「アーミー・ハマー」タグアーカイブ

アーミー・ハマーの33歳の誕生日!!と言うことで『ホテル・ムンバイ』劇中&メイキングカットが解禁


映画情報どっとこむ ralph 2008年、インド・ムンバイで起きた無差別同時多発テロ。5つ星ホテルに閉じ込められた人質たちの奇跡の脱出劇を描いた感動の実話『ホテル・ムンバイ』が9月27日(金)より公開予定です。
 『ホテル・ムンバイ』 この度、本作で名もなき英雄の一人を演じたアーミー・ハマーの33歳の誕生日を迎えることにちなみ、劇中&メイキングカットが解禁になります!

映画情報どっとこむ ralph 愛おしそうに娘を見つめ抱きかかえる姿や、
アーミー・ハマー『ホテル・ムンバイ』 テロが起きる前の幸せそうな家族ショットが切り取られている一方で、
アーミー・ハマー『ホテル・ムンバイ』 物陰に隠れ、厳しい表情で様子を伺う緊張の瞬間を収めたもの、
アーミー・ハマー『ホテル・ムンバイ』 さらに、捉えられるような形で床に顔を押し付けている姿まで…。
アーミー・ハマー『ホテル・ムンバイ』 極限の状況下、ハマーは娘を救い出すことができるのかー!!

胸をえぐられるような事実を丹念に描き出し、悲劇の中にも、光り輝く人間性が存在することを証明する本作。『ボーダーライン』の製作陣が放つ、リアルに迫りくる映像、決して折れない登場人物たちの強き信念に、観る者は、恐れ、怒り、哀しみ、そして最後にはこの上ない希望に包まれる奇跡の感動作となっている。

映画情報どっとこむ ralph 『ホテル・ムンバイ』

原題:HOTEL MUMBAI

9/27(金) TOHOシネマズ 日比谷 他 全国ロードショー

『ホテル・ムンバイ』ポスター 主演は『スラムドッグ$ミリオネア』で主演デビューし、『LION/ライオン~25年目のただいま~』でアカデミー賞にノミネートされたデヴ・パテル。インドの5つ星ホテルで、自らの命を危険にさらしてまで宿泊客の守ろうとする給仕役を熱演しているほか、『君の名前で僕を呼んで』、『ビリーブ 未来への大逆転』のアーミー・ハマーが、アメリカ人旅行客デヴィッド役として出演。“名もなき英雄たち”に命を吹き込んでいる。ホテルに3日間閉じ込められた500人以上の人質の多くが生還を果たしたその裏側には、プロとしての誇りをかけて、宿泊客を救おうとしたホテルマン達の知られざる真実の物語が存在したー。『ボーダーライン』の製作陣が放つ、リアルに迫りくる映像、決して折れない登場人物たちの強き信念に、観る者は、恐れ、怒り、哀しみ、そして最後にはこの上ない希望に包まれる奇跡の感動作となっている。

<STORY>
2008 年11 ⽉26 ⽇。インドの五つ星ホテルがテロリストに占拠される。⼈質は、500 ⼈の宿泊客と従業員。特殊部隊の到着は
数⽇後。宿泊客を逃がすため、ホテルに残った従業員たち。部屋に取り残された⾚ん坊を救うため、銃弾の中を⾏く⽗と⺟。これは「誇り」と「愛」を懸けた、3 ⽇間の脱出劇。極限の状況下で、⼈はこんなにも⼈を想えるのか―。

***********************************


監督:アンソニー・マラス

出演:デヴ・パテル『LION/ライオン~25年目のただいま~』、アーミー・ハマー『君の名前で僕を呼んで』、ナザニン・ボニアディ『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』、

アヌパム・カー『世界に一つのプレイブック』、ジェイソン・アイザックス『ハリー・ポッター』シリーズ

配給:ギャガ R-15指定 /2018年/オーストラリア、アメリカ、インド合作/英語/123分/カラー/シネスコ/字幕翻訳:中沢志乃

© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

インド五つ星ホテルで起きた無差別テロに対する五つ星の勇気『ホテル・ムンバイ』予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 2008年、インド・ムンバイで起きた無差別同時多発テロ。5つ星ホテルに閉じ込められた人質たちの奇跡の脱出劇を描いた感動の実話『HOTEL MUMBAI(原題)』の邦題が『ホテル・ムンバイ』に決定し、9月27日(金)TOHOシネマズ日比谷他にて全国公開する運びとなりました。

あわせて、本作のポスタービジュアル、予告映像が完成しました。

主演は『スラムドッグ$ミリオネア』で主演デビューし、『LION/ライオン~25年目のただいま~』でアカデミー賞にノミネートされたデヴ・パテルが務め、インドの5つ星ホテルで、自らの命を危険にさらしてまで宿泊客の守ろうとする給仕役を熱演。また、『君の名前で僕を呼んで』、『ビリーブ 未来への大逆転』のアーミー・ハマーが、アメリカ人旅行客デヴィッド役として出演し、“名もなき英雄たち”に命を吹き込んだ。

2008年インドの商都ムンバイでイスラム武装勢力による同時多発テロが発生。

歴史あるタージマハル・パレス・ホテルが燃え盛る映像は世界を震撼させた。だがホテルに3日間閉じ込められた500人以上の人質は、その多くが生還を果たした。そこにはプロとしての誇りをかけて、宿泊客を救おうとしたホテルマン達の知られざる真実の物語が存在した。

『ボーダーライン』の製作陣が放つ、リアルに迫りくる映像、決して折れない登場人物たちの強き信念に、観る者は、恐れ、怒り、哀しみ、そして最後にはこの上ない希望に包まれる。

映画情報どっとこむ ralph 監督を務めるのは、これまで短編映画で世界的評価を得ているオーストラリア出身のアンソニー・マラス。

本作が長編初監督作品にしてトロント国際映画祭正式出品作に選出されるほか、世界各国で映画賞を獲得。ヴァラエティ誌が選ぶ「2018年注目すべき映画監督10人」にも選ばれる今最も注目を集める新進気鋭の監督だ。極限の状況下、胸をえぐられるような事実を丹念に描き出し、悲劇の中にも、光り輝く人間性が存在することを証明する奇跡の感動作が9月27日(金)に公開される。

映画情報どっとこむ ralph 『ホテル・ムンバイ』
原題:HOTEL MUMBAI


9/27(金) TOHOシネマズ 日比谷 他 全国ロードショー



***********************************

監督:アンソニー・マラス
出演:デヴ・パテル『LION/ライオン~25年目のただいま~』、アーミー・ハマー『君の名前で僕を呼んで』、ナザニン・ボニアディ『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』、
アヌパム・カー『世界に一つのプレイブック』、ジェイソン・アイザックス『ハリー・ポッター』シリーズ
配給:ギャガ  R-15指定  

2018年/オーストラリア、アメリカ、インド合作/英語/123分/カラー/シネスコ
字幕翻訳:中沢志乃
© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

アーミー・ハマーのインタビュー映像到着!映画『ビリーブ 未来への大逆転』


映画情報どっとこむ ralph 絶賛公開中の映画『ビリーブ 未来への大逆転』ですが、この度、本作でルース・ギンズバーグの夫を演じたアーミー・ハマーのインタビュー映像が解禁!

アーミーは本作で、自身も世界屈指の税法の専門家として活躍しながら当時一般的だった男女の役割を覆し、子育てや家事を担当。
世紀の男女平等裁判に挑むルースを支え続けた、 全女性が憧れる理想のパートナーをチャーミングに好演!
『君の名前で僕を呼んで』で世界中を虜にした彼が、新たな魅力を披露しています。
映画情報どっとこむ ralph 今回解禁される映像では

