「エル・ファニング」タグアーカイブ

『メアリーの総て』ベン・ハーディの本編映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph 「高慢と偏見」のジェーン・オースティン、「ジェーン・エア」のシャーロット・ブロンテと並び、イギリス文学史に名を残す女流作家メアリー・シェリーの知られざる人生を初めて映画化した物語『メアリーの総て』が、全国大ヒット公開中です。

監督は、『少女は自転車にのって』(12)で第86回アカデミー賞外国語映画賞サウジアラビア代表に選出、各国の批評家から絶賛を浴びたハイファ・アル=マンスール。今最も世界から注目を集める女優エル・ファニングを主演に迎え、哀しくも美しいメアリーの人生を極上の映像美でスクリーンに焼き付けました。


この度、『ボヘミアン・ラプソディ』で金髪ロン毛のドラマー・ロジャー役のベン・ハーディですが、本作では医師であり「吸血鬼」の作者ポリドリを演じています。
そんなベン・ハーディの本編映像が解禁となりました!

本作では、金髪ロン毛のあの姿から一変、英国調衣装に身を包み、医者でありながら、名作「吸血鬼」の作者でもあるインテリイケメンのポリドリ役を好演。ポリドリは、メアリーの良き理解者であり、良き友人としてメアリーを支えたひとり。にじみ出る優しさとその包容力は女子の理想と言っても過言ではない。

今回解禁された映像でも、女遊びが激しく、メアリーを追い詰めていくパーシーと対立するシーンが描かれています。


ベンは当時の撮影を振り返り「シェリーとポリドリの対決ともいえるこのシーンの撮影が本当に楽しみだったんだ。物凄く感情が高ぶるシーンだよ。ダグラスも僕も明確に撮影のイメージを頭に描けていたと思う。本当に信じられないほど素晴らしい撮影だったよ。」と明かしており、その仕上がりに自信をのぞかせている。
映画情報どっとこむ ralph 200年にわたり愛され続けてきたゴシック小説の金字塔「フランケンシュタイン」。この恐ろしくも哀しい〈怪物〉を生み出したのは、わずか18歳の少女メアリー・シェリーだった。

道ならぬ恋、愛と放蕩、我が子の死──。
観る者の胸に深く突き刺さってやまない、メアリーの哀しくも美しい人生がいま明かされる──。

『メアリーの総て』
原題:MARY SHELLEY
gaga.ne.jp/maryshelley
 
シネスイッチ銀座、シネマカリテ他にて大ヒット公開中!


監督は、『少女は自転車にのって』(12)で第86回アカデミー賞外国語映画賞サウジアラビア代表に選出、各国の批評家から絶賛を浴びたハイファ・アル=マンスール。今最も世界から注目を集める女優エル・ファニングを主演に迎え、哀しくも美しいメアリーの人生を極上の映像美でスクリーンに焼き付けました。

物語・・・
「不幸」に抱かれ、「死」に口づけられ、世紀の傑作を産んだ。
19世紀イギリス 小説家を夢見るメアリーは“異端の天才”と噂される、妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会う。互いの才能に強く惹かれあった二人は、情熱に身を任せ、駆け落ちする。愛と放蕩の日々は束の間、メアリーに襲い掛かる数々の悲劇。失意のメアリーはある日、夫と共に滞在していた、悪名高い詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる。深い哀しみと喪失に打ちひしがれる彼女の中で、何かが生まれようとしていた。

***********************************

監督:ハイファ・アル=マンスール『少女は自転車にのって』
出演:エル・ファニング、ダグラス・ブース『ノア 約束の舟』、ベル・パウリ―『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』、トム・スターリッジ『オン・ザ・ロード』、ベン・ハーディ

2017年/イギリス、ルクセンブルク、アメリカ/121分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:牧野琴子
配給:ギャガ
© Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017
   


