「アベンジャーズ」タグアーカイブ

ハリウッドザコシショウ、有村昆登壇 『アベンジャーズ』VFXチームが手掛けた超高級B級風インド映画『ロボット2.0』


映画情報どっとこむ ralph この度インドのスーパースター・ラジニカーントとアカデミー賞®スタッフが贈る超大作『ロボット2.0』が10月25日(金)より新宿ピカデリー他全国公開いたします。

この度、映画コメンテーター・有村昆さんが登壇したスペシャルイベントを実施いたしました。さらに特別ゲストとして、本作の醍醐味、「意味わからんけど面白い」があまりにもしっくりくる奇抜な芸風でおなじみのピン芸人・ハリウッドザコシショウが乱入!!劇中に登場する奇想天外な武器「360度マシンガン」を装備して、大暴れ!ハリウッドザコシショウ改め、ボリウッドザコシショウが、新ネタも披露しました。
『ロボット2』ハリウッドザコシショウ
日程:10月16日(水)
場所:ユーロライブ
登壇:ハリウッドザコシショウ(芸人)、有村昆(映画コメンテーター)

映画情報どっとこむ ralph 世界最強ロボット「チッティ」と人類の壮絶なバトルに、“意味わからんけど面白い”と日本中で話題となった前作『ロボット』から7年。再び国家の危機にさらされるインドを救うため、チッティが再起動して前作以上に暴れまくる『ロボット2.0』が、10月25日(金)にいよいよ日本公開となる。本作の公開を記念して、10月16日(水)に渋谷のユーロライブにて、スペシャルイベントが行われた。
ロボット2.0
インド映画の中でも群を抜いてぶっ飛んでいると既にSNSで話題の本作。観客の期待で会場が熱気に包まれるなか、映画コメンテーターの有村昆が登壇。さっそく本作のポイントについて、「CGが凄い!」と高らかに宣言。また、『アベンジャーズ』シリーズなどのVFXを手掛ける製作会社「ダブル・ネガティブ」を中心に、ハリウッドで活躍するスタッフが3000人も参加していることに触れ「3000人を投じてこれをやってるんだという、バカバカしさが凄い!」と、ぶっちゃけトークを披露し観客を笑わせた。

有村の軽快なトークで盛り上がっていると、劇中でチッティが披露する奇想天外なアクションの1つ、「360度マシンガン」を装着したお笑い芸人・ハリウッドザコシショウが本作を応援するために登場!!インド映画が通称“ボリウッド映画”と呼ばれていることから、自身を「ボリウッドザコシショウです!!!!」とハイテンションで自己紹介。サプライズ登場に会場から驚きと歓喜の声が上がるなか、お馴染みの持ちネタ披露。

また、今回のイベントのためだけに、「誇張しすぎた『ロボット2.0』」という新ネタを作ってきたハリウッドザコシショウ。装着した「360度マシンガン」を「ババババババ!!」と打つふりをしながら、自分で自分の頭を空のペットボトルで叩きまくる!!誰も予想していなかったまさかの動きに、有村は「これは地獄ですよ」と笑いながらコメント。会場を一気に混沌とさせたハリウッドザコシショウは、本作の好きなシーンについて聞かれると、「最終決戦のシーン!ビック2が戦っていて、プロレスみたいだった」と先ほどのネタとは打って変わって真面目にコメント。続けて、本作で描かれる無数のチッティVS巨大な鳥の壮絶バトルを引き合いに、「大きな相手に小さいボケを連発して戦っていくところは、お笑いと通じる部分があって面白い」と独自の目線から、本作について熱く語った。

しかし、最後に有村が本作の見どころを「こんな映画を作る中二病みたいな人たちがいる。そのセンスにほっこりする。」とまとめだすと、ハリウッドザコシショウが小ボケを何度も挟みだし、再び会場を混沌と笑いで包んでイベントは幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 2010年、南インドのタミル映画として公開されインド史上最高の興行収入をたたき出し、日本でも大ヒットしたあの伝説の映画『ロボット』。7年ぶりの続編がついに日本上陸!!主演を務めるのは前作に引き続き、インドのスーパースターにして人間国宝、ラジニカーント!また、本作で初登場となるのは、『パッドマン 5億人の女性を救った男』(18)主演のアクシャイ・クマール。バシー博士の宿敵となるスマホロボットに扮し、ラジニカーントと2大スター競演を果たした。そして、ミス・ティーンワールド2009年グランプリのイギリス人女優、エイミー・ジャクソンが絶世の美人ロボット・ニラーを演じる。

バシー博士が今回戦う相手は全インド人のスマホ!!突如街中からスマホが次々と失踪し、それらは合体して意思を持つ巨大なロボットに姿を変え人々に襲い掛かる。インドの街が崩壊の危機にさらされ、ついに解体されたロボット、チッティはスーパーパワーを身に着けたバージョン2.0として再起動!地球を救うため、予測不能なバトルを繰り広げる!!

