「オダギリジョー」タグアーカイブ

オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』第一弾ポスター&特報解禁


映画情報どっとこむ ralph オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』の初日が9月13日(金)に決定し、あわせて第一弾ポスターと特報が解禁となりました。

今回解禁となった第一弾ポスターは、映画のキーカラーでもある「赤」をベースに、広大な河でひとり舟を漕ぎ進む船頭トイチの姿を切り取ったインパクトあるビジュアルとなっている。

また併せて解禁された特報では、ティグラン・ハマシアンによる弦とピアノの旋律に乗せて撮影監督クリストファー・ドイルが捉えた日本の原風景が映し出され、まさに息を呑む美しさで映画の世界観が垣間見える内容。台詞の一切無いこの特報は、「一艘の舟。すべてはそこから始まる。」というキャッチコピーとともに締め括られ、そこにはオダギリ監督の「舟に乗り込む客にはそれぞれに理由があり、船頭が彼らにどのように関わっていくのかを丁寧に描きたかった」という思いが込められている。

物語の全容はまだヴェールに包まれているが、次なる情報に期待が募る映像となっている。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ある船頭の話

は9月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国ロードショー。
公式HP:
http://aru-sendou.jp

公式Twitter:
@sendou_jp

近代産業化とともに橋の建設が進む山村。
川岸の小屋に住み船頭を続けるトイチは、村人の源三が遊びに来るとき以外は黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送っていた。そんな折、トイチの前にひとりの少女が現れ、トイチの人生は大きく変わっていく―。

主人公の船頭トイチを演じるのは日本を代表する名優・柄本明。ヒロイン役には川島鈴遥を抜擢。そして村人・源三役には、若手実力派・村上虹郎が出演。この他にも本作が初長編監督となるオダギリジョーのもとに超豪華なキャスト、さらに国際派スタッフが集結。撮影監督にクリストファー・ドイル、衣装デザインには『乱』で米アカデミー賞®を受賞したワダエミ、そして世界を舞台に活躍するジャズ・ピアニスト、ティグラン・ハマシアンが映画音楽に初挑戦。

<STORY>
とある川で、村と町を繋ぐため船頭を続けるトイチ(柄本明)。村人の源三(村上虹郎)が遊びに来るとき以 外は、 黙々と渡し舟を漕ぐ日々を過ごしていた。川上では橋が建設中で、人々は皆完成を心待ちにしている。

そんな折、トイチの前に現れた一人の少女(川島鈴遥)。
トイチは、何も語らず身寄りもない少女 と一緒に暮らし始めるが、それがトイチの人生を少しずつ狂わせていく……。

***********************************

脚本・監督:オダギリ ジョー
出演:柄本明、川島鈴遥、村上虹郎
撮影監督:クリストファー・ドイル
衣装デザイン:ワダエミ
音楽:ティグラン・ハマシアン

配給:キノフィルムズ/木下グループ © 2019「ある船頭の話」製作委員会


松本穂香×渋川清彦『酔うと化け物になる父がつらい』恒松祐里・濱正悟・浜野謙太ら追加キャスト解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 菊池真理子先生著:家族崩壊ノンフィクション「酔うと化け物になる父がつらい」。
アルコールに溺れる父を持つ作者の実体験によるコミックエッセー。

父は毎日アルコールに溺れ、母は新興宗教信者。そんな両親のもとに生まれた主人公は、酔って化け物となった父の奇行に悩まされ、母の孤独に触れながら、崩壊していく家族の中で、がむしゃらに未来を見つけていく…。

先日の映画化決定で・・・

松本穂香×渋川清彦のダブル主演解禁、母親役にともさかりえ、妹の田所フミ役に今泉佑唯の出演発表に続き、この度出演キャストを一挙解禁!

映画情報どっとこむ ralph 主人公・田所サキの親友・ジュン役に恒松祐里。
恒松祐里コメント
サキの《自称》親友役のジュンを演じさせて頂きました!恒松祐里です。ジュンは明るくてお節介おばさんのような一面のある子でした。そのオバさん感を出す為に撮影中は家でひたすらおばさんの動画を検索して役作りをしました。
家庭環境の影響で人に対して心を開きにくくなってしまったサキの心の中に、いつのまにかズカズカ入り込んでいるジュンでいれたら良いな、そんなジュンが少しでもサキの心を温められたらいいなと思いながら演じました。


エリート彼氏の中村聡役に濱正悟。
濱正悟コメント
原作、台本を読ませて頂き、お酒を呑む機会が多い自分にとって、よく考えるべきテーマだと感じました。
戦隊ドラマ出演後、初のお芝居の現場で非常に刺激的な役どころでした。未熟なりに精一杯、中村聡を演じさせて頂きました。短い期間でしたが、片桐組に、そして素敵な現場で素敵な方々とご一緒させて頂き、本当に感謝です。
是非、劇場にてご覧下さい!!


