「エル ELLE」タグアーカイブ

「第2回 BS10 スターチャンネル映画予告編大賞」グランプリは『エル ELLE』に!


映画情報どっとこむ ralph わずか数秒・数分の間に映画の見所、魅力や感動を最大限に凝縮し、それ自体がひとつの作品としても完成されている映画予告編の中から最も優れた作品=“最も映画が観たくなる予告編”を選出する、「第2回 BS10 スターチャンネル映画予告編大賞」を、3月29日(木)に行われました。(映画専門「BS10 スターチャンネル」を運営する株式会社スター・チャンネル主催)

昨年に引き続き、第2回となる今回は、洋画部門に加えて邦画部門も追加となり、さらにパワーアップ!
前回を超える、主要配給会社19社の協力を得て、2017年に劇場公開された作品の予告編の中から各社が選りすぐった自信作をエントリー。合計77本の自信作が出揃いました。この中から、映画や映像制作の各分野で活躍する審査委員が、“最も映画が観たくなる映画予告編”=映画予告編大賞「グランプリ(1作品)」と、「準グランプリ(1作品)」、「優秀賞」(洋画/邦画各1作品)を選出し表彰。さらに、映画ファンによるWEB投票で最多得票を得た映画予告編を「映画ファン賞(洋画/邦画各1作品)」として発表し、表彰しました。

映画情報どっとこむ ralph <グランプリ>を獲得した『エル ELLE』について審査委員長のウィリアム アイアトンさんは、

アイアトン委員長:使用しているシーンが多いが、その刻みかたがいい。視聴者にあらゆる想像をさせ、非常にドキドキする予告編で、映画館に足を運びたくなる」とコメント。

<準グランプリ>を獲得した『ワイルド・スピード ICE BREAK』では、映画コメンテーターのLiLiCoさんが

LiLiCoさん:いいシーンを見せるが、見せすぎているというわけではない、秀逸で、凄く楽しい予告編だと思います。審査の際、あの戸田奈津子さんを唸らせたというのが非常に素晴らしかった。

とコメント。
各審査委員の特色溢れるコメントに満員の会場は大盛り上がり。受賞した配給会社と予告編制作会社の担当者による喜びのスピーチもあり、映画ファンの祭典に相応しいエンターテインメント感溢れる授賞式となりました。


映画情報どっとこむ ralph また、スペシャル・プレゼンターの陣内孝則さんは「スターチャンネル映画予告編大賞」について、
陣内さん:予告編は劇場に足を運ぶ度に見ており、楽しみにしている。映画のヒットを左右するといっても過言ではない予告編は、監督の立場としても非常に重要だと考えているので、今回プレゼンターに選んでいただいで非常に光栄です。

と熱っぽく語り、俳優だけでなく映画監督としてのご自身の経験を交えた、映画愛あふれるコメントに、会場からは大きな拍手が巻き起こりました。

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

今週公開!年上女性にモテ期到来!?『エル ELLE』 新画像解禁!


映画情報どっとこむ ralph フランスの至宝イザベル・ユペール×『氷の微笑』ポール・ヴァーホーヴェン監督 × 「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」原作者小説

≪新画像解禁≫フランスで “年上女性”にモテ期到来!?
イザベル・ユペール、主演最新作で年下隣人と親密に!?

『氷の微笑』のポール・ヴァーホーヴェン監督が、フランスの至宝イザベル・ユペールを主演に迎えて放つ、話題の異色のサスペンス『エル ELLE』は、8月25日(金)に公開となります。

様々なドラマを生んだ本年度の賞レースで、本作はひときわ異彩を放ちながらも、133ノミネート69受賞(2017/7/18時点)と驚異的な数の賞をさらい、フランス映画にしてアカデミー賞主演女優賞ノミネートも果たした注目作です。

映画情報どっとこむ ralph 『エル ELLE』は、イザベル・ユペールが演じる新鋭ゲーム会社の社長ミシェルが、物語の冒頭で一人暮らしの瀟洒な自宅で覆面の男に襲われることをきっかけにして彼女の恐ろしい本性が明らかになる様子がまさに予測不能に展開されていく。

