「イ・ジェヨン」タグアーカイブ

ぺ・ヨンジュン秘話明かす!古家正亨映画『スキャンダル デジタルリマスター版』公開初日トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 2004年に日本で公開され、当時9億円の興行収入を記録したペ・ヨンジュン初主演作『スキャンダル デジタルリマスター版』が2018年1月20日(土)、Bunkamuraル・シネマほかで全国公開を迎えました。このたび初日を記念し、当時のぺ・ヨンジュンさんを知る韓流ライターの古家正亨さんを迎え、公開初日トークイベントが行われました。

日時:1月20日(土)
場所:Bunkamuraル・シネマ
登壇:古家正亨


映画情報どっとこむ ralph 古家さんは2003年にぺ・ヨンジュンを直接会えるバスツアーのMCを担当し、最後に映画『スキャンダル』の日本語字幕版を観るというツアーだったという。その時は1000人もの人がツアーに参加した人気ぶりで

古家さん:本当に初めてお会いして、あの時はすごかったですね~。冬ソナのロケ地を回って、(主題歌を歌っていた)Ryuさんが主題歌を歌うというのを繰り返し、最後にこの映画を観るというツアーでした。全員のお名前とサインがはいったブロマイドを配ったんです。1000人ですよ!

と驚きのエピソードを披露。

古家さん:当時、ウサギちゃんのように目を真っ赤にして控室に入ってきた。胸に手をあてて(笑)。朝までサインをしていまして、夜なべしてサインをしていたという話を聞いて、韓国の俳優さんは凄いと!ここまで徹底してファンサービスする人はなかなか日本にいないなと思った。1つ1つの配慮というのをステージ袖で感じられ、気配りが多くのファンの心をつかむんだろうなと。家族になってもいいと思い、ヨン様の胸に走りこんでいったのでしょうね。

と当時の歴史的なイベントを振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph ぺ・ヨンジュンの初来日当時はペ・ヨンジュンの取材を各局に申し込んでも取材が難しかったそうで。空港にファンが何千人と殺到した様子をメディアが取り上げた瞬間が、韓流ブームが生まれた瞬間だったといい、各局からぺ・ヨンジュンに取材申し込みが殺到したそう。

古家さん:当時はBSでしか冬ソナが放送されてなかったので、メディアの人たちも実感がなかったんですよ。振り返ると当時、韓国は遠い国のイメージで距離感があっ
た。それがヨン様一人のきっかけで、ぐっと近づけた。韓流ブームという言葉はありますが、振り返ってみるとヨン様ブームだと思うんです。それだけヨン様の存在は大きい。またドラマに出てほしい。特に映画に出てほしい、個人的には。役者ペ・ヨンジュンの存在を考えたときに『スキャンダル』は貴重な作品。

と、現在は実業家として活躍しているヨン様の俳優業再開に期待を寄せた。


2004年に公開された当時の映画『スキャンダル』の良さがわからなかった

古家さん:当時はヨン様の映画、ヨン様のお尻を観ることができる映画という触れ込みだった。正直、「冬のソナタ」のインパクトがあったので、どうなのだろうと思った。

と話し、

古家さん:でも今回、再度見たら面白い映画だなと。監督が細部にわたってディテールにこだわっており、韓国映画だけど、フランス映画っぽいですよね、音楽の使い方しかり。

と改めて文芸作品として映画の良さをアピール。

映画情報どっとこむ ralph さらに

古家さん:デジタルリマスター版とうたっているが、何が変わったのか、さっぱりわからなかったのですが、聞いたところによると凄く変わっているんです!デジタルリマスター版の韓国から来た映像には結構ゴミがついていたらしいですが、今回一つ一つのごみをデータで取り除いたので、ものすごく映像が綺麗。そうしたら監督から”世界一綺麗な上映だ“とお褒めの言葉が届いたらしいです。

と明かし、世界で一番美しい『スキャンダル』を観た会場からは拍手が起こった。


最後に・・・
今回のデジタルリマスター版の上映に関して

古家さん:この再映は奇跡に近いと思います。監督からは日本に感謝しているというメッセージが届いているみたいです。今日皆さんがご覧になって、少しでも多くの方に口コミでかまいません。もしくは回覧板とかでも構いませんので(笑)。こんな映画がこんな形で出会えるんですよと広めてほしいなと思います。何よりヨン様ファンが“こんな映画がやっていたの!?”とならないように!2月中旬までBunkamuraル・シネマで上映されてます。劇場で見るからこそだと思う。デジタル上映も映画館だからこそだと思います。映画館でこの映画に出会ってほしいと思います。

