「インド」タグアーカイブ

吉田沙保里選手をはじめ、日本レスリング選手が『ダンガル きっと、つよくなる』試写!


映画情報どっとこむ ralph 全世界興行収入340億円を突破しインド映画の世界興収№1という大ヒットを記録した、アーミル・カーン(『きっと、うまくいく』『PK』)主演作『DANGAL』(原題)が『ダンガル きっと、つよくなる』の邦題にて4月6日金曜日全国公開となりますが・・・・実はレスリング協会より後援されている本作。

先日2月9日(金)にはホテルメトロポリタン池袋にて吉田沙保里選手をはじめ、日本を代表するレスリング選手の皆様登壇の応援団結成イベントも行われました。

レスリングが題材の作品なので、是非とも実際にレスリングに携わる方々に広くご覧いただき、感動を分かち合っていただきたい!ということでレスリング協会特別試写会が行われました!代表合宿中の多忙な中実施された、レスリング代表関係者のみに向けたスペシャルな試写会。レスリングに従事する現役選手、コーチ陣はどのように本作を観たのか!?

日付:2月8日
参加:レスリング協会:吉田沙保里、選手の皆さん

映画情報どっとこむ ralph 映画は2時間20分の長編、しかも字幕。

連日の猛練習で選手の体は疲れている皆さんは試写会の前は「寝てしまうかもしれない…」と話していた選手もいたそうで。

栄本部長:疲れている選手は、上映前に5分でも10分でも机に伏して寝ろ!

との“指令”を出していたとのこと!ですが始まると、だれもがスクリーンに引きつけられていたよう。水車落としのような大技が多く出るのは、現実とはやや違うものの、タックルへの入り方や切り方など、「本物のレスリングをやらせても、ある程度勝てるのでは?」との感想が飛び出すほど!

鑑賞後、栄和人強化本部長は

栄本部長:自分達のやっているスポーツが、こうした形で世に出ることは喜ばしいこと。レスリングには感動を引き起こす力がある。世界中で大ヒットしたことに誇りを持ってほしい。だれもが映画の主人公のような存在になれる。努力を重ね、人に感動を与えられる選手になってほしい!

と選手に伝えた。予想を超える感動がある作品との感想を多く頂く本作。選手からは「父と娘の愛情に感動した!」と鑑賞後には、こうした類の感想が多かったそうだ。

映画情報どっとこむ ralph 本作はアーミル・カーン演じる父マハヴィル・シンが長女バビータと次女ギータに熱血指導する、実話を実写化した作品。日本でも吉田沙保里選手などは父に指導されていたことが有名。現在でも、父あるいは母がレスリング選手で、少年時代は親の指導でレスリングをやっていた選手は多く、映画での姉妹のようにいつかは親のもとを離れ全日本チームの監督などに指導を預けることになるそうだ。劇中でも題材となる、指導方針のぶつかり合いに関してはレスリング協会の方は本作鑑賞後のレポートの中で

「その指導理論が違っていた時にどうするか。選手の多くは、いずれ親となり、子供にレスリングをやらせるケースが多いだろうが、もし、そうした状況になった時、あるいは指導者が他人が育てた選手を預かった時、「自分ならどうするだろうか?」-。今後増えていくケースだけに、考えさせてくれる映画だ。」

と書かれています。また、同じくレポートの中で

「この映画が女性の社会進出、すなわち女性のスポーツ進出を描いていること。国際オリンピック委員会(IOC)の理念にしたがい、女子の普及が急務となっている世界のレスリング界に一石を投じる作品である!」

とのありがたいお言葉も頂戴。

映画情報どっとこむ ralph ダンガル きっと、つよくなる

物語・・・

レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しながら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4人連続の女児。

すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチとして、二人を鍛えはじめる。男物の服を着せ、髪を切り・・・一家は、町中の笑いものとなるが、外野は意に介さず、ブレずに特訓に熱を込める父と、ささやかな抵抗を企て続ける娘たち。やがて、目覚しい才能を開花させた娘たちはー。

***********************************

監督・脚本:ニテーシュ・ティワーリー
出演:アーミル・カーン『きっと、うまくいく』『PK』、ザイラー・ワシーム、スハーニー・バトナーガル
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン/ギャガ
©Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016
      


吉田沙保里『ダンガル きっと、つよくなる』天下無敵の応援団結成イベント


映画情報どっとこむ ralph 『ダンガル きっと、つよくなる』は日本レスリング協会にも後援されているお墨付きの1本!

