「インクレディブル・ファミリー」タグアーカイブ

一番バッター出てこいやァ!髙田延彦 日ハム 淺間選手相手に始球式!『インクレディブル・ファミリー』


映画情報どっとこむ ralph 『インクレディブル・ファミリー』が8月1日(水)に日本でもついに公開し、お盆休みを過ぎてもその勢いはとどまることはなく快進撃中!
この度、スーパーパワーを持つヒーロー家族を描いた物語であることから、パ・リーグ6球団との夢のタッグ「パ・リーグ親子ヒーロープロジェクト」が実現。本作では各球団の“ヒーロー選手”が、吹替えに挑戦していることも話題となっています。

この“インクレディブル・デー”に本作の日本版声優がそれぞれ登場しました!

18日(土)の京セラドームではヴォイド役の小島瑠璃子さんが始球式に登場し見事な投球を披露しました。

そして本日19日(日)メットライフドームではアンダーマイナー役の髙田延彦さんが登場し始球式を行いました!

映画情報どっとこむ ralph 始球式に先駆け、埼玉西武ライオンズの山川穂高選手との対面が実現。
山川選手は西武ライオンズの‟ヒーロー“として本作で一言声優にも挑戦しています。
まずは二人での投球練習が行われ、その後の囲み取材ではこれから始球式に臨む髙田さんに向けて、

山川選手:髙田さんは僕らよりも力があると思うので、本番でしっかりとアドレナリンが出て、ピッチャーの気持ちになれればスピードが出ると思います。

とアドバイスが送られました。
さらに映画に因みお互いが欲しい“スーパーパワー”について聞かれると、

髙田さん:山川選手のように毎日ホームランが打てるようなパワーが欲しいですね。まさに山川選手のようなファイターがRIZINにも欲しいです!

と山川選手をスカウト!これに対して

山川選手:僕はメンタルが強くないので、髙田さんのように熱くて強いメンタルが欲しいです。

とお互いの“スーパーパワー”を讃えあいました。

映画情報どっとこむ ralph いよいよ始球式が始まり髙田さんがマウンドに登場すると、球場からは大きな歓声が沸き上がりました。
今回ヴィラン・アンダーマイナー役の声優を務めている髙田さんは、球場に詰めかけたお客さんに対して

髙田さん:この球場にもヒーローがたくさんいますが、是非劇場にもヒーローを観にお越しください!

と、本作をアピールしました。その後、髙田さんが球場全体に響き渡る声で、

髙田さん:一番バッター出てこいやァ!!!!!!!

と叫び、元野球少年である髙田さんと現役日ハムバッターの淺間大基選手の対戦が実現しました。

この夢の対戦に場内のボルテージは最高潮へ!
勢いよく振りかぶった髙田さんの投球は、ホームベースまで到達し見事キャッチャーミットに収まりました。この完璧な投球に場内からは割れんばかりの拍手が送られました。

さらに球場にはフォトロケーションが登場し、数量限定で特製クリアファイルや、映画のキーアイテムである黒いアイマスクが来場者にプレゼントされました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

髙田さん:球場のお客さんからの歓声という後押しもあって、本当に気持ちよく投げられました!

と自身の投球を振り返りました。

映画のヴィラン・アンダーマイナーさながらに始球式で球場を沸かせた髙田延彦さん。現在大ヒット公開中の『インクレディブル・ファミリー』、髙田さんの熱い投球の如く、まだまだ続く日本の夏を盛り上げてくれること間違いなしです!

インクレディブル・ファミリー

オフィシャルサイト:
disney.jp/incredible


物語・・・
彼らは、どこにでもいるフツーの家族…ではない。パパもママも3人の子供も、それぞれ異なるスーパーパワーを持ったヒーロー家族なのだ!超人的なパワーをもつパパ、ボブ、伸縮自在なゴム人間のママ、ヘレン、超高速移動できる長男ダッシュと、鉄壁バリアで防御できる長女ヴァイオレット。さらに、スーパー・パワーに目覚めたばかりの赤ちゃんジャック・ジャック…その潜在能力は、まだ未知数。家事も育児も世界の危機も、驚異のスキルと家族の絆で乗り越える、この夏最高の一家団結アドベンチャーが誕生した!

