「ガブリエル・バーン」タグアーカイブ

トラウマ物のホラー『へレディタリー/継承』アリ・アスター監督とのQ&Aに参加してみては?


映画情報どっとこむ ralph 「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と批評家から最高の評価を受け、全米を震撼させたホラー映画『へレディタリー/継承』が、11月30日(金)より全国公開し、すでにリピーター鑑賞者も続出する好調スタートを切っている。

本作は、公開前からマスコミ試写や先行上映会で「常軌を逸した完成度」「怖すぎる」と絶賛され、ホラー映画が多く公開された今年の中でも、本命の一本として期待されていたが、初日以降「噂通りの恐怖」「怖すぎて眠れなくなった」「一人で夜道を歩くのが怖い」と【超恐怖】を体験した観客の感想が相次いだ。

11月21日発売の映画雑誌”映画秘宝”誌面にて「本物の幽霊が映っている」と紹介されたことが噂になり、どのシーンに「本物の幽霊が映っている」のかを議論する声も相次ぎ、話題に拍車がかかっている。

この度、話題沸騰の本作の監督・脚本をつとめたアリ・アスターが、日本の鑑賞者の質問を募り、それに回答する緊急企画の開始が決定した。

これが長編映画デビュー作にも関わらず、異常な完成度を誇る本作を観た映画ファンからは、「なぜこんなに恐ろしい映画が作れるのか」「恐怖で観客を殺そうとしている」「化け物監督が誕生した!」「とんでもない才能」「次回作も楽しみ」と感嘆の声があがっている。

アリ・アスターが脚本も手がけた本作は、映画全体に謎やメタファーが散りばめられ、それら全てがラストに待つトラウマ級の恐怖の伏線になっている。「こんなに恐ろしいのに、もう一度見ないではいられない!」「何度見ても発見がある!」と、“今年最恐”の再体験と、“全ての謎の解明”を求めるリピーターも続出。

また、本作の公開初日にトークショーを行った映画評論家の町山智浩がアリ・アスターとのインタビューを行った際に、イングマール・ベルイマン、溝口健二、新藤兼人らの映画を愛し、本作にも影響を与えたと語っています。

映画情報どっとこむ ralph
何度観ても新しい発見があり、過去の名作映画からの影響も発見できる本作。
劇場で鑑賞し、ぜひアリ・アスター監督とのQ&Aに参加してみては?

◆『へレディタリー/継承』アリ・アスター監督とのQ&A詳細
概要:『へレディタリー/継承』の脚本・監督をつとめたアリ・アスターが、本作を鑑賞した日本のお客様とのQ&Aを行います。事前に映画公式twitterで質問を募り、それにアリ・アスター監督が回答します。

質問募集期間:12/7(金)〜12/11(火)正午
映画公式twitter:@hereditaryjpにて質問を募集いたします。
寄せられた質問からアリ・アスター監督の回答を、後日映画公式twitterにて発表いたします。
※寄せられた全ての質問へ監督が回答するとは限りません。予めご了承ください。

■アリ・アスター プロフィール
アメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)でMFA(美術修士号)を取得。『The Strange Thing About the Johnsons』<未>(11)、『Munchausen』<未>(13)、『Basically』<未>(14)など、いくつかの短編を脚本・監督。ニューヨーク映画祭、ファンタスティック・フェス、スラムダンス映画祭などで上映された。本作が長編映画デビュー作品である。新作ホラー映画『MIDSOMMAR』を、『へレディタリー/継承』に続いてA24と準備中。