エル・ファニング『メアリーの総て』で、3つの初挑戦


映画情報どっとこむ ralph 200年にわたり愛され続けてきたゴシック小説の金字塔「フランケンシュタイン」。

この恐ろしくも哀しい〈怪物〉を生み出したのは、わずか18歳の少女メアリー・シェリーだった―。ティム・バートン、ギレルモ・デル・トロ、デヴィッド・リンチら、今世紀の鬼才たちにも絶大な影響を与え、リドリー・スコット、スティーヴン・スピルバーグ、ジェームズ・キャメロンなどの巨匠たちも深いリスペクトを表明。「高慢と偏見」のジェーン・オースティン、「ジェーン・エア」のシャーロット・ブロンテと並び、イギリス文学史に名を残す女流作家メアリー・シェリーの知られざる人生を初めて映画化した物語『メアリーの総て』が12月15日(土)より全国順次ロードショーとなります。


監督は、『少女は自転車にのって』(12)で第86回アカデミー賞外国語映画賞サウジアラビア代表に選出、各国の批評家から絶賛を浴びたハイファ・アル=マンスール。今最も世界から注目を集める女優エル・ファニングを主演に迎え、哀しくも美しいメアリーの人生を極上の映像美でスクリーンに焼き付けました。19世紀イギリスを舞台に描かれる、華麗な美術と衣装の数々にも目を奪われる、この冬必見の注目作です!

今作では、新たな階段を登ったとも言えるエル・ファングの女優としての成長も要チェック!
劇中で3つの初挑戦に挑んでいます!

それは!

1つは、歴史映画に初めて出演&主演したこと。
2つめは、はじめて母親役を演じたこと。
3つめは、これまで誰も演じてこなかったメアリーの人生を演じたこと

『マレフィセント』(14)のオーロラ姫役で美しく成長した姿で世界を魅了し、その後も『ネオン・デーモン』(16)や『パーティで女の子に話しかけるには』(17)など、個性的な魅力を発揮してきたエル・ファニング。本作では、これまでの映画で誰も演じてこなかった女流作家・メアリー・シェリーの人生を初めて演じ、意外にも、実は本作で歴史映画に初出演!さらに、劇中では初めての母親役を演じている。

ファニングは、自身が初めて演じることになったメアリー・シェリーという女性を「彼女はパワフルで、感受性が豊か。常にアンテナを張り巡らせていて、あらゆることを必死でキャッチしようとする。好奇心旺盛で観察力が鋭い、特別な女の子なの。」と分析。

さらに、初めての歴史映画で主演という役柄を演じたことに対しては「おもしろかったわ! 今までコルセットを付けたり、時代物の衣装を着たことはなかったの。立ち居振る舞いや姿勢はいつもと全然違ってくるわね。例えば、シーンの動きを確認する時は、普段着のスウェットで椅子に座っていたりするけれど、コルセットを付けてセットに戻ってくると、その動きは無理だって気付くの」と撮影当時を振り返っている。

自身初の母親役にも挑戦し、パーシー・シェリー演じるダグラス・ブースと親子3人で子供を抱いて幸せそうに微笑む姿や、一人子供を見つめるシーン写真が解禁された。

初めての歴史映画で初めての母親役に挑み、これまでに誰もその生涯を演じてこなかったメアリー・シェリーを初めて演じたたファニング。奇しくも、当時のメアリーと同年代であるファニングの貴重な瞬間が詰まった本作。ぜひ、スクリーンでご堪能ください!

映画情報どっとこむ ralph で、下北沢B&Bにてトークイベント開催決定!

映画の公開を記念して12月2日(日)にて下北沢B&Bでのトークイベントの開催が決定しました!

