「イーサン・ホーク」タグアーカイブ

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』予告編とメインビジュアル到着


映画情報どっとこむ ralph カナダで最も有名な画家モード・ルイスが教えてくれる、人生で大切な喜びとは── 「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」2018年3月3日(土)新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、東劇ほか全国ロードショーとなります。その予告編とメインビジュアルが到着しました!

物語は・・・

小さな港町で、カナダの美しい四季と動物を色鮮やかに描き続けた画家モード・ルイス。その素朴ながら愛らしい絵は、今もオークションで500万円を超える値がつく、カナダで最も愛された画家である。

そんな彼女を不器用ながらも献身的にサポートしたのが、夫のエベレット。

孤独だった2人が運命的な出会いを経て、夫婦の絆と慎ましくも確かな幸せを手に入れた感動の実話が映画化です!

映画情報どっとこむ ralph

わずか4メートル四方の家で絵を描きながら暮らすモードを演じるのは、『ブルージャスミン』でアカデミー助演女優賞にノミネートされた実力派サリー・ホーキンス。妻への愛と尊敬の念を無骨に隠すエベレットに、『6才のボクが、大人になるまで。』などでアカデミー賞ノミネート常連組のイーサン・ホーク。

一風変わった夫婦の愛を繊細に描くのは、『荊の城』のアシュリング・ウォルシュ。絵と夫の愛に包まれたモードの生き方が、「どんな人生でも自由な精神で楽しめば、素晴らしいことが待っている」と教えてくれる。

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

公式サイト:
http://shiawase-enogu.jp/

2018年3月3日(土)新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、東劇ほか全国ロードショー

***********************************

監督:アシュリング・ウォルシュ
出演:サリー・ホーキンス、イーサン・ホーク
2016年/カナダ・アイルランド/英語/116分/DCP/カラー
配給:松竹
(c)2016 Small Shack Productions Inc. / Painted House Films Inc. / Parallel Films (Maudie) Ltd.


リュック・ベッソン最新作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』特報映像とポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph 『レオン』、『フィフス・エレメント』など、数々の名作を世に送り出してきた世界的巨匠リュック・ベッソン監督によるSF超大作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』が2018年3月に公開となります。この度、本邦初公開となる本作の特報映像と第一弾ポスタービジュアルが解禁となります!

★あの大作にも影響を与えた!? リュック・ベッソン最新作!

『レオン』、『フィフス・エレメント』、『LUCY/ルーシー』などをはじめとする話題作を生み出し続けてきたリュック・ベッソン監督最新作にして、そのキャリアにおいても最大級のスケールを誇るSF超大作である本作。『スター・ウォーズ』にも多大な影響を与えたSFコミックの金字塔から初の実写化となった本作の特報映像では最新鋭のVFXにより、どんなSF作品をも凌駕する驚異の映像美が見せつけられます。映画の予告編として初めて使用されるビートルズの楽曲「Because」をバックに始まる壮大な宇宙空間と、リュック・ベッソンならではのオリジナリティ溢れるキャラクターは必見です!
yItEThIeMPI

さらに、同時に解禁となった第一弾ポスタービジュアルには『宇宙で、ブッ飛べ。』の強烈なキャッチコピーが。アルファ宇宙ステーションを舞台に、ヴァレリアンとローレリーヌがどんな活躍を見せてくれるのか気になるビジュアルとなっています。


★豪華若手俳優陣の夢の共演が実現!

広大な銀河を守る任務を帯びたエージェントのヴァレリアンを演じるのはデイン・デハーン。『アメイジング・スパイダーマン2』でスパイダーマンの好敵手であるグリーン・ゴブリンを演じた、今最も注目されている俳優です。

そして頼れる相棒にしてクールビューティーのローレリーヌを演じるのは、ファッションアイコンとして数々のファッション誌を飾り、女優に転身したカーラ・デルヴィーニュ。『スーサイド・スクワッド』ではウィル・スミスやベン・アフレックといった超大物俳優とも共演しています。ナタリー・ポートマンやミラ・ジョヴォヴィッチをスターダムへと押し上げてきたリュック・ベッソン監督とのタッグは、新たなスター女優誕生を予感させずにいられません。特報映像ではほんの数秒だけ世界の歌姫、リアーナも登場しています。

彼女は果たして敵か、味方か。・・・。

謎のベールに包まれた彼女の存在が、この物語のカギを握っている!?


