「アカデミー賞」タグアーカイブ

今年もWOWOW 第91回アカデミー賞授賞式 ジョン・カビラと高島彩を案内役


映画情報どっとこむ ralph 今回もジョン・カビラと高島彩を案内役に迎え、作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優 賞などの全世界が注目する発表の瞬間をナビゲート。さらに、スタジオゲストとして、映画プロデューサーの川村元気と映画 評論家の町山智浩も迎えて、感動のエンターテインメントを伝えます!
Jimmy Kimmel hosts the live ABC Telecast of The 90th Oscars® at the Dolby® Theatre in Hollywood, CA on Sunday, March 4, 2018.

生中継!第91回アカデミー賞授賞式
放送日 : 2019年2月25日(月)午前8:30 [二] [同時通訳]/夜9:00[字幕版]
案内役 : ジョン・カビラ、高島 彩 スタジオゲスト:川村元気、町山智浩
番組HP: https://www.wowow.co.jp/academy/

■ジョン・カビラ 91回目を数える世界最高峰の映画の祭典。エンターティンメント追求のヒット作から社会の闇をえぐる問題作までがノミネー トされること必至。映画を愛してやまないプロフェッショナルたちが互いを讃えあう舞台でどんなドラマが展開するのか。 各賞の行方はもちろん、授賞式そのものの演出にも笑いと感動を熱烈に期待しています。 午前中の生放送の臨場感に圧倒されつつ、夜に再度染み込ませることができるのは日本/WOWOWでの放送のみ! ぜひ心揺さぶるひと時をご一緒に。

■高島彩 今年も胸踊るこの季節がやってきましたね。 昨年は90回という節目のアカデミー賞でしたが、主演女優賞を獲得したフランシス・マクドーマンドの力強いスピーチにも あったように、女性の権利や平等に関して強いメッセージが発せられました。 あれからアカデミー賞はどう変わったのでしょうか。それとも変わっていないのでしょうか。今のアメリカ社会を色濃く映し出 すアカデミー賞の舞台。今年もみなさんとともに生放送で見届けたいと思います。 個人的には、『リメンバー・ミー』を超えるアニメーションへの期待を高めつつ、昨年から引き続きティモシー・シャラメの美し さを追いかけながら、アカデミー賞のノミニーとしてレディー・ガガが登場することを期待して、今年もその瞬間を待っていま す。 どうぞ、最高のエンターテインメントを生放送でご覧ください。

■川村元気 いち映画製作者の視点で、僕自信が楽しみながら映画界最大の祭りをお伝えできればと思います。 [プロフィール] 1979年生まれ。『告白』『おおかみこどもの雨と雪』『君の名は。』などの映画を製作。12年、初小説『世界から猫が消えたな ら』を発表。140万部突破のベストセラーとなり、米国、フランス、ドイツ、中国、韓国などで出版される。同年、小説2作目『億 男』を発表。76万部を超えるベストセラーとなり、佐藤健、高橋一生出演で映画化された。16年、小説3作目『四月になれば 彼女は』を発表する。18年、カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門に初監督映画『DUALITY』が選出される。

映画情報どっとこむ ralph <プレゼント企画>
WOWOW映画情報サイト「CinePick」開設1周年記念 映画の祭典「第91回アカデミー賞授賞式」のレッドカーペット観覧席へ1組2名様を招待することが決定。 応募方法など詳細は
www.wowow.co.jp/movie/cp/

<アカデニー賞特集2019>
WOWOWとシネフィルWOWOWが合同で過去のアカデミー賞受賞作品を合わせて100本放送する大特集をお届け。
放送日:WOWOW 1月11日(金)~2月24日(日)歴代受賞作全67本 シネフィルWOWOW 2月12日(火)~2月24日(日)歴代受賞作全33本 この大特集の放送を記念して、 WOWOW×シネフィルWOWOW『100本のアカデミー賞』放送記念
100名様に当たるプレゼントキャンペーン実施
詳しくは ⇒ こちら


***********************************




『君の名前で僕を呼んで』第90回アカデミー賞 脚色賞をジェームズ・アイヴォリーが受賞


映画情報どっとこむ ralph この度、第90回アカデミー賞で4部門(作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞)にノミネートされていた『君の名前で僕を呼んで』が、脚色賞(ジェームズ・アイヴォリー)を受賞しました。