***********************************

監督:ブラッド・バード
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 
©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 
  


小島瑠璃子とサンシャイン池崎コスプレで登場!『インクレディブル・ファミリー』大ヒット御礼舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 8 月1 日(水)より『インクレディブル・ファミリー』を全国公開しました。

様々なメディアで作品を絶賛するレビューや実写にも負けないアクションシーン、スーパー赤ちゃん、ジャック・ジャックの可愛さ、そしてキャラクターへの共感度が高いなどのSNSでのクチコミが広がって大ヒットとなっている本作。

本日、8月8日(水)にTOHOシネマズ日本橋で日本版声優を務めた小島瑠璃子さん、サンシャイン池崎さんが登壇しての大ヒット御礼舞台挨拶が行われました。

日付:8月8日(水)
場所:TOHOシネマズ日本橋
登壇:小島瑠璃子、サンシャイン池崎

映画情報どっとこむ ralph 客席には夏休みということもあり、子供から大人までつめかけ、小島瑠璃子さん、サンシャイン池崎さんがそれぞれのキャラクターをイメージした衣装で登場!

ヴォイドをイメージした小島さんは

小島さん:青と緑を取り入れて、髪の毛もストレートにしてヴォイドに寄せました!肌の色も黒くて改めて自分と似ていると思いました!

と衣装のポイントについて語り、客席からも可愛い!と衣装を絶賛する声が上がりまんざらではないご様子。

ヘレクトリクスをイメージした池崎さんは

池崎さん:今日はインクレディブル池崎としてきました!イェェェェェイ!今日はヘレクトリクスをイメージして普段の衣装を青にしました。背中にカミナリの絵もあります。結構気に入ってます!

と気合十分。

映画情報どっとこむ ralph 初めてディズニー/ピクサー作品声優を挑戦となった二人ですが、

小島さん:この作品に関われて本当に光栄です。前作も劇場に観に行ってて、今回自分が声優で関わらせていただけるなんて、小学校5年生の自分が知ったらどんなに嬉しいことでしょうね。

と喜びを語った。

池崎さん:空前絶後の大ヒットですよね!仕事のオファーが来たときは本当にうれしかったです。ピクサーで一番好きな作品が『Mr.インクレディブル』なので、本当の意味でイェェェェェイ!

と初声優の喜びを語りました。

ヒーローを演じたことにちなみ自身のヒーローはと聞かれると

池崎さん:斎藤工さんですね。格好いいのはもちろんですけど、斎藤さんが僕の真似をしてくれて凄く話題になりましたしね。足向けて寝れないですね。

と即答!その話を受けて

小島さん:あれでサンシャインさんの芸が一周周って面白いと実感しましたよね!味がでてきた。

とのジャブに会場は笑い包まれた。

一方で・・・

小島さん:井森美幸さんです!バラエティ番組にずーと出てらっしゃっていて、昔活躍されている時から全く変わらない立ち位置で、愛されていてすごいなと思いました。

と事務所の大先輩をあがめます!

イベント当日の8月8日は“パパの日”ということで、本作の中でもパパであるMr.インクレディブルがなれない家事や育児に奮闘する姿が描かれていることにちなんで、お二人にもパパや家族との夏休みのエピソードをと問われると、

小島さん:父の実家がペンションを経営していたので、家族4人で行ってました。家族仲良いんですよね。

と話し、

池崎さん:僕とは真逆ですね。空前絶後のボロイ家に住んでいて、大人一人いれば素手で破壊できるもろい家ですね。

それぞれの対称的な家族の思い出を語った。イベントが終盤に差し掛かかると、小島さん演じるヴォイドのスーパーパワーである瞬間移動でワームホールが出現し、大ヒットを祝うべく“くす玉”が登場!

そして、池崎さん演じるヘレクトリクスのスーパーパワーである電気を自在に使える能力で、見事くす玉が割れ会場のボルテージはマックスに!!それぞれが演じるキャラクターのスーパーパワーを使って見事くす玉が割れ、イベントは大盛況となった。

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・・

小島さん:キャラクターに感情移入しやすくて、ヒーローを描いた作品ですが、家族の愛がテーマになっている素晴らしい作品です。夏の思い出にしていただければ嬉しいです!

と作品をアピール。

池崎さん:何も考えずに楽しめる作品です!ヘレクトリクスは僕とまったくかけ離れてるので、どこに登場するか探してくださいね!僕はイェェェェェイ!と言ってないので安心してください。

とコメントし、イベントを締めました。


インクレディブル・ファミリー

オフィシャルサイト:
disney.jp/incredible

物語・・・
彼らは、どこにでもいるフツーの家族…ではない!パパもママも3人の子供も、それぞれ異なるスーパーパワーを持ったヒーロー家族なのだ!超人的なパワーをもつパパ、ボブ、伸縮自在なゴム人間のママ、ヘレン、超高速移動できる長男ダッシュと、鉄壁バリアで防御できる長女ヴァイのオレット。さらに、スーパーパワーに目覚めたばかりの赤ちゃんジャック・ジャック。その潜在能力は、まだ未知数。家事も育児も世界の危機も、驚異のスキルと家族の絆で乗り越える、この夏最高の一家団結アドベンチャーが誕生した!

***********************************

脚本&監督:ブラッド・バード
製作:ジョン・ウォーカー、ニコル・パラディス・グリンドル
日本版声優:三浦友和 ( ボブ /Mr. インクレディブル役 ) 、黒木瞳 ( ヘレン / イラスティガール役 ) 、 綾瀬はるか( ヴァイオレット役 ) 、山崎智史 ( ダッシュ役 ) 、髙田延彦 ( アンダーマイナー役 ) 、小島瑠璃子( ヴォイド役 ) 、サンシャイン池崎 ( ヘレクトリクス役 )ほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


黒木瞳が福岡ヤフオク!ドームでセレモニアルピッチ! “インクレディブル”な投球を披露!


映画情報どっとこむ ralph アカデミー®賞2部門(長編アニメーション賞、音響編集賞)に輝き、世界中の観客を魅了した『Mr.インクレディブル』の待望の最新作『インクレディブル・ファミリー』が
8月1日(水)より『インクレディブル・ファミリー』を全国公開となりました!

家事も育児も世界の危機も、驚異のスキルと家族の絆で乗り越える、この夏最高の一家団結アドベンチャーが誕生!

この度、スーパーパワーを持つヒーロー家族を描いた物語であることから、パ・リーグ6球団との夢のタッグ「パ・リーグ親子ヒーロープロジェクト」が実現。

本作で各球団の“ヒーロー選手”が、吹替えに挑戦していることも話題になっています。

福岡ヤフオク!ドームでの“インクレディブル・デー”のオリックス戦の2日目となる8月5日。

球場にはフォトロケーションやMr.インクレディブル一家のスタンプラリーが登場。さらに先着で特製クリアファイルや、映画のキーアイテムである黒いアイマスクが先着でプレゼントされ、球場全体が“インクレカラー”に染まりました。

映画情報どっとこむ ralph この“インクレディブル・デー”をさらに盛り上げたのは、福岡県出身で日本版イラスティガール/ヘレン役の声優を務めた黒木瞳のセレモニアルピッチ!
ピッチ登壇に先駆け、福岡ソフトバンクホークスの“ヒーロー”として『インクレディブル・ファミリー』で一言声優にも挑戦した柳田悠岐選手との顔合わせが実現。劇中ではイラスティガールと運転士として共演済みの二人だが、実際に会うのはこれが初めて。

黒木さん:上手なので声優さんがやってるかと思っていた。

と絶賛。

柳田選手:一言だけだと聞いて、自信を持って収録に出かけたら、セリフを50回くらい言わされて、汗だくでした(笑)

と収録時のエピソードを披露。

柳田選手:けど、黒木さんに褒めてもらえて良かった!

と笑いを誘った。 セレモニアルピッチに挑む黒木さんへのアドバイスを求められると、

柳田選手:軽い気持ちで、自信を持って。練習で長い距離を投げていたら、18mは意外に近いと思うので大丈夫ですよ!

とエールを贈った。


セレモニアルピッチ本番、詰めかけた観客に

黒木さん:『インクレディブル・ファミリー』信じられないくらい面白いのでぜひ皆さんみて下さい!

と映画をアピールし、いざマウンドへ。バッターボックスに立つ、”インクレヒーロー風”マスクをつけた球団マスコットハリーくん目がけて渾身の1球を放つと、ボールは見事、キャッチャーミットに!

映画情報どっとこむ ralph 終了後、セレモニアルピッチ挑戦について、

黒木さん:楽しかったです!

と晴れやかな表情で語った黒木さん。

本番前には笠谷投手から投球レッスンを受け、

黒木さん:投球フォームとか、”リラックスして”などと教えていただいたおかげで、落ち着いてできました!

と満足気に語った。また、ピッチング練習には、工藤監督も顔を出したそうで

黒木さん:プロ選手は、早い球には慣れているが、逆に私が投げるようにゆっくりのボールだと選手が打てないのでいいピッチング!と褒められました!

と明かしてくれました。


最後に・・・

福岡はすごく盛り上がる。球場の熱気も久しぶりでした。これからも盛り上げ頑張って欲しいです!

と締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph インクレディブル・ファミリー

オフィシャルサイト:
disney.jp/incredible


物語・・・
彼らは、どこにでもいるフツーの家族…ではない。パパもママも3人の子供も、それぞれ異なるスーパーパワーを持ったヒーロー家族なのだ!超人的なパワーをもつパパ、ボブ、伸縮自在なゴム人間のママ、ヘレン、超高速移動できる長男ダッシュと、鉄壁バリアで防御できる長女ヴァイオレット。さらに、スーパー・パワーに目覚めたばかりの赤ちゃんジャック・ジャック…その潜在能力は、まだ未知数。家事も育児も世界の危機も、驚異のスキルと家族の絆で乗り越える、この夏最高の一家団結アドベンチャーが誕生した!

***********************************

監督:ブラッド・バード
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 
©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 


“インクレ“ワールドレトロな世界観!!ミッドセンチュリーな世界がわかる最新映像解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 2018 年8月1日(水)より『インクレディブル・ファミリー』が全国公開となります。

アカデミー®賞2部門(長編アニメーション賞、音響編集賞)に輝き、世界中の観客を魅了した『Mr.インクレディブル』の待望の最新作『インクレディブル・ファミリー』が8月1日(水)より日本公開となる。本作は、『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』のピクサー・アニメーション・スタジオが贈る、長編アニメーション作品20作目という記念すべき作品。
彼らは、どこにでもいるフツーの家族…ではない。

パパもママも3人の子供も、それぞれ異なるスーパーパワーを持ったヒーロー家族なのだ!超人的なパワーをもつパパ、ボブ、伸縮自在なゴム人間のママ、ヘレン、超高速移動できる長男ダッシュと、鉄壁バリアで防御できる長女ヴァイオレット。さらに、スーパーパワーに目覚めたばかりの赤ちゃんジャックジャック…その潜在能力は、まだ未知数。家事も育児も世界の危機も、驚異のスキルと家族の絆で乗り越える、この夏最高の一家団結アドベンチャーが誕生!

映画情報どっとこむ ralph 『インクレディブル・ファミリー』を彩る、ミッドセンチュリーな世界観!

本作の世界観のコンセプトは、ミッドセンチュリー(20世紀半ば)。素晴らしいデザインのアイデアに溢れているその時代をイメージした世界観は、ストーリーを支える上で、キャラクターと同じくらい重要な役割を果たしている。ボブたち家族が暮らすことになる、郊外に建つ家も、その頃のデザインを反映したもの。フランク・ロイド・ライト(1867-1959)の建築が参考にされたほか、かつてハリウッド・スターたちが豪邸を建て、今なおモダンな雰囲気が漂う砂漠リゾートの街、パームスプリングスの家々がリサーチの対象となった。そして1950年代に見受けられた、自然の要素を家の中に取り込む東洋的なアイデアも取り入れられた。こうして誕生したのは、石張りの壁をそなえ、植物が置かれた広いリビングに水まで流れている大邸宅だった。他にも『北北西に進路を取れ』のジェームズ・メイソンの家にも影響を受けているという。
ミッドセンチュリー風のオシャレな椅子からフロアランプ、天井や床に至るまで一から作り上げられていったが、ジャック・ジャックがちょこんと座ったりする床は、異なる素材に伴う反射の違いまでが計算され、自然に見えるように、そこに汚れも加えられている。
また映画の世界観を踏襲して、エキストラを含むキャラクターたちの衣裳デザインのアイデアにも、ミッドセンチュリーが意識されている。衣裳は、キャラクターや物語を表現するものでもある。そのため、ちょっぴり反抗的なヴァイオレットは60年代のファッション、元気なダッシュはいつもTシャツとジーンズという服装になった。ジャック・ジャックはほとんど“おむつ”姿だが、それは服を着せる余裕がないほどボブが疲れ切っているからだ。ジャック・ジャックが服を着ているのは、ヘレンが家にいる時だけなのだ。エキストラの衣装に関しても同じコンセプトが適用されているが、彼らの数は膨大だ。その為、男性に関しては12個の服のパターンと6つの違ったボディタイプを作り、色と柄を調整することで72の違った服装をしたキャラクターを作った。女性に関しても同様に20の服のパターンと7つのボディタイプで64人の違った服装の女性たちを作り上げた。「クリエイティブな意味で実用的」な仕事により多くのキャラクターをミッドセンチュリーという世界観を守りつつデザインすることが出来たのだ。

映画情報どっとこむ ralph ミッドセンチュリーな世界観がよくわかる最新映像が到着!

この度、上記で説明をした、ボブたち家族が暮らすことになる大邸宅の映像が解禁となった。映像ではあまりの部屋の広さに困惑するヘレンや、庭にある森やプールに大興奮するダッシュの姿が映し出されている。興奮冷めやらないダッシュが家の壁に設置されたリモコンを押すと天井から水のカーテンが現れ暖炉に火がついたりソファやテレビが現れたりとまさに夢のような大邸宅であることがわかる。しかし色々なボタンを押し続けた結果、ソファが水に浸水し大パニックに陥る姿が描かれている。家族の服装から、邸宅内にあるインテリアまでもが全てこのミッドセンチュリーを意識したデザインで描かれており、物語の重要なキャラクターとして存在しているのがよくわかる。



建物1つ、インテリア1つ、エキストラ1人、あらゆる要素が本作の世界の一部として存在し、作品を盛り上げることに貢献している。この夏は劇場で、『インクレディブル・ファミリー』の世界観を堪能して欲しい。


特設サイト開設! ※本サイトは7月31日(火)12時に本アップされます。
『インクレディブル・ファミリー』の世界観を楽しむための4つの注目ポイント!
https://www.disney.co.jp/movie/incredible-family/production-notes.html

オフィシャルサイト:
disney.jp/incredible

***********************************

監督:ブラッド・バード
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 
©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 


陽気な監督にこじるり怒られる!?『インクレディブル・ファミリー』 ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph アカデミー® 賞2部門(長編アニメーション賞、音響編集賞)に輝き、世界中の観客を魅了した『 Mr. インクレディブル』の待望の最新作 『インクレディブル・ファミリー』 が8月1日(水)より日本公開となります。

家事も育児も世界の危機も、驚異のスキルと家族の絆で乗り越える、この夏最高の一家団結アドベンチャーが誕生しました!

そして!この度、監督ブラッド・バードとプロデューサーのジョン・ウォーカーが来日してジャパンプレミアが行われました!

さらに登壇したのは日本版声優の三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、山崎智史らインクレファミリー、アンダーマイナー役の髙田延彦に加え、新たなヒーロー役として参加した小島瑠璃子、サンシャイン池崎ら豪華な面々が揃ってレッドカーペット&ステージに登場して映画について熱く語りました!

『インクレディブル・ファミリー』 ジャパンプレミア
日時: 7月25日 ( 水 )
場所: 品川インターシティホール
来日ゲスト: ブラッド・バード ( 監督 ) /ジョン・ウォーカー ( プロデューサー )

日本人ゲスト: 三浦友和 ( ボブ /Mr. インクレディブル役 ) 、黒木瞳 ( ヘレン / イラスティガール役 ) 、 綾瀬はるか( ヴァイオレット役 ) 、山崎智史 ( ダッシュ役 ) 、髙田延彦 ( アンダーマイナー役 ) 、小島瑠璃子( ヴォイド役 ) 、サンシャイン池崎 ( ヘレクトリクス役 )

映画情報どっとこむ ralph
先ずはジャパンプレミアに集まったお客さんの体をほぐすため?インクレディブル体操から!

そこで舞台に現れたのは空前絶後のサンシャイン改めインクレディブル池崎!
ジャ~~スティス!!な挨拶の後、キッズダンサーを引き連れ、会場と一緒に体操!

映画情報どっとこむ ralph そして、会場が温まったところで、日本人声優キャストと監督&プロデューサーがレッドカーペットに登場!

ステージ上に並ぶとなんと豪華なことか!

映画情報どっとこむ ralph 先ずは監督にこの家族について聞くと
バード監督:最初のオリジナルの声のキャストとまた一緒にやれたのは嬉しいし、そこにダッシュが加わって素晴らしかったですね。家族が集まったことに感謝してるよ!1本目からずいぶん時間がたっていたので、こうして、また集まって仕事できたことは嬉しいですね。

と話すと

三浦さん:長い期間たちましたので、声はかからないかと思いましたが、お声がけいただいて嬉しかったですね。今回世界的ヒットしている作品の声をやれ背ていただけるのは光栄です!

と三浦さんも再度のオファーが嬉しかったご様子。

8月1日の公開に対しての想いを
黒木さん:最強のスーパーヒーローと最強の家族を描いた作品に早く観ていただきたいと思っています!

綾瀬さん:わたしは1作目の一ファンで大切な作品。また続編に参加させて頂けて嬉しく思いました!


歴代アニメーションの動員を超えた大ヒットの要因は?
バード監督:その秘訣はタイトルに入っています!スーパーヒーローものですが、多くの方たちの心に響いたのは家族の物語だからだと思います。

ウォーカーP:楽しくて愉快。アクションも沢山あって娯楽としてサイコー!大きくて音の良いスクリーンで観て欲しい、必ず劇場へ行ってみてください!

と、アピール。

適役のアンダーマイナー役の髙田さん は息子さんがアメリカで本作を観たそうで、
高田さん:これ観たよって!物凄く楽しんだって言ってました。

と話すと小島さんは

小島さん:パパがアンダーマイナーってちょっとショックだったんじゃ?
高田さん:そこなんだよね。さらにアンダーマイナー?って

と言われたそうで、ちょっぴり悲し気。

映画の声優初挑戦の小島さんは
小島さん:ディズニーやピクサー映画は小さい時から見ていたので夢みたいでした!同時にできるのか不安もあって。エンドロールに名前があったときには涙が出ました。

と感激だったそう
池崎さん:電話でこの仕事が決まったよと聞いて、イエ――――イって!ビジネスイエーイじゃなく叫びました!

ダッシュ役に関し
山崎くん:そっくりだね!って言われました。活発で落ち着きがない所が似ています!演じやすかったですが喉は痛めました!

と言う山崎くんに池崎さんはあるのど飴をアドバイス。

映画情報どっとこむ ralph この作品で伝えたことは?
バード監督:映画館で見て楽しくなる!事を目指したね。お互い助け合うことの大切さかな。子育てこそが英雄的な行動だと。

家族の絆にかんして
黒木さん:ボブの理解があって、ボブの愛があってこその家族の絆。

三浦さん:その通りですね。どこの家庭にもあるような普遍的なことですね。

アクションシーンを声で演じるにあたり

綾瀬さん:ブースの中で、同じ動きをしながら「フン!」「はーっつ」ってやってました。
と、アクション付きで紹介!

ヒーロー同士の助け合いも見どころ。

小島さん:様子が変わるシーンとか・・・(ネタバレ省略)
バード監督:まだ見てないのに!そんなに言っちゃダメ!

小島さん:やばい!怒られた!

と、大反省!

映画情報どっとこむ ralph 世界中で大人気となっている赤ちゃんジャックジャックは

バード監督:ジャックジャックは2番目の子の名前からとったんだ!もう25歳になっちゃったけどね。

と、意外な真相を披露。
ウォーカーP::僕はダッシュのスピードがほしい。この映画めっちゃ早く作らなければならなったんで、あのスピードがあれば楽だったなと。

と、会場を沸かせます!

秘密を教えて?

バード監督:みんな秘密を聞くよね・・・、じゃ一つ。劇中のテレビでやってるジョニークエスト(『科学少年J.Q』)が僕の子供のころ好きだったアニメなんだ!

とのこと、是非探してみて。


最後に・・・

ウォーカーP:ピクサーの500人のスタッフが3年かけて作りました。楽しんで作りましたので、同じように楽しんでもらえたら嬉しいです!

バード監督:エアコンが入ってる劇場へ!

と、日本御暑さ対策?もかねてな発言!


ここで、フォトセッションで池崎さんのイエ―――イをまねする監督
インクレディブル砲でイベントを終えました!


インクレディブル・ファミリー

8月1日(水)全国ロードショー!

オフィシャルサイト:
disney.jp/incredible

物語・・・
彼らは、どこにでもいるフツーの家族…ではない。パパもママも3人の子供も、それぞれ異なるスーパーパワーを持ったヒーロー家族なのだ!超人的なパワーをもつパパ、ボブ、伸縮自在なゴム人間のママ、ヘレン、超高速移動できる長男ダッシュと、鉄壁バリアで防御できる長女ヴァイオレット。さらに、スーパー・パワーに目覚めたばかりの赤ちゃんジャック・ジャック…その潜在能力は、まだ未知数。家事も育児も世界の危機も、驚異のスキルと家族の絆で乗り越える、この夏最高の一家団結アドベンチャーが誕生した!

***********************************

脚本&監督:ブラッド・バード
製作:ジョン・ウォーカー、ニコル・パラディス・グリンドル
日本版声優:三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、髙田延彦、小島瑠璃子、サンシャイン池崎、ほか

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.