「ほとりの朔子」タグアーカイブ

ディーン・フジオカ『海を駆ける』公開に向け、深田晃司予習上映に古舘寛治、二階堂ふみ 登壇!


映画情報どっとこむ ralph この度、深田晃司監督の最新作『海を駆ける』の公開に向け、深田晃司予習上映がキネカ大森にて行われました!

上映作品は第35回ナント三大陸映画祭グランプリ・金の気球賞&若い審査員賞受賞し、第17回タリン・ブラックナイト映画祭最優秀監督賞受賞した『ほとりの朔子』(‘14年)と第69回カンヌ国際映画祭にて、「ある視点」部門の審査員賞を受賞した『淵に立つ』(’16年)の2作品が上映されました。上映・イベント終わりは22時と遅いイベントにも関わらず、チケットは完売!!

イベントでは、深田晃司作品代表として、『ほとりの朔子』から古舘寛治さんと二階堂ふみさんが登場。
『海を駆ける』古舘寛治、二階堂ふみ、深田晃司監督 深田監督は来週26日には新作『海を駆ける』が公開することもあり、その撮影についても語っていただき、深田監督の作品にどっぷり浸れる濃密イベントとなりました!

日程:5月19日(土)
場所:キネカ大森
登壇:古舘寛治、二階堂ふみ、深田晃司監督

映画情報どっとこむ ralph 『ほとりの朔子』 について

深田監督:まず、またスクリーンで上映して頂き、この二人と語れるのはとても嬉しいですね!この作品は2012年に撮影したのですが、前作の『歓待』を二階堂さんが雑誌のベストテンに選んでいただいて、その少し後に多摩映画祭でお会いし、一緒に映画が作れたらいいですねと、言っていたのがきっかけでしたね。
『ほとりの朔子』『海を駆ける』二階堂ふみ、深田晃司監督 この作品に出演されていた古舘さんは二階堂さんの印象について、

古舘さん:二階堂さんは当時17歳で、今と変わらないのですが、若かったですね~大人びてきて感慨深いですね。

と久々の再会に成長を感じたよう。これに対し、

二階堂さん:古舘さんは私が20歳になり、一緒にお酒を飲めるようになってからはそんなことなかったんですけど、当時は謎の多い人でしたね。お芝居を一緒にさせて頂き、先を意識しないで演技をしていて、普段の会話に近いような感覚で、素の反応が出来る不思議な感覚でした。

と、褒められ

古館さん:良いですね!プライベートだと絶対言ってくれないから、皆さん(お客さん)がいるからですよ!

と少し恥ずかしそうな古舘さん。

映画情報どっとこむ ralph 監督の演出に対しては・・・・

二階堂さん:深田監督はどういう風に息をするか、川を自分の体をどういう風に使い吸収するか、どう演出するかロジックを教えて頂き、物理の授業のようでした。

古舘さん:監督は当時は、みんなにどう言っていいのかみたいな感じはありましたが、いつの間にかそれを感じさせない“監督”になっていましたね。映画は監督の座組によって、色が全然変わってくるのですが、深田監督はとても穏やかですね。心地よくて、悪い意味ではなくてキャストみんなが生き生きして意見が言いやすい環境がありましたね。

との意見に

深田監督:やはりプレッシャーが強いと良いところや良い偶然が出にくいですよね、たまたまみんなと意見交換してて出てきたことを試す環境が楽しいですし、本作の中でもそういうシーンはありましたね。

と皆さんキャストが等身大で演じれたと監督の演出を語っていただきました。

映画情報どっとこむ ralph 『淵に立つ』について

本作で「ある視点」部門を受賞し、行ったカンヌについて聞かれ
『ほとりの朔子』『海を駆ける』古舘寛治、二階堂ふみ、深田晃司監督 古舘さん:まさか、自分が参加した作品が行くなんて、ずっと浮いているような感覚でしたね。でも財布無くしたり色々ありましたけど(笑)

と当時カンヌはホテル代が高いから基本相部屋だったそうで、

古舘さん:期間よりもう少し滞在したくて自腹でホテルとりましたよ!