アーミーは自身が演じたマーティンという人物に対し「マーティンが面白いのは、当時一般的だった性別による役割を覆した点だ。主夫ではないが、料理や子供の世話を担当した。当時の男性には珍しい“これがやりたい事だ”と胸を張って言えた面白い人物だ。しかも世界屈指の税法の専門家だよ。“スーパーパパ”だ。」と50年前に時代を先取りしていたイクメンっぷりを分析。娘を持つ父でもある彼は、劇中、マーティンの娘として登場するケイリー・スピーニーとの共演について「僕も19歳の娘を持つ歳になった。それはいいとしよう。ケイリーは有能な若手だし、共演は楽しいよ。」としみじみ語る姿も。

また、育児も料理もこなすマーティンを演じるにあたり、ルースから思わぬプレゼントも届いたとかで「判事が旦那様のレシピ本をサイン付きで贈ってくれた。僕は共演者や監督を集めてマーティンの得意料理をふるまったよ。」と驚きの撮影秘話を明かしている。

ルース本人との面会と食事会にも参加したアーミーは、「ルース・ギンズバーグはアメリカに男女平等を導入した。女性だけじゃない。男性の権利を守るためにも闘ったんだ。今も闘いを続ける姿は偉大だ。」と明かしながら、本作で描かれる彼女の人生を通して「ルース・ギンズバーグは子供の未来を奪う法律を変えようとした。世界を変えたいなら自ら動けばいいんだ。」と、ルース同様、勇気を持って声を上げることの大切さを訴えている。



映画情報どっとこむ ralph 『ビリーブ 未来への大逆転』
原題:ON THE BASIS OF SEX
公式サイト:
gaga.ne.jp/believe/


STORY
貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグは、「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入学する。1956年当時、500人の生徒のうち女性は9人で、女子トイレすらなかった。家事も育児も分担する夫のマーティンの協力のもと首席で卒業するが、女だからというだけで雇ってくれる法律事務所はなかった。やむなく大学教授になったルースは、70年代になってさらに男女平等の講義に力を入れる。それでも弁護士の夢を捨てられないルースに、マーティンがある訴訟の記録を見せる。ルースはその訴訟が、歴史を変える裁判になることを信じ、自ら弁護を買って出るのだが──。

***********************************


監督:ミミ・レダー『ディープ・インパクト』
出演:フェリシティ・ジョーンズ『博士と彼女のセオリー』、アーミー・ハマー『君の名前で僕を呼んで』、キャシー・ベイツ『ミザリー』
主題歌:KESHA「Here Comes The Change」((ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)
2018年/アメリカ
© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ビリーブ 未来への大逆転』3.8国際女性デーに70年代ファッション劇中カットが解禁


映画情報どっとこむ ralph 『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演女優賞ノミネート、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で主演を務めた、フェリシティ・ジョーンズ主演最新作『ビリーブ 未来への大逆転』が3月22日(金)TOHOシネマズ日比谷他全国公開いたします。

この度、本作の70年代ファッションを堪能できる劇中カットが解禁となります!


映画情報どっとこむ ralph 1970年代のアメリカを舞台に、一人の女性弁護士ルース・ギンズバーグが挑んだ世紀の男女平等裁判。<100%負ける>とまで言われた裁判に挑み、権力と逆境を跳ね除けて歴史的勝利を収めた爽快な大逆転劇を描いた本作では、劇中、ルース役を熱演したフェリシティ・ジョーンズが着用する衣装の数々も見どころのひとつ!今回、弁護士として裁判に臨むクールなスーツ姿はもちろん、女性らしさを感じさせるワンピースや、70年代のレトロかわいいコーディネートを楽しめる画像が到着した。

本作で衣装デザインを担当したのは、『シュレック』シリーズ(01、04)、『ナルニア国物語』シリーズ(05、08、10)などを手がけてきたアイシス・マッセンデン。本作では、ルース・ギンズバーグ本人のトレードマークでもあるレースの手袋、存在感を主張するイヤリング、目につく飾り襟、という定番のスタイルをあえて封印。ルース本人にも忠実でありながら、時代に忠実な衣装を心がけたとかで、髪型やメイクにおいてもこだわり抜かれたスタイルが作り上げられている。

当時の写真を参考にする中で、青と緑が多く使われていた写真を目にしたミミ・レダー監督。「わあ!このグレー系の青とグレー系の緑はすごくいいわね。この映画のテーマ的な色として、これらの色をちょっと強めにしましょう」とアイディアを出し、劇中では緑や青を用いた衣装を多く用いて、母でもあり、妻でもあり、弁護士でもあるルースの様々な表情に彩りを加えている。

また、本作では、キャサリン妃が愛用していることでも有名なファッションブランド、ダイアン・フォン・ファステンバーグとパートナーシップを組んでおり、劇中でフェリシティが纏う衣装の1着は、実際に2018年12月からアメリカで販売もされているとか。
↑この衣装は日比谷シャンテでも3/8より実物の展示がスタート!


