「ウィノナ・ライダー」タグアーカイブ

キアヌ・リーブス × ウィノナ・ライダー映画『おとなの恋は、まわり道』日本公開決定&予告到着


映画情報どっとこむ ralph 『マトリックス』シリーズで世界を制したキアヌ・リーブスと、『シザーハンズ』で世界の恋人になったウィノナ・ライダー。そんなふたりの4度目の共演が実現、個性が強すぎて恋愛も人生もうまくいかない男女という、インパクト絶大のキャラクターに挑んだラブストーリー、映画『おとなの恋は、まわり道』(原題:「Destination Wedding」)の日本公開が決定し、予告篇も解禁となりました。


過去共演は『ドラキュラ』(92)、『スキャナー・ダークリー』(06)、『50歳の恋愛白書』(10)最近、ウィノナ・ライダーが、ルーマニアで撮影した『ドラキュラ』(92)では、本物の司祭を呼んで、正式な儀式にのっとって結婚シーンを撮影したため、二人の結婚は成立していたとかいないとか。

本作での共演は、脚本を気に入ったウィノナ・ライダーが、キアヌ・リーブスに脚本を送った事で実現。

物語の軸になる二人について、監督のヴィクター・レヴィンは「二人の友情は、今回の撮影においては大きな財産だった」と語る。共演を重ねてきた二人だから実現できた掛け合いの数々にご期待下さい。


映画情報どっとこむ ralph キアヌ史上最強の<ヘンクツ男:フランク>&ウィノナは強烈な<毒舌ヘリクツ女:リンジー>を演じる本作でキアヌ・リーブスが演じるのは、ヘンクツで憂鬱な男・フランク。

キアヌ:(フランクは)ものすごく不安定で人間嫌いだけど、僕は彼のウィットが好きだし、苦しみも理解できる。愛は多くの人にとっては良いものかもしれないが、彼には大きな不幸をもたらして終わるだけのもの。だったら最初から痛みを感じずに済むように関わらなければいいと思っている。だけど彼はリンジーと出会って、彼女に惹かれていく自分に気づき、自分の過去を乗り越えようとするのです。

婚約者に結婚式を目前にして棄てられた過去を持ち、運命の恋を信じられなくなった“ドクゼツ女”リンジーを演じるのは、ウィノナ・ライダー。彼女の演技について、ヴィクター・レヴィン監督は、

監督:彼女のようには誰も演じられない。この自然なウィノナらしさは誰にも真似できないんだ。彼女はキャラクターを本能で理解している。だから簡単に自分を開放して、自然に演じられるんだ!

と語っています。


最悪の結婚式で出会った、相性最悪だけど似た者同士の二人の物語

【絶縁した家族の結婚式】に出席するフランクと、【元婚約者の結婚式】に出席するリンジー。
リゾート地での結婚式に向かうための空港で偶然出会い、口論を繰り返していた二人は、やがてお互いが同じ結婚式に向かっていることに気づきウンザリする。現地でホテル、食事のテーブルなどで隣にされていた二人はゲンナリながらも口論や会話を重ねるうちに、徐々にお互いの共通点に気づき始めていく。そんな時、二人の眼の前にあるものが現れる。今更、自分は変えられないけど素敵な恋はしたい!そんな全ての人に贈る、大人のラブストーリー!独身生活が長くて、お互いにもういい歳をした大人。仕事もしていて収入もある。今のままでも幸せだから、無理して自分を変えたいとは思わない。だけど素敵な恋はしたい!

映画情報どっとこむ ralph そんな全ての人に贈る“まわり道”ラブストーリーはいかが!?

映画『おとなの恋は、まわり道
原題・英題
Destination Wedding


公式サイト:
koi-michi.com

12月 TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

***********************************


監督・脚本/ヴィクター・レヴィン
出演/ウィノナ・ライダー、キアヌ・リーブス
アメリカ/87分/英語/カラー/スコープ/Destination Wedding/R-15
配給:ショウゲート
日本語字幕:稲田嵯裕里


J.T.リロイこと、ローラ・アルバートまさかの緊急来日決定!


映画情報どっとこむ ralph 初日の新宿シネマカリテにて公開インタビュー!!!!
事の真相を赤裸々に語る!!!!

4月8日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷にて公開となる映画『作家、本当のJ.T.リロイ』の初日にあわせて、“J.T.リロイ”こと、作家のローラ・アルバート緊急来日が決定!

ローラ・アルバート本人がJ.T.リロイ騒動を語りつくします!

お客様からの質問を受け付けるQ&Aも行います!!

ここでしか聞けない話など、映画以外の話も聞けるかも!!!?

日程:2017年4月8日(土)
会場:新宿シネマカリテ
登壇:ローラ・アルバート(作家)
聞き手:森直人(映画評論家)

購入方法:鑑賞日の2日前より新宿シネマカリテのオンライン、劇場窓口にて販売

※上映時間の詳細は、劇場公式サイトにて発表

映画情報どっとこむ ralph なぜ、“作家”ローラ・アルバートは10年もの間、J.T.リロイに物語を語らせたのか。

世界を驚かせた事件の真実を、彼女自身の言葉とセレブたちの通話音声によって解剖する。

映画『作家、本当のJ.T.リロイ
原題: Author: The JT Leroy Story

公式サイト:http://www.uplink.co.jp/jtleroy/
公式Twitter:@JTleroyMovieJP

2017年4月8日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開です。

★サンダンス国際映画祭2016 正式出品★

***********************************

監督:ジェフ・フォイヤージーク(『悪魔とダニエル・ジョンストン』)
撮影監督:リチャード・ヘンケルズ
音楽:ウォルター・ワーゾワ
出演:ローラ・アルバート、ブルース・ベンダーソン、
デニス・クーパー、ウィノナ・ライダー、アイラ・シルバーバーグ ほか
(2016年/アメリカ/111分/カラー、一部モノクロ/1.85:1/DCP/)
配給・宣伝:アップリンク
© 2016 A&E Television Networks and RatPac Documentary Films, LLC. All Rights Reserved.


