「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」タグアーカイブ

主役ヒロト役にCV.小林千晃『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』 メインキャスト・主題歌アーティスト解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』は、2019年10月10日ガンダム公式 YouTube チャンネル「ガンダムチャンネル」にて配信開始!!
この度、配信開始日時・メインキャスト・主題歌アーティスト、さらに追加のキャラクターやメカなどの最新情報を公開。

劇場版ではないですが、新宿ピカデリーでの第1話先行上映会開催決定!したこともありODS扱いでご紹介!

『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』第1話先行上映会開催決定!!
日時:2019年9月25日(水)
場所:新宿ピカデリー
※出演者・開演時間・応募方法などの詳細情報につきましては、『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』公式HP(http://gundam-bd.net/)および、公式ガンダム情報ポータルサイトにて随時ご案内いたします。


ガンダムチャンネルURL:
https://www.youtube.com/GUNDAM

あらすじ :
ビルドダイバーズの活躍から2年。バージョンアップし、さらに盛り上がりを見せるGBNでディメンションをひとりさまようダイバー、ヒロト。孤高のお調子者ダイバー、カザミ。ソロダイバー、メイ。ひとりぼっちの初心者ダイバー、パルヴィーズ。それぞれが孤独な彼らは、ある出来事がきっかけでもうひとつの「ビルドダイバーズ」を結成してしまうことになる。ヒロト達を待ち受けていたのは、GBNをこえる果てしない超体験だった。
※GBN:ガンプラバトル・ネクサスオンライン ※ディメンション:電脳仮想空間
ガンダムビルドダイバーズReRISE ガンダムビルドダイバーズReRISE ガンダムビルドダイバーズReRISE
映画情報どっとこむ ralph 『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』メインキャスト解禁!!

【ヒロト CV.小林千晃】
海沿いの街に暮らす17歳の高校生。GBNのダイバー歴は長く、ビルダー、ファイター共にその腕前は上級者クラス。しかし最近では傭兵プレイを行いながら、GBN中のディメンションの中でかつて失った誰かを探し続けている。
ヒロト(ダイバー姿)
【小林千晃さんよりコメント】
僕にとっては今作がアニメ初主演ということもあり、不安や緊張などが強くありました。ですが、僕自身ガンダム作品の多くの台詞に心を揺さぶられた経験を思い出し、次第に、ご覧頂ける方々の心にも何か残せるように頑張ろう!と思えるようになりました。全身全霊でヒロト役に臨ませて頂きます。よろしくお願い致します!海沿いの街に暮らす17歳の高校生。GBNのダイバー歴は長く、ビルダー、ファイター共にその腕前は上級者クラス。しかし最近では傭兵プレイを行いながら、GBN中のディメンションの中でかつて失った誰かを探し続けている。
ヒロト役_小林千晃

【カザミ CV.水中雅章】
動画共有サービスG-TUBEの有名配信ダイバー、キャプテン・ジオンに憧れ、様々なパーティを渡り歩きながらヒーローを目指すお調子者ダイバー。しかし連携が苦手で、戦績も決してほめられたものではないが、持ち前の気楽さでGBNを楽しんでいる。
カザミ カザミ_水中雅章
【メイ CV.渕上 舞】
ソロプレイを信条とする女性ダイバー。ガンプラバトルにしか興味がなく、日々GBNでバトルを行っている。最善の戦略をすぐに割り出し、冷静に相手を追い詰めていくバトルスタイルで、ダイバー達から恐れられている。
メイ メイ_渕上舞
【パルヴィーズ CV.南 真由】
尊敬する兄のすすめでGBNを始めたばかりの初心者。オンラインゲームの醍醐味であるパーティプレイやフォース結成などに強い憧れを抱くが、引っ込み思案で小心者な性格のためにいまだ未経験。
パルヴィーズ パルヴィーズ_南真由
【フレディ CV.加隈亜衣】
ヒロト達を新たなステージへみちびく水先案内人。とても好奇心旺盛で、とても早とちりな性格。
フレディ フレディ_加隈亜衣
【イヴ CV.水瀬いのり】
ヒロトがかつてGBNで出会った女性ダイバー。彼女と共に過ごした時間は、ヒロトにとって何よりも大切な記憶となっている。
イヴ イヴ_水瀬いのり
【ムカイ・ヒナタ CV.若山詩音】
クガ家とは家族ぐるみの付き合いがあるムカイ家の一人娘で、ヒロトの幼なじみ。学校では弓道部に所属している朗らかな文系少女。「G-CAFE」のスタッフとしてアルバイトを始める。
ムカイ・ヒナタ ムカイ・ヒナタ_若山詩音
映画情報どっとこむ ralph 『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』追加メカ解禁!!

