「アップリンク渋谷」タグアーカイブ

前枝野乃加、小島祐輔、岡部哲也監督 登壇「歯まん」特別先行上映 舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph ゆうばり国際ファンタスティック映画祭をはじめ、・モントリオール世界映画祭、シッチェス映画祭な ど数々の映画祭に招待され受賞もしてきた日本映画界の新たなる異才・岡部哲也監督の最新作『歯まん』。3月2日の公開初日は満席となり、初回上映後の舞台挨拶には、主演を務めた前枝野乃加(元・馬場野々香)、小島祐輔、岡部哲也監 督が登壇しました。

「歯まん」特別先行上映 舞台挨拶
日時:3月2日(土)
場所:アップリンク渋谷
登壇:前枝野乃加、小島祐輔、岡部哲也監督

映画情報どっとこむ ralph 堂々の映画初主演を務めた前枝野乃加は、

前枝さん:この映画はインパクトが強い設定があるので、コメディに なるのか、純真なストーリーになるのかどちらに行くんだろう?と思ったんですが、岡部(監督)さん の演出のお陰で自分の中でもどんどん役柄にリアリティが出てきて、自分のことのように感じながら演 じられました。撮影してから完成された作品を観るまでに 2 年程かかり、今こうして多くの方に観て頂 けてとても有り難いです。

撮影されてからの長い道程をしみじみと語った。

ヒロインに惹かれながらも、ヒロインとともに異常事態に巻き込まれ衝撃の結末を展開させる男性役の小島さんは各国の映画祭で上映された本作について

小島さん:ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で北海道知事賞を頂いた時はビックリしましたね。北海道の知事さんがこの映画を観て下さったのかと思うと…(笑)。 前枝さんと顔を見合わせた覚えがあります。

と映画祭での思い出を語り、客席からどっと笑いが起きた。

今回が自身の監督作初の全国公開となる岡部監督は、

岡部監督:22 歳の時に脚本を書いた作品が 36 歳となった 今、ようやく公開されて本当に感慨深いです。時代がようやく『歯まん』に追いついたのだと思います。

と感動した面持ちで語った。3 人は仲睦まじい様子でスペインのシッチェス・カタロニア国際映画祭では

岡部監督:観て下さっていた方々が とてもテンションが上がった瞬間があって、スプラッタシーンで大爆笑が起きたんです。それを観ていて驚いたんですが、海外の方にも受け入れて頂けたみたいで嬉しかったですね。

と振り返り、本作のオリジナル T シャツを着て『歯まんを』アピール。大きな拍手に包まれ終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 歯まん

公式 HP:www.haman.link

女子高生・遥香は、初めてのセックスの最中に恋人を殺してしまう。突然吹き出す血飛沫に呆然とするが、原因が自らの肉体の 変化で恋人の局部が食いちぎられてしまうというものだった。恐怖に駆られた遥香はその場から逃げ出してしまう。家族、友人、誰にも 言えない不安と孤独が日々遥香を蝕んで行く。そんな日々の中、遥香は一人の男性と出会う。言葉を交わす機会が増えていく中で徐々に 惹かれていく遥香だったが……。遥香は肉体にかかった呪いを乗り越えることができるのか。
***********************************


馬場野々香 小島祐輔 水井真希 中村無何有 宇野祥平 泉水美和子 坂井天翠 古川真司 瓜生真之助 大石結介ほか

監督・脚本:岡部哲也
撮影:長谷川友美
照明:加瀬拓郎
録音:川井崇満 メイク:加藤由紀
衣装:岩田洋一 音楽:HIR・三枝伸太郎 配給:アルゴ・ピクチャーズ 配給協力:武蔵野エンタテインメント 2015/日本語/カラー/95 分/DCP/R18+
©2015「歯まん」
  


馬場野々香 監督の伝えたいことを表現しました!『歯まん』先行試写舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph ゆうばり国際ファンタスティック映画祭をはじめ、・モントリオール世界映画祭、シッチェス映画祭など数々の映画祭に招待され受賞もしてきた日本映画界の新たなる異才・岡部哲也監督の最新作『歯まん』。3月2日の公開に先立ち、特別先行上映がアップリンク渋谷にて開催されました。