NHHの「100分de名著」で『フランケンシュタイン』の回で講師を務めた廣野由美子氏と、ロクサーヌ・ゲイの『バッド・フェミニスト』や、『世界を変えた50人の女性科学者たち』などの翻訳も手がける野中モモさんをお迎えし、メアリーが生きた社会と人生について、現代の我々が生きる社会とも照らし合わせながら読み解きます。

<イベント情報>
日程:2018年12月2日(日)
時間:15:00~17:00(14:30 開場)
場所:下北沢 B&B
出演:廣野由美子(英文学者)× 野中モモ(ライター・翻訳家)
入場料:1,500円 + 1ドリンクオーダー
詳しくはこちら

映画情報どっとこむ ralph メアリーの総て

12月15日(土)より シネスイッチ銀座、シネマカリテほか 全国
gaga.ne.jp/maryshelley 


<STORY>
「不幸」に抱かれ、「死」に口づけられ、世紀の傑作を産んだ。
19世紀イギリス 小説家を夢見るメアリーは“異端の天才”と噂される、妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会う。互いの才能に強く惹かれあった二人は、情熱に身を任せ、駆け落ちする。愛と放蕩の日々は束の間、メアリーに襲い掛かる数々の悲劇。失意のメアリーはある日、夫と共に滞在していた、悪名高い詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる。深い哀しみと喪失に打ちひしがれる彼女の中で、何かが生まれようとしていた──。

***********************************

監督:ハイファ・アル=マンスール『少女は自転車にのって』
出演:エル・ファニング、ダグラス・ブース『ノア 約束の舟』、ベル・パウリ―『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』、トム・スターリッジ『オン・ザ・ロード』
原題:MARY SHELLEY/2017年/イギリス、ルクセンブルク、アメリカ/121分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル
字幕翻訳:牧野琴子
配給:ギャガ 
© Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017
            


エル・ファニング『メアリーの総て』日本公開&邦題決定!ポスタービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 200年にわたり愛され続けてきたゴシック小説の金字塔「フランケンシュタイン」。
この恐ろしくも哀しい〈怪物〉を生み出したのは、わずか18歳の少女メアリー・シェリーだった。

この度、映画『MARY SHELLEY(原題)』が、邦題を『メアリーの総て(すべて)』とし、今冬12月に公開されることが決定、あわせてポスタービジュアルが解禁となりました!


ティム・バートン、ギレルモ・デル・トロ、デヴィッド・リンチら、今世紀の鬼才たちにも絶大な影響を与え、リドリー・スコット、スティーヴン・スピルバーグ、ジェームズ・キャメロンなどの巨匠たちも、深いリスペクトを表明。「高慢と偏見」のジェーン・オースティン、「ジェーン・エア」のシャーロット・ブロンテと並び、イギリス文学史に名を残す女流作家メアリー・シェリー。

本作では、19世紀のイギリスを舞台に、これまでヴェールに包まれてきた、彼女の波乱に満ちた人生を初めて映画化した。

監督は、長編映画デビュー作となる『少女は自転車にのって』(12)で第86回アカデミー賞外国語映画賞に出品、各国の批評家から絶賛を浴びたハイファ・アル=マンスール。サウジアラビア初の女性監督として殺害予告を受けるなど、メアリー同様に波乱に満ちた人生を生きるハイファ監督は、メアリーの生き様に強く感銘を受け、哀しくも美しいメアリーの人生を極上の映像美でスクリーンに焼き付けた。

そして、可憐で聡明、そして不幸であるほど才能が開花してゆくメアリーに魂を吹き込んだのは、今最も世界から注目を受ける女優、エル・ファニング。

『マレフィセント』『パーティーで女の子に話しかけるには』『ネオン・デーモン』など、話題作・異色作に立て続けに出演し、唯一無二の存在感で世界中を虜にする彼女が、傑作小説「フランケンシュタイン」誕生に隠された、あまりに不幸でスキャンダルに満ちた天才女流作家・メアリーの人生を見事に演じきっている。ポスタービジュアルでは、墓地の中で一人執筆を進める美しい姿が描かれており、19世紀イギリスが舞台であるからこその華麗な美術にも注目だ。

映画情報どっとこむ ralph 道ならぬ恋、愛と放蕩、我が子の死──。
観る者の胸に深く突き刺さってやまない、メアリー・シェリーの哀しくも美しい人生がいま明かされる──。

