「アンヘル・パラ」タグアーカイブ

『世界が愛した料理人』バスク料理&東紗友美トークショー付き特別試写会参加者募集!


映画情報どっとこむ ralph 世界が愛した料理人』が9月22日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA他全国順次公開となります。

この度、映画『世界が愛した料理人』出演のスペイン三ツ星シェフ、エネコ・アチャのプロデュースする店『エネコ東京』にて一般向けの、お食事&トークショー付きの特別試写会を開催します。

抽選で20名様をご招待!!

高級かつフォトジェニックなお料理を無料で食べることのできるチャンスです!三ツ星の味を是非ともご賞味あれ!

さらには映画上映後には、映画ソムリエの東紗友美さんトークショーも開催します。

『世界が愛した料理人』バスク料理&トークショー付き特別試写会 概要

日程:9月19日(水) 17:00受付開始 17:30イベントスタート
場所:ENEKO Tokyo B1F (東京都港区西麻布3-16-28 TOKI-ON西麻布)
募集人数:20名 (ご当選されたご本人のみのご招待) 
応募期間:9/11(火)14:00~9/14(金)17:00
応募方法:応募フォーム
URLはこちら

応募条件:・必ずイベントスタート時刻までにお越し頂ける方
・ご自身のSNSで映画の感想を投稿頂ける方
ゲスト:東紗友美 (映画ソムリエ)

内容:
17:00◆受付開始
17:30◆『世界が愛した料理人』上映
18:45◆お食事&トークショー
19:45◆イベント終了

映画情報どっとこむ ralph 本作は、第67回ベルリン国際映画祭で上映され話題を集めた美食ドキュメンタリーです。
スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得した天才料理人エネコ・アチャが料理の真髄、魂とは何かを求め辿り着いたのは日本が誇る和食でした。そして彼は、世界最年長の料理人小野二郎の店「すきやばし次郎」をはじめ、日本の名店を巡り、究極の料理とは何かが徐々に明らかになります。



ストーリー
スペイン、バスク地方。そこはミシュラン星付きレストランも多く、世界的に美食の街として知られる。バスク州ビルバオ郊外の名店「アスルメンディ」のオーナーシェフ エネコ・アチャは、スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得し、2017年にアメリカのエリートトラベラー誌が選ぶ世界のベストレストラン100の第1位に選ばれた。そんな真の料理を極めるため追及し続ける彼が、最高の料理に必要なもの、料理に込めるべき魂とは何かを求め、辿り着いたのは日本が誇る‟和食”だった。オバマ前大統領が来日時に訪れてその名が知れ渡った寿司屋「すきやばし次郎」。その店主で世界最年長の三ツ星料理人、小野二郎の創作にかける想いが明らかになるほか、日本の名店の数々からエネコ・アチャが見出した究極の料理とは・・・。

***********************************

監督:アンヘル・パラ、ホセ・アントニオ・ブランコ 
出演:エネコ・アチャ「アスルメンディ」、マルティン・ベラサテギ「ラサルテ」、カルメ・ルスカイェーダ「サンパウ」、ジョエル・ロブション「ジョエル・ロブション」、石田廣義・石田登美子「壬生」、山本征治「龍吟」、小野二郎・小野禎一「すきやばし次郎」

服部幸應、マッキー牧元、マイケル・エリス「ミシュランガイド」
2016年/75分/スペイン/5.1ch/ビスタ/カラー
配給・宣伝:アンプラグド 
© Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved.


