「オトトキ」タグアーカイブ

THE YELLOW MONKEY、松永大司監督登壇舞台挨拶「オトトキ」ミッドナイト先行上映


映画情報どっとこむ ralph この復活劇の1年間を追いかけたのは松永大司監督。
一年間密着の末、最後に監督が仕掛けたのは、彼らの原点とも言えるライブハウス、渋谷 La.mamaでの無観客ライブ。 彼らは一体誰のために歌っているのか?バンドを続けるということはどういうことなのか?​

彼らの迫力あるサウンドと、貴重な過去映像、関係者のインタビューとともにTHE YELLOW MONKEYを感じる映画『オトトキ』。​

公開日の前夜である本日10日夜、新宿バルト9シアター9にて、ミッドナイト先行上映&THE YELLOW MONKEYのメンバー、松永監督が登壇する舞台挨拶イベントを行いました。

映画「オトトキ」ミッドナイト先行上映&舞台挨拶​
日時:11月10日(金)
場所:新宿バルト9 ​
登壇:THE YELLOW MONKEY(吉井和哉、菊地英昭、廣瀬洋一、菊地英二)+松永大司監督

映画情報どっとこむ ralph
本ドキュメンタリーを撮るにあたって感じたこと​

廣瀬さん:最初この企画の話を聞いたのが再集結したばかりのライブのリハ中でそれどころじゃなかった。目の前のことに夢中というか。そんなタイミングがうまく結びついたのと、自分自身をさらけ出したのもあってリアルなドキュメンタリーになってると思うな。

菊地(昭)さん:松永監督は空気になるタイプなんだよね。すんなり撮ってるから僕らもカッコつけてないところが多い。真の僕らを見てもらえると思う。

吉井さん:見ていただければわかると思うけど、我々は家族なんじゃないかなって。僕は問題を起こす三男坊ね(笑) 3人にずっと助けてもらって、ここまでこれたなって感じました。

菊地(二)さん:ドキュメンタリーってヘビーになりがちだと思っていたから、再集結してハッピーな1年だからどうなるだろうと思ったね。監督が僕のオブラートのようなものをはがしてくれました。構えていない、素の自分を映し出してくれた。

松永監督:イエローモンキーを知らない人にも彼らの魅力が届けばいいなと思っています。自分が感じた彼らの魅力を伝えたいですね。​

映画情報どっとこむ ralph 11月20日まで伊勢丹新宿店隣接のイセタンウエストⅡで行われている期間限定ギャラリー&ショップで展示されているメンバーの私物を紹介する一幕も。

吉井さんはツアー中の楽屋を賑わすトランペット、菊地(二)さんはバンド結成後間もない頃のライブ時やリハーサル音源を録りためたカセットテープ、廣瀬さんは本編にも登場するシルバーアクセサリー、菊地(昭)さんは昨年のライブでも使用した白いギターをそれぞれ紹介しなました。​

私物にまつわるエピソードを笑いを交えつつ話しているうちに、時刻は11月11日の24時に。無事公開初日を迎えたことをMCが伝えると、会場からは暖かな拍手が送られました。


最後に・・・​
松永さん:これだけのお客さんが集まってくれてとても嬉しいし、パワーをもらえますね。彼らの魅力が詰まった作品になっているので、楽しんでください」。

菊地(二)さん:みなさんにいま『生まれてきてよかった』と伝えたいです。ライブ中、吉井に“イエローモンキーのドラムを叩くために生まれてきた男”と紹介された時にもそう思いました。映画を見るとわかるけれど、両親にも伝えたい。いま当たり前のようにメンバーに囲まれて、映画を撮ってくれた松永監督がいて、その中で自分もこうしていられる。みんなに感謝しています。再集結して1年間、いろいろなことがあったけれど、監督には引き続き僕らを撮り続けて欲しいですね(笑)。

なお、ギターの菊地(昭)が映画のために書き下ろした主題歌「Horizon」は11月29日(水)に配信リリースされることも発表された。

『オトトキ』  

映画公式サイト
theyellowmonkey-movie.jp ​

Twitter:
@OTOTOKI_MOVIE  
Instagram:
https://www.instagram.com/ototoki_movie/
Facebook:
OTOTOKI.MOVIE ​

***********************************


出演:THE YELLOW MONKEY / 吉井和哉 菊地英昭 廣瀬洋一 菊地英二  

監督:松永大司​

制作プロダクション:ブースタープロジェクト  
配給:ティ・ジョイ​
製作:映画「オトトキ」製作委員会  
©2017映画「オトトキ」製作委員会​


映画『オトトキ』ミッドナイト先行上映開催決定!THE YELLOW MONKEY登壇決定!


映画情報どっとこむ ralph ミッドナイト先行上映開催決定!公開直前の 11/10(金)THE YELLOW MONKEYが、新宿バルト9に登場!!ファンクラブ限定生配信!

この度、15年振りに再集結した日本が誇るロックバンド THE YELLOW MONKEY の2016年のツアーに密着した映画『オトトキ』が、劇場公開日の前夜に、新宿バルト9シアター9にて、ミッドナイト先行上映&THE YELLOW MONKEYのメンバー、松永監督が登壇する舞台挨拶イベントの開催が緊急決定しました!!

日本が誇るロックバンド“THE YELLOW MONKEY”のドキュメンタリーフィルム!

当日は、上映前にTHE YELLOW MONKEYと松永監督の舞台挨拶を実施、その模様をファンクラブ限定で生配信いたします!彼らの迫力あるサウンドと、貴重な過去映像、関係者のインタビューとともにTHE YELLOW MONKEYを感じる映画『オトトキ』を是非劇場の大きいスクリーンでご覧ください!
映画情報どっとこむ ralph 映画「オトトキ」ミッドナイト先行上映&舞台挨拶
日時:11月10日(金)23:30から11月11日(土)2:05AM頃
舞台挨拶23:30~0:00AM
上映開始0:00 上映終了2:05AM頃
場所:新宿バルト9 シアター9
【チケット】 価格:2,500円(税込) 11月3日(金・祝)AM0:00 ※2日(木)24:00 より販売開始 KINEZOEXPRESS(h@p://kinezo.jp/pc/event_schedule/wald9)

※販売日より上映日3日前まではクレジットカード決済のご利用となります。 現金・モバイルSuica・U-NEXTポイント決済ご利用のお客様は上映日の2日前よりご利用頂けますが、 満席になり次第販売は終了となります。
※残席がある場合のみ、同日劇場OPEN時より劇場窓口でも販売致します。
※KINEZO EXPRESSのご利用には事前に「オンラインチケット予約KINEZO」の会員登録が必要です。
※特別興行につきムビチケはご使用頂けません。予めご了承ください。

<注意事項>
※イベントの進行状況等により終了予定時刻が大幅に前後する場合もございます。
※登壇者は予告なく変更となる場合が御座います。予めご了承ください。
※東京都の条例により、23時以降に終了する作品には保護者同伴であっても18歳未満の方のご入場はお断りいたします。
※転売・転用を目的としたご購入は、固くお断りいたします。
※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
※場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音等は、固くお断りいたします。 保安上、入場時に手荷物検査を行う場合がございますこと、予めご了承ください。
※当日、マスコミ・メディアの撮影が入る可能性がございます。 その際、お客様が映像等に映り込む可能性がございますこと、予めご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph 映画『オトトキ』公開記念

15年振りに再集結した日本が誇るロックバンド“THE YELLOW MONKEY”の2016年のツアーに密着した本作のタイトルが、「オトトキ」に決定!2017年11月11日(土)より、全国公開。

【映画公式サイト】
theyellowmonkey-movie.jp

【映画公式SNS】
Twitter:@OTOTOKI_MOVIE

出演:THE YELLOW MONKEY / 吉井和哉 菊地英昭 廣瀬洋一 菊地英二
監督:松永大司
制作プロダクション:ブースタープロジェクト
配給:ティ・ジョイ
製作:映画「オトトキ」製作委員会
©2017映画「オトトキ」製作委員会

***********************************



THE YELLOW MONKEY「オトトキ」で東京国際映画祭レッドカーペット&舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 15年振りに再集結“THE YELLOW MONKEY”の2016年のツアーに密着した映画「オトトキ」が11月11日(土)より全国ロードショーとなります。

そして第30回東京国際映画祭では 特別招待作品としてジャパンプレミア上映、10月25日(水)に舞台挨拶、レッドカーペットセレモニーが行われました。​
日時:10月25日(水) 
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ、六本木ヒルズ​
登壇:THE YELLOW MONKEY (吉井和哉、菊地英昭、廣瀬洋一、菊地英二 ) 松永大司監督​

映画情報どっとこむ ralph 本日行われた第30回東京国際映画祭でのジャパンプレミア上映にて舞台挨拶&レッドカーペットセレモニーにTHE YELLOW MONKEYのメンバーと松永大司監督が登壇し、彼らを待ちわびたファンの声援に笑顔で応えました。​

第30回 東京国際映画祭 ジャパンプレミア上映の舞台挨拶にTHE YELLOW MONKEYのメンバー4人と松永監督が登壇。一般客への初披露の場である本上映のチケットは即完、彼らの登場を待ちわびた観客から歓声が上がりました。

​約800-900時間に及ぶ撮影で完成した本作を見た感想を​

廣瀬洋一:本当に赤裸々、洗いざらい丸裸にドキュメントされてる。裏側を全て見られてしまった!

菊地英昭:ライブとは違うので、気恥ずかしいような気分です。結構なところまで見られているから、もうなんでもアリかも。

吉井和哉:みなさん泣きました?泣くよね!僕は3回、泣きそうになりました。

菊地英二:松永監督のドキュメンタリーは独特だと思う。普通の映画だったら今こうしてこの舞台に立てていないので、感謝ですね。​

映画情報どっとこむ ralph メンバーからのコメントに、

監督:長い撮影でしたが、なるべく客観的に撮るために、身内にならないように気をつけていました。みんな魅力的なので、入り込まないのが大変でしたね。人に見せたくないような瞬間にも立ち会わせて頂き感謝しています。

と顔を綻ばせた。​“4Pしようぜ”のキャッチコピーが踊るポスターに話が及ぶと、

吉井さん:浅草の映画館のポスターみたい(笑)

と振り返る。​


最後に挨拶を求められた吉井さんと松永監督は、

吉井さん:今までのロックのドキュメンタリーとはまた違った新しい映画になっていると思います。キーワードは家族かな。50歳を超えたロックを仕事にしている男たちの葛藤をぜひ劇場に見に来てください。みなさん楽しめると思います!

松永監督 『オトトキ』というタイトルはいろんな意味を多く含んだタイトルに出来ればと思い、つけました。バンドを知らない人にも興味を持ってもらって、映画を楽しんでもらい、ライブにも足を運んで頂けたら嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 『オトトキ』

11月11日(土)より、全国公開


この復活劇の1年間を追いかけたのは、映画『トイレのピエタ』で数々の映画賞に輝くなど、今注目の新進気鋭の監督、松永大司。

一年間密着の末、最後に監督が仕掛けたのは、彼らの原点とも言えるライブハウス、渋谷 La.mamaでの無観客ライブ。 彼らは一体誰のために歌っているのか?バンドを続けるということはどういうことなのか?今後のTHE YELLOW MONKEYの行先を見い出すことは出来るのか?​

彼らの迫力あるサウンドと、貴重な過去映像、関係者のインタビューとともに​THE YELLOW MONKEYを感じる映画『オトトキ』。​

映画公式サイト:
theyellowmonkey-movie.jp ​
映画公式SNS:Twitter:
@OTOTOKI_MOVIE  
Instagram:
@ototoki_movie/
Facebook:
OTOTOKI.MOVIE

***********************************

出演:THE YELLOW MONKEY / 吉井和哉 菊地英昭 廣瀬洋一 菊地英二  監督:松永大司​
制作プロダクション:ブースタープロジェクト  
配給:ティ・ジョイ​
製作:映画「オトトキ」製作委員会  
©2017映画「オトトキ」製作委員会​


日本人ロックバンド初! THE YELLOW MONKEYが釜山国際映画祭のレッドカーペットに登場!映画『オトトキ』


映画情報どっとこむ ralph この度、15年振りに再集結した日本が誇るロックバンド“THE YELLOW MONKEY”の2016年のツアーに密着した映画『オトトキ』が、第22回釜山国際映画祭ワイド・アングル部門へ正式出品され、開幕式にて日本人ロックバンドとして初めてTHE YELLOW MONKEYが釜山国際映画祭のレッドカーペットに登場しました!


レッドカーペット歩行を終えて、メンバーコメント

吉井和哉さん: 初めてで緊張したんですけど、真面目すぎたかな。もう1回歩きたい。

菊地英昭さん:松永監督が撮るとなれば、何か待ち構えてるんじゃないかって思ってましたが、まさか釜山でこういう体験ができるとは!

廣瀬洋一さん:海を見渡せる感じなど、すごく映画と相性がいい街だなと思いました。いつかライブで来たいです。

菊地英二さん:素晴らしい作品ができて、こういう所までこれちゃうっていうのは、ロックを信じてやってきてよかったな。

映画情報どっとこむ ralph この映画主題歌となる新曲『Horizon』はギターの菊地英昭が作詞・作曲を担当。本作のために書き下ろされた楽曲が映画の世界観と深く共鳴しあい作品を彩ります。
また、今回の釜山国際映画祭ではスペースシャワーTVがオフィシャルカメラとしてザ・イエロ・モンキーに密着、その模様が11月5日(日)20:30〜21:00「THE YELLOW MONKEY ドキュメンタリー映画『オトトキ』公開記念SPECIAL」としてオンエア予定。(リピート放送あり:11月10日、11月18日)番組の詳細や視聴方法はこちらから。


日本が誇るロックバンド“THE YELLOW MONKEY”のドキュメンタリーフィルム!この復活劇の1年間を追いかけたのは、現代アーティスト・ピュ~ぴるのドキュメンタリー作品『ピュ~ぴる』や、2015年公開の自身初の長編劇映画『トイレのピエタ』で数々の映画賞に輝くなど、今注目の新進気鋭の監督、松永大司。

本作品は釜山国際映画祭でのワールドプレミア上映に続き、第30回東京国際映画祭においても特別招待作品としてジャパンプレミア上映が予定されています。


映画 『オトトキ』

【映画公式サイト】theyellowmonkey-movie.jp
【映画公式SNS】Twitter:@OTOTOKI_MOVIE

***********************************

出演:THE YELLOW MONKEY / 吉井和哉 菊地英昭 廣瀬洋一 菊地英二
監督:松永大司
制作プロダクション:ブースタープロジェクト

配給:ティ・ジョイ製作:映画「オトトキ」製作委員会
©2017映画「オトトキ」製作委員会


THE YELLOW MONKEY 「オトトキ」​釜山国際映画祭でワールドプレミア決定!


映画情報どっとこむ ralph ​第22回釜山国際映画祭にて“THE YELLOW MONKEY”の2016年のツアーに密着した映画「オトトキ」がワイド・アングル部門の特別招待作品としてワールドプレミア上映が決定しました!そして今回、本作の予告編が到着しました。



本作が正式出品されている釜山国際映画祭は、1996年に創設されたアジア最大の国際映画祭。10月12日に釜山シネマセンターで開幕式が行われ、主演のTHE YELLOW MONKEYと松永監督がレッドカーペットに登場、翌13日のワールドプレミア上映後に舞台挨拶登壇予定。日本のみならず、アジア圏のファンとの交流も期待です。​
また、一年間密着の末、最後に監督が仕掛けたのは、​彼らの原点とも言えるライブハウス、渋谷 La.mamaでの無観客ライブ。 彼らは一体誰のために歌っているのか?バンドを続けるということはどういうことなのか?今後のTHE YELLOW MONKEYの行先を見い出すことは出来るのか?​

彼らの迫力あるサウンドと、貴重な過去映像、関係者のインタビューとともにTHE YELLOW MONKEYを感じる映画『オトトキ』11月11日より全国公開となります!​


​特典付きムビチケ:9月30日(土)より発売開始 ​
絵柄・特典詳細・価格等詳細は近日公式HP等にてご案内致します。​
※一部劇場除く  ※ムビチケカードは対応劇場でのみ使用可能なカードタイプの前売券となります。​
当日上映料金:通常料金 ※料金設定は各上映劇場によって異なります。ご鑑賞いただく劇場のHP等にてご確認ください。​


『オトトキ』 

映画公式サイト:
theyellowmonkey-movie.jp ​

映画公式Twitter:
@OTOTOKI_MOVIE  

映画公式Facebook:
OTOTOKI.MOVIE

***********************************

出演:THE YELLOW MONKEY / 吉井和哉 菊地英昭 廣瀬洋一 菊地英二 

監督:松永大司​
制作プロダクション:ブースタープロジェクト
配給:ティ・ジョイ​
製作:映画「オトトキ」製作委員会  
©2017映画「オトトキ」製作委員会​
 ​