「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」タグアーカイブ

ぴあフィルムフェスティバル(PFF)「第1回大島渚賞」は小田香監督に決定!


映画情報どっとこむ ralph 1977年から40年以上にわたり、国内外に自主映画を紹介してきた、ぴあフィルムフェスティバル(PFF)。
そのPFFが、新たなる映画賞「大島渚賞」を創設しました。

大島渚賞は、映画の未来を拓き、世界へ羽ばたこうとする、若くて新しい才能に対して贈られる賞です。対象は、劇場公開作品を持つ監督です。かつて、大島渚監督が高い志を持って世界に挑戦していったように、それに続く次世代の監督を、期待と称賛を込めて顕彰します。

そして

この度、第1回目の受賞者が決まりましたので、ご報告。

「第1回大島渚賞」は、審査員長である坂本龍一氏(音楽家)、審査員の黒沢 清氏(映画監督)、荒木啓子(PFFディレクター)の討議により、ハンガリーの巨匠タル・ベーラの愛弟子で、独自の映画言語で『鉱 ARAGANE』、『セノーテ』など、次々に新たな作品を生み出している小田 香(おだ・かおり/32歳)監督に決定しました。

授賞式は、3月19日に東京・丸ビルホールで行います。
また、翌3月20日には、同ホールで、記念上映会を実施します。

映画情報どっとこむ ralph 【第1回大島渚賞 記念上映会】
2020年3月20日(金・祝)  会場:丸ビルホール(東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル7・8階)

小田 香監督 × 坂本龍一氏(音楽家) × 黒沢 清氏(映画監督)トーク

「大島渚賞 記念上映会」では、受賞監督作品と大島渚監督作品を上映致します。
今回は、6月に劇場公開を控える小田 香監督の最新作『セノーテ』をいち早くご紹介します。
『セノーテ』上映後には、小田 香監督×坂本龍一氏(音楽家)×黒沢 清氏(映画監督)によるトークも行います。そして、大ヒットを記録し、社会現象にもなった、大島監督28歳のオリジナル作品『青春残酷物語』が上映会のラストを飾ります。

<タイムテーブル> (※予定)
13:30 『セノーテ』
14:50 上映後トーク 小田 香監督×坂本龍一(音楽家)×黒沢 清(映画監督)
15:50 『青春残酷物語 デジタル修復版』
※前売券はチケットぴあにて、2月19日(水)午前10時より発売!

<上映作品紹介>
◎『セノーテ』(原題:TS’ONOT 英題:Cenote)
2019年/75分/デジタル【日本語/英語字幕付き上映】
監督・撮影・編集:小田 香
メキシコ、ユカタン半島の北部に点在する洞窟内の泉「セノーテ」。マヤ文明の時代から、現世と黄泉を結ぶと信じられてきたセノーテでは、かつて雨乞いの儀式のために少女たちが生贄として捧げられてきた。神秘的で美しい水源の映像と、セノーテをめぐる歴史と記憶が交差していく…。小田監督が自らダイビングを学び、水中撮影に挑んだ意欲作。

◎『青春残酷物語 デジタル修復版』
1960年/96分/デジタル【英語字幕付き上映】
監督・脚本:大島 渚
出演:桑野みゆき、川津祐介、久我美子
“松竹ヌーヴェルヴァーグ”の言葉を生み、大島渚の名を世に知らしめた、初期の伝説的作品。セックス&バイオレンスな<青春>、生の実感の掴めない<青春>、青春の普遍的なテーマをエッジの効いた言葉と映像で描き、本作で第1回日本映画監督協会新人賞を受賞したオリジナル作品。

※本企画は、毎年大島監督の誕生月である3月に開催の予定です。                  
※「大島渚賞」に関する情報はPFF公式サイトをご覧ください 
https://pff.jp/jp/

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」は新しい映画賞として、「大島渚賞」をスタート


映画情報どっとこむ ralph 1977年から続く自主映画の祭典「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」は、「新しい映画の才能の発見と育成」をテーマに去る9月に41回の開催を数えました。2017年に「一般社団法人PFF」を設立し、あらたな歩みを始めたPFFは、新しい映画賞として、「大島渚賞」をスタートします。

