「カラム・ターナー」タグアーカイブ

マーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』本編映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 『(500)日のサマー』『gifted/ギフテッド』のマーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』が4月14日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国順次公開されます。
The Only Living Boy in New York

この度、本作の本編映像が解禁された。

主人公トーマスと、彼が想いを寄せる女の子ミミが2人で訪れた美術館での一コマ。冗談を言い合い、仲良さげな雰囲気の2人。ところが、ミミの「クロアチアのザグレブに留学するかもしれない」という突然の告白で空気は一変する。「それってひどい。君は僕の唯一の安らぎだ。あの夜は本物だった。」と2人の恋愛関係を強く訴えるトーマスに対し、ミミは「あれは一夜限り」と軽く一蹴する。恋にのめり込み、子どもっぽさをのぞかせるトーマスとあくまでドライなミミは、今も根強い人気を誇るボーイミーツガール映画の金字塔『(500)日のサマー』のトムとサマーを彷彿とさせ、あのビタースウィートな気持ちを蘇えらせる。

必死にミミの気を引こうと、「“友達”はよせ。」「美人の常套句だからさ。」と強気の決め台詞を吐き、背を向けて歩き出すトーマス。しかし結局は、そんなトーマスを横目に立ち去っていくミミの後を追いかけていってしまう。あしらわれながらも好きな女の子を追いかけてしまう、まさに『(500)日のサマー』のトムを思い起こさせるワンシーンだ。



キュートな小悪魔的ヒロインが登場する以外にも、主人公の名前が共に“トーマス”であることなど、共通項は多々見受けられる。『(500)日のサマー』で象徴的なシーンに登場する、名作『卒業』。そのテーマソングといえばサイモン&ガーファンクルの『サウンド・オブ・サイレンス』であり、本作でも、同じくサイモン&ガーファンクルの『ニューヨークの少年』が印象的に使われている。また、両作品ともナレーションをのせたイラストを使用していること、音楽を軸にしたおしゃれでスタイリッシュな演出を行っていることも、センス溢れるウェブ監督作品の特徴といえるだろう。

映画情報どっとこむ ralph マーク・ウェブ監督のファンを公言し、自身の監督作『モテキ』でも『サマー』へのオマージュを捧げた大根仁監督は、「『(500)日のサマー』で、青春に忘れ物をしたままのオレたちのハートを掻きむしったマーク・ウェブ監督が帰ってきた!」と本作を大絶賛。『(500)日のサマー』が“夏”なら、『さよなら、僕のマンハッタン』は監督が8年ぶりに作り上げた、『サマー』に続く“秋”の青春映画と言えるかもしれない!?

トーマスとミミの恋の行方は、トーマスの父の愛人ジョハンナが登場することで『(500)日のサマー』とは違った様相を呈してくるので、本編をお楽しみに!

さよなら、僕のマンハッタン

4月14日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国順次公開

公式サイト:
www.longride.jp/olb-movie/


大学卒業を機に親元を離れたトーマスは、風変わりな隣人W.F.ジェラルドと出会い、人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せるミミと行ったナイトクラブで、父と愛人ジョハンナの密会を目撃してしまう。W.F.の助言を受けながらジョハンナを父から引き離そうと躍起になるうちに、彼女の底知れない魅力に溺れていく。退屈な日々に舞い降りた二つの出会いが彼を予想もしていなかった自身と家族の物語に直面させることになる・・・。

***********************************

監督:マーク・ウェブ
脚本:アラン・ローブ
出演:カラム・ターナー、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、ジェフ・ブリッジス、カーシー・クレモンズ 
劇中曲:「ニューヨークの少年」 サイモン&ガーファンクル
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
   


マーク・ウェブ監督インタビュー到着!『さよなら、僕のマンハッタン』


映画情報どっとこむ ralph マーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』が4月14日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国順次公開されます。

音楽愛に溢れたハイセンスな作風の『(500)日のサマー』でセンセーショナルなデビューを飾ったウェブ監督が『サマー』以前に脚本に出会い、10年以上の歳月をかけてついに映画化を果たした最新作『さよなら、僕のマンハッタン』。

退屈な毎日を送っていた青年が、おかしな隣人と父の愛人との出会いを経て、少しだけ大人へと成長する物語は、私たちに“子供でも大人でもなかった”あの頃の気持ちをほろ苦い青春の記憶と共に思い出させてくれる。
悩める主人公トーマスを演じるのは『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の出演も控える若手俳優カラム・ターナー。他、ジェフ・ブリッジス、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、カーシー・クレモンズなど新旧豪華キャストが共演を果たした。

