「キアヌ・リーブス」タグアーカイブ

キアヌ・リーブス × ウィノナ・ライダー映画『おとなの恋は、まわり道』日本公開決定&予告到着


映画情報どっとこむ ralph 『マトリックス』シリーズで世界を制したキアヌ・リーブスと、『シザーハンズ』で世界の恋人になったウィノナ・ライダー。そんなふたりの4度目の共演が実現、個性が強すぎて恋愛も人生もうまくいかない男女という、インパクト絶大のキャラクターに挑んだラブストーリー、映画『おとなの恋は、まわり道』(原題:「Destination Wedding」)の日本公開が決定し、予告篇も解禁となりました。


過去共演は『ドラキュラ』(92)、『スキャナー・ダークリー』(06)、『50歳の恋愛白書』(10)最近、ウィノナ・ライダーが、ルーマニアで撮影した『ドラキュラ』(92)では、本物の司祭を呼んで、正式な儀式にのっとって結婚シーンを撮影したため、二人の結婚は成立していたとかいないとか。

本作での共演は、脚本を気に入ったウィノナ・ライダーが、キアヌ・リーブスに脚本を送った事で実現。

物語の軸になる二人について、監督のヴィクター・レヴィンは「二人の友情は、今回の撮影においては大きな財産だった」と語る。共演を重ねてきた二人だから実現できた掛け合いの数々にご期待下さい。


映画情報どっとこむ ralph キアヌ史上最強の<ヘンクツ男:フランク>&ウィノナは強烈な<毒舌ヘリクツ女:リンジー>を演じる本作でキアヌ・リーブスが演じるのは、ヘンクツで憂鬱な男・フランク。

キアヌ:(フランクは)ものすごく不安定で人間嫌いだけど、僕は彼のウィットが好きだし、苦しみも理解できる。愛は多くの人にとっては良いものかもしれないが、彼には大きな不幸をもたらして終わるだけのもの。だったら最初から痛みを感じずに済むように関わらなければいいと思っている。だけど彼はリンジーと出会って、彼女に惹かれていく自分に気づき、自分の過去を乗り越えようとするのです。

婚約者に結婚式を目前にして棄てられた過去を持ち、運命の恋を信じられなくなった“ドクゼツ女”リンジーを演じるのは、ウィノナ・ライダー。彼女の演技について、ヴィクター・レヴィン監督は、

監督:彼女のようには誰も演じられない。この自然なウィノナらしさは誰にも真似できないんだ。彼女はキャラクターを本能で理解している。だから簡単に自分を開放して、自然に演じられるんだ!

と語っています。


最悪の結婚式で出会った、相性最悪だけど似た者同士の二人の物語

【絶縁した家族の結婚式】に出席するフランクと、【元婚約者の結婚式】に出席するリンジー。
リゾート地での結婚式に向かうための空港で偶然出会い、口論を繰り返していた二人は、やがてお互いが同じ結婚式に向かっていることに気づきウンザリする。現地でホテル、食事のテーブルなどで隣にされていた二人はゲンナリながらも口論や会話を重ねるうちに、徐々にお互いの共通点に気づき始めていく。そんな時、二人の眼の前にあるものが現れる。今更、自分は変えられないけど素敵な恋はしたい!そんな全ての人に贈る、大人のラブストーリー!独身生活が長くて、お互いにもういい歳をした大人。仕事もしていて収入もある。今のままでも幸せだから、無理して自分を変えたいとは思わない。だけど素敵な恋はしたい!

映画情報どっとこむ ralph そんな全ての人に贈る“まわり道”ラブストーリーはいかが!?

映画『おとなの恋は、まわり道
原題・英題
Destination Wedding


公式サイト:
koi-michi.com

12月 TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

***********************************


監督・脚本/ヴィクター・レヴィン
出演/ウィノナ・ライダー、キアヌ・リーブス
アメリカ/87分/英語/カラー/スコープ/Destination Wedding/R-15
配給:ショウゲート
日本語字幕:稲田嵯裕里


本日公開!キアヌ・リーブス『ジョン・ウィック:チャプター2』徹底解剖特別映像


映画情報どっとこむ ralph 2015年に日本公開され、スマッシュヒットを記録したキアヌ・リーブス主演『ジョン・ウィック』の続編となるノンストップ・キリングアクション映画『ジョン・ウィック:チャプター2』がついに日本に上陸!本日七夕に帰ってきます!!
そして!殺しのテクの新提案! 

三種の神技、”カン・フー“、”ナイ・フー“、”カー・フー“を徹底解剖した特別映像が完成!


今回到着した映像は、キアヌ演じる伝説の殺し屋・ジョン・ウィックが体現する“三種の神技”と呼称される必殺技をご紹介!

キアヌは「この映画では、1作目よりも柔道が多い。柔術もかっこいいし、銃のアクションは別次元だし、車のアクションは狂ってるよ! アクションに関してとても進歩しているんだ」と、前作を超えるアクションが展開されていると自信を持ちながら語っており、本映像では目くるめく殺しのテクがふんだんに垣間見る事が出来ます。

映画情報どっとこむ ralph ▼実弾3万発超! 日本の伝統格特術も盛り込んだ殺しの芸術:ガン・フー
前作からも体現されている、ジョン・ウィックの基本アサシンスタイル“ガン・フー”。
カンフーなどの打撃、そして投げに銃撃を組み合わせたスタイルで流れるように相手を抹殺。
近距離で銃弾を撃ち込むのがガン・フーの特徴で、無駄弾が極端に少ないのが特徴。
キアヌは「柔道の投げ技と銃を組み合わせると、それはガン・フーになる。
2つの物を組み合わせているんだ」と解説するように、百発百中の銃撃で敵を倒していきながらも一本背負い、足払い、払い腰、寝技などを駆使しており、日本伝統の“柔”の精神も実戦で披露。
時には弾切れになった銃を敵に投げつけて相手を倒していくなど、確実に仕留めるべく生まれた芸術的殺人術が“ガン・フー”なのです!

▼本作で新たに披露! 暗殺にも用いられる殺しの金字塔:“ナイ・フー”
ナイフとカンフーを合わせた格闘スタイルで、確実に急所を捉え迅速に相手を行動不能にすることが肝要。
暗殺にも用いられることも多いことから、沢山の乗客が乗っている状況下の中、コモン演じるカシアンとの“ナイ・フー”対戦が繰り広げており、スマートな技の応酬に乗客達も静寂の中、結末を静観していきます。
また到着した映像では、体を一回転させながら勢いをつけ、倒れている相手の心臓めがけて一気にナイフぶち刺す接近格闘術の金字塔と言うべき心躍る技が、垣間見る事が出来ます!
なおジョンが使用しているナイフは、ローマのコンチネンタルホテルに常駐するウェポンソムリエが提供した、最高級ナイフで常に在庫切れが続く人気商品とのこと。

▼375馬力が織り成す、重厚な殺しのソリストに衝撃度スーパーMAX! 殺しの暴れ馬:“カー・フー”
車とカンフーを合わせた新格闘術。車戦術をみたキアヌが、“カー・フー”と名付けたと言われています。
カンフーと車の融合点は不明ですが、単に轢き殺すといった単純なものから、車を手足のように操りながら銃撃を行う高度なものまで幅が広く、愛車である「69年式フォード・マスタングマッハ1」を豪快に破壊しながら敵を次々と倒す新感覚アクションに衝撃を受けること必至! 
キアヌは「車でここからあそこに移動するだけではなく、ここからあそこに移動する途中で、人をはね飛ばして壁にぶつけるとカー・フーになる」とその極意を語ります。さらにキアヌ自身がカーアクションを行っており、「車の運転が大好きでね。また車に乗って、あちこち振り回せて良かったよ。180度回転は新しいことだったけどすごく楽しかった。
90度と45度の回転とドリフトは結構簡単に思い出せた」と楽しい思い出を振り返っています。

映画情報どっとこむ ralph あらすじ
伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後。
彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

7月7日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開

公式サイト:
http://johnwick.jp/
公式FB:
@johnwick.jp
公式Twitter:
@johnwickjp

***********************************

監督:チャド・スタエルスキ『ジョン・ウィック』
出演:キアヌ・リーブス、コモン、ローレンス・フィッシュバーン、ルビー・ローズほか
配給:ポニーキャニオン 2017年/アメリカ
原題:John Wick : Chapter 2
(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise


『ジョン・ウィック:チャプター2』愛犬プレミア試写 シューマッハの芸に犬達は?


