「イザベラ・モナー」タグアーカイブ

ルール無き国境麻薬戦争『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』11 月日本公開決定


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞®3部門にノミネートの傑作サスペンスアクション『ボーダーライン』の続編で、6/29 より全米公開さ れ週末興収 1900 万ドルを記録、『ジュラシック・ワールド 炎の王国』『インクレディブル・ファミリー』に続く第 3 位の好スタートを切った 『Sicario: Day of the Soldado』が邦題『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』として 11 月より日本公開が決定しました。

アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、あらゆるルールもモラルも通用しない麻薬戦争の恐るべき現実をえぐり出し世界中を驚嘆させた『ボーダーライン』が、衝撃的な世界観と臨場感はそのままに新章へと突入する。


マットとアレハンドロのミッションは、 メキシコからのテロリスト流入に危機感を抱いたアメリカ政府の命を受け、CIA のマッ ト・グレイヴァーと一匹狼の暗殺者アレハンドロの仕事人コンビが挑む新たなミッションは、 麻薬カルテル間の内戦を引き起こすこと。

任務遂行の為には手段を問わない CIA 特別捜査官マット役には、『アベンジャーズ』 シリーズのヴィラン・サノス役や『デッドプール2』のケーブル役で人気沸騰中のジョシュ・ブローリン。マットに雇われる一匹狼の暗殺者・アレハンドロ役には、『トラフィック』 でアカデミー助演男優賞を受賞したベニチオ・デル・トロ。

カルテル間の内戦誘発の為、彼らが誘拐する麻薬王の娘・イサベル役には 『トランスフォーマー/最後の騎士王』のイザベラ・モナー、ジェフリー・ドノバン(『ボーダーライン』)、CIA 副長官キャサリン・キーナー (『カポーティ』、『ジョン・マルコヴィッチの穴』)らが脇を固める。

映画情報どっとこむ ralph 脚本は、『ボーダーライン』、『最後の追跡』でアカデミー賞®脚本賞に連続ノミネート、ネイティブアメリカン居住地を舞台に現代アメリカに 潜む闇を描いた初監督作『ウインド・リバー』(7/27 日本公開)で全米 4 館スタートから 6 週連続 TOP10 入りというロングラン大ヒッ トを記録したテイラー・シェリダンが脚本を務める。

気鋭監督ステファノ・ソッリマがメガホンを取り、『ボーダーライン』の世界が、破格のスケールアップとエモーショナル な進化を遂げ甦った。 その完成度は前作を手がけたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督をして「ノックアウト!素晴らしい続編に圧倒された!!」と言わしめるほど。

予測不可能にして非情な展開を見せる映像世界は、極限の緊迫感をみなぎらせて観る者を圧倒する。激化する国境麻薬戦争の深い 闇の中で優先すべきは、兵士としての任務か、ひとりの少女の無垢なる命か。その究極の選択を迫られたアレハンドロは、いかなる“決断” を下すのか。

映画情報どっとこむ ralph ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
原題:Sicario: Day of the Soldado
11 月日本公開決定!!

STORY
アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。犯人らがメキシコ経由で不法入国したとにらんだ政府は、国境地帯で密入国ビ ジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れるという任務を、CIA 特別捜査官マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)に命じる。それを受けてマットは、カ ルテルに家族を殺された過去を持つ旧知の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に協力を要請。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、カルテル同士の戦 争を誘発しようと企てる。しかし、その極秘作戦は敵の奇襲や米政府の無慈悲な方針変更によって想定外の事態を招き、メキシコの地で孤立を余儀なく されたアレハンドロは、兵士としての任務、復讐、そして人質として保護する少女の命の狭間で、過酷なジレンマに直面することになる……。

***********************************

脚本:テイラー・シェリダン(『ボーダーライン』『ウインド・リバー』)
監督:ステファノ・ソッリマ(『暗黒街』)
出演:ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノバン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、キャサリン・キーナー
2018 年/アメリカ映画/上映時間 122 分/字幕翻訳:松浦美奈/PG12/配給:KADOKAWA 提供:ハピネット、KADOKAWA 公式サイト:border-line.jp/© 2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


ローラ・ハドック、イザベラ・モナー、桜井日奈子『トランスフォーマー』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph 日・米・英の美しすぎるヒロイン達が集結!

