「アンセル・エルゴート」タグアーカイブ

アンセル・エルゴート主演最新作は刺激的な設定の『ジョナサン-ふたつの顔の男-』公開中!


映画情報どっとこむ ralph ひとつの身体にふたつの人格をもち、その人格を、脳に埋め込まれたタイマーにより、12時間で切り替わるよう設定している「僕」=ジョナサンの視点を通してスリリングに展開していき、やがて観る者を翻弄する≪脳≫コントロール・スリラー『ジョナサン-ふたつの顔の男-』が、6月21日(金)より公開となりました。

ジョナサン -ふたつの顔の男
『ベイビー・ドライバー』アンセル・エルゴート主演最新作である本作は、2018年のトライベッカ映画祭で上映され、その知的で刺激的なストーリーとエルゴートの高い演技力に絶賛の声が相次ぎました。

二重人格モノをテーマにした映画はこれまでにも、『ジキル博士とハイド氏』を筆頭に、『ファイト・クラブ』(99)や『シークレット ウィンドウ』(04)、『複製された男』(14)など、本来の自分とはかけ離れた理想的な自分を作り出し、現実と乖離していくことから物語は展開されていくものが多い中・・・・

本作では、なんと医療技術を駆使し、脳にタイマーを埋め込むという新たな発想。

そして12時間で正確に人格が入れ替わり、さらには各々の生活が確立されているのだ。
ジョナサン -ふたつの顔の男
映画情報どっとこむ ralph
この近未来的で斬新な設定は一体どのようにして生まれたのか。

メガホンをとったのは、本作が長編デビュー作となるビル・オリバー監督。アイディアの発端は高校時代に起きた、友人とのある会話だそうで、

ビル監督:友人が朝学校に来て、ロッカーを開けようとしたら鍵の番号が変わっていたんだ。そうしたら彼は、“もしかしたら夜の内に自分の中の別人格が覚醒して、自分の知らない間に行動をしているのかもしれない!”という話をしていたんだ(笑)。そこで、昼と夜とで人格が違うという設定は面白いなと思ったのさ!

と明かす。


今回のアイディアを実現させるに辺り、医療関係者にインタビューをして回り、リサーチを重ねる中で、ビル監督はこのアイディアは決して想像上だけの話ではないことを知ったそうで

ビル監督:脳に信号を送る為の医療用デバイスがあって、それを埋め込むということは実際にあると聞いたんだ。今はパーキンソン病やてんかん、うつ病の治療に使われているそうだよ。人格をコントロールできるかわからないけどね!

と明かしている。

ひょんなことから得たヒントから、斬新な設定が作り上げられた本作。映画の中で描かれる脳タイマーは、近い将来身近なものになりそうな事柄だからこそ、ある種自分事として捉えられ、好奇心を駆り立てられること間違いなし!

映画情報どっとこむ ralph プロットを気に入り本作の出演を決定したアンセル・エルゴートの演技を是非。

新宿シネマカリテほか全国で公開中!

『ジョナサン-ふたつの顔の男-』

ジョナサン -ふたつの顔の男 物語・・・
毎日ルーティーンの生活を送る、内向的なジョナサン。彼は自分の身体にもうひとりの人格をもっていた。自分とは正反対の性格の青年ジョンだ。脳にタイマーを埋め込み、<午前7時と午後7時>に毎日12時間で切り替われるよう設定していたふたりは、ビデオテープにメッセージを残すことで、知らない時間に起こった出来事について共有しあっていた。全てが完璧のはずだった。彼女と出会うまではー。
***********************************


監督:ビル・オリバー
出演:アンセル・エルゴート、スーキー・ウォーターハウス、マット・ボマー、パトリシア・クラークソン

2018/アメリカ/英語/カラー/95分/シネマスコープ/原題:JONATHAN © 2018 Jonathan Productions, Inc. All Rights Reserved