今作は、『生と性と愛』がテーマのダークファンタジー。
自らの肉体の変化によって愛する人を殺してしまった少女の悲痛な叫びから、愛とはなにか?生きるとはなにか?という普遍的な問いかけを観客に突き付けてくる作品です。

上映後のトークイベントには、主演を務めた馬場野々香の他小島祐輔、中村無何有、水井真希、岡部哲也監督が登壇。

さらにスペシャルゲストとして『夜空はいつでも最高密度の青色だ』等を手がけた石井裕也監督も登壇し、本作の魅力をたっぷりと語りました。

「歯まん」特別先行上映 トークイベント
日時:1月28日(月)
場所:アップリンク渋谷
登壇:馬場野々香 小島祐輔 水井真希 中村無何有 岡部哲也監督 石井裕也監督

映画情報どっとこむ ralph 映画初主演を務めた馬場さんは、石井監督から「なぜこの役を受けたんですか?」と訊かれ、

馬場さん:岡部監督の熱意に触れて、この人にならついていけると思いました。観た人に「がんばったね」、「体張ってたね」と言って頂けることが多いんですが、私の頑張りよりも、監督が伝えたいことややりたいことが一番なので、監督の伝えたいことを表現できるようにとがむしゃらにやりました!

と岡部監督の熱意について語った。

馬場さん演じるヒロインと相対する女性を演じた水井さんは、馬場さんの発言に

水井さん:すごく演技上手だったよ。もっと自分のことアピールしてください。

と馬場に語り客席からは笑いが上がった。

映画情報どっとこむ ralph ヒロインと衝撃のシーンを展開させる男性役の小島さんは、

小島さん:岡部さんは自分をイメージして当て書きしてくださったので、自分自身はフラットに演じられました。自分の役よりヒロインの馬場さんがどうしたらもっと引き立つようのだろうかと、彼女の演技を間近で見ていたので考えながら演じました。

と馬場の芝居を絶賛した。

今回が自身の監督作初の全国公開となる岡部監督は、

岡部監督:みんなが頑張って力を貸してくれて、撮影した時には考えられないようなたくさんの人に見てもらえるようになった。

と述べて本作をアピールした。

映画情報どっとこむ ralph そして、本作に絶賛コメントも寄せた石井裕也監督は

石井さん:自主で自分の監督作をつくるということは、自分の生活や色々なものを削らなきゃできないこと。『歯まん』は大きい劇場では観られない特別なものを観られる映画。理不尽で横暴で、それでいてとても繊細な映画です。

と『歯まん』について語り、岡部監督・キャストを交えた熱弁に場内の雰囲気もヒートアップ。

最後は大きな拍手に包まれ、本作のヒットを予感させるトークセッションとなった。

歯まん

公式HP:
www.haman.link

物語・・・
女子高生・遥香は、初めてのセックスの最中に恋人を殺してしまう。突然吹き出す血飛沫に呆然とするが、原因が自らの肉体の変化で恋人の局部が食いちぎられてしまうというものだった。恐怖に駆られた遥香はその場から逃げ出してしまう。家族、友人、誰にも言えない不安と孤独が日々遥香を蝕んで行く。そんな日々の中、遥香は一人の男性と出会う。言葉を交わす機会が増えていく中で徐々に惹かれていく遥香だったが……。遥香は肉体にかかった呪いを乗り越えることができるのか。
***********************************

馬場野々香 小島祐輔 水井真希 中村無何有 宇野祥平 泉水美和子 坂井天翠 古川真司 瓜生真之助 大石結介ほか

監督・脚本:岡部哲也

撮影:長谷川友美
照明:加瀬拓郎
録音:川井崇満
メイク:加藤由紀
衣装:岩田洋一
音楽:HIR・三枝伸太郎

配給:アルゴ・ピクチャーズ
配給協力:武蔵野エンタテインメント

2015/日本語/カラー/95分/DCP/R18+
©2015「歯まん」


映画『LAPSE』の主題歌をラッパーのSALUが担当決定!


映画情報どっとこむ ralph クリエイティブチームBABEL LABEL(バベルレーベル)の藤井道人・山田久人プロデュースによる、3篇の未来を描いた映画『LAPSE』(ラプス)が、2019年2月16日(土)よりアップリンク渋谷にて公開となります。
BABEL LABEL(バベル レーベル)は、映画『青の帰り道』、『デイアンドナイト』(山田孝之プロデュース)、ドラマ「100万円の女たち」や「会社は学校じゃねぇんだよ」など、映画・ドラマ・広告・ミュージックビデオなど、ジャンルの壁を越えて新しい映像表現に挑戦しているクリエイティブチームです。

この度、映画『LAPSE』(ラプス)の主題歌を、ラッパーのSALUが担当することが決定し、情報が解禁。
楽曲名は「LIGHTS」(作詞:SALU、作曲:JIGG)です。

■SALU コメント
私も生きていて、繰り返してしまっていると感じることが多々あります。これは幼い頃の私が目にした光景だ、毛嫌いしていた大人に私はなってしまった、と。これは何もひとひとりの人生における話にはとどまらないことで、人類の歴史も同じことだと思います。だけれどそこに、人類は自分自身の意志で未来を切り開くことが出来るという一欠片の希望が必ず潜んでいるはずで、劇中でもがく彼らの姿を観ていてまさにこれが一欠片だと思い詩にしました。



映画情報どっとこむ ralph 映画『LAPSE』

2019年2月16日(土)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開

公式HP:
http://babel-film.com/

公式twitter:
https://twitter.com/lapse_movie


『SIN』(監督:志真 健太郎)
CAST:
栁 俊太郎、内田 慈 、比嘉梨乃、平岡亮、林田麻里、手塚とおる 他

STORY:
政府による教育管理が進んだ2062年。5歳のアマは政府公認の教育機関エルサに呼び出される。「20年後…アマ君はお母さんを殺す。その確率が高いんだ」エルサによって見せられたシミュレーションには、犯罪に手を染め、大切な人たちを傷つけてしまう、自分の暗い未来が映っていた。アマは告知された自分の未来に抗いながら、必死に生きていく。友人や親、好きな女性とともに運命は少しずつ変化し、“母親を殺す”25歳の誕生日を迎える。


『失敗人間ヒトシジュニア』(監督:アベラヒデノブ)
CAST:
アベラヒデノブ、中村ゆりか、清水くるみ、ねお、信江勇、根岸拓哉、深水元基 他

STORY:
クローンと人間が共生する2050年。20歳になった大学生のヒトシジュニアは突然、自分がクローン人間の失敗作なのだと聞かされ、彼女にも振られ、絶望の淵に立たされる。隣に現れたのは美女・初美(ハッピー)。初美も同じく親に捨てられたクローンの失敗作だった。20歳を迎えたクローンは、クローン元の人間に捨てられると国に回収され、破棄されるという。ヒトシジュニアは生きるため、育ての親を殺し戸籍を奪う決断を迫られる。


『リンデン・バウム・ダンス』(監督:HAVIT ART STUDIO/ハビット アート スタジオ)
CAST:
SUMIRE、小川あん 他

STORY:
人間が人工知能に医療を委ねている2038年。大学生のヨウは夢を見ていた。人工知能Satiによる延命治療を受ける10年間寝たきりの祖母の若い頃を想像し、一緒に深夜のダンスホールで踊っている夢。そこは彩り豊かな、音楽世界だった。ヨウは何でも分かっているように振舞うSati、それを頼りきっている家族に苛立ちを募らせていた。人工知能の法律改正によって祖母の延命中止が決まると、ヨウは大きな行動に出る。

***********************************


プロデューサー:山田久人/藤井道人
撮影:石塚将巳/佐藤匡/大橋尚広 照明:水瀬貴寛 美術:遠藤信弥 録音:吉方淳二/西垣太郎 音楽:岩本裕司/河合里美 助監督:滑川将人/大堀峻 編集:磯部今日平 VFX:関愼太朗/TweliG 装飾:澤田望 美術助手:湯本愉美 衣装:安本侑史 ヘアメイク:白銀一太/細野裕之/中島彩花 撮影助手:高橋潔/後藤あゆみ/赤松亨/鶴原優子/秋戸香澄/雨宮秀宜/田島学 照明助手:福地賢治/横山淳/小田部将弥 ヘアメイク応援:岡本紀子/鍵山あきこ/河本花葉 制作:玉木南美/歌谷康祐/舞木ひと美/江毓軒/フミヤアリミツ/小座間陸 デザイン:梶生彩奈 スチール:市川唯/坂功樹/柳瀬渉 宣伝:矢部紗耶香/平井万里子 アシスタントプロデューサー:大橋和実
製作:BABEL LABEL 配給:アークエンタテインメント


めでたい!発表も!『高崎グラフィティ。』初日舞台挨拶 @アップリンク渋谷


映画情報どっとこむ ralph 次代を担うクリエイターの発掘・育成をめざして立ち上げた映像コンテスト「未完成映画予告編大賞」=「MI-CAN」。その第1回グランプリを受賞した「高崎グラフィティ。」がご当地の高崎での先行上映に続き、8月25日(土)に全国公開となりました。

アップリンク渋谷での初回上映後、川島直人監督、主演の佐藤玲をはじめ、岡野真也、中島広稀、三河悠冴が登壇して舞台挨拶が行われました。


日程:8月25日(土)
場所:アップリンク渋谷 (渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階)
登壇:佐藤玲 岡野真也 中島広稀 三河悠冴 川島直人監督

映画情報どっとこむ ralph 満員の客席に監督は満面の笑みで

川島監督:まあ、想定の範囲内ですけど…本当にありがとうございます! こんなふうに満員での初日、嬉しく思っています。

と何度も頭を下げた。川島監督と同じ日本大学藝術学部の学生だった佐藤さんが、卒業間際に監督に送ったメッセージがきっかけで始動したという今回の企画。

佐藤さん:『映画学科にすごい監督がいる』と聞いて、2015年3月の大学の卒業式の前日に『何かやってみませんか?』と連絡し、そこから今日までかかってやっと映画1本ができて感慨深いです、いろんな方の支えがあったので感謝の気持ちでいっぱいです。『できた!』という実感がわいたのはやっと最近でして…。『まだやることがいっぱいある…』と思ってるうちに先週の高崎での公開を迎え、そこからフワッと巣立っていったような感じでなかなか実感わかないです。

と心境を明かすと、

川島監督:何度も言ってますが、玲さんからDMが来たときは、新手の詐欺だと思いました(笑)。クリックしたら請求されるんじゃないかと思ったんですが、(メールに)熱い思いがあって、それを何とか実現したいと走ってきて、素晴らしいキャストやスタッフと合流して、お客さんにやっとバトンを渡せました。

と喜びを口にした。

岡野さん:(メインキャストの)5人の仲の良さが一番大切なので、『引かれるんじゃないか?』って勢いで仲良くしようと、出会って2回目くらいで、私のダメなところもいいところも全部を教えましょう!ってくらいの感じで接しました。手をつないで入ってきたいくらい、仲良くなってここまで来たので、その空気感をたくさんの人に作品として受け取ってもらえるのは感慨深いです。

と語ります。

中島さん:全国公開を迎えて・・完成した作品はスタッフさんや関係者と見たので、どうだったかと言いづらいので、早くお客さんと見たいです。お客さんの反応をダイレクトに感じたときに、改めてわかるのかなと思います。

と劇場で観客と一緒に鑑賞することを熱望。

東大を受験する高校生を演じて、

三河さん:東大の参考書を買って、(ロケ先の高崎の)ホテルに持って行ったんですけど、ホテルに漫画がいっぱいあってずっと漫画読んでました(笑)。川島さんに『作りこむな』と言われたのでいいやと…。

と明かした。この日は残念ながら欠席となった萩原利久さんを含む男子組は、夜な夜な、翌日の撮影に備えて練習を重ねていたそうで・・・

中島さん:台本が当日に変わって、違うことをさせられるので、前日に集まって『こうくるんじゃないか?』とやってたんですが、現場に行くと(予想と)全然違うんです。

と苦笑い。

川島監督:(台本上で)最初は固いセリフだったのが、だんだんみんなの言葉でセリフを書けるようになって、当日にセリフを渡したんですが、大変だったと思うけど、役者人が頑張ってくれました。

と俳優陣の奮闘をたたえた。

映画情報どっとこむ ralph そして、この日はおめでたい報告が!

川島監督:18日(土)の(高崎での)公開初日に入籍いたしました! 証人が必要で、ずっと一緒に映画を作ってきた(撮影監督の)武井(俊幸)に書いてもらって、めでたい日になりました!

とニッコリ。さらに、

岡野さん:6月に入籍いたしました!

と報告し、会場は温かい拍手に包まれた。

川島監督:縁起のいい作品になりました。これを見たら、幸せになれると言いふらしてください。ご利益があります!

と語り、

岡野さん:こんなにたくさんの方に祝福していただけて嬉しいです。演技への気持ちは全く変わっていないので、これからもますます頑張っていきたいです。

と抱負を口にしました。


『高崎グラフィティ。』

絶賛公開中!!

物語・・・
群馬県高崎市を舞台に高校の卒業式を終えてからはじまる、5人の男女の数日間を描いた青春群像劇。幼なじみの、美紀、寛子、優斗、直樹、康太の5人は、高校を卒業してそれぞれが未来への夢や不安を抱えていた。そんな中、美紀の父親が進学のための入学金を持ったまま失踪。年上の彼氏との結婚生活を夢見ていた寛子も、彼氏への不信感を募らせる事態が。自動車修理工場を営む父との確執を抱えた優斗は、ふとしたはずみで犯罪に巻き込まれていく。直樹と康太もそれぞれに心に抱えた屈折を持て余していた。クラスメイトなのにそれぞれが抱える夢や悩みも知らなかった5人は、卒業パーティーの一夜をきっかけに衝突しあいながらも友情を育み、自らの人生の新たな一歩を踏み出していく…

***********************************


佐藤 玲  萩原 利久  岡野 真也  中島 広稀  三河 悠冴

監督:川島直人  脚本:小山正太  音楽:長尾洋輔  製作:長坂信人 エグゼクティブプロデューサー:神 康幸  
プロデューサー:利光佐和子 松永弘二  協力プロデューサー:木城愼也 井上 潔 撮影:武井俊幸 照明:山本浩資 録音:柳田耕佑
助監督:東條政利 美術・装飾:平原孝之 衣裳:高橋幸希 ヘアメイク:杉本妙子 キャスティング:新江佳子 制作担当:髙橋恒次
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド  配給:エレファントハウス  ©2018 オフィスクレッシェンド HP:takasaki-graffiti.com


トランプ政権、シリア攻撃と同日に劇場公開! シリア人ジャーナリストが苦言 映画『ラッカは静かに虐殺されている』


映画情報どっとこむ ralph シリア内戦をテーマにした映画『ラッカは静かに虐殺されている』が14日に公開初日を迎え、アップリンク渋谷では土日全回満席になるなど大ヒットスタートを切った。

同日、都内・アップリンクにて開催されたトークショーに、シリア人ジャーナリストのナジーブ・エルカシュさんとアラブ思想・シリア文化研究者の岡崎弘樹さんが出席。
奇しくもこの日、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したとして、米トランプ政権と英・仏が共同でシリアに対する軍事攻撃に踏み切ったというニュースが飛び込み、この事態に対して両氏が言及した。

日付:4月14日
場所:アップリンク渋谷
登壇:
ナジーブ・エルカシュ(シリア人ジャーナリスト)
岡崎弘樹(アラブ思想・シリア文化研究者)

映画情報どっとこむ ralph 本作は、イスラム国(IS)に支配され、混迷を深めるシリア北部の街ラッカの惨状をインターネットを駆使して世界に発信している市民ジャーナリスト集団「RBSS/Raqqa is Being Slaughtered Silently」の命懸けの活動を追うドキュメンタリー。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた『カルテル・ランド』のマシュー・ハイネマン監督がメガホンを取っている。


シリア攻撃の一報に対して、日本の新聞社からコメントを求められ
エルカシュさん:私にとっては、今日は特別な日ではない。虐殺はずっと続いている。なぜ、トランプ政権が攻撃したときしか取材しないのか?

