わぬ顔(long version)』

テアトル新宿オールナイト:2,500 円均一

映画情報どっとこむ ralph テアトル新宿オールナイトの後には、キネカ大森での特集上映も!!

キネカ大森特集上映 9/22(土)〜10/5(金) 『ハッピーアワー』 『PASSION』『親密さ』『THE DEPTHS』 『不気味なものの肌に触れる』『永遠に君を愛す』 『天国はまだ遠い』『記憶の香り』『遊撃』 『なみのおと』『なみのこえ 新地町』『なみのこえ 気仙沼』『うたうひと』

キネカ大森:
1作品 1,300 円均一
『ハッピーアワー』通し券 3,000 円
『親密さ』通し券 2,000 円

<濱口竜介特集上映サイトはこちら>
濱口竜介特集上映サイト

映画情報どっとこむ ralph 寝ても覚めても

9/1(土)より、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、 渋谷シネクイントほか全国ロードショー!

www.netemosametemo.jp/


東京。亮平は、コーヒーを届けに会社に来た朝子と出会う。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、戸惑いながら も朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。亮平は、かつて 朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ。

***********************************

出演:東出昌大 唐田えりか 瀬戸康史 山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知(黒猫チェルシー)/仲本工事/田中美佐子

監督:濱口竜介
脚本:田中幸子 濱口竜介
原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)
音楽:tofubeats
主題歌:tofubeats「RIVER」(unBORDE/ワーナーミュージック・ジャパン)
2018/119 分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/ COMME DES CINÉMAS
製作幹事:メ〜テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&I エンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
©2018 映画「寝ても覚めて も」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS

    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

今年も「夏のホラー秘宝まつり2018」開催決定!第一弾解禁 阪元裕吾監督特集!


映画情報どっとこむ ralph 【ホラー秘宝】は、キングレコードが贈る人気のホラー映画レーベル。そのセレクションの質は、ホラーファンや映画ファンから一目を置かれる存在です。

2014年から、ホラー映画未開の地・キネカ大森にて映画祭「ホラー秘宝まつり」の開催がスタート、多くのホラーファンから【観客参加型のホラー映画祭】として応援していただき、毎年動員が増え続けております。

そして、今年で5年目の夏を迎えるホラー映画祭のシーズンがやってきました!2018年夏、キネカ大森にて、5回目を迎える『夏のホラー秘宝まつり2018』が開催いたします。 

映画祭タイトル「夏のホラー秘宝まつり2018」
期間:2018年夏
場所:キネカ大森

料金:新作1500円、旧作1100円

公式サイト 
http://horror-hiho.com
ツイッター 
@horror_hiho

提供:キングレコード 
配給・宣伝:ブラウニー

映画情報どっとこむ ralph この度、ラインナップの第一弾が解禁となります!

★暴力映画の新星!阪元裕吾監督特集!

インディーズの超話題作 『ハングマンズ・ノット』 劇場公開!
商業映画デビュー作 『ファミリー・ウォーズ(仮)』 ワールドプレミア!

今年のラインナップ第一弾作品が決定!
若干22歳にして、カナザワ映画祭、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭といった数々の映画祭で賞を受賞。暴力映画の新星として今、最も注目される阪元裕吾監督の特集上映を行います。

阪元裕吾監督

カナザワ映画祭2017期待の新人賞グランプリ、ゆうばり叛逆映画祭では作品賞を受賞。純度100%!混じりっけなしの暴力エンターテイメント作品『ハングマンズ・ノット』!

さらに、キングレコード制作による、商業映画デビューを飾る最新作『ファミリー・ウォーズ(仮)』が、ワールドプレミアとして「夏のホラー秘宝まつり2018」のオープニングの目玉作品として公開されます!

『ハングマンズ・ノット』

★「カナザワ映画祭2017」期待の新人監督&出演俳優賞(安田ユウ)のダブル受賞作品!
★「ゆうばり叛逆映画祭2018」にて上映!
サイコパスVSヤンキー!抗争勃発!コミュ障大学生、柴田さん。暴力を発散し続けるクレイジーヤンキー、影山兄弟。出会ってはいけない2組が出会ってしまった時、無関係な人間を巻き込んだ殺し合い抗争劇が始まる。

映画情報どっとこむ ralph 「夏のホラー秘宝まつり2017」 プレミア上映作品 DVDリリースも決定!!