配給:プレシディオ 協力:ムービープラス 宣伝:ガイエ HP:jonathan-movie.jp jonathan2face




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

スピルバーグ最新監督映画『ウエスト・サイド・ストーリー』アンセル・エルゴート主演決定


映画情報どっとこむ ralph スティーヴン・スピルバーグ最新監督作『ウエスト・サイド・ストーリー』(原題:WEST SIDE STORY)のキャストが決定、その写真が初披露された。オリジナル・ブロードウェイ・ミュージカル「ウエスト・サイド物語」 を映画化した、1957年ニューヨークを舞台にジェットとシャークの敵対する2つの非行グループの闘争の中、許されざる恋に落ちる様を描く。 1961年に公開された『ウエスト・サイド物語』は第34回アカデミー賞で作品賞を含む10部門を受賞するなど名作として語り継がれるミュージカル映画。 現在、製作は20世紀フォックスで進められています。
『ウエスト・サイド・ストーリー』
主演トニー役には『ベイビー・ドライバー』で一躍注目された若手実力派俳優アンセル・エルゴート。マリア役には新人17歳のレイチェル・ゼグラーに決定。 写真はニューヨーク街角でジェットとシャークのメンバー総勢11名の前で見つめ合う姿を披露。レイチェルはコロンビア系アメリカ人で、SNSで人気アーティストのカバー曲などを披露し、そのパワフルな歌声で注目を集め、公開オーディションでは30,000人の中から大抜擢された現役高校生。

他キャストにはアニタ役にブロードウェイミュージカルでトニー賞助演女優賞にノミネートされたアリアナ・デボーズ。シャークのリーダーでマリアの兄ベルナルド役には「ビリー・エリオット」ビリー役でトニー賞受賞したデビィット・アルヴァレス。シャークのチノ役にはジョシュ・アンドレス、シュランク警部補役にはコリー・ストールなど50人以上の俳優、歌手、ダンサーなどがキャスティングされた。 前作でアニタ役を演じ、アカデミー賞助演女優賞を受賞したリタ・モレノは、今回はバレンティナを演じ、製作総指揮も務める。


監督・製作にはスティーヴン・スピルバーグ、脚本にはトニー・クシュナー(『ミュンヘン』『リンカーン』)。振り付けにトニー賞振付賞受賞のジャスティン・ペック。 音楽総指揮には『アラジン』『美女と野獣』『シカゴ』のマット・サリバン。 製作にはトニー賞受賞のケビン・マコラム、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』『レディ・プレイヤーズ1』のクリスティ・マコスコ・クリーガー。

映画情報どっとこむ ralph 『ウエスト・サイド・ストーリー』
原題: West Side Story

全米では2020年12月18日(金)、日本では2020年12月公開予定。
製作20世紀フォックス映画/配給ウォルト・ディズニー・スタジオ。

***********************************

監督&製作:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:トニー・クシュナー 
製作: ケビン・マコラム、クリスティ・マコスコ・クリーガー、リタ・モレノ
出演: アンセル・エルゴート、レイチェル・ゼグラー、アリアナ・デボーズ、デビィット・アルヴァレス、ジョシュ・アンドレス、コリー・ストールなど
全米公開:2020年12月18日
製作20世紀フォックス映画
配給ウォルト・ディズニー・スタジオ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

≪脳≫コントロール・スリラー アンセル・エルゴート最新作『ジョナサン-ふたつの顔の男-』ポスター&本予告映像解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 『ベイビー・ドライバー』アンセル・エルゴート最新作『ジョナサン-ふたつの顔の男-』(原題:JONATHAN)が、 6月21日(金)に公開となります。
そのポスタービジュアル&本予告映像が到着しました。

毎日ルーティーンの生活を送る、内向的なジョナサン。彼は自分の身体にもうひとりの人格をもっていた。自分とは正反対の性格の青年ジョンだ。脳にタイマーを埋め込み、<午前7時と午後7時>に毎日12時間で切り替われるよう設定していたふたりは、ビデオテープにメッセージを残すことで、知らない時間に起こった出来事について共有しあっていた。全てが完璧のはずだった。彼女と出会うまではー。

