「アニメ・エキスポ2018ワールド・プレミア」タグアーカイブ

『詩季織々』アニメ・エキスポ2018ワールド・プレミア上映で2,500人熱狂!Jプレミア決定!


映画情報どっとこむ ralph 『君の名は。』『秒速5センチメートル』の新海誠監督作品などで知られるコミックス・ウェーブ・フィルムの最新作『詩季織々』【8月4日(土)公開】が北米最大のアニメ・コンペティション、アニメ・エキスポ2018【会期7月5日(木)~7月8日(日)】にて現地時間7月7日(土)にワールド・プレミア上映を実施し大盛り上がりとなりました。

最下手・川口社長、下手から二番目竹内監督

さらに、7月17日(火)にリ・ハオリン監督、竹内良貴監督、キャストの坂泰斗さん、白石晴香さん、大塚剛央さんが登壇するジャパンプレミアの実施も決定しました!


日付:現地時間7月7日(土)
場所:ロサンゼルスコンベティションセンター
登壇:川口典孝社長、竹内良貴

映画情報どっとこむ ralph 今回『詩季織々』のワールド・プレミア上映を行ったアニメ・エキスポ2018はロサンゼルスコンベティションセンターで現地時間7月5日(木)~7月8日(日)に行われている北米最大のアニメ・コンペティション。全世界からアニメーション・マンガ・キャラクター・ゲーム等のカルチャーが一堂に会する、一大イベントです。

『詩季織々』はアニメ・エキスポ2018で本邦初公開となるワールド・プレミア上映を実施。
同イベントで最大のスクリーンで行われたワールド・プレミア上映では世界各国から2,500人もの観客が大きなスクリーンで感動を共有!その優しい感動に上映後には万雷の拍手があがり熱狂と興奮をもって迎えられました。
上映終了後にはコミックス・ウェーブ・フィルムの川口典孝社長と劇中の短編「小さなファッションショー」を監督した竹内良貴が登壇しトークショーも実施されました。「『君の名は。』を観た方はいますか?」という質問に歓声が上がるなど真剣に話に聞き入る観客の様子に本作とコミックス・ウェーブ・フィルムの取り組みについての高い関心がみてとれました。また上映後に急遽実施したサイン会も大盛況でコミックス・ウェーブ・フィルム作品のTシャツを着た熱狂的なファンから熱い言葉をかけられるなど世界での盛り上がりを痛感するワールド・プレミアとなりました。

映画情報どっとこむ ralph ワールド・プレミア舞台挨拶内容:
MC:プロジェクトの経緯は?

川口典孝社長:5年前から中国のスタジオ・ハオライナーズが熱心に声を掛けてくれていたので『君の名は。』の制作終了後にラインが空いてから一緒にやろうと。企画を固める中で数種類の短編を作る事が決まり、2名の中国人監督が先に決まりました。それなら、他の作品の監督は日本側からも出させてくれ、と。

竹内良貴監督:お話を頂いた時はすごく光栄でしたし、ずっと新海監督の下で作品を作ってきて、ここで培ったものを込められれば、良いチャレンジが出来るのではないかと思いました。

MC:日本と中国のコラボという事で、苦労した点は?

川口社長:日本と中国は隣の国なのに、文化が凄く違う。特に、日本語と英語の翻訳はできるのに日本語と中国語の翻訳は苦労しました。日本人はハリウッド映画をよく観ているので意外とアメリカの事はわかるけど中国映画はあまり観る機会が無く、彼らのいう「普通」が共有するのに苦労しました。

竹内さん:同じように、文化的な経験の違いがありました。自分たちが経験していない事はどうしようもなく、同じ事を話しているのに
イメージが異なるケースがありました。ただ、製作のハオライナーズはクリエイターサイドの方々でもあるのでお互いが納得しあいながら制作できました。

川口社長:元々は中国の方に喜んで貰いたくて作った物語だけど今日は世界中のみんなに喜んで貰えて嬉しいです。


MC:本作は、“衣食住行”がテーマとなった短編アンソロジーですが
“衣”をテーマにした竹内さん監督作(「小さなファッションショー」)についてお聞かせ下さい。

竹内さん:日本人が中国を描く、難しさがありましたが、徹底的なリサーチでテーマの“衣”について深く知る事ができました。衣服などの貿易の中心かつそれ故に、海外に開けた都市という事で広州があり、そこを舞台にする事で日本人の僕でも中国を描く事ができるのでは、と思いました。また、新海さんの影響を受けてきた僕ですが、その影響をどう見せないようにするかという事に苦心しました。同じ事をしても絶対に勝てないと思ったので。例えば、今作の主人公のような姉妹の物語は、新海さんはやってないですし。可愛く描けていれば良いのですが、みなさんどうですかね?

「(大きな歓声)」

MC:それでは本日お集りの方々にむけて締めの言葉をおねがいします。 

竹内さん:今日は本当にありがとうございました。今は新海さんの次作に参加しているので、自身の次の作品は未定ですがロスに来てみて、こういうところを舞台に新しいものにチャレンジするのも面白そうだなと思いました。皆さん、どうでしょうか?また新作を監督することになったら応援していただけるとありがたいです。

川口社長:ここは2年前にも『君の名は。』のワールド・プレミアをさせて貰って
とても意味のある場所だと感じています。今日はたくさんの方にお集まりいただきありがとうございます。

映画情報どっとこむ ralph 『詩季織々』ジャパンプレミア先行上映 情報

実施日時:7月17日(火)18:00開場/18:15開演  ※上映前舞台挨拶
会場:シネ・リーブル池袋
登壇者(予定):リ・ハオリン監督、竹内良貴監督、坂泰斗さん、白石晴香さん、大塚剛央さん
※料金、購入方法など詳細は、『詩季織々』公式サイトのnewsページをご参照ください
https://shikioriori.jp/news/2018/07/07/premiere/

映画情報どっとこむ ralph 詩季織々

8月4日(土)、テアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほか公開

公式HP:
shikioriori.jp 

公式twitter:
https://twitter.com/shikioriori2018


◆あらすじ◆

「陽だまりの朝食」
監督:監督:イシャオシン
監督自らの思い出を、ノスタルジーたっぷりに詩的に描く
『詩季織々』陽だまりの朝食

【テーマ:食】北京で働く青年シャオミンは、ふと故郷・湖南省での日々を思い出す。祖母と過ごした田舎での暮らし、通学路で感じた恋の気配や学校での出来事…子供時代の思い出の傍には、いつも温かい、心のこもったビーフンの懐かしい味があった。そんな中、シャオミンの祖母が体調を崩したとの電話が入る。

「小さなファッションショー」
監督:竹内良貴
長年に渡り新海作品を支え続けてきた竹内良貴のオリジナル初監督作
【テーマ:衣】広州の姉妹、人気モデルのイリンと専門学校生のルル。幼くして両親を亡くした2人は、共に助け合いながら仲良く一緒に暮らしていた。しかし、公私ともに様々な事がうまくいかなくなってきたイリンはついルルに八つ当たりしてしまい、2人の間には溝ができ、大喧嘩をしてしまう。

「上海恋」
監督:リ・ハオリン
変わりゆく上海の街並みに思いを馳せ、淡い初恋を瑞々しく繊細に描いた『秒速5センチメートル』へのオマージュ作
【テーマ:住】1990年代の上海。石庫門(せきこもん)に住むリモは、幼馴染のシャオユに淡い想いを抱きながら、いつも一緒に過ごしていた。
しかし、ある事がきっかけとなり、リモは石庫門から出ていき、お互いの距離と気持ちは離れてしまう。そして現代、社会人になったリモは、引っ越しの荷物の中に、持っているはずのないシャオユとの思い出の品を見つけるのだった。

***********************************

「陽だまりの朝食」
監督:イシャオシン
作画監督:西村貴世
音楽:sakai asuka
キャスト:坂泰斗、伊瀬茉莉也

「小さなファッションショー」
監督:竹内良貴
作画監督:大橋実
音楽:yuma yamaguchi
キャスト:寿美菜子、白石晴香、安元洋貴

「上海恋」
監督:リ・ハオリン
作画監督:土屋堅一
音楽:石塚玲依
キャスト:大塚剛央、長谷川育美

主題歌:ビッケブランカ「WALK」(avex trax)
2018年/日本/カラー/74分 

配給:東京テアトル
宣伝:ガイエ 
(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