「アミール・ナデリ監督」タグアーカイブ

塚本晋也監督 映画「斬、」ひっさげ外国特派員協会記者会見


映画情報どっとこむ ralph この度、11月24日(土)より塚本晋也最新作『斬、』がユーロスペースほか全国公開となります。第75回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門にアジアで唯一選出され、その後トロント国際映画祭、釜山国際映画祭など名だたる映画祭に出品し、第51回シッチェス・カタロニア国際映画祭では最優秀音楽賞も受賞しました。

塚本晋也監督が、世界を席巻した本作をひっさげて、外国特派員協会にて行われた記者会見に登壇しました。


『斬、』外国特派員協会試写会&記者会見
日時:11月7日(水)
登壇:塚本晋也
会場:公益社団法人 日本外国特派員協会 (FCCJ)

映画情報どっとこむ ralph A:様々な解釈の余地がある作品だと思いました。色々なシーンで暴力と性を関連付けていると思いましたが、いかがでしょうか?

塚本監督:暴力と性的なことを理屈で結び付けて考えてはいなかったのですが、準備段階で用意していた脚本は、それ以前に用意していた脚本に比べると何かが足りないと思ったんです。「刀を過剰に見つめる一人の若い浪人」という大元の考えは変わらず、それはそれで面白いと思えるものだったのですが。 何が違うかと言いますと、それ以前に書いた荒削りでシンプルな脚本には悶々としたエロティシズムがあったんですね。人を斬ることと性的なことを結びつけるのは少し不謹慎かとも思いましたが、くっつけて書かないと嘘になるとも思いました。人を斬れないジレンマにエロティシズムは近いという感触があり必要だと思いました。そこで前の脚本に戻りまして、それが今回の映画になっています。

A:殺陣のシーンなど立派な時代劇と感じたのですが、何箇所か描かれていない戦いのシーンがあったと思います。それは意図的ですか?

塚本監督:蒼井優さん演じる農家の娘や農村の人たちは、民衆のシンボルとして描きました。話がまばらになりますが、太平洋戦争のときに実際には勝っていたわけではないのに「いま日本が勝っている」と、ニュースが流れると「万歳!」とみんな喜びました。民衆の人たちは戦場でどんなにひどいことが起きているか想像ができていなかったからです。実際は、未来のある若い人たちが肉体と精神を無残な形で壊しているのに。もし日本が勝っていたとしても、今度は相手国の若い兵士の顔がぐちゃぐちゃになっているわけですが、平気で喜べてしまう。本当に恐ろしいことは、目の前で実際に起こるまでイメージがつかめないということを表したかった。なので、最初の方はわざと戦いのシーンを少ししか入れていません。少しとはいえ、ひりつくリアリティを感じ始めてもらうようにしていますが。劇中で、村人たちは、イメージが掴めていないから強面の外来者に対して「やっつけてくれ」と言える。戦争の痛みを知らない人たちが増えて、暴力のイメージがつかめないゆえに隣人を必要以上に憎しむ気持ちを募らせて戦争へと突き進んでいく、今の世の中の危機感を表さなくてはと思って描きました。だんだんと痛みがわかるシーンを入れ、皆が暴力とはこれなのかと、気づいてゆきます。

A:初めて時代劇でしたが、塚本監督らしい作品になっていたと思います。何をもって「塚本映画」とすると思いますか?

塚本監督:自分では難しいです。時代劇に関していうと好きな作品がいっぱいあり尊敬の気持ちがあります。本作は様式的な美学の時代劇ではなく、今の池松さんみたいな若い人たちがそのまま江戸時代に行ってしまったような生々しい時代劇にしたかった。中学生の時に観た市川崑監督の『股旅』という作品で時代劇の洗礼を受けたものですから。時代劇なのに70年代の若者がそのまま昔の世界にいるような作品で、自分もいつか時代劇を作るなら、そういう感じのものにしたいと思っていました。ですから、予定調和なものにしてはいけないと思っていましたが、ただ、奇をてらってもいけないと思いました。時代劇なのに殺陣のシーンがないとか、ゴジラ映画なのにゴジラが出ないとか(笑)ルーティンは必要だしお客さんも観たいと思います。でも、殺陣シーンという典型の見せ場に向かう過程に典型じゃない物語、自分のテーマを置きました。予定調和でないので、見慣れないため居心地が悪い状態になる。それが自分にとって大事なことでした。この居心地の悪さは何なんだろうと、観終わった後にお客さんには考えてもらいたいです。


イランの名匠アミール・ナデリ監督からの質問。
A:私は今日で観るのは2回目です。俳優としても監督としても素晴らしい作品です。いつも女性のキャラクターや女優の扱いが新鮮で、他のどの日本人監督とも違うと思っていますが、いかがですか?またサウンドが特徴的ですね。音響についても教えてください。

塚本監督:女性の登場人物への演出の方法は作品によって違います。基本的にあるのは女性の素晴らしさにひれ伏している気持ちです。女優さんへの敬意や尊敬はいつもあります。俳優の経験がない人に出ていただくときは、その存在感に敬意を表したうえで映画的に指導することもありますが、蒼井さんのようにすでに素晴らしい活躍をされている方には、ストーリーをお渡しして委ねました。蒼井さんは、普段は一本筋が通るようになるまで読み込んで芝居をされるそうですが、今回はプロットを読んでも筋が通らなかったらしいです(笑)それなら様々な表情を出そうと決めたということで、そのプランもまた素晴らしかった。15歳ぐらいの少女から28歳ぐらいの女性まで、色々な表情を出してくれていてあらためて素晴らしい女優さんだと思いました。
効果音については、自分にとっては映像と音は同じくらい大事で、観客が客観的に物語だけを観るのではなく、映像体験をしてもらいたいと思っているので、音はとても大切に考えています。『斬、』は、自然の音と刀の存在感を大事にしてもらいました。刀を簡単に振り回せるようなものでなく、重いものであると感じでもらえるような音作りしていただきました。音楽は『鉄男』から30年間ご一緒した石川忠さんに撮影の前に依頼していたのですが、編集中に亡くなってしまいました。他の方に頼むことは考えられなかったので、鎮魂の気持ちを込めて、石川さんがこれまで僕の作品のために作った全部の曲を聴いて、編集に乗せていきました。さらに石川さんの奥さんに依頼して、未使用の全音源も聞かせて頂きました。まるで石川さんと会話しているように、今までの作品を振り返ったりしながら、全ての音を聞いてコラボレーションしていった感じです。

A:ここ10年ぐらいの日本映画の中で、最良の一本と言える作品です。時代劇というジャンルに引き続き挑戦していきますか?

塚本監督:『斬、』は20年前に「一本の刀を過剰に見つめる浪人」の話というのを思いついて、その時にはパート2のことも言っていました。パート2では池松さんが演じる杢之進がどんな人物になっているのか。最後には池松さんが座頭市と戦うということまで考えていました(笑)。幕末を舞台にした映画はヒットしないというジンクスもあるそうですが、興味があるのでやってみたいという気持ちは少しあります。坂本龍馬を布袋寅泰さんが演じて、背の高い布袋さんが寸足らずの着物をまとい、皮靴をはいて銃を持って、というイメージです。新選組は本当はやんちゃな子供の集団だったらしいので、暴走族のようにして、幕末を駆け巡る。言っているだけでウキウキしてきます。制作しないと思いますが、言霊ということもあると思いますので一応言っておきます。

映画情報どっとこむ ralph 『斬、』

物語・・・
太平の世が揺らぎはじめた幕末。人を斬ることに苦悩する一人の侍。生と暴力の本質を問う。
250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期。貧窮して藩を離れ、農村で手伝いをしている浪人の杢之進(池松壮亮)は、隣人のゆう(蒼井優)やその弟・市助(前田隆成)たちと、迫り来る時代の変革を感じつつも穏やかに暮らしていた。ある日、剣の達人である澤村(塚本晋也)が現れ、杢之進の腕を見込んで京都の動乱に参戦しようと誘いをかける。旅立つ日が近づくなか、無頼者(中村達也)たちが村に流れてくる・・・・。時代の波に翻弄されながらも、人を斬ることに疑問をもつ侍と彼に関わる人々を通して、生と暴力の問題に迫る。観る者の心に刃(ヤイバ)を突きつける衝撃作。


世界中に熱狂的なファンを持つ塚本晋也が挑む初の時代劇
『鉄男』、『六月の蛇』など、海外からも高い評価を受ける塚本晋也が、戦争の恐怖をあぶり出した『野火』を経て、さらに時代を遡り初の時代劇に挑んだ。監督、出演、脚本、撮影、編集、製作を務めた完全オリジナルで、その唯一無二の世界観を爆発させた。

日本映画界を牽引する実力派の共演 池松壮亮×蒼井優
武士としての本分を果たしたいと思いながらも、刀を抜くことに悩み苦しむ侍を渾身の力で演じたのは池松壮亮。『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』や、『万引き家族』など話題作への出演が続いている。農家の娘を演じるのは『彼女がその名を知らない鳥たち』や山田洋次監督作品で活躍し、日本アカデミー賞に4度輝いた蒼井優。不穏な時代に精一杯生きる娘を凛とした美しさで体現。共に本作で初めて敬愛する塚本作品への参加を果たした池松と蒼井の演技合戦は圧巻だ。

***********************************


監督、脚本、撮影、編集、製作:塚本晋也

出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本晋也
2018年/日本/80分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー 製作:海獣シアター/配給:新日本映画社 
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER 【公式サイト】zan-movie.com


アミール・ナデリ監督×坪田義史監督『シェル・コレクター』トークイベント


「坪田監督はこれからの日本映画界を担う新星!」ナデリ監督が太鼓判!

******************

日米合作、リリー・フランキー15年ぶりの単独主演最新作『シェル・コレクター』の公開を記念して、坪田義史監督、本作のプロデューサーであるエリック・ニアリ、そしてそのニアリがプロデュースした西島秀俊主演映画『CUT』の監督であるアミール・ナデリがトークイベントに登壇。


自身も熱狂的な映画マニアであるアミール・ナデリが同じく映画狂の西島秀俊を主演に据え、日本で撮り上げた『CUT』と、同じく映画マニアで知られるリリー・フランキー、寺島しのぶ、池松壮亮、橋本愛が出演し、米原作を日本で舞台に置きかえた『シェル・コレクター』。商業作品に媚びない作品を手がけてきた監督同士の映画トークに花が咲きました。
シェルコレクター
日程:3月6日(日)
場所:テアトル新宿
登壇者:坪田義史監督、エリック・ニアリ(プロデューサー)、アミール・ナデリ監督(『CUT』)

★ラッシュ段階で見てナデリ監督が衝撃を受けた映画『シェル・コレクター』

ナデリ:エリックさんは私の前作『CUT』や新作「Monte(原題)」のプロデューサーで、彼は鋭くもあり優しい意見をいつもシェアしてくれるのです。そういった関係性もあって、はじめに彼は僕に坪田監督の8ミリ作品と『シェル・コレクター』を編集段階で見せてくれました。

エリック:坪田監督の8ミリ作品『でかいメガネ』をナデリ監督に見せたらとても気に入ってくださって、「『シェル・コレクター』で私にできることがあれば是非!」とおっしゃってくださったのです。そして(昨年の)夏に編集段階で映画を見せて貴重なアドバイスをたくさんいただきました。今日完成したものをよくやく見てもらうことができました。

坪田:NYで編集していたのですが、ある日を境にエリックさんの意見がとても論理的になったんです。「これは裏に誰かいる!」と思ったら、それがナデリ監督でした。

ナデリ:日本映画を20年教えてきていて、常に新しい才能を探していますが、坪田監督は久しぶりに現れた新星だと感じています。監督はみな他の作品から影響を受けていることが多いと思いますが、坪田監督の作品は自分自身の経験や内から湧き上がってきたものが描かれていると思います。それはとても大切なことです。海や水、その関係性、そこにいる魚や貝類の描き方が、自分でもこう撮るだろうと思うものに近く、関わりたいと思うようになりました。
若い監督は自分の言いたいことを言葉や台詞で伝えようとすることが多いと感じますが、彼は違って水や水中、空気感、雰囲気など、ロケーションで語ろうとしているのが素晴らしいです。

★原作の選択、色彩、キャスティング…オリジナリティあふれる世界にナデリ監督敬服!

ナデリ:なぜこの原作を選び、日本の沖縄を舞台に置き換えてどう映画化しようと思ったのですか。

坪田:2012年に渡米し、異国の地で日本人としてアイデンティティを打ち出せる作品を作りたいと思っていました。震災後だったので、自然と人が対峙する映画を撮りたいと思ったときにアンソニー・ドーアの『シェル・コレクター』が浮かびました。日本人としてのアイデンティティを提示するのに、西洋の文芸作品を日本の情景に脚色してみたかったんです。

ナデリ:私は原作を知らなかったので、日本の話だと思っていました。リリーさんのボディランゲージが日本的だし、海との繋がり方、キャラクターの立ち振る舞いも非常に日本的に感じました。これほど日本のものにしてしまうとは、お見事です! 水彩画を思わせる色使いも日本的で印象的でしたね。

坪田:私は色には過敏な方で、16ミリのフィルムが捉える鮮やかな色にはこだわりました。海の青さだけでなく、植物の緑であったり、(橋本愛演じる)嶌子の着ているドレスの赤など、色はポイントになるように設計しています。

シェル・コレクターイベント
★日本を代表するシネフィル俳優たちがすごい!

ナデリ:日本でいま一番おもしろい役者たちが出演していますね。演出はどうしたのですか?

シェルコレクターポスター坪田:リリーさんはアーティストであり、役者であり、小説家でもあり、とてもボーダーレスに活躍されている方です。今回ファンタジーと現実の境界線上を演じてほしくて、「現実と寓話の狭間」についてリリーさんとよく話し合いました。リアルではなくファンタジーを跨ぐ芝居をしてほしいと。

ナデリ:まさにボディランゲージを通じてそれが綴られていますね。台詞は少ないけれど、掃除をしているだけでも、その立ち振る舞いからどんなことを考えているのかが伝わってきます。情報を役者に与えすぎなかったのではないですか? 伝えすぎることがなかったから、演じる側のイマジネーションが触発されて良い演技を引き出したのではないかと思います。

坪田:(『無伴奏』の)矢崎仁司監督とも話しましたが、池松壮亮さんは日本映画を助けてくれる、映画を豊かなものにしてくれるひとだと思います。作品との関わり方が誠実です。池松さんの存在で、商業とアートをつなぐことができるのだなと思っています。

ナデリ:池松さんは『CUT』を見に来てくれて、その後話をしました。「監督と仕事をしたい」と言ってくださいました。『シェル・コレクター』を観たとき、「彼を知ってる!」と驚きましたね。『CUT』を見たあとに映画について熱く語るその姿から、彼がいかに映画が好きなのかが伝わってきました。この作品では、イノセンスがあって、感じているものが観客に伝わる演技でしたね。

★坪田監督についてナデリ監督から一言!

ナデリ:坪田監督は新しい、素晴らしい、これからの日本映画界を担っていく監督になると思います。間違いなく将来日本を代表する監督になると確信しています!

映画の物語は・・・・
貝の美しさと謎に魅了され、その世界で名を成した盲目の学者は妻子と離れ、沖縄の孤島で厭世的生活を送っていた。
しかし、島に流れ着いた女・いづみの奇病を偶然にも貝の毒で治したために、それを知った人々が貝による奇跡的な治療を求めて次々と島に押し寄せるようになる。その中には息子・光や、同じく奇病を患う娘・嶌子を助けようとする地元の有力者・弓場の姿もあった。

シェル・コレクター

大ヒット上映中!
公式サイト:www.bitters.co.jp/shellcollector

********************************************************************

リリー・フランキー  
池松壮亮 橋本 愛 
普久原明 新垣正弘 / 寺島しのぶ

監督・編集:坪田義史(『美代子阿佐ヶ谷気分』
脚本:澤井香織、坪田義史
原作:アンソニー・ドーア『シェル・コレクター』(新潮クレスト・ブックス刊)

(C)2016 Shell Collector LLC(USA)、『シェル・コレクター』製作委員会
配給:ビターズ・エンド
   


『ある過去の行方』を大胆解説イベント報告


前作『別離』で2011年度アカデミー賞外国語映画賞、ベルリン国際映画祭金熊賞をはじめ90冠以上の映画賞を総なめにしたアスガー・ファルハディ監督の最新作

『ある過去の行方』

が現在、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほかにて全国順次、公開中です。

そして公開中イベントとして、5月3日(土)に新宿シネマカリテにてスペシャルイベントが開催されました!

特別ゲストとして、本作アスガー・ファルハディ監督の大先輩に当たるイラン映画の鬼才、アミール・ナデリ監督を迎え、トークショーを実施しました。

アミール・ナデリ監督「ある過去の行方」
アミール・ナデリ監督は、

71年の映画監督デビュー以来、オリジナル脚本による映画制作を続け、現在はNYを拠点に作品を発表し続けています。日本映画にも造詣が深く、2011年、脚本・監督を務めた、日本映画「CUT」(西島秀俊主演)を発表し、スマッシュヒットを記録したことは、日本の映画ファンの記憶にも新しいところ。

今回は、そんなナデリ監督が久々に日本の映画ファンの前に登場、ファルハディ監督とのエピソードや日本映画への熱いリスペクトを交えつつ、本作『ある過去の行方』の大胆解説を披露してくれました。

2008年の出会い以来、親子ほど歳の離れたナデリ監督に「あなたの作った道を歩いていきたい」と熱烈なリスペクトを寄せている『ある過去の行方』ファルハディ監督。

実はこのイベント前夜にも電話をかけてきて『ある過去の行方』の感想をナデリ監督にせがんだそう。ナデリ監督は、
「まだ本人にも伝えていないんだけど…」

と前置きをしたうえで

「彼は私が教えた以上に、素晴らしい作品を作った。カメラの位置も的確だし、セリフのリズムが素晴らしいので音楽がいらない。セリフの間(ま)が音楽の代わりになっている。そしてイラン人の監督が撮ったとは思えないほど、まるでフランス映画のように演出されていたことにも驚いた。」

「イラン映画は歴史が深く、40年前、僕と僕の仲間が今のイラン映画の始まりを作ったけれど、現在後に続いてくれる彼のような若手がいてくれることが本当にうれしい」

と率直に語りました。

そして今も躍進を続けるイラン映画界について

「イランでは次の世代に自分の知識や経験を全て伝えるが、僕たちの世代に全てを与えてくれたのは日本映画だった」

「ファルハディ監督の世代にまで伝わる、雄弁過ぎないカメラワークや、セリフ回し、観客に解釈をゆだねる演出は、全て日本映画から僕らが学んだものなのです」

と日本映画への飽くなきリスペクトを語ると、会場からは大きな拍手が。

最後に「カァット!!」

と撮影現場さながらの大きな声を残し、この熱いトークイベントは幕となりました。

トーク中、ファルハディ監督への惜しみない賛辞や日本映画へのリスペクトに加え、日本の観客にも厚い信頼を示してくれたナデリ監督は、イベント終了後も、劇場の外でファンの方へのサインや写真撮影に快く応えてくれていました。

ある過去の行方 『ある過去の行方』

Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほかにて全国順次、公開中です。
公式HP:www.thepast-movie.jp

********************************************************************


『ある過去の行方』

ある過去の行方ポスターjpgフランス人の妻マリーと別れて4年。

今はテヘランに住むアーマドが正式な離婚手続きをとるためにパリに戻ってくるが、すでに新しい恋サミールと彼の息子、娘たちと新たな生活をはじめていた。

娘からアーマドに告げられた衝撃的な告白から妻と恋人、その家族の明らかにされなかった真実が、その姿を現し、さらなる疑惑を呼び起こす。

監督・脚本:アスガー・ファルハディ『別離』
出演:
ベレニス・ベジョ『アーティスト』、
タハール・ラヒム『預言者』、
アリ・モッサファ

提供:ハピネット、ドマ、スターサンズ
配給:ドマ、スターサンズ
【2013年/仏・伊/130分/仏語・ペルシャ語/ビスタ/原題:Le Passé 】

© Memento Films Production – France 3 Cinéma – Bim Distribuzione – Alvy Distribution – CN3 Productions 2013