とアピールし、爆笑の中、トークイベントが終了した。

映画情報どっとこむ ralph 映画『スキャンダル デジタルリマスター版』
原題:스캔들 – 조선남녀상열지사

は2018年1月20日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次公開。

物語・・・
時は朝鮮王朝時代。恋愛ゲームを生きがいにしているチョ婦人(イ・ミスク)は、親密な関係にある従兄弟チョ・ウォン(ペ・ヨンジュン)に、夫の妾のソオクを犯してほしいと頼む。だが、彼の標的は、9年間貞節を守ってきたスク婦人(チョン・ドヨン)。そこで、ウォンは初恋の相手でもあるチョ婦人と、スク婦人を落とす賭けに出る。ウォンの熱心な求愛を受け、スク婦人はウォンの手に落ちるが、ウォンは彼女に別れを告げてしまう。ショックでやつれ果てたスク婦人を話の種にしてしまうチョ婦人。それを聞いていたウォンは、ゲームの標的だったスク婦人のことを愛していると初めて気づくのだったが・・・。

***********************************

監督:イ・ジェヨン 
原作:ピエール・コデルロス・ド・ラクロ 
脚本:イ・ジェヨン、キム・デヴ、キム・ヒョンジョン
出演:ペ・ヨンジュン、イ・ミスク、チョン・ドヨン、イ・ソヨン、チョ・ヒョンジェ
2018/1/20(土)より Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開 
©2003 BOM FILM PRODUCTION CO,. LTD. ALL RIGHTS RESEVED.
配給:ハーク


イ・ビョンホン主演最新作はラブサスペンス『エターナル』予告映像とポスタービジュアル到着


映画情報どっとこむ ralph ハリウッド俳優のイ・ビョンホン主演最新作『エターナル』が2018年2月、TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショーとなります。このたび、本作の予告映像とポスタービジュアルが解禁となりました。


イ・ビョンホンの最新作は、勤務する証券会社の不良債権に巻き込まれ、すべてを失ったエリートビジネスマンのジュフン。

全てを失ったジュフンは離れて暮らす妻・スジン(コン・ヒョジン)と息子との約束を果たすため、家族が暮らすオーストラリアに向かうが、妻と子にはオーストラリア人の男性の影が・・・。

ショックを受けたジュフンは妻子の秘密を探り始めるが、辿り着いた先には驚愕の事実が待ち受けていた。

映画情報どっとこむ ralph このたび、解禁となった本予告映像では、オーストラリアの崖に立つイ・ビョンホンの姿から始まり、さらに不良債権のため倒産を告げた顧客から平手打ちされるという今までのイ・ビョンホンのイメージを覆すようなシーンへと続く。



放ったらかしにした妻子が元へ、オーストラリアまで向かったが、そこにもジュフンの居場所はなかった。失ってしまった大切なもの―、「一人で勝手にここに来たように、一人でそっと消えるべきなのか」。苦悩するジュフンが辿りつく衝撃のエンディングとは!?予告映像のラストで号泣するイ・ビョンホン。


本作はイ・ビョンホン自身が惚れ込んだ脚本の映画史上最も衝撃のラストと共に、本年度ナンバーワンの呼び声が高いサスペンス映画。妻・スジンには実力派女優のコン・ヒョジン、現在公開中の映画『新感染ファイナル・エクスプレス』にも出演している元Wonder Girlsのアン・ソヒらが脇を固める。監督は語り手としての優れた能力と、広告界で築いた演出力でイ・ビョンホンが惚れ込んだ、本作が長編映画にデビューとなる新人監督イ・ジェヨンが務めています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『エターナル
原題:「SINGUL RIDER」

は2018年2月、TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー

物語・・・
証券会社で支店長を務めるカン・ジェフン(イ・ビョンホン)は、オーストラリアに住む妻スジン(コン・ヒョジン)と息子と離れて暮らしている。安定した職と家族にも恵まれ、それなりに成功した人生を送っていたが、不良債権事件によりジェフンはすべてを失う。失意の中、ジェフンは家族との約束を果たすためオーストラリアへと向かうが、やっと会えた妻と子にはオーストラリア人男性の影がちらついていた。ショックを受けたジェフンは、密かにその場を去り、妻子たちの秘密を探り始める。

***********************************

監督・脚本:イ・ジェヨン

出演:イ・ビョンホン(「マスター」「マグニフィセント・セブン」) コン・ヒョジン(「大丈夫、愛だ」)、アン・ソヒ(「新感染 ファイナル・エクスプレス」)

韓国 / 2016年/
上映時間 : 97分
配給:ハーク
©2017 WARNER BROS PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED


8/29はペ・ヨンジュン誕生日。『スキャンダル』2018年新春リバイバル上映発表!