さらに、昨年開催された「夏のホラー秘宝まつり2017」にてプレミア上映された『「超」怖い話2』、『怪談新耳袋Gメン復活編』、『血を吸う粘土』三作品のDVDリリースも決定しました。
『「超」怖い話2』
実話怪談の最高峰『「超」怖い話』完全映画化シリーズ第2弾!!
人気アイドルグループ・夢みるアドレセンス主演!!アイドル絶叫4連発!!

Jホラーが空前の盛り上がりを見せる今、ついに真打ち登場!実話怪談の最高峰『「超」怖い話』完全映画化の第二弾。2011年に「ダイナー」で大藪春彦賞を受賞した人気作家・平山夢明が、実際にあった恐怖心霊体験を集めて作り上げた実話怪談集。全4話のオムニバスとなる本作を監督したのは、ハリウッドリメイクが決定した『AVN/エイリアンVSニンジャ』など世界が注目の映画監督・千葉誠治。最凶の心霊現象に遭遇した美女4名の恐怖体験を描く。主演の人気アイドルグループ”夢みるアドレセンス”のメンバーがオムニバス4話のそれぞれのヒロインとして登場。そして、4つの怪談は奇妙に絡み合いながら、美女たちの絶叫は闇に飲みこまれ、遂には、誰も助けに来ない恐怖体験が、あなたを激しく襲う!!

【発売日】2018年7月4日
【価格】DVD:¥3800+税 BD:¥4800+税
【品番】DVD:KIBF-1581 BD:KIXF-558

『怪談新耳袋Gメン復活編』
5年の歳月を経て遂に伝説の心霊ドキュメンタリーが奇跡の復活!!
やらせなし!おっさん達が心霊映像を撮るために奔走する!日本屈指のガチンコ心霊ドキュメンタリー!

 君は「怪談新耳袋殴り込み!」シリーズを知っているか!?2013年を最後に沈黙を続けていた大人気心霊ドキュメントシリーズ最新作。”新耳Gメン”と呼ばれる中年の男たちが心霊映像を撮影するために、心霊スポットに体当たりの殴り込みをかける、伝説のシリーズが5年ぶりに復活!ノーCG、ノー特殊造形、ノースタント、フェイクじゃない!ガチンコだ!一切のやらせなしのガチンコ心霊ドキュメンタリーが奇跡の復活!!

【発売日】2018年7月4日
【価格】DVD:¥3800+税
【品番】DVD:KIBF-1583

『血を吸う粘土』
2017年トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門正式招待作品
呪いの粘土が人を襲う!!ミスiD主演!驚愕の特殊造型で贈るホラー・エンタテインメント!

『ABC・オブ・デス2』に日本代表監督として参加し、世界中のホラーファンを驚かせた特殊メイク・アーティスト梅沢壮一(映画『妖怪人間ベム』『桐島、部活やめるってよ』)の長編初監督作品。主演は講談社が主催する国内最大規模のオーディション・ミスiD2017グランプリに輝いた武田杏香。同じくミスiD2017を受賞した杉本桃花、藤田恵名、牧原ゆゆの3人が共演する。他に黒沢あすか、津田寛治が脇を固める。地方の美術専門学校で、怨念のこもった粘土の封印を解いてしまったために起こる阿鼻叫喚の地獄絵図を描く。人間を取り込みながら、あらゆるものに変化する”血を吸う粘土”カカメの特殊造型は必見!!また、『血を吸う粘土』は、昨年42回目を迎えたトロント国際映画祭のミッドナイト・マッドネス部門にてワールドプレミア上映し、全世界セールスが決まるなど、世界中で旋風を巻き起こしている。

【発売日】2018年7月4日
【価格】DVD:¥3800+税 BD:¥4800+税
【品番】DVD:KIBF-1582 BD:KIXF-559

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

さよならCJ Entertainment Japan韓国映画“夏祭り”開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 『韓国映画“夏祭り”~さよならCJEJ~』が6月17日(土)よりキネカ大森にて開催決定!

今夏をもって惜しまれながら営業終了となるCJ Entertainment Japan。

CJEJの作品の中から、沢山のファンに愛された作品を軸に、あまり上映されなかったレアな映画含めラインナップされた特集上映『韓国映画“夏祭り”~さようならCJEJ~』が、キネカ大森で6/17(土)より2週間開催される事になりました!

初配給作品『彼と私の漂流日記』から、最新にして最終作の『あの日、兄貴が灯した光』(チョ・ジョンソク、D.O.主演)まで、CJ Entertainment Japanの歴史を辿りながら、熱くて思い出深い”夏祭り”が催されます。

映画情報どっとこむ ralph 18作品の多彩な上映ラインナップにそれぞれ主演する俳優陣も実に豪華!