『ロボット2.0』
原題『2.0』

10/25(金)新宿ピカデリー他全国公開

公式HP:
https://robot2-0.com/

物語・・・
ある日、突然、インドの街からすべてのスマートフォンが消えた。そして携帯業者や通信大臣がスマホに殺されるという殺人事件が次々に発生。バシー博士(ラジニカーント)は助手のニラー(エイミー・ジャクソン)とスマホの行方を追ううちに、無数のスマホが合体し巨大な怪鳥に変身していることが判明。やがてその巨大怪鳥は人類を襲いだし、軍隊でも抑えきることのできないモンスターと化す。バシー博士は、かつて封印された、あの伝説のロボット「チッティ」を復活させ、人類を守ることを思い立つ。しかしそれはインド中を巻き込んだ、壮大なバトルの幕開けとなった!
『ロボット2.0』

***********************************

監督・脚本:シャンカル『ロボット』
音楽:A.R.ラフマーン『スラムドッグ$ミリオネア』
VFX:レガシー・エフェクツ
衣裳デザイン:メアリー・E・ヴォクト
出演:ラジニカーント『ロボット』、
アクシャイ・クマール『パッドマン 5億人の女性を救った男』、
エイミー・ジャクソン
日本語字幕:吉田裕子
字幕監修:深尾淳一
配給:アンプラグド・KADOKAWA
c2018 Lyca Productions. All rights reserved




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

歴代4DX新記録更新中『アベンジャーズ /エンドゲーム』《4DX効果特別映像》が到着


映画情報どっとこむ ralph 世紀の大ヒットシリーズ「アベンジャーズ」完結編『アベンジャーズ/エンドゲーム』が、4DX版でも全世界で最大級の興行成績を記録しています。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』4DXでは、代表キャラクター10人それぞれがもつパワーや特徴にあわせて、4DXならではのオリジナルモーションやアクション効果が大好評を受けており、SNS上では「エンドゲームの4DXすごかった…」、 「アベンジャーズ見てきた4DXで 泣いた笑った。」、「アベンジャーズの締めは4DX」など、4DX版への興奮と感動を発信しながら、4DXでもう一度!という4DX版リピーターたちの声も相次いでいる。
4DX

そんな大ヒットを記念し、『アベンジャーズ /エンドゲーム』4DX効果をイメージした《4DX効果特別映像》が到着!

映像では、<光><水><風><エアーショット>など、 4DXの代表効果が登場し、4DXシアターでそれぞれの効果を楽しんでいる様子が確認できる。アベンジャーズのどのキャラクターにどのような4DX効果が仕掛けられているのか、この代表効果を意識すれば、さらに『アベンジャーズ /エンドゲーム』4DXを楽しめるはず!歴代マーベルスタジオ作品だけではなく、歴代4DX新作のなかでも最大級の製作規模で演出されており、4DX映画の歴史に残るレジェンド作品を最高のクオリティでお届けした『アベンジャーズ/エンドゲーム』4DXは、まだまだ大ヒット公開中!

なお、4DXは、ヨーロッパや北米の20〜30代若い層を中心に人気トレンドとして話題のNO.1プレミアムムービー上映フォーマット。21個以上の4DXオリジナル環境効果や繊細なモーション効果で【観る映画の代案:目で映画を観る体験を超えて体験する経験を与える】として注目されている。全世界64カ国、644スクリーンで運営中、日本国内では56劇場に導入中。(※2019年5月現在)

映画情報どっとこむ ralph 『アベンジャーズ/エンドゲーム』

全国4DX劇場にて大ヒット公開中!

公式サイト:こちら

※上映劇場は変更となる場合があります。
※劇場により、対応している効果が異なります。

アベンジャーズ/エンドゲーム

<ストーリー>
破格のメガヒットによって映画史を塗り替え続ける「アベンジャーズ」シリーズが、この春ついに完結。人類の半分が消し去られてしまった地球で、35億の人々と仲間を取り戻すために、アイアンマンたち最強チーム “アベンジャーズ”の最後にして最大の逆襲が始まる!

映画情報どっとこむ ralph 【4DX(フォー・ディー・エックス)シアターについて】
4DXとは、いま映画業界で最も注目を集める最新の体感型上映システムです。映画のシーンに完全にマッチした形で、モーションシートが前後・上下・左右に動き、頭上からは雨が降り、水や風が吹きつけ、閃光が瞬く、など全20種類の特殊効果が稼働し、まるで映画の主人公になったかのような感覚で映画を鑑賞できます。さらに、演出を盛り上げる香りや、臨場感を演出する煙など、様々な特殊効果で映画を<観る>から<体感する>へと転換します。

***********************************

ⒸMarvel Studios 2019




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大人気モデル・久間田琳加「EMMARYアベンジャーズ ハロウィン仮装パーティー」


映画情報どっとこむ ralph 大人気女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」の専属モデルを務めるだけでなく、現在公開中の映画『ミックス。』(10/21公開)にも出演中のモデル・久間田琳加さんが、都内で開催された「EMMARYアベンジャーズパーティー」に、人材サービスのパーソルキャリアが運営するJKのためのWEBマガジンEMMARY(エマリー)の編集長として出席しました。

本イベントは、マーベル・スタジオ製作の3作品、11月3日公開『マイティ・ソー バトルロイヤル』、来年3月1日『ブラックパンサー』、4月27日公開『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の映画公開を記念して行われたスペシャルパーティーで、久間田琳加が編集長を務めるEMMARYの読者から、抽選で選ばれた25組50名の女子中高生が招待された。招待客は『アベンジャーズ』キャラクターをイメージしたカラーコーディネートに身を包み、マーベル仕様(ディズニー提供)の装飾が施された会場のカフェに集まりました。

自身も『アベンジャーズ』に登場するキャラクター、キャプテン・アメリカをモチーフにしたコスチュームで参加した

久間田さん:毎年ハロウィンでいろいろな仮装にチャレンジしていますが、ヒーローに扮したのは初めてで新鮮でした。ヒーローコスチュームは男の子が着るイメージがありましたが、チュールスカートを合わせたり、リボンを髪の毛に編み込んだり、ガーリーにアレンジすると女の子でも楽しめますね!

とコメント。

トークコーナーでは、会場内で事前に募集した来場者からの質問に答えたり、この日のテーマであるアベンジャーズカラーコーデを上手に取り入れた人の中からベストエマリスト2名を選出し、直筆サイン入りTシャツをプレゼントするなど、久間田のファンにとってたくさん触れ合えるイベントになった。


トーク以外にも、来場者はカフェで提供される期間限定のコラボメニューでアイアンマンやキャプテン・アメリカのシリーズで知られる『アベンジャーズ』の世界観に触れられたり、コスチューム姿の久間田と2ショットチェキを撮影したりと、盛りだくさんの内容で、最高のハロウィンパーティーとなった。

EMMARY 公式HP
http://emmary.weban.jp/

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「スパイダーマン:ホームカミング」公開記念 マーベル・スタジオ キャンペーン 実施!


映画情報どっとこむ ralph マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に本格参戦し、スパイダーマンとアイアンマンとの競演で話題となっているスパイダーマン 新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』が、8月11日(祝・金)より日本公開となります。

本作は、部活のノリで街を救うヒーロー気取りの15歳の高校生がスパイダーマンとなり、アイアンマンに導かれて真のヒーローになって いく成長と奮闘が描かれます。果たしてスパイダーマンはアベンジャーズになれるのか!?

そんな『スパイダーマン:ホームカミング』の日本公開を記念し、 『「スパイダーマン:ホームカミング」劇場公開記念 マーベル・スタジオ キャンペーン』を 2017年7月20日(木)より実施!

期間中にキャンペーン実施店舗にて、マーベル映画作品の『アイアンマン』、 『インクレディブル・ハルク』、『アベンジャーズ』など対象商品をご購入頂いた方に、『スパイダーマン:ホームカミング』のオリジナル・ステッ カーをプレゼントするそうです!

映画情報どっとこむ ralph ≪キャンペーン概要≫

【キャンペーン名】
「スパイダーマン:ホームカミング」劇場公開記念 マーベル・スタジオ キャンペーン

【実施期間】
2017年7月20日(木)~8月31日(木)
※特典がなくなり次第終了

【キャンペーン対象商品】
『アイアンマン』ブルーレイ/DVD、『インクレディブル・ハルク』ブルーレイ/DVD、 『アベンジャーズ』MovieNEX、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』MovieNEX、 『ドクター・ストレンジ』MovieNEX ほか ※ほか対象商品につきましては、店頭にてご確認ください。 ※各MovieNEX商品に関して:発売元 ウォルト・ディズニー・ジャパン

【プレゼント賞品】
『スパイダーマン:ホームカミング』オリジナル・ステッカー ※サイズ:H75×W220mm ※ステッカーは数に限りがあります。

※キャンペーン実施については、全国の取扱各店にてご確認ください。
(一部店舗では実施していない場合があるそうです)

公式ホームページ:
http://www.spiderman-movie.jp/

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
© Marvel Studios 2017. © 2017 CTMG. All Rights Reserved.

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『スパイダーマン:ホームカミング』憶測を呼ぶポスターが続々解禁!


映画情報どっとこむ ralph スパイダーマンとアイアンマンとの競演で2017年最大の話題作となっているスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』が8月11日(祝・金)に日本公開。

部活のノリで街を救うヒーロー気取りの15歳の高校生がスパイダーマンとなり、アイアンマンに導かれて真のヒーローになるまでの成長と奮闘が描かれている。果たしてスパイダーマンはアベンジャーズになれるのか!?

日本時間3月25日(土)に新スパイダーマンこと、トム・ホランドの公式Twitter(@TomHolland1996)および、インスタグラム(tomholland2013)にて、スパイダーマンがあのアベンジャーズ・タワーに登っているポスターが初解禁されましたが・・・・。

さらに、解禁となったのは、さらに新たなスパイダーマンのポスターだ。ひとつは、スパイダーマンが高校の制服のような黄色いジャケットをスーツの上に着て、川べりでヘッドフォンをしながら寝転んでいるいかにも高校生らしい姿。

そして、川を挟んだマンハッタンの摩天楼には、あのアベンジャーズ・タワーがひときわ高くそびえ立っているのが見える。

もうひとつは、ブルックリン区とクイーンズ区を走るハイウェイの緑の交通標識に登り、どこかへ向かってポーズを取るスパイダーマンの姿。

この2点のポスターと先に解禁されたポスターとを繋げていくと、スパイダーマンがアイアンマンらの拠点であるアベンジャーズ・タワーに近づいていることがわかるのです!!

映画情報どっとこむ ralph 主人公ピーター・パーカー/スパイダーマン役を演じるのは英国アカデミー賞でライジングスター賞(新人賞)を受賞した20歳の英国俳優トム・ホランド。スパイダーマンの生みの親スタン・リーに「スパイダーマンの役をやるために生まれてきた」と言わしめるほどの逸材だ!トニー・スターク/アイアンマン役は同役が8作目となるロバート・ダウニー・Jr。敵・ヴァルチャーを『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のマイケル・キートン、ピーターの叔母であるメイおばさん役には『レスラー』のマリサ・トメイなど、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に加わったスパイダーマンをベテラン勢が支えています。

スパイダーマン:ホームカミング

ピーター・パーカー、15歳、高校生!アベンジャーズに出会。

ニューヨーク。15歳のピーター・パーカーはスパイダーマンだ。部活のノリで街を救う、ヒーロー気取りの高校生。そんなピーターの能力を見出し、真のヒーローとしての“道”へと導こうとするのがアイアンマンことトニー・スターク。スタークに新しいスーツまで作ってもらい興奮するピーターは、自分の力を認めてもらおうと街に飛び出す日々。そんなある日、巨大な翼で飛行する怪物が街に突如現れる。ピーターはここぞとばかり、ニューヨークの平和のために怪物退治に乗り出そうとするが、スタークに「アベンジャーズに任せておけ」と止められてしまう。「ガキ扱いは、ゴメンだ!」とピーターはその忠告を聞かずに戦いに挑むが。

公式サイト:Spiderman-Movie.JP
公式Twitter:@spidermanfilmjp #スパイダーマン

***********************************

キャスト:
トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、ロバート・ダウニー・Jr(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)、マイケル・キートン(『バットマン』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アベンジャーズ』)、ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタラン

全米公開:2017年7月7日
監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』)
©Marvel Studios 2017.
©2017 CTMG. All Rights Reserved.
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