「アンドレア・ライズブロー」タグアーカイブ

エマ・ストーン最新作『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督5月末来日決定!


映画情報どっとこむ ralph 『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン主演、アカデミー賞(R)受賞『スラムドック$ミリオネア』チームが再集結し話題を呼んでおります『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』が、7月6日(金)TOHOシネマズ シャンテほか、全国順次ロードショーとなります。
監督は作品賞を始めアカデミー賞(R)4部門にノミネートされた『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス。ビリー・ジーンには、世界中から愛されて大ヒットとなった『ラ・ラ・ランド』で見事オスカーに輝いたエマ・ストーン、ボビー・リッグスには『フォックスキャッチャー』で同賞にノミネートされたスティーブ・カレル。スポーツ界はもちろん、政治や社会、学校や家庭における女と男の関係までも変えた世紀の戦い、その【白熱のテニスマッチの全貌】が、今明かされる!って作品。

この度、男女平等を求め歴史を変えた試合を映画化した本作の監督、ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督の来日が5月末に決定しました!!
ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督


ヴァレリー・ファリス監督コメント

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』は歴史に残るスポーツのイベントがテーマでありながら一人の女性の内面が、人目にさらされながら変化してゆく様子も描きだします。彼女が私生活の問題と政治の問題に対し同時に戦う姿に興味をひかれました。

ジョナサン・デイトン監督コメント

今までの仕事で一番難しい作品だった。
スポーツ、恋愛、社会、政治の要素が同時に入っている。このバトルから44年後の現在でも同じ問題が議論されている。このお祭り騒ぎのようなイベントが重要な社会問題を考える契機となったことに驚かされた。

映画情報どっとこむ ralph また、来日中はイベントの実施も予定しているそうです!

バトル・オブ・ザ・セクシーズ

7月6日(金)TOHOシネマズシャンテほか、全国順次ロードショー!

battleofthesexes.jp 

物語・・・
1973年、全世界で9,000 万人の目をくぎ付けにした決戦があった。女子テニスの世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスの戦いだ。
女子の優勝賞金が男子の1/8 だったこの時代、男女平等を求めたビリー・ジーンは仲間と共にテニス協会を脱退し、“女子テニス協会” を立ち上げた。
待ち受ける数々の試練に立ち向かっていたビリー・ジーンに、“男性優位主義の代表”として挑戦状を叩きつけたのが、ボビーだ。ギャンブル癖のせいで最愛の妻から別れを宣告されたボビーは、この試合に人生の一発逆転もかけていた。果たして、一度は挑戦を拒否したビリー・ジーンが、すべてをかけて戦う理由とは?

全世界が見守るなか、“バトル・オブ・ザ・セクシーズ=性差を超えた戦い” が幕を開ける──

***********************************


監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス『リトル・ミス・サンシャイン』

製作:ダニー・ボイル、クリスチャン・コルソン『スラムドッグ$ミリオネア』
脚本:サイモン・ボーフォイ『スラムドッグ$ミリオネア』

出演:エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』アカデミー賞(R)受賞、スティーブ・カレル『フォックスキャッチャー』アカデミー賞(R)ノミネート、アンドレア・ライズブロー『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、ビル・プルマン『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』、アラン・カミング『チョコレートドーナツ』

2017年/アメリカ映画
配給:20世紀フォックス映画
(C)2018 Twentieth Century Fox


エマ・ストーン主演『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』ポスタービジュアルも完成


映画情報どっとこむ ralph 『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン主演、アカデミー賞(R)受賞『スラムドック$ミリオネア』チームが再集結し話題を呼んでおります「Battle of the Sexes」(原題)の邦題が、『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』に決定し、7月6日(金)TOHOシネマズ シャンテほか、全国順次ロードショーします。

この度、ポスタービジュアルも完成致しました。


全世界が息をのんだ〈女と男の戦い〉
女子現テニス世界チャンピオン29歳vs 男子元世界チャンピオン55歳
果たして勝者はどちらか? そして、この戦いの本当の目的とは?

監督は作品賞を始めアカデミー賞(R)4部門にノミネートされた『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス。

ビリー・ジーンには、世界中から愛されて大ヒットとなった『ラ・ラ・ランド』で見事オスカーに輝いたエマ・ストーン、ボビー・リッグスには『フォックスキャッチャー』で同賞にノミネートされたスティーブ・カレル。スポーツ界はもちろん、政治や社会、学校や家庭における女と男の関係までも変えた世紀の戦いの全貌が今、明かされる! 最高に爽快で痛快なラストが、真に自分らしくあるための勇気と希望をくれる感動の実話。

映画情報どっとこむ ralph バトル・オブ・ザ・セクシーズ

7月6日(金)TOHOシネマズシャンテほか、全国順次ロードショー!