・過去作品などのアーカイブはこちら
https://ari-aster.squarespace.com

映画情報どっとこむ ralph
へレディタリー/継承
原題:HEREDITARY

公式HP:
hereditary-movie.jp  

公式twitter:
@@hereditaryjp  

物語
全米を凍りつかせた“完璧な悪夢”この家族の物語は、あなたの永遠のトラウマになる。
グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。エレンは気難しく、謎の多い人物だった。エレンの遺品が入った箱には、「私を憎まないで」というメモが挟んであった。エレンの娘アニーは、過去の出来事がきっかけでエレンに愛憎入り交じる感情を抱いていた。自らの人生を精巧なミニチュアで表現するアーティストであるアニーは、エレンとの暗い思い出をミニチュアにし、セラピーにも通う。夫のスティーヴン、内気な高校生の息子ピーター、祖母に溺愛されていた対人恐怖症の娘チャーリーとともに、家族を亡くした哀しみを乗り越えようとしていたのだ。自分たちがエレンから忌まわしい“何か”を受け継いでしまってことに気づかぬまま・・・。
チャーリーの様子がおかしい。祖母が遺した“何か”を感じているのか、不気味な表情で虚空を見つめている。
彼女の部屋を覗くと、アニーがミニチュアを作るように、チャーリーも自分の部屋でこっそりと人形を作り続けていた。それは、動物の生首とガラクタでできた狂気のオブジェだった。
やがて奇妙な出来事がグラハム家に頻発する。不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声が聞こえる、暗闇に誰かの気配がする・・・。そして最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。そして想像を絶する恐怖が一家を襲う。
“受け継いだら死ぬ” 祖母が家族に遺した“何か”とは一体?

***********************************

出演:トニ・コレット、ガブリエル・バーン、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド
脚本・監督:アリ・アスター
製作:ケビン・フレイクス、ラース・クヌードセン、バディ・パトリック
撮影監督:パヴェウ・ポゴジェルスキ
編集:ジェニファー・レイム、ルシアン・ジョンストン
音楽:コリン・ステットソン  
ミニチュア模型・特殊メイク:スティーブ・ニューバーン
提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ファントム・フィルム
2018年|アメリカ映画|ビスタサイズ|上映時間:127分| PG-12
©2018 Hereditary Film Productions, LLC
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

おかずクラブ オカリナ、ゆいP 絶叫顔披露!『へレディタリー/継承』ハロウィン仮装イベント


映画情報どっとこむ ralph この度、「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と批評家から最高の評価を受け、全米を震撼させたホラー映画『へレディタリー/継承』が11月30日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなります。

この度、ハロウィンを記念した本作の試写会トークイベントを10月29日(月)に開催。

人気お笑い芸人コンビである、おかずクラブのオカリナさんとゆいPさんがゲストとして登壇しました。

試写会に来場した観客は、ハロウィン&“現代ホラーの頂点”とされる本作にちなんで、歴代のホラー映画キャラのコスプレで『ヘレディタリー/継承』を鑑賞。試写後のトークイベントにはおかずクラブのお二人が登壇し、本作の見どころや恐怖ポイントを存分に語りました。ハロウィンの“思い出話”や“今年最恐ホラー”にかけて、過去の“最も怖かった体験”を告白、また本作の主演トニ・コレットの絶叫顔が「すごすぎる」と話題であるのにちなみ、トニ・コレットに負けない “絶叫顔”にも挑戦しました。


『ヘレディタリー/継承』ハロウィン記念トークイベント試写会
日程:10月29日(月)
場所:ブロードメディア・スタジオ
登壇:おかずクラブ オカリナ、ゆいP

映画情報どっとこむ ralph 「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と批評家から最高の評価を受け、“今年最恐のホラー”との呼び声高い映画『ヘレディタリー/継承』のハロウィン記念トークイベント試写会が開催された。この日はハロウィンにちなみ、会場には『チャイルド・プレイ』のチャッキー、『13日の金曜日』のジェイソン、『死霊館』のアナベル、ドラキュラ、ゾンビ、キョンシーなど歴代のホラー映画のキャラクターのコスプレをしたファンが集結。