と苦言を呈したことも明かした。一方、

岡崎さん:“今日の攻撃はどうか”ということよりも、それを踏まえながら、もっと大きな議論を作っていくことが大事だ。

と強調した。

映画情報どっとこむ ralph 戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。その中で過激思想と武力で勢力を拡大するISが、

岡崎さん:ユーフラテスの花嫁」と呼ばれた美しい街ラッカを制圧。本作では、その生死の狭間で戦うRBSSの姿を追っているが、「ラッカは、素晴らしい宝の山。内戦によって荒廃した街を整備すれば、一大観光地になるようなところ。同時に有能な作家、ジャーナリスト、小説家を数多く輩出していて、歴史と文明が揃った街でもあります。

と称える。そんな平和で才能溢れる街が、なぜ虐殺の対象になったのか。
岡崎さん:シリア人ではない外国人戦闘員がISの中核。ラッカにいるスンニ派の部族が、宗派感情などをうまく利用されながら、次第に取り込まれていったのではないか。

と述べた。

また、「RBSSの面々は顔を出して発言しているが、その反面、危険度も増すのでは?」という観客からの問いに対して、

エルカシュさん:今月6日に、早稲田大学の講義で、Skype中継を通じてRBSSのメンバーの1人、ハッサン・イーサ本人と話ましたが、彼が言うには、『シリア政府はフェイクニュースが非常に多く、“本当はISのメンバーではないのか?”などという、あらぬ疑いをかけられたため、それを払拭するために顔と実名を公表するという行動に出た』と説明していた。彼らは未だに命の危険にさらされている。潜伏先のドイツから今は別の国に移動し、セキュリティのしっかりしたところに隠れて生活しているようです。

と現状を話されました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ラッカは静かに虐殺されている』は、アップリンク渋谷、ポレポレ東中野で大ヒット公開中です。

<『ラッカは静かに虐殺されている』公開記念トークショー>

4月21日(土) 13:00回上映後

会場:アップリンク渋谷
ゲスト:白川優子(国境なき医師団)、横田徹(報道カメラマン)

4月22日(日)13:00回上映後
会場:アップリンク渋谷
ゲスト:安田菜津紀(ジャーナリスト)、望月優大(ライター・編集者)


映画情報どっとこむ ralph 映画『ラッカは静かに虐殺されている

次々と殺されていく仲間や家族。そして暗殺の魔の手は、自らにも忍び寄る。

ドキュメンタリー史上、最も緊迫した90分

戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。2014年6月、その内戦において過激思想と武力で勢力を拡大する「イスラム国(IS)」がシリア北部の街ラッカを制圧した。

かつて「ユーフラテス川の花嫁」と呼ばれるほど、美しかった街はISの首都とされ一変する。爆撃で廃墟と化した街では残忍な公開処刑が繰り返され、市民は常に死の恐怖と隣り合わせの生活を強いられていた。海外メディアも報じることができない惨状を国際社会に伝えるため、市民ジャーナリスト集団“RBSS”( Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)は秘密に結成された。

彼らはスマホを武器に「街の真実」を次々とSNSに投稿、そのショッキングな映像に世界が騒然となるも、RBSSの発信力に脅威を感じたISは直ぐにメンバーの暗殺計画に乗り出す。


公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/raqqa/

公式Twitter:
@raqqamoviejp
***********************************

監督・製作・撮影・編集:マシュー・ハイネマン(『カルテル・ランド』)

製作総指揮:アレックス・ギブニー(アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞『闇へ』監督

(2017/アメリカ/92分/英語・アラビア語/1:2.35/5.1ch/DCP)

配給・宣伝:アップリンク