「アマデウス」タグアーカイブ

サマンサ・バークスに注目!『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞8部門受賞作『アマデウス』に続き、遂に誕生したモーツァルト映画最新作『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』が、12月2日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開の運びとなります。

世界中で親しまれ、数々の名曲を生み出したアマデウス・モーツァルト。

本作は、偉大なる天才音楽家の生誕260年を記念して、アカデミー賞8部門受賞作『アマデウス』(84)以降、満を持して制作された本格的モーツァルト映画となる。1787年、モーツァルトがプラハで「ドン・ジョヴァンニ」を作曲したという史実に想を得て、猟色家ドン・ファンを主人公にしたオペラ創作の背景に、モーツァルト自身を巻き込んだ愛と嫉妬と陰謀の三角関係があったとする独創的な作品です。

そして!

『レ・ミゼラブル』エポニーヌ役に大抜擢!サマンサ・バークスに注目!

モーツァルトの10年来の友人で、彼をプラハに招待するきっかけをつくる重要な役、ヨゼファ・ドゥシェク夫人役を演じたのは『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ役に抜擢され注目を集めたサマンサ・バークス。もともとは歌手としてデビューし、その後、オーディション番組へ出場したのをきっかけに、ミュージカル『キャバレー』や『アラジン』、『レ・ミゼラブル』などに出演し、舞台の場でキャリアを積んできた。そして舞台版『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ役を演じた際に、その演技と歌唱力をプロデューサーのキャメロン・マッキントッシュに絶賛され、映画版『レ・ミゼラブル』への出演も勝ち取ることに。当初、『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ役はテイラー・スウィフトで決定と報じられていたため、大逆転での起用だった。『レ・ミゼラブル』では歌のライブ録音が話題となったが、本作の歌唱シーンでも吹き替え無しで、サマンサ・バークス本人の美しく迫力のある歌声が堪能できる。
特に、「フィガロの結婚」で彼女が披露する、伯爵夫人のアリア“Porgi Amor(愛の神よ)”は、きっと誰もが耳にしたことがある有名なフレーズとなっているので必見だ!

映画情報どっとこむ ralph 本作でサマンサ・バークス演じるヨゼファ・ドゥシェクは、国際的歌手として活躍し、モーツァルトの招聘と『ドン・ジョヴァンニ』の作曲依頼にも大きく関与していたのではないかと推測されている実在の人物だ。プラハ滞在中、ヨゼファのためにモーツァルトが演奏会用アリアを作曲するなど、ふたりの関係があまりにも親密だったため、ある高名な研究者が20年ほど前にモーツァルトとヨゼファの不倫説を発表し、ちょっとした話題になった。現在では、その可能性は否定されているものの、ふたりの不倫説は本作のプロットにも少なからず影響をあたえている。

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード
原題:Interlude in Prague

は12月2日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。

Mozart-movie.jp

STORY
1787年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手のスザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、その天才ぶりに引き付けられずにはいられなかった。急速にその距離を縮める二人。しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを狙っていた。三人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に引き込まれてゆく―

***********************************

監督:ジョン・スティーブンソン
出演:アナイリン・バーナード、モーフィッド・クラーク、ジェームズ・ピュアフォイ、サマンサ・バークス

2016年/UK・チェコ/103分/カラー/シネマスコープ/5.1ch
© TRIO IN PRAGUE 2016
配給:熱帯美術館 提供:熱帯美術館/ミッドシップ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

三ツ矢雄二「これでもう思い残すことはない」アマデウス特別試写会で


映画情報どっとこむ ralph 天才音楽家・モーツァルトの生涯をドラマティックに描き、第57回アカデミー賞で8部門を受賞した映画 『アマデウス』(日本公開1985年)。

この度、テレビ朝日の「日曜洋画劇場」で30年前に初放送された日本語吹替版を初めて収録した『【初回限定生産】アマデウス 日本語吹替音声追加収録版ブルーレイ』の発売を記念した特別試写会がスペースSF汐留で開催されました。