ミシェルは過去の経験から警察には頼らず自分で犯人捜しを始め、元夫、隣人、恋人、部下など周囲の男性に疑いの目を向けていく。

そんな中、ミシェルに対して妙に色気のある視線を送ってくるのが、ミシェルからは一回りは下とおぼしき向かいの住人パトリック。彼は敬虔なクリスチャンを妻に持ちふたり揃って奉仕活動などにも勤しみ、ご近所さんとして交流が進むにつれふたりは親密になっていくのだが・・・・。

解禁となった場面写真は、暴風吹き荒れるある夜、ひとり暮らしのミシェルを気遣ったパトリックがミシェルの部屋を訪れ、ふたりで風に流されそうになりながら雨戸を閉める場面。ユペールとパトリックを演じたフランス人コメディアンのロラン・ラフィットは実年齢ではおよそ20歳差だが、ふたりのシーンからにじみ出る色気にはただ息を飲むばかり。ELLEのフランス語訳の通りミシェル”彼女”の物語であるこのストーリーに、パトリックがどう関わってくるのかも注目ポイントだ。

映画情報どっとこむ ralph また、『エル ELLE』がコンペティション部門に出品された昨年のカンヌ国際映画祭のオープニングセレモニーでは、年上女性とおよそ30歳離れた年下男性がセレモニー壇上で突然大胆なキスを交わし大きな話題に。

そのふたりとは、フランスの大御所女優カトリーヌ・ドヌーヴと、なんと映画祭で司会を務めていたパトリックことロラン・ラフィット本人。

そんな『エル ELLE』は今週8月25日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショーです。

公式サイト

物語・・・
新鋭ゲーム会社の社長を務めるミシェルは、一人暮らしの瀟洒な自宅で覆面の男に襲われる。その後も、送り主不明の嫌がらせのメールが届き、誰かが留守中に侵入した形跡が残される。自分の生活リズムを把握しているかのような犯行に、周囲を怪しむミシェル。父親にまつわる過去の衝撃的な事件から、警察に関わりたくない彼女は、自ら犯人を探し始める。だが、次第に明かされていくのは、事件の真相よりも恐ろしいミシェルの本性だった──。

***********************************

監督:ポール・ヴァーホーヴェン 『氷の微笑』  
出演 :イザベル・ユペール 『ピアニスト』
原作:「エル ELLE」(ハヤカワ文庫) フィリップ・ディジャン 『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』
原題: ELLE/2016/フランス/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/131分/PG-12
配給:ギャガ
© 2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINÉMA – ENTRE CHIEN ET LOUP




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ポール・ヴァーホーヴェン監督xイザベル・ユペール来日『エル ELLE』トーク


映画情報どっとこむ ralph 『氷の微笑』のポール・ヴァーホーヴェン監督が、フランスの至宝イザベル・ユペールを主演に迎えて放つ、話題の異色のサスペンス『エル ELLE』。

131ノミネート68受賞(2017/6/2時点)と驚異的な数の賞をさらい、フランス映画にしてアカデミー賞主演女優賞ノミネートも果たした話題作です。

そして!

現在開催中の「フランス映画祭2017」にて本日23日に本作が上映され、ヴァーホーヴェン監督とユペールが揃って登壇。上映後に、観客とのQ&Aとサイン会を行いました。

『エル ELLE』上映イベント
日付: 6月23日(金)
場所:at フランス映画祭
登壇:イザベル・ユペール、ポール・ヴァーホーヴェン監督

映画情報どっとこむ ralph 本作は、賞レース等ですでに話題となっているだけあって映画祭の本作前売チケットは即完売。

約10年振りの来日となったポール・ヴァ―ホーヴェン監督と、監督の『ルドガー・ハウアー/危険な愛』を観たことが本格的に“女優”として生きていく覚悟を決めたきっかけになったというユペールは、ふたりで延べ約40社によるメディア取材をこなす傍ら一緒にランチに行くなど日本でもその息はピッタリ。

割れんばかりの大きな拍手で迎えられたふたりは満足気な表情で、
ヴァーホーヴェン監督:東京はこれが5回目になりますが、今回はその中でも特に特別な機会になっています。それは、隣にイザベルがいてくれるからです!