インドに実在したレスリングを愛する星一徹ばりに頑固すぎる熱血パパと、その娘たちの壮大な逆転サクセスストーリー。
そして、今回本作の公開記念イベントに、全日本女子レスリングヘッドコーチを務める栄和人さん、そしてもはや説明は不要、霊長類最強女子・吉田沙保里選手ほか日本女子レスリング界を代表する豪華面々にご登壇いただきました!実は吉田選手は、本作で金メダルを目指し奮闘する長女・ギータ選手と2012年の世界選手権(カナダ)で闘ったことも!その際のエピソードや、国を超えて涙した本作の感想、はたまた栄コーチの鬼指導っぷり(?)など、熱くたっぷりと語りました。

日時:2月9日(金)
場所:ホテルメトロポリタン池袋
登壇:栄和人、吉田沙保里、土性沙羅、川井梨紗子

映画情報どっとこむ ralph 本日実施した、4月6日(金)公開映画『ダンガル きっと、つよくなる』の応援団結成イベントには、作品を観て大変感動した!と応援団に名乗りを挙げた全日本レスリング協会から、栄和人監督、吉田沙保里選手、土性沙羅選手、川井梨紗子選手が登壇した。

MCの呼び込みにより栄監督を筆頭に作品のオリジナルTシャツに応援団特製のたすきをかけて登場。

栄監督:親子でありながらスパルタ教育で指導していく中で、親として指導者として感じるものが多い作品でした。

と述べ、続けて

吉田選手:自分の幼いころからのレスリング人生と重なる部分が多く、感動して泣けました。厳しい指導のもと世界を目指すというのが共感できました。

と感想を述べた。

本作は実話を元にした作品。実際の長女ギータ&次女バビータ両選手と実際に闘った経験のある吉田選手は、2012年にカナダで行われた世界選手権で試合をした長女ギータの印象について、

吉田選手:そのときは勝ちました!自分のレスリングのスタイルにはまっているのか、やりやすい相手だという印象ですね。

と話し、川井選手においてはバビータと戦い負けてしまった経験があるという事で

川井選手:1ピリオドは勝ったのですが、2.3ピリオドで逆点負けてしまいました。粘り強い相手だった印象があります。

とそれぞれの姉妹への印象について話した。


映画情報どっとこむ ralph 作中では父娘の熱いエピソードが繰り広げられるが、吉田選手もお父さん(吉田栄勝さん)から熱い特訓を受けていたそうで…
吉田選手:3歳から父のもとでレスリングをはじめました。家の中に道場があったので、逃げ隠れできませんでしたね笑。私には2人の兄がいるのですが、当時は男子しかレスリングはオリンピック種目になっていなかったので、父は兄をオリンピックに出したいという想いがありました。あまり私には力を入れていなかったのですが、私も試合に出るようになり期待され始めました。あのころは1年に3回くらいしか休みがなく、父の言うことは絶対。怪我、骨折をしてても「試合に出ろ!」という父だったので、本当に映画の中の厳しい父親と似ているなーと思いました。ですが、そんな父がいたから今があるので、映画でもそうですが、だからこそ勝てるのだなと感じました。

と父への感謝を述べた。そこにすかさず

栄監督:吉田選手のお父さんの方が怖い…

と漏らすと選手、マスコミから笑いがもれた。

土性選手も吉田選手の父・吉田栄勝さんから指導を受けたということで
土性選手:指導されているときは、怖い!という印象しかないです笑。でも練習の後は優しい先生でした。

と思い出を語った。

ご両親がレスリングしており、更には妹さんもレスリングをしている川井選手は

川井選手:家にいてもレスリングに挟まれているようなものでした。小さいころは私も遊びたいのに、遊べない感情や姉妹で刺激しながら成長していくというのが共感できました。試合のシーンでは妹が姉を一生懸命応援しているところにジーンときましたね。

と似た境遇から共感した感動ポイントを挙げた。

映画情報どっとこむ ralph 先日行われたレスリング協会の方々の試写会ではレスリングシーンで「おお~」と言う声が漏れていたという。

吉田選手:レスリング経験のない人があそこまで技をかけたり、投げられたりと大技の連続ですごいな!と。本当にレスリングをやっていたんじゃないか??と思いました。

と、迫力のレスリングシーンに太鼓判!また監督も作中の技について

吉田選手:大げさ過ぎない、本当にあるすごくリアルな技ばかりで面白かったですね。

とプロが観ても楽しめる本格的なレスリングシーンを語った。


アーミル・カーン演じるお父さんの指導法について監督は

栄監督:父親の技術だけじゃなく心の指導があり、それを含め娘達が信頼をしている。

と作中で描かれた父と娘の関係について感慨深げに語った。

観た人が涙にむせぶ作品と評判の本作を観て、登壇した全員も例に漏れず感涙。

吉田選手:成長した長女がナショナルチームに入ったあと、コーチと父親の教えの間で悩み、試合でも上手くいかなくなったときに父親に電話するシーンなど父とのやり取りに自分も大学に入ったとき同じ迷いがあったことを思い出し、共感しました。