イ・ビョンホン(『王になった男』)、ファン・ジョンミン(『国際市場で逢いましょう』、『ベテラン』など5作品)、ハ・ジョンウ(『ベルリンファイル』)コン・ユ(『トガニ 幼き瞳の告発』)、ソン・ジュンギ(『私のオオカミ少年』)など、韓国を代表する人気俳優たちの熱演をスクリーンで一気に堪能できる貴重な機会となる。
また、6/17(土)初日は、特別企画としてチョン・ウソン、ファン・ジョンミン、チュ・ジフン共演のノワールエンタテイメント『アシュラ』絶叫爆裂上映と、シム・ウンギョン主演の珠玉の友情物語『サニー 永遠の仲間たち』トークイベント付き上映が開催される。そのほか、CJEJ作品にまつわる貴重なプレゼントも多数用意されているので、韓国映画ファンのみならず忘れられない”祭り”となりそうだ。

韓国映画“夏祭り”~さよならCJEJ~ 上映作品ラインナップ(全18作品)
【上映作品】 ①彼と私の漂流日記 ②ハーモニー 心をつなぐ歌 ③生き残るための3つの取引 ④サニー 永遠の仲間たち ⑤トガニ 幼き瞳の告発 ⑥王になった男 ⑦私のオオカミ少年 ⑧ベルリンファイル ⑨ダンシング・クイーン⑩怪しい彼女 ⑪今日の恋愛 ⑫国際市場で逢いましょう ⑬ベテラン ⑭探偵ホン・ギルドン ⑮花、香る歌 ⑯荊棘の秘密 ⑰アシュラ ⑱あの日、兄貴が灯した光 

★上映スケジュールなど詳細はこちらから

映画情報どっとこむ ralph 下記イベントも実施!

■「アシュラ」絶叫爆裂上映

【アシュラ】(c)2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

日時:6/17(土)16時の回
場所:キネカ大森
詳細は劇場HP

■「サニー 永遠の仲間たち」トークイベント付き上映

サニー 永遠の仲間たち(c)2011 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

日時:6/17(土)19時の回上映後
場所:キネカ大森
ゲスト:松崎まこと(映画活動家)、西森路代(ライター)※敬称略

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ヴィム・ヴェンダース監督特集上映が決定!@キネカ大森


映画情報どっとこむ ralph ヴィム・ヴェンダース監督『誰のせいでもない』の公開を記念し、監督の過去作品の特集上映がキネカ大森で開催されることが決定!!

永遠の名作『パリ、テキサス』、国内最終上映の『アメリカ、家族のいる風景』など4本の傑作を特集。

70歳を過ぎていまだ瑞々しいヴェンダース、その作品の秘密をスクリーンで!

wim-wenders%e7%89%b9%e9%9b%86%e4%b8%8a%e6%98%a0%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab“ヴィム・ヴェンダース”という名前が“ニュー・ジャーマン・シネマ”という言葉とともに現われてから40年以上。あらためてそのフィルモグラフィーを見ると、ひとりの監督がこれだけの映画をつくり続けてきたことに驚き、しかも、どの映画もまったく古びていないことに驚かされる。

今回の特集上映は、7年振りの劇映画となる待望の新作『誰のせいでもない』の公開記念で、いずれも映画史に残る極めつけの傑作揃い。ロード・ムーヴィー、ランドスケープ、家族、孤独。ヴェンダース映画を象徴する4作にスクリーンで会えることが、とにかく貴重です。

昨年、70歳を迎え、新作『誰のせいでもない』では、感情の揺らぎを3D映像で見せるというチャレンジをしたヴェンダース監督。今もなお映画の旅を続けるその魅力を、往年のファンだけでなく、若い映画ファンにもぜひ!!

映画情報どっとこむ ralph 『誰のせいでもない』公開記念
ヴィム・ヴェンダースを旅する〜映画のランドスケープ

会場:キネカ大森 期間:2016/10/8(土)-10/21(金)
料金:各回入替制 1,300円均一

【上映作品】
パリ、テキサス
ベルリン・天使の詩
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
アメリカ、家族のいる風景 国内最終上映

映画情報どっとこむ ralph パリ、テキサス

原題:PARIS, TEXAS[1984|147分|西ドイツ・フランス]デジタル上映

監督:ヴィム・ヴェンダース|製作総指揮:アナトール・ドーマン|原作・脚色 : サム・シェパード|撮影:ロビー・ミュラー|音楽:ライ・クーダー|出演:ハリー・ディーン・スタントン、ナスターシャ・キンスキー