来年2月の受賞者の発表に先立ち、本日12月4日(水)、日本外国特派員協会にて、「大島渚賞」創設に関する記者会見を行いました。

映画情報どっとこむ ralph 矢内廣さん(一般社団法人PFF 理事長、ぴあ株式会社 代表取締役社長)コメント
大島渚賞は、41年に渡るPFFの下地から生れた新たな賞です。映画の未来を開いて、世界へ羽ばたこうとする若くて新しい才能に対して贈られます。新しい才能を発掘する<PFFアワード>、その才能を育成する<PFFスカラシップ>と、これまでのPFFの活動を通し、国内外の映画祭や映画人との交流を深めてきましたが、さらに、その才能を世界に飛躍させるのが<大島渚賞>。そういった賞に位置づけたいと思っております。かつて大島監督が高い志をもって世界に挑戦していったように、それに続く次の世代の監督に対して期待と称賛をこめて贈りたいとおもっております。大島渚賞を通して、世界に羽ばたく新しい才能が次々と生まれていく。みなさまのお力添えをいただきながら、そういった夢を実現できていければと思っております。

小山明子(女優)さんコメント
大島は才能あふれる若い人のことが大好きでした。PFFで審査員にいくと夜中まで帰ってこない。わたしなんかめんどうなので「そんなのやらなきゃいいじゃない」というんですけど、大島は意に介さない。それぐらい若い才能に出会って、刺激をもらうのが大好きで、家に帰ってくると、その話をよくしてくれました。まだ大島が助監督時代に、1通のラブレターをもらいました。そこには「自分はいつか世界に通用する映画監督になって、君を海外に連れていく」と殺し文句が書いてあったんですね。これを彼はちゃんと実行してくれました。ここからもわかるように、大島はいつも自分の映画は日本だけにとどまらず、海外の人に外国の人に見てもらえる映画でありたいと願っていました。そして『戦場のメリークリスマス』では、坂本龍一さん、北野武さんという世界に通用する才人が育ってくれました。このように、大島は日本だけではなく、海外に通用する日本の才能も育てたかったと思っていたと思います。なので、今度、このような賞が生まれて、きっと大島も喜んでいると思います。この賞から世界へ羽ばたく人が出てくれたら、私もうれしいし、大島もさぞかし喜んでくれると思います。

映画情報どっとこむ ralph 質疑応答の内容

Q.大島渚賞創設までの経緯は?

矢内さん:今年で大島監督は7回忌になるのですが、3年前ほど前に小山さんからお話しをいただきました。「PFFの中で大島渚の賞を作ってもらえないか」と。わたくしは驚いて「そんなビッグネームを冠した賞をPFFに作っていいのですか?」といいましたところ、小山さんは「なにをおっしゃるんですか。(審査員を務めていたとき)大島は家に帰ってくるとPFFの話ばかり。わたくしはそれをよく聞かされていました。ですから、大島渚賞というのはPFFの中で作られるのがもっともふさわしいんです」と。続けて「これは大島の遺志だとおもってうけとめてください」とまでいってくださいました。当時、ちょうど社団法人化にむけて動いていたこともあったので、これが叶いましたら、そのあかつきにはぜひということでお願いしました。そして、今日の発表の日を迎え、大変うれしく思っております。

Q.賞は、自ら世界に挑戦し、新しい道を切り拓こうという大島渚監督のスピリッツをもつ次世代の監督にとのことですが、小山さんの思う大島渚スピリッツとは?

小山さん:大島は映画を作るときに「同じものはつくらない」という信念があったと思います。たとえば『日本の夜と霧』はワンシーンワンカットで10数分の長回しで撮った映画だったんですけど、そのあとに撮った『白昼の通り魔』は千何百カットもある映画でした。彼はあえて同じスタイルで撮らない。彼の映画はほんとうに作風がバラバラなんですね。たぶん、常にチャレンジしたかったんだと思います。いつもなにかにチャレンジして、いつもなにかを見つけたい、いつもワクワクしたい。そういった好奇心とか冒険心とかがいつも彼の心にあった気がします。

Q.PFFの審査員を務めていたときの大島監督で思い出すことは?

矢内さん:大島監督はほんとうに若い人の作品を見るのが好きでした。当時、『愛のコリーダ』や『戦場のメリークリスマス』といった作品で、既に世界の有名監督だったにも関わらず、ぴあの試写室に足を運び、1日中8ミリフィルムの作品を観てくださった。未知の才能を発見できるかもしれないといった様子で、ワクワクしながら観ていられたことをよく覚えています。

映画情報どっとこむ ralph <第1回大島渚賞>
【審査員】 審査委員長 坂本龍一(音楽家)
審査員 黒沢清(映画監督)、荒木啓子(PFFディレクター)
【発表】  2020年2月予定
【授賞式】 2020年3月19日(木) 丸ビルホール
※招待のみ。チケット販売はありません。
【記念上映会】 2020年3月20日(金) 丸ビルホール
※上映プログラムなどの詳細は、2020年2月発表予定

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