映画情報どっとこむ ralph この度マーク・ウェブ監督のインタビューが到着。長年熱望してきた待望作について答えています。

何年も前に初めて読まれて以来、ずっと心をつかんでいるこの脚本の魅力を尋ねられると、

マーク・ウェブ監督:2点あります。まず、ずっと頭から離れないシーンがありました。ジョハンナとトーマスでの最初のシーンで、彼女が“人はいつも無意識に行動をしてしまうものよ”と言う場面です。彼らが初めて出会ったときの会話は本質を突いていてとても考えさせられるものでした。私はこの先の展開を知りたくなりました。そのときのジョハンナのセリフはある意味現実となるわけで、私はこのシーンに引き込まれました。脚本を読んでいて、どんどん次の展開を知りたくるのです。これが1点目です。もう1点は、ジェフ・ブリッジス演じるW.F.ジェラルドとトーマスの関係性です。男性同士のこういった友情は珍しいですし、これには少し願望も含まれています。ジェラルドのようなメンターとの関係性は希少です。

と主人公トーマスとW.F.ジェラルドの関係性には自身の願望も投影されていることを明らかにした。

作中の”ニューヨークはソウル(魂)を失ってしまった”というセリフについて自身の意見を尋ねられると、

マーク・ウェブ監督:この脚本は何年も前に書かれたので、私たちが練り直しました。若い人たちの意見は悲観的ですが、私はこの街に関して変わらないのは自己批判できるということだと思います。人々は常に“70年代は良かった”“80年代は良かった”などと言っています。私が信じているのはニューヨークが常に進化していること、そして驚くほど雑然としていると同時に美しい街であることです。人種や文化のるつぼというアメリカの側面を象徴しつつ、全くダメな要素もある。それらが全て集約されていて、物語を描くにはピッタリの環境なのです。

と、かつて憧れ、今は自身が暮らす街ニューヨークについての持論を展開。

映画情報どっとこむ ralph また、超大作を手掛ける一方、『(500)日のサマー』『ギフテッド』そして『さよなら、僕のマンハッタン』などの小規模作品も手掛けてきたウェブ監督にそれぞれの違いを尋ねると、 

マーク・ウェブ監督:『アメイジング・スパイダーマン』を撮る前は、撮影がどんな感じになるか気になりましたが、撮影後に役者たちと交わす会話は同じでした。同様に、技術、展開、カタルシスやニュアンスについて考えますし、多くの側面で似ていました。違いと言えば、準備や人々の期待、そして作品が関わる様々なもののスケールですが、それは制作とは別のことです。これらの違いはありますが、全く違ったアプローチはできません。注目されず期待に応えなくてはというプレッシャーもない、解放された気分でしたよ。映画のクリエイティブな要素を全て集結させ、自分たちが作りたい作品を作れたことは素晴らしかったです。ファンの子供がコスチュームについてどう思うかな、と心配する必要もありませんしね。とても楽しめました。

と、様々な制約から開放されよりクリエイティブに集中できる本作のインディペンデントな映画製作について語った。更に本作の制作を一言で表すと、と尋ねられると

マーク・ウェブ監督:楽しくてウキウキする、まるでバケーションのような撮影でした。映画制作における11番目の戒律は“なんじ、ジェフ・ブリッジスと映画を作れ”ですね(笑)

と、制作を心から楽しんだ様子と共に、憧れのジェフ・ブリッジスとの仕事の興奮を垣間見せた。

映画情報どっとこむ ralph さよなら、僕のマンハッタン

公式サイト:
www.longride.jp/olb-movie/ 

物語・・・
大学卒業を機に親元を離れたトーマスは、風変わりな隣人W.F.ジェラルドと出会い、人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せるミミと行ったナイトクラブで、父と愛人ジョハンナの密会を目撃してしまう。W.F.の助言を受けながらジョハンナを父から引き離そうと躍起になるうちに、彼女の底知れない魅力に溺れていく。退屈な日々に舞い降りた二つの出会いが彼を予想もしていなかった自身と家族の物語に直面させることになる・・・。
***********************************

監督:マーク・ウェブ
脚本:アラン・ローブ
出演:カラム・ターナー、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、ジェフ・ブリッジス、カーシー・クレモンズ 
劇中曲:「ニューヨークの少年」 サイモン&ガーファンクル
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ファンタビ・キックオフ・ファンイベント決定!


映画情報どっとこむ ralph 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23日(金)より公開となります。

そして!先日に約2分もの予告映像が全世界一斉解禁となり、公開に向けて動き出した本作への期待が高まっています!

本作の第一弾前売り券が3月23日(金)より販売開始し、前売り特典として“ファンタスティック・マスキングテープ”が決定いたしました!更に、3月22日(木)に“ファンタビ・キックオフ・ファンイベント”の開催も決定!ワクワクが止まりません!

今回、第一弾前売り特典となる“ファンタスティック・マスキングテープ”には、本作の舞台にちなんで主人公ニュートとその仲間たちがロンドンとパリ、2つの街を旅するかのようなイラストが描かれていて、このデザインを見るだけでもニュートたちの旅の行方が気になるばかり。

また、新宿ピカデリーで全国の発売に先駆けて、発売前日の3月22日(木)に先行販売を行うことが決定致しました!!

当日は、先行販売にて”第一弾スペシャル特典付き前売ムビチケカード”をご購入頂いた方の中から先着270名様を、19:00から行われる”ファンタビ・キックオフ・ファンイベント”へご招待!!

映画情報どっとこむ ralph さらに、先着1,000名様にはキャスト来日時のバックステージパスが当たる、シリアル番号付ファンカードを配布!”ファンタビ・キックオフ・ファンイベント”は、登壇ゲストを招き、最新映像の公開や、ジャパンプレミア招待チケットを含む豪華プレゼントの数々が当たる抽選クイズ大会など、盛り沢山なファン垂涎のキックオフ・イベントで、コスプレで参加していただいた方には素敵なプレゼントも用意されているとのことです!

映画情報どっとこむ ralph ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

今度の舞台は、ロンドンとパリ。イギリスにもどってきた魔法動物学者の主人公ニュートは、強大な敵の魔法使い、グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。魔法界、そして人間界をもおびやかしかねない彼を追い、ダンブルドア先生とニュートがタッグを組み、ニュートの仲間、魔法動物(ビースト)たちとともに、一同はパリへと向かいます。


■公式サイト:
fantasticbeasts.jp
■公式ハッシュタグ:
#ファンタビ

***********************************

監督:デイビッド・イェーツ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品
原作/脚本:J・K・ローリング
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ハリー・ポッター』全8作品、J.K.ローリング
出演:エディ・レッドメイン(ニュート)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ)、アリソン・スドル(クイニー)、ダン・フォグラー(ジェイコブ)、ジュード・ロウ(ダンブルドア先生)、ジョニー・デップ(グリンデルバルド)、ゾーイ・クラヴィッツ(レタ)、カラム・ターナー(テセウス)他
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C) 2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights


新たな魔法にワクワク『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』初映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「ハリー・ポッター」魔法シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の初映像である約2分もの予告編映像が全世界一斉解禁となりました!



今度の舞台は、ロンドンとパリ。

イギリスにもどってきた魔法動物学者の主人公ニュートは、強大な敵の魔法使い、グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。
魔法界、そして人間界をもおびやかしかねない彼を追い、ダンブルドア先生とニュートがタッグを組み、ニュートの仲間、魔法動物(ビースト)たちとともに、一同はパリへと向かう。

今回の映像では、前作では登場しなかった、ハリー・ポッターたちの学び舎である、イギリスのホグワーツ魔法魔術学校に、魔法省の魔法使いたちがやってくるシーンから始まる。魔法使いたちが進む先には、なんと若き日のダンブルドア先生の姿が。ニュートの行方について、問いただされるダンブルドアのシーンもあり、二人の関係が信頼で結ばれたものであることがわかる内容も。

さらに、ニュートの相棒の魔法動物である“ボウトラックル”が走るかわいらしいシーンや、フクロウのような魔法動物など、新しい魔法動物も登場。ほうきで空を飛ぶ魔法使いのシーンや魔法学校の生徒たちの姿も描かれているほか、「ファンタビ」でニュートが出会った仲間である、ティナやクイニー、ジェイコブたちの姿もしっかりと盛り込まれている。

ハリー・ポッターから始まった魔法の物語に、再び新しい魔法がかかった内容に!

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
11月23日(金 ​・祝​)全国 ​ロードショー!​早く来い来い11月!

公式サイト:fantasticbeasts.jp
公式ハッシュタグ:#ファンタビ

***********************************

監督:デイビッド・イェーツ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品
原作/脚本:J・K・ローリング
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ハリー・ポッター』全8作品、J.K.ローリング
出演:
エディ・レッドメイン(ニュート)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ)、アリソン・スドル(クイニー)、 ダン・フォグラー(ジェイコブ)、ジュード・ロウ(ダンブルドア先生)、ジョニー・デップ(グリンデルバルド)、ゾーイ・クラヴィッツ(レタ)、カラム・ターナー(テセウス)他
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C) 2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights


『さよなら、僕のマンハッタン』豪華女優陣が着こなすNYファッションに注目!