田所トシフミの同僚・木下役に浜野謙太。
<濱正悟コメント>
原作、台本を読ませて頂き、お酒を呑む機会が多い自分にとって、よく考えるべきテーマだと感じました。
戦隊ドラマ出演後、初のお芝居の現場で非常に刺激的な役どころでした。未熟なりに精一杯、中村聡を演じさせて頂きました。短い期間でしたが、片桐組に、そして素敵な現場で素敵な方々とご一緒させて頂き、本当に感謝です。
是非、劇場にてご覧下さい!!


映画情報どっとこむ ralph また、父・田所トシフミの麻雀仲間の3人組、白石に宇野祥平、發田に森下能幸、中谷に星田英利、そして彼らが集うスナック「幸子」のママに安藤玉恵が決定し、実力派俳優が集結。酒とタバコと麻雀が欠かせない彼らの、息の合った宴が見どころだ。

そしてこの度、物語の鍵となる「ある場面」にオダギリジョーが出演決定!


『酔うと化け物になる父がつらい』

2019年度全国公開予定

映画公式Twitter:
@youbake_movie

映画公式HP:
http://youbake.official-movie.com

***********************************


出演:松本穂香 渋川清彦
今泉佑唯 恒松祐里 濱 正悟
安藤玉恵 宇野祥平 森下能幸 星田英利 オダギリジョー
浜野謙太 ともさかりえ

監督:片桐健滋(映画&ドラマ『ルームロンダリング』)

脚本:久馬歩(プラン9)、片桐健滋
原作:菊池真理子『酔うと化け物になる父がつらい』(秋田書店刊)
制作プロダクション:CREDEUS
制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー、MBS
製作:「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会
配給:ファントム・フィルム



川島鈴遥を抜擢!オダギリジョー監督演技法を数ヶ月かけて詰め込んだ!『ある船頭の話』


映画情報どっとこむ ralph オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が9月より新宿武蔵野館ほかにて全国公開となります。

先に発表された主演の柄本明さん、共演の村上虹郎さんに続きこの度、川島鈴遥さんがオダギリ組に参加していることが発表となりました。

川島さんは、とある山村で川岸の小屋に住み黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送っていた船頭トイチ(柄本明)の前に現れる傷ついた少女を演じる。トイチは、なんとか一命を取りとめたが何も語らず身寄りもない少女と一緒に暮らし始めるが、それがトイチの人生を少しずつ狂わせていく……。つつましく生きてきたトイチと出会う謎めいた少女という重要な役どころとなっています。


川島さんは、100人以上の中からオーディションを重ねて選ばれ、オダギリジョー監督曰く

監督:『自分と似ているなぁ』というのが、彼女を選んだ理由のひとつだったと思います。ざっくり言うと、同じようなタイプの俳優です。そんな彼女に、僕が学んだ演技法を数ヶ月かけて詰め込みました。今や僕なんかよりずっといい俳優になっちゃっています(笑)

と語っています。

映画情報どっとこむ ralph 川島さんは本作の参加について
川島さん:この役が決まった時、初めは本当にびっくりして実感が湧きませんでした。撮影に向けての演技レッスンでオダギリ監督に初めてお会いした時に、これは現実なんだとオーディションに受かった事を実感し、同時に不安と緊張を抱きました。その気持ちの中で自分の演技をすることに必死だったので、上手くいかないことや悩むこともたくさんありました。それでも、オダギリ監督を始め柄本さんなど沢山の大先輩の方々に支えてもらい、体当たりのつもりで撮影に挑みました。どんなお芝居も みなさんが受け止めてくださるので、これでいいんだと安心して演じることができました。そして、今改めて幸せで贅沢な時間だった事に感謝しています。

と意気込みを語っている。

映画情報どっとこむ ralph ●川島鈴遥(かわしまりりか)/少女役
栃木県出身、2002年3月17日生まれ。
10年、デビュー。Huluオリジナル連続ドラマ「フジコ」、WOWOW連続ドラマ W「賢者の愛」、CX系ドラマ「ウツボカズラの夢」、映画『望郷』(17年/菊地健雄監督)などに出演。
映画情報どっとこむ ralph ある船頭の話

