「アップリンク」タグアーカイブ

映画館「アップリンク吉祥寺」開業に向けクラウドファンディング9/5スタート!


映画情報どっとこむ ralph アップリンクは2018年12月に開業する映画館「アップリンク吉祥寺パルコ(通称:アップリンク吉祥寺)」のクラウドファンディングを9/5より実施します。

実施に合わせて、コンセプト動画を解禁いたします。


「アップリンク吉祥寺」は、小さな5つのスクリーンのミニシアターコンプレックスです。音響にこだわりぬき、居心地の良さをシートと空間デザインで提供します。

クラウドファンディングのリターン(特典)には、ぬQ、小島こたお (あヴぁんだんど) +友沢ミミヨ親子、河村康輔、根本敬によるオリジナルコラボグッズのほか、現在入手困難なお宝商品を厳選した「セレクトグッズ」、今しか開講できない、映画館作りをリアルタイムで学ぶ4日間限定ワークショップへの参加権も用意しました。

そして、支援者全員に「アップリンク吉祥寺」オープンと同時に開始する新会員システム「アップリンク会員」としての特典をご提供します(1年間有効)。

映画情報どっとこむ ralph ■■■実施概要■■■

・プラットフォーム:クラウドファンディングサービス「PLAN GO」
http://plango.uplink.co.jp/project/s/project_id/74
※9月5日(水)正午にオープン致します。

・期間:2018/9/5(水)~2018/10/31(水)
・支援コース数 全25コース
(法人向けを除く全コースに「アップリンク会員」(1年有効)付き)
・目標金額  25,000,000円

映画情報どっとこむ ralph ■■■支援コースのご紹介■■■

●アーティスト・コラボ
アップリンクゆかりのアーティスト5名が「アップリンク吉祥寺」のために新たにデザインした4つのアイテム!
・ぬQの「ふたこ&一郎」手ぬぐい
・小鳥こたお+友沢ミミヨの「MAMEOYAKO」トートバック
・河村康輔の「シュレッダー&ミックス」ペンケース
・根本敬の一点もの手描き「誕生」マグカップ

●アップリンク・クラウド視聴クーポン
オンライン映画館「アップリンク・クラウド」にて、アップリンク配給作品50本を1年間視聴できるクーポンをプレゼント。
オンライン初公開となる、寺山修司のインタビューと旗揚げ公演を含む『天井桟敷ビデオ・アンソロジー』、坂井真紀さんのデビュー作『90日間トテナム・パブ』を含むコースも!

●4日間集中ワークショップ ~「アップリンク吉祥寺」ができるまでをリアルに体験~
将来映画館を作りたい人、映画館が出来上がるプロセスをリアルタイムに体験したい人、「アップリンク吉祥寺」を応援したい!と思ってくださる方を対象に行う4日間集中コース。ナビゲーターは浅井隆(アップリンク代表)です。

●オンラインチケット先行販売!ほか特典満載の新「アップリンク会員」
・通常上映の料金がお得に!
・オンライン券を1日はやく先行販売!
・映画館コーヒー、ソフトドリンク、ビールが100円引き! ほか


その他、全コースはクラウドファンディングサイト「PLAN GO」をご覧ください
http://plango.uplink.co.jp/project/s/project_id/74
※9月5日(水)正午にオープン致します。

***********************************



『ラ・チャナ』日本の公開にあわせ、伝説のフラメンコダンサー:ラ・チャナ本人からメッセージ動画到着


映画情報どっとこむ ralph この度、世界中の人々を虜にした伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱の人生を描くドキュメンタリー映画『ラ・チャナ』が、いよいよ今週末2018年7月21日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開いたします。


日本公開に合わせ、ラ・チャナからのメッセージが到着しました。




ラ・チャナからのメッセージ

わたしの映画が日本で上映されることに本当に感謝しています。

日本に行き、皆さんと一緒にいることができたら本当に喜ばしいことですが、それは叶いません。

気持ちとしては、日本に行きたいのですがでも今私はこうしてここで、皆さんと話をしています。
皆さんへの愛を持って。


自分でも気が付かなかったけど体調も悪かったのです。
でも治ってからは、とても強くなったので今は踊ることができるのです。
先日はニューヨークで、とても力強く踊る事ができました。
日本に是非行きたいです。

私は今とても幸せです。
本当のものが、自分の周りにあればお金や栄光は必要ないのです。

私は世界中から偉大だと言われることがありますが私はそうは思いません。
偉大ではありません。

私は普通の女性で、たくさんの愛がこの作品に詰まっています。

皆さんを愛しています。

映画情報どっとこむ ralph ラ・チャナ

公式HP:
http://www.uplink.co.jp/lachana

Twitter:
https://twitter.com/lachana_jpn

笑い、吠え、踊り、生きる!