脚色賞を受賞したジェームズ・アイヴォリーは『日の名残り』などで知られる名監督で、現在89歳。本作では脚色のみを担当。2012年に『人生はビギナーズ』で助演男優賞を受賞したクリストファー・プラマーの82歳を塗り替える、アカデミー賞全部門での史上最年長受賞となります。89歳の初受賞にして、アカデミー史上最年長受賞更新に、記憶に残る歴史的受賞を果たしました。
【脚色賞・受賞/ジェームズ・アイヴォリー(中央)】撮影: Sylvain Gaboury


ジェームズ・アイヴォリー受賞スピーチ

脚本家として脚色する際には原作者に感謝しなければなりません。原作のアンドレ・アシマンが描いた、“初めての恋“というのは、セクシャリティに関係なく誰もが経験することです。監督をはじめ、役者の方々、それからニューヨークの家族たち、すべての人に感謝したいと思います。ここに立てるのも彼らの助けがあったからです。私の50年近く一緒にやってきたイスマル・マーチャントという今は亡きパートナーが2度アカデミー賞を受賞しています。その人のおかげでもあります。本当に感謝しています。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた作品で、男女を問わず、世代を問わず、世界中の映画ファンの注目を集める話題作。

君の名前で僕を呼んで
原題:Call Me By Your Name
4/27(金)、TOHOシネマズ シャンテ 他 全国ロードショー

cmbyn-movie.jp

物語・・・
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。
***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎsのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:アンドレ・アシマン 「Call Me By Your Name」
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『Lady Bird(原題)』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか
2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12
©Frenesy, La Cinefacture 
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム 
配給:ファントム・フィルム 


第90回アカデミー賞助演女優賞『アイ,トーニャ 』アリソン・ジャネイに!


映画情報どっとこむ ralph フィギュアスケート史上最大のスキャンダル<ナンシー・ケリガン襲撃事件>。

この事件の渦中だった実在のフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディングの波乱万丈な半生を描いた話題作『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(5月4日公開)が、現地時間3月4日に発表された第90回アカデミー賞にて、主演女優賞(マーゴット・ロビー)/助演女優賞(アリソン・ジャネイ)/編集賞(タチアナ・S・リーゲル )の3部門にノミネートされ、助演女優賞において、トーニャの厳しい母親ラヴォナ・ハーディング役を演じた 《アリソン・ジャネイ》 が受賞しました!

授賞式では、マーゴットは純白のCHANELのオートクチュール、アリソンはReem Acraの真紅のドレスを身にまとい登場。助演女優賞と受賞者として名前が呼ばれると、本作の脚本家を手がけ、アリソンにこの役をオファーし、長年の友人でもあるスティーブン・ロジャースと熱いハグ、マーゴット・ロビーとキスをかわし、舞台に登壇。受賞スピーチでは

アリソン・ジャネイ:私一人でこの賞を獲ったのですよ」と開口一番ジョークを発し、「他の候補者も素晴らしい。脚本を書いたスティーブンをはじめ、この受賞で友人の定義ができました。マーゴット、キャストク、クルー、たくさんの励ましをありがとう。これを持ってさらに女優としてキャリアを追求できます。家族、友人、スタッフ、すべての人に感謝します。

と受賞の喜びを語りました。

映画情報どっとこむ ralph 受賞者Profile:アリソン・ジャネイ

1959 年 11 月 19 日オハイオ州デイトン生まれ。58 歳。大学卒業後にニューヨークやロンドンで演技を学び、1989 年ドラマデビュー。テレビシリーズ『ザ・ホワイトハウス』 CJ・クレッグ報道官役で 4 度のエミー賞を受賞。通算で 7 度のエミー賞を受賞している。ゴールデングローブ賞テレビドラマ部門で過去 5 度ノミネート。映画部門でのノミネ ートは今回初となり、初受賞を果たした。英国アカデミー賞でも助演女優賞を受賞。代表作は『アメリカン・ビューティー』(99)『めぐりあう時間たち』(02)『ヘアスプレー』(07)『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』(11)、声の 出演に『ファインディング・ニモ』(03)『ミニオンズ』(15)など。

映画情報どっとこむ ralph 映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
原題:I,TONYA

5月4日(金・祝)よりTOHOシネマズ他、全国ロードショー!