と挨拶。続いて

ユペール:ポールと一緒にこの場にいられること、こんなに沢山の皆さんの前にいられることができてうれしく思います。

と挨拶し、それぞれに相思相愛ぶりをにじませます。

映画情報どっとこむ ralph 常識をはるかに上回る性格や行動力を持つミシェルについて、それに至った背景を聞かれて

ユペール:映画の中での出来事や経験を通して、ミシェルは自分自身を再構築していくのではないかと私は考えています。ミシェルの行動に対して何か原因はあるかもしれないけれど、それはあくまでも情報として描かれているので、皆さんには自由に解釈してもらえればと思います。ミシェルは、自分が(映画の冒頭に)襲われることをポジティブにとまではいかないですが、自分のアイデンティティと関連付けて考えていきます。“男性的な暴力”とはどういう動機から来るのかについて、自分が体験したことによって知りたいと思うようになるんです。

と答える。ミシェルという複雑な人物像を作り上げるにあたり、ユペールとの事前のディスカッションについて聞かれた監督は、

監督:物理的な場当たりなどの最低限必要なもの以外、彼女の性格などについてのディスカッションは一切していません。僕らの中で、それをすべきでないし何の助けにもならないと分かっていたからです。イザベルは、ミシェルとしてやるべきことを完璧に分かってくれていて、コミュニケーションの上で僕はただうなずくだけでよかったんです。(笑)

とユペールに対してほんとうに信頼を寄せているご様子。

映画情報どっとこむ ralph
Q&Aでは映画鑑賞直後の観客の興奮が伝わるような熱い質問が続き、それまで英語で質問に答えたユペールは、自分がフランス語で話し始めていたことに気付き、

ユベール:私、いつの間にかフランス語になってるわね(笑)

と場内を笑わせながら、

ユベール:ミシェルはある場面で話し方や雰囲気が突然変わります。彼女には皮肉もあればユーモアもあるけれど、この場面はひとつのゲームのようでもあるんです。

とミシェルというキャラクターを読み解く上でのヒントとなるものを教えてくれました。

一番大変だったシーンを聞かれて
ユペール:何もありませんでしたよ(笑) でもあえて言うなら小さな雀が死んでしまうシーンが一番大変でした。この映画のテーマは命だと思いますが、ミシェルはこんな小さなものでも救おうとするんです。

と締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph Q&Aの直後に行われたふたりのサイン会には事前抽選に外れたファンも大勢集まり、会場は黒山の人だかりに。ふたりは笑顔でサインに応じ、短い時間ながらファンとの交流を楽しんでいました。


公式サイト:
http://gaga.ne.jp/elle/ 

物語・・・
新鋭ゲーム会社の社長を務めるミシェルは、一人暮らしの瀟洒な自宅で覆面の男に襲われる。その後も、送り主不明の嫌がらせのメールが届き、誰かが留守中に侵入した形跡が残される。自分の生活リズムを把握しているかのような犯行に、周囲を怪しむミシェル。父親にまつわる過去の衝撃的な事件から、警察に関わりたくない彼女は、自ら犯人を探し始める。だが、次第に明かされていくのは、事件の真相よりも恐ろしいミシェルの本性だった──。


***********************************

監督:ポール・ヴァーホーヴェン 『氷の微笑』  
出演 :イザベル・ユペール 『ピアニスト』
原作:「エル ELLE」(ハヤカワ文庫) フィリップ・ディジャン 『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』
原題: ELLE/2016/フランス/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/131分/PG-12    
配給:ギャガ
© 2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINÉMA – ENTRE CHIEN ET LOUP
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ジョン・ウー監督サプライズ登壇!ギャガラインナップ発表!


映画情報どっとこむ ralph このたびギャガ株式会社が2017-2018のラインナップ発表会を実施。

公開を予定しています全31本の作品をご紹介しました。

また、今期の勝負作品のひとつ、『追捕 MANHUNT』(原題)よりジョン・ウー監督がこのラインナッププレゼンテーションのために来日し、ここでしかみられない迫力の本編映像を本邦初披露しました。

2017-2018ギャガ株式会社ラインナップ発表会
日程:4月26日(水)
場所:草月ホール
登壇:ジョン・ウー監督
   ギャガ役員(代表取締役会長CEO依田巽・代表取締役社長COO 百武弘二・取締役水野貴夫・執行役員松下剛)

