「エドワード・ノートン」タグアーカイブ

ウェス・アンダーソン監督13年ぶりの来日実現『犬ヶ島』スペシャル・ナイト


映画情報どっとこむ ralph この度、全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)を手掛けたウェス・アンダーソン監督が贈る映画『犬ヶ島』が5月25日(金)より日本公開いたします。

この度、本作の舞台となった日本での公開を記念し、ウェス・アンダーソン監督が13年ぶりに来日!そして監督とともに本作を引っ提げ来日したコーユー・ランキン、ジェフ・ゴールドブラムとともに日本への大いなる愛をファンの前で語りつくすトークイベントが行われました!


『犬ヶ島』公開記念スペシャル・ナイト
日時:5月21日(月)
登壇:
ウェス・アンダーソン監督、コーユー・ランキン
ジェフ・ゴールドブラム、野村訓市
会場:ユーロライブ

映画情報どっとこむ ralph 世界的に高い評価を受ける天才監督ウェス・アンダーソンが13年ぶりに待望の来日を果たすということもあり、会場には観客やマスコミ人が殺到!
いまかいまかと豪華布陣の登場を待ちわびていると、舞台後方から本作の監督を務めたウェス・アンダーソン監督と主人公のアタリの声を吹き替えたコーユー・ランキン、アタリとともに冒険を繰り広げるヒーロー犬の一匹・デュークの声を吹き替えたジェフ・ゴールドブラム、ウェスが信頼する友人で、本作では日本人ボイスキャストのキャスティングのほかに、本作の原案にも参加した野村訓市さんの4名が登場!

今回、映画のプロモーションとしての来日が初めてとなるコーユーは

コーユー:みなさん初めまして。コーユーです。よろしくお願いします!この素晴らしい映画に出演することが出来て、映画のおかげで日本にも来ることができてとっても嬉しいです。

と元気よく挨拶し、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』以来、約2年ぶりの来日となったジェフは

ジェフ:すごく温かい歓迎ぶりで嬉しいよ!日本に来るのが本当に大好きだから、今日もこの素晴らしいチームと来日することができて最高の気分だよ!

と、ファン一人一人に笑顔で手を振りながらコメント。

野村さん:初めまして、野村訓市です。今回の映画ではいろんな仕事を雪だるま式にやって気付けば3年費やしました。ウェスの映画はビジュアルも素晴らしいけど、それ以上に本当にいい物語も描かれています。僕は3年だけど、監督は6年もかけたので是非楽しんでご覧ください。

と挨拶し、最後に、2005年に公開された『ライフ・アクアティック』以来、約13年ぶりに念願の来日を果たして

ウェス監督:このアイデアが浮かんだ日から、こういった舞台で日本の皆さんの前に立って、こうやってお話することをずっと楽しみにしていたんだ。この映画の日本は僕のイマジネーションで出来ていて、日本の文化や日本の方々、そして何より日本の映画にインスピレーションを受けている。日本人のみんなからすると慣れ親しまない部分もあるかもしれないけれど、とにかくみんなには楽しんで欲しいと思っているよ。今日は本当に来てくれてありがとう!

と大盛り上がりの会場に感極まった様子で挨拶しました。

映画情報どっとこむ ralph 日本を舞台の映画を作ろうと思ったきっかけについて問われ

ウェス監督:まず、僕が初めて観た日本映画は『タンポポ』で、そのあとも黒澤明監督の『羅生門』なんかも観ていた。僕は10代のころから40年近く日本の映画を観続けて、ずっと日本映画に影響を受けてきたんだ。

と、持ち前の日本映画愛を明かし、

ウェス監督:2004年にはじめて来日したとき、本当に日本が大好きになったよ。その時は絶対に日本を舞台に映画を撮りたいという気持ちで日本を離れたんだ。今回の作品はストップモーション・アニメーションになったから日本で撮影できていないことはちょっと予想外だったけれど(笑)でも、今回はクン(野村訓市さん)がサポートをしてくれたおかげで、素晴らしいコラボレートが実現できたと思っているよ。

とコメント。


さらに、RADWIMPSの野田洋次郎さん、村上虹郎さん、渡辺謙さん、夏木マリさんといった錚々たる日本人ボイスキャストも出演している本作。“クンが担当したからクンから説明するよ”というウェスの言葉と共に日本人ボイスキャストをキャスティングした野村さんに話が移ると、

