「アトミック・ブロンド」タグアーカイブ

フライパン、ホース、女スパイは何でも武器に『アトミック・ブロンド』


映画情報どっとこむ ralph シャーリーズ・セロンが女スパイ『アトミック・ブロンド』が10月20日(金)より日本公開されます。
The Coldest City



この度、本作の新画像が解禁。
今回解禁されたのは、シャーリーズ・セロン演じるロレーン・ブロートンがどこかの部屋に侵入しているところ、警察に見つかり、脱出を図るシーン。本作の見どころのひとつである、シャーリーズ・セロンの体を張ったアクションが垣間見えるシーンとなっています。

このシーンで注目なのは女性スパイであるロレーンが様々な道具を使って相手を倒していくところ。本作でジェームズ・ガスコインを演じ、さらに第2班の監督を務めたサム・ハーグレイブはロレーンの戦闘スタイルを「(『ダイ・ハード』(88)の)ジョン・マクレーンを複雑にしたもの」と語ります。ロレーンは決して握りこぶしで直接殴ったりはせず、広げた手や拳を横にして打ち、すばやく肘で突き、手のひらでたたき、男が1発殴る間に3発殴ります。周囲にある物、目に入った物を何でも武器にします。

また、室内でかかっているジョージ・マイケルの「ファザー・フィギュア」にも注目。
ワム!のメンバーとして活躍したジョージ・マイケルの代表作の一つであり、先日、グラミー賞4冠の歌手サム・スミスがライブでカバーを披露したことでも再度注目を浴びている「ファザー・フィギュア」。このスローリーでムーディーな曲調と素早いアクションシーンのコントラストもアクションシーンを際立たせています。

物語・・・
1989年、東西冷戦末期のベルリン。世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。イギリス秘密情報部MI6は凄腕の女性エージェント、ロレーン・ブロートンにリスト奪還を命じる。ベルリンに潜入中のエージェント、デヴィッド・パーシヴァルとタッグを組み任務を遂行するロレーン。彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという、もう1つのミッションがあった。リストを狙い、ベルリンに集結する世界各国のスパイ。誰が味方で誰が敵なのかわからなくなる状況下、ロレーンと世界の運命は?
公式HP http://atomic-blonde.jp/ 
Twitter @atomicblonde_jp/

***********************************

監督:デヴィッド・リーチ(『ジョン・ウィック』共同監督、『DEADPOOL2(原題)』)

キャスト:シャーリーズ・セロン(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『モンスター』)、ジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN』シリーズ、『ウォンテッド』)、ソフィア・ブテラ(『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)、ジョン・グッドマン(『アルゴ』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)他 

2017年/アメリカ映画/115分

配給:KADOKAWA 
© 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED. 


シャーリーズ・セロンになり切りブロンド美女スパイ15名が渋谷ジャック『アトミック・ブロンド』イベント!


映画情報どっとこむ ralph アトミック・ブロンド』が10月20日(金)より日本公開されます。

いよいよ公開を今週金曜日に控え、まさに『アトミック・ブロンド』が渋谷をジャックいたしました!主人公の女スパイ、ロレーン・ブロートンを演じるのは、アカデミー女優で、近年では『マッドマックス怒りのデス・ロード』のフュリオサ役で高い評価を受けているシャーリーズ・セロン。
『アトミック・ブロンド』を象徴するブロンドヘアーにサングラス、黒のロングコートに身を包んだスタイリッシュな80年代ファッションに身を包んだ総勢15名に昇る外国人モデルたちが、ハロウィンを間近に控えた休日の渋谷の街に来襲!スクランブル交差点から渋谷駅ハチ公前、TOHOシネマズ 渋谷を行脚し、若者や観光客で賑わう渋谷の街を『アトミック・ブロンド』一色に染め上げました。

全員170cm超えブロンド美女たちの行列に渋谷の街は騒然!
街ゆく人は振り返り、写真を撮る人だかりができました。
また、渋谷MODI前では10月15日(日)17時までアトミック女子による約1000個ものブロンドのウィッグを配布。
『アトミック・ブロンド』のサウンドトラックが流れる中、MODI前に立てられた巨大パネル前での写真撮影スポットもあり、外国人観光客を含む多くの人がウィッグをかぶり写真撮影を楽しみました。
映画情報どっとこむ ralph アトミック・ブロンド