メアリーの総て
原題:MARY SHELLEY

gaga.ne.jp/maryshelley 

12月 シネスイッチ銀座、シネマカリテほか 全国順次公開

物語・・・
「不幸」に抱かれ、「死」に口づけられ、世紀の傑作を産んだ。

19世紀イギリス 小説家を夢見るメアリーは“異端の天才”と噂される、妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会う。互いの才能に強く惹かれあった二人は、情熱に身を任せ、駆け落ちする。愛と放蕩の日々は束の間、メアリーに襲い掛かる数々の悲劇。失意のメアリーはある日、夫と共に滞在していた、悪名高い詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる。深い哀しみと喪失に打ちひしがれる彼女の中で、何かが生まれようとしていた。

***********************************

監督:ハイファ・アル=マンスール『少女は自転車に乗って』

出演:エル・ファニング、ダグラス・ブース『ノア 約束の舟』、ベル・パウリ―『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』、トム・スターリッジ『オン・ザ・ロード』

イギリス、ルクセンブルク、アメリカ/121分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:牧野琴子
配給:ギャガ
© Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017


スーザン・サランドンが語る『アバウト・レイ 16 歳の決断』


映画情報どっとこむ ralph 『リトル・ミス・サンシャイン』(アカデミー賞主要 2 部門受賞)では、幸せの黄色いバスに乗った落ちこぼれ家族を、『サンシャイ ン・クリーニング』では、事件現場のクリーニングをする崖っぷち家族を描いてきたチームが再び集結し製作した映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』(『3 Generations』)がこの度、2018年2月3日(土)に新宿ピカデリーにて公開します。

『マレフィセント』のオーロラ姫役で一躍人気を博し、ソフィア・コッポラの新作など出演作が相次ぐエル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になると決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演。

そして、アカデミー賞に2度のノミネートを誇るナオミ・ワッツが、恋多きシングルマザー・マギーに、名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮しています。

_B5E8527.cr2


最初は「レイの決断」に戸惑いながらも、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく二人。

映画情報どっとこむ ralph 本作ではトランスジェンダーのレイのことをなかなか理解できない、レズビアンのドリーを 演じたスーザン・サランドン。


スーザン:私の役目はたくさんの無知な質問をすること。‟性の自己認知“と性的指向”の違いはいまだによくわからない。トランスジェンダーとレズビアンは異なるものだから、レイのことを理解しきれないの。でも、レイの身体が変わったとしても、愛する孫には変 わらないと最後に気づく。

と、どんなことがあっても孫を愛する祖母ドリーについて語った。


そして

スーザン:パートナーのリンダと私のもう一つの役目はユーモアと話の背景を伝えることだっ た。(レイやマギーが)昔はどうだったかドリーたちは知っているの。そして心のゆとりには ユーモアが必要よ。さもないと心が折れて情報を取り込めないわ。

とドリーたちの役割、 ユーモアの重要性について語っています。

シリアスなシーンとユニークなシーンの描き方については

スーザン:皆それぞれが、お互いを信頼 しているから言い合えるのよ。そこが笑えるのね。言いたいことが言えてないと観客は心 配になるけど、一日の終わりにお互いに寄り添っている。そして侮蔑したりあらさがしをし たりしている。キャラクターの持ち味がジョークになっているの。

と家族の信頼関係を描 けているからこそ生み出せると、『リトル・ミス・サンシャイン』から引き継がれた家族のユ ーモアについて語りました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『アバウト・レイ 16 歳の決断
原題:3 Generations

2月3日( 土 ) 新宿ピカデリーほかにて 、全国ロードショー 。

「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」


16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。

医者から受け取ったホルモン治療に ついての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」 と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ 理解ができないでいる。

一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。

そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そ こでまさかの“家族の秘密”が明らかになる―!

<自分自身に正直に生きる>ためのレイの決断とはー?

新たな人生を歩き出す人へ贈る、希望の物語。

***********************************

監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、サム・トラメル
配給:ファントム・フィルム
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.


