「ウィレム・デフォー」タグアーカイブ

『永遠の門 ゴッホの見た未来』邦題決定&ゴールデングローブ賞主演男優賞ノミネート


映画情報どっとこむ ralph 『At Eternity’s Gate』(原題)が、米国現地時間12月6日5:00(日本時間6日22:00)頃より行われた第76回ゴールデングローブ賞ノミネーション発表にて、主演のウィレム・デフォーが主演男優賞(Best Performance by an Actor in a Motion Picture – Drama)にノミネートされました。また、邦題を『永遠の門 ゴッホの見た未来』とすることも決定しました。
ゴールデングローブ賞は、その年の映画賞レースやアカデミー賞の行方をうらなう前哨戦のひとつとして位置づけられていることもあり、受賞結果には世界の映画ファンからも非常に高い注目が集まります。

『永遠の門 ゴッホの見た未来』は、精神に病を抱え、近しい芸術家たちとも真っ当な人間関係を築けず、常に孤独の中に生きたフィンセント・ファン・ゴッホを描いた作品です。唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたゴーギャンとの出会いと、共同生活の破綻。そして、いまだ多くの謎が残る死――。生きているうちに誰にも理解されなくとも、自分が見た<世界の美しさ>を信じ、筆を握り続けたゴッホ。不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家が、自らの人生を通して何を見つめていたのかを、『潜水服は蝶の夢を見る』で話題を呼んだ鬼才監督ジュリアン・シュナーベルが渾身の力で描いた圧倒的映像美で贈る、珠玉の感動作となっております。

映画情報どっとこむ ralph シュナーベル監督に「この役は、彼しか考えられなかった」と言わしめたのが、今回主人公のゴッホを演じ、第75回ヴェネチア国際映画祭では見事最優秀男優賞に輝いたばかりのウィレム・デフォー。ウェス・アンダーソンなど、作家性の高い監督作品からハリウッド大作まで、幅広いジャンルで活躍。これまでゴールデングローブ賞では、『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』(01)と『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』(17)の2回助演男優賞にノミネートされていますが、主演男優賞では初のノミネートとなりました。観客を圧倒する演技に、今後の賞レースでも期待が高まります。
気になる第76回ゴールデングローブ賞の受賞結果は、現地時間2019年1月6日(日)に発表となります。

ウィレム・デフォー初のゴールデングローブ賞主演男優賞受賞となるのか!?ぜひ、ご注目ください。

永遠の門 ゴッホの見た未来
原題:At Eternity’s Gate
日本公開は、2019年を予定。

***********************************

監督:ジュリアン・シュナーベル 『潜水服は蝶の夢を見る』
出演:
ウィレム・デフォー 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』
オスカー・アイザック 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』
マッツ・ミケルセン 『偽りなき者』
マチュー・アマルリック 『グランド・ブダペスト・ホテル』
配給:ギャガ、松竹
© Walk Home Productions LLC 2018


ウィレム・デフォーが最優秀男優賞『At Eternity’s Gate』ゴッホ役で!第75回ヴェネチア国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 『At Eternity’s Gate』(原題)が、この度、現地時間9月8日に行われた第75回ヴェネチア国際映画祭授賞式にて、主演のウィレム・デフォーが最優秀男優賞(Volpi Cup for Best Actor)を受賞しました。

ヴェネチア国際映画祭は、その年の映画賞レースやアカデミー賞の行方をうらなう前哨戦として位置づけられていることもあり、ここでの受賞者や受賞作には、映画関係者は勿論のこと、世界の映画ファンからも非常に高い注目が集まります。

気になる本作の内容ですが・・・

『At Eternity’s Gate』(原題)は、精神に病を抱え、近しい芸術家たちとも真っ当な人間関係を築けず、常に孤独の中に生きたフィンセント・ファン・ゴッホを描いた作品です。唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたゴーギャンとの出会いと、共同生活の破綻。そして、いまだ多くの謎が残る死。

映画情報どっとこむ ralph 不器用なまでに芸術と向き合い、生きているうちにはほぼその絵が売れたことのなかった孤高の画家が、自らの人生を通して何を見つめていたのかを、『潜水服は蝶の夢を見る』で話題を呼んだ鬼才監督ジュリアン・シュナーベルが渾身の力で描いた注目の一作です。

