「オドレイ・トトゥ」タグアーカイブ

石丸幹二 観客へ花束と愛を捧ぐ!『エタニティ 永遠の花たちへ』


映画情報どっとこむ ralph 9月30日(土)公開のフランス映画『エタニティ 永遠の花たちへ』。

本作はオドレイ・トトゥ演じるヴァランティーヌからはじまり、脈々と続いていく愛と結婚の物語です。

公開記念トークショーとして、シネスイッチ銀座に石丸幹二さんをお迎えしてトークイベントが行われました。
フォトセッション時には抽選で選ばれた女性のお客様を壇上へお呼びし、花束を捧げながら永遠の愛の誓いを囁きました。

日付:10月1日(日)
場所:シネスイッチ銀座
登壇:石丸幹二

映画情報どっとこむ ralph 本作にジュエリーを提供したフランスのグランサンク(5大宝飾店)のひとつに数えられる、名門ジュエラー、ショーメ(CHAUMET)の「ダンディウオッチ」(1,879,200円)を身に着けて会場に現れた石丸さん。
入場時に石丸さんがお客様方へブーケを手渡しながら登壇!

MC:映画をご覧になった感想はいかがでしたか?

石丸さん:クラシック音楽にあふれています。セリフは少なく。庭園や美術館にいるような感じです。気分が穏やかになります。

MC:トラン・アン・ユン監督の作品は、初めてご覧になられたのですか?

石丸さん:「青いパパイヤの香り」は以前拝見しました。音楽の入れ方は共通していますね。

MC:ミュージカルの舞台からクラシックコンサートにも出演されている石丸さんですが、本作品ではどんなシーンの音楽が印象に残っていらっしゃいますか?

石丸さん:34曲使われています。中でも印象的な曲は、ドビュッシーの「アラベスク第一番」。ヴァランティーヌの幸せな家族のシーンにとてもマッチしていますね。そして、マリア・カラスの歌声が素晴らしい「ルイーズ」。生と死、人生、産まれること、いのち、の自然な流れが、曲の歌詞の内容ともリンクしています。そして、クラシック音楽の曲のあてかた。モーツアルト、リスト、ラヴェル・・・たくさん登場しますが、フランスの映画にはフランスの音楽が似合います。また、回想シーンにはほろっとしました。セリフが少ないだけに曲が心情を表現しています。

MC:ミュージカルでは、歌が台詞ですが、本作品は登場人物の台詞が極めて少なく、ナレーションと音楽が彼らの感情を表現しています。非常にユニークな演出ですが、どんな印象をもたれましたか?

石丸さん:映画は3回見ました。演出としては、ギターのシーンが印象的です。最初は夫が弾いていて、次は子どもが弾いていて。家族ってこんな風につながっていくのだと思いました。


映画情報どっとこむ ralph MC:また、本作の主人公たちは、愛する人と出会い、結婚し、家族を作り、ともに生きていくことをとても大事にしています。男性である石丸さんは、彼女たちの生き方をどうお感じになりましたか? また、独身の石丸幹二さんですが、結婚して家族を持つという人生を歩んでみるのはどうでしょう?

石丸さん:修道院にいく女性も登場しましたが、いろいろな人生がありますね。自分は芸術を生きる人生を選びましたが。
この映画では、男性が女性を守るという時代ですね。
それでも、女性がすごい。あらゆることに、耐えていける生き物だと思いました。

MC:強い女性といえばいまは小池百合子さんが浮かびますね。

石丸さん:小池百合子さん、前向きなエネルギーが素晴らしいと思います。

ここでお客様に、サプライスで石丸さんから花束をプレゼント。
石丸さん:この映画の中で好きなことばとしてお届けしたいです。「たとえ年老いて若さと美貌を失っても、振り向く男がいなくなっても、君を愛し続ける。」それぞれの女性に向けて発せられる言葉です。本質を表していると思います。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

石丸さん:人はどう生きるのか、わかってくる映画です。周りのかたに伝えたくなりますね。

映画『エタニティ 永遠の花たちへ』。

Eternity-Movie.JP 

物語・・・
ヴァランティーヌ(オドレイ・トトゥ)がジュールと結婚した理由は、19世紀末フランスの上流階級においては少し変わっていた。親が決めた婚約を自分で破棄したのだが、それでも諦めないジュールに初めて心を動かされたのだ。夫婦の愛は日に日に深まっていったが、病や戦争で子供たちを失ってしまう。