全世界がダマされた天才作家、美少年! 『作家、本当のJ.T.リロイ』


映画情報どっとこむ ralph 全世界がダマされた!!! 1996年、突如文壇に現れた謎の天才美少年 “作家”J.T.リロイは存在しなかった?!

映画『作家、本当のJ.T.リロイ』の公開が、4月8日(土)より新宿シネマカリテ、アップリ ンク渋谷ほかにて決定、併せてビジュアルを解禁いたしました。

なぜ、“作家”ローラ・アルバートは 10 年もの間、J.T. リロイに物語を語らせたのか。

世界を驚かせた事件の 真実を、彼女自身の言葉とセレブたちの通話音声によ って解剖する。 1996年に突如文壇に現れ、女装の男娼となった過去を 綴った自伝『サラ、神に背いた少年』で時代の寵児とな った謎の天才美少年作家、J.T.リロイ。その才能にほれ 込み、映画監督のガス・ヴァン・サントは『エレファン ト』の脚本を依頼。二作目の著作『サラ、いつわりの祈 り』はアーシア・アルジェントによって2004年に映画 化された。

しかし、2006年ニューヨーク・タイムスの 暴露記事によって事態は一変する。

映画情報どっとこむ ralph スリリング!まるでスパイ小説のような、野心と個性を まとう女の奇妙であり得ない実話ドキュメント
――Los Angeles Times

当時のガス・ヴァン・サント、アーシア・アルジェント、トム・ウェイツ、コートニー・ラブなどとの留守 電メッセージや会話から見えてくるローラ・アルバートの人生ドラマ。全米を騒がせた文学スキャンダル に新たな光を与えた。目が離せない!
――IndieWire

映画『作家、本当のJ.T.リロイ
原題: Author: The JT Leroy Story

2017年4月8日(土)より 新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開

***********************************

監督:ジェフ・フォイヤージーク(『悪魔とダニエル・ジョンストン』)
撮影監督:リチャード・ヘンケルズ
音楽:ウォルター・ワーゾワ
出演:ローラ・アルバート、ブルース・ベンダーソン、デニス・クーパー、ウィノナ・ライダー、アイラ・シルバーバーグ ほか

2016年/アメリカ/111分/カラー、一部モノクロ/1.85:1/DCP/
配給・宣伝:アップリンク
© 2016 A&E Television Networks and RatPac Documentary Films, LLC. All Rights Reserved.


人はどこまで残酷になれるのか!?『アイヒマンの後継者』予告到着


映画情報どっとこむ TJ 社会心理学者スタンレー・ミルグラムによって実際に行われた“アイヒマン実験”と、彼の人生を描いた映画『アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発』は2017 年 2 月 25 日(土)、新宿シネマカリテほか全国で順次公開。の日本版予告編 が解禁!!



この度、解禁された日本版予告編では、前半、1961年に始まったアイヒマン実験に参加した被験者たちが次々と映し出される。

学習者の苦しみを伝える人。死んでいないか確認してくれと訴える人。実験の続行をためらう人。中には笑ってしまう人。

しかし、多くの被験者は抵抗をみせつつも、最終的には実験者の命令に従い、最大450ボルトの電気ショックを学習者に与える。

理由を尋ねても彼らは、「続けろ」と言われたからと答える。

後半では、驚くべき実験結果によって注目を浴びるミルグラム博士だったが、「不道徳」「非人道的」であると、社会から批判を受 け苦悩する表情が印象的。

そして、最後には、「人はどこまで残酷になれるのか。」という観客に問いかける言葉で締めくくられている。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%92%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%be%8c%e7%b6%99%e8%80%85
映画情報どっとこむ TJ 1961年。

米・イェール大学で、世界を震撼させたアイヒマン実験が行われようとしていた。

ユダヤ系アメリカ人のスタンレー・ミルグラムは、“なぜ、どのようにホロコーストが起きたのか” “人間はなぜ権威 へ服従してしまうのか”を実証するため、電気ショックを用いての実験を繰り返し行う。

その結果は、ハンナ・アーレン トが提唱した「悪の凡庸さ」を科学的に実証し、被験者だけでなく社会全体に様々な影響と波紋をなげかけることになる。

実験の方法を学会から非難され名指しで攻撃されながらもミルグラムは、人間社会のタブーを曝け出し、人生を懸けた実験に挑むことになる。

主人公のミルグラム博士を演じるのは、「ブラック・スキャンダル」や「荒野の七人」の米版リメイク「マグニフィセント・ セブン」など出演作が相次ぐピーター・サースガード。彼の妻を演じるのは、ウィノナ・ライダー。その他、ジョン・レグイ ザモや今年急逝したアントン・イェルチンなども出演。監督に、「ハムレット」「アナーキー」のマイケル・アルメレイダ。

next-eichmann.com

***********************************

出演:ピーター・サースガード、ウィノナ・ライダー、アントン・イェルチン、ジョン・レグイザモ 監督・脚本:マイケル・アルメレイダ 製作:ジェフ・ライス 撮影:ライアン・サマル

編集:キャスリン・J・シューベルト
音楽:ブライアン・センティ 2015/アメリカ/英語/98 分/ビスタ/ドルビーSRD/DCP/
字幕:田沼令子
配給:アット エンタテインメント
©2014 Experimenter Productions, LLC. All rights reserved.