物語・・・
1989年、東西冷戦末期のベルリン。世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。イギリス秘密情報部MI6は凄腕の女性エージェント、ロレーン・ブロートンにリスト奪還を命じる。ベルリンに潜入中のエージェント、デヴィッド・パーシヴァルとタッグを組み任務を遂行するロレーン。彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという、もう1つのミッションがあった。リストを狙い、ベルリンに集結する世界各国のスパイ。誰が味方で誰が敵なのかわからなくなる状況下、ロレーンと世界の運命は?

10月20日(金)より、全国ロードショー!

公式HP http://atomic-blonde.jp/
Twitter @atomicblonde_jp/FB

監督は、『ジョン・ウィック』共同監督で、世界中で大ヒットを記録した『デッドプール』の続編監督にも決定しているデヴィッド・リーチ。

共演には、『X―MEN』『ウォンテッド』の演技派俳優ジェームズ・マカヴォイ、『キングスマン』のガゼル役で一躍注目され、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』では敵役に起用されたソフィア・ブテラ、さらにジョン・グッドマン(『キングコング:髑髏島の巨神』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)など実力派俳優が脇を固めます。

***********************************

監督:デヴィッド・リーチ(『ジョン・ウィック』共同監督、『DEADPOOL2(原題)』)

キャスト:シャーリーズ・セロン(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『モンスター』)、ジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN』シリーズ、『ウォンテッド』)、ソフィア・ブテラ(『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)、ジョン・グッドマン(『アルゴ』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)他

2017年/アメリカ映画/115分
配給:KADOKAWA
© 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
    


青野賢一、山崎まどか『アトミック・ブロンド』の80年代の音楽、ファッションを語った!


映画情報どっとこむ ralph アトミック・ブロンド』が10月20日(金)より日本公開されます。

1989年、東西冷戦末期のベルリン。世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。イギリス秘密情報部MI6は凄腕の女性エージェント、ロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)にリスト奪還を命じる。そして、ベルリンに潜入して・・・・という作品。

この度、本作のみどころのひとつでもある、80年代の音楽、ファッション、ロケ地や美術などの洗練された世界観をめぐって、ライフスタイルの重要な部分を担うファッション業界において、独自の路線をいく企業“BEAMS”内で、アパレルにとらわれず様々なモノを創造している青野賢一さん(ビームス創造研究所クリエイティブディレクター、ビームス レコーズ ディレクター)と山崎まどかさん(文筆家、翻訳家)を迎えトークイベントが行われました。

『アトミック・ブロンド』イベント概要
日時:10月10日(火)
場所:神楽座
登壇:青野賢一、山崎まどか

映画情報どっとこむ ralph 満席となった会場に登場早々、

青野さん:アクション映画はあまり見ないんですが、すごく前のめりでドキドキしながら観てしまいました。

と本作の感想を語った青野さん。

山崎さんは、デヴィッド・リーチ監督がジョン・ウィックの第二班監督もつとめていたことに触れ、


山崎さん:アクションが全てと言っても過言ではないです。以前、『ワンダーウーマン』の監督が、”男性のヒーローに許されることは女性のヒーローがやっても許される。”というお話をされていて。この作品のシャーリーズ・セロンにはその言葉がまさに当てはまりますよね。かっこいい!の一言です。

と本作で最強のスパイを見事に演じきったシャーリーズ・セロンを絶賛。シャーリーズが本作の準備期間中、同じスタジオで友人であるキアヌ・リーブスとの手合わせもしていたという豆知識も披露しました。


映画情報どっとこむ ralph トークはお二人共に造詣の深いファッションの話に及ぶと、ミニスカートやショートブーツ、黒や白が多いシャーリーズのファッションに対し、

青野さん:ムダのない綺麗なスタイルを持つ彼女だからこそ、余計に映えるファッションになっていますよね。そんな彼女がよどみのないアクションを披露することでひとつひとつが本当に絵になる映画になっていると思います。

