「アップリンク」タグアーカイブ

CAFE:MONOCHROME、十誡、Tabela“デヴィッド・リンチ的”コラボドリンク提供決定!


映画情報どっとこむ ralph 2018年1月27日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開となる、映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』の公開にあわせて、リンチコーヒーが飲める渋谷のCAFE:MONOCHROMEや、リンチ書籍も並ぶブックライブラリースタイルのカフェ・バー、十誡との豪華コラボレーションが実現。

さらに映画をイメージしたドリンクを提供してくれるカフェレストラン、バーのお店を募集です!


映画情報どっとこむ ralph リンチの世界観が融合した魅惑のコラボレーション

◆CAFE:MONOCHROME×『デヴィッド・リンチ:アートライフ』

コーヒー好きのリンチはリンチは自らのブランドによるオーガニックコーヒー豆「DAVID LYNCH COFFEE」作っている。その貴重なコーヒーが飲める渋谷のCAFE:MONOCHROMEでは映画からインスパイアされたケーキセットとクッキーを限定発売いたします。
・アート・ライフWITHダギーズチョコレートケーキセット 1,500円
映画『デヴィッド・リンチ:アート・ライフ』のメインビジュアルクッキーと『ツイン・ピークス The Return』でダギーが食べているチョコレートケーキをコンビネーションさせたスイーツセット。デヴィッド・リンチコーヒーとの相性、抜群です。

・デヴィッド・リンチ:アートクッキー3枚セット 1,200円
映画『デヴィッド・リンチ:アート・ライフ』に登場するアート作品がクッキーに。

■期間:1月20日(土)~

CAFE:MONOCHROME
東京都渋谷区宇田川町4-10 渡辺ビル201
tel.03-6452-5735

http://cafemonochrome.com/

※不定休につき営業日時はHPにて。

映画情報どっとこむ ralph ◆Bar十誡×『デヴィッド・リンチ:アートライフ』

”好事家の書斎”をコンセプトとした、感性を限りなく刺激するブックライブラリースタイルのカフェ・バー、十誡。壁一面に鎮座する書架の中には、デヴィッド・リンチの書籍も並びます。リンチの脳内をイメージした魅惑のカクテルで幻想的なひとときを。
・Melancholic(天上の憂鬱) 1,700円

コーヒー通であるデヴィット・リンチ監督をイメージしたエスプレッソマティーニです。オレンジビターズを一滴加えたビターでダークな味わい。グラスを飾る真っ赤な飴細工が、言語化不可能なリンチの脳内やメランコリックな感覚をイメージしています。

■期間:1月18日(木)18:00~

Bar十誡
東京都中央区銀座5-1-8 銀座MSビル地下二階
tel.03-6264-5775

https://www.zikkai.com/

※月曜定休日


映画情報どっとこむ ralph ◆Tabela×『デヴィッド・リンチ:アートライフ』

アップリンク渋谷の併設のカフェTabelaにて、映画『ブルーベルベッド』をイメージしたカクテルが公開日より登場。『デヴィッド・リンチ:アートライフ』の他にも、過去作を一挙上映する「デヴィッド・リンチの映画」特集上映も開催。
・ブルーベルベッド 700円

デヴィッド・リンチが自らの作風を確立したといわれる映画『ブルーベルベッド』をイメージしたカクテル。ラムをベースにオレンジの果皮を使って香りづけをしたブルーキュラソーとグレナデン・シロップのザクロの香りがアクセント。青と赤の色鮮やかな2層グラデーションは見た目にも楽しめる。飲み進めるごとにリキュールとシロップが混ざり合い豊かな風味に。

■期間:1月27日(土)~

カフェレストランTabela
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階
tel. 03-6825-5501
http://www.uplink.co.jp/tabela/

映画情報どっとこむ ralph 映画をイメージしたドリンクを提供してくれるカフェレストラン、バーのお店を募集!!