と自分との共通点に涙。

本作では勝てなくなった時の苦しみもじっくりと描かれている点について監督から

吉田選手:優勝者だけが脚光をあびるのではなく、それまでに努力したことで自分がどう変わっていくのかという心の強さも描いているので、ぜひ皆さんに観てほしいですね。

と力強く語った。

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しながら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチとして、二人を鍛えはじめる。男物の服を着せ、髪を切り・・・一家は、町中の笑いものとなるが、外野は意に介さず、ブレずに特訓に熱を込める父と、ささやかな抵抗を企て続ける娘たち。やがて、目覚しい才能を開花させた娘たちはー。
 
***********************************

監督・脚本:ニテーシュ・ティワーリー
出演:アーミル・カーン『きっと、うまくいく』『PK』、ザイラー・ワシーム、スハーニー・バトナーガル
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン/ギャガ
©Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016


ボリウッド映画の名作『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』最終上映ツアー開催!


映画情報どっとこむ ralph 世界中で大ヒットを記録し、昨年には宝塚歌劇団が舞台化したことでも話題となったボリウッド映画の名作『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』の国内上映権の期限が2018年3月31日をもって終了となります。

本作を上映したことのある劇場からは再上映を望む声があがり、国内最終上映ツアーを開催する事になったそうです。

東京・キネカ大森では、女優の柳英里紗さんの出演作を選りすぐって上映する【柳英里紗映画祭】内の番外編として、インド映画の大ファンという柳さんの熱い要望から本作のマサラ上映が決定。

東京・立川シネマシティでは1日限定で音にこだわった極上音響上映。関西マサラ上映の聖地、兵庫県の塚口サンサン劇場ではウーハー上映&マサラ上映をそれぞれ開催。その他、東京・アップリンク渋谷、大阪・シネ・ヌーヴォ、秋田・御成座での上映が決定しております。映画『バーフバリ』が新たなインド映画ファンを獲得している中、『恋する輪廻』が最後の国内上映に突入します。

映画情報どっとこむ ralph
◆”マサラ上映”とは◆
映画上映中に唄っても踊ってもなんでもOKの映画上映スタイル。

【劇場情報】

◆キネカ大森
日程:2018年2月11日(日)【柳英里紗映画祭】内で1日限定上映《マサラ上映》 
アクセス:東京都品川区南大井 6-27-25 西友大森店 5F
tel:03-3762-6000 
HP:https://ttcg.jp/cineka_omori/

◆立川シネマシティ
日程:2018年2月16日(金)1日限定上映《極上音響上映》 
アクセス:シネマ・ワン/東京都立川市曙町2ー8ー5 シネマツー/東京都立川市曙町2ー42ー26
tel:042-525-1251 
HP:http://cinemacity.co.jp/

◆塚口サンサン劇場
日程:2018年3月30日(金)《ウーハー上映》、3月31日(土)《重低音マサラ上映》 
アクセス:兵庫県尼崎市南塚口町2丁目1-1-103号
tel:06-6429-3581
HP:http://www.sunsun.info/schedule/

◆アップリンク渋谷
日程:2018年3月25日(日) 
アクセス:東京都渋谷区宇田川町37−18 トツネビル1・2F
tel:03-6825-5503
HP:http://www.uplink.co.jp/

◆シネ・ヌーヴォ
日程:2018年3月10日(土)~3月16日(金)
アクセス:大阪府大阪市西区九条1丁目20−24
tel:06-6582-1416
HP:http://www.cinenouveau.com/

◆御成座
日程:2018年3月2日(金)~3月11日(日) ※3/7(水)は休映
アクセス:秋田県大館市御成町1丁目11−22
tel:0186-59-4974
HP:onariza.oodate.or.jp


◆オンラインシアター『アップリンク・クラウド』でも3月31日まで絶賛上映中!
URL:uplinkcloud036

◆セルBlu-ray&DVDも好評発売中!