映画情報どっとこむ ralph ペ・ヨンジュン誕生日の本日。2004年に日本で公開され、当時9億円の興行収入を記録したペ・ヨンジュン初主演作『スキャンダル』がデジタルリマスター版として、2018年新春にBunkamuraル・シネマほか全国順次公開が発表となりました!


本作は、フランスの古典恋愛小説『危険な関係』を、18世紀の李朝朝鮮を舞台に映画化した華麗な恋愛ドラマ。華やかな朝鮮王朝を舞台に、優雅に繰り広げられる恋愛ゲームを描き、時代劇ならではの鮮やかな衣装や装飾品の評価も高く、ペ・ヨンジュンと2007年に『シークレット・サンシャイン』での演技により第60回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞し今や世界的な実力派人気女優チョン・ドヨンとのベッドシーンで、話題となった作品です。

監督は、『世界で一番いとしい君へ』『フライ・ダディ』などを手がけるイ・ジェヨン。

主演は、これまでの誠実なイメージではなく、プレイボーイを熱演しファンを驚かせた韓流の先駆者ペ・ヨンジュン。80本以上のオファーの中から選んだ初主演作であり、その意気込みが演技からも感じられる作品。

その他、『造られた殺人』『うつせみ』のイ・ミスクなどが出演する。韓国では当時、「韓国映画最多週末観客数記録」など数々の記録を塗り替え、韓国最大の映画の祭典である青龍映画賞2003では、最優秀作品賞にも輝いてます。

映画情報どっとこむ ralph 日本での公開当時は・・・、

「冬のソナタ」がNHK総合チャンネルで放送スタートした直後で、本作の公開直前に来日したペ・ヨンジュンを一目見ようと羽田空港に7000人を超えるファンが来るなど、言わずと知れた韓流ブーム全盛期。

その立役者のペ・ヨンジュンによる映画初主演作ということもあり、公開するや否や劇場には人が連日押し寄せ、社会現象となった。しかし、ブームの反面、ペ・ヨンジュンやそのスキャンダラスな内容ばかりが注目されてしまっていたのも事実。そんな中、ドラマとしてのクオリティや李朝家具や衣装などの豪華さを兼ね備えた作品的価値を再認識してほしいという意味を込め、「冬のソナタ」が日本にてBS放送にて初お披露目され、また韓国での制作から15年という節目である2018年に、デジタルリマスター版としての公開が決定です。

そもそも、今回の公開劇場であるBunkamuraル・シネマが今年初夏にウォン・カーウァイ特集を上映した際、『恋する惑星』や『ブエノスアイレス』などを抑え一番人気が高かったのが『花様年華』であり、来場者アンケートには、「今の時代、大人の鑑賞に堪えられる色気のあるラブストーリーがないので、改めて観たかった」という声が多数寄せられたため、今回のリバイバル上映のきっかけに。

劇場担当者は、「今、格調高い”本物”の美しさに飢えているお客様が多いのではないか。」と分析する。デジタルリマスターとして鮮やかに蘇るその映像美とともに、当時を思い出して再びスクリーンで堪能して下さい!

映画情報どっとこむ ralph 映画『スキャンダル デジタルリマスター版
原題:스캔들 – 조선남녀상열지사

は2018年新春、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開。

物語・・・
時は朝鮮王朝時代。恋愛ゲームを生きがいにしているチョ婦人(イ・ミスク)は、書画の風雅と女性と戯れながら日々を過ごすプレイボーイの従兄弟チョ・ウォン(ペ・ヨンジュン)に、夫の妾のソオクを妊娠させてほしいと頼む。だが、彼の標的は、9年間貞節を守ってきたスク婦人(チョン・ドヨン)。そこで、ウォンは初恋の相手でもあるチョ婦人と、スク婦人を落とす賭けに出る。ウォンの熱心な求愛を受け、スク婦人はウォンの手に落ちるが、ウォンは彼女に別れを告げてしまう。スク婦人がショックでやつれ果てているとチョ婦人から聞いたウォンは、ゲームの標的にすぎなかったスク婦人のことを愛していると、この時初めて気づくのだったが・・・。

***********************************

監督:イ・ジェヨン
原作:ピエール・コデルロス・ド・ラクロ
脚本:イ・ジェヨン、キム・デウ、キム・ヒョンジョン
出演: ペ・ヨンジュン、イ・ミスク、チョン・ドヨン、イ・ソヨン、チョ・ヒョンジェ
2003年/韓国/124分/カラー/5.1chデジタル/R-18/日本語字幕:根本理恵
配給:ハーク
©2003 BOM FILM PRODUCTION CO,. LTD. ALL RIGHTS RESEVED.