野村さん:ウェスは、一度付き合い始めると家族みたいに接してくれる人。全員同じホテルに泊まるし、一緒にディナーも食べるし、ワインも飲む。だから日本のキャストを集めるときもどこかお互いを知っていて、監督と決めたキャラクターの年齢や背格好にマッチしていて、さらに、僕の言うことを聞いてくれそうな人を集めて声を掛けました。(笑)ウェスは秘密主義だから彼らに細かい情報を与えてあげられなくて、簡単な役と台詞だけ話してもらって、録音した音を毎回ウェスに聞いてもらいOKをもらうって感じでした。

と収録の流れを説明。続けて、

野村さん:例えば、(野田)洋次郎は、ウェスに声を聞かせたら“彼はニュースキャスターだ”って言うんで、“君はニュースキャスターになった”って洋次郎の声を録り直したりもして(笑)映画を観てもわかりにくいかもしれませんが、この声は誰かなって見つけながら観るのも楽しいかなって思います。

と豪華日本ボイスキャストにまつわる意外な裏話を明かしました。


そして、今回ウェスに見出され、主人公に大抜擢されたコーユーはアフレコ収録を振り返って

「ウェス監督はとっても優しくて落ち着いている人。僕は本当に緊張していて、アフレコも難しかったけど、落ち着いたウェスと過ごすと、僕も落ち着いた気持ちでアフレコすることができました。」

と、隣のウェスと目を合わせながら安堵した様子でコメント。またアフレコで苦労したことを聞かれると

「全部です。

と困った様子で即答し、その可愛らしさから会場には和やかな空気が流れました。


また『ライフ・アクアティック』(05)、『グランド・ブタペスト・ホテル』(14)に出演し、ウェス作品常連組の一人ともいえるジェフは

ジェフ:ウェスは6年、クンは3年、この映画に関わったっていうけど、僕は脚本が送られてきて、それを読んで、彼と仕事するのはスリリングで大好きだからすぐOKして、そのあと2時間だけ、たった2時間だけレコーディングをしたんだ。しかも、監督はNYにいたからアフレコの演出も遠距離で演出されたんだよ(笑)

と、ユーモアたっぷりにコメントし、会場からは笑いが起きました。


キャスト陣たちが完成した映画を観たのはベルリン国際映画祭のオープニング上映だったようで、

ジェフ:僕はほかの犬たちとは一緒に収録ができなかったんだけど、映画を観たら、僕らの音やキャラクターがジグソーパズルのようにぴったりとはまっていて嬉しいショックを受けたんだ!細かいところまで作りこまれていて、魔法をかけられたような素晴らしい経験ができる映画だった。ウェス監督映画史上の出来栄えだよ!

と圧倒された様子。続けて、

コーユー:2月のベルリンで初めて見たときは感動しました。ストップモーションと思えないくらい色や音もすごくて素晴らしいです。

と太鼓判を押しました。

通常に比べ膨大な時間と手間のかかるストップモーション・アニメーションによって製作された本作ですが、劇中で使用されたパペットはなんと総数1000体越え!画面の前で実際に俳優が演じる実写映画も幾度となく制作して監督ですが、パペットを使用したストップモーション・アニメーションの魅力について問われると、

ウェスさん:僕がストップモーション・アニメーションで一番好きなのはパペットやセット、そして小道具を作るそれぞれの職人と仕事ができること。映像技術は日に日に進歩していくなかで、僕は長年続いているこの古風な撮影方法に携わることが夢だったから『ファンタスティック Mr.FOX』で初めてストップモーション・アニメーションを撮った時に、夢が叶ったと思ったよ。特にアニメーターの仕事は素晴らしい。ボイスキャストによってパペット半分の命が吹き込まれるけれど、もう半分はアニメーターの手によるんだ。ただ物体のパペットを彼らが動かすことによって、パペットがモノを考えたり、モノを感じる、ひとつの生き物になるんだ。それぞれの職人の力がこのストップモーション成功の秘密だと思う。

と目を輝かせました。

映画情報どっとこむ ralph ここで特別に観客から直接来日ゲストへ質問ができることに!!!!


▼“孤独”という観点でいつもウェスの映画をみています。“孤独”でいることは好きですか?

いい質問をありがとう。孤独について考えることはよくあるんだ。この映画も沈黙や静かなシーンが多い。主人公のアタリは両親がいなくて友達もいない。それに映画の中では、一人の少年には荷が重すぎることを、孤独の中で挑戦していく姿が描かれていくし、この映画の中でも“孤独”は大きな位置を占めているとも言えるね。いつかは孤独という部分にちゃんとフィーチャーした映画を作りたいとも思っているよ。


▼監督の映画に出てくる雰囲気が好きなのですが、独特のインスピレーションがどこから湧いてくるんでしょうか?

僕はいま学生なのですが、学生の時にインスピレーションを受けた本など教えてください。質問してくれてありがとう。ぼくは映画を作るときにリストを作るんだ。例えば、『天才マックスの世界』ではフランス映画でルイ・マル監督、フランソワ・トリュフォー監督の作品、そして『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』は音楽で、モーリス・ラヴェルやヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコなどをリストアップしていました。きっと映画を作るときに僕のそれぞれのインスピレーションが化学反応を起こして、無意識ながらに映画に反映されているんだと思うんだ。映画において作りのコツは特にないけど、あるとしたらそこかもしれないね。

イベントも大いに盛り上がり、終盤に差し掛かってきたころ、なんとスペシャル・ナイトを記念して、登壇ゲストのサインが入ったポスターが客席にいる観客のうちのたった4名の方にサプライズプレゼントされることに!ウェス、コーユー、ジェフ、野村さんのそれぞれが引き当てたくじで選ばれたお客さんたちは、大声をあげて喜び、なかには感極まってまたもや涙を流す方々も見受けられました。


最後に観客のみなさんへ、

コーユー:犬ヶ島は本当に素晴らしい映画なので是非見てください!

ジェフ:今日は来てくれてありがとう!もう観た人もきてくれたようだね…観てない人は是非とも劇場で観てね!楽しかったよ!

野村さん:これから映画館で観る人は気に入ってくれたら最低10人には良かったと伝えてこの映画を広めてくれればくれればいいなと思います。

そして最後に

ウェス:正直言って、僕は今日この場を共有できただけで、それだけで嬉しいんだ。映画をたくさんの方に観て欲しいと思うけど、PRをすることはあんまり得意ではなくて…、でも日本が好きで作った映画だから皆さんがこの作品を観て楽しんでくれれば本当に嬉しいな。日本の文化や日本の人々への敬愛を感じ取ってもらえれば幸せです。今日は来てくれて本当にありがとう!」と、それぞれが思い思いの気持ちをたっぷりと語りました。


久しぶりで、そして念願の来日に興奮が収まらない様子のウェスは、

ウェス:次は言葉をショートにして話すように頑張るね!

と言いながらも自分のトークになるとマシンガントークが炸裂!

豪華キャスト陣による垂涎モノのレアトークとたっぷりのファンサービスの数々に会場に集まった観客大満足のなかイベントは幕を閉じました。


『犬ヶ島』

日本を深く愛するアンダーソン監督が、「黒澤明と宮崎駿、二人の巨匠から強いインスピレーションを受けて作った」と語る本作の舞台は近未来の日本。
4年の歳月をかけ、670人ものスタッフが心を込めて作り上げた登場人物と犬たち!
一つ一つ精巧にデザインされた驚愕の“日本”のセット!
ユニークで愛くるしい犬たちと少年の間に芽生えていく温かい絆に、世界中がピュアなハートを取り戻す、心躍る冒険物語。

公式サイト:
http://www.foxmovies-jp.com/inugashima/

公式Twitter:

物語・・・
近未来の日本。ドッグ病が大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。
ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。
島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

***********************************


監督:ウェス・アンダーソン

キャスト:
ブライアン・クランストン、コーユー・ランキン、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、野村訓市、グレタ・ガーウィグ、フランシス・マクドーマンド、スカーレット・ヨハンソン、ヨーコ・オノ、ティルダ・スウィントン、野田洋次郎(RADWIMPS)、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリ

全米公開:3月23日
日本公開日:5月25日(金)全国ロードショー
原題:ISLE OF DOGS
配給:20世紀FOX映画
(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation


U・x・U映画『犬ヶ島』望月ミネタロウによる、アナザーストーリーが週刊モーニングにて連載スタート


映画情報どっとこむ ralph あの『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)を手掛けたウェス・アンダーソン監督が贈るアニメーション映画『犬ヶ島』が5月25日(金)より全国公開となります。

全編にわたり日本を舞台とし、”ドッグ病”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描く本作。

声優陣としてビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スウィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーヴ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能を持ったキャストが集結。さらには日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS・野田洋次郎、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリらといった日本を代表する多彩なキャストの他、続々と人気ゲストの参加も発表されております!

先日開催された第68回ベルリン国際映画祭では、銀熊賞【監督賞】を堂々受賞!日本の映画ファンのみならず、全世界中からますますの注目を集めております!
『犬ヶ島』ベルリン国際映画祭レッドカーペット


映画情報どっとこむ ralph そして!この度、漫画「ドラゴンヘッド」「バタアシ金魚」「ちいさこべえ」などで知られる漫画家・望月ミネタロウによる、本作のアナザーストーリーが週刊モーニングにて連載スタートすることが決定しました!!!

独特な絵のタッチと表現技法からカルト的人気を誇る大御所漫画家・望月ミネタロウ。
今回、望月先生によって週刊モーニングの特別連載で描かれるのは、映画でも活躍する主人公のアタリと5匹の犬たちによって紡ぎ出されていくアナザーストーリー。

日本にたっぷりの愛とリスペクトを捧げるウェス・アンダーソンによって生み出されたユニークでアーティスティックな『犬ヶ島』の世界を舞台に、
望月ミネタロウならではのセンスによって繰り広げられていく今回の特別連載は、漫画ファンのみならず、映画ファンも必見の仕上がりになること間違いありません!

本連載は映画の公開前日の5月24日(木)発売号より3回の予定で掲載されることが既に決定しております。


週刊モーニングでの連載決定を受けたウェス・アンダーソン監督のコメント

『犬ヶ島』は“現実には存在しないマンガの翻案”として思いついた映画でした。そして今、素晴らしき望月ミネタロウさんが私たちのためにそれを現実のものにしてくれました。私たちは望月さんの作品を世界に贈り出すことを本当に嬉しく思っています。


マンガ化のオファーを受けた望月ミネタロウのコメント

僕がウェス・アンダーソンさんのファンなのは周知の事でしたので、候補に上がっていると聞いたときは、アンダーソンさんの世界観を日本で漫画にするなら、多分僕しかいないでしょ!と勝手に思ってました。実際やる事に決まったときは、宝くじに当ったような気持ちになった反面、アンダーソンさんの作家性とこだわりぬかれた世界観を改めて思い出し、『犬ヶ島』がストップモーションアニメなのも輪をかけて難しく‥これは大変な事を引き受けてしまった…とおろおろしました。壁紙の色柄まで可愛くて、いいです。難しいけど僕が好きな何かを表現できたらいいな。

と、それぞれコメント!

映画情報どっとこむ ralph さらに、連載開始を記念して、望月ミネタロウからオリジナルイラストも到着!!!

愛犬スポッツの行方を捜して遠くを見つめるアタリと、大好きな飼い主アタリの迎えを信じて忠実な眼差しでこちらを見つめるスポッツ、そして “ドッグ病”に感染された犬たちがさまよう“犬ヶ島”の殺伐とした様子がインパクトたっぷりに表現された本イラスト。望月ミネタロウの特徴ともいえるしっかりとした太い線で描かれたキャラクターたちの姿からは早くも望月ワールドの片鱗が垣間見え、5月に控えた連載スタートにますます期待が高まります!


『犬ヶ島』

5月25日(金)全国公開!!

