「アエイオウ」タグアーカイブ

今日の主役は小森隼!白濱亜嵐・片寄涼太 登壇『ウタモノガタリ-CINEMAFIGHTERSproject-』トークイベント!


映画情報どっとこむ ralph この度、6月22日(金)から絶賛公開中の映画『ウタモノガタリ-CINEMAFIGHTERSproject-』より、白濱亜嵐(EXILE /GENERATION from EXILE TRIBE )主演作品『アエイオウ』のキャスト、監督などが登壇する公開記念舞台挨拶が開催となります。

詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクトの最新作、 映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』。6つの詩から生まれた6つの新しい楽曲と、その楽曲の世界観から映像化された6つのショートフィルム。

翌7月1日(日)には白濱亜嵐の主演する『アエイオウ』より、主題歌を担当した片寄涼太、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が登壇して舞台挨拶が行われました。


ウタモノガタリ舞台挨拶
日付:7月1日(日)
会場:TOHOシネマズ 日比谷
登壇:白濱亜嵐、片寄涼太、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)

映画情報どっとこむ ralph 3人がMCに呼び込まれると、悲鳴に近い歓声が!!


白濱さん:本日はご来場いただきありがとうございます!

片寄さん:本日は短い時間ですがよろしくお願いします!

と、言っただけで、とんでもない「キャー」の声

小森さん:お越しいただいてありがとうございます。白濱君と安蘭君の二人と一緒で緊張しています!
に、笑い声とカワイイーの声。


昨日、『アエイオウ』の舞台となった高知県に行かれていたそうで
白濱さん:気軽な気持ちで言ったのですが、想像以上に凄い人で。。レッドカーペットも奥田瑛二さんと一緒に歩きました。緊張しちゃって、サインが汚くなっちゃって。(出きるならば)もう一回歩きたいなと思います。やり直したい!奥田さんとは前日に食事をさせていただいて、お芝居や色々な話をさせていただきました!

完成した作品を観て

白濱さん:本当にメッセージ性があって、見れば見るほど自分なりの答えが見つかる作品だと感じました。
と、作品の感想を述べました。

映画情報どっとこむ ralph 詩と音楽と映像が三位一体のプロジェクト、主題歌にはGENERATIONS from EXILE TRIBE の「何もかもがせつない」が本作の元になっている。

片寄さん:どうでした曲?(観客:かっこいい!!!!ヤバい!!!)一番しか流れませんがフルバージョンもありますからね。いつかどこかでお披露目できればいいなと思います。新しい曲と映像の楽しみ方だなと。

小森さん:なんかこの並びで行くと・・・こっち(観客側)だよね。一応主題歌グループのメンバーなんですけどパフォーマーなので。・・ヴォー カルがいて、主演がいる中で、僕は曲を聴いてすごいいいなぁと誇らしいんですけども。

と、納得いってない様子の小森さんに対し

片寄さん:隼人の(この舞台挨拶での)存在意義を5日前から話しています!
と暴露。

作品の主題歌である「何もかもがせつない」をどのような気持ちで歌ったのか聞かれた片寄さんは、

片寄さん:タイトルの通り、せつない曲になっているのですが、小竹さんの楽曲は⾮常に言葉が大切にされているので、台詞を喋る感覚のようなアプローチで歌いました。

と、歌に対する気持ち述べ、最近切なくなったことを

片寄さん:最近メンディー君が始球式で133kmで話題になったのに、直ぐ樽美酒さんに抜かれて・・・・切なくなりました。
と語りました。因みにメンディーさんが野球教室に通っていたことも暴露。

映画情報どっとこむ ralph そして、イベント後半、映画のタイトルでもある『アエイオウ』にかけて、「ア〜オ」のカードが用意。

まず、 「オ」のカード【おっしゃー!とテンションが上がってしまったこと】を引いて

白濱さん:W杯で日本が点を決めたときですね。

と、コメント。

片寄さん:そういえば最近おっしゃー!ってポーズやらないね。
と言うと白濱さん、いじられるので封印中だそう!


「ア」のカード【ありがとう!と最近、メンバーに感謝したこと】を引いて

片寄さん:もう、毎日ですね。

と、答えると会場からは歓声が上がりました。


「イ」のカード【いやー、まいったなぁ、、、。少しピンチになってしまったこと

⼩森さん:⾔うならば今⽇、登壇者リストに⼊っていた時に本当にピンチを感じました!

と、答え、会場からは⼤きな笑いが起こりました。


「ウ」のカード【うれしい!最近あったいいことを教えて下さい】を引いて

片寄さん:⽇本がW杯決勝トーナメントに行ったことですかね。

と、留まらないサッカーの話に白濱さんと小森さんから「本当にサッカー好き!」と、ツッコまれる始末。

最後に「エ」のカード【エーッ!と、最近声をあげるほど驚いてしまったこと】
白濱さん:アルゼンチンとポルトガル が決勝トーナメント1回戦で負けたことですかね。

と、答えると
小森さん:僕が今日の登壇を知った話以外ほとんどサッカーの話!

と、ツッコミを⼊れ、会場を沸かせました!
とは言え、本サイトは映画サイトなのでサッカー話はエッセンスだけにしました。


最後に、
白濱さん:本日はご来場いただき本当にありがとうございました!僕はこの作品に関われたことで1⼈の俳優として も成⻑できましたし、今後の役者人生においても⾮常にかけがえのない経験となりました。今後の『ウタモノガタリ』のプロジェクトも楽しんでいただければと思います。本日は本当にありがとうございました!

と、感謝を述べ会場を立ち去りました!

映画情報どっとこむ ralph ウタモノガタリ-CINEMAFIGHTERSproject-



本作は、
『トイレのピエタ』松永大司監督作『カナリア』にTAKAHIRO。
『舟を編む』石井裕也監督作『ファンキー』に岩田剛典。
『0.5ミリ』安藤桃子監督作『アエイオウ』に白濱亜嵐。
『663114』平林勇監督作『Kuu』に石井杏奈、山口乃々華、坂東希。
SSFF & ASIAで4度「観客賞」を受賞しているYuki Saito監督作『Our Birthday』に青柳翔。、
映画『こころ、おどる」岸本司監督作『幻光の果て』に山下健二郎。

の6篇からなる短編集。
これに映画界を代表する俳優たちが結集し、さらに6つの詩から生まれた6つの新たな楽曲は、EXILE TAKAHIRO、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、JAY’ED & 鷲尾伶菜、DANCE EARTH PARTY、DEEPという、超豪華な6組のアーティストが歌い上げるという、豪華共演が話題の作品となっています。


***********************************

『カナリア』監督・脚本:松永大司
キャスト:TAKAHIRO 夏帆 髙野春樹 塚本晋也
主題歌「Canaria」byEXILE TAKAHIRO

『ファンキー』監督・脚本:石井裕也
キャスト :岩田剛典 池松壮亮 前田航基 芹澤興人 岡根拓哉 美山加恋 / 伊佐山ひろ子 麻生久美子
主題歌「東京」by三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

『アエイオウ』監督・脚本:安藤桃子
キャスト :白濱亜嵐 木下あかり 林寿美 奥田瑛二
主題歌「何もかもがせつない」byGENERATIONS from EXILE TRIBE

『Kuu』監督・脚本:平林勇
キャスト :石井杏奈 山口乃々華 坂東希 麿赤兒 筒井真理子 平山祐介 野島直人
主題歌「あの子のトランク」byDANCE EARTH PARTY

『Our Birthday』監督・脚本:Yuki Saito
キャスト :青柳翔 佐津川愛美 ランディ・ジャクソン/芦名星 余 貴美子
主題歌「How about your love?」byJAY’ED & 鷲尾伶菜

『幻光の果て』監督・脚本:岸本司
キャスト :山下健二郎 中村映里子 大城優紀 加藤雅也
主題歌「Baby Shine」by DEEP
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO

企画・プロデュース:別所哲也
コンセプトプロデューサー:小竹正人
配給:LDH PICTURES
©2018 CINEMA FIGHTERS


映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』6つの作品に作詞家・小竹正人コメント!


映画情報どっとこむ ralph この度、6月22日(金)公開の映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』より、 本作のために新曲の歌詞を書き下ろした小竹正人からのコメントが解禁。

詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクト<-CINEMA FIGHTERS project->の最新作、 映画『ウタモノガタリCINEMA FIGHTERS project-』。6つの詩から生まれた6つの新しい楽曲と、その楽曲の世界観から映像化された6つの ショートフィルム。6つの新曲の”詩”は、これまでも様々なアーティストの楽曲を手がけてきた作詞家・小竹正人さんが担当!

そんな小竹さんのそれぞれの楽曲への想いが込められたコメントが到着しました!

映画情報どっとこむ ralph 小竹さん:私の作詞作業において“誰が歌うか”というのは非常に大事なポイントです。歌い手を思い浮かべることで、その人物像 や声をヒントに言葉を手繰り寄せていける。

と語る小竹さん。『東京』は2013年『空に住む』という小説を出した頃に書い てずっと温めていた詞から起用し、他5曲はすべて今回の映画のための書き下ろしだ。すべての元となった6曲について、 その誕生秘話やアーティストに対する愛が滲み出る楽曲への想いを語ってくれました。


□「Canaria」
(歌:EXILE TAKAHIRO TAKAHIRO主演作『カナリア』の主題歌)

小竹さん:TAKAHIRO自身が持つイメージから生まれた詞。歌を忘れたカナリアの切なさ――しゃべらない寡黙な男を彼が演じた らぐっと来るだろうなと着想し、一気に書き上げました。

□「東京」
(歌:三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE 岩田剛典主演作『ファンキー』の主題歌)

小竹さん:地元ではスターだった若者たちがこの街に来たとたん埋もれてしまい、夢破れる、そんな東京という街への思いを込め た、自分の中でも思い入れのある曲。この悲しい女性詞を女性が歌うとあまりにも悲壮感が漂うので(笑)、あえて三代目 の二人に歌ってもらったら、めちゃくちゃ素晴らしい仕上がりになって鳥肌が立ちました。

□「何もかもがせつない」
(歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE 白濱亜嵐主演作『アエイオウ』の主題歌)

小竹さん:タイトルが最初に浮かびました。GENERATIONSのメンバーは子供の頃から知っているので、ラブソングを歌ってもら うことに長いこと違和感があったんですが(笑)、気付けば彼らも大人。年相応、またはそれ以上の恋愛の曲にも挑戦して ほしいなと思って。個人的に、“切ない”って“絶望”や“悲しみ”より手前の、まだ少し余裕のある状態という気がしていて、 そこが若い子の恋愛に重なります。

□「あの子のトランク」
(歌:DANCE EARTH PARTY 石井杏奈/山口乃々華/坂東希主演作『Kuu』の主題歌)

小竹さん:ボーカルのShizukaが、よく悩んでいた昔の私にそっくりでとても親近感を覚えるんです(笑)。だから久々に彼女が歌う 詞を書けるこの機会に、おとぎ話風の世界に乗せて、自分からShizukaへのエールみたいな気持ちで書いたんです。個人的 に平林勇監督が手掛けた番組『しまじろうのわお!』が大好きなんですが、あのおしゃれさやマニアックな雰囲気が『K uu』にも出ていて、非常に光栄でした。

□「How about your love?」
(歌:JAY’ED & 鷲尾伶菜 青柳翔主演作『Our Birthday』の主題歌)

小竹さん:今回初めてご一緒したJAY’EDくんの歌声が想像以上に素晴らしく、その相乗効果で鷲尾(伶菜)もかつてない大人っぽ い歌い方で魅せてくれたという印象。映画ともぴったりです。

□「Baby Shine」
(歌:DEEP 山下健二郎主演作『幻光の果て』の主題歌)

小竹さん:恋愛というより“現実逃避している人たち”が自分の中のテーマ。例えば「夜光虫」など、シングル曲ではちょっと使い にくいような単語も、こういう企画でなら使えるので楽しかったです。

映画情報どっとこむ ralph HIROからの提案に小竹さんが賛同する形で実現した未発表の新曲を使ったCINEMA FIGHTERS projectの第二弾である本作。

歌詞を書き上げた後は、ほぼノータッチだったという小竹さんは、完成した作品を観ての感想を

小竹さん:本当に驚きの連続でした。「えっ! あの曲がこういうストーリーになったのか!?」と。6人の監督が大いにイマジネーションを膨らませ、自由に それぞれの世界を描き出してくださり、作詞した者としては正直、戸惑いもあったほどです。でもそれでこそクリエー ターだなぁと感服しましたし、どの作品も、最後にテーマソングが流れると不思議と違和感がなかった。すごく刺激を受 けました。監督たちの映画愛がひしひしと感じられ、何でもない場面なのに不意に胸が締め付けられるといったところも 多かったです。

と語る。

詩と楽曲、映像の融合を楽しむ「CINEMA FIGHTERS project」の第二弾、映画『ウタモノガタリ -CINEMA FIGHTERS project-』。

劇場でしか聴くことのできない新たな楽曲たちにも、是非ご期待ください。

ショートショート フィルムフェスティバル & アジアにてプレミア上映後、 6月22日(金) 全国ロードショー!

***********************************



白濱亜嵐『アエイオウ』と石井杏奈・山口乃々華・坂東希『Kuu』新場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、6月22日(金)公開の映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』 白濱亜嵐( EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBE )主演作品『アエイオウ』と石井杏奈・山口乃々華・坂東希出演作品『Kuu』の新場面写真が解禁となりました!

詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクトの最新作、 映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』。

6つの 詩から生まれた6つの新しい楽曲と、その楽曲の世界観から映像化された6つのショートフィルム。
公式HP:utamonogatari.jp

映画情報どっとこむ ralph その中の1作、『0.5 ミリ』の安藤桃子監督がメガホンを 取り、 EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐が主演を務める『アエイオウ』は、白濱演じる若き自衛官・ひかるが、第三次世界大戦の開 戦を阻止すべく特命任務に抜擢され、「最果ての地」と呼ばれる場所で真実を探す物語。

本作は開戦迫る“今”と恋人・知和(木下あかり)と過ごした“過去“、2つの時系列に沿ってストーリーが展開していきます。

今回解禁となった新場面写真では、 「最果ての地」である海岸の見張り台にいる”現在”の自衛官であるひかると、知和とカフェでお茶をする穏やかな日常のあった“過去“を対比して見ることが できる。そして暗い場所でひざを抱えて座り込むひかるに一体何があったのか。等身大の若者であるひかるが、”世界大戦開戦の阻止”という数え切れない 人々の命を背負いながら、真実と対峙することとなる物語の、対象的なシーンを切り取った場面写真となっております。

映画情報どっとこむ ralph そして同時に新場面写真が解禁となる1作は、『663114』がベルリン国際映画祭で Special Mention を受賞した平林勇監督がメガホンを取り、 E-girlsの石 井杏奈・山口乃々華・坂東希が主演を務める『Kuu』。

石井演じるアンが、何者かに追われボロボロになってたどり着いた深い谷で、「自分とは違う 人々」である山口演じるハナと坂東演じるテンに遭遇し、全身全霊でお互いに対話を試みる物語。

今回解禁となった新場面写真では、対岸のアンを見つめ、身体を大きく動かして対話を試みるハナとテンの姿が見られます。そして、木に灯る火へ向けて両 手を掲げる男女、怪我をしたアンを支える二人の男性、言葉のない世界で彼らがどのようにストーリーを展開していくのか注目です。

氷点下にもなる極寒の 川辺で撮影された、その壮大な景観美と出演者の熱のこもった演技。独特な作品の世界観が垣間見れる場面写真となっております。

映画情報どっとこむ ralph 『カナリア』監督・脚本:松永大司
キャスト:TAKAHIRO 夏帆 髙野春樹 塚本晋也 主題歌「Canaria」byEXILE TAKAHIRO

『ファンキー』監督・脚本:石井裕也 CAST:岩田剛典 池松壮亮 前田航基 芹澤興人 岡根拓哉 美山加恋 / 伊佐山ひろ子 麻生久美子 主題歌「東京」by三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE

『アエイオウ』監督・脚本:安藤桃子 キャスト:白濱亜嵐 木下あかり 林寿美 奥田瑛二 主題歌「何もかもがせつない」byGENERATIONS from EXILE TRIBE

『Kuu』監督・脚本:平林勇 キャスト:石井杏奈 山口乃々華 坂東希 筒井真理子 平山祐介 野島直人 麿赤兒 主題歌「あの子のトランク」byDANCE EARTH PARTY

『Our Birthday』監督・脚本:Yuki Saito CAST:青柳翔 佐津川愛美 ランディ・ジャクソン/芦名星 余 貴美子 主題歌「How about your love?」byJAY’ED & 鷲尾伶菜

『幻光の果て』監督・脚本:岸本司 キャスト:山下健二郎 中村映里子 大城優紀 加藤雅也 主題歌「Baby Shine」byDEEP

***********************************


エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
企画・プロデュース:別所哲也
コンセプトプロデューサー:小竹正人
配給:配給:LDH PICTURES
©2018 CINEMA FIGHTERS


映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』TAKAHIRO・岩田剛典・・・メインビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 6つの詩から生まれた6つの新たな楽曲を6編のショートフィルムで描く、映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』の「カナリア」「ファンキー」「アエイオウ」「Kuu」「Our Birthday」「幻光の果て」の、6作品のメインビジュアルが解禁。

今回初解禁となったのは本作の6つのショートフィルムのメインビジュアル。

『カナリア』の写真にはセットされていない無造作な髪で牛舎に佇むTAKAHIROの姿が。
監督・脚本:松永大司 
キャスト:TAKAHIRO 夏帆 髙野春樹 塚本晋也 主題歌「Canaria」byEXILE TAKAHIRO


『ファンキー』の写真には、帽子にサングラスとファンキーな装いの岩田剛典や池松壮亮ら5人の男たちの姿が映っている。
監督・脚本:石井裕也 
キャスト:岩田剛典 池松壮亮 前田航基 芹澤興人 岡根拓哉 美山加恋 / 伊佐山ひろ子 麻生久美子
主題歌「東京」by三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE


『アエイオウ』の写真にはどこか重い表情で遠くを見つめる白濱亜嵐。
監督・脚本:安藤桃子 
キャスト:白濱亜嵐 木下あかり 林寿美 奥田瑛二 主題歌「何もかもがせつない」byGENERATIONS from EXILE TRIBE


『Kuu』の写真には、岩場に斬新な髪型や服装の石井杏奈、山口乃々華、坂東希の姿が見られる。
監督・脚本:平林勇 
キャスト:石井杏奈 山口乃々華 坂東希 筒井真理子 平山祐介 野島直人 麿赤兒  主題歌「あの子のトランク」byDANCE EARTH PARTY 


『Our Birthday』の写真には、幸せそうな笑顔で誕生日ケーキを持つ青柳翔と佐津川愛美の姿が。
監督・脚本:Yuki Saito 
キャスト:青柳翔 佐津川愛美 ランディ・ジャクソン/芦名星 余 貴美子 主題歌「How about your love?」byJAY’ED & 鷲尾伶菜

『幻光の果て』の写真では、山下健二郎がモリを躍動感たっぷりに振り上げている。
監督・脚本:岸本司 
キャスト:山下健二郎 中村映里子 大城優紀 加藤雅也 主題歌「Baby Shine」byDEEP

それぞれの作品の写真は、本作のキャッチコピーである“6tears・・・言葉たちが泣いている。”にあるような、主人公たちの深い想いを感じさせるものとなっていることから、それぞれの作品がいったいどのような音楽とともにドラマを魅せてくれるのか、ますます期待が高まりそうだ。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』

は、6月22日(金)全国公開。

utamonogatari.jp

本作には『トイレのピエタ』で第56回日本映画監督協会新人賞を受賞した松永大司監督作『カナリア』にTAKAHIRO、『舟を編む』(2013)で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞最優秀監督賞を受賞した石井裕也監督作『ファンキー』に岩田剛典、『0.5ミリ』で第39回報知映画賞作品賞を受賞した安藤桃子監督作『アエイオウ』に白濱亜嵐、『663114』がベルリン国際映画祭でSpecial Mentionを受賞した平林勇監督作『Kuu』に石井杏奈、山口乃々華、坂東希、SSFF & ASIAで4度「観客賞」を受賞しているYuki Saito監督作『Our Birthday』に青柳翔、映画『こころ、おどる』で SSFF & ASIA 2015「ジャパン部門」にて優秀賞を受賞した岸本司監督作『幻光の果て』に山下健二郎らに加え、映画界を代表する俳優たちが結集。
EXILE TAKAHIRO、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、JAY’ED & 鷲尾伶菜、DANCE EARTH PARTY、DEEPという、6組の豪華アーティストが歌い上げ、その世界観を6名の監督が映像化。それぞれの作品に、TAKAHIRO、岩田剛典ほか、豪華俳優陣が登場し早速話題の本作。各作品に登場する主人公たちの思いが物語と音楽に凝縮した、観るものの心を揺さぶる内容となっている。
***********************************

エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO 
企画・プロデュース:別所哲也 
コンセプトプロデューサー:小竹正人
配給:LDH PICTURES
©2018 CINEMA FIGHTERS