試写会後のトークイベントがスタートすると、ゲストのオカリナとゆいPが、ハロウィンパーティーな衣装で登場。

招待客の力の入ったコスプレに「凄いですね!」と感動している様子。

ゆいPさん:楽しいハロウィンイベントだと思って来たのにこんなに薄気味悪い映画を見せられて・・・。

と本作を鑑賞した恐怖を語り、

オカリナさん:ここまで怖い映画だとは知りませんでした・・・。

と語った。

本編を観て、“怖いのが苦手で、ホラー映画は予告編だけでも怖い”というオカリナさんは

オカリナさん:あまりに怖くて夢か現実か分からなくなってしまいました。観なければ良かった・・・。

と絶句。

ゆいPさん:終始、不気味・・・。家族に訪れた悲劇を目の当たりにした瞬間が怖くて、思わず声が出てしまいました。怖い!

を連発。しかし、本作の恐怖に慄きながらも、映画の序盤で見たものや耳にしたものが、ラストへの伏線となる本作について

ゆいPさん:それでも見逃せないし、聞き逃せない!

と本作の面白さと見どころを語った。

家族に恐ろしい出来事が次々に起こり、次第におかしくなる母親・アニーを『シックス・センス』でアカデミー賞にもノミネートされた女優トニ・コレットが演じている。本作での恐怖に絶叫する怪演は「すごすぎる!」と話題で、アメリカでは今年のオスカー候補と言われているほか、“絶叫顔・オブ・ザ・イヤー”という紹介もされているほど高い評価を受けている。この日は、おかずクラブの二人がトニ・コレットにまさる絶叫顔を披露。渾身の絶叫顔を見せた二人に、会場からは拍手が沸き起こった。

映画情報どっとこむ ralph これまで様々な心霊ロケなど怖い体験をたくさんしているおかずクラブの二人。「最も怖いホラー」と言われている本作にちなみ、今までで一番怖かった体験を聞かれ、

オカリナさん:ホラーは本当に苦手。廃校のロケで裏手に墓地があるトイレに行かされたとき、するはずのない音が鳴ったんです。

と心霊現象を答えるオカリナに対し、

ゆいPさん:怖いと言えば、オカリナさん。牛丼屋に行くと注文もしていないのに漬け物を手に山盛り盛って無心で食べたり、骨付き肉の骨をこれでもかというくらいしゃぶりんます!

とオカリナさんの面白いエピソードを交え笑いを誘った。

最後に

オカリナさん:あまりにも怖いです。観たことを後悔する映画かもしれません・・・!

ゆいPさん:観た後に誰かと話したくなる。だから一人ではなく誰かと観に行ってもらいたい。2度3度確かめたくなる映画です。

とメッセージを送った。

映画情報どっとこむ ralph ホラー映画『へレディタリー/継承
原題:HEREDITARY
11月30日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

公式HP
hereditary-movie.jp  

公式twitter
https://twitter.com/hereditarymoviejp  


物語・・・
この家族の物語は、あなたの永遠のトラウマになる。
グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。エレンは気難しく、謎の多い人物だった。エレンの遺品が入った箱には、「私を憎まないで」というメモが挟んであった。エレンの娘アニーは、過去の出来事がきっかけでエレンに愛憎入り交じる感情を抱いていた。自らの人生を精巧なミニチュアで表現するアーティストであるアニーは、エレンとの暗い思い出をミニチュアにし、セラピーにも通う。夫のスティーヴン、内気な高校生の息子ピーター、祖母に溺愛されていた対人恐怖症の娘チャーリーとともに、家族を亡くした哀しみを乗り越えようとしていたのだ。自分たちがエレンから忌まわしい“何か”を受け継いでしまってことに気づかぬまま・・・。
チャーリーの様子がおかしい。祖母が遺した“何か”を感じているのか、不気味な表情で虚空を見つめている。
彼女の部屋を覗くと、アニーがミニチュアを作るように、チャーリーも自分の部屋でこっそりと人形を作り続けていた。それは、動物の生首とガラクタでできた狂気のオブジェだった。
やがて奇妙な出来事がグラハム家に頻発する。不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声が聞こえる、暗闇に誰かの気配がする・・・。そして最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。そして想像を絶する恐怖が一家を襲う。
“受け継いだら死ぬ” 祖母が家族に遺した“何か”とは一体?

