「アーサラン・アミリ」タグアーカイブ

第43回香港国際映画祭開幕!『二階堂家物語』加藤雅也 河瀨直美らレッドカーペットに登場


映画情報どっとこむ ralph なら国際映画祭の映画製作プロジェクト NARAtive の作品として誕生した『二階堂家物語』が 3 月 18 日(月)より開催となったアジア三大映 画祭のひとつでもある香港国際映画祭の WORLD CINEMA:Global Vision 枠にて上映します。

この度、本作の主演を務め、俳優デビュー30 周年を迎えた加藤雅也に加え、本作のメガホンを取ったイラン人監督のアイダ・パナハン デ、脚本アーサラン・アミリ、エグゼクティブ・プロデューサーの河瀨直美らが揃って、第 43 回香港国際映画祭オープニングセレモニ ーに登壇。レッドカーペットに登場しました。

映画『二階堂家物語』第 43 回香港国際映画祭レッドカーペット
日時:3月18日(月)
場所:香港コンベンショ・アンド・エキシビジョン・センター
登壇:加藤雅也、アイダ・パナハンデ監督、アーサラン・アミリ、河瀨直美

映画情報どっとこむ ralph 『万引き家族』や『孤狼の血』が受賞を果たし、賑わったアジア・フィルム・アワード授賞式に続き、 アジア三大映画祭のひとつとして名高い第43回香港国際映画祭が3月18日(月)に開幕した。

本日、行われたオープニングセレモニーではアジアを代表する映画人たちがレッドカーペットへ登場。
日本からは昨日アジア・フィルム・アワードにて編集賞を獲得した塚本晋也監督も参加。

そして、『二階堂 家物語』からは加藤雅也、アイダ・パナハンデ監督、脚本のアーサラン・アミリ、エグゼクティブ・プロデュ ーサーの河瀨直美がレッドカーペットに登場。海外メディアから大量のフラッシュを焚かれると加藤らは手を振り、笑顔で応えた。
レセプション会場へ続く階段を 4 人が手をつなぎ、仲睦まじい姿を見せた ジャッキー・チェンとの共演を果たした『新宿インシデント』以来の約 10 年ぶりとなる香港に、

加藤さん:香港映画界のパワー溢れる雰囲気に圧倒された。10 年前のスターが今でも最前線で活躍し続けている香港映画の底力を感じました。

と応えた。

さらに香港国際映画祭開幕に合わせて、加藤雅也に「これは家に飾りたいと」言わしめた、海外版ポスタービジュアルが解禁。
小津安二郎の作品を見て育ったというアイダ・パナハンデ監督の意見を存分に取り入れ た海外版ビジュアルは、人生の行く先に迷っているかのように茜空に漂う凧と、母ハルの着物を整える辰也の 姿が格式ある旧家の行く先を暗示しており、小津安二郎のような家族の在り方を映し出した物語が伺えます。

香港国際映画祭オフィシャル写真:
Courtesy of Hong Kong International Film Festival

映画情報どっとこむ ralph 因に、
日本からは、なら国際映画祭の映画製作プロジェクト NARAtive の作品として誕生した『二階堂家物語』のほか、堤幸彦監督作『十二人の死にたい子どもたち』、塚本晋也監督作『斬、』、中野量太監督最新作『長いお別れ』、そして本作にも主人公の娘・由子役で出演している石橋静河がヒロインを務める『きみの鳥はうたえる』なども上映されます。

『二階堂家物語』

<Introduction>
一人息子を亡くし、代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めている辰也とその母ハル。息子を失い妻が出て行ってしまった辰也に対し望 まぬ相手との結婚を迫るハル。そして娘の由子に婿養子をとり、跡を継いでほしいという思いを秘める辰也。名家の跡継ぎを巡り家族の 中が緊迫し、繋がりが崩れだしていくが…。

***********************************


出演:加藤雅也 石橋静河 町田啓太 田中要次 白川和子 陽月華 伊勢佳世 ネルソン・バビンコイ

監督:アイダ・パナハンデ(イラン)
脚本:アイダ・パナハンデ アーサラン・アミリ
エグゼクティブ・プロデューサー:河瀨直美

配給:HIGH BROW CINEMA
Ⓒ 2018 “二階堂家物語” LDH JAPAN, Emperor Film Production Company Limited, Nara International Film Festival