「イエジー・スコリモフスキ監督」タグアーカイブ

紗倉まな~山田宏一まで著名人絶賛コメント!映画『早春 デジタル・リマスター版』


映画情報どっとこむ ralph 1972年の日本初上映以来長らく劇場上映の機会がなく、ソフト化もされていないことからカルト的が高まっていた、イエジー・スコリモフスキ監督映画『早春 デジタル・リマスター版』が、いよいよ今週1月13日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMA他にて待望の劇場公開。本作はロンドンの公衆浴場に就職した15歳のマイク(ジョン・モルダー=ブラウン)が、婚約者がいながら奔放な 性生活を働く年上の女性スーザン(ジェーン・アッシャー)の恋心を抱き、徐々にエスカレートしていく彼女への執着を描いた伝説の青春映画。

イエジー・スコリモフスキ監督独特の映像美がデジタル・リマスター版として鮮やかによみがえります!
この度本作の公開に寄せて 、 著名人より絶賛のコメントが到着しました!

映画情報どっとこむ ralph 恋は何故こんなにも人を面倒臭くさせるのだろうか。’好き’が次々と爆発して、どうしても真っ直ぐに進めない、その不器用さ。いつまでも観たくなりました。
紗倉まな(AV女優/作家)

映像の時代的古めかしさはむしろ新鮮で、おしゃれにすら映って楽しめる。少年の恋を思春期の危うさとともに描いているが、片思いのいら立ちを知っている者ならきっと感情移入する。これは確かに、「死ぬほどの恋」だ。
蒼井ブルー(作家/写真家)

誰もが気恥ずかしくも夢中で一度は死ぬほどの恋をする。滑稽で悲痛な、甘美で苦しい、初恋。スコリモフスキの『早春』は永遠に危うく不安な青春映画の傑作だ。
山田宏一(映画評論家)

童貞をこんなにも美しく、残酷に描いた映画があるだろうか。プールに浮かぶ少年と美女の看板のラブシーンは永遠に不滅だ。
町山智浩(映画評論家)

黄色いコートに身を包んだナイフみたいなジェーン・アッシャー。彼女が切り裂いた少年の心から流れた血が、透明な水にたゆたう。無垢が潰える瞬間をこんなにも残酷に、硬質に、甘美にとらえた映画も他にない。
山崎まどか(コラムニスト)

子供と大人の狭間。美しさと汚さの狭間。現実と夢の狭間…。どちらにも転ばない全てが危ういバランスで成り立つ儚い世界! 段々と笑えてきさえする青臭さ全開な主人公の行動が最高に愛おしいと思いました…!
テンテンコ(アーティスト)

「青春映画の幻の古典」とされているが、ロンドンのポップと東欧の暗さが絶妙にミックスされている混血的珍品。とまれ、様々な元ネタの塊である、魅力的で斬新なショットの数々。デジタルリマスターの威力ハンパねえ。
菊地成孔(音楽家/文筆家)

映画情報どっとこむ ralph ★イエジー・スコリモフスキ監督直筆ロゴをデザインしたオリジナルTシャツ限定販売!

サイズS.M.L 各3,800円(税込)で1月13日より劇場にて販売開始!

★劇場公開記念!映画批評家・廣瀬純トークショー

「暴力は色彩表面においてそのdeep endに達する」
1/19(金) YEBISU GARDEN CINEMA19:30上映終了後に開催決定!

映画情報どっとこむ ralph 早春 デジタル・リマスター版

1月13日よりYEBISU GARDEN CINEMAにてロードショー

***********************************

監督・脚本:イエジー・スコリモフスキ
脚本:イエジー・スコリモフスキ、イエジー・グルザ、ボレスワフ・スリク
撮影:チャーリー・スタインバーガー
出演:ジェーン・アッシャー、ジョン・モルダー=ブラウン、ダイアナ・ドース、カール・マイケ ル・フォーグラー、クリストファー・サンフォード、エリカ・ベール音楽:キャット・スティーヴンス、CAN 1970年
イギリス・西ドイツ
原題:Deep End
カラー
92分
デジタル・リマスター
提供:マーメイドフィルム、ディスクロード
配給:コピアポア・フィルム
宣伝:VALERIA
協力:ディスクユニオン
© 1971 Maran Films & KeRledrum ProducUons Inc. All Rights Reserved.
     


「ポーランド映画祭2017」開幕!イエジー・スコリモフスキ監督初日開幕挨拶


映画情報どっとこむ ralph 11月25日から東京都写真美術館にて開催の「ポーランド映画祭2017」初日開幕挨拶に、ポーランド広報センターからマリア・ジュラフスカ副所長、監修をつとめたイエジー・スコリモフスキ監督が登壇しました。


ポーランド映画祭2017」初日開幕挨拶
日付:11月25日
会場:東京都写真美術館
登壇:イエジー・スコリモフスキ監督

映画情報どっとこむ ralph マリア・ジュラフスカ副所長は6回目の開催となった本映画祭を

ジュラフスカ副所長:著名な監督の作品をはじめ、若手監督の作品まで観ることのできる、ポーランド映画を知る大変貴重な機会です。

と話した。

毎年監修をつとめ、自身の作品である「イレブン・ミニッツ」や今回は幻の名作と呼び声高い「早春」を上映予定のイエジー・スコリモフスキ監督は、朝から熱心に並んで入場した観客に感謝を述べるとともに、
スコリモフスキ監督:大変苦労して選出しましたが、すばらしい作品がそろっています。

と話した。

また、
スコリモフスキ監督:シュルレアリスティックな作風の「ゆれる人魚」や映画祭でしか観る機会のないボグダン・ジヴォルスキーのドキュメンタリー集などの短編に注目して欲しい。

と、述べました。
ポーランド映画祭2017

は、東京都写真美術館ホールにて12月15日(金)までの開催。
公式HP:http://www.polandfilmfes.com

***********************************