***********************************

出演:トニ・コレット、ガブリエル・バーン、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド
脚本・監督:アリ・アスター
製作:ケビン・フレイクス、ラース・クヌードセン、バディ・パトリック
撮影監督:パヴェウ・ポゴジェルスキ
編集:ジェニファー・レイム、ルシアン・ジョンストン
音楽:コリン・ステットソン  ミニチュア模型・特殊メイク:スティーブ・ニューバーン

提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ファントム・フィルム
©2018 Hereditary Film Productions, LLC
2018年 アメリカ映画 ビスタサイズ 上映時間:127分  PG-12




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

すべてのシーンがラストへの恐怖の伏線!映画『へレディタリー/継承』予告映像が完成


映画情報どっとこむ ralph 今年のサンダンス映画祭で発表されるや「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と批評家から最高の評価を受け、トラウマ級の恐怖で全米を震撼させたホラー映画『へレディタリー/継承』の予告映像が完成。

監督・脚本を務めたのは、本作が長編映画監督デビュー作となるアリ・アスター。

天才的な発想と演出、すべてのシーンがラストへの恐怖の伏線となる計算し尽された脚本と異常なまでの完成度は、ホラー映画の新たな到達点となった。
主演は『シックス・センス』『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレット。本作で見せる鬼気迫る怪演で、既に来年のオスカー主演女優賞ノミネートが確実視されています。製作は昨年アカデミー賞作品賞に輝いた『ムーンライト』を生み出し、今年も『レディ・バード』が賞レースを席巻。設立6年目にして話題作を次々と発表し、オスカー常連となった最注目の映画スタジオA24。

映画情報どっとこむ ralph 完成した予告映像は・・・・・、

祖母・エレンの葬儀から始まり、祖母が遺した“何か”を受け継いだら死ぬ というテロップとともに、想像を絶する恐怖に襲われる家族を映し出す。暗闇に誰かの気配がする、不思議な光が部屋を走る、ガラスに写った自分がこちらを見て怪しく笑っている・・・!祖母が遺した“何か”を感じているのか、不気味な表情の孫・チャーリーは、鳥の死体から首を切り落とそうとしている。

不穏すぎるシーンと、家族の絶叫。想像を絶する恐怖の一端が垣間見える映像だ。



映画情報どっとこむ ralph 受け継いだら死ぬ 彼女たちが祖母から受け継いだものは一体・・・?

へレディタリー/継承
原題:HEREDITARY

11.30(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

公式HP:
hereditary-movie.jp

公式twitter:
@hereditarymoviejp


物語

この家族の物語は、あなたの永遠のトラウマになる。

グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。エレンは気難しく、謎の多い人物だった。エレンの遺品が入った箱には、「私を憎まないで」というメモが挟んであった。エレンの娘アニーは、過去の出来事がきっかけでエレンに愛憎入り交じる感情を抱いていた。自らの人生を精巧なミニチュアで表現するアーティストであるアニーは、エレンとの暗い思い出をミニチュアにし、セラピーにも通う。夫のスティーヴン、内気な高校生の息子ピーター、祖母に溺愛されていた対人恐怖症の娘チャーリーとともに、家族を亡くした哀しみを乗り越えようとしていたのだ。自分たちがエレンから忌まわしい“何か”を受け継いでしまってことに気づかぬまま・・・。

チャーリーの様子がおかしい。祖母が遺した“何か”を感じているのか、不気味な表情で虚空を見つめている。

彼女の部屋を覗くと、アニーがミニチュアを作るように、チャーリーも自分の部屋でこっそりと人形を作り続けていた。それは、動物の生首とガラクタでできた狂気のオブジェだった。



やがて奇妙な出来事がグラハム家に頻発する。不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声が聞こえる、暗闇に誰かの気配がする・・・。そして最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。そして想像を絶する恐怖が一家を襲う。

“受け継いだら死ぬ” 祖母が家族に遺した“何か”とは一体?