映画情報どっとこむ ralph 選りすぐりの31本。

邦画では

直近公開作品では大ヒットコミックの映画化、原作者真島ヒロ総合プロデュースによる渾身作『劇場版FAIRY TALE-DRAGON CRY』

三島由紀夫の原作を吉田大八が映画化したリリー・フランキー主演作『美しい星』

廣木隆一監督『彼女の人生は間違いじゃない』
福山雅治と是枝裕和監督の再タッグが注目の『三度目の殺人』
中井貴一、佐々木蔵之介主演武正晴監督の『嘘八百』

など作家性の高い作品。

本年度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた『エル ELLE』やアニメーション含む2部門ノミネートの『KUBO AND THE TWO STRINGS』などにも期待が集まる。

さらに、ギャガが初発表した待機作には、

トム・ハンクス、エマ・ワトソン主演のSNSスリラー『THE CIRCLE(原題)』
リーアム・ニーソン主演のアクション大作『THE COMMUTER(原題)』
ジョン・キャメロン・ミッチェル監督『HOW TO TALK TO GIRLS AT PARTIES(原題)』

『IT COMES AT NIGHT(原題)』、『THE PARIS OPERA(英題)』、『THE LEISURE SEEKER(原題)』『LUMIERE!(原題)』、『WILL YOU BE THERE?(英題)』『THE ASSIGNMENT(英題)』、『COLD HELL(原題)』、『THELMA(原題)』、『THE GUARDIANS(英題)』、『JULIE AND THE SHOE FACTORY(英題)』、『天使の3P!(スリーピース)』

など14本がある。また今後はアニメ事業にも力を入れていくことを発表した。

映画情報どっとこむ ralph そして、ジョン・ウー監督 『追捕 MANHUNT』登壇・・・
大きな拍手で迎えられたジョン・ウー監督は冒頭の挨拶では笑顔で「コンニチワ」と日本語で挨拶。本作の監督を引き受けた理由について

「子供の時から日本映画が大好きでよく見ており、日本映画から様々な影響を受けてきました。特に高倉健さんや三船敏郎さんが自分にとってのアイドル的存在だった」

と語った。さらに以前、高倉さんにお会いした際に、一緒に仕事をしたいと話していたそうで、残念ながらそれが叶わず、どうにか高倉さんが出演していた作品を制作して祈念したいと思っていたそう。そんなタイミングで1976年に『君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ』というタイトルで高倉健さん、原田芳雄(よしお)さん共演で公開された作品の再映画化の話をいただき、即答で引き受けたエピソードを語った。本作で主演を務めた福山雅治さんとの仕事について

ジョン・ウー監督:優しくて人間味がある方でこの方が出演してくれればさらに良い役柄になると思った。実際に撮影中、彼の笑顔を見ると周りのスタッフがホッとしていました。

と福山の人柄を絶賛。さらに大阪で行われた撮影についても触れ、

ジョン・ウー監督:この撮影で健康になった。腰が痛かったが撮影で会うスタッフとお辞儀していくうちに腰が治った。(笑)日本のスタッフのプロ意識の高さはハリウッドに負けていないですし、尊敬に値する。

と絶賛。特に大勢のエキストラを集めた撮影では

ジョン・ウー監督:文句ひとつ言わずに自分の望み通りの動きをやってくれてありがたった。エキストラの方々のためにもちゃんと作らなければと思った。

と日本人の素養の高さについて感想を語ると、現場で遭遇した大阪のおばちゃんが誰にでも「あめちゃんやろうか?」という大阪文化に触れたエピソードに振れ、会場の笑いを誘うと、「素敵な文化」だと語り、また大阪で撮影したいと希望を語った。

映画情報どっとこむ ralph 登壇の最後に

ジョン・ウー監督:この作品は自信がありますし、素晴らしい作品になりますので期待していてください!

と語り、盛り上がりを見せた舞台挨拶は幕を閉じた。また当日来場者のみが見れるメイキングと特報映像が初披露された。大坂の街中や駅中を逃げるチャン・ハンユー演じる無実の罪を着せられた国際弁護士と彼追う福山雅治演じる敏腕刑事や、豪華パーティシーン、ジョン・ウーならではの鳩の舞うアクションシーンや水上バイクのスタントナシの演技等々見どころの一部が垣間見え、仕上げ作業中の本編の出来への期待がますます上がった。


『追捕MANHUNT』(原題)
西村寿行原作小説『君よ憤怒の河を渉れ』(徳間書店)の再映画化。1976年の映画化は高倉健、原田芳雄共演、当時映画版タイトルは「憤怒」の読み方を変え『君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ』となった。中国本土では『追捕』というタイトルで公開。文化革命以降初めての海外映画の大作として公開、社会現象となるほどの大ヒットとなった。