【ν-ジオンガンダム】
νガンダムをベースに、キャプテン・ジオンが愛機としてカスタムビルドしたガンプラ。マント状に配置されたケープスラスターはファンネルとしても使用が可能で、メインウエポンのジオニックソードはGBN のあらゆるマナー違反を正す必殺の剣である。
νージオンガンダム
【エルドラアーミー】
デスアーミーをベースとしたカスタム機体。ビームガンと実体剣を組み合わせたアーミーウエポンを装備する。ベース機と同様、多数が存在している。
エルドラアーミー
【エルドラブルート】
四ツ脚ユニットを装着したエルドラアーミーの強化タイプ。四叉の槍テトラデントにビームキャノンを装備。通常サイズよりもはるかに巨大な特殊個体の存在も確認されている。
エルドラブルート
映画情報どっとこむ ralph ■『ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE』主題歌アーティスト解禁!!

【オープニングテーマ】
前作『ガンダムビルドダイバーズ』のエンディングテーマも担当した、スピラ・スピカの「リライズ」に決定!
スピラ・スピカ
【スピラ・スピカさんコメント】
『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』OP テーマを担当させていただくスピラ・スピカのVo.幹葉です!
前作に続き、またガンダムの世界に音楽で関われること、本当に嬉しいです。
「弱くたって怖くたってそれでも掴みたい未来がある。もう一度、立ち上がろう。」配信開始を楽しみにしています!


【エンディングテーマ】
GIRLS HIP HOP とガンダムの新たな融合!エンディングテーマは、スダンナユズユリーの「MAGIC TIME」に
決定!!
スダンナユズユリー
【スダンナユズユリーさんコメント】
『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』のエンディングテーマを務めさせていただく事になりましたスダンナユズユリーのボーカル武部柚那です。スダンナユズユリーとしては、初めてのアニメのエンディングテーマをやらせて頂きます!私達は自分達で作詞をしているグループなのですが、今回もアニメの鍵となるワードだったり、世界観をお聞きして自分達で一から作詞しました。この「MAGIC TIME」という曲は、誰でも人は弱気になってしまう時もあるけれど、強くなりたいでも光が見えない。そんな葛藤の中にある、切なさ、儚さの部分を書きました!作品の世界観に寄り添った楽曲もアニメと共に楽しんで頂けたらなと思います。

映画情報どっとこむ ralph 【公式サイト】
■『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』公式サイト:
http://gundam-bd.net/
■ガンダムチャンネル:
https://www.youtube.com/GUNDAM
■公式ガンダム情報ポータルサイト「GUNDAM.INFO」:
https://www.gundam.info/
■「機動戦士ガンダム40th プロジェクト」公式サイト:
http://gundam40th.net/


©創通・サンライズ

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

第20回Japan Expoフランス ガンダム40周年プロジェクトPV 公開 miwaライブ披露!


映画情報どっとこむ ralph 今年「機動戦士ガンダム」シリーズは、1979年にTVアニメの放送開始してから40年を迎えます。

以来、日本を代表するアニメ作品となり、TVアニメは20作品、劇場作品は19作品、OVA18作品を連ね、またガンダムのプラモデル、通称“ガンプラ”はこの1980年の発売以来、累計出荷数5億個を突破するなど、いまだに高い人気を誇り、現在も宇宙世紀の新たな100年を紡ぐ「UC NexT 0100」プロジェクトとして劇場アニメ3部作「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」や、ハリウッド製作による実写映画など新作の発表をし続けています。

そして!