終盤に差し掛かるにつれて、序盤とは一転、感情を露わにし、コントロールが効かず翻弄されていくジョナサンの様子に緊張高まるスリリングな内容となっている本映像。
 

合わせて解禁されたポスタービジュアルでは、ふたつの顔の真ん中に亀裂が走っており、観客をも翻弄させることを予感させる、不穏な雰囲気漂うデザインとなっています。

『ベイビー・ドライバー』で大ブレイクを果たし、スティーブン・スピルバークの新作で主演に抜擢されるなど今ハリウッドで最もホットな若手俳優のひとりである、エルゴート最新作である本作は、2018年のトライベッカ映画祭で上映され、その知的で刺激的なストーリーとひとつの身体にふたつの人格をもつという複雑なキャラクターを巧みに演じたエルゴートの高い演技力に絶賛の声が相次いだ。

共演に、人気モデルであり、女優としても活躍する『あと1センチの恋』のスーキー・ウォーターハウス、海外ドラマ『ホワイトカラー』のマット・ボマー、『エイプリルの七面鳥』のパトリシア・クラークソン等実力派俳優が脇を固める。監督は、本作が長編映画デビューとなる新鋭ビル・オリバー。

コントロールの効かない展開が観る者を翻弄する、≪脳≫コントロール・スリラー

『ジョナサン-ふたつの顔の男-』

公式HP:
jonathan-movie.jp

***********************************


監督:ビル・オリバー
出演:アンセル・エルゴート、スーキー・ウォーターハウス、マット・ボマー、パトリシア・クラークソン

2018/アメリカ/英語/カラー/95分/シネマスコープ
原題:JONATHAN
配給:プレシディオ
協力:ムービープラス
宣伝:ガイエ
© 2018 Jonathan Productions, Inc. All Rights Reserved
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

A・エルゴート&T・エガートン『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』2つの特別映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph アメリカで実在した男性限定社交クラブのスキャンダルを描いたスリル満点のクライム・サスペンス『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』が11月10日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。

『ベイビー・ドライバー』アンセル・エルゴートと『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンというハリウッドの人気若手俳優二人が初共演する本作は、1980年代初頭ロサンゼルスを舞台に、実在した投資グループ「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)」が起こしたスキャンダルと“汚れた金”で結ばれた友情を描いていきます。

そして!!!!

このBBCをともに立ち上げる<未熟な天才>ふたりにフィーチャーした2つの特別映像が解禁となります!

わずか1年足らずで2億5千万ドルもの巨額の取引を繰り広げる一方で、投資家たちから金をだまし取っては豪遊を繰り返していたBBCの中心メンバーが、高校時代の親友だったジョーとディーンのふたりだ。

エルゴートが演じるジョーは、金(ゴールド)を投資する儲け話に“理念”を持ち込み、多くの投資家を惹きつける<頭脳派>。


一方で、エガートンが演じるディーンは、圧倒的な話術で社交界に幅広い交友関係を持つ<人脈派>。


そんなふたりが見せる様々な表情を捉えつつ、それぞれの劇中での“決め台詞”を収録した。

映画情報どっとこむ ralph この映像は、本作の公式Twitter(@BBCmovieJP)で10/22(月)夜より行われる<あなたはどっち派?BBCイケメン総選挙>においても使用され、投票した参加者から抽選で10組20名様にムビチケオンラインのプレゼントも! 詳細は公式サイトやTwitterをチェックしてみて!

映画情報どっとこむ ralph 『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』
原題:Billionaire Boys Club

公式HP:
bbc-movie.jp

公式Twitter:
@BBCmovieJP

物語・・・

1983年、高校の同級生だった金融の専門家ジョーとプロテニス選手のディーンは、上流階級が集う商談の場で偶然にも再会を果たす。ジョーは、以前から計画していた“金(ゴールド)”で投資をする儲け話をディーンに持ち掛け、ビバリーヒルズ屈指の富裕層である友人たちを説得して「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)」を結成する。カリスマ性と野心を持ったジョーは、少しずつ詐欺を重ねていく。しかし、彼らの贅沢な暮らしと大きな利益により、積み重なる詐欺に気づく者はいなかった。ロサンゼルスの社交界―金とセックスとセレブの世界―で有名になった彼は、ついに敏腕トレーダー・ロンからも融資金を騙し取り、さらなる成長を遂げる。しかしある日、ある人物の裏切りによってクラブは窮地に追い込まれるのだった。

***********************************


監督:ジェームズ・コックス

出演:アンセル・エルゴート、ケビン・スペイシー、タロン・エガートン、エマ・ロバーツほか

2018年/アメリカ/カラー/シネマスコープ/英語/108分/PG12
配給:プレシディオ
協力:エイベックス・ピクチャーズ
宣伝:スキップ
© 2017, BB Club, LLC. All rights reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

アンセル・エルゴート x タロン・エガートン『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』刺激的な予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph アメリカで実在した男性限定社交クラブのスキャンダルを描いたスリル満点のクライム・サスペンス『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』が11月10日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。


『ベイビー・ドライバー』アンセル・エルゴートと『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンというハリウッドの人気若手俳優二人が初共演し、早くも話題となっている本作の刺激的でキケンな予告編が解禁となります!



魅力的な男性限定社交クラブBBCの刺激的で欲望まみれの実態が明らかに!

以前映像化された際は、あの超大物俳優も出演を切望していた!?

高校の同級生だった金融の専門家ジョー(アンセル・エルゴート)とプロテニス選手のディーン(タロン・エガートン)は偶然再会したことをきっかけに、“金(ゴールド)”で投資をする儲け話を企てる。頭脳明晰なジョーと特権階級にコネを持つディーンは、巧みな話術と全開の野心で友人たちから元手を集めて男性限定の社交クラブ「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)」を結成。わずか一夜にして多額の利益を掴む。その実績はロサンゼルス社交界の間にたちまち広がり、投資家ロン(ケビン・スペイシー)ら金遣いの荒い大人たちも次々にBBCに投資。解禁となった予告編では、ジョーとディーンがそのカリスマ性で人々を次々と“落としていく”様子や、羽振りのよさが伺えるBBCの豪華オフィス、高級外車を乗り回し夜な夜な豪遊するなど順風満帆な彼らの姿を捉えていく。しかし、BBCはロンに騙されていたことが分かり、たちまち窮地に追い込まれる。ロンがジョーに告げる「一目で分かったよ。君たちの大ウソが」という言葉や、何者かがマイナスの帳簿をプラスに書き換える様子、ジョーが拳銃を手にする姿など、一変して事件の予感さえする不穏な場面が次々捉えられていく。巨額の富と栄光を掴んだ若き男たちがどのような運命をたどるのか、続きが気になる映像になっている。

実在した詐欺集団の信じられないような事件が起こった直後の1987年にはBBCを題材にしたドラマがテレビ映画として製作されたが、当時新進気鋭の俳優でブレイク直前だったトム・クルーズをはじめ当時の若手俳優はこぞって作品への出演を切望していたという。この刺激的な題材に、今をときめくエルゴートとエガートンがどのように取り組んでいるのか、乞うご期待!!!

映画情報どっとこむ ralph また、BBCメンバー勢ぞろいの女子“悩殺”カットなど新場面写真3枚も解禁!これら3枚を含むファン垂涎の4枚のブロマイドセット付き特別鑑賞券(税込1,500円)が本作の一部上映劇場、メイジャー(https://www.major-j.com/)にて9月22日(土)より発売開始!(特典は数量限定・先着順)


ビリオネア・ボーイズ・クラブ
原題:Billionaire Boys Club

が11月10日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開です。

公式HP:
bbc-movie.jp

公式Twitter:
https://twitter.com/BBCmovieJP

1983年、高校の同級生だった金融の専門家ジョーとプロテニス選手のディーンは、上流階級が集う商談の場で偶然にも再会を果たす。ディーンは、以前から計画していた“金(ゴールド)”で投資をする儲け話をジョーに持ち掛け、ビバリーヒルズ屈指の富裕層である友人たちを説得して「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)」を結成する。カリスマ性と野心を持ったジョーは、少しずつ詐欺を重ねていく。しかし、彼らの贅沢な暮らしと大きな利益により、積み重なる詐欺に気づく者はいなかった。ロサンゼルスの社交界―金とセックスとセレブの世界―で有名になった彼は、ついに敏腕トレーダー・ロンからも融資金を騙し取り、さらなる成長を遂げる。しかしある日、ある人物の裏切りによってクラブは窮地に追い込まれるのだったー

***********************************

監督:ジェームズ・コックス
出演:アンセル・エルゴート、ケビン・スペイシー、タロン・エガートン、エマ・ロバーツほか
2018年/アメリカ/カラー/シネマスコープ/英語/108分(前回のリリースでは100分と記載しておりましたが、正しくは108分となります。このタイミングでの変更申し訳ございません)/PG12

配給:プレシディオ 
協力:エイベックス・ピクチャーズ 
宣伝:スキップ 
© 2017, BB Club, LLC. All rights reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画ソムリエ・東紗友美 旬な2人を美しく切り撮った作品と絶賛。映画『クリミナル・タウン』


映画情報どっとこむ ralph 映画『クリミナル・タウン』が8月25日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショーとなります。

本作は「ティーンエイジノワールとして、マーク・トウェインやJ.D.サリンジャーと並ぶ傑作」と絶賛された小説「NOVEMBER CRIMINALS」を映画化。高校生アディソンとフィービーの幼馴染2人が、親友の優等生ケビンが銃殺された事件の真相に挑むスタイリッシュ・クライム・サスペンス。

主人公のアナログを愛する冴えない少年アディソンを演じるのは、アンセル・エルゴート。容姿端麗な優等生にして、時に積極的なフィービーに、クロエ・グレース・モレッツ。ハリウッド最高の最旬キャストがタッグを組んだ。

このたび、本作が「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018」のオープニング作品として先行上映され、大のアンセル・エルゴート好きで知られる映画ソムリエ・東紗友美さんを迎え、トークイベントが行われました。

日時:7月14日(土) 映画上映後
場所:新宿シネマカリテ
登壇:映画ソムリエ・東 紗友美 

映画情報どっとこむ ralph 満席で迎えた本作の上映後トークイベントに登壇した映画ソムリエの東紗友美氏は、さっそく「全人類で1番好き」と主演のアンセル・エルゴートへの熱い思いを明かし、インスタグラムもチェックしているようで

東さん:元モデルで、家柄も良くて、音楽も詳しい、193センチの高身長、神が授けられるすべてのものを与えられている。

と興奮気味で、「『ベイビードライバー』からトップスターの道をすごい勢いで駆け上がっている」と喜びながらも、

東さん:ヤングスターの俳優さんのふてぶてしい姿っていうのはとても素敵で、『ベイビードライバー』より本作が前に撮られたということもあって、洗練されていないふてぶてしい彼の姿を見ることができた。

と話し、会場にいるアンセルファンからは拍手が送られた。

ヒロインのクロエ・グレース・モレッツについては

東さん:何がいいってとにかく横顔の鼻がいい!そんない綺麗な鼻なのにクロエちゃんの横顔を長尺で撮っている映画が少ないんです、だからこの映画の冒頭のアンセルとクロエのラブシーンが美しい。鼻を堪能できる。

と独自の視点からの魅力が詰まった一押しシーンを挙げた。また、

東さん:190センチ台のアンセルと160センチ台のクロエちゃんの30センチ差カップルというのは、日本はともかくアメリカの映画ではあまり見ないので、萌えた。

と付け加えた。

映画情報どっとこむ ralph 劇中では

東さん:ボブ・ディランの曲が多く使用され主人公の部屋にはポスターが張られている。こんなにボブ・ディランの版権が多く使われている映画は見たことない」と驚きを隠せなかったですね。その理由として「監督が『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』やスピルバーグ監督で主演トム・ハンクスの『ターミナル』の脚本を担当していたこともあり、ハリウッドから尊敬の念を集め、ファンが多いです。

と分析した。

舞台となったワシントンDCについて

東さん:アメリカの首都ということもありあまり知られていないが、実は犯罪都市という一面があります。ワシントンDCが舞台だと、ホワイトハウスや政治関係の映画はいくつかあるが、こういった犯罪都市の一面を描き、さらに高校生がそこに立ち向かう映画というのは珍しいです。

と本作の注目ポイントを挙げた。また現在発売中の原作本と映画とでは主演のアンセルにかなり違いがあることも明かしてくれました。


最後に・・・

東さん:ティーンにとても人気がある旬な2人は、これからはもっと大人になってもっと洗練されていくから、あどけなさやふてぶてしさを見ることができる最後の瞬間を切り取ってくれている美しい作品です。

と本作の一番の魅力をアピールしてイベントを終えました。

映画『クリミナル・タウン』

は8月25日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
物語・・・
ワシントンD.C.に暮らすさえない男子高校生アディソンの元に届いた、優等生の親友ケビンが銃殺されたというニュース。事件は「チンピラの黒人少年が麻薬を巡るギャング同士の抗争に巻き込まれたもの」とされ、犯人は組織内で始末済みとして、捜査は早々に終結の様相となる。彼が麻薬に関わって殺されたなどあり得ない。親友の名誉を取り戻すためアディソンは、幼馴染みにして恋人未満のフィービーと共に犯人を追いはじめる。しかし、証言を取り合わない警察、大学への推薦状を餌に捜査を牽制する学校、街中が目を背ける空気、「息子はこの街に殺された」と口をつぐむケビンの両親……。まるで街全体がこの事件をなかったかのように処理しようとする様に、違和感を拭えないアディソンとフィービー。やがて二人は、戻れないところへと足を踏み入れていく―

***********************************

監督:サーシャ・ガヴァシ『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』
脚本:スティーヴン・ナイト『イースタン・プロミス』、サーシャ・ガヴァシ
出演:アンセル・エルゴート『ベイビー・ドライバー』クロエ・グレース・モレッツ『キック・アス』シリーズ
   デヴィッド・ストラザーン『グッドナイト&グッドラック』キャサリン・キーナー『ゲット・アウト』
原作:サム・マンソン「クリミナル・タウン」(ハヤカワ文庫)※7/5発売
原題:NOVEMBER CRIMINALS/2017年/アメリカ/英語/86分/5.1CH/カラー/ビスタ/字幕翻訳:牧野琴子
配給:ギャガ・プラス  
© 2016 NOVEMBER CRIMINALS HOLDINGS, LLC  GAGA.NE.JP/CRIMINALTOWN




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

アンセル・エルゴート がドリフト猛特訓『ベイビー・ドライバー』メイキング解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホットファズ-俺たちスーパーポリスメン!』『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う』など、エッジの効いたコメディセンスとヴィジュアル・テクニック、そしてさまざまな映画の引用で、世界中のファンから愛されているエドガー・ライト。

イギリス出身の彼が、本格的ハリウッド長編映画デビューを果たし脚本・監督を務めた最新作『ベイビー・ドライバー』が8月19日より公開中です!

この度、本作の特別メイキング映像が到着した。主人公“ベイビー”を演じたアンセル・エルゴートが、ドリフトを特訓する姿や、スタント・コーディネーターへのインタビューなど、 “若き天才ドライバー”という主人公に説得力を持たせるために、出演者やスタッフが一丸となって取り組んだことが伝わるメイキングとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 私生活では『きっと、星のせいじゃない。』の撮影のまで免許を持っていなかったというアンセル。今回の”若き天才ドライバー“という役作りのために、スタント・コーディネーターのジェレミー・フライと共に、一回5時間のセッションを10回行い、映画の中で行われている主なスタントのやり方をすべて教わることで、運転が飛躍的に上達!今回解禁となったメイキング映像では、アンセルが映画にも登場する真っ赤なダッジ・チャレンジャーSRTに乗り、ドリフトを特訓する姿が。

クールな表情でハンドルを切る姿には思わずドキッとしてしまう。

アンセル:友達が羨ましがる。”俺もカースタントを習いたい“って。

と語り、特訓に大満足している様子。

また、アンセルだけでなく、バディ役を演じたジョン・ハムが見事なバックスピンターンを練習する姿も。映画の撮影時に実際にアンセルが運転する許可がおりたカーアクションは二つだけだったというが、スタント・コーディネーターのジェレミーは

ジェレミー:車の動きを理解すればより説得力ある役作りができる。

と語るように、映画内のアンセルはスタントと完璧に連動した正しい動きで、天才ドライバーという役に説得力を持たせている。メイキング内で

エドガー・ライト監督:全部トリックなしの実演さ!

と語るように、『ベイビー・ドライバー』に登場するカーアクションは、ワイヤーやグリーンバックなどの合成は使わず、すべて実演。アンセルの正確なドライビングテクニックと、スタントによる派手なカーアクションにますます期待が膨らむメイキング映像となってます!




映画情報どっとこむ ralph ちなみに、長澤まさみさんが銭湯で踊りまくっているCMの振付ライアンさんが、本作でも動きを指導しているそうです!だから、ストリートの部分など少しコミカルな動きな部分も!

最新作『ベイビー・ドライバー
原題:Baby Driver

物語・・・
天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める。

過去記事:
アンセル・エルゴート日本を堪能したい!『ベイビー・ドライバー』初日舞台挨拶
eigajoho.com/?p=78757


***********************************

監督・脚本:エドガー・ライト『アントマン』 
製作:ニラ・バーク、ティム・ビーバン、エリック・フェルナー 
出演:アンセル・エルゴート『きっと、星のせいじゃない。』/ケヴィン・スペイシー『アメリカン・ビューティー』/リリー・ジェームズ『シンデレラ』/エイザ・ゴンザレス『フロム・ダスク・ティル・ドーンザ・シリーズ』/ジョン・ハム『MAD MEN マッドメン』シリーズ/ジェイミー・フォックス『ANNIE/アニー』
2017年/アメリカ映画/
配給:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

アンセル・エルゴート日本を堪能したい!『ベイビー・ドライバー』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph サウス・バイ・サウス・ウェスト映画祭で大絶賛の観客賞を受賞、さらに映画評価サイトのロッテン・トマトでも高評価の97%フレッシュを獲得し、全米でも1億ドル突破の大ヒットを記録している『ベイビー・ドライバー』が、本日8月19日(土)より全国公開となりました。


それに併せ本作で主人公”ベイビー”を演じたアンセル・エルゴートが来日!
初日舞台挨拶を行いました!

アンセルの来日は、2015年のEDMイベント「ULTRA JAPAN」に”DJアンソロ”名義で参加して以来約2年ぶり。俳優として映画のプロモーションのために来日するのは今回が初めてとなります。

日時:8月19日(土)
場所:新宿バルト9
登壇:アンセル・エルゴート

映画情報どっとこむ ralph 日本公開初日に駆け付けた満席の会場を前に

アンセル:作品を楽しんでくれたようで嬉しいです!もう一度観てくれますか?

とアンセル・エルゴートの一言で舞台挨拶がスタート。

Q. アメリカでは既に興行成績は1億ドル超えの大ヒットを記録、また世界でもドイツ、メキシコ、フランス、ベルギーなど既に公開された47カ国以上で大ヒットとなっています。しかもどの国でも観た後の口コミが大変良く、公開後、息の長い興行となっていますね。この状況をどんな風に受け止めていますか?

アンセル: こういう作品に関われた事を本当に嬉しく思っているんです。元々、撮影現場でも、出来上がった作品を初めて観た時も本当に特別な映画だと思いましたし、それはやっぱりエドガー・ライトという監督が天才であり、素晴らしいヴィジョンを持っているからなんだと思うんです。そして、『ベイビー・ドライバー』のような作品が大ヒットしていてすごく嬉しいなと思う事は、ハリウッドでは超大作のシリーズや原作ものを作ることが多いんですよね。しかし、この作品はエドガーが思い描いたオリジナルの脚本、オリジナルの映画になっています。この作品の成功を受けて、ハリウッドやスタジオがもっとオリジナルの作品を作るようになってくれればいいと思います。そして、皆さんがこうして劇場に駆け付けてくれる事、席をいっぱいにしてくれる事が、オリジナルの作品を観れるきっかけとなるので本当に感謝しています。