最終章が幕を開ける『トランスフォーマー/最後の騎士王』は8月4日(金)より全国公開となります。

日本公開に先駆け、7月20日(木)にジャパンプレミアが開催。
6.5mを超える超巨大オプティマス・プライムが見守るように君臨し、スクイークスがステージに!
そして、本作のダブルヒロインであるローラ・ハドック(31)とイザベラ・モナー(16)が来日!さらに、日本からはイザベラの日本語吹替え版を務める桜井日奈子さんが登場。レッドカーペット&トークイベントが行われました。

『トランスフォーマー/最後の騎士王』ジャパンプレミア
日付:7月20日(木) 
場所:歌舞伎町セントラルロード
登壇:ローラ・ハドック、イザベラ・モナー、桜井日奈子

映画情報どっとこむ ralph 新宿歌舞伎町のど真ん中。
トランスフォーマー_ゴジラ_スパイダーマンが一枚に収まるミラクル

TOHOシネマズ新宿の前には6.5mのオプティマス・プライムが君臨するレッドカーペットにローラ・ハドック、イザベラ・モナー、桜井日奈子が登場し、TVへのインタビュー(サウンドバイツ)とファンサービスをゆっくりと行いました。

ステージには先ず、桜井さんが登壇。
桜井さん:吹替え自体が初めてで、その作品が世界中に多くのファンがいるハリウッドの大作『トランスフォーマー』シリーズということでプレッシャーもあったんですが、今はホッとしている、と言いたいところなのですが、この場はやはりすごく緊張しますね。マイケル・ベイ監督に選んでいただけて大変光栄です!

と話た後、オートボットを呼ぶことに。

桜井さん:バンブルビー(カマロ)!とオプティマス(フレイトライナー)!

と呼び込むと!

バンブルビーとオプティマスがレッドカーペットに登場!!

映画情報どっとこむ ralph そして!再びローラさん、イザベラさんが登場!
ローラさんから握手を求められた桜井さんは固くがっちりと手を合わせ、自身が声を当てたイザベラとは笑顔で顔を見合わせました。

ローラさん:はじめて日本に来たの。歓迎してくれて感謝しているし本当に興奮してるわ!大ファンだったこのシリーズに加われて光栄だし、愛し続けてくれるファンのために作りあげた映画よ。イザベラも本当に強い少女を演じていて、2人で新風を吹き込めたらいいわね。マイケル・ベイ監督からも「ぜひ日本のファンの皆さんによろしく!」とメッセージを預かってきたので、この映画をぜひ楽しんで!
イザベラさん:アリガトウ(日本語)!1日だけ時間があったから明治神宮に行って、幸せな人生が贈れますように、と願いごとをしてきたの。東京のみなさんはファッションも素敵で、私ももっと気合を入れなくちゃ!
と16歳らしいトーク。

さらにイザベラさんは、自身の吹替えを担当した桜井さんとの出会いに

イザベラさん:大変すばらしい女優さんだとお聞きしていたので、今日会えて本当に嬉しいわ!私に声をあててくれて光栄です!
と話すと桜井も「わ~!ありがとうございます!」と感激した様子で、2人は舞台上であたたかなハグ!

さらに好きなトランスフォーマーを問われ

ローラさん:今まではずっとバンブルビー一筋だったんだけど、今回新しく登場するコグマンね!英国執事ながらユーモアがあって笑えるキャラクターなの。ぜひ注目して!
と、イギリスが舞台の本作で自身もイギリス人ということでイギリスならではの新キャラクターをアピール。

イザベラさん:今作からは家族の一員ともいえる役だったスクィークスね!ワオ!ほんとに可愛くて素敵なボーイフレンドなの!
と久々の再会に喜びスクィークスにキス!天真爛漫な16歳の素顔を垣間見せました。

最後に3人は会場のファンと一体となり大声で「オプティマース!!」と叫ぶと、
後方にそびえる巨大オプティマスから「トランスフォーム!!」と荘厳なボイスが会場に響き渡り、ド迫力の尽きない豪華ジャパンプレミアとなりました!

映画情報どっとこむ ralph 映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』ジャパンプレミア

物語・・・
人類とトランスフォーマーが壮絶な戦いを繰り広げる最中、オプティマス・プライムが消息を絶った…。
果たして、オプティマスはどこにいってしまったのか?その一方、目前に迫る未曽有の危機から地球を救うため、前作の主人公・発明家ケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)の下に集まったのは、オプティマス無き後オートボットのリーダーとなったバンブルビー、謎の英国貴族(アンソニー・ホプキンス)、そして、オクスフォード大学の女教授(ローラ・ハドック)、誰も予想していないチームだった!『トランスフォーマー/最後の騎士王』で問われる“正義”、そして明かされる人類の謎。誰もが一度は変化を起こす為に立ち上がらなければいけない。
そこでは追われる者がヒーローに、そしてヒーローが悪に。人類かトランスフォーマーか?
オプティマスかバンブルビーか?生き残るのは、果たしてどちらなのか!?

トランスフォーマー/最後の騎士王

8月4日(金)全国ロードショー

公式サイト:
http://www.tf-movie.jp/
公式facebook:
@tfmovie.jp
公式twitter:
@tf_autobot  

***********************************

監督:マイケル・ベイ
脚本:マット・ハロウェイ、アート・マーカム、ケン・ノーラン
出演:マーク・ウォールバーグ、ローラ・ハドック、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロ、
    スタンリー・トゥッチ、アンソニー・ホプキンス


配給:東和ピクチャーズ

(C) 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro.
(C) 2017 Hasbro. All Rights Reserved.


オプティマス~な新予告映像『トランスフォーマー/最後の騎士王』解禁!


映画情報どっとこむ ralph 1000年に及ぶトランスフォーマーと人類との歴史のすべてが明かされるシリーズ最終章第一弾!

語り継がれるアーサー王伝説やイギリスのオーパーツとして有名なストーンヘンジにはトランスフォーマーの存在が欠かせなかった。その真実とは―?『トランスフォーマー/最後の騎士王』が8月4日(金)より全国公開となります。


我々が生きるために―人間の世界を滅ぼす敵意をむき出しにした≪人類の守護神≫オプティマス・プライム

人類VSトランスフォーマー 戦いの果てには…

幾度となく人類を救ってきたオプティマス・プライムが地球を去った後、メガトロン率いる悪の集団ディセプティコンたちは勢力を伸ばし続けていた。

正義の集団 オートボットのリーダーになったバンブルビーは必死に地球を守ろうとするが、世界は荒廃していき壊滅的状況に陥った。

そんな中、オプティマスが地球に帰還し平穏が訪れるかと思われたが、彼は仲間であったバンブルビーと人類に刃を向ける―。

映画情報どっとこむ ralph 今回の映像では、オプティマス・プライムは目の前に現れた“創造主”と呼ばれる存在に拘束され、「お前は故郷を破壊した。償いを求めるか?」と迫られ、瞳の色が変化し「はい、創造主様」と服従する―つまりトランスフォーマーが生き残るためには人類を滅ぼすように洗脳される―というショッキングなシーンが解禁に!


