「オラとニコデムの家」タグアーカイブ

山形国際ドキュメンタリー映画祭最高賞!『祝福~オラとニコデムの家~』ポスタービジュアルが到着


映画情報どっとこむ ralph 昨年2017年山形国際ドキュメンタリー映画祭において、最高賞であるロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)を受賞し、ヨーロッパで最も権威ある賞の一つであるヨーロッパ映画賞にも輝くなど、世界中で多数のドキュメンタリー賞に輝いた感動的な傑作『オラとニコデムの家』が『祝福~オラとニコデムの家~』の邦題で、6月下旬ユーロスペースを皮切りに全国順次公開することが決定。
そしてこの度、

「少女はこの世界に負けないように立っている。」

のキャッチフレーズと少女オラの眼差しが印象的なポスタービジュアルが到着しました。

舞台はポーランドのワルシャワ郊外の街。主人公は、酒で問題を抱える父親と自閉症の13歳の弟ニコデムと暮らす14歳の少女オラ。母は家を出て行ってしまい、家事をこなし、弟の面倒を見るのはもっぱらオラの役目だ。現実は厳しいが、弟の初聖体式(カトリック教会で、洗礼後に初めて聖体をいただく式)が成功すれば、もう一度家族がひとつになれると信じるオラの日々を描いている。


ザメツカ監督
「自分自身が、この映画の少女だった」
と語るザメツカ監督は、自分の経験を重ねながら、少女の日常を撮り続け、「少女の心の叫びを世界に伝えるための可能性であろうとした」と絶賛され、世界中の映画祭で多数の賞を受賞した。監督はこの映画を「帰る家を探している現実的なヘンゼルとグレーテルの物語」と言い、大人に守られず必死に生きている、この世界の子供たちへの優しくも透徹したまなざしが大きな感動を呼んだ。

祝福~オラとニコデムの家~
原題:Komunia
英語題:Communion

6月下旬ユーロスペースほか全国順次公開

***********************************


監督&脚本:アンナ・ザメツカ

2016|ポーランド|DCP|カラー|5.1ch|75分|
配給:ムヴィオラ 
©HBO Europe s.r.o.,Wajda Studio Sp. zo.o.Otter Films Wazelkie prawa zastrzeżone,2016


「ポーランド映画祭2017」開催決定!上映作品第一弾発表


映画情報どっとこむ ralph 今年6年目を迎えるポーランド映画祭2017ですが11月25日(土)—12月15 日(金)までの3週間、 東京都写真美術館にて開催することが決定しました。

そのポスタービジュアルも決まりました。

「ポーランド映画祭2017」

開催期間:11月25日(土)—12月15 日(金)
会場:東京都写真美術館にて開催!
公式 HP:
www.polandfilmfes.com

映画情報どっとこむ ralph また今回上映する作品の第一弾作品を発表します。

「夜行列車」や「尼僧ヨアンナ」などの作品を撮った、ポーランドを代表する映画監督のひとり、 イエジー・カヴァレロヴィッチ監督が亡くなってから今年で10年。 カヴァレロヴィッチの作品4作品をデジタル・リマスター版で上映します。

ポーリッシュ・シネマ・ナウ!(新しいポーランドの映画)よりは、つい昨日発表になった山形国際ドキュメンタリー映画祭で大賞を受賞した「オラとニコデムの家」。

そして、サン・セバスティアン映画祭でセンセーションを起こした子 供と大人の間の微妙な時をリアルに描いた力強い作品「プレイ・グラウンド」。

また社会主義政権下に700万部の発 行部数を記録した本の著者ミハリナ・ヴィスウォツカについての映画「アート・オブ・ラビング」の3作の新しいポーランド映画も上映します。

また12月に劇場公開が決まっている、ジェシカ・チャステイン主演映画「ユダヤ人を救った動 物園 アントニーナが愛した命」もプレミア上映します。第二弾作品発表は、10月20日(金)を予定しています。



第1弾作品発表:

イエジー・カヴァレロヴィッチ没後10年 「影」「尼僧ヨアンナ」「夜行列車」「太陽の王子ファラオ」 *デジタル・リマスター版での上映

ポーリッシュ・シネマ・ナウ! 「オラとニコデムの家」 「プレイ・グラウンド」 「アート・オブ・ラビング」「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」 他


***********************************

主催:ポーランド広報文化センター / CULTURE.PL / スコピャ・フィルム / マーメイドフィルム / VALERIA
後援:駐日ポーランド共和国大使館
配給:マーメイドフィルム
配給協力:コピアポア・フィルム
宣伝:VALERIA


山形国際ドキュメンタリー映画祭 大賞は『オラとニコデムの家』に決定!


映画情報どっとこむ ralph 10月5日(木)より行われてきました山形国際ドキュメンタリー映画祭2017(YIDFF)の受賞結果をお知らせ致します。

本映画祭は、1989年より隔年で開催され、記念すべき15回目を迎ました。今年は映画祭全体で161本の作品が上映されました。
2017年全作品の応募状況:128の国と地域から1791本。


名称:山形国際ドキュメンタリー映画祭2017
会期:10月5日[木]〜12日[木]8日間
会場:山形市中央公民館(アズ七日町)、山形市民会館、フォーラム山形、山形美術館、とんがりビルKUGURU ほか

公式HP: www.yidff.jp/home.html

映画情報どっとこむ ralph インターナショナル・コンペティション
121の国と地域から1,146本

ロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)

審査員:イグナシオ・アグエロ(審査員長)、ディナ・ヨルダノヴァ、ランジャン・パリット、七里圭

『オラとニコデムの家』
アンナ・ザメツカ監督

監督:アンナ・ザメツカ
ポーランド/2016/72分“Communion”Director:Anna ZameckaRepublicofPoland/2016/72min.

山形市長賞(最優秀賞)
『カーキ色の記憶』監督:アルフォーズ・タンジュール

優秀賞
『孤独な存在』監督:沙青(シャー・チン)
『私はあなたのニグロではない』監督:ラウル・ペック

特別賞
『激情の時』監督:ジョアン・モレイラ・サレス

映画情報どっとこむ ralph アジア千波万波
63の国と地域から645本

審査員:テディ・コー、塩崎登史子

小川紳介賞

『乱世備忘—僕らの雨傘運動』
陳梓桓

監督:陳梓桓(チャン・ジーウン)
香港/2016/128分“Yellowing”Director:Chan Tze-WoonHong Kong/2016/128min.


奨励賞
『人として暮らす』監督:ソン・ユニョク
『あまねき調べ』監督:アヌシュカ・ミーナークシ、イーシュワル・シュリクマール

特別賞
『パムソム海賊団、ソウル・インフェルノ』監督:チョン・ユンソク
『翡翠之城』監督:趙德胤(チャオ・ダーイン/ミディ・ジー)

市民賞
『ニッポン国VS泉南石綿村』監督:原一男

日本映画監督協会賞
『あまねき調べ』監督:アヌシュカ・ミーナークシ、イーシュワル・シュリクマール

***********************************