とファッションとアクションの世界観を堪能した様子の青野さん。劇中の時代背景にも触れ、

青野さん:当時はフランス・イギリス・アメリカのファッションが主流だったんですが、ベルリンの壁崩壊とともに少しずつ流れが変わっていく様子が描かれているとも思います。まさに時代が変わる前夜というか、、。そういう部分もすごく興味深かったです。

と独自の視点で本作を楽しんだことを明かしました。

それに対し、

山崎さん:劇中の音楽もすごく興味深いですよね。当時は壁があったせいで音楽やファッションなどのカルチャーが少し遅れてベルリンに入ってきていたと思うんです。それが映画の中にも描かれていて、当時の文化のリアルがわかるようになっている。そこが面白い。

と劇中の80年代ベルリンカルチャーの描写について語っていただきました。山崎さん曰く、特に劇中でそれがよく表れているのが東ベルリンの若者が音楽を聴きながら集会をしているシーン。

若者のうちの1人がモヒカンに革ジャンを着ていて、その背中には“モッズ“という言葉が書かれている。それを観て、何か、カルチャーがねじれて伝わっているというか、、、そんな感じが東ベルリンらしい(笑)。そういう点にも注目してみると、また違った面白さを感じると思います。

山崎さん:と山崎さんならではの見どころをコメント。

映画情報どっとこむ ralph さらに、ベルリンの壁崩壊後にドイツに渡ったことがあるという山崎さんは、もうひとつの見どころシーンとして、東ドイツ側にあったキノ・インターナショナルという映画館でのアクション・シーンを挙げ

山﨑さん:ドイツに渡った時に実際にその映画館にも行ったことがあるんですけど、すごくレトロな雰囲気のある映画館で。劇中で上映されているのがタルコフスキーというのも、やはり東ドイツならではでいいですよね。

と語り、実は最近その劇場では、レイトショーで「アトミック・ブロンド」が上映されていたというまさかの情報までお話いただきました。貴重な情報となる山崎さんの話を聞きながら

青野さん:それにはすごく意味があるね。

と話します。


また、シャーリーズの他、個性的なキャラとして登場するキャスト陣について

青野さん:MI6の諜報員役として登場したジェームズ・マカヴォイはかなり複雑なキャラクターを演じていましたよね。

山﨑さん:当時のMI6はドラック中毒の人間や長生きしなさそうな人を雇っていたんですって。

というスパイの裏情報を暴露してくれた山崎さん。同じく、フランスの諜報員役であるソフィア・ブテラに対しては

山﨑さん:ネコのように可愛らしく描かれていたのが印象的です。彼女のメイク、すてきでしたね!印象的な濃い眉にベージュのリップ。すごく似合っていて、今やってもとても可愛いメイクだなと思っていました。

と女性ならではの視点で本作の魅力をお話いただきました。

映画情報どっとこむ ralph 映画のおすすめを

山﨑さん:映画の魅力のひとつでもあるのが各国のスパイ合戦という部分でもあると思いますが、この作品ではそういうのが行われていた最後の時代を描い当ているな、とも思っていて、、。それを今、映画化したというのがいいですよね。しかも、40代となったシャーリーズ・セロンが、まさに今が旬とばかりに男勝りなアクションを力強く演じきる、かっこいい映画です。

青野さん:まさにスパイ合戦の最後の一花を映画の中で描いている。頭の中で、この人はどこ国の人だろう?ということを考えながら観ると、より一層楽しめる作品でもあると思います。

とおすすめの鑑賞方法を提言した青野さん。

壮絶なアクションという点だけに留まらず、ファッションや音楽など、80‘sカルチャーという点でも様々な角度でも楽しめる

アトミック・ブロンド

物語・・・
1989年、東西冷戦末期のベルリン。世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。イギリス秘密情報部MI6は凄腕の女性エージェント、ロレーン・ブロートンにリスト奪還を命じる。ベルリンに潜入中のエージェント、デヴィッド・パーシヴァルとタッグを組み任務を遂行するロレーン。彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという、もう1つのミッションがあった。リストを狙い、ベルリンに集結する世界各国のスパイ。誰が味方で誰が敵なのかわからなくなる状況下、ロレーンと世界の運命は?