詩人の文月悠光 朗読&トークイベント 映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』


映画情報どっとこむ ralph 映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』が2月3日より新宿ピカデリー他全国公開いたします。

『マレフィセント』のオーロラ姫役で一躍人気を博し、 ソフィア・コッポラの新作など出演作が相次ぐエル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になる と決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演。そして、アカデミー賞に 2 度のノミネートを誇るナオミ・ワッツが、恋多きシングル マザー・マギーに、名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮します。

そしてこの度、スペース FS 汐留にて詩人の文月悠光さんをお呼びしトークイベントが行われました。

『アバウト・レイ 16 歳の決断』 朗読つきトークイベント
日付:1 月 15 日(月)
場所:スペースFS汐留
登壇:文月悠光(詩人)

映画情報どっとこむ ralph MCを勤めた映画ライターの門間雄介さんから映画の感想を尋ねられると、

文月さん:レイのトランスジェンダーという設定に注目しがちで、性的マイノリティの深刻な話として、見る前に覚悟がいるのかなという思いがありましたが、実際は深刻過ぎずに描いていることに好感 が持てました。

鑑賞前の先入観と鑑賞後の印象の差について語り・・・、

文月さん:イの話だけでなく、家族の中のユーモアや、母親の葛藤など 周囲の人たちにも焦点を当てていて面白かったです。

と本作の感想を率直に語る文月さん。

それを受けて「LGBT 映画というのが全面に押し出されていないですよね」というMCに、

文月さん:LGBT という型から自由になっていっているのもこの映画のいいところだなと 思います。

とジャンル映画にとらわれていないことを評価しました。

映画情報どっとこむ ralph 印象的なシーンを聞かれると

文月さん:(マギーが)‟私はひとりで娘を失 った、これからもひとりで息子を育てていく“というセリフがありましたが、悩みに悩んで一人でレイを育てた矜持が感じられて、祖母に対してはまだ弱く少女らしさがあり、ある種まだ母親になれなかったマギーが殻を破った印象的なシーンでした。

と熱く語った。 さらに

文月さん:自分が母になったときは子供がレイのような状況になった時に、どんな風に支えられるか自然と考えてしまった。特殊な家族ではなく、自分と地続きの不安や葛藤の中にこの人たち(マギーやレイたち)もいるのかなという感覚で見ていました。

と本作が描く普遍的な問題に共感していました。


そして本作をから受けた印象を書き下ろした詩「わたしたちの愛し方」を披露。

会場から感動の拍手が沸き上がり、詩の着想を聞かれると、

文月さん:(本作を)家族たちの群像劇としてとらえたときに、食卓のシーンが印象的でした。祖母とその同性のパートナーと母、当たり前のように一緒に食事をしているけど、少しギクシャクしているいびつさは、親しい友達との距離感とは違うものを感じさせ印象的でした。

と詩の冒頭『食卓に八つの手を集わせる。~(一部抜粋)』について説明。

さらに

“もっと みんなのことを知りたい”というレイの言葉や表情から現れる、彼の気持ちの変化や世界観が広がっていく様子に感化されました。鏡のシーンはエル・ファニングの目と中性的な佇まいと複雑な感情ながらもきれいな表情は素敵だなと思い、詩にも取り入れました。

と本作の印象的なシーンから得た強い想いとともに、詩への着想について語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

文月さん:大きなテーマとして、自分の不完全さ、少し世間一般から外れている部分も魅力的で愛おしいものであると肯定してく れる映画です。家族の在り方や自分自身の在り方をレイの物語と重ね合わせて、変わっていけるきっかけになればいいと思います。

と観客にメッセージ送り、大きな拍手の中イベントは幕を閉じた。 今回披露された文月悠光の詩「わたしたちの愛し方」は『アバウト・レイ 16 歳の決断』劇場販売用パンフレットにて全文掲載されます。


アバウト・レイ 16歳の決断
原題:3 Generations
2017年2月3日(土)より、新宿ピカデリー他にて全国ロードショー

「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」
16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの“家族の秘密”が明らかになる―!

<自分自身に正直に生きる>

ためのレイの決断とはー?新たな人生を歩き出す人へ贈る、希望の物語

***********************************

監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、サム・トラメル
配給:ファントム・フィルム
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.