***********************************



出演:トニ・コレット、ガブリエル・バーン、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド

脚本・監督:アリ・アスター
製作:ケビン・フレイクス、ラース・クヌードセン、バディ・パトリック

撮影監督:パヴェウ・ポゴジェルスキ
編集:ジェニファー・レイム、ルシアン・ジョンストン

音楽:コリン・ステットソン
ミニチュア模型・特殊メイク:スティーブ・ニューバーン

提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ファントム・フィルム
2018年|アメリカ映画|ビスタサイズ|上映時間:127分| PG-12
©2018 Hereditary Film Productions, LLC




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

受け継いだら死ぬ 祖母の恐怖の遺産とは? 全米震撼ホラー『へレディタリー/継承』


映画情報どっとこむ ralph 今年のサンダンス映画祭で発表されるや「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と批評家から最高の評価を受け、トラウマ級の恐怖で全米を震撼させたホラー映画

『へレディタリー/継承』
原題:HEREDITARY


本作はすべてのシーンがラストへの伏線になっている、計算しつくされた脚本と異常な完成度を誇る。

公式HP:
hereditary-movie.jp  

公式twitter:
@hereditarymoviejp

受け継いだら死ぬ 祖母の恐怖の遺産とは?
緻密に張り巡らされた恐怖の罠。“フィナーレ”まで瞬きさえ許されない。
グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。娘のアニーは夫・スティーブン、高校生の息子・ピーター、そして人付き合いが苦手な娘・チャーリーと共に家族を亡くした哀しみを乗り越えようとする。自分たちがエレンから忌まわしい“何か”を受け継いでいたことに気づかぬまま・・・。やがて奇妙な出来事がグラハム家に頻発。不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声がする、暗闇に誰かの気配がする・・・。祖母に溺愛していたチャーリーは、彼女が遺した“何か”を感じているのか、不気味な表情で虚空を見つめている。そして最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。そして想像を絶する恐怖が一家を襲う。

“受け継いだら死ぬ” 祖母が家族に遺したものは一体何なのか?



『へレディタリー/継承』前売り券発売情報概要
・券種:ムビチケ
・特典有り 特典名称:絶叫ペーパーアイマスク 
※数量限定、なくなり次第終了
映画館で、トラウマ級に恐ろしい本作を鑑賞中、恐怖に耐えられなくなった際に装着し凌ぐためのもの。
デザインは、主人公のアニー(トニ・コレット)が恐怖に絶叫している表情をプリント。本編鑑賞中に恐怖に耐えられなくなった際に着用するも良し、アニーのような絶叫顔をinstagramにアップするも良し。ただし、大事なシーンを見逃してしまうことのないようご使用は注意されたい。

・発売日:9/8(土) ・金額:¥1,400- (税込) 
※当日一般¥1,800の処

***********************************

出演:トニ・コレット、ガブリエル・バーン、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド

脚本・監督:アリ・アスター  
製作:ケビン・フレイクス、ラース・クヌードセン、バディ・パトリック
撮影監督:パヴェウ・ポゴジェルスキ  
編集:ジェニファー・レイム、ルシアン・ジョンストン
音楽:コリン・ステットソン  
ミニチュア模型・特殊メイク:スティーブ・ニューバーン

提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ 
配給:ファントム・フィルム 
©2018 Hereditary Film Productions, LLC
2018年|アメリカ映画|ビスタサイズ|上映時間:127分
PG-12




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ホラーの常識を覆した傑作『へレディタリー/継承』完璧な悪夢上陸決定!