映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
西暦2740年。ヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールしている。二人が向かう“アルファ宇宙ステーション”は長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。しかし、その深部には邪悪な陰謀と、宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があった…。果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”と銀河の危機を救うことができるのか―!?

***********************************

監督・脚本:リュック・ベッソン
原作:「ヴァレリアン」ピエール・クリスタン(作)/ジャン=クロード・メジエール(画) 
※小学館集英社プロダクションより2018年2月7日頃発売予定
キャスト:デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、イーサン・ホーク、リアーナ、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、ハービー・ハンコック、ルトガー・ハウアー
2017年|フランス|英語|カラー|スコープサイズ|137分
配給:キノフィルムズ
© 2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION
    


4分で予習『マグニフィセント・セブン』特別映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 世界の名だたる巨匠が師と仰ぐ黒澤明監督の1954年の代表作『七人の侍』。

その舞台を西部開拓時代に移してハリウッドリメイクされた、1960年の名作『荒野の七人』。これら最高峰の名作の魂を受け継いだのが、アクション超大作『マグニフィセント・セブン』。

昨年のトロント映画祭オープニング作品、ヴェネツィア映画祭クロージング作品としてすでに高い評価を受け、昨年9月の全米公開では初登場No.1の大ヒットを記録した本作が、いよいよ1月27日(金)に全国公開されます。

このたび、映画『マグニフィセント・セブン』の魅力を4分に収めた特別映像が到着しました!



映画情報どっとこむ ralph 貴重な本編映像&メイキングシーンを収めた映像に合わせて、“最強の7人組”を演じる超豪華なキャストとアントワーン・フークア監督が、それぞれのキャラクターから撮影現場の舞台裏まで語り尽くします!

解禁された映像では、悪に立ち向かうために雇われた個性豊かな7人組それぞれのキャラクターを、主演のデンゼル・ワシントンをはじめ、クリス・プラットやイーサン・ホーク、イ・ビョンホンといった超豪華キャストとアントワーン・フークア監督が、本編映像に合わせて紹介する。


映像中盤では、「やあ、みんな。俺はデンゼル・ワシントンだ!」とカメラの前で冗談を言うクリス・プラットの姿が。摂氏148℃という過酷な条件の中、全てが本物で造られた巨大セットでの撮影風景に合わせて、撮影時の様子を振り返る。
「冗談を言い合ったり、武器を回したり楽しかった」と語るのは、主演のデンゼル・ワシントン。クリス・プラットも「皆でガキみたいに大はしゃぎしてたよ」と笑顔を見せる。ヴィンセント・ドノフリオも、「顔をあわせる度に『楽しいな!』といつも言い合っていた」と答え、撮影の合間も7人のチームワークは抜群だった事が伺える。


さらに、各キャストが本作の魅力を語り、可能な限りVFXを避け、実際にスタントを演じた本作のアクションに「見ていて本当に爽快だ!」とクリス・プラットも大興奮!本作最大の見どころでもある、それぞれの個性を武器に戦う濃密なアクションシーンの数々は、一流のキャストとスタッフが、互いに認め合いながら本気で挑んだ、まさに“マグニフィセント”な撮影現場だからこそ生まれたのである。

映画公開前に『マグニフィセント・セブン』を4分で予習できる、スペシャルな映像をどうぞ!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
アントン・フークア監督が古典映画のストーリーを、現代の視点をもって描いた『マグニフィセント・セブン』。バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)の支配下で、ローズ・クリークの町の人々は絶望的な日々を送っていたが、エマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)を中心としたギャンブラー ジョシュ(クリス・プラット)、流れ者、ガンの達人など7人のアウトローを雇った。町を守るために立ち上がった彼らは、いつしか自分たちの目的が金だけではなくなっていることに気付く。

公式サイト:
Magnificent7.jp

***********************************

旧作もチェック!
キャスト:デンゼル・ワシントン(『トレーニング デイ』『イコライザー』)、クリス・プラット(『ジュラシック・ワールド』)、イーサン・ホーク(『6才のボクが、大人になるまで。』)、イ・ビョンホン(ターミネーター:新起動/ジェニシス))、ヴィンセント・ドノフリオ(『ジュラシック・ワールド』)

監督:アントワーン・フークア   
全米公開:9月23日
    


映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』ご自宅で!