この度、「第20回Japan Expo」(フランス・パリ)、「ANIME EXPO2019」(アメリカ・ロサンゼルス)という世界を代表するコンベンションにて、「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」に関して新たな施策が発表されました。
映画情報どっとこむ ralph フランス・パリ 「Japan Expo」にてガンダム40周年プロジェクト発表

フランス・パリ、日本カルチャーの祭典Japan Expoが、現地時間7/4(木)~7/7(日)の4日間、パリ・ノール・ヴィルパント展示会場にて開催。「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」として現地でプロジェクトPVを上映し、このPVの映像解禁と共に、3つのプロジェクトが進行していることが発表されました。
【①機動戦士ガンダム40周年プロジェクトPV 公開】

ガンダム40年の歴史と作品の積み重ねを感じさせるとともに、40周年を機に展開されるさまざまな作品、プロジェクトのヒントが示される内容となっております。


【② 新作TVアニメ『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』 タイトル決定!】

「ガンダムビルトシリーズ」最新作、『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』
http://gundam-bd.net/

現在、企画進行中である旨が発表されました。プロジェクトPVの中で、できあがっている 約6秒ほどの映像が同時に解禁されました。
 ※本作の詳細は、後日発表いたしますので、続報をお楽しみにお待ちください。

【③ 劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ』が遂に始動!第1部のタイトルは「行け!コアファイター」!
「第20回 Japan Expo」での世界初上映に向けて、富野由悠季総監督フランスへ!】
 2014年にTVで放送された『ガンダム Gのレコンギスタ』に新作カットを追加し、映像を再編集した劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ』(全5部作)の第1部「行け!コアファイター」が、現地時間7月5日(金)「第20回 Japan Expo」にて、富野由悠季総監督も登壇して、世界初上映となりました。会場には、富野監督と劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ』を心待ちにしていた多くの海外のファンが詰めかけ、司会者からの紹介の後、拍手の中、富野監督が登壇。上映を前に、会場に集まったファンに向けて監督は以下のようにコメントしました。
【富野由悠季総監督コメント】
 「『Gのレコンギスタ』というタイトルには「ガンダム」というタイトルが付いていますが、基本的にガンダムとは関係が無い作品です。ですから「ガンダム」という作品を知っている人には「理解ができない」と嫌われました。ですが、まったくこの種類のアニメを知らない人には、オンエアの時には多少は人気を手に入れました。ですから正面切って言います。大人の人は楽しんで頂く必要はありませんが、お子さんの目で観て楽しんでください。」

 富野監督がこのように語ると会場内の期待値が高まるように拍手が起こり、劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ』が遂に世界初上映された。そして上映が終わると会場ではスタンディングオベーションが起こり、再び登壇した富野監督を熱烈に迎えられました。
 その後は熱心な海外のファンからの質問が幾つも投げかけられ、富野監督も丁寧に答えていった。
 上映イベントの最後には、「今日はこういう形でこういう場所に来て頂きまして、本当に心からお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。メルシーボク」と富野監督からの言葉があり、会場に集まったファンからの盛大な拍手の中、劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ』世界初上映イベントは幕を閉じた。

【④ 富野監督カンファレンス&miwa(ORIGIN ED)初ライブ披露】
Japan Expoでは、『ガンダム Gのレコンギスタ』総監督富野由悠季氏がトークで登場。
フランスのガンダムの人気はこれからが本番というような盛り上がりを見せていました。サイン会や写真撮影会では、フランスだけでなく、ヨーロッパ諸国から駆けつけた、ガンダムファン・富野ファンとの出会いがとても刺激になった様子でした。
現地の新聞や雑誌、テレビ局、またweb媒体の取材でも、地球環境や歴史経済など、ワールドワイドで通用するようなメッセージが込められた、ガンダムの制作秘話、取材陣の想像していた以上の答えに、彼らも共感し、満足した様子でした。
また、現地時間7月6日にはカンファレンスに登壇、 フランスを中心とした2000人を超える規模のヨーロッパの20から30代のファンたちが、富野監督を一目見ようと集まりました。会場からの様々な質問に、富野監督は熱心に答えていき、その回答一つ一つに会場からはどよめきが起こったり、歓声が湧いたりしていました。「ご自身が作ったキャラクターのうち、誰がいちばん好きですか?」という質問に対して「自分が作ったキャラクターですから、全員好きです。」という答えには、会場から温かい拍手が起こりました。
さらにカンファレンスの最後にはシンガーソングライターのmiwaさんが登場。SUGIZOさんから届いたフランスのファンへの手紙を披露した後は、現在NHK総合にて放送中(ヨーロッパでは配信中)の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』のエンディングテーマ「A Red Ray」をライブ披露しました。


未来記事:
ANIME EXPO2019ロサンゼルス『機動戦士ガンダムNT』4DX版世界最速上映 ケンオクヤマ版RX-78-2も!
http://eigajoho.com/159099


***********************************

創通・サンライズ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