シュナーベル監督に「この役は、彼しか考えられなかった」と言わしめたのが、今回主人公のゴッホを演じ、見事「最優秀男優賞」に輝いたウィレム・デフォーです。

ラース・フォン・トリアー、ウェス・アンダーソンなど作家性の高い監督作品から、ハリウッド大作まで幅広いジャンルで活躍し、最近ではショーン・ベイカー監督『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』(17)でアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞他多くの助演男優賞にノミネート、全米批評家協会賞、NY批評家協会賞などで同賞を受賞。そんなデフォーの、本作での観客を圧倒する演技には、今後の賞レースでも期待が高まります。

共演者には、オスカー・アイザック、ルパート・フレンド、マッツ・ミケルセン、マチュー・アマルリックら錚々たるキャスト陣。

At Eternity’s Gate

日本公開は、2019年を予定。

物語・・・
幼いころから精神に病を抱え、まともな人間関係が築けず、常に孤独だったフィンセント・ファン・ゴッホ。才能を認め合ったゴーギャンとの共同生活も、ゴッホの衝撃的な事件で幕を閉じることに。あまりに偉大な名画を残した天才は、その人生に何をみていたのか――。

***********************************

監督:ジュリアン・シュナーベル 『潜水服は蝶の夢を見る』  
出演:ウィレム・デフォー  『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』
オスカー・アイザック『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』
マッツ・ミケルセン 『偽りなき者』
マチュー・アマルリック 『グランド・ブタペスト・ホテル』
配給:ギャガ、松竹
©Walk Home Productions LLC 2018


『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』全国公開中激かわメイキング写真一挙解禁


映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭でプレミア上映されるや、観客総立ちで拍手喝采を浴び世界中のジャーナリストたちに、“最高傑作”-LAタイムズ/ローリング・ストーン、“歴史に残ることが運命付けられた作品”—アイリッシュタイムズ、“この映画は、ディズニー・ワールドよりマジカルだ!”-アリゾナ・リパブリックと絶賛され、全世界で107ノミネート57受賞(2018.3.5時点/IMDB調べ)し、アカデミー賞助演男優賞(ウィレム・デフォー)ノミネートの話題作『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』が全国公開中です!

本作で初めての共演にも関わらず、まるで本当の親友のようにぎゅーっとハグをする子供たちの様子や、くしゃくしゃの可愛らしい笑顔をカメラに向けている写真などが悶絶級に可愛らしい写真が一挙解禁!

他にも母親役のブリア・ヴィネイトとウィレム・デフォーが楽しくスマホを覗きながら談笑している様子など、演じている本人たちがとても楽しそうに過ごしている貴重なオフショットが収められています!

子供は大人と違いコントロールするのがなかなか難しいものですが、本作で見事に子供たちの魅力を引き出した監督のショーン・ベイカー。

意外にも子役と仕事をするのは本作が初めてだそう!
子供たちに甘いものを与えすぎると元気になりすぎてコントロールができないと考えた監督は、子供たちには内緒でアイスやお菓子をシュガーフリーのものを出していたそう!

公式サイト:
floridaproject.net 

Twitter:
https://twitter.com/FP_movie0512 

あらすじ・・・
6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

***********************************

監督・脚本・編集:ショーン・ベイカー
出演:ブルックリン・キンバリー・プリンス、ウィレム・デフォー、ブリア・ヴィネイト

2017年/アメリカ/カラー/DCP5.1ch/シネマスコープ/112分
提供:クロックワークス、アスミック・エース
配給:クロックワークス
(C)2017 Florida Project 2016, LLC.


伝説の80年代『ストリート・オブ・ファイヤー』がリマスターで公開!


映画情報どっとこむ ralph 80年代に日本でも大ヒットを記録し、1984年のキネマ旬報人気投票読者部門第1位にも輝いたウォルター・ヒル監督『ストリート・オブ・ファイヤー』がデジタル・リマスター版として劇場公開となることが決定しました!!

7月21(土)よりシネマート新宿ほかにて全国順次公開となります。


男は、無法者たちの手から愛した女を救えるのか…!?

街へ戻ってきた流れ者のトム・コーディ。
かつての恋人で大人気ロック歌手となったエレンが、ストリートギャング“ボンバーズ”に攫われたと知ったコーディは、陸軍上がりの女兵士マッコイと共にエレンを救い出し、ボンバーズのボス、レイブンに一対一の闘いを挑む!

