「イ・ギョンヨン」タグアーカイブ

ソル・ギョング主演のカンヌ話題作『名もなき野良犬の輪舞』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph もう、俺を信じろとは言わない。だが、俺はあんたを信じてる。

第70回カンヌ国際映画祭特別招待作品として上映され、各国のジャーナリストから大絶賛された『不汗党(原題)』。邦題を『名もなき野良犬の輪舞』とし5月5日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開されることが決定しました。

犯罪組織でナンバー1に成り上がるという野望を持つ受刑者のジェホ(ソル・ギョング)は、刑務所へ入所してきた野心的な新入りヒョンス(イム・シワン)と出会う。ジェホはこれまでの人生で一度も他人を信じたことはなかったが、ヒョンスが奇襲からジェホを救って以降、二人はお互いに信頼しあい、一緒に働くことを誓う。出所後、彼らはチームを組んで犯罪組織を乗っ取ろうとするが、次第にそれぞれの秘めた動機が現れ始める。彼らの信頼の下に潜む真実が姿を現すとき、二人の関係は哀しきものへと変わっていく。

信頼を求める男と、誰も信じられない男は、時には家族のようであり、兄弟のような固い絆で結ばれていた。しかし、ある真実が露見することで、その絆は加速度的に哀しみと憎悪を帯びていく…。80年代の香港映画やヨーロッパ映画のような古典的でスタイリッシュな映像は既存の韓国ノワールとは一線を画すハードボイルド映画として、昨年のカンヌでの上映を皮切りに、第54回大鐘賞映画祭、第37回韓国映画評論家協会賞、第38回青龍映画賞など主要な韓国の映画賞を席巻した。

中でもソル・ギョングの演技が高い評価を得て数々の主演賞を獲得するなど、彼の最高傑作といっても過言ではない作品となっている。 また共演のイム・シワンはいつもの好青年の印象とは真逆な暴力的な男を演じるという、彼のキャリアで最大の挑戦に挑み話題を呼んだ。その他にも『アジョシ』で強烈なインパクトを残したキム・ヒウォン、男勝りの冷酷な捜査官を演じた『王の運命-歴史を変えた8日間-』のチョン・ヘジン、また韓国映画界の重鎮で『黒く濁る村』など多くの作品で存在感を見せつけるホ・ジュノが特別出演しているのも見逃せない。

まさに、全員無慈悲な登場人物たちが、裏切りと復讐の雨を降らす『名もなき野良犬のロンド輪舞』。

野良犬たちの最後は映画史に残る衝撃を与えるに違いない。

***********************************

監督:ビョン・ソンヒョン『マイPSパートナー』
出演:ソル・ギョング『シルミド SILMIDO』 イム・シワン『弁護人』 チョン・ヘジン『王の運命―歴史を変えた八日間―』 キム・ヒウォン『アジョシ』 イ・ギョンヨン『ベルリンファイル』
ⓒ 2017 CJ E&M CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED


『暗殺』日本オリジナル予告編解禁!&古家正亨トークイベント



映画情報どっとこむ mari チョン・ジヒョン×イ・ジョンジェ×ハ・ジョンウ
韓国を代表する俳優たちの演技対決に注目!日本オリジナル予告編解禁!
暗殺
昨年韓国で1,270万人の動員を記録し大ヒットし、権威ある青龍映画賞作品賞ほか多数の映画賞を受賞した 『暗殺』原題:암살が7月16日(土)シネマート新宿ほかにて公開となります。そして、その日本オリジナル予告編がついに解禁となりました!

映画情報どっとこむ mari 暗殺作戦をめぐり、スナイパー、密偵、殺し屋、3人の運命が交錯する。

本作は、『10人の泥棒たち』で一躍ヒットメーカーに躍り出たチェ・ドンフン監督が、

チェ監督:運命に対して揺るぎなく進む人々の“思い”というものをスクリーンに描きあげてみたかった。

と語った長年の構想を経て完成させた意欲作。

日本統治下の朝鮮半島を舞台に、祖国独立への強い信念と裏切りが交錯する混沌とした時代の中で、名前を残さず消えていったレジスタンスたちの運命をドラマティックに描き出しています。

注目すべきは、その豪華キャスティング!