映画情報どっとこむ ralph 2015年に日本公開され、スマッシュヒットを記録したキアヌ・リーブス主演『ジョン・ウィック』の続編となる『ジョン・ウィック:チャプター2』。

この度、前作で愛犬(ビーグル犬のデイジー)の敵討ちのためにたった一人でロシアン・マフィアへ挑んだ伝説の殺し屋ジョン・ウィックが、二代目愛犬(ピットブル、名前はまだ無い)と共に、さらなるアクションを繰り広げる本作『ジョン・ウィック:チャプター2』。
その公開を記念し、是非ワンちゃんたちに本作を観てもらいたいという熱い想いから、本編を11分に編集した特別版(ワンワンエディション)を上映する、前代未聞の愛犬プレミア試写が開催されました!

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』愛犬プレミア試写
日時:6月22日(木)
登壇:シューマッハ(五味侑也、中村竜太郎/芸人)※敬称略
場所:アンディカフェ

※本イベントはワンちゃんのお身体を考慮し、終始フラッシュ撮影NGにて実施させていただきました。
※来場したワンちゃんへの感想ヒアリングは、「バウリンガル for iPhone」を使用いたしました。
「バウリンガル for iphone」 推奨環境/推奨端末:iPhone4/推奨 OS:iOS 4.3
(C)iXIT Corporation. All Rights Reserved. (C)TOMY All Rights Reserved.

映画情報どっとこむ ralph 会場となった人気ドッグカフェ・アンディカフェには、チワワ、パピヨン、豆柴、ヨークシャー・テリア、マルチーズ、トイプードル、ビーグル、サルーキ等といった様々な犬種が大集合!およそ20匹の愛犬たちが集まりました。そして定刻になると、ジョン・ウィックが二代目愛犬と共に新たに歩みだすシーンを中心に、ワンちゃんにも見やすいアクションシーンを集めた特別編集版(11分のワンワンエディション)の上映がスタート!
自宅のベッドで二代目愛犬と共にしばしの休息をとるジョンの姿に、ワンちゃんたちも無言で魅入ります。しかしイタリアンマフィアが自宅に訪れると、何やら揉めた様子となり、遂にはバズーカで吹き飛ばされてしまうジョンの家!

家を失い、橋を歩いていくジョンと二代目愛犬の勇ましい姿に、ワンちゃんたちも思わずご主人と自分たちの姿を重ねている様子でした。

そして本編は家を爆破されたジョンの怒涛の復讐劇へと突入!
ワンちゃんも途中「く~ん」と思わず声を漏らしてしまうなど、大盛り上がりの展開に!
本編の魅力が11分間に濃縮されたワンワンエディションに、愛犬たちも大満足の様子でした!!

映画情報どっとこむ ralph そして上映後は、犬のモノマネ芸でもおなじみのシューマッハが、ワンちゃんたちを目の前に、“シューマッハが選ぶ殺し屋ベスト相棒犬”を自身の犬芸をもって披露!

様々なレパートリーを披露しながら、彼らの思う“ベスト殺し屋相棒犬”を発表いただきました。今回は、シューマッハ五味がジョン・ウィックさながらのスーツスタイル姿で登場!

ジョンがベスト相棒犬を紹介するという設定で、シューマッハ中村が犬の姿になりました!

「実際にワンちゃんたちの前で披露するのは初めてです」と語る五味。先ずはじめに披露されたのは、シェパード!
いきなり目の前に現れたシェパードの姿に、ワンちゃんたちも大興奮!
「ワン!!」「ギャン!!」「ワオン!!」と、会場内に悲鳴にも似た鳴き声が響き渡ります!

最前列に座っていたパピヨンの結ちゃん(2才)は特に大興奮で終始吠えっぱなし。
そして続いて、本作パート1では1代目相棒犬としても有名なビーグル!またまた会場内に鳴き声が響き渡りますが、最後列に座っていた同犬種のビーグルの天くん(10ヶ月)は身体を乗り出すほどの興奮ぶりを見せました!

