「アルコ&ピース」タグアーカイブ

齊藤工がとうとうあのタブーな世界に足を・・「 COMPLY+-ANCEコンプライアンス)」特報到着・公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 超・超問題作ショートフィルム「 COMPLY+-ANCEコンプライアンス)」!

齊藤工がとうとうあのタブーな世界に足を踏み入れた・・・!

俳優、フィルムメーカー、モノクロ写真家としてマルチに活動する斎藤工が再びメガホンをとった。

原案・脚本・ 監督を齊藤工自らが務める本作品は、「日本においての表現限界」に挑戦し、規制された事を気にする事は仕方ないにしても規制も無いのに少しでも問題が起こらないように忖度して控えめにしてしまう今の日本「コンプラ イアンス」にアンチテーゼを投げかける意欲作。
COMPLY+-ANCEコンプライアンス
主演には「カメラを止めるな!」でヒロインを務めた秋山ゆ〇き、また、実力派芸人の〇〇コ&ピースの平〇祐希、オンリーワンの個性を放つ〇〇ーガールの〇〇洋介、齊藤の前作「blank13」にも出演した曇天〇男坊が脇を固める。

また、本作には『花に嵐』『聖なるもの』で高い評価を集めた新鋭・〇切一空監督、アーティスト集 団”Chi〇〇Pom”、人形アニメーション作家の飯塚貴〇監督が参加し、日本のコンプライアンス問題に一石二石 、いや百万石を投じる一作となっている。

俳優でありフィルムメーカーである〇藤工が「スネークマンショー」の影響を受け、近い未来の放送業界・映画界を危惧してあえてタブーに切れ込んだ圧倒的な濃度の問題作にして「 COMPLY+-ANCE 」。2月にアップ リンク吉祥寺での公開が決定!

映画情報どっとこむ ralph 本作の特報と監督の齊藤工さんよりコメ ントも到着。

「度を超えて加速し続ける”自主規制”の波に対し、” 表現の不自由”と嘆くだけでは無く、寧ろそれを逆手 にとって、その皮肉をふんだんに作品に込める。 秋山さん、平子さん、大水さん、曇天さん、才能溢 れる方々と「スネークマンショー」的な表現を目指し ました。これでも喰らえ!!」ーーー齊藤工

■齊藤工(さいとう・たくみ) プロフィール
パリコレ等でのモデル活動を経て2001年に俳優デビュー。主な出演作に、『昼顔』(17/監督:西谷弘)、日 仏シンガポール合作『家族のレシピ』(18/監督:エリック・クー)、『麻雀放浪記2020』(19/監督:白石和彌 )などがある。企画、製作、主演を務めた『MANRIKI』(19/監督:清水康彦)が11月29日公開。俳優業の 傍らで映像制作にも積極的に携わり、齊藤工名義での初長編監督作『blank13』(18)では国内外の映画祭 で8冠を獲得。HBOアジア放送のクー監督の企画第二弾「FOODLORE」に前作「TATAMI」(18)に引き続き 監督として参加。また白黒写真家としてパリのルーブル美術館での学展に参加し銅賞を受賞。劇場体験が 難しい被災地や途上国の子供たちに映画を届ける移動映画館「cinēmabird」を主宰するなど、マルチに活動している。

映画情報どっとこむ ralph 「 COMPLY+-ANCEコンプライアンス)」

2020年2月、アップリンク吉祥寺&アップリンク渋谷にて公開!



***********************************

秋山ゆずき 平子祐希(アルコ&ピース)
斎藤工 大水洋介(ラバーガール) 曇天三男坊

企画・原案・脚本・監督:齊藤工
脚本:はしもとこうじ プロデュース
編集:清水康彦 制作プロダクション:イースト・ファクトリー
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS ©EAST FACTORY INC.
特報URL→ https://youtu.be/IrgzPzrAToU


阿部サダヲ 吉岡里帆 千葉雄大が渋谷109登場『音量を上げろタコ!』起爆イベント


映画情報どっとこむ ralph

「時効警察」シリーズの三木聡が監督・脚本を務める 阿部サダヲさんx吉岡里帆さんでおくる爆歌映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日(金)より全国公開となります。

その起爆イベントが行われ主演の阿部サダヲさん、ヒロインの吉岡里帆さん、千葉雄大さんが宣伝カーに乗って渋谷109にサプライズ降臨!さらに「音タコ応援隊」として、今大人気のアルコ&ピースさんも応援隊として登壇っし盛り上げました!