公式HP:tonya-movie.jp

トーニャ・ハーディングによるフィギュアスケート界を揺るがした史上最大のスキャンダルーーー。オリンピック出場権を巡る、ライバル衝撃事件の真相を描く!
貧しい家庭で、幼いころから暴力と罵倒の中で育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。天性の才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫だったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、スケート人生は一変。転落が始まる。一度は栄光を掴み、アメリカ中から大きな期待を寄せられたトーニャ・ハーディングだったが、その後、彼女を待ち受けていたのは・・・・・・。フィギュアスケート史上最大といわれる衝撃的な事件の意外な真相と、彼女の波乱万丈な半生の物語。
***********************************

出演:マーゴット・ロビー、セバスチャン・スタン、アリソン・ジャネイ、マッケナ・グレイス 他

監督:クレイグ・ギレスピー
脚本:スティーブン・ロジャース クレイグ・ギレスピー
編集:タチアナ・S・リーゲル
2017年/アメリカ/英語/120分/カラー/レイティング:PG12
配給:ショウゲート
Copyright © 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.


『ボス・ベイビー』第90回アカデミー賞長編アニメ映画賞ノミネート


映画情報どっとこむ ralph 日本のアニメにも天才赤ちゃんは 001、ハジメちゃん、べるぜバブ・・・・など多くいますが、黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩く赤ちゃん、“ボス・ベイビー”という大人気キャラクターがアメリカで誕生!!

『ボス・ベイビー』が3月21日(水・祝)より日本公開となります。


そして!映画界最高峰の祭典となる、第90回アカデミー賞ノミネート作品が、日本時間1月23日に発表され、本作『ボス・ベイビー』が<長編アニメ映画賞>にてノミネートを果たしました。

第90回アカデミー賞授賞式は、日本時間3月5日(現地時間3月4日)に、ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催されます。

日本語版では、ボス・ベイビー役をムロツヨシさん、ボス・ベイビーに振り回される兄のティム役を芳根京子さん。さらに、大人になったティム役に宮野真守さん、兄弟の両親が務める会社のCEO、フランシス・フランシス役に山寺宏一さんと実力派人気声優陣が吹替えを務めることでも、大きな話題を集めていますが、日本でも“ボス・ベイビー旋風”が巻き起こること間違いなし!!

ボス・ベイビー

物語・・・
パパとママ、7歳のティムの3人家族の元にやってきたのは、
黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩く赤ちゃん“ボス・ベイビー”。
弟として迎えいれられた彼は普通じゃない。見た目は赤ちゃん、中身はおっさんだったのだ!!

全世界で3690億円以上(7/18付けBoxOfficeMojo調べ)を稼いだ『怪盗グルー』シリーズ、『ペット』『SING/シング』といった日本でも大ヒットを連発しているユニバーサル・スタジオと、『シュレック』などのヒット作を手掛けるドリームワークス・アニメーションが、夢の初タッグ!

両親と三人で幸せに暮らす7歳のティムの元に弟としてやってきた彼は、見た目は頬ずりしたくなるキュートな赤ちゃん、中身は人使いが荒く口の悪いおっさん…というギャップで瞬く間に人気に!全米ベストセラーとなったマーラ・フレイジーによる絵本「あかちゃん社長がやってきた」(講談社刊)にインスパイアされ、『マダガスカル』シリーズのトム・マクグラスが監督を務める本作は、全世界で大ヒットを記録。

本国では既にパート2の制作が決定しています。

公式HP:
http://bossbaby.jp/

公式TW:
https://twitter.com/BossBabyJP

***********************************

監督:トム・マクグラス 『マダガスカル』シリーズ
キャスト:アレック・ボールドウィン、マイルズ・バクシ、ジミー・キンメル、リサ・クドロー、スティーブ・ブシェミほか
吹き替えキャスト:ムロツヨシ、芳根京子、宮野真守、山寺宏一ほか
原題:THE BOSS BABY
配給:東宝東和
(C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.


『セールスマン』主演女優タラネ・アリドゥスティ登壇!