映画情報どっとこむ ralph 「フィッティングは何回も何回も、何時間も何時間もかけて行なったの。最後の黒いスーツに白いパイピングのスーツ(右写真)がお気に入りね。」と当時を振り返るフェリシティ。しかし、映画の中では、ルースが法科大学院生だった50年代から、裁判に挑む70年代までが描かれるため、実際に当時を再現した衣装を身にまとった際には「信じられないくらい着心地の悪い下着」からもっと緩い70年代の流行まで、衣装を通じて時代の変化も経験したんだとか。「基本レベルで女性解放運動がどれだけすばらしいものだったかを私は理解したの」と明かしている。

きつく締め付けるだけだった下着や、女性はズボンを履くことすら許されなかった職場環境。
衣装ひとつとっても、50年代から70年代にかけて女性を取り巻く環境が大きく変わっていることが分かる本作。

解禁タイミングの3/8(金)は国際女性デーで、国連が定めた「女性の社会参加を呼びかけるための記念日」です。ファッションという観点から、時代の変化と男女平等というテーマに考えてみるのもいいのでは?

国際女性デーとは・・・
1904年3月8日にアメリカ・ニューヨークで婦人参政権を求めたデモが起源となり、1910年のコペンハーゲンでの国際社会主義会議にて「女性の政治的自由と平等のために戦う日」と提唱したことから始まりました。その後、国連は1975年の国際婦人年において、3月8日を『国際女性デー(International Women’s Day)』と制定。

映画情報どっとこむ ralph ルースがいかに困難な状況でこの裁判に挑んだのか…そして、その中で巻き起こる歴史的な〈大逆転劇〉はどう成し遂げられたのか…

爽快&感動の実話『ビリーブ 未来への大逆転
原題:ON THE BASIS OFSEX

3月22日(金)TOHOシネマズ 日比谷他 全国ロードショー

公式サイト:
gaga.ne.jp/believe/

<STORY>
貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグは、「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入学する。1956年当時、500人の生徒のうち女性は9人で、女子トイレすらなかった。家事も育児も分担する夫のマーティの協力のもと首席で卒業するが、女だからというだけで雇ってくれる法律事務所はなかった。やむなく大学教授になったルースは、70年代になってさらに男女平等の講義に力を入れる。それでも弁護士の夢を捨てられないルースに、マーティンがある訴訟の記録を見せる。ルースはその訴訟が、歴史を変える裁判になることを信じ、自ら弁護を買って出るのだが──。

***********************************


監督:ミミ・レダー『ディープ・インパクト』
出演:フェリシティ・ジョーンズ『博士と彼女のセオリー』、アーミー・ハマー『君の名前で僕を呼んで』、キャシー・ベイツ『ミザリー』
主題歌:KESHA「Here Comes The Change」((ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)
2018年/アメリカ
© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

フェリシティ・ジョーンズとアーミー・ハマー『ビリーブ 未来への大逆転』コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph フェリシティ・ジョーンズ主演最新作『ビリーブ 未来への大逆転』が 3 月 22 日(金)TOHO シネマズ日比谷他全国公開となります。


この度、本作で実在の夫婦役を演じたフェリシティ・ジョーンズとアーミー・ハマーの夫婦ショットが解禁となります!

本作では、ルースが挑んだ<男女平等裁判>での爽快な大逆転劇はもちろん、劇中で描かれるルース(フェリシティ・ ジョーンズ)と夫マーティン(アーミー・ハマー)との、誰もが憧れる理想の夫婦関係も注目のポイント!