服部幸應、天才シェフエネコ・アチャがトーク!映画『世界が愛した料理人』試写会


映画情報どっとこむ ralph スペインのミシュラン料理人が究極の食を求めて日本の名店を巡る美食ドキュメンタリー『世界が愛した料理人』が9月22日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開となります。


第67回ベルリン国際映画祭で上映され、話題を集めた本作は、スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得した天才料理人エネコ・アチャが料理の真髄、魂とは何かを求めるため、「すきやばし次郎」をはじめとする日本の名店を巡る美食探求ドキュメンタリーです。

そして、現在来日中のエネコ・アチャと服部幸應先生によるトークショー付き試写会が行われました。


『世界が愛した料理人』上映前トークイベント
日時:9月6日(木)
場所:インスティトゥト・セルバンテス東京
登壇:
服部幸應 (学校法人服部学園/理事長)
エネコ・アチャ・アスルメンディ(スペイン三ツ星シェフ/アスルメンディ)

映画情報どっとこむ ralph 今回行われたトークイベント付き試写会では、まずインスティテュート・セルバンテス館長のビクトル・ウガルテ氏と駐日スペイン大使館のゴンサロ・デ・ベニート氏による挨拶から始まった。

その後、本編に登場するスペイン史上最年少でミシュラン三ツ星シェフとなり、以降6年連続三ツ星を獲得し続ける天才シェフのエネコ・アチャ氏と、日本の食文化を牽引する服部学園理事長・服部幸應先生が登壇。

エネコさんは、スペイン・バスク地方の出身。バスク地方は美食の街として有名で
エネコさん:海も山もあり新鮮で良質な食材を得られる環境に恵まれた土地だからガストロノミの街として有名。そして、伝統的な儀式を大切にする地域で、出産や結婚といった人生の幸せを表すのが『食べる』ことだった。

と故郷の魅力を語った。それに対して

服部先生:昔ジョエル・ロブションに『君はスペインに行くべきだ、見たこともない料理に出会えるよ』と言われた。彼は、フランス人なのに。でも、実際に行ってみて驚いた。

と先日お亡くなりになったフレンチ界の神様ジョエル・ロブションさんとの思い出を交え、

エネコさん:昔スペインは、フランコ将軍によって文化が閉鎖的になったけど、その後、今ある料理を見直し、昔あった料理を甦らせ、そして、今ない料理を想像しよう!をコンセプトに頑張った。そうしたら、コンテストではスペイン人ばかりが賞をとるくらい素晴らしいものになり、フランスは焦っているよ。

とスペイン料理を称えた。

また、“アスルメンディ”は6年連続でミシュラン三ツ星を獲得しており、その秘訣を聞かれ

エネコさん:三ツ星を維持する秘訣はシンプルなことで、料理やサービスを始める前に『毎日オープン前には、今は0星!今日これから来て下さるお客様達に対して三ツ星の料理を目指してやろう!』とクルー皆に言っている。

と初心の大切さを熱弁。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

本作のテーマでもある”料理の魂”とは?というMCからの質問に、

服部先生:やはり気持ちだね。素晴らしい料理人達に会う時常に感じるのは、多様性の中でどう自分を出していくかということ。料理人はよく3代っていうけど実際は1代。作る人が変われば全く違う味になる。心の中にあるものをどう技術にしていくかということ。

エネコさん:私にとって”料理の魂“は、目に見えない材料の1つだと思っている。目の前のお客様に対して料理人が魂を込めて全力で料理をする時愛情が伝わると思っているんだ。

と両者ともに、料理人の想いや愛情が魂のこもった唯一無二の料理を創り出すことだと、持論を述べた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『世界が愛した料理人
原題:SOUL

は9月22日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開致します。

公式サイト:sekai-ryori.com


ストーリー
スペイン、バスク地方。そこはミシュラン星付きレストランも多く、世界的に美食の街として知られる。バスク州ビルバオ郊外の名店「アスルメンディ」のオーナーシェフ エネコ・アチャは、スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得し、2017年にアメリカのエリートトラベラー誌が選ぶ世界のベストレストラン100の第1位に選ばれた。そんな真の料理を極めるため追及し続ける彼が、最高の料理に必要なもの、料理に込めるべき魂とは何かを求め、辿り着いたのは日本が誇る‟和食”だった。オバマ前大統領が来日時に訪れてその名が知れ渡った寿司屋「すきやばし次郎」。その店主で世界最年長の三ツ星料理人、小野二郎の創作にかける想いが明らかになるほか、日本の名店の数々からエネコ・アチャが見出した究極の料理とは・・・。