84年度カンヌ国際映画祭パルムドール受賞。永遠に輝くロード・ムーヴィーの傑作。

%e3%83%91%e3%83%aa%e3%83%bb%e3%83%86%e3%82%ad%e3%82%b5%e3%82%b9-2テキサスの荒野をひとり歩き続ける男。名前はトラヴィス、4年間失踪していた。かつて妻と息子を失った男が夢見た“パリ、テキサス”とは?撮影は初期ヴェンダース作品やジム・ジャームッシュ作品でも知られるロビー・ミュラー。
テキサス州パリス、テキサスにパリがあるのか!?という驚きさえ胸にグッとくる。車が走り、ライ・クーダーのスライドギターが聞こえるだけで泣ける。当時、『パリテキ』に夢中になった若者たちは、この映画のナスターシャ・キンスキーほど美しい女を知らなかった。そしてハリー・ディーンほどカッコいい男も。

ベルリン・天使の詩
原題:DER HIMMEL UBER BERLIN[1987|127分|西ドイツ・フランス]デジタル上映

監督:ヴィム・ヴェンダース|脚本:ヴィム・ヴェンダース、ペーター・ハントケ|撮影監督:アンリ・アルカン|音楽:ユルゲン・クニーバー|出演:ブルーノ・ガンツ、ソルヴェイグ・ドマルタン、オットー・ザンダー

%ef%be%8d%ef%be%9e%ef%be%99%ef%be%98%ef%be%9d%ef%bd%a5%e5%a4%a9%e4%bd%bf%e3%81%ae%e8%a9%a9187年度カンヌ国際映画祭最優秀監督賞受賞。公開当時30週のロングランを記録した不朽の名作。ベルリンの街を見下ろす天使たち。彼らは地上の人々をずっと見守り続けてきた。ある日、天使ダミエルは、サーカスの空中ブランコ乗りの美女マリオンに出会い、恋をする。人間に恋することは、天使の“死”を意味するのに……。日本では88年4月に封切られ、単館映画最長となる連続30週(半年以上!)の大ロングラン。人間たち心の声が囁きとなって埋め尽くす図書館、白黒の画面が、突然、カラーに変わる瞬間。震えが来るような名シーンの数々、さらにピーター・フォークの出演も!翌89年、ベルリンの壁は崩壊した。

映画情報どっとこむ ralph ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

原題:BUENA VISTA SOCIAL CLUB[1999|105分|ドイツ・アメリカ・フランス・キューバ]35mmフィルム上映

監督:ヴィム・ヴェンダース|撮影:イェルク・ヴィトマー、ロビー・ミュラー、リサ・リンズラー|音楽:ライ・クーダー|出演:ライ・クーダー、イブライム・フェレール、オマーラ・ポルトゥオンド、コンパイ・セグンド

%e3%83%96%e3%82%a8%e3%83%8a%e2%98%86%e3%83%93%e3%82%b9%e3%82%bf%e2%98%86%e3%82%bd%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%ab%e2%98%86%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%9601キューバの老ミュージシャンの人生、音楽、旅。世界20以上の賞に輝いた音楽ドキュメンタリー。キューバ音楽の古老たちとアルバムを作った友人ライ・クーダーのキューバ再訪の旅に、ヴェンダースは撮影クルーを伴って同行。老ミュージシャンたちを撮影する。全編にキューバ音楽の魅力あふれるドキュメンタリー。映画の最後、カーネギーホール公演のために、彼らは初めてアメリカへ……。ピカピカのアメ車が道を流していた革命前の優雅な40年代ハバナの香りを今も身に纏い、70代になり90歳を超えてなお、艶やかな音楽を聴かせる彼らの魅力に世界中が虜になった。映画が映したのは、音楽だけじゃない。彼らの人生だったから。

アメリカ、家族のいる風景
国内最終上映 
原題:DON’T COME KNOCKIN[2005|124分|アメリカ・ドイツ]35mmフィルム上映

監督:ヴィム・ヴェンダース|製作総指揮:ジェレミー・トーマス|脚本:サム・シェパード|撮影:フランツ・ラスティグ|音楽:T・ボーン・バーネット|出演:サム・シェパード、ジェシカ・ラング、ティム・ロス、サラ・ポーリー、エヴァ・マリー・セイント

america映画が眠る場所から始まる隠れた傑作。『パリ、テキサス』以来のサム・シェパードとのタッグ。スキャンダルまみれの自堕落な生活を送っていた往年の西部劇スター、ハワード・スペンス。突然撮影現場から逃げ出した彼は、30年も会っていなかった母親のもとへ向かう。母から、20数年前に自分の子供を身ごもった女性から電話があったと聞かされ、昔の恋人を探しに行くが……。ジョン・フォード西部劇でおなじみのモニュメント・ヴァレーに始まり、ネヴァダ、モンタナ。孤独の中にもユーモアを共存させた移動と家族の物語。ラストでは心が晴れやかになる、もうひとつの『パリテキ』。T=ボーン・バーネットの音楽がまた素晴らしい。