結婚、出産、キャリアの頂点での引退、どん底からの復帰と、迫りくる老い——現在71歳 、伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱の人生と情熱の源に迫る。

若くしてその才能を開花させたラ・チャナ(本名アントニア・サンティアゴ・アマドール)は、18歳で結婚・出産。夫がマネージャーとなりフラメンコダンサーの活動をつづけた。ダリを魅了し、映画『無責任恋愛作戦』で共演したピーター・セラーズにハリウッドに招かれるも、封建的なヒターノ(ジプシー)社会で女性が自らの意見を言うことは許されず、彼女がハリウッドに進出することはなかった。その後も彼女の人気は衰えることを知らず、テレビ出演や世界ツアーなど、全てのアーテストが目指す頂点にいたラ・チャナだったが、ある日突然、表舞台から姿を消した。

本作では、彼女をとりまく状況を丁寧に解き明かしていく。結婚、出産、キャリアの頂点での引退、男性社会で女性が活躍することの難しさ、家庭内暴力、そしてどん底からの復帰と、人生を共に歩む運命の相手との出会い、迫りくる老い――ラ・チャナの人生は困難に満ちたものだったかもしれない。しかし、絶望すら受け入れ前に進む強さを彼女は教えてくれる。画面からあふれださんばかりのパワフルな踊りとチャーミングな人柄、そして生み出す言葉の一つ一つが私たちを魅了する。


世界中の映画祭で観客賞を受賞!!

アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
ブダペスト国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
ガウディ賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
フェロス賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
ドック・オブ・ザ・ベイ映画祭 観客賞&SADE賞受賞
レ・ボーチ・デル・インチエスタ 観客賞受賞
ヨーロッパ映画賞 ドキュメンタリー部門ノミネート
カナディアン・ドキュメンタリー国際映画祭 観客賞ノミネート

***********************************

監督:ルツィア・ストイェヴィッチ
出演:ラ・チャナ、アントニオ・カナーレス、カリメ・アマヤ、ほか
(2016年/スペイン、アイスランド、アメリカ/86分/カラー、モノクロ/16:9)

提供・配給・宣伝:アップリンク
提供・宣伝:ピカフィルム


デヴィッド・リンチ好きはマストなパーティーが7月14日(土) 原宿ZipZapにて開催決定!!


映画情報どっとこむ ralph 7月4日(水)に同時リリースされた 『ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ』『デヴィッド・リンチ:アートライフ』ソフト発売を記念したパーティーの開催が決定しました。


当日は、ゲストによるトークをはさみながら、ビュッフェ形式のお食事&フリーフロー・ドリンクと、デザートにはこの夜限定のリンチ・ケーキをお楽しみいただけるほか、リンチによる版画作品の展示、さらにリンチ・ファン垂涎の秘密のおみやげも用意されます。

このパーティーは、リンチがプロデュースしたオーガニックコーヒー「デヴィッド・リンチコーヒー」や、 ブラックロッジ・ケーキやブルーベルベット・ケーキなど、リンチ作品をイメージしたオリジナルスイーツを提供している渋谷のCAFE: MONOCHROMEによる主催です。

映画情報どっとこむ ralph CAFE: MONOCHROME presents
DAVID LYNCH LIMITED EVENT

日時▶︎2018/07/14(土) 18:00~21:00
会場▶︎原宿ZipZap
トークゲスト▶︎マキヒロチさん(漫画家)、松崎健夫さん(映画評論家)、内藤理恵子さん(南山大学宗教文化研究所非常勤研究員、映画評論家)
チャージ▶︎¥6,000
主催▶︎CAFE: MONOCHROME
協賛▶︎アップリンク、TCエンタテインメント
展示協力▶︎小山登美夫ギャラリー
©︎David Lynch, Courtesy Item Editions

<お申し込み&詳細>
CAFE: MONOCHROME
http://cafemonochrome.com/

映画情報どっとこむ ralph 『ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ』 Blu-ray&DVD発売情報
発売日:2018年7月4日(レンタル同時開始)
数量限定生産のBlu-ray BOXには約8時間にも及ぶ特典映像を収録! さらにデイヴィッド・リンチによるスペシャル・パッケージ!
<数量限定生産>ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ Blu-ray BOX
価格:19,800円+税
品番:PJXF-1150
ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ DVD-BOX
価格:12,800円+税
品番:PJBF-1263
(C) TWIN PEAKS PRODUCTIONS, INC. (C) 2018 Showtime Networks Inc. SHOWTIME and related marks are registered trademarks of Showtime Networks Inc.,A CBS Company. All Rights Reserved.


『デヴィッド・リンチ:アートライフ』DVD発売情報
発売日:2018年7月4日(レンタル同時開始)
デヴィッド・リンチ:アートライフ DVD
価格:3,800円+税
品番:TCED-4065
(C)Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

***********************************



3/8は国際女性デー:シリア国境の町でラジオ局をはじめたディロバン・キコインタビュー


映画情報どっとこむ ralph 瓦礫と化した街で女子大学生がはじめたラジオ局『ラジオ・コバニ』。
ラジオから聞こえる彼女の「おはよう」が、今日も街に復興の息吹を届ける。

映画『ラジオ・コバニ

は、5月12日(土)より、アップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次公開

3月8日は国際女性デーに併せ、シリア国境の町でラジオ局をはじめたディロバン・キコインタビュー が届きました。
(2017年12月27日、ラベー・ドスキー監督を通じてメールにてオフィシャル取材)

映画情報どっとこむ ralph
―「イスラム国」(IS)との戦闘で瓦礫と化したシリアの街コバニでラジオ局を立ち上げ、「おはよう コバニ」の放送を始めた経緯を教えてください。

ラジオは2014年に始めました。私自身が自分にとって役に立つ正確な情報を求めていたからです。コバニからトルコに逃げている時、私はコバニで何が起きているのか知るために、ずっとFacebookを見ていました。父と兄がコバニの街を守るために戦っていたので、とても心配だったのです。そういった経験から、コバニに戻って「おはよう コバニ」を始めることにしました。自分や
他の女性たちに必要だったのです。


―映画の女性たちの強さに惹かれました。武器を持ち闘う女性の戦闘員がいるのもそうですが、あなたや住民の意思の強さを感じました。その強さについてあなたはどう考えていますか?

中東に生きる女性の人生は過酷です。「イスラム国」(IS)であれ、男性が作った他のシステムであれ、その中で生きるのは厳しいことです。女性は男性たちの性の対象と見なされ、家の中に閉じ込められます。しかし、シンジャールでISが3000人以上の女性と子供を拉致し、性奴隷として売ったことを知り、私たちは立ち上がりました。コバニにISが攻めてきた時、私たちは逃げるか、戦うしか選択肢を持ちませんでした。

コバニの女性たちの多くがシンジャールのヤジディ教徒のようになりたくなかったのです。あるものは逃げ、あるものは自らの名誉を守るために武器を手にして戦いました。この戦争によって、女性の地位は以前より向上したとおもいます。


―映画は「まだ生まれていない子供への手紙」によって語られていく構成ですが、ラベー・ドスキー監督から手紙を書くよう依頼を受けてどう思いましたか?

「まだ生まれていない子供への手紙」のアイディアが固まったのは、撮影が進み、戦争の状況も進展してからです。子供と言われて最初は戸惑いましたが、ラベーから新しい世代のメタファーだと聞き納得しました。自分の身に起きたことをすべて書き、彼が手紙としての形を整えるために多少手を加えました。それは、日常的に書くような手紙ではないので、もちろん大変でした。自分の感情について語るのは難しいし、私には子供がいないので、子供に宛てて書くという点も難しかったです。また、私は悲惨なことを知りすぎていたために、最初はうまく文章にできませんでした。自分自身の記憶、友達の死、街から逃げたこと、私にとって戦争とは何か。どれも書くのは大変でした。