また、冒頭で謎の英国老人(アンソニー・ホプキンス)がトランスフォーマーと人間との繋がりは、1000年以上前から始まり、独立戦争、ナポレオン戦争、第一次世界大戦などその歴史のターニングポイントにトランスフォーマーが深く関わっていたことが判明するシーンも加わった。さらに神話のアーサー王と円卓の騎士伝説が歴史上に実在した出来事として登場し、現代でも語り継がれる「何か」が今作で描かれる人類の最大の脅威から救うことのできる唯一の可能性であることが分かるなど、シリーズ最大の謎が描かれています。

映画情報どっとこむ ralph トランスフォーマーと人間の戦いが避けられない絶望の中で、唯一の希望は“選ばれし者”の存在であると知った主人公ケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)。

オクスフォード大学の女教授(ローラ・ハドック)、謎の少女(イザベラ・モナー)との出会いを経て、イェーガーは人類最大の危機を救うために立ち上がるのだった。新予告では、それぞれのキャラクターたちのシーンが増え、本作のストーリーが徐々に明らかに。

“ハリウッドの破壊王”マイケル・ベイ監督 来日を約束!?

『トランスフォーマー』シリーズの監督マイケル・ベイ&アンソニー・ホプキンスからホットなコメントが到着!

ベイ監督:日本のファンは常に僕の作品を支えてくれた。日本で会おう!

と来日を匂わせる発言をした。そして、『羊たちの沈黙』でアカデミー賞主演男優賞に輝いた名優アンソニー・ホプキンスは

ホプキンス:マイケル・ベイと仕事をする機会を逃したくないと思っただけさ。私にとって未知の領域だったが、マイケルは一緒に仕事をするのに素晴らしい人物だ。

と出演の決め手を語ってます!

映画情報どっとこむ ralph 監督をはじめ超豪華キャストによる“驚異の映像革命”シリーズが、この夏トランスフォームする!

映像革命シリーズの進化は如何に!!せよ!

トランスフォーマー/最後の騎士王

2017年8月4日(金)全国ロードショーです! 

公式サイト:
www.tf-movie.jp

公式twitter:
@tf_autobot  

***********************************

監督:マイケル・ベイ 
脚本:マット・ハロウェイ、アート・マーカム、ケン・ノーラン
出演:マーク・ウォールバーグ、ローラ・ハドック、ジョシュ・デュアメル、ジョン・タトゥーロ、スタンリー・トゥッチ、イザベラ・モナー、アンソニー・ホプキンス
配給:東和ピクチャーズ
(C)2016 Industrial Light & Magic, a division of Lucasfilm Entertainment Company Ltd., All Rights Reserved 
    


新3部作の第1弾『トランスフォーマー/最後の騎士王』公開日決定


映画情報どっとこむ ralph 全世界のシリーズ累計興行収入が約3800億円を記録するなど、世界中で圧倒的大ヒットを続ける『トランスフォーマー』シリーズ。

実写映画化10年を迎える記念すべき今年、新たに製作される<トランスフォーマー>は、新3部作の第1弾『トランスフォーマー/最後の騎士王』として、この度、8月4日(金)に全国公開が決定しました。

オプティマス・プライムVSバンブルビー、衝撃の決戦の行方は!?

人類の命運を揺るがす、トランスフォーマーたちの“創造主“が出現!!

地球史を覆すミステリーが解明された時、世界は闇に包まれるのか!?

等々、新たな見せ場が次々と訪れる最新作は、従来のキャスト&キャラクターを軸に、新しいキャスト&キャラクターがこれでもかと次々と登場するという、まさに<トランスフォーマー>の集大成ともいうべき、究極の<トランスフォーマー>が誕生する!! CGに慣れ過ぎて感覚が麻痺した現代人を本気で驚かせた第1作から10年――。

映像革命シリーズの進化は如何に!!せよ!

トランスフォーマー/最後の騎士王

2017年8月4日(金)全国ロードショーです! 


公式サイト:
www.tf-movie.jp

公式twitter:
@tf_autobot  

***********************************

監督:マイケル・ベイ 
脚本:マット・ハロウェイ、アート・マーカム、ケン・ノーラン
出演:マーク・ウォールバーグ、ローラ・ハドック、ジョシュ・デュアメル、ジョン・タトゥーロ、スタンリー・トゥッチ、イザベラ・モナー、アンソニー・ホプキンス
配給:東和ピクチャーズ
(C)2016 Industrial Light & Magic, a division of Lucasfilm Entertainment Company Ltd., All Rights Reserved