映画情報どっとこむ ralph 89歳のピアノ教師、シーモア・バーンスタインの言葉やシンプルな生き方から多くを学んだと語るイーサン・ホークが監督した映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』。
全国で大好評上映中ですが、いよいよアップリンク・クラウドに登場。

劇場までは遠い、もう一度ご自宅でじっくりの方は、ご利用になられては?

映画情報どっとこむ ralph エッセイストの松浦弥太郎さんは
「最初、この映画を家族に観せたいと思った。そして、大切な人に観せたいと思った。僕は、いつまでもずっと観ていたいと思った。終わってもらいたくないと思った。もう一度観ようと思った。自分を救うのは自分でしかない。シーモアさんが、そう教えてくれた。」

とコメントされています。

その他コメントはこちら

映画情報どっとこむ ralph また、予約期間(1/19(木)14:00~26(木)13:59)に限り有効なプロモーションコードを発行いたします。
是非ご自宅でシーモアさんとの濃密な時間をお過ごしください。

期間
1/19(木)14:00~26(木)13:59まで予約受付
1/26(木)14:00 オンライン上映開始
4/25(火)13:59オンライン上映終了
価格
¥1,000 / 72h

プロモーションコード
▼1/26(木)13:59まで有効 ※予約受付期間
10%OFFプロモーションコード:SEYMOUR10
¥1,000→¥900/72h

※予約購入の場合、視聴時間は1/26(木)14:00より72時間(~1/29(日)13:59)となります。
◆『アップリンク・クラウド』URL

※特集ページのオープンは2017年1月19日(木)14:00となります。

映画情報どっとこむ ralph シーモアさんと、大人のための人生入門

uplink.co.jp/seymour

悩めるイーサン・ホークを救ったのは、89歳のピアノ教師、シーモア・バーンスタインだった。
シーモアは、50歳でコンサート・ピアニストとしての活動に終止符を打ち、以後の人生を「教える」ことに捧げてきた。決して平坦ではなかった人生を、シーモアは美しいピアノの調べとともに語る。彼のあたたかく繊細な言葉は、すべてを包み込むように、私たちの心を豊かな場所へと導いてくれる。人生のバイブルとなるドキュメンタリー。

***********************************

監督:イーサン・ホーク
2014年/アメリカ/81分
原題: Seymour: An Introduction)
©2015 Risk Love LLC
    


チェット・ベイカーの生誕日『ブルーに生まれついて』黒田卓也トークイベント


映画情報どっとこむ TJ 12月23 日、チェット・ベイカーの生誕日記念イベント開催!
%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%81%ab%e7%94%9f%e3%81%be%e3%82%8c%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e9%bb%92%e7%94%b0%e5%8d%93%e4%b9%9f 世界で活躍するサムライトランペッター 黒田卓也さんジョーク炸裂! チェットと同じように歯を追った過去を告白。 でもその時はバスケットをしていた!

『ブルーに生まれついて』トークイベント

日時:12月23日(金・祝)
会場:Bunkamura ル・シネマ
登壇:黒田卓也 (トランペット奏者)、柳樂光隆(ジャズ評論家)

映画情報どっとこむ TJ 12月23日のチェットの生誕日を記念し開催された本イベント。

3連休の初日ということもあり客席は満席!
世界的ジャズトランぺッ ターの黒田卓也さん、若手ジャズ評論家の柳樂光隆さんが大きな拍手で迎えらトークがスタートしました。

作品についての感想を

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%81%ab%e7%94%9f%e3%81%be%e3%82%8c%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e9%bb%92%e7%94%b0%e5%8d%93%e4%b9%9f1黒田さん:素晴らしい映画でした。音楽の映画で最後までみいるというのはないんですが、分かる部分があって。僕も二十歳くらいの 時、バスケットでぶつかって唇に歯が刺さって切れてトランペットが吹けない時期があって。あれは本当につらかった。医者に行っても神経が戻らない限りは何もできないので、結構時間かかりましたね。劇中でもチェットがお風呂でトランペットを吹いて辛そうなシーンがあったけど、僕も当時のめっちゃ嫌だった感じを思い出しました。

とチェットの同じように吹けない時期があったことを告白。

柳楽さん:その時期は何をしてたんですか?