―映画は2014年~2016年のコバニを捉えています。現在の様子ついて教えてください。

コバニの街は敵に囲まれています。片方はトルコに、他方はシリアやイラクなどにです。コバニが解放されてから、トルコ当局により国境が封鎖されました。ISを支持するトルコ大統領のレジェップ・タイイップ・エルドアンは、ISの敗北を何が何でも受け入れようとしないのです。980kmも続くロジャバ(シリア北部)との国境に壁を作り、通行を禁じています。また、エルドアンはイラクの北部との国境も封鎖し、私たちの街の再建を阻もうとしています。再建に必要なセメントや鉄が手に入らないのです。コバニの街の再建こそが多くの雇用をうむのに、人々は働く機会も得られず、現時点で街の60%が放置されたままです。戦争の間は世界がコバニに注目していたのに、戦争が終わった今、皆はコバニを忘れてしまっています。国際的な支援組織は特にそうです。


―最後に、最近いちばん楽しかったことを教えてください。

パートナーがサプライズで私を喜ばせてくれました。結婚1周年の記念日に、レストランに連れていってくれたのですが、そこに大勢の友達も招いていたのです。友達と一緒に結婚記念日を祝いたいと考えてくれたのはうれしい驚きだったし、私にはない発想でした。その後、もう1つ素晴らしい変化がありました。戦争が始まる前、私はアレッポ大学で社会学を学び、教師を目指していたのですが、戦争のせいで仕方なく学業を中断し、コバニに戻ったのです。

でもこの1年で短期間の教習コースを修了し、ラジオを辞め新しい職を得ました。私は今は小学生を教えています。教師になるという夢がついに叶いました。ラジオは友人たちが続けています。今は教師として伸び盛りの子供たちをサポートできてとても幸せです。多くの子供たちが心に傷を負っており、私もまた同じ悲惨さを経験してきました。大人は悲惨さを自分の中で処理できますが、子供たちはそうではありません。そうした子供たちを少しでも助けられることがうれしいのです。この場所からコバニに希望を取り戻し、教育を通じて、憎しみを持たない新しい世代を育てたいと願っています。

映画情報どっとこむ ralph
映画『ラジオ・コバニ

2018年5月12日(土)より、アップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次公開

公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/kobani/

Twitter:
@RadioKobaniJP

トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014年9月から過激派組織「イスラム国」(IS)の占領下となるも、クルド人民防衛隊(YPG)による激しい迎撃と連合軍の空爆支援により、2015年1月に解放された。人々はコバニに戻って来たが、数カ月にわたる戦闘で街の大半が瓦礫と化してしまった。

そんな中、20歳の大学生ディロバンは、友人とラジオ局を立ち上げ、ラジオ番組「おはよう コバニ」の放送をはじめる。
生き残った人々や、戦士、詩人などの声を届ける彼女の番組は、街を再建して未来を築こうとする人々に希望と連帯感をもたらす。監督は、自身もクルド人のラベー・ドスキー。地雷や戦車を越えコバニに赴き戦地での撮影を敢行、クルド人兵士によるIS兵士の尋問にも立ち会った。

本作を、戦死したクルド人兵士の姉に捧げている。

***********************************

監督・脚本:ラベー・ドスキー
(2016年/オランダ/69分/クルド語/2.39:1/カラー/ステレオ/DCP)
配給:アップリンク
字幕翻訳:額賀深雪
字幕監修:ワッカス・チョーラク


名優ハリー・ディーン・スタントン『ラッキー』にコメント第一弾到着!!


映画情報どっとこむ ralph この度、 名優ハリー・ディーン・スタントン最後の主演作『ラッキー』が、2018年3月17日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、 ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開いたします。
本作は、自由で堅物で一匹狼、90歳の頑固じいさんラッキーとちょっと風変わりな街の人々の交流を描いた物語。そして、 名バイプレイヤーとして知られるジョン・キャロル・リンチが、『パリ、テキサス』『レポマン』『エイリアン』など200本以上の作品に出演したハリー・ディーン・スタントンの人生になぞらえて描いたラブレターともいえる初監督作品。


兼ねてよりハリー・ディーン・スタントンの大ファンだという俳優の竹中直人さんから、アメリカ文学研究者で翻訳家の柴田元幸さんをはじめ、各界の著名人から、ハリー・ディーン・スタントンへの愛に溢れたコメント第一弾が到着しました。