本作品の中国公開は2018年初春を予定。日本公開は2018年予定。

物語・・・
国際弁護士・杜秋(読み;ドゥー・チル/俳優チャン・ハンユー)は、大阪の製薬会社の顧問弁護士を辞職、自身の送別パーティー後、突如、同僚女性殺害の容疑を受ける。敏腕警部・矢村聡(福山雅治)は、彼を追いつめながら同時に殺人事件の状況証拠を怪しく思い、容疑そのものに疑問を持ち始める。

『追捕 MANHUNT』
2018年公開予定
配給:ギャガ
監督:ジョン・ウー 
出演:チャン・ハンユー、福山雅治、ハ・ジォン、チー・ウェイ、桜庭ななみ他
(C)2017 Media Asia Film International Ltd. All rights Reserved.

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

キョーレツで、面白いサスペンス『エル ELLE』WEB限定予告完成


映画情報どっとこむ ralph 『氷の微笑』のポール・ヴァーホーヴェン監督が、フランスの至宝イザベル・ユペールを主演に迎えて放つ異色のサスペンス『エル ELLE』(原題「ELLE」)が、8月に全国公開となります。

本作のポスタービジュアルとWEB限定予告が完成、解禁となりました。
「なんてキョーレツで、なんて面白い!」様々なドラマを生んだ本年度の賞レースで、ひときわ異彩を放ちながらも、125ノミネート64受賞(4月13日時点)と驚異的な数の賞をさらい、フランス映画にしてアカデミー賞主演女優賞ノミネートも果たした話題作が、遂に日本をも席巻する日がやってきた!

映画情報どっとこむ ralph 世界を驚愕させたヒロインを演じるのは、

フランスの至宝にして歳を重ねる度に魅力が増すイザベル・ユペール。監督は『氷の微笑』のポール・ヴァーホーヴェン。原作はラブストーリーの金字塔『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』のフィリップ・ディジャン。刺激的でアブノーマルな才能が互いを高め合い、世界初の気品あふれる変態ムービーにして異色のサスペンスが誕生した!

フランスの大女優にして、年を重ねる度に活躍の幅を広げ、新しい顔を見せてくれるイザベル・ユペールは、ハリウッドのA級女優たちが断り続けたこの難役を是非自分で撮って欲しいと立候補し勝ち取り、世界的評価に繋げ、初のアカデミー賞ノミネートを果たした。ジャン・リュック=ゴダール、クロード・シャブロル、ミヒャエル・ハネケをはじめとする錚々たる巨匠たちと仕事を重ねてきたイザベル・ユペールの長い女優キャリアの中でも「最高峰の素晴らしい演技」と評価されている。


解禁となったWEB限定予告では、ゲーム会社の女社長で妖艶な魅力を放つミシェルが自宅で覆面の男に襲われるが、その事件を契機に彼女を取り巻く人々、さらには彼女自身の恐るべき本性が明らかになっていく様子が描かれ、気品に満ちながらも“変態的”という本作の唯一無二な魅力を感じられるものになっている。


『エル ELLE』
原題:ELLE

8月 TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー

公式サイト:gaga.ne.jp/elle

物語・・・
新鋭ゲーム会社の社長を務めるミシェルは、一人暮らしの瀟洒な自宅で覆面の男に襲われる。その後も、送り主不明の嫌がらせのメールが届き、誰かが留守中に侵入した形跡が残される。自分の生活リズムを把握しているかのような犯行に、周囲を怪しむミシェル。父親にまつわる過去の衝撃的な事件から、警察に関わりたくない彼女は、自ら犯人を探し始める。だが、次第に明かされていくのは、事件の真相よりも恐ろしいミシェルの本性だった──。

***********************************

監督:ポール・ヴァーホーヴェン 『氷の微笑』
原作:「エル ELLE」(ハヤカワ文庫) フィリップ・ディジャン 『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』

出演 :
イザベル・ユペール 『ピアニスト』
ロラン・ラフィット、アンヌ・コンシニ、シャルル・ベルリング、ヴィルジニー・エフィラ、ジョナ・ブロケ

2016/フランス/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/131分/PG-12
配給:ギャガ
© 2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINÉMA – ENTRE CHIEN ET LOUP




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