『ロング・ライダーズ』(80年)のウォルター・ヒル監督が84年に発表し、日本で大ヒットを記録した本作。この作品で大ブレイクを果たしたマイケル・パレと当時19歳のダイアン・レインが互いに未練を残す元恋人同士を演じ、若き日のウィレム・デフォーがギャング集団のボス役を怪演。
青春劇の王道を行くストーリーとスピーディーな展開、ド派手なアクション描写の数々、そして全編を覆う強烈なロックのリズム!! ファイヤー・インク「今夜は青春」やライ・クーダー・バンドの楽曲が強い印象を残す。

80年代のアイコンに満ち溢れた最高のロックンロール映画が、この度デジタル・リマスター版、5.1CHの大音響にて、スクリーンによみがえります!

映画情報どっとこむ ralph
ストリート・オブ・ファイヤー
原題:Streets of Fire
7月21(土)シネマート新宿ほかダイナマイトロードショー!以降全国順次公開

URL:streets-of-fire-jp.com

あらすじ
ロック歌手のエレンが地元凱旋ライブ中にストリートギャング“ボンバーズ”に誘拐された。久々に街に戻ってきた流れ者のトム・コーディは、元恋人エレン拉致の事実を知り、偶然出会った陸軍あがりの女兵士マッコイとともにボンバーズのアジトを急襲、エレンを救い出した。面目を潰されたボンバーズのボス、レイヴンはトムに決闘を申し込み、街に仲間とともになだれ込んできた。レイヴンとトムの一騎討ちの死闘。壮絶な対決の末、トムが勝利した。この出来ごとに恋心が再燃したエレンとトム。エレンは復縁を申し出るが、トムはまた街を去ることを決めていた。


***********************************

監督:ウォルター・ヒル
脚本:ウォルター・ヒル、ラリー・グロス
撮影:アンドリュー・ラズロ
音楽:ライ・クーダー
出演:マイケル・パレ、ダイアン・レイン、リック・モラ
ニス、エイミー・マディガン、ウィレム・デフォー
1984年 アメリカ
カラ― 94分
提供:キングレコード
配給:コピアポア・フィルム
©1984 Universal Studios. All Rights Reserved.
    


人はなぜ山に登るのか?ド迫力ドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 昨年、オーストラリアで興行収入150万ドルを超え、ドキュメンタリー映画としては年間1位の大ヒットを記録!

映画サイトRotten tomatoesでは96点と高得点を獲得し、第61回ロンドン・フィルムフェティバルなど世界の映画祭で喝采を浴びた話題作『クレイジー・フォー・マウンテン』がついに日本公開!
Ben Briggs on the first exposed gendarme on the Diables arete

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁された予告編は、荘厳なオーケストラの演奏と共に本作のテーマ“人は‟なぜ山に登るのか?”という問いかけから始まる。登場する山々は、エベレスト(ネパール)、モンブラン(フランス)、メルー(北インド)、デナリ(アメリカ)など名峰の数々で、その恐ろしくも美しい姿に息を吞む。また、垂直の岩壁を素手で登ったり、山頂からマウンテンバイクをするアスリートなど驚愕のシーンの連続です!



中でも、ただならぬ緊張感のクライミングシーンに登場するメキシコ・モンテレイ市のエル・センデロ・ルミノソという標高500mの高さの絶壁は圧巻!!!

山の難易度を紹介するMountain projectで最高レベルを誇り、さすがの存在感。その絶壁に命綱無しで挑むのは、フリーソロクライミング界のスーパースター、アレックス・オノルド。

この高さのクライミングに成功したのは彼が世界で初めてだ。足を滑らせたり、バランスを崩す事は「死」を意味するまさに究極のクライミング。こんなド迫力の山々を詰め込んだ本作で“人はなぜ山に登るコのか?”その答えを目の当たりにして欲しい。

映画情報どっとこむ ralph


5大陸の難関峰への登頂をはじめ、山を舞台とした様々なエクストリーム・スポーツに挑む登山家・アスリート達を壮大なスケールで記録したドキュメンタリー。

クレイジー・フォー・マウンテン

7月21日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開

公式サイト:
http://crazy4mountain.com

***********************************

製作・監督:ジェニファー・ピードン 
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館
協力:The North Face
配給:アンプラグド
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ  
©2017 Stranger Than Fiction Films Pty Ltd and Australian Chamber Orchestra Pty Ltd