コメントページ: http://www.uplink.co.jp/lucky/#comments

映画情報どっとこむ ralph <映画『ラッキー』に魅了された著名人からのハリー・ディーン・スタントンへの愛が込められたコメント第一弾到着!!>

*敬称略・順不同

竹中直人(俳優・映画監督)
大好きだったハリー・ディーン・スタントンがずっとずっと仏頂面をしているんだ。なんだか観ていてやんなっちゃう。
でも…でもね…ハリーが歌い出すんだ。メキシコの素敵な家族の前で… 是非スクリーンでハリーの姿を見届けて欲しい。ハリーの美しく優しさに満ち溢れた歌声を…

柴田元幸(アメリカ文学研究者/翻訳家)
主役のハリー・ディーン・スタントンはもちろん素晴らしいが、逃げられた100歳の亀について誰かが切々と語る場面があるだけでこの映画を好きにならないわけにはいかない。その誰かを演じているのがデヴィッド・リンチだというのはほとんどおまけのようなものである。

清水崇(映画監督)
本作は、今の僕らに地続きだ。ラッキーのような老人は世界中にいるし、彼のような老人を蔑み、小馬鹿にする人もよく見かける。自分も老人になっていっているのに……?僕が年老いた時、偏屈でも穏やかに自分らしく生きられるだろうか。役者が役者を見つめる本作には、劇的な要素など無い。先輩名優への監督の眼差しに、全ての人への優しさを感じた。

いましろたかし(漫画家)
死は各自色々であろうし誰でも死ぬのだが砂漠の中の小さな街をトボトボと歩き人と他愛ない話をしながら老いて死ぬのはやっぱりラッキーなのではないのだろうか?映画は全てを語るものではないし、ましてや詩的でノンストーリーの映画となれば
それを観た自分の印象が全てだと思ってるので、ああラッキーはツキがある奴だなあと感じた次第です。結構笑えました。

百々和宏(ミュージシャン/MO’SOME TONEBENDER)
若い頃は「どうせ俺たち死に向かって歩く囚人だから~」なんて嘯(うそぶ)く歌が好きだったが、人生も半ばを過ぎりゃ死生観も変わる。終末を意識し始めた頑固ジジイ・ラッキーの懺悔にシンパシーを感じ、彼を見つめる周囲の暖かい眼差しにホッコリし、自由を求め脱走したリクガメを応援したくなる。私もこの映画の登場人物になりたいと思った。

コメント第ニ弾は以下!
http://eigajoho.com/102185
映画情報どっとこむ ralph 映画『ラッキー

2018年3月17日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/lucky/

公式Twitter:
@LuckyMovieJP


銀行強盗もしない、飛行機から飛び降りもしない、人助けもしない。
「人生の終わり」にファンファーレは鳴り響かない。

全ての者に訪れる「死」。
90歳の気難しい現実主義者ラッキーがたどり着いた、ある答え。

神など信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚まし、コーヒーを飲みタバコをふかす。いつものバーでブラッディ・マリアを飲み、馴染み客たちと過ごす。そんな毎日の中でふと、人生の終わりが近づいていることを思い知らされた彼は、「死」について考え始める。子供の頃怖かった暗闇、去っていったペットの亀、「エサ」として売られるコオロギ——小さな街の人々との交流の中で、ラッキーは「それ」を悟っていく。
現実主義で一匹狼、すこし偏屈なラッキーを演じるのは、2017年9月に亡くなったハリー・ディーン・スタントン。名バイプレイヤーとして知られるジョン・キャロル・リンチが、全ての者に訪れる人生の終わりについて、スタントンの人生になぞらえて描いたラブレターともいえる初監督作品である。また、ラッキーの友人役として、映画監督のデヴィッド・リンチが出演。実際、長きにわたる友人である彼らを当て書きした脚本は哲学的で示唆に富んでおり、彼らの“素”を思わせるやりとりを見ることができる。

***********************************

監督:ジョン・キャロル・リンチ(『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』出演)
出演:ハリー・ディーン・スタントン(『パリ、テキサス』『レポマン』『ツイン・ピークス The Return』)、デヴィッド・リンチ(『インランド・エンパイア』『ツイン・ピークス』監督)、ロン・リビングストン(『セックス・アンド・ザ・シティ』)、エド・ベグリー・ジュニア、トム・スケリット、べス・グラント、ジェイムズ・ダレン、バリー・シャバカ・ヘンリー
2017/アメリカ/88分/英語/1:2.35/5.1ch/DCP
配給・宣伝:アップリンク
(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved