「ウェス・アンダーソン監督」タグアーカイブ

『犬ヶ島』ウェス・アンダーソン監督、コーユー・ランキン、ジェフ・ゴールドブラム来日決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)を手掛けたウェス・アンダーソン監督が贈る映画『犬ヶ島』が5月25日(金)に日本公開いたします。

全編にわたり日本を舞台とし、”ドッグ病”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描く本作。声優陣としてビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スウィントン、F・マーリー・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュレイバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能を持ったキャストが集結。さらには日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS・野田洋次郎、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリらといった日本を代表する多彩なキャストの他、続々と人気ゲストの参加も発表されております。先日開催された第68回ベルリン国際映画祭では、銀熊賞【監督賞】を堂々受賞!日本の映画ファンのみならず、全世界中からますますの注目を集めております!
この度、本作の公開に先駆け、ウェス・アンダーソン監督と主人公アタリの声を担当したコーユー・ランキン、ヒーロー犬の一匹・デュークの声を担当したジェフ・ゴールドブラムの来日が決定いたしました!!!

映画情報どっとこむ ralph 大好きな日本を舞台とする本作を制作するにあたって、以前より日本に訪れることを熱望していたというウェス・アンダーソン。そんなウェスの念願が叶う今回の来日は、なんと2005年に公開された『ライフ・アクアティック』のプロモーション以来、13年ぶりとのこと!さらに、今回主役に大抜擢された期待の新星子役のコーユー・ランキンは映画のプロモーションでの来日は今回が初めて!そして、劇中で噂好きのゴシップ犬・デュークの声を担当したウェス組常連のジェフ・ゴールドブラムは、2016年に公開された『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』以来、2年ぶりの来日となります!公開を今月に控え、ますます盛り上がりを見せている日本への渡航に向け、はやくも興奮が冷めやらないウェス監督は

ウェス監督:僕はこの過去3年の間、イギリスの映画用防音スタジオにあるミニチュアの日本で暮らしてきたようなものだった。それに日本映画に影響された想像上の日本の中でと考えると過去6年間にもなる。だから本当の、実物大サイズの日本を訪れ、犬ヶ島を作り上げるためにこれまでかけてきた時間の結果を見せられることにとても興奮しているんだ。

とメッセージを寄せております。来日ゲストは5月22日(火)に開催される本作の来日舞台挨拶イベントにて登壇する予定です!

超豪華キャスト陣が一堂に会する今回の来日プロモーション!日本へのたっぷりの愛とリスペクトを込めて本作を制作したウェスや、その熱い思いを受け継ぎ、役へと注ぎ込んだコーユーとジェフは、熱烈な日本のファンの目の前でどのようなことを語ってくれるのか!?

映画『犬ヶ島

5月25日(金)全国公開!!

***********************************


スタッフ:監督:ウェス・アンダーソン

キャスト:ブライアン・クランストン、コーユー・ランキン、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、野村訓市、グレタ・ガーウィグ、フランシス・マクドーマンド、スカーレット・ヨハンソン、ヨーコ・オノ、ティルダ・スウィントン、野田洋次郎(RADWIMPS)、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリ

©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation


『犬ヶ島』が、第68回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(監督賞)受賞!


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞、全世界で大ヒットを記録した『グランド・ブダペスト・ホテル』(’14)の製作陣が再結集したウェス・アンダーソン監督最新作『犬ヶ島』が、第68回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(監督賞)を受賞いたしましたので、お知らせいたします。前作『グランド・ブダペスト・ホテル』銀熊賞(審査員グランプリ)に続き、2作連続受賞の快挙を果たしました!

現地で行われた授賞式では、監督に代わって受賞したビル・マーレイは、有名なジョン・F・ケネディの演説(私はベルリン市民である)をもじり、

ビル・マーレイ:私はベルリン犬です。俳優として犬を演じ、熊を連れて帰ることになるとは思ってもみませんでした。

と語りました。

『犬ヶ島』ベルリン国際映画祭レッドカーペット
全編にわたり日本を舞台とし、”犬インフルエンザ”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探すアタリ少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描く本作は、第68回ベルリン国際映画祭のオープニングを飾る作品として華々しく上映され、日本の映画ファンのみならず、瞬く間に全世界にそのニュースが広がりました!

また、レッドカーペットには日本のボイスキャストを代表しRADWIMPS・野田洋次郎と夏木マリが参加!

ハリウッドを代表する錚々たる俳優陣や製作者たちとともに熱狂的なファンの声援に応える姿が注目を集めました。

映画情報どっとこむ ralph ☆ハリウッドから日本から、豪華声優陣がウェス組に参加!☆

声優陣としてビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、ランキンこうゆう、ヨーコ・オノら多彩な才能を持ったハリウッドスターやアーティストが集結。さらには、日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS野田洋次郎・村上虹郎・渡辺謙・夏木マリらといった、こちらも日本を代表する多彩なキャスト陣が参加。公式サイトで公開された予告映像は、『グランド・ブダペスト・ホテル』を超える12,074,066回の再生回数を記録しており、国内外で話題を呼んでいます!

