「オダギリジョー」タグアーカイブ

オダギリジョー、一分一秒も無駄に出来ない!『エルネスト』大ヒット御礼舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 今年2017年に没後50年を迎えたキューバ革命の英雄“エルネスト・チェ・ゲバラ”。

革命家、反帝国主義のカリスマとして、また、革新を想起させるシンボル。

そんな彼の“意志”に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を、日本・キューバ合作で描く映画『エルネスト』が現在、絶賛上映中。

公開後には

「オダギリさんのスペイン語に違和感はまったくなかった」「ゲバラの生き様がカッコよすぎる」「投票前に見たら平和革命が起きるはず!」「キューバ危機前後の当事者たちの空気感が伝わってくる良作!」と、オダギリの演技、阪本順治監督の演出、そして作品のストーリーそのものと映画『エルネスト』について、あらゆる角度から絶賛の声が上がっています。

そして、10月14日(土)に有楽町スバル座にて、大ヒット御礼舞台挨拶が行われました。

映画『エルネスト』大ヒット御礼舞台挨拶

日時:10月14日(土)
場所:有楽町スバル座
登壇:オダギリジョー、阪本順治監督

映画情報どっとこむ ralph 公開前からオダギリの全編スペイン語でのセリフ、12キロも減量して臨んだキューバロケなど、オダギリの作品に対する真摯な姿勢が多くの方々の胸を熱くしていた。


主演のオダギリジョー、阪本順治監督が登壇した。

阪本監督:東京や地方での舞台挨拶をオダギリ君と一緒に周らせていただき、今回が最後になります。さよならオダギリ君!

と会場を笑わせ、

阪本監督:広島に舞台挨拶へ行き、ヒロシマ平和映画賞受賞を一緒に分かち合えた。

と感慨深い表情で感謝した。
上映後の舞台挨拶ということで、作品を鑑賞されたお客様から熱い質問が飛び交う中、フレディ前村の役作りについて質問され

オダギリさん:髪の毛を一年半伸ばし続け、スペイン語も準備を入れたら約一年は習得に時間が掛かりました。爪と髭も三ヶ月ほど伸ばしっぱなしにしたので、生活に支障が出るほど大変でした。

と語り、

阪本監督:フレディ前村のご家族に映画化の許可を取りに行くところから始めました。フレディ前村のお姉さんであるマリーさんが、医者になろうとキューバに渡った弟が、武器を手に人を殺めるかもしれない道を選び、弟は苦しんでいたんじゃないかとおっしゃっていた。それを聞き、本作を戦争映画として描くのではなく、フレディ前村の学生時代にフォーカスしようと思いました。

と制作の過程と方針を語りました。

映画情報どっとこむ ralph また、二人にとってのチェ・ゲバラとは?

オダギリさん:カストロやカミーロもそうですが、日々の生活の送り方や生き方が全然違う。国のために、革命に身を捧げるなんて普通は出来ない。彼らの生き方を知ると、一分一秒も無駄に出来ないと思わされました。

阪本監督:キューバ革命を成功させた後、それなりの地位を得たにも関わらず、権力にしがみつかなかった。今の政治家とは大違いですね。

と皮肉交じりに語り、会場を沸かせていた。
また、《自分のすべきことは自分で考えろ》という劇中の台詞にちなみ、自分のすべきことをどう考えているのかという質問に対し、

オダギリさん:いつも、こういった舞台挨拶や取材で話す時、事前の準備はせずに、自分の思うことを話しています。感覚で行動していくタイプの人間なので、嘘をついてまで、上手くやり過ごそうとは思わない。このスタイルでこの先もやっていこうと思います。

と熱く語り、会場からは拍手が沸き起こった。
この発言を受け

阪本監督:自分から探し、自分から求めることにより、自分がやるべきことがわかってくる。オダギリ君とは逆です!(笑)。

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・・

オダギリさん:この作品は、40代を迎えた僕にとっての集大成だと思っています。この作品、僕が演じた役を越えるというのが、これから先の僕の課題だと思います。

と熱く語り、舞台挨拶は幕を閉じた。

映画『エルネスト』

TOHOシネマズ 新宿他 絶賛上映中です。是非。


***********************************

脚本・監督:阪本順治
出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス
配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分
(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS. 
   