過去記事もどうぞ
天才料理人エネコ・アチャ来日!『世界が愛した料理人』公開記念試食会付きトークショーレポ
http://eigajoho.com/123382


***********************************

監督:アンヘル・パラ、ホセ・アントニオ・ブランコ 
出演:エネコ・アチャ「アスルメンディ」、マルティン・ベラサテギ「ラサルテ」、カルメ・ルスカイェーダ「サンパウ」、ジョエル・ロブション「ジョエル・ロブション」、石田廣義・石田登美子「壬生」、山本征治「龍吟」、小野二郎・小野禎一「すきやばし次郎」

服部幸應、マッキー牧元、マイケル・エリス「ミシュランガイド」
2016年/75分/スペイン/5.1ch/ビスタ/カラー
配給・宣伝:アンプラグド 
© Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved.


天才料理人エネコ・アチャ来日!『世界が愛した料理人』公開記念試食会付きトークショーレポ


映画情報どっとこむ ralph この度、スペインのミシュラン料理人が究極の食を求めて日本の名店を巡る美食ドキュメンタリー『世界が愛した料理人』が9月22日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開となります。
第67回ベルリン国際映画祭で上映され、話題を集めた本作は、スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得した天才料理人エネコ・アチャが料理の真髄、魂とは何かを求めるため、「すきやばし次郎」をはじめとする日本の名店を巡る美食探求ドキュメンタリーです。

この度、ぴったりな『世界が愛した料理人』公開イベントをエネコ・アチャがプロデュースした都内屈指の一流レストラン「エネコ東京」にて行われました。


『世界が愛した料理人』公開記念イベント
会場:レストラン「エネコ東京」
https://eneko.tokyo/
登壇:エネコ・アチャ

映画情報どっとこむ ralph イベントはまず、エネコ東京一押しのグラスワイン「チャコリ」と、可愛らしい前菜がバスケットに盛り付けられた「ピクニック」、そしてスプーンの上に卵の黄色い黄身とトリュフの色合いが絶妙なグラデーションを描いて丸くちょこんと乗っている「トリュフ風味の卵」の試食から始まった。

味だけでなく、見た目にも趣向をこらしたエネコ東京の料理は、もはや芸術。

料理に舌鼓をうったあとは、本作のダイジェスト上映を10分間鑑賞!
(10分映像はないので、雰囲気を楽しむために予告をお楽しみください。by 記者)


映画情報どっとこむ ralph ついにスペイン史上最年少でミシュランの三ツ星を獲得し、本作にも出演している天才シェフ、エネコ・アチャさんのトークショーが始まった。

エネコさんの故郷でもあるスペイン・バスク地方の料理の魅力について改めて聞くと

エネコさん:バスク料理は、味はもちろん環境や伝統を大事にしているのですが、我々バスク人は伝統を重んじている中でも常に『新しいものを作りたい』という意志があります。

と答え、彼の「新しいものを作りたい」という意志は、本日提供された試食の「ピクニック」と「トリュフ風味の卵」にも反映されているそう。

「ピクニック」は、エネコさんが拠点を置いているバスク地方のレストラン「アスルメンディ」をオープンしたときに「何か新しいものをプレゼントしたい」と思い、アスルメンディに隣接している「ガーデン」という庭から着想を得て発案された料理。そして、「トリュフ風味の卵」は生産者への尊敬の念を込めて作られた料理で、アスルメンディの近くに素晴らしい卵の生産家が住んでいたため、彼の卵を伝えるためにバスクの伝統的な調理法をアレンジして生まれた料理だそう。


これまで世界中の様々な料理を食べ、多くのシェフ達と交流してきたエネコさんの根底にあるのは、幼い頃に食べた母親のあたたかい料理だ。

「私の魂の中から出てくる料理は、母から教わった料理です。母はとても優しく、その優しさがこもった料理を世界に広めたいと思いました。

また、先日無くなったジョエル・ロブション氏にも多大な影響を受けたそうだ。

彼は私にとって素晴らしい先生です。レシピだけでなく、人格的にも素晴らしくて、様々な知識を共有してくれました。

と言った。

また、「サステナブル」―すなわち「持続可能」という精神を重んじているエネコさんにとって、自分の知識を後世に伝えるということは重要なテーマだ。

エネコさん:土地に与えられたものに感謝して、社会に貢献し次の世代に伝えるというものを大事にしています。

と語るエネコさんは、

エネコさん:料理人だけでなく、自分の家族や友人のために料理を作る人々にも影響を受けました。シェフは、自分が得た知識や影響を広めていくことによって、より素晴らしいものを作っていけるようになると思います。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 本日のイベント会場である「エネコ東京」は、昨年9月にオープンし、今月で1周年という大きな節目を迎えた。

エネコさん:バスク料理、つまりガストロノミーには色々な種類やスタイルがありますが、日本料理にも寿司や懐石料理など様々なスタイルがあります。

と、日本料理とバスク料理のあいだに共通点を語り、エネコ東京で目指すものは何なのか尋ねると、

エネコさん:エネコ東京では、日本の四季や伝統を大切にしながら、バスクの精神を日本に伝えたいという思いを一番大切にしています。バスク人にとっても日本人にとっても『食卓』はお祝いの場として大切なシンボル。バスクのお祝いのシンボルである『食卓』を、日本でも伝えていきたいと思っています。バスクと日本の距離を縮めていけるような料理を提供し続けていきたいです。

と答えた。


スペイン史上最年少でミシュランの三ッ星を獲得し、天才と謳われたエネコ氏の飽くなき挑戦は、母国スペインを越えて世界に向けてまだまだ続きます。

エネコ氏が出演している映画『世界が愛した料理人』は9月22日より全国順次公開です。

公式サイト:
sekai-ryori.com

物語・・・
スペイン、バスク地方。そこはミシュラン星付きレストランも多く、世界的に美食の街として知られる。バスク州ビルバオ郊外の名店「アスルメンディ」のオーナーシェフ エネコ・アチャは、スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得し、2017年にアメリカのエリートトラベラー誌が選ぶ世界のベストレストラン100の第1位に選ばれた。そんな真の料理を極めるため追及し続ける彼が、最高の料理に必要なもの、料理に込めるべき魂とは何かを求め、辿り着いたのは日本が誇る‟和食”だった。オバマ前大統領が来日時に訪れてその名が知れ渡った寿司屋「すきやばし次郎」。その店主で世界最年長の三ツ星料理人、小野二郎の創作にかける想いが明らかになるほか、日本の名店の数々からエネコ・アチャが見出した究極の料理とは・・・。

***********************************


監督:アンヘル・パラ、ホセ・アントニオ・ブランコ 
出演:エネコ・アチャ「アスルメンディ」、マルティン・ベラサテギ「ラサルテ」、カルメ・ルスカイェーダ「サンパウ」、ジョエル・ロブション「ジョエル・ロブション」、石田廣義・石田登美子「壬生」、山本征治「龍吟」、小野二郎・小野禎一「すきやばし次郎」
服部幸應、マッキー牧元、マイケル・エリス「ミシュランガイド」
2016年/75分/原題:SOUL/スペイン/5.1ch/ビスタ/カラー
配給・宣伝:アンプラグド 
© Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved.