と当時の様子を振り返っていました。

映画情報どっとこむ ralph お客さんのQ&Aの時間になり、

Q.『ほとりの朔子』にはカラフルな衣装が印象深いですが、二階堂さんも衣装について思い出はありますか?

二階堂さん:衣装は荒木里江さんが入っていて、監督との打ち合わせで70年代っぽい衣装になっていましたね。あるシーンで私が黒いジャケットを着ているのですが、それ私物でして…(笑)

と思わぬ裏話に

深田監督:そうそう、スタイリストさんも用意して頂いていたんですけど、ばたばたしていて、いつの間にかカメラが回っていましたね(笑)

二階堂さんの劇衣装で、

古舘さん:チューブトップでホットパンツの衣装があり、気付いたらその衣装に変わっていて、びっくりして反射的に『ハダカじゃん!』って言ったら二階堂さんにめちゃくちゃ怒られましたね(笑)

Q.深田監督の作品に数々出演される太賀さんについて

深田監督:昔作った映画で“たかし”という役を出して、そこから男性のキャラクターで“たかし”という名前が一番自分の中でベタでして、そこで太賀さんには毎回“たかし役”を演じてもらってますね。太賀さんに嫌と言われない限り、また“たかし”でお願いしたいですね。

と、今までの太賀さんが出演した作品全て“たかし”という名前がついている裏話も話していただきました。

Q.新作『海を駆ける』について

ディーン・フジオカ『海を駆ける』深田監督:日本人スタッフの中に、インドネシア人スタッフが入るのではなくて、日本人スタッフが入り新鮮でした。時間の切り分けがしっかりしていて、何時から何時は撮影で、と集中した良い雰囲気でしたね。お昼休みには、すごくリラックスしていて急に皆で歌い出していて、日本人に合わせてくれて“乾杯”で歌ってくれたのですが、全然日本人が歌詞が分からなくて携帯で調べたりして、“完敗”でしたね(笑)

二階堂さんと古舘さんも『海を駆ける』是非、見たいですね!と観客ともども期待高まるイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 海を駆ける
ディーン・フジオカ『海を駆ける』 2018年 5月26日 テアトル新宿、有楽町スバル座ほか全国ロードショー

公式HP:umikake.jp

物語・・・
インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すが正体は不明。その謎の男にラウ(=インドネシア語で「海」)と名付けて預かることになった、災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシたち。その周辺で謎の男・ラウは様々な不思議な奇跡と事件を巻き起こしていくーー果たしてラウは何者なのか…

***********************************

キャスト:
ディーン・フジオカ 太賀 阿部純子 アディパティ・ドルケン セカール・サリ 鶴田真由

スタッフ:
監督・脚本・編集:深田晃司

企画制作:日活
配給:日活 東京テアトル
©︎2018 “The Man from the Sea” FILM PARTNERS




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

東京国際映画祭 ラインナップ発表記者会見


TIFF記者会見
10月17日(木)~10月25日(金)に開催の第26回東京国際映画祭(TIFF)

開催まであと1ヶ月弱となりました。待ちどーしーですね!

で、本日第2回記者会見 ラインナップ発表が行われました!

◆日時: 平成25年9月19日(木)14:00~
◆会場 :六本木アカデミーヒルズ
◆発表内容
第1部: ラインナップ発表記者会見
ゲスト :
女優 栗山千明さん - 第26回東京国際映画祭フェスティバル・ミューズ
榊英雄監督 – 『捨てがたき人々』コンペティション部門正式出品
深田晃司監督 – 『ほとりの朔子』コンペティション部門正式出品
  女優 二階堂ふみさん – 『ほとりの朔子』主演
第2部:プログラミング・ディレクターによる作品解説

予告上映の後、最初に、東京国際映画祭 ディレクター・ジェネラル 椎名 保さんの挨拶。

「『キャプテン・フィリップス』の主演のトムハンクスがオープニングに出席します。また、プレーステーション3(R)「BEYOND:Two Soul」とのコラボもありまして その主役のエレン・ページも来日します。そして、三谷幸喜監督の『清須会議』とクロージングなっております。

なお、今年は、オープニング・クロージングのほかに3つ目の山を作りたく、また、土日の使い方を工夫しファミリーなど多くの方に足を運んでもらえるイベントを多数企画しています。円谷プロダクション50周年記念スペシャルイベント、プリキュアのイベント、そしてスポンサーのコカコーラのポーラベアイベントもございます。