カンヌ、ベネチアと並ぶ世界三大映画祭のひとつとして数えられるベルリン国際映画祭。この盛大な祭典のオープニング作品、そしてコンペティション作品として当初より注目を浴びていた『犬ヶ島』は、現地でのマスコミ試写も2館で行われ、朝早くから長蛇の列ができる満員御礼状態、上映後の批評家の採点でも高得点を記録し、この度の銀熊賞【監督賞】の受賞につながりました。

映画情報どっとこむ ralph ☆☆ウェス・アンダーソン監督の日本映画への愛に感動!☆☆

 ウェス・アンダーソン監督独特の世界の中で、細部に至るまでリアルに作り込まれたユニークで愛くるしい犬たちが少年と共に力を併せて奮闘するこの物語には、日本映画への愛もいたるところに感じられ、ベルリンの映画ファンのみならず、世界中のジャーナリストたちをも唸らせ、拍手喝さいを浴びました!また、本作は、単に日本を舞台としているだけではなく、天才監督、ウェス・アンダーソン監督の視点を通じた日本のカルチャーを世界へ発信する一大プロジェクト『犬ヶ島』としてベルリン映画祭を皮切りに、世界中に発信され早くも話題を呼んでいます。

今年は戌年!
犬ヶ島
日本公開予定は5月だ​ ​U・x・U ​ワン!

公式HP:http://inugashima

全編にわたり日本を舞台とし、”犬インフルエンザ”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描く本作は、声優陣としてビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能を持ったキャストが集結。

さらには、日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS・野田洋次郎、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリらといった日本を代表する多彩なキャスト陣も参加!

***********************************

監督:ウェス・アンダーソン
声優陣:
ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市、スカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノ

RADWIMPS・野田洋次郎、夏木マリ、村上虹郎、渡辺謙
    
    


ウェス・アンダーソン監督最新作『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭OP上映


映画情報どっとこむ ralph 全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)の製作陣が再結集する映画『犬ヶ島』が2018年春より、日本を含む全世界で公開。
この度、本作が、2018年2月15日[現地時間]より開催される第68回ベルリン国際映画祭のオープニング作品として上映&コンペティション部門への正式出品が決定しました!

独特な世界観で数多くの映画ファンを魅了し、ベルリン国際映画祭の参加も常連ともいえるウェス・アンダーソン監督作品としては、審査員グランプリの銀熊賞を受賞した『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)以来、オープニング作品としては約4年ぶり、2度目の選出、またコンペティション部門へは4度目の出品となります!!!


本作は、全編にわたり日本を舞台とし、失踪した愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描きます。

声優陣として、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能が集結。

さらには、日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS・野田洋次郎、夏木マリ、村上虹郎、渡辺謙らといった日本を代表する異色なキャスト陣の参加が決定していることから、映画ファンを中心に日本のみならず世界中が公開を待ちわびています!

現在、映画祭での上映日に合わせキャスト、スタッフの渡航は調整中。


***********************************

映画『Isle of Dogs』
邦題『犬ヶ島』

監督:ウェス・アンダーソン
ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市、スカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノ


ウェス・アンダーソン監督が日本舞台でアニメ映画『Isle of Dogs』(原題)


映画情報どっとこむ ralph 全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)の製作陣が再結集する、20世紀フォックス映画配給にて、2018年の全世界公開予定の映画『Isle of Dogs』(原題)。


本作は、全編にわたり日本を舞台とし、失踪した愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描きます。

声優陣として、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能が集結したことでも話題となっている本作は、ただいま絶賛製作中です。

映画情報どっとこむ ralph 先日、海外ニュースサイトのIndieWireでのインタビューにおいて、最新作『Isle of Dogs』(原題)のアイデアの源泉について語ったウェス・アンダーソン監督。

アンダーソン監督がまず挙げているのが、70年代にTVアニメ(ストップモーション・アニメーション)として一世を風靡した、 “ランキン・バス クリスマス スペシャル”です。アンダーソン監督は、この作品を子供の頃に夢中で見ていたといい

アンダーソン監督:いつか自分でもあんな作品(人形アニメーション)を作って見たかったんだよ。

と語っています。

映画情報どっとこむ ralph そして、もう一つアイデアの源泉として挙げているのが、黒澤明監督です。本作を制作にするにあたって、黒澤明監督への熱烈なる敬愛を余すことなく表明しているアンダーソン監督ですが、

アンダーソン監督:新作、「Isle of Dogs」は黒澤作品からの影響の方が(ストップモーション・アニメーションより)大きいかもしれないね。

と断言。そこでこの度、日本のファンに向けて特別に、ウェス・アンダーソン監督本人にお気に入りの黒澤作品を聞きました!

アンダーソン監督:もちろんお答えするよ!挙げるとすれば、『天国と地獄』『悪い奴ほどよく眠る』『酔いどれ天使』かな。

ひとつめに挙げた“ランキン・バス クリスマス スペシャル”を制作したランキン・バス・プロダクションは、日米合作作品も多く残しており、のちに関連会社が宮崎駿監督作品『風の谷のナウシカ』の制作母体となったことでも知られていますが、黒澤監督同様、宮崎駿監督作品にも深い敬意を持っていると明かしているアンダーソン監督の日本文化への愛が垣間見られます。

単に日本を舞台としているだけでなく、日本のエンターテイメントの源流にまで視野に入れた最新作、『Isle of Dogs』でどのような世界が展開されるのか、今から期待が膨らみます。

***********************************