そんなヴァランティーヌに再び喜びをくれたのは、無事に成長した息子のアンリと幼なじみのマチルド(メラニー・ロラン)の結婚だった。

マチルドの従姉妹のガブリエル(ベレニス・ベジョ)と夫も頻繁に訪れるようになり、大家族のような賑やかで幸せな日々が続く。だが、運命は忘れた頃に意外な形で動き始める──。

***********************************

監督:トラン・アン・ユン
出演:オドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニス・ベジョ、ジェレミー・レニエ、ピエール・ドゥラドンシャン 

2016年/フランス=ベルギー合作/フランス語/カラー/シネマスコープ/1時間55分
配給:キノフィルムズ
(c) Nord-Ouest
       


『エタニティ 永遠の花たちへ』美しい3女優のウエディングシーン映像到着


映画情報どっとこむ ralph 9月30日公開の『エタニティ 永遠の花たちへ』。

ベトナムやアジアを舞台にした『青いパパイヤの香り』『夏至』『ノルウェイの森』で知られるトラン・アン・ユン監督が、オドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニス・ベジョらフランス女優を主演に迎えた初めての映画です。
本作は、運命に生きる3人の女性たちを通して命が受け継がれていく様を描き、“生”の素晴らしさを感じさせる、大いなる人生讃歌の映画です。
この度、オドレイ、メラニー、ベレニスのそれぞれのウェディングシーンの映像が解禁となりました。

ドレスは役柄が生きた時代、キャラクターに合わせてタイプが異なっていて・・・

オドレイ演じるヴァランティーヌはレースの手袋をはめ、ベールにはリボンと花があしらわれ、首元まで覆われたドレスはトレーンを引きずる長さでクラシックな美しさ。
 
彼女の息子と恋愛結婚するメラニー演じるマチルドは、顔まで覆うベールに指先を出した手袋、花の刺繍をあしらった透け感のあるチュールのウェディングドレスはシューズが少しみえ、モダンな印象です。

マチルドの親友で、許嫁と結婚するガブリエル(ベレニス)は、一見ティアラを載せているようにみえるベールと胸元は美しい首を強調するV字型のレースで彩られ、肌が透けてみえる繊細なレースで覆われた手首にはくるみぼたんが並び、新時代と旧時代の美しさがあわさったようなデザイン。

ヴァランティーヌとマチルドはカトリック教会で結婚式をあげるシーンですが、ガブリエルは式を終えたのち初夜を迎える直前の初々しい場面です。

映画情報どっとこむ ralph ちなみに、隅々まで美学を追求することで知られるトラン・アン・ユン監督ですが、

ベレニス・ベジョは今回の撮影について

ベジョ:過剰な演技はしていないのに、何をやってもオーケーが出ない。しまいには「もう十分よ、ユン!私はモノじゃない人間よ。私の肘の角度にそんなにこだわりがあるのなら、アニメを撮ればいいわ。そうすれば全てをコントロールできるでしょうよ!」と私は叫んでたわ。それから私は落ち着いて、私の動きの全てを演出指導するようユンに求めたの。私のルーツはラテン(ブエノスアイレス生まれ)です。だからアジアが南アメリカに出くわしたりすれば、物事は爆発することになるのです!

本作の衣装デザインは、『潜水服は蝶の夢を見る』(07)でアメリカ衣装デザイナー組合賞にノミネートされた経験を持つオリヴィエ・ベリオとともに、監督の妻であり、『青いパパイヤの香り』(93)や『夏至』(00)などでヒロインを務めた元女優のトラン・ヌー・イェン・ケーが手がけています。

物語・・・
ヴァランティーヌ(オドレイ・トトゥ)がジュールと結婚した理由は、19世紀末フランスの上流階級においては少し変わっていた。親が決めた婚約を自分で破棄したのだが、それでも諦めないジュールに初めて心を動かされたのだ。夫婦の愛は日に日に深まっていったが、病や戦争で子供たちを失ってしまう。そんなヴァランティーヌに再び喜びをくれたのは、無事に成長した息子のアンリと幼なじみのマチルド(メラニー・ロラン)の結婚だった。マチルドの従姉妹のガブリエル(ベレニス・ベジョ)と夫も頻繁に訪れるようになり、大家族のような賑やかで幸せな日々が続く。だが、運命は忘れた頃に意外な形で動き始める。
Eternity-Movie.JP 
facebook: kinofilms.kinofilms

***********************************

監督:トラン・アン・ユン 
出演:オドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニス・ベジョ、ジェレミー・レニエ、ピエール・ドゥラドンシャン

2016年/フランス=ベルギー合作/フランス語/カラー/シネマスコープ/1時間55分
配給:キノフィルムズ/木下グループ  
(c) Nord-Ouest