公式HP:
http://atomic-blonde.jp/ 
Twitter:
@atomicblonde_jp

***********************************

監督:デヴィッド・リーチ(『ジョン・ウィック』共同監督、『DEADPOOL2(原題)』)

キャスト:シャーリーズ・セロン(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『モンスター』)、ジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN』シリーズ、『ウォンテッド』)、ソフィア・ブテラ(『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)、ジョン・グッドマン(『アルゴ』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)他

2017年/アメリカ映画/115分
配給:KADOKAWA 
© 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED. 
    


シャーリーズ・セロン×ソフィア・ブテラ『アトミック・ブロンド』強妖艶新場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 『アトミック・ブロンド』が10月20日(金)より日本公開となります。

主人公の女スパイ、ロレーン・ブロートンを演じるのは、シャーリーズ・セロン。監督はデヴィッド・リーチ。

この度、本作に登場する美女2人(シャーリーズ・セロン×ソフィア・ブテラ)による、妖艶な美しさ漂う新場面写真が解禁となりました!

シャーリーズ・セロン演じる女スパイ:ロレーンとソフィア・ブテラ演じるフランスのスパイ:デルフィーヌによるツーショットは、その美しさもさることながら、怪しく危険な雰囲気が感じ取れる画像ばかり。至近距離で言葉を交わし、見つめ合う2人の間にはただならぬ空気が流れていることを感じさせます。

映画情報どっとこむ ralph ロレーンに近づくフランスの美しき女スパイ、デルフィーヌ役を演じるのは、『キングスマン』で義足の殺し屋ガゼル役で一躍注目を浴び、その後『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』では悪の女王役を演じるなど、話題作への出演が相次いでいる今注目の女優、ソフィア・ブテラ。
彼女は、冒険心に富み、ブロートンと心を通わせようとする若手スパイのデルフィーヌという役柄について

ブテラ:出会った瞬間からデルフィーヌはブロートンに魅了される。とても美しく、自信に満ちていて、威厳があるからよ。そして、デルフィーヌの愛情がブロートンの冷たい外見や態度を少し溶かし始めるの

と語っていて、デルフィーヌは、誰も信用できず1人任務遂行のために命を賭けているロレーンの唯一の救いとなるキャラクターであることが伺えます。
ソフィアは、ロレーンの心を溶かすというキーキャラクターでもあるデルフィーヌを演じるにあたり

ブテラ:私の役はベルリンに逃避と興奮を求めた。人生の別の選択肢を求めていた彼女は、広がる解放運動のエネルギーと楽観主義の虜になる。市民の願望に自分を重ね合わせ、西ベルリンで変化のために戦うアーティストや指導者たちに強く共感する。

というキャラクターの歴史を作り上げてから役に挑んだのだとか。

映画情報どっとこむ ralph アクションやファッション、音楽だけでなく、シャーリーズ・セロンと対等に渡り合い、どこか危うげで怪しい魅力を放つデルフィーヌ役を好演するソフィア・ブテラと最強の女スパイ、ロレーンを演じたシャーリーズ・セロンとの濃厚で美しい妖艶なツーショットにも乞うご期待です!

アトミック・ブロンド

物語・・・
1989年、東西冷戦末期のベルリン。世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。イギリス秘密情報部MI6は凄腕の女性エージェント、ロレーン・ブロートンにリスト奪還を命じる。ベルリンに潜入中のエージェント、デヴィッド・パーシヴァルとタッグを組み任務を遂行するロレーン。彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという、もう1つのミッションがあった。リストを狙い、ベルリンに集結する世界各国のスパイ。誰が味方で誰が敵なのかわからなくなる状況下、ロレーンと世界の運命は?