その後もハスキー、ボルゾイと披露していく中村。

最後は本作にも登場するピットブルの姿に!
最前列にいたパピヨンの結ちゃん(2才)は「ワンワン!!!」と相変わらず大興奮の様子。そして中村はピットブルのポーズのままで、なんと、ピアニカを演奏!腰を高く突き上げたまま名曲「情熱大陸」を演奏する姿に、ワンちゃんたちも無言で聞き入りました。

そして最後はシューマッハのキメ技「犬タワー」を披露!!五味の上にピットブル姿の中村が乗り上げ、積み重なるという圧巻の姿に!
初めてみるであろう衝撃の姿に、ワンちゃんたちも唖然!大興奮でシューマッハのパフォーマンスを受け入れたワンちゃんたちでした。


そして、実際にワンちゃんたちの前でのドキドキの初披露を終えたシューマッハさんは、「バウリンガル for iPhone」でワンちゃんたちに感想を聞いてみることに!
終始大興奮だったパピヨンの結ちゃん(2才)にパフォーマンスの感想を伺ってみると、

「ずーっと一緒にいられたらいいワン!」

と、中村さんをパートナーに認定!

中村さんも「散歩の時は一緒にいきます!」と大変嬉しい様子でした。

続いて後ろの席に座っていたトイプードルのクロエちゃん(1才11ヵ月)に感想を聞いてみたシューマッハさん。

クロエちゃん:つまらなかったワン.

と言わんばかりにノーコメントを貫きます。するとその後ろに座っていたビーグルの天くん(10ヶ月)が「ワン!」とクロエちゃんに助け船を出すように声を上げます!「バウリンガル for iPhone」で確認すると、

天くん:気持ちをわかってほしいワン

と言っており、シューマッハさんを制しました。

映画情報どっとこむ ralph また事前に本作全編を鑑賞して

シューマッハさん:前作は犬好きとしては少し心が痛かったですけど、今回は愛犬家の方も安心して楽しく観られます!アクションシーンがパワーアップしていて、とにかく凄かったです!

と本作を大絶賛!愛犬家の来場者に、安心して観られるとオススメしました。

そして最後は来場したワンちゃんたちと一緒に、キメ技の犬タワーでフォトセッションで終了!終始大盛り上がりの、愛犬プレミア試写となりました!


ジョン・ウィック:チャプター2

7月7日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開

公式サイト:http://johnwick.jp/
公式FB:@johnwick.jp
公式Twitter:@johnwickjp

あらすじ
伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後。

彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。

しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。

愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

***********************************

監督:チャド・スタエルスキ『ジョン・ウィック』
出演:キアヌ・リーブス、コモン、ローレンス・フィッシュバーン、ルビー・ローズほか

配給:ポニーキャニオン 2017年/アメリカ
原題:John Wick : Chapter 2
(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise


キアヌ・リーブス、チャド監督来日!『ジョン・ウィック:2』ジャパンプレミア舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 2015年に日本公開され、スマッシュヒットを記録したキアヌ・リーブス主演『ジョン・ウィック』の続編となる『ジョン・ウィック:チャプター2』。

話題のノンストップ・キリングアクション映画がついに7月7日に日本に上陸します!

そして!この度、伝説の殺し屋ジョン・ウィックを演じた、キアヌ・リーブスの約2年ぶりの来日と『マトリックス』でキアヌ・リーブスのスタントダブルを務めた本作の監督チャド・スタエルスキがジャパンプレミアのために来日。
その記念して、今年芸能生活50周年を迎える日本歌謡界の生きる伝説、和田アキ子がお祝いに駆け花束とあの鐘を!

来日ジャパンプレミア舞台挨拶イベント
日時:6月13日(火)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
レッドカーペット&サウンドバイツ登壇者(予定):キアヌ・リーブス、チャド・スタエルスキ監督
舞台挨拶登壇:キアヌ・リーブス、チャド・スタエルスキ監督、和田アキ子

映画情報どっとこむ ralph 観客とハイタッチなどしながら登場のキアヌとチャド監督。
チャド監督:ジョンウィック2はレベルアップするために、キアヌをレベルアップしなくてはならなくて、5か月間柔術、サンボ、ガンフー、・・・・落ちる訓練とかね、みっちり鍛えました。でも、まだ生きてるんです凄いでしょ!

気に入ったシーンを聞かれると・・・
キアヌ:凄いタフな質問だね。みんな好きなんだ。難しい・・・。これかな銃を扱ったシーンかな、ピストル、ショットガン、ライフルを使うところかな!

どういうところから、アクションを思いつくのか聞かれると

チャド監督:日本のアニメ見まくってきたので、そこからかも。

シリーズ第三弾は本当にあるのかMCが尋ねると

キアヌ:待て待て待て・希望的だよ。見てもらえればさ!

しつこく食い下がるMCに

チャド監督:NO!