『エルネスト』ヒロシマ平和映画賞!オダギリジョー、阪本順治監督献花


映画情報どっとこむ ralph 本日、【没後50年】を迎えたキューバ革命の英雄“エルネスト・チェ・ゲバラ”。

革命家、反帝国主義のカリスマとして、また、革新を想起させるシンボルとして今もなお世界中でゲバラの存在は明確に息づいている。そんな彼の“意志”に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村の知られざる生涯を、日本・キューバ合作で描く映画『エルネスト』が10月6日(金)より公開され、大反響を呼んでいます。

そして、チェ・ゲバラの命日である10月9日の本日、福岡愼二映像文化支援基金により2016年から広島国際映画祭に創設された賞、“ヒロシマ平和映画賞”を本作が受賞した旨が広島で行われた舞台挨拶イベントで発表されました。

映画『エルネスト』広島 舞台挨拶 概要  
日時:10月9日(月・祝) 
場所:サロンシネマ(広島)
登壇:オダギリジョー、阪本順治監督

この賞は、「ヒロシマ映画祭2017」開催期間中に上映される全作品(2016年以降制作された作品)を対象とし、ヒロシマの心を世界に発信することに最も寄与したと思われる作品を制作した者の、さらなる制作活動に対して贈られる。昨年は、『この世界の片隅に』(監督:片渕須直)が受賞。これを皮切りに、映画賞を独占、大ヒット映画となり今もロングラン上映が続いています。
阪本監督:平穏や平和な日々をそれほど多く描いてはいないし、平和を直接訴える映画ではないので、本当に頂いていいのかなと思いながら、広島の方に選んで頂いたというのが一番嬉しいです。

と感想を述べ、主演のオダギリジョーさんは

オダギリさん:広島は自分が生まれて育った岡山から近く、思い入れのある土地でもあるので、そこで賞を頂けるのはとても嬉しく思います。また平和の象徴である広島という場所に、この作品が少しでも寄り添えることができたのであれば非常にありがたいことだと思います。

と受賞の喜びを語りました。

またこの舞台挨拶に、松井一實(マツイカズミ)広島市長が駆けつけ、“憎しみだけでは勝てない”“世界は、変えられる。”というチェ・ゲバラの言葉を引用し、
松井市長:広島は被爆し大変な目に遭いました。当時は憎しみの気持ちがあったかもし知れないが、それを乗り越えて、皆が良い世界にするという想いを積み上げて今の広島がある。そのようなことを象徴するまさに平和賞に相応しい映画だと思います。

と祝福。こちらの授賞式は、11月26日(日)、「広島国際映画祭2017」閉幕式で行われる予定となっている。さらに、オダギリジョーさんと阪本順治監督は、この舞台挨拶後に広島平和記念公園を訪問し、原爆死没者慰霊碑に献花を行いました。

映画情報どっとこむ ralph 一方で、本日10月9日(月・祝)がゲバラの命日であることを受け、作家の海堂尊さんを迎えてのトークショーが有楽町スバル座でも実施された。海堂尊さんは大ヒット作『チーム・バチスタの栄光』で、『このミステリーがすごい!』大賞を受賞。また、『チェ・ゲバラ、その生と死』を書き下ろし、昨年6月にはゲバラを主人公に据えた長編四部作の第一部『ポーラースター ゲバラ覚醒』、そして本年10月5日に第二部『ゲバラ漂流 ポーラースター』を執筆。

映画『エルネスト』チェ・ゲバラ命日イベント 概要  
日時:10月9日(月・祝)12:40 イベントスタート
場所:有楽町スバル座(東京)
登壇:海堂尊

会場には、一般の観客も参加することのできるチェ・ゲバラの献花台が設けられ、多くの方がゲバラに思いを馳せ、献花する姿が見受けられた。

チェ・ゲバラの印象について問われ
海堂尊さん:ものすごく強烈に人を引きつける力が彼にはあった。だから、フレディもその磁場に惹きつけられたのだと思います。そして、ゲバラはフレディ前村に対して、同じ生き様を感じたのではないか」と語り、同じく壇上に設けられた献花台に花束を添えた。最後に「当時の背景を知るとさらに映画を楽しめると思います。私の作品も含めて楽しんでいただけると幸いです。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph チェ・ゲバラ没後50年である今年、今まで描かれることのなかったチェ・ゲバラとフレディ前村の生き様に是非!!

物語・・・

50年前、チェ・ゲバラに“エルネスト”と名付けられ、行動をともにした、ひとりの日系人がいた―。

キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男-は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。


TOHOシネマズ 新宿他全国で絶賛ロードショー中!

***********************************

脚本・監督:阪本順治

出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス

配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分
(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.



見果てぬ夢を見て何が悪い!?オダギリジョー『エルネスト』SPメイキング映像


映画情報どっとこむ ralph この度、阪本順治監督の最新作『エルネスト』が、10月6日(金)より全国公開となり、昨日はその記念としてオダギリジョー、永山絢斗、阪本順治監督が登壇する舞台挨拶が行われました!。

そして!

今回、革命に身を捧げるチェ・ゲバラと、チェ・ゲバラの意志を継いだ一人の日系人、フレディ前村を演じたオダギリジョー、広島に訪れたチェ・ゲバラを取材した、実在した新聞記者の森記者を演じた永山絢斗、本作のメガホンをとった阪本順治監督のコメントが入った、豪華なスペシャルメイキング映像が解禁となりました。

今回、解禁するスペシャルメイキング映像は、本編の映像とメイキング映像、そしてオダギリジョー、永山絢斗、阪本監督のコメントも入った、ボリューム満載の映像となっている。ゲバラから、ファーストネームの”エルネスト”の名を授かるシーン、ゲバラが広島に訪れ、平和祈念公園に献花するシーンや物語終盤のボリビアでの戦いなど、劇中で重要なシーンをメイキング映像と合わせて紹介する見応えのある映像となっている。

またコメントも収められており、本作のメガホンをとった阪本監督は、

阪本監督:まだ何も決まっていない状況で、諦めてしまっている人たちが日本だけじゃなくいると思う。その人達にゲバラの言葉《見果てぬ夢を見て何が悪い》をこの映画を通じて伝えたいです。

と作品に対する想いを語る。

オダギリさん:フレディのようにゲバラの志を持った名もなき戦士たちがたくさんいることは忘れたくないし、ゲバラだけを特別視したくない。

と語ったオダギリは、本作の撮影のために12kgの減量をしていたこともあり、かなりやせているのがわかります。

映画情報どっとこむ ralph 阪本監督の作品と聞いて、出演を即決したという永山さんは

永山さん:ちょっと違った視点からゲバラを見られるというのが、すごく新鮮ですし、ゲバラを知らなかった人も楽しめる作品になっていると思います。

本作の出来栄えを自信たっぷりに語っている様子も収められています。

また、全編スペイン語での演技に挑んだオダギリの流暢なスペイン語も披露。

劇中、ゲバラの言葉である《見果てぬ夢を見て何が悪い》とフレディ前村が叫ぶシーンで本映像は締めくくられているが、ゲバラの意志を継いだ、強い信念に満ちた演技は鬼気迫るものであり、本作への並々ならぬ想いが伝わってきます。

エルネスト

10月6日(金)TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー中。

映画情報どっとこむ ralph この映画は、キューバ革命の英雄エルネスト・チェ・ゲバラからファーストネームである”エルネスト”と名付けられ、行動を共にした、ひとりの日系人、フレディ前村の物語であり、チェ・ゲバラの意志に共感し、革命に身を捧げていくフレディ前村が理想の社会に向かって戦う姿に、魂を揺さぶられる。

50年の時を越え、“理想”を追い求めた男たちの物語を現代に甦らせるのは、『人類資金』や『北のカナリアたち』など骨太な人間ドラマを描き、メッセージ性と芸術性に優れた作品の数々が各界から高い評価を受ける阪本順治監督。実在する人物を題材にするのは初めてとなる。そして医学生でありながらもチェ・ゲバラに共感し、信念の為に戦いに身を投じる日系ボリビア人<フレディ前村>を、阪本監督とは3度目のコンビとなる、世界の映画際で多数の賞を受賞してきたオダギリジョーが演じる。
彼は、2003年の「第56回カンヌ国際映画祭」コンペティション部門に出品された『アカルイミライ』で映画初主演を果たし、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(07)では日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。その他にも『マイウェイ12,000キロの真実』(12)や『FOUJITA』(15)など国際派の演技を披露し、海外でも高い評価を得る。 また、チェ・ゲバラが広島に来訪した際、唯一取材に同行した中国新聞社・森記者を、『ソフトボーイ』(10)で映画初主演を飾り、見事日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『ふがいない僕は空を見た』(12)でも主演を務めるなど、俳優としての地位を確実なものにした永山絢斗が演じる。

***********************************

脚本・監督:阪本順治
出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス

配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分

(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.


キューバの人の優しさ、無邪気さがまだずっと残っています オダジョー『エルネスト』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 今年2017年に没後50年を迎えるキューバ革命の英雄“エルネスト・チェ・ゲバラ”。

革命家、反帝国主義のカリスマとして、また、革新を想起させるシンボルとして今もなお世界中でゲバラの存在は明確に息づいている。そんな彼の“意志”に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を、日本・キューバ合作で描く映画『エルネスト』が10月6日(金)より全国公開中。

そしてこの度、公開翌日の10月7日(土)に、主演のオダギリジョーさん、永山絢斗さん、阪本順治監督を迎えての公開記念舞台挨拶が行われました!

日時:10月7日(土)
場所:TOHOシネマズ 新宿
登壇:オダギリジョー、永山絢斗、阪本順治監督

映画情報どっとこむ ralph 挑戦的な本作ですが、満席の舞台挨拶。

オダギリさん:初日から足を運んでいただきありがとうございます。

実は、ある先輩俳優から『エルネスト』に関してお褒めの言葉をいただきました。

こういう作品にいつも挑戦する姿勢が嬉しいし、こういう作品が作られるよう、お前が引っ張っていけ。

と言われました。

僕としてもこういう意義のある作品に参加することが出来て、役者冥利に尽きる。

と感謝の言葉からスタート。

映画情報どっとこむ ralph また本作を観終わったお客様に対し、
阪本監督:いろんな感想があるかと思いますが、何か気に入った場面があれば、胸に抱いてお帰りください。

と感慨深げに語った。また本作を撮るきっかけに高倉健の名を挙げて、

阪本監督:2013年に高倉健さんから、脚本を書かないかと言われた。その時、国籍や人種のお話を高倉さんがされていたのをヒントに脚本を書こうと思い、日系移民を調べていたら、フレディ前村の存在を知りました。その企画は無くなったのですが、高倉さんの言葉が無かったら僕はフレディ前村について知ることも無かったし、この映画も撮っていなかったと思います。

と語り、高倉健に感謝の意を述べると、

オダギリさん:僕も高倉さんに感謝していることがあって、実は高倉さんと誕生日が一緒なんです」と発言し、笑いを誘っていた。

キューバでの撮影について聞かれ

オダギリさん:キューバの人の優しさ、無邪気さがまだずっと残っています。資本主義の中で生活していると、お金中心で物事が回っている気がしますが、それとは全く違う価値観で社会が動いているのを感じて、色んなことを考えさせられました。キューバ人俳優は映画に対する姿勢も素晴らしく、日本映画に参加するという考えではなく、自分達の映画として参加してくれた。スタッフ・キャストの方には感謝しかありません。

と感謝の気持ちを伝えた。

本作で初めて阪本監督の作品に参加した

永山さん:阪本監督と一緒に仕事をしたいと思っていたので、ずっと緊張していましたけど、現場にいるのが楽しかったです。やはり阪本監督はカッコいい方だなと思いました。
と語り、

阪本さん:僕にとっても若い俳優さんと仕事するのは新鮮でした。あとは瑛太君より、昭和顔でしょ(笑)?中々50年代の役ができる若い俳優はいない。この間聞いたのですが、彼はスマホからガラケーに戻したらしいんですよ。

と話すと、会場からは驚きの声が上がった。

映画情報どっとこむ ralph また、25歳という若さで亡くなったフレディ前村にちなみ、オダギリさん、永山さん、阪本監督の25歳の頃の写真が紹介され、

オダギリさんは『アカルイミライ』(13)のころの写真を手に
オダギリさん:初めての主演映画だったので緊張しまくりでしたし、毎日全力を出してやっていた。黒澤清監督に、〈オダギリさん、あんまり芝居しないでくれ〉と言われたこともあった。

今後目標について聞かれると、

オダギリさん:昨日ネットニュースでトピックに上がっていましたが、仕事せずに遊んで暮らすのが目標です。みなさんもそうでしょう?(笑)

と笑いながら語っていた。

映画情報どっとこむ ralph
最後に、本作の見どころについて、

オダギリさん:今の日本映画では珍しい作品だと思います。かなりリスクもあり、挑戦的な作品ですし。でも、10年後にまたこのような作品が作られるには、この時代の映画、本作の答えに掛かっていると思いますので日本映画界にとって意味のある作品だと思います。

阪本監督:僕としても、こんな清らかな映画を撮るのは初めてです。政治家が笑えない喜劇を演じるこの時代で、こういうまっすぐな映画があってもいい。

と語り、舞台挨拶を締めました。

エルネスト

10月6日(金)TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー

***********************************

脚本・監督:阪本順治
出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス
配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分
(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS. 


阪本順治監督登壇!『エルネスト』キューバ大使館主催試写会


映画情報どっとこむ ralph 今年2017年に没後50年を迎えるキューバ革命の英雄“エルネスト・チェ・ゲバラ”。

彼の“意志”に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を、日本・キューバ合作で描く映画『エルネスト』が10月6日(金)に公開となります。

昨日の日本外国特派員協会で『エルネスト』記者会見に続いて2日続けてのイベントは・・・キューバ大使館が主催する試写会。邦画作品の上映と日本人の登壇は初の試みだそう。

会場もキューバと日本の合作となる本作と言うことで、スペイン語圏文化の日本での普及を目的にスペイン政府が設立したセルバンテス文化センターにて行われました。

『エルネスト』キューバ大使館主催試写会
日時:9月20日(水)
場所:セルバンテス文化センター
登壇:阪本順治監督

映画情報どっとこむ ralph 上映前に、本作で広島を訪問した際に、ゲバラの通訳をした県庁外事課矢口役を演じた、田中幸太朗にスペイン語の指導も行ったというセルバンテス文化センター館長のヴィクトル・ウガルテ氏、本試写会の主催であるキューバ大使館特命全権大使カルロス・M・ペレイラ氏と、本作の監督を務める阪本順治が登壇した。

キューバ大使のカルロス・M・ペレイラ氏は、

ペレイラ氏:チェ・ゲバラ作品の多くは、ゲリラ戦士としての側面に焦点を当てたものが多かったが、『エルネスト』は、フレディ前村の物語を通じてチェの生涯の一幕を取り上げています。

と本作の特徴を語り、

ペレイラ氏:今作は、観る者の感情を呼び覚ます働きをもっている、若きフレディの行動に日本人の特性を見出す方もいるのではないか。

と本作の魅力を語った。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、

ペレイラ氏:映画監督の阪本順治です。

とスペイン語の挨拶で阪本順治監督が登場。

監督自身が、フレディ前村氏の姉、マリー氏とお会いした際、

阪本監督:弟は、人を助けるためにキューバに行ったのに、銃をもって人を殺めるかもしれない、きっとその狭間で苦しんでいたのではないか。

と仰っていたことを聞いて、

阪本監督:この映画を作るにあたり、戦闘シーンに重きをおくのではなく、彼がキューバに渡ってからの誰にでもある学生生活を中心に映画を製作した。

と製作秘話を語った。

映画情報どっとこむ ralph 『エルネスト』

10月6日(金)TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー

また、来日予定だった本作の原案書『チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯~革命に生きた侍~』の著者であるエクトル・ソラーレス前村氏からのメッセージもいただき、

阪本監督:フレディ前村の生き方は、まっすぐでありながら、強い情熱に包まれていた、人の役に立ちたいという気持ちが、貧しい人々のための医者になる夢をフレディに抱かせるようになった。彼は、幼い頃から社会の不正義に反応してきた、その記憶が、ゲリラに身を投じる動機づけになった。その人生は、正義感に溢れ、気高く、確固たるものでした。人間とその美徳を信じたからこその人生でした。

とフレディ前村氏に対する熱い思いが届けられ、これから作品を観る来場者たちの期待を高めるメッセージとなった。

***********************************

脚本・監督:阪本順治
出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス
配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分
(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.