強い信念をこめた眼差しが印象的なチョン・ジヒョンは、独立軍きってのスナイパー アン・オギュン役を熱演。

男の色香を備えたイ・ジョンジェは暗殺作戦のために暗殺団を呼び集める冷徹な臨時政府隊員ヨム・ソクチンに扮し、役作りのため2か月で15キロ減量し撮影に挑んでいます。

カリスマ性溢れるハ・ジョンウは暗殺団を殺そうとする謎の殺し屋ハワイ・ピストルをミステリアスに演じています。

さらにベテラン俳優イ・ギョンヨン、重厚な存在感チョ・ジヌン、ムードメーカーのオ・ダルスほか、韓国屈指の演技派が脇を固めています。



そして今回解禁となった日本オリジナル予告編では、日本円で18億円という製作費をかけて再現した、1930年代の上海や京城の街並や実在した三越百貨店も登場し、命を懸けて暗殺工作を企てる者たちの姿が緊張感たっぷりに描かれる。韓国を代表する俳優たちの演技対決、そして迫力ある銃撃アクションシーンにも目が離せません!

映画情報どっとこむ mari さらに本作については、先日9日、シネマート新宿10周年記念として『暗殺』特別先行上映会が開催され、上映前にラジオDJ、MCの古家正亨氏をゲストに迎えてのトークイベントを実施!
0509古家正亨
すでに韓国で1回、字幕版で1回本作をご覧になっていて、開口一番

古家さん:よくこの映画公開することにしましたね!韓国で観たときには正直日本で公開されるのかなぁと思っていたんです。本作は人口5千万人の韓国で、1200万人以上が観たとなると、5人に一人が観たことになる大ヒット映画。だからこそ、日本に関する部分が取り上げられたりするわけですが、実際みるとネットなどで言われているような反日的な意味合いは感じませんでしたね。

と率直に語ります。そして

古谷さん:この映画の字幕がすごい!韓国語のニュアンスを残しつつ、この作品の芯の面白さを失わないように翻訳されています!

と小寺由香さんの字幕をほめる古家さんならではの解説も。そして、

古谷さん:この映画は観てから色々語れる映画。僕の大好きなイ・ジョンジェはもちろん、チョン・ジヒョン、ハ・ジョンウも皆すごい演技なので、この素晴らしいメンバーがこの時代のキャラクターをどう演じているのか楽しみにみてもらいたいし、当時のディテールにこだわったセット、アクション、そして人間ドラマを是非観てほしい。

と熱くお勧めしました。

映画『暗殺

7月16日(土)シネマート新宿ほか全国順次公開です。

映画情報どっとこむ mari 【暗殺】ポスター物語・・・
1933年、杭州。日本統治からの祖国独立を目指す韓国臨時政府は、日本政府要人と親日派を暗殺するため、独立軍最高のスナイパーのアン・オギュン(チョン・ジヒョン)、速射砲(チョ・ジヌン)、爆弾職人(チェ・ドクムン)の3名を上海に結集させる。臨時政府の警務隊長で、日本政府の密偵であるヨム・ソクチン(イ・ジョンジェ)は、彼らを招集する一方、仲間と政府を裏切り、巨額の報酬で“ハワイ・ピストル”と呼ばれる殺し屋(ハ・ジョンウ)に暗殺団3名の殺害を依頼する。ヨムの画策を知らぬまま、暗殺実行のため、上海から京城(現・ソウル)へと送り込まれた彼らには、非情なまでの運命が待ち受けていた…。

***********************************

監督・脚本:チェ・ドンフン『10人の泥棒たち』  
製作:アン・スヒョン、チェ・ドンフン 
脚本:チェ・ドンフン、イ・ギチョル 
撮影:キム・ウヒョン
出演:チョン・ジヒョン、イ・ジョンジェ、ハ・ジョンウ、オ・ダルス、イ・ギョンヨン、チョ・ジヌン、チェ・ドクムン
2015年/韓国/139分/5.1chデジタル/カラー
字幕翻訳:小寺由香
配給:ハーク  
© 2015 SHOWBOX AND CAPER FILM ALL RIGHTS RESERVED.