映画情報どっとこむ ralph この度、イランの名匠アスガー・ファルハディ監督最新作『セールスマン』が6月10日(土)より全国順次ロードショーとなります。
本日6/7に公開を記念して来日中の主演女優タラネ・アリドゥスティさんと、本作を絶賛して下さっている国際政治、比較政治の研究者三浦瑠麗さんをお迎えしてトークショーを行い、80年代生まれのお二人が、映画『セールスマン』について語りました。

アカデミー賞受賞作『セールスマン』公開記念
日時:6月7日(水)
場所:ユーロライブ 
登壇ゲスト:タラネ・アリドゥスティ(『セールスマン』主演女優)、三浦瑠麗(国際政治学者)

映画情報どっとこむ ralph Q:まだ日本に到着して間もないと思いますが、感想をお聞かせください。

タラネさん:まだ20時間も経っていないですけど、今回日本に初めてくることができて、そもそもアジアの東側にきたことがなかったので、とっても楽しみにしていました。2、3時間しか外を歩いていないんですけど、全ての物が新鮮です。

映画情報どっとこむ ralph ここから三浦瑠麗さんからの質問

三浦さん:イラン社会におけるセンシティブな部分を描いた作品ですが、どう演じましたか?

タラネさん:この話がきた時に戸惑いもなく受け入れました。イランでももちろん上映していて、たくさんの方が観てくれました。皆さんもご存じだと思いますが、イランで映画を上映する時は必ず検閲を受けなくてはいけないんです。しかし、この映画はそのまま上映することができた。そして高い評価を受けました。この映画に「セールスマンの死」という舞台が出てきます。たぶん読んでいる方もいらっしゃると思いますが、この作品の中で夫が何をしても信じて愛する奥さんが出てきます。ニューヨークがすごいスピードで近代化する時代を描いていて、それは今のイランと似ています。『セールスマン』でも、ある老夫婦が夫が何をしても許してしまう妻が出てきます。そこが監督の狙いで「セールスマンの死」をなぞっている。とても魅力的だと思います。

三浦さん:ドナルド・トランプ米国大統領が発令したイスラム国家7ヵ国の入国制限に抗議し、アカデミー賞授賞式へのボイコットをTwitterで表明し大きなニュースになりましたね。

タラネさん:トランプ政権になる前、イランは経済的に安心できる国になるかと思われたんですが、トランプ氏が大統領になったことで国民は不安になりました。その矢先、彼は突然入国制限令を発令した。アメリカに行くために飛行機に乗っていたたくさんのイラン国民が足止めされました。その中で、アカデミー賞に呼ばれたからとキレイな服を着てレッドカーペットを歩くことなんて許されない。他のイランの国民とは違う、女優だから特別なんだと思われたくなかったので抗議しました。

映画情報どっとこむ ralph
Q:最後に一言

タラネさん:今は素晴らしい時代だと思います。遠いところから映像を持ってきて、皆さんに観てもらうことができます。そんな時代がやって来たんです。私たちはいろいろな国の文化を知ることができますし、映画や芸術を通じてもっと人と近づくことができます。みんなが文化を知り、心を知り、近づいていければ平和な世界になると思います。今日はありがとうございました。

セールスマン
原題:FORUSHANDE
6月10日(土)よりBunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー

公式サイト:www.thesalesman.jp

物語・・・
作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さな劇団で妻とともに俳優としても活動している。ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける―演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。



・第89回アカデミー賞外国語映画賞受賞
・第69回カンヌ国際映画祭脚本賞&男優賞W受賞
・第74回ゴールデングローブ賞外国語映画賞ノミネート 
・2016年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞外国語映画賞受賞
・第52回シカゴ国際映画祭審査員特別賞受賞  
・2016年ミュンヘン国際映画祭 ARRI/OSRAM賞(外国語映画賞)受賞
・ワールド・シネマ・アムステルダム2016観客賞受賞
・第21回サテライト賞 外国語映画賞受賞

***********************************

監督・脚本:アスガー・ファルハディ 『彼女が消えた浜辺』『別離』『ある過去の行方』 
出演:シャハブ・ホセイニ/タラネ・アリドゥスティ  

配給:スターサンズ/ドマ  
2016/イラン・フランス/124分/ペルシャ語/ビスタ/字幕:齋藤敦子
(C)MEMENTOFILMS PRODUCTION-ASGHAR FARHADI PRODUCTION-ARTE FRANCE CINEMA 2016