と尋ねると、

黒田さん:またバスケットしてましたけどね(笑)

とお茶目な黒田さんに・・・

柳楽さん:あんまり映画化できなそうですけどね。

黒田さん:バスケ映画として書いてくれたら。

と、さすがな返しで、会場を笑かします。

映画情報どっとこむ TJ 続けて、現在のジャズメンの様子を

柳楽さん:トランぺッターの日野皓正さんも長く吹いていたいからお酒をやめられて、かなり健康的な生活を送られてて。

と言うと、

黒田さん:最近のジャズメンは本当クリーンすぎて。ベジタリアンとかいますからね、クスリの代わりにスムージーとか。

と話しちょっと寂しそう!?

柳樂さん:ちょうど今日から『マイルス・アヘッド』というマイルス・デイヴィスの映画が公開ですよね。ジャズの東と西の対立、音楽の 感覚はどう思います?

と質問すると・・・

黒田さん:そういうことは今も変わらずあるなと。だけど音楽のことじゃなく、LAはずっと 25 度とかあるのでテンポがずっと一緒なのでダメになるんじゃないかなと思ってNYにいますね。

とNYで音楽活動を続ける理由を明かす。続けて、

黒田さん:僕のアルバムをMIXしてくれたミュージシャンもLAに動いた人もいて、でも理由はジャズや音楽を追い求めてというよりは、もっとポップな マーケット、機会を求めてLAに行っていますね。

と話すと、

柳樂さん:NYはみんな脅迫的に新しいことを求めて、競争がヘビーだと聞き ますよね。

と同感。続けて

黒田さん:劇中でチェットがマイルスやディジーの前でのプレイの依頼が来た時に、憧れの人の前でやれると喜んでいたのが分かりますね。やはりNYの老舗ジャズバー、ビレッジヴァンガードは憧れで、演奏以外お金儲けする気がなく純粋に音楽だけをプレイする場所で。あそこに出れるというのは違ったものがある。お金積んでも貸し切りにならないようなところで、ぴりっとし た、緊張するところ。

とNYでジャズプレーヤーとして演奏を積んでいるからこその感想を添えます。

映画情報どっとこむ TJ %e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%81%ab%e7%94%9f%e3%81%be%e3%82%8c%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e9%bb%92%e7%94%b0%e5%8d%93%e4%b9%9f-x%e6%9f%b3%e6%a8%82%e5%85%89%e9%9a%86
柳楽さんからジャズにおける人種問題について質問されると

黒田さん:ほかの人種には理解することができない、自分たちが作り上げたもの、黒人の誇り、守ろうとする力というものはいつも感じます。でも、僕はこの頭をしているからハーフと思われてるのかな。面と向かって人種 差別を言われたことはないですね。

と笑い交じりに話します!

最後に本作のポスターを指さして、

黒田さん:デートで彼女の頭を膝においてトランペットを吹く、なんてあんまりやらないですからね。これは女の人は喜ぶの?だったらやろうかな。あと、トランぺット。海ではあんまり吹かないほうがええんちゃう。塩水で錆びるんで。あと海辺でこけたら大変ですよね。そこだけ突っ込んどかなきゃ。

と締めました!

物語・・・黒人アーティストが主流の1950年代モダン・ジャズ界において、その甘いマスクで女性を虜にし、ファンを熱狂させていたジャズ界の異端児、チェット・ ベイカー。その後、麻薬に溺れどん底の日々を送っているが、自身の人生を描いた映画の出演で一人の女性と出会ったことをきっかけに、愛と償いの 機会を模索する….。

***********************************

出演:イーサン・ホーク『6 才のボクが、大人になるまで。』/カルメン・イジョ ゴ『グローリー/明日への行進』/カラム・キース・レニー
監督・脚本:ロバート・バドロー(”The Death of Chet Baker”)<短編>


サウンドトラック:ワーナーミュージック・ジャパン
配給:ポニーキャニオン
©2015 BTB Blue Productions Ltd and BTBB Productions SPV Limited.ALL RIGHTS RESERVED.