最近「〇〇しろタコ!」と思った事を発表!!!。

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』起爆イベント
日時:10月1日(月)
会場:渋谷109前ステージ
登壇:阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、アルコ&ピース

映画情報どっとこむ ralph 音タコの応援団としてアルコ&ピースさんが登場すると歓声が!!!

アルピーさん:これからスーパースターが来るからね!
と謙遜しながらもテンション高め!通行人をいじりながらトークが進み、音タコ宣伝カーが到着!

中からは阿部サダヲさん、吉岡里帆さん、千葉雄大さん、が登場すると、台風一過で日差しがすごい中さらにー会場は大歓声ヒートアップ!

阿部さん:109の前初めてです。昨日の台風で今日は中止かなと思っていたら、盛り上がってますね!

吉岡さん:人が多くて、笑っちゃいます!

千葉さん:こんなに足を止めてくれる方いっぱいいるんですね。この辺よく歩いてるんです!

と話すキャスト陣。

一番笑ったシーンを

阿部さん:ふうかさんをオーディションに連れていくシーン!面白いです!よく見ると吉岡さん普通に笑っちゃってます!

吉岡さん:10テイクぐらい笑っちゃってます。監督さんそこを使ってくれてます。私が笑ったのは・・・シンとバイクで走るシーン。面白い助監督さんがアナログでロープで引っ張ってるんです!格好良いシーンもアナログで撮ってるんですよ!
とエピソードを明かしてくれました!

千葉さん:オーディション帰りの二人の名が回しのシーンですね。吉岡さんとのシーンではポテトでチップの袋を開けるシーン。助監督の熱が伝わってきて現場も面白かったし頑張りました。

アルピー平子さん:ライブシーンのファンたち。細かいあるあるが凄い。

アルピー酒井さん:シンの古いトランプは臭い!が面白かったです!
と、それぞれ明かしてくれました。


さらに、最近「〇〇しろタコ!」と思ったことを聞かれると

阿部さん:家電量販店の方にで、中国人と間違えられて中国語で案内されて、察してくれと。

大量に買ってくれそうなオーラが出てしまっていたよう!

吉岡さん:今さっき!宣伝カー派手なのに。振り向いてくれなくて!振り向いてくれタコって感じです!

阿部さん:意外と気付いてほしいんですよね。
と話すと

千葉さん:昨日洗濯物干しっぱなしで・・自分に対して、タコ!って思ってます。

これを受けて

アルコ&ピース:千葉雄大、いい加減にしろタコ!と言いたい。ここまで美しい顔なのに、日常的なトークも上手い。ファンが見ていなかったら、蹴り上げているところ!と

ライバル視。それには

千葉さん:すべて計算でやっています(笑)

と小悪魔お兄さんな表情をかべていました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、映画に関してタコ!って思うことをフリップで!
阿部さん:原作ものの映画が多い中で、7年くらいかけて作った完全オリジナル作品。笑いもあるがストレートなメッセージも入っています!
吉岡さん:ふざけている!は褒め言葉。ここまで大人たちがふざけ倒す映画はなかなかない。皆さんの心を笑いで満たせれば!
千葉さん:ぶっ飛んで笑える一方で、楽曲がいい
阿部さん:自分が歌う曲のデモテープの声は、HYDEさんだった。聴いた瞬間に『無理です!』と言いいましたよ!
とエピソードを!

最後にフォトセッションの後

宣伝カーに乗って、渋谷の街へ出発したのでした!

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

10月12日(金)ロードショー




公式HP: http://onryoagero-tako.com/
公式Twitter: @onryoagero

***********************************


出演:阿部サダヲ 吉岡里帆
千葉雄大 麻生久美子 小峠英二(バイきんぐ) 片山友希 中村優子 池津祥子 森下能幸 岩松了
ふせえり 田中哲司 松尾スズキ

監督・脚本:三木聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)

主題歌:
SIN+EX MACHiNA「人類滅亡の歓び」(作詞:いしわたり淳治 作曲:HYDE)(Ki/oon Music)
ふうか「体の芯からまだ燃えているんだ」(作詞・作曲:あいみょん)(Ki/oon Music)

配給・制作:アスミック・エース

©2018「音量を上げろタコ!」製作委員会