実施してくださる店舗様にはコラボメニューをご注文のお客様へのプレゼント用の映画オリジナルコースターを提供。SNS公式アカウントでも紹介してくれるそうです。
参加希望の方は以下のアドレスまで、件名を【デヴィッド・リンチ/コラボドリンク】とし、募集要項を明記の上ご応募ください。

■応募宛先:film@uplink.co.jp
■件名:デヴィッド・リンチ/コラボドリンク
————————————
▼▼▼募集要項▼▼▼
————————————
★お店の名前
★ご担当者名
★住所
★電話番号
★URL
★SNSアカウント
★提供予定のドリンク名称
★提供予定のドリンク説明


映画情報どっとこむ ralph 映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』作品情報

2018 年1月27 日(土)、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開

リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか?
『ツイン・ピークス The Return』で再び世界を騒がせる、映画界で最も得体の知れない監督――その「謎」が「謎」でなくなる、かもしれない。

映像作品のみならず、絵画、写真、音楽など様々な方法で表現活動を続けているデヴィッド・リンチ。「その頃の僕の世界はとても小さく、近所の数ブロックに全てがあった」ハリウッドにある自宅兼アトリエで語られる過去。「恐怖が垂れ込める意地の悪い街」フィラデルフィアでの日常。その中に潜む「恐怖」「苦悩」は、まるでリンチ作品の登場人物のような姿で私たちの前に現れては消えていく。

アメリカの小さな田舎町で家族と過ごした幼少期、アーティストとしての人生に憧れながらも溢れ出る創造性を持て余した学生時代の退屈と憂鬱。後の『マルホランド・ドライブ』(2001 年)美術監督である親友ジャック・フィスクとの友情。生活の為に働きながら、助成金の知らせを待った日々。そして、当時の妻ペギーの出産を経てつくられた長編デビュー作『イレイザーヘッド』(1976 年)に至るまでを奇才デヴィッド・リンチ自らが語りつくす。



***********************************

監督:ジョン・グエン、リック・バーンズ、オリヴィア・ネールガード=ホルム(『ヴィクトリア』脚本)
出演:デヴィッド・リンチ
配給・宣伝:アップリンク
(2016 年/アメリカ・デンマーク/88 分/英語/DCP/1.85:1/原題:David Lynch: The Art Life)

(C) Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016
   


アップリンクがクラウドファンディング『PLAN GO』立ち上げ資金集めをバックアップ


映画情報どっとこむ ralph 有限会社アップリンクさんがクラウドファンディング『PLAN GO』を立ち上げます。

PLAN GOでは、“クリエイティブ”、“ソーシャル”、“プロダクツ”の3つのジャンルでプランを募集するそうです。


アップリンクは映画配給会社として30年の歴史をもち、劇場、カフェレストラン、ギャラリー、マーケットの経営も行ってきました。また、国内外のクラウドファンディングを利用した映画製作を通じ、そのノウハウを蓄積しています。これらの経験をもとに、プラン成功へのアドバイスを実施し、クラウドファンディング成功の要となる情報拡散にはアップリンクのSNSアカウントをフル活用するほかwebDICEに起案者やプランを紹介する記事を掲載し、資金集めを全面的にバックアップするとのこと。

映画情報どっとこむ ralph 有限会社アップリンク代表 浅井 隆さんのご挨拶

アップリンクが新しくクラウドファンディングのプラットフォームを立ち上げます。

その名前は『PLAN GO』です。企画(プラン)を進める(ゴー)という意味を込めました。

PLAN GOは、多くのプランを集めることだけを目的とするプラットフォームではなく、セレクト型のクラウドファンディングです。応募のあったプランをPLAN GOスタッフがwebDICE(アップリンクのオンライン・カルチャー・マガジン)編集部と一緒にセレクトし、PLAN GOのページとは別にwebDICEで起案者とプランについての記事を掲載します。

PLAN GOを立ち上げるまで、アップリンクが起案者となり、実際に国内外のクラウドファンディングを利用して、映画やブルーレイの製作費を募ってきました。その時の経験から、プランを広くプロモーションする事がいかに重要で、クラウドファンディングを成功に導くカギであることを実感しました。

そこで、PLAN GOでは、セレクトしたプランをwebDICEへの記事掲載に限らず、アップリンクが持つ、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ラインなどのSNSをフルに活用しPLAN GOでセレクトしたプランを拡散していきます。

また、アップリンクは映画館、カフェレストラン、ギャラリー、マーケットとリアルな場を持っています。例えば制作途中の映画を試写会でアピールしたり、カフェ、ギャラリー、マーケットをクラウドファンディングのプレゼンテーションや支援者のつどいの場として利用することもできます。さらにプランが達成した後も、それらの場と連携して発表や販売の場として利用することもできます。

募集するプランは大きく分けて「クリエイティブ」「ソーシャル」「プロダクツ」の3つのジャンルです。例えば映画であれば、映画製作や配給支援などの「クリエイティブ」なプラン。映画館作り、上映会など場づくりを支援する「ソーシャル」なプラン。そして、映画のキャラクターT シャツやグッズを作る「プロダクツ」といったプランを想定しています。もちろん、こちらの想定するジャンルに捉われないプランも歓迎します。

起案者は、あなたのユニークなプランをクラウドの力を使い共感し応援する支援者をみつけてください。また、支援を希望する方は、このPLAN GOから共感できるプランをみつけて応援して欲しく思います。

映画情報どっとこむ ralph ◆募集概要
​・支援募集開始:2018年2月下旬(『PLAN GO』サイトオープン)
・第一弾プラン募集期間:2018年1月31日まで(左記以降も募集は随時受け付けます)
・起案方式:購入型、All or nothing方式 ※1
・手数料:10%(プラットフォーム手数料+決済代行手数料)※2
・支援募集期間:最大60日間(ストレッチ期間あり)※3

※1 起案者は、設定した募集期間内に資金の目標金額を達成した場合にのみ、支援者から集まった資金を受け取ることができます。
※2 成立したプロジェクトに掛かる手数料は、プラットフォーム手数料と決済代行手数料を合わせて10%のみです。起案者には、集まった支援金総額から手数料を除いた金額が支払われます。
※3 初回に設定した60日以内の目標期間でプランが成立した場合、目標額を増額し最大60日まで期間を延長して支援募集を継続することができます。

◆募集プロジェクト
​​PLAN GOでは、“クリエイティブ” “ソーシャル” “プロダクツ” の3つのジャンルでプロジェクトを募集します。
例)”映画”のプラン
クリエイティブ ・・・ 映画製作や配給支援などのプラン
ソーシャル ・・・ 映画館づくり、上映会など場づくりを支援するプラン
プロダクツ ・・・ 映画のキャラクターTシャツやグッズを作るプラン

◆PLAN GOのサポート◆
《プラン開始前》
・webDICへの記事掲載(プラン概要、起案者の紹介)
・プラン内容の充実に向けたアドバイス
・宣伝方法のアドバイス(SNSの活用、他メディアの活用等)
・サイト掲載内容のアドバイス(文章校正、画像選択、目標額の適正性、リターン内容と金額設定等)

《プラン実施中》
・webDICE追加記事掲載(ex.中間期、終了前)
・プランページへのアクセス解析情報の提供(Googleアナリティクス・週1回)
・アップリンクのSNSを利用した情報拡散協力
・支援者向けイベント開催に関するアドバイス

《プラン成立後》
・発表場所、イベント場所としてアップリンク利用時の協力
・プランの実施経過や完成報告等のwebDICEへの記事掲載

◆プラン応募方法◆
第一弾募集はメールにて受け付けます。


2018年2月のサイトオープン後は、申請フォームにて受け付けます。
プランの応募をご希望の方は〔募集要項〕と〔よくあるご質問〕を送付しますので下記までメールでご連絡ください。
Email: plango@uplink.co.jp
件名:「PLAN GO資料希望」

◆第一弾プラン限定キャンペーン◆
第一弾プランについては、オンライン・カルチャー・マガジン「webDICE」のバナー枠をプレゼント。各プラン専用のバナーを2週間で2万インプレッション表示します。

◆SNSアカウント◆
Twitter:PLAN GO @plango_uplink
***********************************







2018年冬、吉祥寺に5スクリーンのミニシアター「アップリンク吉祥寺パルコ」オープン!


映画情報どっとこむ ralph 株式会社パルコ(本部:東京都渋谷区、代表執行役社長:牧山浩三)と有限会社アップリンク(東京都渋谷区、代表取締役社長:浅井隆)は、吉祥寺パルコ(東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1)地下2階に5スクリーン、計300席の映画館「アップリンク吉祥寺パルコ(通称:アップリンク吉祥寺)」を2018年冬に開業決定です!

「アップリンク吉祥寺」は、幅広い分野のカルチャーを牽引してきたパルコと、渋谷でミニシアターを運営してきたアップリンクが共につくり出す、吉祥寺の新たな映画文化の拠点です。これまでパルコとアップリンクは共同で映画作品の配給宣伝を行ってきましたが、映画館運営は初の共同事業となります。5つのスクリーンでは、世界の映画祭で話題の作品をはじめ、アート系作品、インディーズ作品など現在「アップリンク渋谷」で映画ファンの皆様にお楽しみいただいている作品のほか、地域の皆様にも楽しんでいただけるファミリー向け作品も上映いたします。

映画は世界の多様な価値観を知ることができ、世界の人々の感情を共有できるメディアです。
「アップリンク吉祥寺」は、多種多様な映画を通して観客の皆様と世界とを繋げる窓となる映画館を目指します。

施設概要
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1 吉祥寺パルコ地下2階
共同事業者:株式会社パルコ、有限会社アップリンク
運営:有限会社アップリンク、株式会社アップリンク・エスコルハ
スクリーン数:5スクリーン
座席数:計300席(最大スクリーン97席、最小スクリーン31席(予定))
オープン予定:2018年冬
設計:アビエルタ建築・都市 北嶋祥浩

映画情報どっとこむ ralph 浅井隆(あさい・たかし)代表のプロフィールをご紹介!
アップリンク代表/未来の映画館プロデューサー。1987年、有限会社アップリンクを設立。デレク・ジャーマン監督作品をはじめ、国内外の多様な価値観を持った映画を多数配給。2005年には渋谷区宇田川町に映画館、ギャラリー、カフェレストランを一か所に集めた総合施設「アップリンク渋谷」をオープン。2011年にデジタルカルチャーマガジン「webDICE」、2016年には動画配信サービス「アップリンク・クラウド」をスタートし、映画を中心とした様々なインディペンデント・カルチャーを発信し続けている。

***********************************



アレハンドロ・ホドロフスキー特集上映決定!


映画情報どっとこむ ralph アレハンドロ・ホドロフスキー監督の待望の最新作『エンドレス・ポエトリー』が、2017 年 11月18日(土)より、全国順次公開致します。
この公開を記念して、アップリンク渋谷ほか全国にてアレハンドロ・ホドロフスキー監督の特集上映が決定しました。今回の特集では劇場未公開の映像として最新作『エンドレス・ポエトリー』のメイキング映像、ホドロフスキー監督の独占インタビュー映像を特別併映するなど熱狂的ファンにもたまらない内容となっております。

公開当時にジョン・レノンが惚れこんで配給権を買った伝説のカルトムービー『エル・トポ』、『ブレードランナー2049』にも影響を与えるなど、あらゆる SF 映画の元ネタとなった未完の伝説映画『DUNE』をめぐるドキュメンタリー『ホドロフスキーの DUNE』、23 年ぶりの新作だった前作『リアリティのダンス』を含む全 6 作品。
また期間中はスタンプラリーも実施、エンドレス・ポエトリー含む 4 作品鑑賞すると先着数量限定でホドロフスキー直筆イラスト入りきんちゃく袋(非売品)をプレゼント。

映画情報どっとこむ ralph ホドロフスキー特集
詳細 アップリンク
日時:2017 年 12 月 2 日(土)~12 月 29 日(金)(各劇場により異なります)
劇場:アップリンク渋谷ほか全国順次公開
上映作品(各劇場により異なります)
『エル・トポ』「ホドロフスキー監督インタビュー映像」(約 30 分)
『ホーリー・マウンテン』『エンドレス・ポエトリー』メイキング映像(約 30 分)
『サンタ・サングレ/聖なる血』『ホドロフスキーの DUNE』
『リアリティのダンス』『ホドロフスキーの虹泥棒』

※京都みなみ会館(12/2~15)
※神戸・元町映画館(12/16~22)
※大阪・シアターセブン(順次公開)