映画情報どっとこむ ralph 最新作『誰のせいでもない

11/12(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

ヴェンダース7年ぶりの劇映画は、サスペンスフルな感情のランドスケープ。真っ白な雪に包まれたカナダ、モントリオール郊外を舞台に、誰のせいでもない一つの事故が、一人の男と三人の女の人生を変えてしまうサスペンスフルなヒューマン・ドラマ。車を運転していた作家のトマス、その恋人サラ、編集者のアン、そしてソリに乗っていた少年の母ケイト。誰のせいでもない。優しく聞こえるその言葉の奥で、彼らの感情は揺れ動く。出演は、ジェームズ・フランコ、シャルロット・ゲンズブール、レイチェル・マクアダムスら豪華キャストが揃った。

%e8%aa%b0%e3%81%ae%e3%81%9b%e3%81%84%e3%81%a7%e3%82%82%e3%81%aa%e3%81%84%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0

「人物の心の深い奥こそ3Dで語るにふさわしい」。ヴェンダースの新たなチャレンジ。

誰のせいでもない『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』で、驚くべき3D映像を生み出したヴェンダースだが、本作ではさらに新たな3Dにチャレンジ。「人物の心の深い奥こそ3Dで語るにふさわしい」という言葉通りに観客を新しい映像体験へと誘う。スタッフには、ヴェンダースが発見した若き脚本家ビョルン・オラフ・ヨハンセンとギャスパー・ノエ作品や『スプリング・ブレイカーズ』で知られる撮影のブノワ・デビエ、いま世界で最も人気の高い映画音楽家であるアレクサンドル・デスプラら当代一流のコラボレーションでヴェンダースの新しい世界を創造している。

*本作の日本での上映は2Dと 3Dがあります。

***********************************

原題:EVERY THING WILL BE FINE
2015|ドイツ・カナダ・フランス・スウェーデン・ノルウェー|118min 
監督:ヴィム・ヴェンダース
脚本:ビョルン・オラフ・ヨハンセン
撮影:ブノワ・デビエ
音楽:アレクサンドル・デスプラ

出演:ジェームズ・フランコ、シャルロット・ゲンズブール、レイチェル・マクアダムス、マリ=ジョゼ・クローズ 

配給:トランスフォーマー




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

前田希美、石森虹花 登壇「コープスパーティー BoS アンリミテッド版」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ TJ 通常版ではカットされたハードなシーンが加えられた「コープスパーティー Book of shadows アンリミテッド版」がついに9月10日(土)より公開となりました!その公開を記念して、初日舞台挨拶がキネカ大森にて行われ、本編内で姉妹を演じる前田希美さん、石森虹花さん(欅坂46)と 山田雅史監督が登壇しました。

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bcul%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6

「コープスパーティー Book of shadows アンリミテッド版」初日舞台挨拶
日程:9月10日(土)
会場:キネカ大森
登壇:前田希美、石森虹花(欅坂46)、山田雅史監督

映画情報どっとこむ TJ ものすごい拍手で迎えられて登壇する皆さん
%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e5%89%8d%e7%94%b0%e5%b8%8c%e7%be%8e0
%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e7%9f%b3%e6%a3%ae%e8%99%b9%e8%8a%b10

ハードなシーンが加えられたアンリミテッド版ホラー好きの前田さんは

前田さん:待ってましたって感じです。テンションあげてこの日を待ってました!
%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e5%89%8d%e7%94%b0%e5%b8%8c%e7%be%8e

一方ホラーが苦手な石森さんは

石森さん:通常版だけでダメだったので・・・目をふさぐと音がして耳をふさぐとで、忙しかったです!
%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e7%9f%b3%e6%a3%ae%e8%99%b9%e8%8a%b1

山田監督:それだけ怖がっていただけたら、やった甲斐はあったなと思いますが・・見てないということですね・・・・感じていただければ大丈夫です。

映画情報どっとこむ TJ アンリミテッド版を作った経緯を聞かれた監督

山田監督:1もつくりましたので、恒例行事として作りました。原作はクオリティーが高い残忍さだったので。通常版は見せられない部分があったので、原作に近づくように頑張りました。特に苦労したのはゴキブリが出てくるシーン。ゴキブリいうことを聞いてくれなくて。大変でした!(笑)

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bcul%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6%e5%b1%b1%e7%94%b0%e9%9b%85%e5%8f%b2%e7%9b%a3%e7%9d%a3
このお二人はいかがでしたか?と聞かれた監督は

山田監督:前田さんはホラー好きで、コープスパーティーを研究されていて、今回もあゆみの表情や悲鳴など良かったです。

前田さん:前作であゆみちゃんの成長を表現したかったんです。今回は直美とづっと一緒だったので、仲良くなりすぎないように心がけました。

山田監督:石森さんはふわっとして。不思議な雰囲気を持っているので近いかなということで。原作では20代後半でしたが脚本を書き直しました。二人並んだ画をみてうまくいったなと。思っています。

そんな石森さんは映画初出演。

石森さん:演技の経験がなかったのでセリフは覚えられるかとか?演技できるのかとか?とっても不安でした。一人で緊張している私に前田さんが、急にセリフを言ってきて!

MC:それが迷惑だったと?

石森さん:(焦りながら)いいえ!!!すごく温かい現場だなと思ったんです。理科室から妹(前田)の手を引っ張って逃げるシーンで、強くひっぱれなくて。思い切り引っ張ってって言っていただいて乗り切りました。

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e5%89%8d%e7%94%b0%e5%b8%8c%e7%be%8e%e3%80%80%e7%9f%b3%e6%a3%ae%e8%99%b9%e8%8a%b1

前田さん:私23歳で虹花ちゃんが19歳で設定が逆で。お姉ちゃんと一緒にいる部分は1で出てきていなかったので、今回はお姉ちゃんの前では妹感を出すようにしました。

と撮影でのエピソードをコメント。

映画情報どっとこむ TJ さらに、前回現場での恐怖発言をした石森さん、他にはと聞かれ・・・
女の子の顔?
指の間に女の子の顔?

石森さん:小さい時からちょっとあって。そこにいる!的なのはないですけど。普通に日常で、高校生の頃に写真を撮ると私の左肩に顔が写っているというのがあって、お寺で供養しました!

とちょっと不思議ちゃん?もしくは霊能者であることが判明?。それぞれ、アンリミテッドの死に方ですごいと思うのはと聞かれると・・・

前田さん:拘束されちゃって動けないシーンで舌をチョッキン!抵抗できないのはちょっと・・・私だったら戦って脱出できるなと思ってますけど。

と、勝気な部分を披露!一方、石森さんは

石森さん:自分の死に方ですね・・アンリミテッド版は特に・・・

と、実際に表現されていましたが、内容は映画館で確認してみてください!

最後に・・・・
%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bcul%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6last

前田さん:アンリミテッド版始まったばかり・・次もやりたいので、皆さんお願いします!

石森さん:心臓が止まりそうなほどにアンリミテッドはなっています。ホラーがダメな方は目をふさいで耳をふさいで忙しいですが。私のやり方で観てみてください!!

前田さんがトーク中に言っていた映画で使用された舌の瓶詰。ロビーに飾られてました。
%e8%88%8c%e3%81%ae%e7%93%b6%e8%a9%b0

映画情報どっとこむ TJ 映画「コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版」

コープスパーティーゲームシリーズ計15万本以上、コミックス100万部以上、その他ノベライズ、オリジナルアニメ、ドラマCDなど幅広く展開した「コープスパーティー」シリーズ。2015年8月、乃木坂46・生駒里奈を初主演に迎え、実写映画として劇場公開し、スマッシュヒットを記録し、2016年8月に待望のシリーズ最新作「コープスパーティーBook of Shadows」が公開!しかし、これで終わりでない!前作同様に、本来のコープスパーティーの世界観を再現した禁断のアンリミテッド版が遂に2016年9月に公開が決定!通常版では収録できなかった過激なカットを余すことなく収録!

本作主演を務めるのは乃木坂46の国民的アイドル生駒里奈。前作から引き続き、前田希美、池岡亮介などが出演。さらに本作からは、乃木坂46の姉妹グループ・欅坂46から石森虹花、青木玄徳、石川恋、水石亜飛夢などが合流!通常版では収録されなかった出演者たちを襲う更なる惨劇を目撃せよ!

<上映劇場>
9月10日~
東京:キネカ大森
神奈川:ブリリア ショートショート シアター
大阪:シネ・ヌーヴォ

予定
京都:立誠シネマ

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

35mmフィルム『家族はつらいよ』上映決定!キネカ大森にて


映画情報どっとこむ ralph 3月12日より公開して以来、動員数110万人を突破しロングラン大ヒット上映中の『家族はつらいよ』。

公式サイト:
http://kazoku-tsuraiyo.jp/

山田洋次監督の希望で東京・丸の内ピカデリーでは、5週間に渡り、35mmフィルムでの特別上映を行いましたが、フィルム独特の温もりに「大満足」「きめ細やかな演出とフィルムの味わいを堪能しました」など多くの声をいただき、フィルム上映は好評のうちに終了いたしました。
家族はつらいよ

そして、お客様の声に答えるべく、この度、キネカ大森にて35mmフィルムでの上映が決定したそうです!

35mmフィルムでの上映期間
2016年4月30日(土)~
上映劇場:キネカ大森  

詳細はキネカ大森確認願います!
http://www.ttcg.jp
電話:03-3762-6000

映画情報どっとこむ ralph 1961年に監督デビューし、フィルムと共に映画人生を歩んできた山田洋次監督。

最新技術を取り入れながら、常に進化していく山田作品ですが、こだわり続けている技術、それがフィルムです。本作もまた、フィルム撮影の過程を経て完成された作品。フィルム原版と同じ状態、制作時の臨場感をそのままお客様にお届けすることができたら・・・という切なる思いで、本プリント上映がふたたび実現する運びとなりました。

古き良きフィルム時代の色温度、色彩の深み、柔らか味のある音、心地よさを感じを味わってみてはいかがでしょう!

映画情報どっとこむ ralph 『家族はつらいよ』ポスター物語・・・
妻よ、笑顔を下さい。夫よ、離婚を下さい。
結婚50年を迎えようとする夫婦。たまには妻に誕生日のプレゼントでも買ってやろうかと夫が欲しいものを聞いてみると、妻の答えはなんと・・・「離婚届」!一家に突然降りかかる、まさかの“熟年離婚”騒動に、子供たちは大慌て。さらに、離婚騒動を解決しようと開かれた家族会議では、全員の不満があちらこちらから噴出!一家の運命やいかに!?

***********************************

橋爪功 吉行和子  西村雅彦 夏川結衣  中嶋朋子 林家正蔵  妻夫木聡 蒼井優 

小林稔侍 風吹ジュン 中村鷹之資 丸山歩夢 笹野高史 木場勝己 笑福亭鶴瓶(特別出演)

監督:山田洋次
脚本:山田洋次・平松恵美子 
音楽:久石譲 
撮影:近森眞史 美術:倉田智子
照明:渡邊孝一 編集:石井巌 
録音:岸田和美 
プロデューサー:深澤宏
製作:「家族はつらいよ」製作委員会 
制作・配給:松竹株式会社 
(C)2016「家族はつらいよ」製作委員会
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『ベテラン』シネマDE出逢え場 5組のカップル誕生!


韓国で動員1,340万人を超え歴代3位の歴史的大ヒットを記録した『ベテラン』。

いよいよ12月12日(土)より公開となります!!

そして・・・
この度、映画『ベテラン』とキネカ大森で実施される第三回『シネマDE出逢え場』とのコラボレーションが決定!

過去12組のカップルを誕生させた、映画と出会いを融合させた『シネマDE出逢え場』にて、公開に先駆けての特別上映と、多くの女性誌で活躍中のモデル中田クルミさん登壇のトークイベントが行われました。

【ベテラン】28日イベント

ベテラン「シネマDE出逢え場」とコラボレーション!
モデル中田クルミ登壇 トークイベント実施

日時:11月28日(土) 
場所:キネカ大森  
登壇者:中田クルミ(モデル)
進行:松崎まこと(映画活動家)

この日、今回が3回目の開催となる『シネマDE出逢え場』に参加したのは、男女合わせて33名。

参加者はそれぞれ好きな映画を記入したネームプレートを付けているため、映画好きということで話も弾みつつ、本作鑑賞へ。 上映後、中田クルミさん、松崎まことさんが登場すると、本作を楽しんで鑑賞した参加者から大きな拍手で迎えられ、トークイベントがスタート!

まず本作での印象深い点として、

松崎さん:本作は悪役がすごいですよね。最近完全なる悪を描いた作品あまりないですし、ここまでは珍しい。(チョ・テオを演じた)ユ・アインはこれまで好青年役しかやってこなかったんですよ。韓国の俳優さんは型にはまらず極端な役もできるんですよね。

中田さん:ユ・アインさんのあのケツアゴは、悪役顔ですね(笑)。でも悪役が初めてと伺ってびっくりしました。すごいですね。

と独特の表現で同意。

中田さん:ユ・アインが演じたチョ・テオは、自分のやっている悪いことに陶酔しているところがありますね。自分を強がってみせているし、嫌だなぁと思いました。実際私のまわりにも、まわりの女の子を使って自分を持ち上げている人いますからね。ブリッ子の逆パターンで、なんでこんな男にって思うような人にひっかかる女の子がいたり。(チョ・テオは)その極端な例ですね。

という説明には参加者から笑い声も。

続けて

松崎さん:この作品は韓国で1300万人以上動員し今年一番、歴代でも3位の興行成績を記録していますが、主役のドチョルを演じたファン・ジョンミンはラブロマンスからヤクザ、悪徳刑事など幅広い役ができ、いまや韓国映画界ではナンバーワン俳優といっても過言でない。またファン・ジョンミンと『国際市場で逢いましょう』でも共演し、劇中チーム長を演じたオ・ダルスは自分の出演作の動員あわせて“1億人俳優”と言われているんですよ!この人がでている映画は間違いないです。韓国で大ヒットした理由には、悪役の背景がある。日本よりも格差が強い韓国は、芸能界であっても学歴が重視されるほど。一方、実際に財閥のバカ息子が色々事件を起こしていたり、世間には一部の人が儲けているという不公平感も強い。こういう背景も本作がヒットした理由ではないかと?。

ここで“シネマDE出逢え場”にちなんで、登場人物の中でどのキャストがタイプかと問われると、

中田さん:ファン・ジョンミンは色気がありますね。女性が、かっこいい男性がいいなって思うのは大学生くらいまでですよ。かっこいいことがむしろマイナスになってくることも。ファン・ジョンミン演じたドチョルのように、ちょっとした色気もあってユーモアもあって、かつ余裕がありつつ自分をまげないところは好きですね。

と語ると、大きくうなずく女性参加者の姿も。また、見どころでもあるアクションシーンについて、

松崎さん:劇中カーチェイスを行う明洞(ミョンドン)は、東京でいうと原宿とか新宿のようなところなので、すごいですよね。そういう場所でロケができるというのが日本映画と韓国映画の差だと思う。

とが話すと、

中田さん:冒頭のコンテナ埠頭でのアクションシーンは観ていてワクワクしました。映画って実際はこれってないでしょう、ってことも当たり前にあるのがいい。劇中の飛び蹴りとか是非やってみたいです!

とモデルだけでなく女優としても活躍する中田さんならではの発言も!!

最後に

中田さん:リュ・スンワン監督は次も違ったアクション映画を撮るんだと思いますが、今後リュ・スンワン監督作、ファン・ジョンミン主演作、そしてオ・ダルス出演作は見逃せないですし、今回悪役を演じたユ・アインの次回作にも注目してほしいです!

と締めくくり、盛況のうちにトークイベントは終了。

『ベテラン』ポスターその後のフリータイムも映画好きの参加者だけあって、好きな映画やお気に入りの映画館の話など非常に盛り上がる中、「『ベテラン』がいち早く観られてよかった。面白かった」「ファン・ジョンミン祭りをやってほしい」などの声も聞かれ、結果、この日は5組のカップルが誕生! 

本イベントを企画したキネカ大森支配人小島氏も「今回で第3回となる「シネマDE出逢え場」ではイベント初の新作映画を公開前にいち早く観ることができるという目玉として『ベテラン』の上映を行いました。その甲斐もあり、フリータイムでは鑑賞前にも増して会話も盛り上がり、前回を上回る5組のカップル誕生へ繋がりました。「シネマDE出逢え場」の新たな可能性と、『ベテラン』公開前イベントとしての角度を変えた企画となりました。」と満足行く結果に。 文字どおり、新作映画と新しい出逢いに“出逢える”場を提供したイベントとなりました。

ベテラン

公式サイト:http://veteran-movie.jp/

********************************************************************

監督:リュ・スンワン『ベルリンファイル』                          
出演:ファン・ジョンミン『国際市場で逢いましょう』 ユ・アイン「トキメキ✩成均館スキャンダル」 オ・ダルス『国際市場で逢いましょう』 キム・シフ「ラブレイン」

配給:CJ Entertainment Japan
(c)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