と、ピシャリ!

映画情報どっとこむ ralph ファンからのSNS質問

Q:次回作に日本人の刺客は?

キアヌ:いいんじゃない!別に殺し屋じゃなくてもいいしね。
監督:いいアイディアじゃない。

Q:日本での撮影はいかがですか?

キアヌ:皇居で撮影はしたいね!もちろん外でいいからさ。お堀に飛び込んでもいいよ!

と、さすが日本通。

チャド監督:渋谷、新宿・・とか

ここで、MC地雷を・・・MC:キアヌさんは六本木で暴れてみては!

キアヌ:・・・・。
落ち込んで壁観客に背を・・・昔のバッドな思い出を・・・
こういうところ使うのマスメディアあるよね。

映画情報どっとこむ ralph ローレンス・フィッシュバーンとの共演を聞かれ

キアヌ:彼とはマトリクス以来の仲だからね。JWの時にいいねって言ってくれてたので、声かけたら、出るよってい云ったので監督にすぐ連絡したんだ!

チャド監督:Eメールしたら1時間後にやる!って返信もらいました!

Q:アクション映画で影響に受けたのは?

キアヌ:・・・燃えよドラゴンでしょ・・・三船さんや千葉さん、フレンチコネクションとか・・・

チャド監督:黒沢映画の侍スピリットに、日本のアニメ、そしてセルジオレオーネが手掛けている西部劇。に影響受けてるとおもいます。


映画情報どっとこむ ralph そして、和田アキ子さんが花束をもって登場。

あの鐘を鳴らしてヒット祈願しました。

ジョン・ウィック:チャプター2
原題:John Wick : Chapter 2

公式サイト:
johnwick.jp
公式FB:@johnwick.jp
公式Twitter:@johnwickjp

あらすじ・・・
伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

***********************************

監督:チャド・スタエルスキ『ジョン・ウィック』 
出演:キアヌ・リーブス、コモン、ローレンス・フィッシュバーン、ルビー・ローズほか 
配給:ポニーキャニオン 2017年/アメリカ  
(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
(C)Niko Tavernise  


キアヌとチャド監督 成田に到着!全力ファンサービス『ジョン・ウィック:チャプター2』


映画情報どっとこむ ralph キアヌ・リーブス主演作ノンストップ・キリングアクション映画『ジョン・ウィック:チャプター2』がついに日本に上陸します!そして!この度、キアヌ・リーブスとチャド・スタエルスキ監督が、新作『ジョン・ウィック:チャプター2』をひっさげ日本に来日しました!成田に出迎えたファンに対して全力でサービスするお二人でした。

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』成田空港に到着
日時:6月11日(日)
場所:成田空港
登場:キアヌ・リーブス、チャド・スタエルスキ監督

映画情報どっとこむ ralph 現地時間1月30日(月)に行われたLAプレミアでは

キアヌ:また日本でみなさんに会いたいです。この作品を観て気に入ってくれると嬉しいです!

と来日を切望していましたが、前作『ジョン・ウィック』での(2015年9月)来日以来、約2年ぶりの来日を果たしました!成田空港には来日の噂を聞きつけたファンおよそ250名が大集合!!

中には朝6時から到着を心待ちにしていたファンも!!

今か今かと待ち望むファン達の前に、とうとうキアヌとチャド監督が登場!!

ロングフライト明けにも関わらず笑顔で登場したキアヌとチャド監督。空港には歓声が響き渡りました!大声で呼びかけるファンひとりひとりにサインをするキアヌ。
また会場にはチャド監督のファンも多く駆けつけ、「チャド!」と呼びかけると丁寧にチャド監督もサイン!全力でファンサービスを行いました!

また集まった取材陣に

キアヌ:また日本に来られて最高の気分だ。とても幸せだよ!

とコメントを残して空港を後にしました。

映画情報どっとこむ ralph 『ジョン・ウィック:チャプター2』

公式サイト:
http://johnwick.jp/
公式FB:@johnwick.jp
公式Twitter:@johnwickjp

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。

しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。

愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

***********************************

監督:チャド・スタエルスキ『ジョン・ウィック』 出演:キアヌ・リーブス、コモン、ローレンス・フィッシュバーン、ルビー・ローズほか 
配給:ポニーキャニオン 2017年/アメリカ 
原題:John Wick : Chapter 2 
(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
(C)Niko Tavernise