***********************************



アレハンドロ・ホドロフスキー監督からのメッセージ到着!『エンドレス・ポエトリー』


映画情報どっとこむ ralph 私はもう88歳で、死にかけている

この度、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の待望の最新作『エンドレス・ポエトリー』が、2017年11月18日(土)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほかにて全国順次公開。

10月25日(水)より開催される第30回東京国際映画祭では、特別招待作品として本作が上映され、ホドロフスキー監督の息子で本作の主演を務めるアダン・ホドロフスキーのQ&Aが開催されます。

日本公開に合わせ、ホドロフスキー監督からのメッセージが到着致しました。

映画情報どっとこむ ralph <アレハンドロ・ホドロフスキー監督からのメッセージ>

私はもう88歳で、死にかけている。
間もなく肉体は滅びる。

私は映画で、多くの観客を惑わせるのではなく、自覚させたい。
芸術は人に向かって扉を開き、その中に人は自己を見出す。

私たちは檻にとらわれて多くの物に惑わされる。
だが、意識には名前も、年齢も、国籍も、性別もない。
自由を望めば自由になれるんだ。

映画館のスクリーンの前で意識を覚醒してほしい。
芸術の言葉を受け取ってほしい。


また、監督のメッセージ動画の完全版を渋谷のギャラリー、アツコバルーにて11月5日(日)までご覧いただけます。
同ギャラリーでは『エンドレス・ポエトリー』公開記念特別企画として、ホドロフスキーと妻パスカルの共作ドローイングを展示しています。


<開催概要①>

アレハンドロ・ホドロフスキー監督
映画『エンドレス・ポエトリー』公開記念 特別企画


会期:2017年10月14日(土)~11月5日(日)
水~土曜 14:00-20:00/日、月曜 11:00-18:00/火曜休

会場:アツコバルー arts drinks talk
東京都渋谷区松濤1-29-1 5F TEL.03-6427-8048
atsukobarouh/

料金:500円

映画情報どっとこむ ralph <開催概要②>

主演で音楽も手掛ける
ホドロフスキーの息子アダン・ホドロフスキー登壇!

第30回 東京国際映画祭 特別招待作品
『エンドレス・ポエトリー』上映後Q&A


日時:2017年10月26日(木)11:35開場/12:05開映/14:45終了予定 
会場: EXシアター六本木 
出演:アダン・ホドロフスキー
東京国際映画祭サイト

映画情報どっとこむ ralph ホドロフスキーの息子で、主演・音楽のアダン・ホドロフスキーが来日します。
東京国際映画祭でのQ&Aご取材、個別取材などお気軽にお問合せ下さい。


映画『エンドレス・ポエトリー

世界に潜むマジック・リアリズムを追い求め続ける。
88歳のホドロフスキー監督が観る者すべてに贈る、“真なる生”への招待状。

舞台は故郷トコピージャから首都サンティアゴへ。父親との軋轢や自身の葛藤を抱えたホドロフスキーは、初めての恋や友情、古い規則や制約に縛られない若きアーティストたちとの出会いと交流を経て、囚われていた檻から解放され詩人としての自己を確立する。
本作はフランス、チリ、日本の共同製作で、新作を望む世界中のファン約1万人からキックスターター、インディゴーゴーといったクラウド・ファンディングで資金の多くを集めて製作された、まさに待望の新作。

撮影監督は『恋する惑星』(94年/ウォン・カーウァイ監督)など、手持ちカメラを使った独特の映像で知られるクリストファー・ドイル。自身の青年時代を虚実入り交じったマジック・リアリズムの手法で瑞々しく描き、「生きること」を全肯定する青春映画の傑作。

公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/endless/

Facebook:
@EndlessPoetryJP/

Twitter:
@endlesspoetryjp


***********************************

監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影: クリストファー・ドイル
出演:アダン・ホドロフスキー/パメラ・フローレス/ブロンティス・ホドロフスキー/レアンドロ・ターブ、イェレミアス・ハースコヴィッツ

配給:アップリンク
(2016年/フランス、チリ、日本/128分/スペイン語/1:1.85/5.1ch/DCP)

(C)Pascale Montandon-Jodorowsky