新宿武蔵野館ほか全国公開

公式HP:
http://aru-sendou.jp


主人公の船頭トイチ役に日本を代表する名優、柄本明。主演としては2008年公開『石内尋常高等小学校 花は散れども』(新藤兼人監督)以来、11年振りとなる。そして人懐っこい笑顔でトイチのもとに遊びに来る村人・源三役には、映画・テレビ・舞台と出演作が目白押しの若手実力派・村上虹郎。この他にも日本映画を代表する顔ぶれが出演し脇を固める。俳優として海外でも精力的に活動してきたオダギリジョーのもとに、超豪華な国際派スタッフが集結。撮影監督は『ブエノスアイレス』『恋する惑星』などで知られるクリストファー・ドイル、衣装デザインには『乱』(黒澤明監督)で米アカデミー賞®を受賞したワダエミ、そして世界を舞台に活躍するアルメニア出身のジャズ・ピアニスト、ティグラン・ハマシアンが映画音楽に初挑戦。国境を越え個性派スタッフが集結しオダギリジョー本人が長年温めてきたオリジナル脚本で2019年の映画界に新たな光を灯す。

<STORY>
とある川で、村と町を繋ぐため船頭を続けるトイチ(柄本明)。村人の源三(村上虹郎)が遊びに来るとき以外は、 黙々と渡し舟を漕ぐ日々を過ごしていた。川上では橋が建設中で、人々は皆完成を心待ちにしている。 そんな折、トイチの前に現れた一人の少女(川島鈴遥)。

トイチは、何も語らず身寄りもない少女と一緒に暮らし始めるが、それがトイチの人生を少しずつ狂わせていく……。

***********************************

キャスト:
柄本明、村上虹郎、川島鈴遥

脚本・監督:オダギリジョー
撮影監督:クリストファー・ドイル
『恋する惑星』『ブエノスアイレス』『宵闇真珠』
衣装デザイン:ワダエミ
『乱』『サムライマラソン』
音楽:ティグラン・ハマシアン ※初映画音楽
配給:キノフィルムズ/木下グループ
© 2019「ある船頭の話」製作委員会


オダギリジョー長編初監督 柄本明x村上虹郎『ある船頭の話』全国公開決定!


映画情報どっとこむ ralph オダギリジョー長編初監督作品が1月11日(金)にクランクアップ。
タイトルは『ある船頭の話』に決定し、日本を代表する豪華キャスト陣もこの度解禁です。

主演は柄本明さん、共演に村上虹郎さんを迎え、9月より新宿武蔵野館ほかにて全国公開の運びとなりました。

橋の建設が進む山村。川岸の小屋に住み船頭を続けるトイチ(柄本明)は、村人の源三(村上虹郎)が遊びに来るとき以外は黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送っていた。そんな折、トイチの前にひとりの少女が現れ、トイチの人生は大きく変わっていく―。主人公の船頭トイチ役に、日本を代表する名優、柄本明。主演としては2008年公開『石内尋常高等小学校 花は散れども』(新藤兼人監督)以来、11年振りとなる。そして人懐っこい笑顔でトイチのもとに遊びに来る村人・源三役には、映画・テレビ・舞台と出演作が目白押しの若手実力派・村上虹郎。その他にも日本を代表する顔ぶれが出演(詳細は後日発表予定)。主な撮影は昨年の7~8月と今年1月に行われ、先日1月11日(金)にオールアップとなった。


映画情報どっとこむ ralph 『ある船頭の話』クランクアップコメント

●オダギリジョー監督
人が生きる上で、便利な物が増えていくのは必然だと思います。しかし同時に、文明の発展の陰で消え行く物も多いのではないでしょうか。便利になっていく一方で失ってしまう大切な何か。資本主義が競争社会を生み出し、いつの間にか変わってしまった『幸せ』の定義。一人の船頭を通して見つめる『本当に人間らしい生き方とは?』美しい日本の原風景を季節と共に切り取り描きたいと思っています。


●柄本明さん
オダギリジョー監督に船頭の役を頂きました。一生懸命演りました。見て頂ければ幸いです。


●村上虹郎さん
灼熱の日差しに焼かれながらも、雄大な川の上で柄本さんが漕いてくださる舟にたくさん乗りました。これでもかと言わんばかりの魅力的な集団の一員として、両極の季節を跨ぎ、夏はあの生き物とあんな事をして、冬はただただ寒くて死にそうで。柄本さんとは、この頃作品でお逢いし過ぎて毎度なんだよお前って煙たがられ、この作品でもずっと話しかけている役なのでそろそろ嫌われそうですが、時々話す英語がいきなりすぎたり、急にぽろっと哲学が出てきたり。とても贅沢です。容赦無く移りゆく景色と時間を優美に描くオダギリさんの脚本が、どう彩られているのか。おたのしみに。

映画情報どっとこむ ralph 国境を越えて集結、個性派スタッフにも注目!

撮影監督にクリストファー・ドイルさん、衣装デザインはワダエミさん、そして音楽はティグラン・ハマシアンさん!!

俳優として海外でも精力的に活動してきたオダギリジョーのもとに、超豪華な国際派スタッフが集結。撮影監督は『ブエノスアイレス』『恋する惑星』などで知られるクリストファー・ドイルさん、衣装デザインには『乱』(黒澤明監督)で米アカデミー賞®を受賞したワダエミさん、そして世界を舞台に活躍するアルメニア出身のジャズ・ピアニスト、ティグラン・ハマシアンさんが映画音楽に初挑戦。オダギリジョーさん本人が長年温めてきたオリジナル脚本で2019年の映画界に新たな光を灯す。
映画情報どっとこむ ralph 完成はこの春を予定です!

ある船頭の話

9月 新宿武蔵野館ほか全国公開

公式HP:
http://aru-sendou.jp

<STORY>
とある川で、村と町を繋ぐため船頭を続けるトイチ(柄本明)。村人の源三(村上虹郎)が遊びに来るとき以外は、 黙々と渡し舟を漕ぐ日々を過ごしていた。川上では橋が建設中で、人々は皆完成を心待ちにしている。 そんな折、トイチの前に現れる一人の少女。彼女はトイチの人生を大きく変えて行くことになる……。

***********************************


脚本・監督:オダギリジョー
撮影監督:クリストファー・ドイル 『恋する惑星』『ブエノスアイレス』『宵闇真珠』
衣装デザイン:ワダエミ 『乱』『サムライマラソン』
音楽:ティグラン・ハマシアン ※初映画音楽
出演:柄本明、村上虹郎 他

配給:キノフィルムズ/木下グループ
© 2019「ある船頭の話」製作委員会
  


オダギリジョー登壇!クリストファー・ドイル監督作品『宵闇真珠』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『ブエノスアイレス』『恋する惑星』など世界的撮影監督クリストファー・ドイルが監督を務め、現在シアター・イメージフォーラムほかにて絶賛公開中の『宵闇真珠』(読み:よいやみしんじゅ)が12月15日(土)に公開となり東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで開催された舞台挨拶に、主演のオダギリジョーさんが登壇。
劇中で使用されているオダギリジョー作曲による音楽も披露された。

日付:12月15日(土)
場所:シアター・イメージフォーラム
登壇:オダギリジョー

映画情報どっとこむ ralph 数々の名作で撮影監督を務めてきたクリストファー・ドイルからの主演オファーについて、

オダギリさん:僕らの世代からすると、クリストファー・ドイルとウォン・カーウァイのコンビは偉大な存在。その方から声をかけていただけたのは、嬉しかったし驚きました。

と喜びを口にする。

映像の魔術師が監督を務める現場はどのようなものだったのか?

オダギリさん:大変だったというよりも楽しかったです。

と話ます。その心は

オダギリさん:ほとんどテストもしないし、説明もなく『とりあえず、やってみようか』という感じなんです。(共演の)アンジェラ(・ユン)との2人でのシーンでも、とにかく1回、カメラを回して何が起こるか見てみようという感じで『いまのは○○だから、こう変えていこうか?』とか、やりながら作り上げていく感じでした。

と明かす。


映画情報どっとこむ ralph 本作のあるシーンで、オダギリさん自身が作曲した「JellyfishSyndrome」が使用されているが、オダギリさんの曲が使われることになった経緯も、撮影の現場同様に行き当たりばったりのよう。

オダギリさん:経緯ということもなくて(笑)、クリスとはよく飲みに行ってたんですが、そこで『いま何やってるの?』みたいな話になって、『最近、曲を作ってる』と話して、聴かせたら『使いたい』となった」とのこと。「軽いノリで飲み会で話してたことが実現されていく感じ(笑)。そういう感じですね、この作品自体が。最初から決まっていることなんて何もない――それが面白さだと思います。

とオダギリジョーも先の読めない展開の中で映画が制作されていくのを楽しんだとのことでした。

舞台挨拶では、その「JellyfishSyndrome」が改めて流され・・・、

オダギリさん:元の楽曲があって、それはジャズなんですが、自分でリミックスしました。(女性の)ボーカルだけで作っていて、ボーカルを加工してドラムやベースのように聴かせています。じっくり聴くようなものじゃないんですが…。

と楽曲に耳を傾ける観客を前に照れ笑いを浮かべていた。

宵闇真珠
原題:白色女孩
公式サイト:
https://yoiyami-shinju.com/


***********************************

出演:オダギリジョー アンジェラ・ユン
監督:ジェニー・シュン
監督&撮影:クリストファー・ドイル(『エンドレス・ポエトリー』)
英題:THE WHITE GIRL/2017年/香港・マレーシア・日本/広東語・北京語・英語・日本語/日本語字幕:神部明世/97分/カラー/ビスタ/5.1ch/映倫G
配給:キノフィルムズ/木下グループ
©Pica Pica Media