「アマンダ」タグアーカイブ

「アマンダ(原題)」第31回東京国際映画祭コンペ最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞W受賞!


映画情報どっとこむ ralph この度、第31回東京国際映画祭のコンペティション部門出品作品「アマンダ(原題)」が、最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞のW受賞という快挙を成し遂げました!!


審査委員長 ブリランテ・メンドーサ監督 コメント
本作は、一見シンプルに見えるものの決して単純な作品ではなく、私たちの心をとても強く惹きつけ、複雑な人間の感情を映画として体験させてくれる素晴らしい作品だ。

ミカエル・アース監督 動画コメント
受賞に慣れていないのに二つも受賞し、しかもひとつはグランプリと、大変幸せで誇りに思います。一緒に映画祭に参加したプロデューサーのピエール・ギュイヤールとこの賞を受賞した喜びを分かち合います。そしてヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトゥリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレーらの俳優たちとも。観客のみなさんとは、作品上映後に素晴らしい議論が交わせました。地球の反対側くらい離れていても映画が人々を感動させる、これ以上大きなご褒美はありません。みなさんの情熱と寛大さに感謝します。改めてメンドーサ監督、そして素晴らしい審査員のみなさんのご厚意に感謝します。同席できないことが残念ですが、また日本でみなさんと再会して交流し、議論できる日が待ちきれません。

映画情報どっとこむ ralph 美しいパリを舞台に、悲しみから乗り越えようとする青年と少女の心の機微を優しく丁寧に紡いだストーリー、そして全ての人びとの心に寄り添う普遍的なテーマが評価され、見事W受賞へと輝いた。

「アマンダ(原題)」原題:AMANDA

は、来年2019年初夏、シネスイッチ銀座ほか全国公開する。

便利屋業をしているダヴィッドは、パリに出てきたてのレナに出会い、恋に落ちる。しかしその直後、姉の突然の死によって彼の人生は無残に壊れていく。

ダヴィッドはショックと辛さを乗り越え、まだ若い姪っ子アマンダの世話をしながら自分を取り戻していくストーリー。

今年フランスで主演作が3本公開される大注目の若手俳優 ヴァンサン・ラコストを主演に迎え、恋人役には『グッバイ・ゴダール』のステイシー・マーティン、さらにアマンダ役には今作が初の演技経験であるイゾール・ミュルトゥリエが好演している。

映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

©TIFF

***********************************

監督・脚本:ミカエル・アース
共同脚本:モード・アメリーヌ
撮影監督:セバスチアン・ブーフマン
音楽:アントン・サンコー

出演:ヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトゥリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレー、

ジョナタン・コーエン、グレタ・スカッキ 

2018 年/フランス/107 分
配給:ビターズ・エンド


第31回東京国際映画祭の東京グランプリ他各賞の授賞式が行われました!


映画情報どっとこむ ralph EXシアター六本木にて開催されました第31回東京国際映画祭のアワード・セレモニーにて本年の東京グランプリをはじめ各賞が発表となりました!


日付:11月2日
会場:EXシアター六本木

映画情報どっとこむ ralph 第31回東京国際映画祭 受賞作品・受賞者
The 31st Tokyo International Film Festival Award Winners

受賞作品/受賞者 (WINNER) 対象作品 (FILM) 備考 (NOTES)

東京グランプリ/東京都知事賞 Tokyo Grand Prix / The Governor of Tokyo Award 『アマンダ(原題)』 “Amanda” - 賞金 $50,000

審査委員特別賞 Special Jury Prize 『氷の季節』 “Before the Frost” - 賞金 $20,000

最優秀監督賞 Award for Best Director エドアルド・デ・アンジェリス Edoardo De Angelis 『堕ちた希望』 “The Vice of Hope” 賞金 $5,000

最優秀女優賞 Award for Best Actress ピーナ・トゥルコ Pina Turco 『堕ちた希望』 “The Vice of Hope” 賞金 $5,000

最優秀男優賞 Award for Best Actor イェスパー・クリステンセン Jesper Christensen 『氷の季節』 “Before the Frost” 賞金 $5,000

最優秀芸術貢献賞 Award for Best Artistic Contribution 『ホワイト・クロウ(原題)』 “The White Crow” 賞金 $5,000

最優秀脚本賞 Presented by WOWOW Best Screenplay Award by WOWOW 『アマンダ(原題)』 “Amanda” - 賞金 $5,000

観客賞 Audience Award 『半世界』 “Another World” - 賞金 $10,000

アジアの未来 作品賞 Asian Future Best Film Award 『はじめての別れ』 “A First Farewell” - 賞金 $10,000

国際交流基金アジアセンター特別賞 The Spirit of Asia Award by the Japan Foundation Asia Center ホアン・ホアン Huang Huang 『武術の孤児』 “Wushu Orphan” –

日本映画スプラッシュ 作品賞 Japanese Cinema Splash Best Film Award
『鈴木家の嘘』 “Lying to Mom” - 賞金¥1,000,000

日本映画スプラッシュ 監督賞Japanese Cinema SplashBest Director Award
武正晴 Masaharu Take 『銃』 “The Gun”

田中征爾 Seiji Tanaka 『メランコリック』 “Melancholic”

東京ジェムストーン賞 Tokyo Gemstone Award –

Mai Kiryu,木竜麻生、
Lien Binh Phat, リエン・ビン・ファット、
Karelle Tremblay,カレル・トレンブレイ、
Nijiro Murakami, 村上虹郎

映画情報どっとこむ ralph <第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭

主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************



第7回したまちコメディ映画祭in台東「オープニングセレモニー」


今年も始まりました!「第7回したまちコメディ映画祭in台東」

9月12日(金)~16日(火)の期間で開催されています。

13日。浅草公会堂前のオレンジ通りにて恒例人力車&レッドカーペットが行われました。(そちらの模様はこちら

その後、13:00から、その後公会堂内にて、オープニングセレモニーが行われました。

実施日時:9月13日(土)13:00
場所:浅草公会堂
登壇:吉住弘、和泉浩司、内海桂子、友吉鶴心、浅草ジンタ、ポカスカジャン、笠井信輔(フジテレビアナウンサー)、内山勇士監督、齊藤工監督、ニッチェ、関根勤監督、温水洋一、村松利史、酒井敏也、アマンダ、チャーリー・シストヴァリス

したコメオープニングセレモニー
オープニングアクト 
幇間(ほうかん) 伝統のお座敷芸!感動しました!かっぽれかっぽれ!お座敷で飲んでみたいって思わせてくれました。凄い芸です!

1かっぽれ
MCは、いとうせいこうさんと大場しょう太さんで進行です!
いとうせいこう&大場しょう太
吉住弘 台東区長:今日は天気が良くて、大勢の方にお越しいただき、感謝しております。16日まで、浅草並びに上野にも是非お越しください。

和泉浩司 台東区議会議長:ようこそお越しくださいました!映画って本当に良いものですから、ゆっくり見て行って頂きたいと思います。
2実行委員会会長&台頭議会議長
いとうせいこう:いろんな人たちに助けていただき、本日も沢山の方達にお越しいただき本当にありがたいと思っています。
いとうせいこう
台東区観光大使 友吉鶴心さん:毎年、いとうせいこうさんプロデュースで、楽しい映画祭にして頂いてありがとうございます。
4台東区観光大使友吉鶴心
浅草ジンタ:今年、10周年なんですけど、その10周年の内、7回出させて頂いてるんです。今年も盛り上げていきます!
4浅草ジンタ
ポカスカジャン:今回のリスペクトライブは西田敏行さん。今日、一足早く西田敏行さんがいらっしゃっているらしくて…!(会場ざわめき)あ、西田さんのモノマネをさせて頂きます(笑) うふふふ・・・(西田さん風)
6ポカスカジャン
笠井信輔さん:CSフジで「男おばさんL」という番組を軽部アナウンサーと14年間やっているんですが、今回初めてこの「したコメ」に呼んで頂けてとても嬉しいです! 軽部アナは公開録音には戻ってきます。無料のイベントです。ヨロシクお願いします。
7男おばさんL笠井信輔
内山勇士監督:「野良スコ」の監督をしてます内山です。僕自身、浅草はなじみの深い街なので、お呼び頂けて嬉しく思っています。
8野良スコ 内山勇士監督
齊藤工さん:(映画に出演して頂いた)ニッチェお二人とは阿佐ヶ谷で呑んでいまして、阿佐ヶ谷の血の通った温かい雰囲気と浅草の雰囲気は非常に近いなと思います。ちなみ、映画は、昨日完成しました(笑)。明日の上映なので皆さん、ぜひお越しください。
バランサー斎藤工 バランサー斎藤工&ニッちぇ
関根勤さん:開催おめでとうございます。ひょんなことから監督をすることになりまして、映画のジャンルはSFアクションコメディーです!この3名。温水洋一さん、村松利史さん、酒井敏也さんをどうしても主役にしたくて、プロデューサーにお願いして、スケジュール等おさえました。3人の活躍が華々しく、物悲しくて、笑えまる(笑)作品になりました。
騒音関根監督 騒音
チャップリン100周年!と言うことで特別コメディ栄誉賞を授与。受け取りにお孫さんが登場!
チャップリンの血が浅草に降り立ちます!

吉住弘 台東区長から表彰状を授与


チャーリー・シストヴァリス:特別コメディ栄誉賞を授与し本当にありがとうございます!私の祖父は今年で125歳になりますので、ここに来られないのが本当に残念です。ごめんなさい。私の祖父が愛したこの日本という国からこのような賞を頂けて、本当にうれしいです。私の祖父は、極貧の幼少時代を過ごしました。なので人から認められることは本当に大事なこと彼は言っていました。日本でこうやってまた認めて頂けて祖父はきっと喜んでいることだと思います。
チャプリン表彰
いとうせいこう:ラッキーセブンの第7回を迎えられて、とても嬉しいです。今年も最高の笑いをお届けいたしますので、帰りには一杯やっていっていただけると町の方も潤うので、どうぞよろしくお願いします。


「したコメ」は、東京随一の下町(したまち)の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わっていただく、いとうせいこう総合プロデュースのコメディ映画祭。

9月16日(火)、まで開催中です!

(c)2014 「したまちコメディ映画祭in台東」実行委員会
********************************************************************