そして、4K,8Kスーパーハイビジョン上映を行います。

新たなロゴ 新たなロゴ 新たなロゴ 新たなロゴ 「ハート・ムービー」は作品や製者の心を表現するもだが、心からおもてなし を実現したい。 」

笠井アナ2笠井信輔アナウンサーがMC。映画祭のオープニング&クロージングも笠井さんがMCです。
「映画ファンの1人として国際的に有数な映画祭の司会が出来て光栄です」

オープニングはトムハンクス主演の『キャプテン・フィリップス』

クロージングは三谷幸喜監督の『清須会議』
今回は、海外向けにキャラクターをわかりやすくしているそうです。


コンペティション審査委員の発表

国際審査委員長 チェン・カイコー(映画監督)
チェン・カイコー「審査委員長に選ばれてとてもうれしく思っています。映画づくりは厳しい仕事で、どんな作品でも大変な苦労を伴います。ですから私たち審査委員はすべての作品に等しく敬意を表します。その中で真に優れた作品が受賞します。優れた作品には卓越した才能が必要です。才能なしには何も生まれません。しかし才能よりも大切なものがあるような気がします。それは作り手が持つ個性的な世界観だと思います。不思議なことにそういう世界観は、キャリアの浅い段階の作品に見受けられることが多い。ですから若い監督の作品に注目したいと思いますし、サポートできることを願っています。10月に六本木で会いましょう! 」

コンペティション国際審査委員
ムン・ソリ(女優/韓国)、クリス・ブラウン(映画プロデューサー/オーストラリア)、 クリス・ワイツ(映画監督/アメリカ)、寺島しのぶ(女優)の4名

「アジアの未来」 審査委員
青山真治(映画作家)、ジェイコブ・ウォン(香港国際映画祭キュレーター)、野島孝一(映画ジャーナリスト)の3名

「日本映画スプラッシュ」 審査委員
パオロ・ベルトリン(ドーハ映画協会 アジア・オセアニア地区作品担当)、 クリスチャン・ジュンヌ(カンヌ映画祭代表補佐)、瀬々敬久(映画監督)の3名。もう1名は決定次第発表。

コンペティション部門 プログラミング・ディレクター
矢田部吉彦さん

矢田部吉彦さん「コンペティションにはその年の世界の秋の新作をご紹介する意味合いがあります。
トロント国際映画祭でワールド・プレミア、東京国際映画祭ではアジア・プレミアという感じです。また、様々な国・地域を含めること、幅広いジャンルを取り扱うこと、新人監督作品もベテラン監督作品も織り交ぜることにより、バランスを意識しています。同時に、1000本以上の応募作品の中からクオリティーの高いもの、つまり監督の指紋が映像に刻印された、表現者の個性・スタイルが詰まった作品を選ぶことも、原点に返って重視にしています。そして、古い体制や古い常識と「闘う」「抵抗する」映画、映画監督の姿勢としても「闘う」という。コメディからサスペンスまで幅広く紹介しており、肩肘張らず楽しんで頂けたらよいと思います。 」

<コンペティション部門作品ラインアップ>

ある理髪師の物語
ウィ・アー・ザ・ベスト!
エンプティ・アワーズ
オルドス警察日記
ザ・ダブル/分身
ドリンキング・バディーズ
ハッピー・イヤーズ
ブラインド・デート
ほとりの朔子
ラヴ・イズ・パーフェクト・クライム
ルールを曲げろ
レッド・ファミリー
歌う女たち
捨てがたき人々
馬々と人間たち

『捨てがたき人々』 榊英雄監督が登壇
榊英雄監督 榊英雄監督ご挨拶
Disregarded_People 捨てがたき人々「歴史ある東京国際映画祭のコンペティションに参加でき光栄です。
2008年には『僕のおばあちゃん』で参加し今回はコンペティションでの参加で違ったドキドキ感が。原作者のジョージ秋山氏のご子息が同級生だったこともあって意気投合したこと、また原作のストーリーが自分自身の課題にも繋がっていて、この映画に取り組むことになりました。出身の長崎県五島列島での撮影敢行となったのですが、もともと映画『悪人』で有名になったロケ地である大崎灯台の周辺が地元。自分自身としてもルーツを探る作品もなりました。だから大崎灯台を撮りたい気持ちもありましたが敢えてその気持ちは封印。撮影中、地元の同級生たちに「お米を持ってこい」などこき使い、嫌われ
てしまったかもしれませんが、地元の支援あってこその映画ができました。」