公式サイト:
http://www.foxmovies-jp.com/inugashima/

公式Twitter:
@foxsearchlightj


第68回ベルリン国際映画祭【銀熊賞】2作品連続受賞の快挙達成!
『ファンタスティックMr.FOX』でストップモーション・アニメの新次元を切り開き、日本でも大ヒットを記録した『グランド・ブダペスト・ホテル』でアカデミー賞®
9部門にノミネートされたウェス・アンダーソン監督が、自身の最高傑作を塗り替える最新作を完成させた!日本を深く愛するアンダーソン監督が、「黒澤明と宮崎駿、二人の巨匠から強いインスピレーションを受けて作った」と語る本作の舞台は近未来の日本。4年の歳月をかけ、670人ものスタッフが心を込めて作り上げた登場人物と犬たち!一つ一つ精巧にデザインされた驚愕の“日本”のセット!ユニークで愛くるしい犬たちと少年の間に芽生えていく温かい絆に、世界中がピュアなハートを取り戻す、心躍る冒険物語。

ストーリー
近未来の日本。ドッグ病が大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく。

***********************************

監督:ウェス・アンダーソン

キャスト:ブライアン・クランストン、コーユー・ランキン、エドワード・ノートン、
ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、野村訓市、グレタ・ガーウィグ、
フランシス・マクドーマンド、スカーレット・ヨハンソン、ヨーコ・オノ、
ティルダ・スウィントン、野田洋次郎(RADWIMPS)、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリ

全米公開:3月23日
日本公開日:5月25日(金)全国ロードショー
原題:ISLE OF DOGS
配給:20世紀FOX映画
(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation


ウェス・アンダーソン監督が日本舞台でアニメ映画『Isle of Dogs』(原題)


映画情報どっとこむ ralph 全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)の製作陣が再結集する、20世紀フォックス映画配給にて、2018年の全世界公開予定の映画『Isle of Dogs』(原題)。


本作は、全編にわたり日本を舞台とし、失踪した愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描きます。

声優陣として、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能が集結したことでも話題となっている本作は、ただいま絶賛製作中です。

映画情報どっとこむ ralph 先日、海外ニュースサイトのIndieWireでのインタビューにおいて、最新作『Isle of Dogs』(原題)のアイデアの源泉について語ったウェス・アンダーソン監督。

アンダーソン監督がまず挙げているのが、70年代にTVアニメ(ストップモーション・アニメーション)として一世を風靡した、 “ランキン・バス クリスマス スペシャル”です。アンダーソン監督は、この作品を子供の頃に夢中で見ていたといい

アンダーソン監督:いつか自分でもあんな作品(人形アニメーション)を作って見たかったんだよ。

と語っています。

映画情報どっとこむ ralph そして、もう一つアイデアの源泉として挙げているのが、黒澤明監督です。本作を制作にするにあたって、黒澤明監督への熱烈なる敬愛を余すことなく表明しているアンダーソン監督ですが、

アンダーソン監督:新作、「Isle of Dogs」は黒澤作品からの影響の方が(ストップモーション・アニメーションより)大きいかもしれないね。

と断言。そこでこの度、日本のファンに向けて特別に、ウェス・アンダーソン監督本人にお気に入りの黒澤作品を聞きました!

アンダーソン監督:もちろんお答えするよ!挙げるとすれば、『天国と地獄』『悪い奴ほどよく眠る』『酔いどれ天使』かな。

ひとつめに挙げた“ランキン・バス クリスマス スペシャル”を制作したランキン・バス・プロダクションは、日米合作作品も多く残しており、のちに関連会社が宮崎駿監督作品『風の谷のナウシカ』の制作母体となったことでも知られていますが、黒澤監督同様、宮崎駿監督作品にも深い敬意を持っていると明かしているアンダーソン監督の日本文化への愛が垣間見られます。

単に日本を舞台としているだけでなく、日本のエンターテイメントの源流にまで視野に入れた最新作、『Isle of Dogs』でどのような世界が展開されるのか、今から期待が膨らみます。

***********************************

    


『ソーセージ・パーティー』アフレコ風景が見られる BD&DVD映像特典解禁


映画情報どっとこむ ralph ハリウッドの問題児セス・ローゲン主演・製作による“オトナのための”コメディアニメーション映画『ソーセージ・パーティー』のBlu-ray& DVDが3月8日(水)に発売となります。
外の世界は「楽園」に違いないと、人間に買われることを夢見てスーパーマーケットの陳列棚に並ぶ食材たちが、実際は人間に残酷に食べら れてしまうことを知った時、食材たちの反撃がはじまる!

