「アヤカ・ウィルソン」タグアーカイブ

月川翔監督 平手友梨奈に感謝!映画『響 -HIBIKI-』卒業証書を贈呈!


映画情報どっとこむ ralph 欅坂46 平手友梨奈が、映画初出演にして初主演を務めた映画『響 -HIBIKI-』。
平手さんは、本作で「第42回日本アカデミー賞」をはじめ、数々の映画賞で新人賞を受賞するなど、公開後も話題を呼んだ衝撃作ですが、Blu-ray&DVDが2019年3月6日(水)に発売となりました。

これを記念して、スペシャルトークショー付上映イベントが行われ、平手友梨奈さん、アヤカ・ウィルソンさん、板垣瑞生さんのキャスト陣と、メガホンを取った月川翔監督が登壇!

映画『響 -HIBIKI-』としては最後の活動となる本イベントにて、月川監督から平手、アヤカ、板垣の3人にサプライズで卒業証書を贈呈しました!


映画『響 -HIBIKI-』Blu-ray&DVD発売記念スペシャルトークショー付上映イベント 
日時:3月6日(水)
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、板垣瑞生、月川翔監督

映画情報どっとこむ ralph 16倍の競争を勝ち抜いた観客の皆さんの熱い拍手に迎えられてキャストと監督が登場!

月川監督:今日で「響」関連のイベントは最後と言うことで寂しい気持ちもあります。スクリーンでまた見ていただける機会を嬉しく思っています。
との挨拶からイベントはスタート。殆どの方がこの日に発売のDVDを購入している模様です。

映画情報どっとこむ ralph 今回のイベントで、久しぶりに集まったそうで
平手さん:久々なので嬉しいですね。。江凛夏は江凛夏だし、涼太郎は涼太郎だし。監督は監督だし。響だなって

アヤカさん:嬉しいですね。映画をもう一回見てきて。懐かしかったですね。

板垣さん:会うといじられるんですね。二人から。嬉しいな。。。笑って

と、平手さんに懇願する板垣さん。

映画情報どっとこむ ralph ここで豪華版に入っているメイキングを見ながらのトークへ

図書室の棚を響が倒すシーン。
板垣さん:懐かしいよね。

アヤカさん:制服見るとね。
平手さん:重かったですね。本当に助けてくれるかわからないんで、ひやひやでした。

板垣さん:棚を倒す前に響と江凛夏ににらまれるシチュエーションで。。。

と話している途中で会場が、恐ろしいほどの静寂になり。実は監督が言うには、イベント前に平手さんが板垣さんに「私を笑わせて」とお題が出ていたそう。

平手さん:こんなに静かに。凄いね。

板垣さん:そういう凄いが欲しいわけじゃない。

と、仲の良さが滲むやり取りが続き・・・
次に映し出された海辺でのシーン。

平手さん:海のシーンは、原作にもある江凛夏とのシーンは印象的でした。嬉しかったです。
監督:原作でも印象的なシーンだったので、アングル一緒にして、やりたいなと。

と凝ったシーンは見どころでもあると監督。さらに響が砂に埋まっていながら本を読んでるシーンの写真が映し出され
平手さん曰く、実は全く読めない角度だったそう。さらに、よく見ると足がずっと動いているそうで、

平手さん:このシーンを観た方に足のことよく言われます。癖見たいです。

実はコメンタリーでも足が動いてるそうですので、確認して観るのも面白いかも。

映画情報どっとこむ ralph さらに、キャストには内緒のコーナーへ。
なんと、月川監督から「響」卒業証書を授与することに。
月川監督:平手さんの妥協を許さないと言う姿勢。その緊張感の中、僕のモノづくりの姿勢も正された感じ。響のキャラと平手友梨奈と出会ったからで、それがまさに作品の精神そのものになりました。妥協のない作品になりました。

最後に・・・
平手さん:『響 -HIBIKI-』を見て響の事を好きになってくれたら凄く嬉しいなと思います。今日はありがとうございました。

と、舞台挨拶を締めました。

映画情報どっとこむ ralph 『響 -HIBIKI-』
2019年3月6日(水) Blu-ray&DVD発売、レンタル同時開始

Blu-ray豪華版:¥7,800+税
DVD豪華版:¥6,800+税
DVD通常版¥3,800+税



発売元:小学館/販売元:東宝
(C)2018 「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館
   
***********************************



平手友梨奈 初挑戦映画『響 -HIBIKI-』ビジュアルコメンタリー特典映像を一部公開


映画情報どっとこむ ralph 大人気アイドルグループ・欅坂46で圧倒的な存在感を放つ平手友梨奈が、映画初出演にして初主演を務めた映画『響 -HIBIKI-』。

平手が「第42回日本アカデミー賞」をはじめ、数々の映画賞で新人賞を受賞するなど、公開後も話題を呼んだ衝撃作のBlu-ray&DVDが2019年3月6日(水)に発売となります。
原作は、2017年のマンガ大賞で大賞を受賞した、柳本光晴による大人気コミック。
類稀な才能を持つ”天才”女子高生小説家・鮎喰響が、世間や慣習に囚われた建前をかざす大人たちの常識をぶち壊し、さらに人々を変えていく痛快ドラマが描かれます。
また本作の主題歌で、いまだCD化も配信もされていない平手友梨奈による幻のソロ曲「角を曲がる」も必聴です。

豪華版の特典ディスクには、平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督によるビジュアルコメンタリーやキャスト陣の素顔が垣間見えるメイキング映像など、ここでしか見ることのできない貴重な映像が満載。
平手と月川監督が主題歌に込められた思いを語ったスペシャル対談や未公開写真満載の撮影日誌などを含むブックレットも封入。ファン必携の豪華特典となっております。

★この度、豪華版の特典ディスクに収録される、平手友梨奈とアヤカ・ウィルソンが初挑戦したビジュアルコメンタリーの中から、月川翔監督との撮影中のエピソードや平手が劇中で初めて着用したというゴスロリ衣裳の秘話について語る貴重な映像を一部公開!



映画情報どっとこむ ralph 『響 -HIBIKI-』
2019年3月6日(水) Blu-ray&DVD発売、レンタル同時開始

Blu-ray豪華版:¥7,800+税
DVD豪華版:¥6,800+税
DVD通常版¥3,800+税



発売元:小学館/販売元:東宝
(C)2018 「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

***********************************

   


平手友梨奈初主演『響 -HIBIKI-』特典ビジュアルコメンタリー収録レポート到着!


映画情報どっとこむ ralph 大人気アイドルグループ・欅坂46で圧倒的な存在感を放つ平手友梨奈が、映画初出演にして初主演を務めた映画『響 –HIBIKI-』。

平手が「第31回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」で新人賞を受賞するなど、公開後も話題を呼んだ衝撃作のBlu-ray&DVD が2019年3月6日(水)に発売となります。

原作は、2017年のマンガ大賞で大賞を受賞した、柳本光晴による大人気コミック。類稀な才能を持つ”天才”女子高生小説家・鮎喰 響が、世間や慣習に囚われた建前をかざす大人たちの常識をぶち壊し、さらに人々を変えていく痛快ドラマが描かれます。また本作の主題歌で、いまだCD化も配信もされていない平手友梨奈による幻のソロ曲「角を曲がる」も必聴です。 Blu-ray豪華版の特典ディスクには、平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督によるビジュアルコメンタリーやキャスト陣の素顔が 垣間見えるメイキング映像など、ここでしか見ることのできない貴重な映像が満載。平手と月川監督が映画公開から 3 ヶ月が経過した タイミングで行った、そこでこそ披露されたエピソードも含む新録対談などを収録したブックレットも封入されるなど、ファン必携の豪華特典と なっております。

そして先日、平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督が、『響 -HIBIKI-』の本編を観ながらしゃべりたおすビジュアルコメンタリーの収録が行われました。
映画情報どっとこむ ralph 先日、2019 年 3 月 6 日(水)にリリースとなる映画『響 –HIBIKI-』 Blu-ray&DVD豪華版の特典となるビジュアルコメンタリーの収録が行われ、 平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督の 3 人が本編を見ながら、 撮影当時のエピソードや本作への想いを熱弁。平手とアヤカは初となるビジュ アルコメンタリーの収録に挑戦し、それぞれの『響 –HIBIKI-』との出会いと 作品への愛を語り尽くした。

約3ヶ月ぶりの再会を果たした 3人がテレビ前に座り、ビジュアルコメンタリ ーがスタート。
月川監督が劇場公開されてからの周りの反応について聞くと、

平手さん:歌番組に出させていただいた時に、久しぶりに会う方に『響 –HIBIKI-』のことで声をかけられることが多くて、欅坂46のメンバーからも『見たよー』ってLINEがきました(笑)

とコメント。一方の

アヤカさん:前にやった作品から時間が経っていたので、お久しぶりといった感覚で話題に挙げて もらいました。あと、(平手と)一緒に共演したんだね、羨ましいと言われまし たね(笑)。(それに対しては)『かっこよかったよ、相変わらず!』って返し ていました。

と振り返った。

響が自転車で買い物に行くシーンでは、

月川監督:(平手は)自転車の練習をしましたね。

と撮影を振り返る。

平手さん:ずっと自転 車に乗っていなくて、乗る感覚を忘れていて(笑)。全然乗れなかった。

と当時の苦労について語ると、

アヤカさん:ブレーキがかからなくて、 スタッフさんが(平手を)追いかけていた記憶がある(笑)

と明かし、撮影中の思い出話に華を咲かせた。

クライマックスシーンで本作のクランクアップを振り返ると、

月川監督:平手さんが号泣してね。まだ響でいたいって。

と語ると、

平手さん:泣いちゃった(笑)

と正直にコメント。しかし、すかさず

平手さん:言い訳していい?まずプロデューサーが号泣したの。で、俳優周りのスタッフさんも 号泣してて、びっくりしたの。

と弁明する可愛らしい一面も。

本編もエンドロールに差し掛かると、

平手さん:(『響 -HIBIKI-』は)いい出会いをさせてもらった現場だなと思います。ずっと今までは 欅坂 46 という世界にいたけど、その一歩外に出ることが初めてだったから、すごい勇気もいるし色々悩んだけど、やってよかったなって思える作品です。

としみじみ。

アヤカさん:再びスタートする作品がこの『響 –HIBIKI』で良かったと思います。ストーリーもそうだし、現場もそうだし、 学ぶことも思い出すこともいっぱいあって、これをきっかけにまた女優を続けたいと思えました。

と本作が自身に与えた影響を語った。

ビジュアルコメンタリーの収録を終え、感想を聞かれると、

平手さん:『響 -HIBIKI-』が公開されてから久しぶりに本編をみたので、新鮮な 気持ちでみることができました。久しぶりに2人に会えて良かったです。

と笑顔。

アヤカさん:楽しかったです。あっという間でした。意外と聞いていなかった話が聞けて良かったです。

と収録を振り返った。そんな2人を見て、

月川監督:家でくつろぎながら映画を見て、思い出話に浸って いるといった感覚でした。当時2人(平手とアヤカ)がどんなことを考えていたのか、聞けて楽しかったです。

と目を細めた。

3月6日(水)の Blu-ray&DVD 発売に向けて、

平手さん:(豪華版は)3 枚入っていると聞いて、盛りだくさんだと思うので、『響 -HIBIKI』にちょっとでも興味をもった方は、見ていただけたら、より面白いんじゃないかなと思います。

とコメント。

アヤカさん:コメンタリーでは 意外と取材で話していない話もあったので、そういった意味でも色々な視点からまた見れると思うので、何度も見ていただけたらいいかなと思 います。

とアピール。そして

月川監督:映画を見た人も、もちろん映画館で見逃した人にも見てもらいたいですし、細かいところまで行き届 いた映画が作れたかなと思うので、何度でも見直してご覧いただけたらなと思います。

と締めくくった。

このビジュアルコメンタリーは、はほんの一部。3月6日(水)に発売となる映画『響 –HIBIKI-』のBlu-ray&DVD豪華版に収録されます。

映画情報どっとこむ ralph 『響 –HIBIKI-』
Blu-ray&DVD 2019年3月6日(水)発売
Blu-ray 豪華版 ¥7,800+税
DVD 豪華版 ¥6,800+税
通常版 ¥3,800+税


<Blu-ray&DVD 豪華版 共通特典>

【特典ディスク①】
本編ビジュアルコメンタリー 平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督が、 「響 -HIBIKI-」を観ながらしゃべりたおすビジュアルコメンタリー!

【特典ディスク②】
・メイキングドキュメンタリー 平手友梨奈 映画初出演にして初主演作「響 -HIBIKI-」の撮影現場に密着。 怒涛の撮影の様子や貴重なオフの表情、キャスト&スタッフのインタビューなどで紡ぐドキュメント。
・完成披露舞台挨拶 (出演:平手友梨奈、北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、北村有起哉、野間口徹、月川翔監督)
・公開直前イベント 学生限定試写会 (出演:平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、板垣瑞生、笠松将)
・初日舞台挨拶 (出演:平手友梨奈、北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、北村有起哉、板垣瑞生、月川翔監督)

【本編ディスク】
・劇場予告編集 (特報、予告、予告「世界を変える」篇、予告「対大人」篇、コメント入り予告第1弾、コメント入り予告第2弾) ❐TVCM

【封入特典】
・特製ブックレット

発売元:小学館
販売元:東宝
© 2018 映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 © 柳本光晴/小学館

***********************************

   


平手友梨奈が映画「響-HIBIKI-」ビジュアルコメンタリーに初挑戦!コメント映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 大人気アイドルグループ・欅坂46で圧倒的な存在感を放つ平手友梨奈が、初出演にして初主演を務めた映画「響-HIBIKI-」のBlu-ray&DVDが、2019年3月6日(水)に発売決定しました!

原作は、2017年のマンガ大賞で大賞を受賞した、柳本光晴による大人気コミック。

類稀な才能を持つ”天才”女子高生小説家・鮎喰響が、世間や慣習に囚われた建前をかざす大人たちの常識をぶち壊し、さらに人々を変えていく痛快ドラマが描かれる。可愛らしさと危うさが同居する難しいキャラクターを演じて

平手さん:映画に出るのは絶対に無理だと思ったけど、原作を読んで、(主人公の)響の生き様を届けたいと思い、出演を決めました。(Blu-ray&DVD豪華版は)ディスクが3枚入っていて、盛りだくさんだと思うので、『響–HIBIKI-』にちょっとでも興味をもった方は、見ていただけたら、より面白いんじゃないかなと思います。
とコメントを寄せた。

映画情報どっとこむ ralph 主題歌はいまだCD化も配信もされていない幻の話題曲!
平手友梨奈によるソロ曲「角を曲がる」!
さらに、平手友梨奈自身がソロで歌う主題歌「角を曲がる」にも注目。
この楽曲は、映画公開前には一切情報が出されず、公開と同時に映画を見たファンから驚きの声が上がり、瞬く間にSNSなどで拡散し話題となった。いまだCD化も配信もされていない、映画『響-HIBIKI-』のためだけに平手が歌ったこの楽曲も、作品に深みを与える一翼を担っていると言えるだろう。

豪華版には、平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督によるビジュアルコメンタリー、キャスト陣の秘蔵映像が収録された特典ディスクを2枚封入!さらにオフショット満載の特製ブックレットなど、ファン必見・必聴の豪華特典付き!発売されるBlu-ray&DVD豪華版は、前述のとおり本編に加え2枚の特典ディスクも封入される。その中でも、平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督によるビジュアルコメンタリーはまさに必見。ビジュアルコメンタリーに初挑戦、かつ映画公開後に集まったのはこの収録時が初めてということもあり、これまで明かしてこなかった秘話も披露している。また、平手が響というキャラクターに真正面から向かい合い、作り上げられた本作の制作に密着し、さらには平手だけでなく北川景子や小栗旬ら豪華キャスト陣の素顔が垣間見えるメイキングドキュメント、完成披露舞台挨拶や初日舞台挨拶をはじめとするイベント映像など、ここでしか見ることのできない貴重な映像が満載!
映画情報どっとこむ ralph さらに、平手と月川監督が映画公開から3ヶ月が経過したタイミングで行った、そこでこそ披露されたエピソードも含む新録対談などを収録したブックレットも封入されるなど、ファン必携の豪華特典となっている。

平手友梨奈、アヤカ・ウィルソンによるコメント映像:


映画情報どっとこむ ralph 響-HIBIKI-Blu-ray豪華版SBR29059D¥7,800+税
本編ディスク(Blu-ray)カラー/本編106分+特典/2層(BD50G)/16:9スコープサイズ音声:①日本語5.1chDTS-HDMasterAudio②日本語2.0chDTS-HDMasterAudio③バリアフリー日本語音声ガイド2.0chDTS-HDMasterAudio字幕:①バリアフリー日本語字幕
特典ディスク①、②(DVD)カラー/分数未定/2層/16:9LB音声:①日本語2.0chドルビーデジタル

響-HIBIKI-DVD豪華版SDV29060D¥6,800+税
本編ディスク(DVD)カラー/本編106分+特典/片面2層/16:9LBスコープサイズ音声:①日本語5.1chドルビーデジタル②日本語2.0chドルビーデジタル③バリアフリー日本語音声ガイド2.0chドルビーデジタル字幕:①バリアフリー日本語字幕特典ディスク①、②(DVD)※Blu-ray豪華版と共通

<Blu-ray&DVD豪華版共通特典>
【特典ディスク①】❐本編ビジュアルコメンタリー平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督が、「響-HIBIKI-」を観ながらしゃべりたおすビジュアルコメンタリー!【特典ディスク②】❐メイキングドキュメンタリー平手友梨奈映画初出演にして初主演作「響-HIBIKI-」の撮影現場に密着。怒涛の撮影の様子や貴重なオフの表情、キャスト&スタッフのインタビューなどで紡ぐドキュメント。❐完成披露舞台挨拶(出演:平手友梨奈、北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、北村有起哉、野間口徹、月川翔監督)❐公開直前イベント学生限定試写会(出演:平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、板垣瑞生、笠松将)❐初日舞台挨拶(出演:平手友梨奈、北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、北村有起哉、板垣瑞生、月川翔監督)
【本編ディスク】❐劇場予告編集(特報、予告、予告「世界を変える」篇、予告「対大人」篇、コメント入り予告第1弾、コメント入り予告第2弾)❐TVCM
【封入特典】❐特製ブックレット

【ストーリー】
文芸誌「木蓮」の新人賞宛に届けられた、一作の小説「お伽の庭」。偶然その原稿を手に取った編集者・花井ふみは、その才能に驚愕する。小説を書いたのは、女子高生の鮎喰響。ふみは、すぐさま響にコンタクトを試みる。しかし、響のその型破りな言動は周囲の人間に波紋を呼び始める。響は、自分の信じる生き方を絶対曲げず、世間の常識と慣習に囚われた建前をかざす人々の誤魔化しを許すことができない、そんな人間だった。そんな中でも、彼女は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、さまざまな人間が計り知れない影響を与え、彼らの価値観すら変え始める。ある日、響の「お伽の庭」が、日本を代表する文学賞である芥川賞・直木賞にダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展。一躍時の人となった響。果たして、賞の行方は?そして、彼女の行く末は―!?

***********************************


【キャスト】
平手友梨奈、北川景子、アヤカ・ウィルソン、小栗旬、柳楽優弥、高嶋政伸、野間口徹、板垣瑞生、吉田栄作
【スタッフ】
原作:柳本光晴「響~小説家になる方法~」(小学館「ビッグコミックスぺリオール」連載中)
監督:月川翔
脚本:西田征史
音楽:伊藤ゴロー
主題歌:平手友梨奈「角を曲がる」
©2018「響-HIBIKI-」製作委員会©柳本光晴/小学館発売元:小学館販売元:東宝


『響 -HIBIKI-』に小栗旬出演決定!平手友梨奈と演技でぶつかり合う!コメントも!


映画情報どっとこむ ralph 「マンガ大賞2017」の大賞を受賞「響~小説家になる方法~」。
実写化には映画会社・テレビ局など10社が名乗りをあげ、争奪戦となった末に東宝が権利を獲得。主人公である15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響を演じるのは、欅坂46の不動のセンターとして活躍し、今作が映画初出演、そして初主演となる平手友梨奈さんを抜擢したことでも話題となりました。

そしてこの度、芥川賞を目指す小説家・山本春平役として小栗旬さんの出演が決定!
芥川賞候補に3度ノミネートされながらも受賞を逃し、経済的に苦しい生活を強いられながらも4度目のノミネートに執念を燃やす小説家の役どころ。小説への情熱、そして家族からの想いを背負い、鬼気迫りながら執筆をする姿、そして、突如として文学界に現れた天才女子高生小説家・響と対峙する姿を見事に演じています。

小栗旬さんからのコメント

小栗さん:演じた山本は個人的に背負っている思いが沢山あり、相当の情熱を捧げて小説を書いている人なので、それが崩れてしまったら、辛く悲しい人というイメージでした。この作品は、自分たちも生きながら感じている「本当はこうしたいのに、こうしてはいけないよな」ということに関して背中を押してくれると思います。今回初めて共演した平手さんは、響という役柄があると思いますが、思っていたよりも、すごく“普通”な感じがしました。色々なものを背負いながら頑張っている方だと思うので、それが響という役にマッチして、肝の据わっている10代だなと思いました。また、月川組の雰囲気は『君の膵臓をたべたい』の時とあまり変わらず、皆が監督のために何かしようとか、監督を盛り上げようというムードが漂っていて素敵な現場だと思いました。

映画情報どっとこむ ralph 平手友梨奈さんからのコメントが届いています。

平手さん:クランクイン前は、初めての映画ということで、「無事に終われるか」という不安もありました。でも、共演者やスタッフの方が"鮎喰響”として接してくれたこともあり、お芝居をしているという感覚があまりなく、普通でいられました。響という役の性格や行動に共感する部分はありましたが、演じる上では、身長を小さくしたかったです。誰に聞いても無理だと言われてしまいましたが(笑)小栗さんは撮影の合間に気さくにはなしかけてくださるなど、とても優しい方でした。山本という役を自然体で演じていらっしゃるように感じました。月川監督には、響のセリフについてなど相談することもありました。撮影以外の時間では子供のような一面もお持ちでした(笑)この作品を観て、どう感じるかは人それぞれになると思いますが、小学生から大人まで多くの方に楽しんでいただける作品になったと思います。

月川監督コメント

今回の映画は主人公の響を誰がどう演じるかが最大の肝だと思っていました。それを16才の平手友梨奈が、初主演で堂々とやり遂げてくれた。響役に期待していた最高到達点に辿り着いてくれました。いざ始まってみると、平手友梨奈は響で居ることのほうが自然体に見えるほどで、驚きの速度で成長し、あっという間に魅了されてしまった。現場で僕に迷いが生じたときにも、響ならきっとこうする、とアイデアを提案してきてくれたり。たくさん救ってもらいました。クランクアップの日、別れ際にポツリと「…まだ響でいたい」とつぶやく平手さんをみて、この時期にしか撮れない大切な瞬間を映画に残せたんだなぁという感慨が湧き、胸がいっぱいになりました。
そして小栗旬は。言うまでもなく最も信頼している俳優です。台本を送って数日もしないうちに電話をもらい、スケジュールも分からない段階でまず「やりたい」と言ってくれたこと。飛び上がるほど嬉しかった。そして期待通り今回も作品のクオリティを引き上げてくれました。

映画情報どっとこむ ralph なお、4月下旬から始まった撮影は6月1日にクランクアップ!

映画の現場に初めての参加となった平手は、監督やスタッフ、共演者と密にコミュニケーションを取り、積極的に意見を出しながら「鮎喰響」を作り上げていきました。撮影終了時に「寂しい」と話し、感無量のクランクアップを迎えました。

超人気原作に、話題のキャスト・スタッフが勢ぞろいした映画『響 -HIBIKI-』。

ヒロインの圧倒的な才能を軸に、周囲の人々の心の葛藤を描いた人間ドラマが交錯する。
予測不可能。前代未聞。観た後にあなたの価値観を変える新たな「衝撃作」が2018年9月14日(金)に誕生します!

2018年9月14日(金)全国東宝系にて公開!

物語・・・
スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。

そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』。

15歳の彼女の小説は、圧倒的で絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を及ぼす力を持っていた。

響は、普通じゃない。
彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。
世間の常識と慣習に囚われた、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。
響がとる行動は過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変えていく―。

Cast
●鮎喰 響(あくい・ひびき)・・・平手 友梨奈
圧倒的な文才を持った現役女子高生。絶対に“曲げない”性格で、自分の信念と反する相手には手を出すことも。

●花井 ふみ(はない・ふみ)・・・北川 景子
響が作品を送った出版社の文芸編集部に勤務する入社3年目の若手女性編集者。

●祖父江 凛夏(そぶえ・りか)・・・アヤカ・ウィルソン
日本を代表する小説家の父を持ち、自身も小説家を志す文芸部の部長
          
●神田 正則(かんだ・まさのり)・・・高嶋 政伸
響が作品を送った出版社の文芸誌・編集長

●田中 康平(たなか・こうへい)・・・柳楽 優弥
小説家兼フリーター。

●矢野 浩明(やの・ひろあき)・・・野間口 徹
鮎喰響の正体を暴こうとする雑誌記者。

●藤野 弘(ふじの・ひろし)・・・小松 和重
山本の担当編集者

●椿 涼太郎(つばき・りょうたろう)・・・板垣 瑞生
響の幼馴染。

●大坪 正人(おおつぼ・まさと)・・・黒田 大輔
編集者。花井ふみの先輩。
●山本 春平(やまもと・しゅんぺい)・・・小栗 旬
芥川賞を目指す小説家。

***********************************


平手友梨奈、
北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、小松和重、黒田大輔、板垣瑞生

監督」:月川翔、
脚本:西田征史

配給:東宝(株)
撮影期間:2018年4月下旬~6月1日(都内近郊)
Ⓒ2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 Ⓒ柳本光晴/小学館