公式HP:
battleofthesexes.jp

物語・・・
1973年、全世界で9,000 万人の目をくぎ付けにした決戦があった。女子テニスの世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスの戦いだ。
女子の優勝賞金が男子の1/8 だったこの時代、男女平等を求めたビリー・ジーンは仲間と共にテニス協会を脱退し、“女子テニス協会” を立ち上げた。
待ち受ける数々の試練に立ち向かっていたビリー・ジーンに、“男性優位主義の代表”として挑戦状を叩きつけたのが、ボビーだ。
ギャンブル癖のせいで最愛の妻から別れを宣告されたボビーは、この試合に人生の一発逆転もかけていた。果たして、一度は挑戦を拒否したビリー・ジーンが、すべてをかけて戦う理由とは?

全世界が見守るなか、“バトル・オブ・ザ・セクシーズ=性差を超えた戦い” が幕を開ける──

***********************************

監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス『リトル・ミス・サンシャイン』

製作:ダニー・ボイル、クリスチャン・コルソン『スラムドッグ$ミリオネア』/脚本:サイモン・ボーフォイ『ス
ラムドッグ$ミリオネア』

出演:エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』アカデミー賞(R)受賞、スティーブ・カレル『フォックスキャッチャー』アカデミー賞(R)ノミネート、アンドレア・ライズブロー『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、ビル・プルマン『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』、アラン・カミング『チョコレートドーナツ』

2017年/アメリカ映画
配給:20世紀フォックス映画
(C)2018 Twentieth Century Fox


『ノクターナル・アニマルズ』極上ミステリーを彩る俳優陣を一挙ご紹介


映画情報どっとこむ ralph 世界的ファッションデザイナーのトム・フォードが『シングルマン』(09)以来、7年ぶりに監督を務めた最新作『ノクターナル・アニマルズ』が11月3日(金・祝)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。
主演のエイミー・アダムス(『メッセージ』)、ジェイク・ギレンホール(『ナイトクローラー』)の実力派の2人の脇を固めるのは豪華実力派俳優たち。

本作は、第73回ヴェネチア国際映画祭で審査員グランプリ受賞をはじめ、『マン・オブ・スティール』の名優マイケル・シャノンが本年度アカデミー賞®で助演男優賞にノミネート、『キック・アス』のアーロン・テイラー=ジョンソンが初“悪役”に挑戦し、第74回ゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞するなど、各国の映画祭で受賞を重ね、高い評価を受けています。


さらにあのセレブイケメンからブレイク必至の最強ドールフェイス英女優、いま話題のあの人気海外ドラマに出演している俳優まで、この秋一番の極上ミステリー映画を彩る俳優陣を一挙ご紹介!

映画情報どっとこむ ralph ファッション界、映画界からのラブコールが殺到!最強ドールフェイスの英女優エリー・バンバー
1997年イギリス生まれ。12歳から舞台で活躍し始め、本格的な映画デビューは『高慢と偏見とゾンビ』(16)。その後、トム・フォード監督の目に留まり、長編映画出演二作目にして『ノクターナル・アニマルズ』インディア役に抜擢。映画内小説のなかでトニー(ジェイク・ギレンホール)の娘役としてテキサスのティーンエイジャーを演じた。また、透き通るような白い肌にドールフェイスの持ち主のエリーは、女優業にとどまらず、シャネルのコレクションにゲストモデルとして出演するなどファッション界からも人気が高く、トム・フォードやカール・ラガーフェルドからの信頼も厚い。また、カナダの人気歌手ショーン・メンデスの最新曲「There’s Nothing Holdin’ Me Back」のPVにも出演。待機作に、バレエ作品「くるみ割り人形」をウォルト・ディズニーが実写映画化する「The Nutcracker and the Four Realms(原題)」などがあり、ファッション界、映画界ともにオファーが殺到中の、いま最も注目すべき若手実力派英女優なのだ。


あの『キック・アス』のヘタレ男子を演じたアーロン・テイラー=ジョンソンの「サイコパス演技」が怖すぎる!
1990年イギリス生まれ。10代のジョン・レノンの葛藤を描いた『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』(10)で主人公を演じ話題となり、その後、同作の監督サム・テイラー=ジョンソンと23歳の年の差婚。現在27歳にして4児の父である。アーロンを世界的に一躍有名とした『キック・アス』シリーズでは、ヘタレ男子の主人公を熱演。そのほか『GODZILLA ゴジラ』(14)、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(15)と次々と話題作に出演。本作では、小説内で狂った言動で主人公の心をかき乱していくレイ役を演じ、その鬼気迫る怪演ぶりが話題に。初の”悪役”を演じるにあたり、実在した連続殺人犯や死刑囚を参考に役作りに挑んだというアーロンは、自身初の映画賞となるゴールデングローブ賞助演男優賞に輝いたほか、英国アカデミー賞ノミネートなど高く評価された。

映画情報どっとこむ ralph ハリウッド注目の石油御曹司イケメン俳優 アーミー・ハマー
1986年カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。完璧な目鼻立ちに、194cmの身長と抜群のプロポーションを持つアーミー・ハマーは、父は複数の会社を経営する社長、曾祖父は石油王のアーマンド・ハマーという大富豪御曹司。『ゴシップガール』や『デスパレードな妻たち』などのテレビシリーズに出演し人気を博す。『ソーシャル・ネットワーク』(11)で双子のウィンクルボス兄弟を一人二役で演じ、さらに注目を集める。以降、『J・エドガー』(12)、『ローン・レンジャー』(13)、『コードネームU.N.C.L.E.』(15)、『フリー・ファイヤー』(17)など、話題の大作への出演が続く。本作ではスーザン(エイミー・アダムス)の夫役を演じているが、「アーミー・ハマーのこんな贅沢な使い方はトム・フォードにしかできない!」との声が多く上がっている。


“渋カッコいい”表情がたまらない!マイケル・シャノンはテキサスの刑事役に
1974年ケンタッキー州生まれ。『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(09)でアカデミー賞®にノミネート、『ドリームホーム99%を操る男たち』(16)ではLA批評家協会賞に輝き、ゴールデングローブ賞ほか、数々の賞にノミネートされた。代表作に、『マン・オブ・スティール』(13)、『バットマンvs スーパーマンジャスティスの誕生』(16)などがある。待機作に、エルヴィス・プレスリーを演じた「Elvis & Nixon(原題)」、ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたギレルモ・デル・トロ監督作「The Shape of Water(原題)」など。また、ロバート・デ・ニーロ主演のドラマへの共演が決定しており、これは超人気大作ドラマ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の町」が2014年に終了して以来のTVシリーズへのカムバックとなる。本作ではアカデミー賞®助演男優賞にノミネートされ、テキサスの刑事役の「“渋カッコいい”演技が最高!」との声が多く上がっている。


映画情報どっとこむ ralph あの人気ドラマや話題作で活躍する俳優たちが出演!

また、そのほかにも本作にはあの人気海外ドラマや大ヒットした話題作に出演している俳優たちが出演している。

1話の製作費用が約1000万ドル(約11億円)とも言われる、今話題の大人気海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」にヤングネッド役で出演しているロバート・アラマヨ。若者たちの情熱的な愛を大胆な性描写を交えながら3D映像で描いた『LOVE 3D』の主人公マーフィー役や、『ネオン・デーモン』でエル・ファニング演じるジェシーに思いを寄せるアマチュア・カメラマンのディーン役を演じたりと、話題作への出演が続くハリウッド注目のカール・グルスマン。大ヒット作『ハンガーゲーム』シリーズでジョアンナ役や、『ネオン・デーモン』で謎めいたメイクアップアーティスト ルビー役を演じたジェナ・マローン。「マスターズ・オブ・セックス」で“性科学”の先駆者となったウィリアム・マスターズ博士役を演じたマイケル・シーン。ヴァンパイアドラマ「トゥルーブラッド」で熟女ヴァンパイアのパム役や、現代版おとぎ話の大人気ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム」でマレフィセント役を演じるクリスティン・バウアー・ヴァン・ストラテンなど。「キャシーのbig C いま私にできること」の末期ガンだが人生に絶望しない主人公キャシー役を演じたローラ・リニーは、エイミー・アダムスと10歳しか年齢が変わらないが、本作ではエイミー演じる主人公スーザンの保守的な母親役を演じている。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

経済的には恵まれながらも、夫との関係が上手くいかず満たされない日々を過ごすスーザンのもとに20年前に別れた

元夫から送られてきた衝撃的な内容の小説が送られてくる。精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、

それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。

彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか。


11月3日(金・祝)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

http://www.nocturnalanimals.jp/

***********************************

脚本・監督:トム・フォード
出演:エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、マイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソン、アイラ・フィッシャー、アーミー・ハマー、ローラ・リニー、アンドレア・ライズブロー、マイケル・シーン

原作:「ノクターナル・アニマルズ」(オースティン・ライト著/ハヤカワ文庫) 

2016/アメリカ/116分/PG-12 /ユニバーサル作品 
配給:ビターズ・エンド/パルコ
(C)Universal Pictures  



映画『ディス/コネクト』Twitterキャンペーン


ベネチア映画祭で10分間のスタンディングオベーション!
世界中で観る者の心を掴んだ話題作
ディスコネクトポスター
5月24日(土)より公開いたします話題の

映画『ディス/コネクト』

作はSNS上でのつながりと現実世界での関係性のギャップがきっかけで生じる人々の心の隙間を埋めていくことで、人間らしさと本当の豊かさを取り戻していく、珠玉のサスペンスフルヒューマンドラマです。



SNSやつながりをテーマとしている本作におきまして、この度Twitterディスカッションキャンペーンの実施を開始。

Facebook、Twitter ―SNS。友達、恋人、家族とコミュニーションを取る便利なツール。
そんなSNSは自分にとってどんな存在か?SNSにまつわるあなたの意見やエピソードを投稿すると、“豪華<繋がる>便利グッズ”が抽選で贈られます。

SNSの存在について改めて考える本キャンペーン。ぜひこの機会にご参加ください。

映画『ディス/コネクト』Twitterディスカッションキャンペーン
キャンペーンURL:http://dis-connect.jp/cp/


<投稿テーマとキャンペーン応募期間>
・テーマ1 :SNSをやっていて良かったと思うこと、つながりを感じたエピソードなどを投稿しよう!
【応募期間】4月25日(金)~5月9日(金)
・テーマ2 :SNS上で失敗談や悩み事について投稿し、赤ペン先生に添削してもらおう!
【応募期間】5月10日(土)~5月25日(日)
・テーマ3 :映画『ディス/コネクト』予告編や映画を観た感想を投稿しよう!
【応募期間】5月26日(月)~6月9日(月)
※ 6月9日(日)23時59分投稿分までの応募完了分とさせていただきます。
※ 投稿は、プレゼントキャンペーン応募期間終了後も行っていただけます。


<プレゼント賞品>
テーマ1:全国共有お食事券2万円分1名様/劇場鑑賞券20名様/
マスコミ用プレスシート(非売品)30名様
テーマ2:全国共有お食事券2万円分1名様/オリジナルUSB(2GB)30名様/
マスコミ用プレスシート(非売品)20名様
テーマ3:全国共有お食事券2万円分1名様/オリジナルUSB(2GB)30名様

<Wチャンス!>
下記7劇場いずれかの公式Twitterアカウントをフォローしているとキャンペーン期間中抽選で
3名様に「食べて、話して、大切な人とつながろう!」全国共有お食事券2万円分が当たります!

さらに、SNS上での失敗談や悩み事をツイートすると、なんでも添削家でお馴染の赤ペン瀧川先生から添削ツイートが返ってくるチャンスも!赤ペン瀧川先生は本作について

「おい、超面白かったぞ、この映画!
もっと地味な映画かと思いきや…現代的で奥深く…そしてスリリングなストーリー展開。2014年に作られたこの映画は10年後、20年後にも人々を楽しませるはず!」

とコメントしています。

『ディス/コネクト』マーク・ジェイコブスメイン
『ディス/コネクト』(原題:DISCONNECT)

5月24日(土)より 新宿バルト9他にて公開です。
公式サイト:http://dis-connect.jp



過去記事:マーク・ジェイコブスがダサい服を着る『ディス/コネクト』

********************************************************************


『ディス/コネクト』(原題:DISCONNECT)

監督:ヘンリー=アレックス・ルビン 『マーダーボール』(05)
出演:ジェイソン・ベイトマン/ホープ・デイヴィス/フランク・グリロ/ポーラ・パットン/
アンドレア・ライズブロー/アレキサンダー・スカルスガルド/
ミカエル・ニクヴィスト(『ミレニアム』)/マックス・シエリオット(『クロエ』)/
コリン・フォード(『幸せへのキセキ』)/ジョナ・ボボ(『ザスーラ』)/
ヘイリー・ラム/マーク・ジェイコブス(映画初出演)
提供:クロックワークス、ニューセレクト 配給:クロックワークス
(c) DISCONNECT, LLC 2013
※PG-12指定作品