食材たちに突き付けられる過酷な現実を描く本作は、2016年夏にアメリカで公開 するとあれよあれよと世界興収1億ドル突破の大ヒットを記録!「過激」で「下品」な映像がさく裂するR15指定のアニメーションに、日本公開時にも大きな話題となり、初日から3日間で1劇場あたりの週末興行アベレージでなんとNO.1という数値をたたき出しました。

そして!

本作のBlu-ray&DVD発売に先駆け、特典映像として収録される「爆笑!録音風景」が解禁!。

エドワード・ノートン、ビル・ヘイダー、サルマ・ハエック、 ジェームズ・フランコなど・・・・ハリウッドを代表する大スターの 大爆笑のアフレコ風景が見られる 映像特典「爆笑!収録風景」一部公開!



本作の声優陣には、セス・ローゲンのほか、クリスティン・ウィグ、ジョナ・ヒル、ジェームズ・フランコと下品 なコメディを得意(!?)とする面々に加え、高い演技力で数々の映画賞にノミネートされ、シリアスな 役柄に定評のあるエドワード・ノートンや、『フリーダ』でアカデミー賞®主演女優賞などの候補になり、2005年にはカンヌ国際映画祭の審査員も務めたサルマ・ハエックなど、ハリウッドを代表するスターが集結しています。
これまで積み上げて来たキャリアに傷がつきそうな、そしてこの先のキャリアに も影響が出そうな「過激」で「下品」な映像と”セリフ”に真剣(!?)に取り組む大スターのアフレコ映像は、大爆笑間違いなしです。

映画情報どっとこむ ralph
ギンギンにイケてるスタッフ&キャストが大集結した『ソーセージ・パーティー』は3月8日(水)Blu-ray&DVD発売!特典映像には今回一 部のみ公開した「爆笑!録音風景」の他にも、カットされたセリフや、収録裏話、テーマ曲について、なども特典映像として収録しています。


ソーセージ・パーティー

ブルーレイ&DVD 3 月 8 日(水)発売/レンタル開始
デジタル先行配信中!

ブルーレイ ¥4,743(税抜)
DVD ¥3,800(税抜)

***********************************

発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
© 2016 Columbia Pictures Industries, Inc. and Great Beyond LLC. All Rights Reserved.


『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』日本版予告編


4月公開。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督最新作

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

の日本版予告編が解禁しました。

第72回ゴールデン・グローブ賞最多7部門ノミネート。
ヴェネチア、ニューヨーク映画祭で破格の喝采を浴び、アカデミー賞(R)を頂点とした来たる賞レースで注目の話題作です。



冒頭では、バックステージを流れる圧倒的なカメラワークで、かつてスーパーヒーロー映画「バードマン」で大スターとなり、すべてを手に入れ、失った男リーガン(マイケル・キートン)を追い続ける。

ティム・バードン版『バットマン』を演じたマイケル・キートンを筆頭に『インクレディブル・ハルク』のエドワード・ノートン、『アメイジング・スパイダーマン』のエマ・ストーンという新旧アメコミキャストという顔ぶれ、そして演技派のナオミ・ワッツが華を添える。

もう一度、“愛されたい”と復活をかけブロードウェイの舞台に立とうとする彼を待ち受ける奇想天外なトラブルとは―。

ニューヨークの真ん中で現実と幻想が交差し、何層にもひねられた辛辣でドラマティックなダーク・ファンタジー、そして欠点だらけの男が見出した愛が観る者の心を打ち抜く感動作が、ここに誕生です!

物語・・・

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。

レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。

バードマン
しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。

さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

2015年4月、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー です。

********************************************************************

監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ (『バベル』『21グラム』『アモーレス・ペロス』)
撮影:エマニュエル・ルベツキ(オスカー撮影賞受賞『ゼロ・グラビティ』『ツリー・オブ・ライフ』『トゥモロー・ワールド』)
音楽:アントニオ・サンチェス(オリジナル・スコア / 「New Life」で第55回グラミー賞受賞)
キャスト:マイケル・キートン、エドワード・ノートン、エマ・ストーン、ザック・ガリフィナーキス、ナオミ・ワッツ
©2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

配給:20世紀フォックス映画