『ほとりの朔子』 深田晃司監督、主演女優 二階堂ふみさん登壇

深田晃司監督ご挨拶
深田監督 ほとりの朔子以前、東京国際映画祭には、日本映画ある視点部門に『歓待』という作品で参加させて頂きました(東京国際映画祭 日本映画ある視点作品賞を受賞)。この作品で東京国際映画祭に戻ってくることが出来て光栄です。前作『歓待』を東京国際映画祭で上映して頂いてから海外での上映機会が増え、作品とともに世界中を旅させてもらいました。東京国際映画祭との縁で世界を学ばせて頂いたと言えます。

二階堂ふみさんご挨拶
二階堂ふみ大きく楽しい映画の祭典に参加できてうれしいです。浪人生のヒロイン役で会話劇ですが、現場で突然台本を渡されることもあったので、現場の合間に共演の鶴田真由さんと一緒に練習していました。演出に関しては、監督自らが実際に動きをみせてくださったりしてとても楽しかったです。


特別招待作品 プログラミング・ディレクター
都島信成さん


都島信成本部門は映画祭の中で最も盛り上げていく部門で、今年は洋画、邦画ともに11本とバランスがとれた選出となりました。
アニメを意識して日本のアニメを選出したのも今年の特徴です。海外ゲストの来日も予定しており、映画の祭典にふさわしいものになります。グリーンカーペットでは連日イベントを企画し、映画を観なくてもアリーナに来れば誰かに会えるような映画祭にしていきたいです。

<特別招待作品ラインナップ>
アデル、ブルーは熱い色
エレニの帰郷
オー!ファーザー
キャプテン・フィリップス
サカサマのパテマ
ジンクス!!!
すべては君に逢えたから
セッションズ
バイロケーション
パークランド――ケネディ暗殺、真実の4日間
ブリングリング
ベヨネッタ ブラッディフェイト
マッキー
マラヴィータ
レイルウェイ 運命の旅路
映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス
鑑定士と顔のない依頼人
潔く柔く きよくやわく
晴れのち晴れ、ときどき晴れ
清須会議
武士の献立
恋するリベラーチェ

JapanCoolってことで今回からアニメがフィーチャーされています!


アジアの未来 プログラミング・ディレクター
石坂健治さんによる説明


石坂健治本部門はチャレンジングな部門です。その理由としてヤングシネマの精神をよみがえらせたいということ、全体的に応募本数が伸びていて、1本目2本目の監督が数多くいます。その点を踏まえ、アジアのコンペティション部門を作れるのではないかと考えました。本部門の作品数は8本なので丁寧に紹介し、日本に広めていきたいと思います。監督の傾向としては、監督の価値観がしっかりとしていて個性が出ている作品が多くあります。東京発の新しい才能の発掘をしていきたいと思っています。

<アジアの未来ラインナップ>
リゴル・モルティス/死後硬直
レコーダー 目撃者
祈りの雨
起爆
空っぽの家
今日から明日へ
祖谷物語 -おくのひと-
流れ犬パアト


<日本映画スプラッシュラインナップ>
FORMA
サッドティー
そして泥船はゆく
なにもこわいことはない
楽隊のうさぎ
死神ターニャ
自分の事ばかりで情けなくなるよ
友だちと歩こう

優の栗山千明さんに第26回東京国際映画祭の「フェスティバル・ミューズ」にご就任。

栗山千明さんご挨拶

栗山千明2 「日本と世界を結ぶ映画祭のお手伝いをさせていただけることは光栄です。日本の文化を広めることももちろん大切ですが、様々なイベントを通じてより日本を知って体感してもらえればと思います。」
栗山千明
第26回東京国際映画祭(TIFF)は10月17日(木)~10月25日(金)開催です!

********************************************************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