公式HP:
http://atomic-blonde.jp/ 
Twitter:
@atomicblonde_jp

***********************************

監督:デヴィッド・リーチ(『ジョン・ウィック』共同監督、『DEADPOOL2(原題)』)

キャスト:シャーリーズ・セロン(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『モンスター』)、ジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN』シリーズ、『ウォンテッド』)、ソフィア・ブテラ(『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)、ジョン・グッドマン(『アルゴ』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)他

2017年/アメリカ映画/115分
配給:KADOKAWA 
© 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED. 


シャーリーズ・セロンら登壇『アトミック・ブロンド』ワールドプレミア at ベルリン


映画情報どっとこむ ralph アトミック・ブロンド』10月20日(金)より日本公開決定。
主人公の女スパイ、ロレーン・ブロートンを演じるのは、シャーリーズ・セロン。監督はデヴィッド・リーチ。共演に、ジェームズ・マカヴォイ、ソフィア・ブテラ、さらにジョン・グッドマン、トビー・ジョーンズなど実力派俳優が脇を固めいます。

そして、この度、7月17日(現地時間)に本作のワールドプレミアが物語の舞台となったベルリンにて行われました。

『アトミック・ブロンド』ワールドプレミア
開催日時:7月17日(現地時間)
開催場所:ベルリン ポツダム広場劇場
登壇:シャーリーズ・セロン、ソフィア・ブテラ ほか

映画情報どっとこむ ralph 本作の舞台となったベルリンにて行われて『アトミック・ブロンド』ワールドプレミア。

会場には大勢のファンが最強の女スパイ ロレーン・ブロートンを主演したシャーリーズ・セロン、ロレーンに接近する謎のフランス人スパイを演じたソフィア・ブテラを一目見ようと会場に集まった。


真っ赤なリップにクリスチャン・ディオールの真っ白なブラレットとハイウエストのマイクロミニスカートという大胆衣装を纏い、シャーリーズ・セロンが大歓声の中レッドカーペットに到着。

ファンのもとに駆け寄るとサインと写真撮影に応じた。
その後黒のロングドレスに身をつつまれたソフィア・ブテラをリードするように手をつなぎながらフォトコールに現れると、取材陣からの声掛けに応じた。

フォトコール中もシャーリーズとソフィアは終始談笑しており、その姿からも二人の親密さが伺えた。取材陣の元に駆け寄り、プレミア上映への期待のコメントを求められると

シャーリーズ:緊張と興奮が入り混じった気分。初めて作品を見せる機会なのでドキドキしてる!

ソフィア:女性を勇気づける素晴らしい作品に仕上がっていると思う。シャーリーズは驚異的な存在。参加できてすごく光栄。

と、それぞれコメント。

映画情報どっとこむ ralph その後上映前に劇場に姿を現したシャーリーズとソフィア。
シャーリーズ・セロンは会場に集まったファンに

シャーリーズ:今日まで長い旅でした。ベルリンを舞台にした作品を手掛け、この土地で撮影出来たことを誇りに思う。ベルリンの皆さまにお披露目できるなんて私達にとって本当に特別なひとときです。撮影に協力してくれた全てのクルー、あなたたちが一人でも欠けていたら、映画は完成しませんでした。ソフィア、あなたの素晴らしい才能に感謝してるわ。映画を楽しんで!ベルリンありがとう!

とすべてのキャスト・スタッフに感謝と尊敬の意を表し、隣に立つソフィア・ブテラと熱いハグを交わした。

アトミック・ブロンド』全米公開をいよいよ10日後に控え注目が集まる本作の続報に期待です!

日本公開は10月20日(金)より、全国ロードショー!



公式HP:
http://atomic-blonde.jp/ 
Twitter:
@atomicblonde_jp
FB:
@atomicblonde.jp
Instagram:
atomicblonde_movie

***********************************

監督:デヴィッド・リーチ(『ジョン・ウィック』共同監督、『DEADPOOL2(原題)』)

キャスト:シャーリーズ・セロン(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『モンスター』)、ジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN』シリーズ、『ウォンテッド』)、ソフィア・ブテラ(『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)、ジョン・グッドマン(『アルゴ』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)他 

2017年/アメリカ映画/115分/配給:KADOKAWA