映画情報どっとこむ ralph 歌い!踊り!恋をする!ロマンス、サスペンス、アクション、コメディ…映画の楽しさを詰め込んだ、キラキラのワンダーランド!

http://www.uplink.co.jp/news/2018/50380

1970年代、ボンベイ(現ムンバイ)。脇役俳優の青年オームは、大人気女優シャンティに恋をする。ところがシャンティは人知れず結婚・妊娠していたが、映画界でのさらなる成功を求めるプロデューサーである夫に疎まれ、殺されてしまう。シャンティを助けようと炎の中に飛び込んだオームもまた、命を落としてしまう。そして30年後、映画界で一番のスター俳優は、オームそっくりの青年だった…。
監督は、インドのトップ振付師ファラー・カーン。シャー・ルクを囲んで新旧トップスター30人がゲスト出演して歌い踊るという、ギネス級のスター顔合わせを実現させ、ゴージャスなソング&ダンスシーンを演出した。
輪廻転生、恋と復讐劇、友情、そしてサスペンス、コメディてんこ盛り、ボリウッド映画の決定版!!!

***********************************

監督:ファラー・カーン
出演:シャー・ルク・カーン、ディーピカー・パードゥコーン
提供:アジア映画社、マクザム、パルコ
配給・宣伝:アップリンク
(2007年/インド/169分/カラー/ヒンディー語/シネスコ)
(C)Eros International Ltd


映画『私は絶対許さない』ノイダ国際映画祭(インド)で審査員特別賞を受賞


映画情報どっとこむ ralph 精神科医の和田秀樹監督が映画化した映画『私は絶対許さない』が、インドのノイダ国際映画祭で審査員特別賞を受賞した。

ノイダは”北インド最大の映画都市”で、ノイダ国際映画祭は、これまでに90カ国以上の国からの映画を上映した映画祭である。

和田秀樹監督 受賞コメント

この映画が審査員の皆様に理解され、このような名誉ある賞を受賞できたことに心から感謝します。

性暴力は、どんな国でも絶対に許されるものではないし、 精神科医としてその被害者の心からの訴えを聞き続け、心の変化を追いかけてきました。本作は、 被害を受けた人の時間の連続性がどのように断ち切られるかを主題にしました。そして、被害者からどのように世界が見えるのか、被害を受ける側がどんなにつらい思いをするのかを知ってもらうために主観撮影に挑みました。

この映画を通じて、性暴力に対する怒りや悲しみが共有されれば監督として幸甚この上ありません。今回の受賞を通じて、インドの皆様だけでなく、世界の皆様にこの映画が広まってくれることを心から願っています。数ある映画の中から私の映画を選んでいただいた映画祭の皆様に心より感謝します。

映画情報どっとこむ ralph 映画『私は絶対許さない

4月7日(土)よりテアトル新宿にて公開ほか全国順次

Twitter:
@watashihazettai

体験を実際に持つ雪村葉子さんが35歳になって執筆した手記を元に、その半生をたどる衝撃のストーリー。
彼女は日々何を見て、何を感じ、何に対して復讐しているのか。あの男達への思いは……。

主人公目線ですべてが撮影される完全主観撮影で、よりリアルにレイプシーンなどを描いており、精神科医ならではのトラウマを描く新感覚社会派エロス作品。

脚本には、寺島しのぶがベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した『キャタピラー』(監督:若松孝二)の共同脚本や『花芯』(監督:安藤尋)、『四十九日のレシピ』(監督:タナダユキ)等の黒沢久子、撮影監督には、『ラヂオの時間』で日本アカデミー賞優秀撮影賞を受賞した高間賢治、音楽には、2008年プッチーニ国際賞を日本人で初受賞した世界的音楽家・三枝成彰、編集にはほとんどの北野武作品を手がけ、日本アカデミー賞最優秀編集賞を受賞した太田義則など、実力派が集結した。

主人公の葉子役は、整形後を、数々のミスコンを経て、注目度NO.1のグラビア女優として活躍が期待されている平塚千瑛(ひらつかちあき)が、集団レイプに遭う学生時代を、NHK大河ドラマ「西郷どん」への出演も決まっている西川可奈子がW主演で演じ、体当たり演技を披露している。

その他、既に発表されている隆大介、佐野史郎のほか、美保純、友川カズキ、白川和子、吉澤健、三上寛、奥野瑛太、川瀬陽太、南美希子、児島美ゆき、東てる美らが出演している。

また、主題歌「迷宮」を元SKE48のメンバーの出口陽が担当している。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

東北地方の田舎で育った中学3年生の葉子(西川可奈子)は、メガネに化粧っ気のない素朴な女の子。
厳格な父(友川カズキ)と、女々しく意地悪な母(美保純)と、優しいがどこか他人事の様に接する祖母(白川和子)と、小さな弟と妹に囲まれて平凡に暮らしていた。

あの日までは……。

年末、若い男達に無理やり輪姦されたのだった。
元旦に全身傷だらけで帰宅した葉子を待ち受けていたものは、冷たく突き放す家族と親戚だけだった。
体のみならず、心もズタズタにされ、天涯孤独の様な気持ちだった。

ひょんなことからレイプ犯の一人である若者の養父・早田(隆大介)と出会い、援助交際という名の契約を交わす。どうせ私は傷物なんだから……。
冬休み明けの学校でも、瞬く間に輪姦された噂は広まり、イジメが始まった。
その間も援助交際でコツコツと大金を稼ぐ葉子。一刻も早くこの地獄から自力で抜け出すために。そしていつか、あの男達に復讐するために……。

高校卒業後、大都会東京へ。
すぐさま全身整形し、昼間は真面目な学生、夜は学費や生活費を稼ぐべく風俗で働いていた。

そんな中、葉子(平塚千瑛)は客としてきた雪村(佐野史郎)に出会う。彼は将来の夫になる人だった……。
しかし、ある日、彼の真実を知ってしまう……。
そんな体験を実際に持つ雪村葉子さんが35歳になって執筆した手記を元に、その半生をたどる衝撃のストーリー。
彼女は日々何を見て、何を感じ、何に対して復讐しているのか。あの男達への思いは……。

***********************************


出演:平塚千瑛、西川可奈子、美保純、友川カズキ、白川和子、吉澤健、三上寛、奥野瑛太、川瀬陽太、南美希子、児島美ゆき、東てる美、隆大介、佐野史郎 ほか

製作総指揮・監督:和田秀樹
原作:雪村葉子(ブックマン社)
脚本:黒沢久子 
プロデューサー:小林良二
ラインプロデューサー:大原盛雄

撮影監督:高間賢治
照明:上保正道
録音:植田中
編集:太田義則
音楽:三枝成彰
制作・配給:緑鐵 配給協力:渋谷プロダクション
製作:「私は絶対許さない」製作委員会
主題歌:出口陽「迷宮」

©「私は絶対許さない」製作委員会
     


インド映画の世界興収ナンバー1『ダンガル きっと、つよくなる』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph インド映画の世界興収ナンバー1!
『DANGAL』が『ダンガル きっと、つよくなる』の邦題に決定。合わせ公開日も4月6日金曜日に決定となりました!夢を持つ皆様の新生活の門出を熱く応援する作品がいよいよ春に全国公開!

そして、本作のポスターも解禁!

ぬけのいい青空をバックに腕を固く組み、こちらを見据えるのは、インド映画界の超大スターのアーミル・カーン演じるレスリングへの愛が止まることを知らない男マハヴィル・シン。この圧の強い怖そうな男、実はカワイイ姉妹のパパ。そのパパの前に戸惑いを隠せない表情で所在無さげに立つのが、長女ギータ(赤い服)、次女バビータ(オレンジの服)とんでもない能力を開花させていく原石たちだ。

タイトルの上には”人類史上最も熱い、パパの愛と野望。”とパンチの効いた、タダモノではないコピーが踊る。パパの「愛」に「野望」が並ぶ?その意味とはー?

”世界規格外特大ヒット感動実話” ”父の夢をまとい、姉妹がレスリングで世界に羽ばたく壮大な逆転サクセス・ストーリー”の文字が。

世界中で絶賛の嵐を巻き起こしている本作。3人のこのたたずまいをして、「史上最高の感動・興奮」との呼び声の高い圧巻のストーリーとはいかにー?三人が繰り広げる物語に要注目!

パパの見据える先に何が待ち受けるのか。

愛する娘たちを困惑させたパパの決断の真意とはー。

映画情報どっとこむ ralph ダンガル きっと、つよくなる

4月6日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー

レスリングを愛する男。

生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しながら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチとして、二人を鍛えはじめる。

男物の服を着せ、髪を切り・・・一家は、町中の笑いものとなるが、外野は意に介さず、ブレずに特訓に熱を込める父と、ささやかな抵抗を企て続ける娘たち。

やがて、目覚しい才能を開花させた娘たちはー。

***********************************

監督・脚本:ニテーシュ・ティワーリー
出演:アーミル・カーン『きっと、うまくいく』『PK』、ザイラー・ワシーム、スハーニー・バトナーガル
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン/ギャガ
©Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016