「アンヌ・エモン」タグアーカイブ

ブルボンヌ&ナジャ・グランディーバ 初ツーショット登壇!『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』


映画情報どっとこむ ralph 10 月 12 日(木)YEBISU GARDEN CINEMA にて映画『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』特別試写会が行われました。

高級エスコートガールだった過去を自伝的に描いた処女作でフランス文壇に高い評価を受け、美と名声を手にしながら36歳という若さでこの世を去った実在の作家ネリー・アルカンの実人生と過激で激情に満ちた作品世界に込められた深層心理を織り交ぜながら展開していく物語です。

生と性のはざまで葛藤しながら、理想の自分を様々に演じ、分身たちを生み出し、やがて本当の自分を見失っていってしまう。<見られたい自分><理想の自分>様々な分身を生み出すことによって、結果的に本当の自分を見失っていってしまう主人公ネリー・アルカン。

上映前にはブルボンヌさん(女装パフォーマー/ライター)、ナジャ・グランディーバさん(ドラァグクイーン) をお招きし、女性の複雑な深層心理を様々な視点から語るスペシャルトークショーが行われました。

『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』スペシャルトークショー
日時:10月12日(木)
場所:YEBISU GARDEN CINEMA
登壇:ブルボンヌ、ナジャ・グランディーバ

映画情報どっとこむ ralph 21世紀フランス文学界に彗星のごとく現れた実在の作家ネリー・アルカン。

わずか36 歳の若さでこの世を去った彼女の、愛と激 情の人生を綴った映画『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』が 10月21 日から公開されるのを記念して 12日、YEBISU GARDEN CINEMA にてスペシャルトークショー付きの特別試写会が開催された。


トークショーを行なったのは、新宿二丁目を飛び出し様々な雑誌で連載を抱える女装パフォーマーのブルボンヌさんと関西を中心にドラァグクィーンとして活動するナジャ・グランディーバさん。

東西の女装界を代表する二人は、15 年以上の親交がありながらもツーショットで公式に登場するのは初めてとのこと。
作品を鑑賞したナジャは、最近のテレビでは観ることが少なくなったダイレクトなエロ描写に衝撃を受けたと語りはじめ、

ナジャさん:台詞ひ とつひとつに意味が込められていて見逃せなかった。こんなに集中して映画見たのは初めて!

とすっかり本作の虜になったことを明かした。一方でブルボンヌは、ネリーの人生観が心に響いたとうっとりしながら

ブルボンヌさん:人生においてすごく大事なことを教えてくれる作品。

と表現。


映画情報どっとこむ ralph 劇中で様々な姿を演じ分けているネリーと同じように、プライベートでは「男性」として生活をし、パフォーマンスとして「女性」を演じる二人。
ナジャさん:よく男性の気持ちも女性の気持ちもわかるって言われるけれど、本当は女性の気持ちはあんまりわからない。だから、女性を演じているというよりは、自分のやりたいことをやらせていただいているだけ。

と本音を語るナジャ。

働いていたゲイバー のパーティで初めて女装をした時から

ナジャさん:周りと違う目標を持って、周りの目を気にせずにやってきました。

と振り返った。

映画情報どっとこむ ralph また、Instagram をはじめとした SNS の普及によって、一般人にも演じ分ける機会が増え、「インスタ映え」という言葉のように「自分を盛る」ことが主流になっている昨今。ドラァグクィーンとして自分を盛ることに長けた二人ではあるが、普段の生活ではSNS映えをするような生活をしていないという、意外な一面を明かしました。

しかも「盛る」こととは逆行して、テレビに出るたびに化粧が薄くなってきたと告白した
ブルボンヌさん:現実から乖離した自分を作って、“いいね!”をもらうことが自分の価値だと考えてエスカレートしていく時代は、周りの評価を気にしてしまうネリーと同じ。

と 作品につなげ、

ブルボンヌさん:だからその点でこの映画は“いましめ〜”

と、どこかで聞いたイントネーションで会場を盛り上げた。


物語・・・
高級エスコートガールだった自らの過去をモデルに、美しくも残酷なエロスを描いた小説でデビューしたネリーは、一大センセーションを巻き 起こす。自伝的小説のヒロインが「性」に翻弄され、小説家として自らの「生」に苦悩するはざまで、男たちを虜にするエスコートガール、刹那 的に愛を求めるジャンキー、社交界で注目を集めるセクシーアイコン…次々と生み出した分身たちに彼女自身がやがて蝕まれていく。

映画『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で
原題:NELLY
公式サイト:
nelly-movie.com

2016年10月21日よりYEBISU GARDEN CINEMA 他にて全国順次ロードショー

***********************************

監督・脚本:アンヌ・エモン
プロデューサー:ニコール・ロベール
出演:ミレーヌ・マッケイ/ミカエル・グアン/ミリア・コルベイ=ゴーブロー
2016 年/カナダ 映画/フランス語/カラー/ヴィスタ//99 分
配給:パルコ
(C)FILM NELLY INC.
    


『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』初日決定!予告&ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』YEBISU GARDEN CINEMA での公開初日が10月21日(土)に決定しました。

フランス文壇に彗星の如く現れ、36 歳の若さで去っていった実在のベスト セラー作家ネリー・アルカン。愛を求め、激情とともに生きた彼女の短い 生涯と、エロティックで過激な小説の世界を織り交ぜながら展開していく。

今回解禁となるポスタービジュアルは、マスコミから注目を集め、社交界 のセクシー・アイコンとしてふるまうネリーの分身<マリリン>をピック アップ。記者会見場でまぶしいフラッシュを浴び、マイクを向けられる人 気作家。美しいブロンド、胸元を強調したセクシーなドレスをまとい、大 きなサングラスで瞳を隠した姿は、華やかで強い女性を演出しながらも、 向けられる大衆の目に対しての精一杯の虚勢にも見える意味深なビジュアルになっています。

予告編では、美貌の小説家として名声を手に入れながら、ある日突然命を 絶ったネリーの深層心理に迫っていく作りとなっている。様々な分身<ペルソナ>を生み出し、結果的にその分身たちに苦しめられていくネリー・ アルカンの姿。SNS の複数のアカウントを使い分け、インスタ映えを気に し、知らず知らずのうちに様々な姿を「演じている」いまどきの社会生活 とも重なって見える。



物語・・・・
高級エスコートガールだった自らの過去をモデルに、美しくも残酷なエロスを描いた小説でデビューしたネリーは、一大 センセーションを巻き起こす。自伝的小説のヒロインが「性」に翻弄され、小説家として自らの「生」に苦悩するはざま で、男たちを虜にするエスコートガール、刹那的に愛を求めるジャンキー、社交界で注目を集めるセクシーアイコン…次々 と生み出した分身たちに彼女自身がやがて蝕まれていく。 【ネリー・アルカンとは】 1973 年生まれカナダ・ケベック州出身の女性作家。高級エスコートガールとしての経験を自伝的小説「Putain(原題)」 で描き、フランス語文学の世界に衝撃を与えた。2009 年に自身のアパートで首つり自殺をしているところを発見される。

映画情報どっとこむ ralph nelly-movie.com

10 月 21 日よりYEBISU GARDEN CINEMA 他にて全国順次ロードショー

top”>

***********************************

監督・脚本:アンヌ・エモン/プロデューサー:ニコール・ロベール
出演:ミレーヌ・マッケイ/ミカエル・グアン/ミリア・コルベ イ=ゴーブロー

2016 年/カナダ映画/フランス語/カラー/ヴィスタ/99 分
(C)FILM NELLY INC.2016