ジョエル・ロブションが残した最後のメッセージを!『世界が愛した料理人』


映画情報どっとこむ ralph スペインのミシュラン料理人が究極の食を求めて日本の名店を巡る美食ドキュメンタリー『世界が愛した料理人』が9月22日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開となります。

そして、本作にも出演している「フレンチの神様」と呼ばれる巨匠シェフ、ジョエル・ロブション。

2018年8月6日亡くなられました。享年73歳。

ジョエル・ロブションと約40年間に渡る親交を築き、偶然にもロブションと同い年の服部学園・理事長の服部幸應先生は

服部先生:彼の料理はパーフェクト。その完璧さに近付こうとする姿勢に自分も影響を受けた。

と追悼のコメントを寄せてくれました。

1981年にパリで自身の店をオープンし、わずか3年でミシュラン三ツ星を獲得。日本でも幾つもお店を出していますが、本作では、生前カメラの前でインタビューを受ける様子が映されています。

ロブションは日本食を愛していたため、数多くの日本料理店を訪れていて、オバマ前大統領が訪ねたことでも有名な寿司屋「すきやばし次郎」もその1つで、劇中では「すきやばし次郎」の店主・小野二郎とのエピソードも語られています。

そして、長年連れ添ってきた料理への想いを聞かれるロブションは、まるでわが子の話をするように温かく、愛がある。劇中、ロブションはこう言う。

「私は食材に愛情と敬意を持っています。料理にもそれが表れているはず。」

世界中に「食」を通して幸せを与えてきた「フレンチの神様」の創作の秘訣が明らかになるロブションが最後にカメラの前で残したメッセージの全貌は是非劇場で。

映画『世界が愛した料理人
原題:SOUL

は9月22日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開です。
***********************************

監督:アンヘル・パラ、ホセ・アントニオ・ブランコ 
  
出演:エネコ・アチャ「アスルメンディ」、マルティン・ベラサテギ「ラサルテ」、カルメ・ルスカイェーダ「サンパウ」、ジョエル・ロブション「ジョエル・ロブション」、石田廣義・石田登美子「壬生」、山本征治「龍吟」、小野二郎・小野禎一「すきやばし次郎」、服部幸應、マッキー牧元、マイケル・エリス「ミシュランガイド」

2016年/75分/スペイン/5.1ch/ビスタ/カラー 



色とりどりのミシュラン料理 『世界が愛した料理人』新場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph スペインのミシュラン料理人が究極の食を求めて日本の名店を巡る美食ドキュメンタリー『世界が愛した料理人』が9月22日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開致します。

この度、本作の新たな場面写真が解禁となりました。

この度解禁された新場面写真は、目にも美味しいミシュラン星獲得のお料理の数々。

特に目を引くのは、寿司を握る美しい手さばき。それは紛れもなく世界最年長三ツ星料理人である「すきやばし次郎」の小野二郎のものだ。
そのほか、フレンチの世界的な権威で数々の文化勲章を受賞する伝説の料理人ジョエル・ロブションのプロデュースする肉料理や、スペインの三ツ星店「サンパウ」の東京店のメイン料理イベリコ豚のプルーマ、
そして銀座の会員制日本料理店「壬生」の和食など、
鮮やかな料理が連なり食欲をそそる。


本作に登場するスペイン三ツ星料理人エネコ・アチャは「壬生」を訪れた際、その神聖で繊細な和食に思わず涙したそう。

美味しそうな料理はもちろん、それらをつくりだす世界中の一流料理人たちから語られる料理の極意や、日本が誇る和食の素晴らしさは一見の価値ありだ。

映画情報どっとこむ ralph
映画『世界が愛した料理人
原題:SOUL

は9月22日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開。



***********************************

監督:アンヘル・パラ、ホセ・アントニオ・ブランコ   
出演:エネコ・アチャ「アスルメンディ」、マルティン・ベラサテギ「ラサルテ」、カルメ・ルスカイェーダ「サンパウ」、
ジョエル・ロブション「ジョエル・ロブション」、石田廣義・石田登美子「壬生」、山本征治「龍吟」、小野二郎・小野禎一「すきやばし次郎」
服部幸應、マッキー牧元、マイケル・エリス「ミシュランガイド」

2016年/75分/スペイン/5.1ch/ビスタ/カラー