1019-%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%83%87%e3%82%a6%e3%82%b9%e7%89%b9%e5%88%a5%e8%a9%a6%e5%86%99%e4%bc%9a%e4%b8%89%e3%83%84%e7%9f%a2%e9%9b%84%e4%ba%8c
『【初回限定生産】アマデウス 日本語吹替音声追加収録版ブルーレイ』の発売を記念特別試写会
日付:10月19日
場所:スペースSF汐留
登壇:三ツ矢雄二

映画情報どっとこむ ralph 特別ゲストとして、主役のモーツァルトの声を担当した声優の三ツ矢雄二さんが登場。

今回発売されるブルーレイは、30年前に収録したシーンはそのまま生かして、日本語吹替がなかった”ディレクターズカット版”のシーンのみを新たに収録したもの。

昨日18日に62歳の誕生日を迎えたという三ツ矢さんは、本作がリリースされることについて、

三ツ矢さん:(『アマデウス』は)自分が若い時の代表作だと思っていますが、日本語吹替え版がリリースされていないことに不満を持っていたんですう。本作がリリースされ、追加シーンで同じ役を30年ぶりに演じられるという事は一番の喜び!!これでもう思い残すことはないです。

と、本作への思い入れの深さを語りました。会場には、収録に使用された台本も登場。なんと30年前に使用された台本と同じ物が使用されたそう。30年前にも演出を担当した佐藤敏夫が収録現場に持ち込んだということですが・・・

三ツ矢さん:(台本に)すごく書き込みがしてあって、当時まだヒヨッコだった僕の演出に苦労したんだなと、改めて佐藤さんを尊敬しました。

1019-%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%83%87%e3%82%a6%e3%82%b9%e7%89%b9%e5%88%a5%e8%a9%a6%e5%86%99%e4%bc%9a%e4%b8%89%e3%83%84%e7%9f%a2%e9%9b%84%e4%ba%8c%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af
映画情報どっとこむ ralph 三ツ矢さん:当時の洋画では佐藤敏夫さんに演出されれば一人前と呼ばれるほどの巨匠。そんな巨匠に(劇中で印象的な)”笑い声”ができるかとお声がけがあった。何としてもオーディションに勝ち抜くために、笑い声をとにかく練習しました。

と出演のきっかけとなったエピソードを披露した。会場にはその佐藤敏夫も駆けつけており、三ツ矢も喜びを露わにした。

最後に

三ツ矢さん:30年ぶりに本作を見て全く見方が変わった。もっと深いところがあり、この深い部分を若い自分に教えよるために、佐藤さんは台本にいろいろ書き込んでたんだとわかった(笑)何度見ても面白いし、年代の節目節目に見て違った感想を持てる作品です。ぜひ以前ご覧になった方も、英語版でご覧になった方も、この日本語吹替版を見てほしいです。

とアピールし、イベントを締めくくりました。

【初回限定生産】アマデウス 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ
2016年10月19日発売 6,990円+税
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

© 2009 The Saul Zaentz Company and Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

宮崎美子のインタビュー!『アマデウス』 追加吹き替え


映画情報どっとこむ TJ 『【初回限定生産】 アマデウス 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ』を10月19日に発売となります!

%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%83%87%e3%82%a6%e3%82%b9%e5%ae%ae%e5%b4%8e%e7%be%8e%e5%ad%90%e7%b8%a6宮廷楽長アントニオ・サリエリが、天才作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトに激しい嫉妬心を抱くさまを描き出し、第57回アカデミー賞Rで作品賞、主演男優賞など8部門を獲得した1984年の名作『アマデウス』。

2002年には20分の未公開シーンを付け加えた「ディレクターズカット版」も公開されましたが、今回は、1986年10月12日に放送されたテレビ朝日「日曜洋画劇場」版の日本語吹き替え音声をベースに、「ディレクターズカット版」で追加された吹き替え欠落部分を追加で収録。

モーツァルトの妻コンスタンツェの声を担当した女優・宮崎美子さんの吹き替え収録後のインタビューが到着しました。

映画情報どっとこむ TJ アフレコを終えて・・・・

宮崎さん:30年前もそうですし、今でもそうなんですが、あまりこういう吹き替えってやったことがなかったんで、吹き替えってこんな感じだったな、こんな風に細かく教えてもらいながらやったなと、30年前を思い出しましたね。昨日は緊張しちゃってよく眠れなかったんです。だからちょっぴり充実感があります。

と笑ってみせた。 今回は、30年前の「日曜洋画劇場」版でも演出を務めた佐藤敏夫氏が今回の追加収録のために再登板したことも注目!

宮崎さん:佐藤さんは指示が的確なので、初心者にはありがたかったです。もちろん私は、吹き替えに慣れていないですし、うまいわけでもないので、役者さんの呼吸に合わせるのは難しかったですね。でも、口の動きが時々スーッとうまく合わさるところがあって。それが気持ちよかったですし、この仕事は面白いなと思いましたよね。

と、話す一方。30年のブランクに対し

宮崎さん:以前にコン・リーさんの『きれいなおかあさん』(1999)という映画の吹き替えをやったことがありましたが、アテレコをやったのは前回の『アマデウス』を合わせても3回くらい。ただでさえ自分はアテレコに慣れていないのに、それプラス30年という年月の壁は大きかったですね。

と語る通り、30年前に収録した自分のセリフと、今回、追加で収録したセリフが違和感ないようにすることが大きなチャレンジだったという。続けて

宮崎さん:最初にこのお話をいただいた時は無理だろうと思いました。事務所の中でも『大丈夫か?』という声もあったんです。でもアテレコの分量は10分くらいだとお話をうかがって、実際に台本をいただいたら、これはもう頑張るしかないなと思いました。

と今回のアテレコに向き合った思いを語っています。

%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%83%87%e3%82%a6%e3%82%b9%e5%ae%ae%e5%b4%8e%e7%be%8e%e5%ad%90
映画情報どっとこむ TJ 「日曜洋画劇場」版は、モーツァルト役に三ツ矢雄二、サリエリ役に日下武という実力派が競演している。

宮崎さん:日下さんもそうですし、三ツ矢さんも本当にすごいんですよ。特に一緒のシーンが 多かったのが三ツ矢さん。弾むようなモーツァルトの笑い方もそのままなので、それは邪魔しちゃいけないなという思いでした。何しろ初めてのことなんで、どのくらい声が出ているのかも分からなかった。でも今回、あらためて自分のところを観てみると、結構、頑張っていたんだなと思いました」と充実した表情。ちなみに好きなシーンは「最初の方でモーツァルトとコンスタンツェの2人が遊びまわってるところがありますよね。あそこはやっぱりすごいと思います。三ツ矢さんの艶(つや)やかな笑い声はいまだに印象に残っていますね。もちろん三ツ矢さんは30年前でもすでにすごい方だったんですが、でもあの時は若手だったんですよね。本当にすごいなと思います。

最後に・・・

宮崎さん:『アマデウス』は観ていましたが、まさか自分が吹き替えをやるなんて夢にも思っていませんでした。でも本当に宝物のような作品ですね。私はアテレコの経験が少ないんですが、その少ないうちの1本がこの作品だというのは本当にすごいことだし、 本当にありがたいことだと思います。皆さんにじっくりと楽しんでいただければと思っています」と呼びかけた。

初回限定生産:アマデウス 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ

2016年10月19日発売

映画情報どっとこむ TJ
キャスト:
W.A.モーツアルト:トム・ハルス(三ツ矢雄二)/アントニオ・サリエリ:F・マーリー・エイブラハム(日下武史)
コンスタンツェ・モーツアルト:エリザベス・ベリッジ(宮崎美子)ほか

本編ブルーレイディスク1枚+特典DVDディスク1枚/品番:1000621577/6,990円+税

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

Amadeus Director’s Cut c 2001, Supplementary Material Compilation c 2009 The Saul Zaentz Company. Package Design c 2009 The Saul Zaentz Company and Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. “ACADEMY AWARDSR ” is the registered trademark and service mark of the Academy of Motion Picture Arts and Sciences.

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