映画情報どっとこむ ralph 今年のサンダンス映画祭で発表されるや「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と批評家から最高の評価を受けた、全米を震撼させたホラー映画『HEREDITARY』が、邦題『へレディタリー/継承』に決定。

11月30日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショーとなります。

“現代ホラーの頂点/発狂しそうな恐怖 逃れる術はない”(USA TODAY)
“ホラーの常識を覆した最高傑作”(THE PLAYLIST)
“新世代の『エクソシスト』 ただし頭はさらに錯乱する”(Time Out)
“キューブリックの恐怖と、タガが外れた興奮がある”(THRILLIST)
“骨の髄まで凍りつく 息もできない恐ろしさ”(Hollywood Reporter)

緻密に張り巡らされた恐怖の罠。
“フィナーレ”まで瞬きさえ許されない。

この家族の物語は、
あなたの永遠のトラウマになる
たとえ目を逸らしても、二度と忘れることはできない

家長エレンの死を発端に、遺された家族に死よりも残酷な運命と、想像を絶する恐怖が襲う。一体なぜ?家族に隠された秘密とは?
監督・脚本を務めたのは、本作が長編映画監督デビュー作となるアリ・アスター。天才的な発想と演出、すべてのシーンがラストへの恐怖の伏線となる計算し尽された脚本と異常なまでの完成度は、ホラー映画の新たな到達点となった。
主演は『シックス・センス』『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレット。本作で見せる鬼気迫る怪演で、既に来年のオスカー主演女優賞ノミネートが確実視されている。製作は昨年アカデミー賞作品賞に輝いた『ムーンライト』を生み出し、今年も『レディ・バード』が賞レースを席巻。設立6年目にして話題作を次々と発表し、オスカー常連となった最注目の映画スタジオ・A24。
今回完成した日本版ポスタービジュアルは、主人公・アニーとその娘・チャーリーの顔が浮かぶグラフィックと“完璧な悪夢”というキャッチコピーが不気味な印象を与える。そして「緻密に張り巡らされた恐怖の罠。”フィナーレ“まで瞬きさえ許されない。」という文言が、全てのシーンがラストへの伏線となる緻密な構成で、観るものがラストに体験する“完璧な悪夢”を示すものになっている。

映画情報どっとこむ ralph へレディタリー/継承
原題:HEREDITARY

11月30日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー


物語・・・
祖母の死を発端に、死よりも残酷な運命と、想像を絶する恐怖が家族を襲う
グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。娘のアニーは、過去の出来事がきっかけで母に愛憎入り交じる感情を抱いていたが、家族とともに粛々と葬儀を行う。エレンの遺品が入った箱には、「私を憎まないで」というメモが挟んであった。アニーと夫・スティーヴン、高校生の息子・ピーター、そして人付き合いが苦手な娘・チャーリーは家族を亡くした喪失感を乗り越えようとするが、奇妙な出来事がグラハム家に頻発。不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声がする、暗闇に誰かの気配がする・・・。やがて最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。そして想像を絶する恐怖が彼女たちを襲う。一体なぜ?グラハム家に隠された秘密とは?

公式HP:
hereditary-movie.jp

公式twitter:
@hereditarymoviejp

***********************************


出演:トニ・コレット、ガブリエル・バーン、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド
脚本・監督:アリ・アスター
製作:ケビン・フレイクス、ラース・クヌードセン、バディ・パトリック
撮影監督:パヴェウ・ポゴジェルスキ
編集:ジェニファー・レイム、ルシアン・ジョンストン
音楽:コリン・ステットソン
ミニチュア模型・特殊メイク:スティーブ・ニューバーン
提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ 配給:ファントム・フィルム 
2018年|アメリカ映画|ビスタサイズ|上映時間:127分| PG-12
© 2018 Hereditary Film Productions, LLC




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