Q. 今回演じたベイビーですが、寡黙なキャラクターでその分、表情やちょっとしたしぐさて感情を表したり、なにより音楽に合わせて振り付けのような動きをしたり、特殊な動きが役だったと思いますが、演じる上で一番大切にした事は何ですか?

アンセル:今回演じたベイビーのキャラクターは本当に大好きなんです。普通のアクションヒーローのタイプではなくて、若者らしさのあるキャラクターなんです。彼は犯罪的な行為をしてるかもしれないけれど、ほとんどアウェイな立場でもあります。最初の脚本を読んだ時からディテールを含めてすぐに気に入ったキャラクターでした。準備のために撮影前に1か月くらい期間を取り、色々な事を学びました。スタントドライビングなど運転絡みのテクニックも教えてもらいましたし、車を飛び越えるようなスタントもやらせてもらえたのですごく楽しかったです。そして、音楽に合わせて動くシーンも撮影前のリハーサルで1か月でみっちり特訓しました。というのも、撮影が始まってしまったらリハーサルする時間が全くなかったからなんです。何よりもこのキャラクターを生んでくれたエドガーに感謝しているし、僕も観客としてベイビーというキャラクターは本当に大好きで、愛すべきキャラクターだと思っています。

Q. ミュージシャンとしても活躍されていますが、バッツ役のジェイミー・フォックスさんもミュージシャンであり、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーさんも出演されています。エドガー・ライト監督も大の音楽好きですね。みなさんで音楽の話で盛り上がったりしましたか?

アンセル:ジェイミーやフリー、そして実はケヴィン・スペイシーも歌がかなり上手いんです。全キャストがミュージシャンか密かに音楽を嗜んでる方だったんです。というのも、監督が音楽的素養を持っている方を選んだからなんだと思うんですね。実際に現場ではヘッドフォンで音楽を聴きながら演技をしていたんですが、実は自分だけではなく共演者もイヤーピースを入れて同じように楽曲が聴けるような態勢だったので、全員が同じビートに合わせて撮影する事が出来ました。自分も音楽をやっていて、作曲もするし、歌も歌うので、今回の撮影でフリーやジェイミーに自分の楽曲を聴いてもらえるようなチャンスがあればいいなと思っていたんですが、 ジェイミーと会ったその日に「音楽をやっているだって?じゃあ、ちょっと聴きたいから後でうちへおいでよ。」と言われて、ジェイミーの自宅で招待してもらって、バスケをしたりジャムセッションをしたり、自分の楽曲を弾いてもらえる事が出来たんです。どれだけ、ジェイミーという人が温かい心の持ち主なのか、このエピソードから分かるかと思いますけど、劇中でのバッツとベイビーの関係とはだいぶ違ったんです。

と、映画の話をする一方で

アンセル:京都に行くのを楽しみにしています。日本を堪能しつくして、また来日したいと思っています。

と日本滞在を楽しんでいるご様子。。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、会場から選ばれたファンにアンセルと監督のサイン入りのサントラEPのプレゼントを渡し、
アンセル:本当に『ベイビー・ドライバー』を観てくださってありがとうございます。是非口コミの方もよろしくお願いします。またお会いしましょう!

と日本のファンへ笑顔でメッセージを送った。

ベイビー・ドライバー
原題:Baby Driver


物語・・・
天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める。

***********************************

監督・脚本:エドガー・ライト『アントマン』

製作:ニラ・バーク、ティム・ビーバン、エリック・フェルナー

出演:アンセル・エルゴート『きっと、星のせいじゃない。』/ケヴィン・スペイシー『アメリカン・ビューティー』/リリー・ジェームズ『シンデレラ』/エイザ・ゴンザレス『フロム・ダスク・ティル・ドーンザ・シリーズ』/ジョン・ハム『MAD MEN マッドメン』シリーズ/ジェイミー・フォックス『ANNIE/アニー』

2017年/アメリカ映画/原題:Baby Driver/配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