今回、夫婦の強い信頼関係と夫婦愛を感じさせる二人の劇中カットが到着した。

映画情報どっとこむ ralph 1970 年代アメリカ。ハーバード法科大学院を主席で卒業したにもかかわらず、「女性だから」という理由で弁護士事務 所では働けなかったルース。そんな彼女が、この<男女平等裁判>に挑むことになったのは、同じ弁護士の夫である マーティンがある訴訟の話を持ちかけたから。女性であれば、結婚して家事と育児に専念するのが普通とされていた 時代。妻であるルースに重要な訴訟を託すだけでなく、劇中では、裁判の準備で忙しく、家を空けがちなルースに変 わって料理をしたり、ルースと娘が喧嘩をした時にはその仲裁に入ったりと、家事と育児と仕事を分担するという、 まさに理想の夫婦と言える姿が描かれている。今ですら、夫婦間には家事や育児の分担というトラブルが多い中、こ れが 50 年前の、しかも実在の夫婦の姿というから驚きだ。


もちろん、マーティンがルースを支えるだけではなく、ルースもマーティンへの思いやりを欠かさない。法科大学院 時代、難病に侵されたマーティンのため、家事・育児のみならず、彼にも法科大学院を無事に卒業してもらいたい一 心で、自分の講義と平行して彼の分の講義に出席。彼の為にレポートを代筆するという、離れ業までやってのけたのだとか。
夫・マーティン役を演じたアーミー・ハマーは 「二人の関係は、驚くほど良い関係だった。自分の成功は主にマーテ ィンのおかげだとルースがいつも言っている理由は、二人がどれくらい共生していたかということにあると思う。互フェリシティ・ジョーンズ×アーミー・ハマーも憧れた 理想の夫婦!? 世紀の〈男女平等〉裁判に挑んだ女性弁護士 ルース・ギンズバーグを支えた夫婦愛 『博士と彼女のセオリー』 いを支えることに関心がなかったら、彼らのように二人の子どもを育てて 、 いくつもの仕事をこなすことはできなか っただろう。二人は本当に良いチームなんだ 。」 と、自身も二人の子供を持つ父親として、そして夫として、二人の関 係性に惹かれたと言う。

また、ルースを演じ、2018 年に結婚したばかりのフェリシテイは、夫婦として最高の関係を築いた二人について 「真の友情関係であると同時に、ロマンチックな関係でもあって、それだけでなく、二人は互いを心から尊敬しあっ ている。本当の意味でパートナー。 1950 年代なのに、二人とも掃除や食事の準備をしたのよ。」 と明かしている。

映画情報どっとこむ ralph 一人の女性が権力と逆境に立ち向かう爽快&感動の大逆転劇として勇気をもらえるほか、偉業を成し遂げた女性を支 え続けた、夫婦の愛の物語としても楽しめる本作。この春、必見の1本です!

『ビリーブ 未来への大逆転』
原題:ON THE BASIS OFSEX
3 月 22 日(金) TOHOシネマズ 日比谷他 全国ロードショー
公式サイト:gaga.ne.jp/believe/

<STORY>
貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグは、「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入 学する。1956 年当時、500 人の生徒のうち女性は 9 人で、女子トイレすらなかった。家事も育児も分担する夫のマーティの協力のもと首席で卒業するが、 女だからというだけで雇ってくれる法律事務所はなかった。やむなく大学教授になったルースは、70 年代になってさらに男女平等の講義に力を入れる。 それでも弁護士の夢を捨てられないルースに、マーティがある訴訟の記録を見せる。ルースはその訴訟lが、歴史を変える裁判になることを信じ、自ら弁 護を買って出るのだが──。

***********************************

監督:ミミ・レダー『ディープ・インパクト』
出演:フェリシティ・ジョーンズ『博士と彼女のセオリー』、アーミー・ハマー『君の名前で僕を呼ん で』、キャシー・ベイツ『ミザリー』
主題歌:KESHA「Here Comes The Change」((ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)
2018 年/アメリカ
© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