映画情報どっとこむ ralph マーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』が4月14日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国順次公開となります。

音楽愛に溢れたハイセンスな作風の『(500)日のサマー』でセンセーショナルなデビューを飾ったウェブ監督が『サマー』以前に脚本に出会い、10年以上の歳月をかけてついに映画化を果たした最新作『さよなら、僕のマンハッタン』。
The Only Living Boy in New York


映画情報どっとこむ ralph この度、本作を彩る女性キャスト陣の衣装が目を引く新場面写真が解禁。

ケイト・ベッキンセール演じる主人公の父の愛人ジョハンナ、シンシア・ニクソン演じる主人公の母親ジュディス、カーシー・クレモンズ演じる主人公が想いを寄せる女の子ミミ。それぞれのキャラクターに合わせマンハッタンの中で住まう地区も違う3人は、衣装でもそのカラーを体現している。

高級ブティックが立ち並ぶソーホーに住みフリー編集者として働くジョハンナは、グレーのコートとサングラスでクールにまとめながら、ヴィヴィッドな色のバッグでハイセンスな遊び心をプラス。(写真6)
若いアーティストが集うロウワー・イーストサイドに住むミミは、キュートなミニワンピースの日もあれば(写真2)、
黄色のニットコートにアクセントのベルト、ダメージジーンズをあわせてカジュアルに決める日も(写真4)。 
高級住宅街のアッパー・ウエストサイドに住む元アーティストのジュディスは、ブロンドの髪に映えるオリエンタルなシースルーガウンを(写真7)
ゴージャスな印象からは「セックス・アンド・ザ・シティ」シリーズでシンシアが演じたミランダを思い起こす人もいるのでは?また、ニューヨークの社交界には欠かせないパーティに、ジョハンナはボディラインが強調される黒のマーメイドドレス(写真1)
ミミは背中が大胆にあいたミニドレス (写真5)
そしてジュディスは大ぶりの花柄が印象的な上品なネイビーのドレスを選択(写真3)
日常もドレスアップも、個性を生かしたファッションを楽しむのがニューヨーカー流だ。

衣装を担当したのは『イングリッシュ・ペイシェント』(96)でオスカー受賞歴を持つアン・ロス。彼女は『めぐりあう時間たち』(02)、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(11)、『ヤング・アダルト・ニューヨーク』(14)などNYに暮らす人物が登場する作品の衣装を手掛ける、まさにNYファッションを熟知した人物。今回アンは各キャラクターを形作るため、ファスト・ファッションチェーンH&Mからオートクチュールまで幅広く調達し、NYに住むキャラクターをリアルに描くことに成功している。

映画情報どっとこむ ralph 劇中には今回解禁された以外の衣装も登場するので、本編で是非確かめて!!

さよなら、僕のマンハッタン
原題:The Only Living Boy in New York

4月14日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国順次公開

公式サイト:www.longride.jp/olb-movie/ 

大学卒業を機に親元を離れたトーマスは、風変わりな隣人W.F.ジェラルドと出会い、人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せるミミと行ったナイトクラブで、父と愛人ジョハンナの密会を目撃してしまう。W.Fの助言を受けながらジョハンナを父から引き離そうと躍起になるうちに、彼女の底知れない魅力に溺れていく。退屈な日々に舞い降りた二つの出会いが彼を予想もしていなかった自身と家族の物語に直面させることになる・・・。

監督がインディペンデントに戻り、家族の素晴らしさを描いた『gifted/ギフテッド』を経て、『サマー』から8年ぶりに描くファン待望の青春ドラマ。退屈な毎日を送っていた青年が、おかしな隣人と父の愛人との出会いを経て、少しだけ大人へと成長する物語は、私たちに“子供でも大人でもなかった”あの頃の気持ちをほろ苦い青春の記憶と共に思い出させてくれる。

悩める主人公トーマスを瑞々しく演じるのは2018年冬公開『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に出演が決定した大注目の若手英国俳優カラム・ターナー。他、ジェフ・ブリッジス、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、『DOPE/ドープ!!』などで人気急上昇中の若手女優カーシー・クレモンズなど新旧豪華キャストが共演を果たした。

***********************************

監督:マーク・ウェブ
脚本:アラン・ローブ
出演:カラム・ターナー、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、ジェフ・ブリッジス、カーシー・クレモンズ 
劇中曲:「ニューヨークの少年」 サイモン&ガーファンクル
2017年/アメリカ/英語/88分/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch
提供:バップ、ロングライド 配給:ロングライド
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC