「ぴあ」タグアーカイブ

映画祭「第40回ぴあフィルムフェスティバル」コンペティション部門、入選発表


映画情報どっとこむ ralph 1977年、東映大泉撮影所で開催した「第1回ぴあ展」(現・ぴあフィルムフェスティバル)からスタートし、園子温、塚本晋也、李相日、荻上直子、石井裕也、山戸結希など、現在120名を超えるプロの映画監督を送り出してきたPFFは、今年40回を迎えます。

本日、約4か月に及ぶ審査を経て決定した、「第40回ぴあフィルムフェスティバル」のコンペティション部門「PFFアワード2018」の入選作品を発表します。


入選作品は、9月8日(土)から国立映画アーカイブ(旧・東京国立近代美術館フィルムセンター)で開催する「第40回ぴあフィルムフェスティバル」で上映され、9月20日(木)に行われる表彰式にて、最終審査員らにより各賞が発表されます。

なお、今年は映画祭の初日から、動画配信サイト「青山シアター」にて、「PFFアワード2018」全作品を同時配信します!

映画祭「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」開催概要
会期:2018年9月8日(土)から22日(土)まで  ※月曜休館
会場:国立映画アーカイブ(旧・東京国立近代美術館フィルムセンター)
内容:コンペティション部門「PFFアワード2018」、招待作品部門、ほか映画講座、関連企画等を予定
公式サイト:https://pff.jp

映画情報どっとこむ ralph PFFディレクター 荒木啓子より

「自主映画だからこそできること」について更に深く考え、更にセレクションに時間を費やした2018年です。自主映画だから、規制はない。何故ならそこには発注者がいないから。作者自身が、発注者であることへの期待、個々人のアイデアがどう作品に結実していくのか、個々人の他者への距離が、どう作品を彩るのか、の期待、つまり<創作>というものへの期待です。529作品には529種の想像力が開花していることへの期待です。

そして、ご応募くださった皆様には大変お待たせしました。入選作品を発表します。長編、中編、短編、ドラマ、ドキュメンタリー、アニメーション、混ざりました。第40回ぴあフィルムフェスティバルでは、この18作品を8プログラム構成で上映します。

ぴあフィルムフェスティバルの会場となる「国立映画アーカイブ」は、通常の映画館ではありません。映画を生んできた国に、少なくともひとつは建立される、映画を保存し、そして、観せる、という「映画の歴史を絶えず刻んでいく」「映画を後世に伝えて行く」ことを使命とする場所です。その大スクリーンで上映されるとき、映画は<映画とは何か>という希望の集約となって輝きます。

映画情報どっとこむ ralph 「PFFアワード2018」入選作品
今年の女性入選監督は、過去最高の8名!

入選作品データ
応募本数:529本 
入選本数:18本
年齢:平均25.9歳 、最年少20歳 、最年長36歳
男女比:男性(10本)55.6% 、女性(8本):44.4%
上映時間:平均44.2分 、最短7分 、最長110分

映画情報どっとこむ ralph ▼529作品の応募の中から選ばれた入選18作品はこちらです。

*作品名五十音順。上映時間、年齢、職業(学校名)は応募時のものです。

『愛讃讃』8分
監督:池添 俊(29歳/大阪府出身/フリーランス)

『ある日本の絵描き少年』20分
監督:川尻将由(30歳/東京都出身/映像制作会社経営)

『一文字拳 序章 -最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い-』66分
監督:中元 雄(26歳/広島県/WEBデザイナー)

『オーファンズ・ブルース』89分
監督:工藤梨穂(22歳/福岡県出身/京都造形芸術大学 芸術学部)

『からっぽ』52分
監督:野村奈央(23歳/静岡県出身/武蔵野美術大学 造形学部)

『カルチェ』70分
監督:植木咲楽(22歳/大阪府出身/京都造形芸術大学 芸術学部)

『川と自転車』44分
監督:池田昌平(33歳/千葉県出身/アルバイト)

『貴美子のまち』37分
監督:芦澤麻有子(22歳/神奈川県出身/武蔵野美術大学 造形学部)

『Good bye, Eric!』18分
監督:高階 匠(28歳/東京都出身/会社員)

『最期の星』27分
監督:小川紗良(21歳/東京都出身/早稲田大学 文化構想学部)

『山河の子』57分
監督:胡 旭彤(22歳/中国出身/日本映画大学 映画学部)

『シアノス』40分
監督:松本 剛(33歳/島根県出身/フリーランス)

『シャシャシャ』31分
監督:亀井史興(36歳/新潟県出身/派遣社員)

『19歳』29分
監督:道本咲希(20歳/大阪府出身/ビジュアルアーツ専門学校大阪)

『すばらしき世界』40分
監督:石井達也(20歳/茨城県出身/東放学園映画専門学校)

『小さな声で囁いて』110分
監督:山本 英(26歳/広島県出身/東京藝術大学大学院 映像研究科)

『モフモフィクション』7分
監督:今津良樹(32歳/静岡県出身/東京藝術大学大学院 映像研究科)

『わたの原』51分
監督:藤原芽生(22歳/東京都出身/会社員)


***********************************

  


二ノ宮隆太郎監督『枝葉のこと』予告編解禁&公開日決定!山戸結希監督コメントも到着


映画情報どっとこむ ralph この度、新鋭・二ノ宮隆太郎監督の最新作『枝葉のこと』の公開日が5月12日(土)に決定。上映劇場はシアター・イメージフォーラム。

これにあわせ予告編が解禁となりました。

この度、解禁された予告編には、冒頭、自宅で庭仕事をしている父親に近づく隆太郎が、思いつめた様子で「裕佑のおばちゃん、死ぬよ」と告げるシーンから始まっている。6歳で母親を亡くし、幼少期に友達である裕佑の母親、龍子に世話になっていた隆太郎は、7年前から彼女の病気を知っていたにも関わらず、一度も会いに行っていなかったのだ。

予告編は、郊外の自動車整備工場で働く隆太郎が、仕事が終わると、先輩や後輩に誘われて近所の居酒屋やガールズバーに飲みに行く毎日が描かれている。周囲の人間を見下し、常に苛立ちを隠せずにいる隆太郎は、人から疎まれ嫌われているが、その心の奥に隠した大切な感情を、死ぬ間際の龍子に出会うことで変わっていこうとする。



この映画は、一人の若者の、人生を変えなくてはいけないと感じるその瞬間を切り取った、今までに無い、全く独創的な青春映画。

映画情報どっとこむ ralph 本作に『溺れるナイフ』などの山戸結希監督からコメントが!

山戸結希(映画監督)

孤独な人間にしか作れない映画があることを、よく思う。

『枝葉のこと』を観ると、ずっと寂しかった彼の横顔や背中に鬼気迫る想いがする。
暗闇と溶け合うために生まれてきた人。
彼自身が、一筋の寂しい光となって。

それゆえ 二ノ宮隆太郎と映画館は、いつでも宿命的な出会いを果たす。


映画情報どっとこむ ralph 隆太郎、27歳。苛立ちと鬱屈の毎日に訪れた、人生を変える転機の出来事

前作『魅力の人間』が第34回ぴあフィルムフェスティバルで準グランプリを受賞し、海外映画祭でも注目を集めた新鋭・二ノ宮隆太郎の劇場公開デビュー作となる本作は、監督自身の実体験を基に作り上げた独創的な「私小説的」映画作品である。

枝葉のこと

2018年5月12日(土)シアター・イメージフォーラムにて公開

公式URL: edahanokoto.com

物語・・・
横浜の自動車整備工場で働く隆太郎は、関わること全てに諦念を抱く無気力な男。
無駄話に興じる職場の先輩や後輩。ガールズバーで出会った女の子。誰にも心の内を語らない隆太郎は、周囲からも変わり者扱いされている。そんな折、幼馴染の裕佑から1本の電話が入る。「うちの母ちゃんが会いたがっている」裕佑の母・龍子はC型肝炎から発症した肝臓がんで余命数日に迫っていた。6歳で母親を亡くし、幼少期に龍子に世話になっていた隆太郎は、7年前から彼女の病気を知っていたにも関わらず、一度も会いに行っていなかった。
これは、龍子に会いに行くことを決めた隆太郎の人生の数日間の物語。

***********************************

『枝葉のこと』 [2017年/日本/DCP/カラー/114分]
監督・脚本・編集:二ノ宮隆太郎
出演:二ノ宮隆太郎、矢島康美、松本大樹、木村知貴ほか
宣伝・配給協力:岩井秀世
配給:九輪家
海外セールス:Free Stone Productions Co., Ltd. ©Kurinke
   


冴羽 獠(神谷 明)&槇村 香 (伊倉一恵)が帰ってくる!『劇場版シティーハンター(仮題)』2019年初春に公開です!


映画情報どっとこむ ralph 原作発行部数5,000万部超!
今なお世界中で絶大な人気を誇る漫画界の“レジェンド”「シティーハンター」の新企画が昨年のTVアニメ放送開始30周年を機に始動!2019年に長編アニメーション映画として復活します!

新宿を舞台に様々な依頼を受け、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」こと冴羽獠。超一流の射撃の腕をもつ、裏社会No.1の始末屋(ルビ:スイーパー)だが、無類の女好き。

相棒の槇村香は依頼人の女性に手を出そうとする獠を時に“撃退”しつつも、仕事のパートナーとして獠を支え成長していきます。
そんな本作の新作アニメーション映画『劇場版シティーハンター(仮題)』が2019年初春に公開決定しました!

映画情報どっとこむ ralph 冴羽獠役は神谷明、槇村香役は伊倉一恵というTVアニメからのオリジナルキャストが継続して演じる事が決定!

お二人からのコメントも到着しています。

冴羽 獠(リョウ) 役・神谷 明
僕の中にはずっと冴羽獠が生き続けていました。1999年のテレビスペシャルから20年が経ち、このような形で獠と香、二人の「シティーハンター」にもう一度逢えるなんて感激です!

槇村 香 役・伊倉一恵
えっ、また100トンハンマーを振り回せるんですか!?20年経って再び香の声が出来るなんて、なんて幸せ!!しかも北条先生の絵を見る限り、静かに収まってない気配。大暴れ出来る体力はあるのか少々心配ですが、気持ちはすでに香です。はぁ、もう待ちきれない!

アニメーション制作も引き続きサンライズが担当し、総監督としてTVアニメと過去の劇場版「シティーハンター」で監督を務めたこだま兼嗣、脚本は「妖怪ウォッチ」でシリーズ構成・脚本を務めた加藤陽一が本作に初参加となります。


映画情報どっとこむ ralph 発表と同時に公開となる第1弾ビジュアルは、原作者・北条司が本作のために新たに描き下ろしたもの。当時と変わらぬ姿の獠と香が、現在の新宿で活躍することを予感させるビジュアルになっています。


情報解禁に合わせ、製作決定を記念したスペシャルムービーも公開!



映画情報どっとこむ ralph ストーリーは現在の新宿を舞台に獠と香が活躍する完全新作ストーリー。

『劇場版シティーハンター(仮題)』

原作:北条司
総監督:こだま兼嗣
脚本:加藤陽一 
キャスト:神谷明、伊倉一恵

公式サイト:
http://cityhunter-movie.com/ 

アニメーション制作:サンライズ
配給:アニプレックス
(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

映画情報どっとこむ ralph ★『シティーハンター冴羽獠×ぴあ』(ぴあMOOK) 3月26日(月)発売!

『劇場版シティーハンター』製作決定を記念し、冴羽獠の誕生日である3月26日(月)に『シティーハンター冴羽獠×ぴあ』の緊急発刊が決定致しました!伝説のスイーパーがたどった軌跡を原作、アニメから徹底的に解析。プロファイルをはじめ、全神業ショット、全もっこり、全ハンマーシーンをコレクションなど内容満載。表紙イラストは、北条司先生の新規描き下ろし!

■BOOKぴあ
BOOKぴあ
(C)北条司/NSP 1985 版権許諾証AD-308

映画情報どっとこむ ralph ★AnimeJapan 2018にて「劇場版シティーハンター」の展示を実施!
3月24日(土)~25日(日)にかけて東京ビッグサイト(東1-8ホール)にて開催される「AnimeJapan(アニメジャパン) 2018」において、「劇場版シティーハンター」の展示を行います。

ブースで第1弾ビジュアルの展示に加えチラシを配布するそうです。

***********************************

     


第40回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)会期&会場発表!作品募集中!


映画情報どっとこむ ralph 今年40回を数えるPFF(ぴあフィルムフェスティバル)の会期会場が決定しました。

会期は9月8日(土)から22日(土)。月曜休館を挟んで13日間、「国立映画アーカイブ」で展開します。

「国立映画アーカイブ」は、これまでPFFを開催してきた「東京国立近代美術館フィルムセンター」が、日本で6番目の国立美術館として独立し、「映画を残す、映画を活かす。」というミッションのもと、映画文化振興のナショナルセンターとして、4月1日、新たな歴史をスタートする映画の殿堂です。この「国立映画アーカイブ」の若手クリエイターの支援の趣旨を受け、PFFも40回という記念の年を始めます。


◎映画祭「第40回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」開催概要

【会期】2018年9月8日(土)から22日(土)まで  ※月曜休館
【会場】国立映画アーカイブ
(※東京国立近代美術館フィルムセンターが2018年4月1日より「国立映画アーカイブ」に変わります。)
【内容】コンペティション部門「PFFアワード2018」、招待作品部門、ほか映画講座、関連企画等を予定
【公式サイト】https://pff.jp

映画情報どっとこむ ralph PFF(ぴあフィルムフェスティバル)のメインプログラムは、1977年の始まりから続く自主映画のコンペティション「PFFアワード」です。

この「PFFアワード」からは、例えば、本年度の映画賞レースを独走する『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の石井裕也監督、現在公開中の『嘘を愛する女』の中江和仁監督、『不能犯』の白石晃士監督、公開を控える『娼年』の三浦大輔監督、『いぬやしき』の佐藤信介監督など、120名を超えるプロの映画監督が生まれてきました。

また、2月15日開幕の第68回ベルリン国際映画祭には、昨年の「PFFアワード2017」グランプリ『わたしたちの家』(清原 惟監督・現在ユーロスペースにて公開中)と、観客賞『あみこ』(山中瑶子監督)がフォーラム部門に正式出品が決定しています。

映画の新しい才能が集う場所として、国内外から注目される「PFFアワード」。

本年の 応募締切は3月22日(木)です。入選作品は「第40回PFF」にてお披露目され、9月20日(木)の表彰式で各賞が発表されます。

映画情報どっとこむ ralph “PFFに応募すれば、何かが変わる”

◎コンペティション部門「PFFアワード2018」作品募集概要
【公募受付期間】2018年2月1日(木)~3月22日(木)
※データアップロードの場合は、23時59分までにアップ完了。
※郵送の場合は、当日消印有効。

応募される作品の長さ(短編・中編・長編)、ジャンル(ドラマ、CG、アニメーション、
ドキュメンタリーetc)や、応募者の年齢、性別、国籍などの制限は一切ありません。
作品募集ページ

◎コンペティション部門「PFFアワード2018」作品募集概要
【公募受付期間】2018年2月1日(木)~3月22日(木)
※データアップロードの場合は、23時59分までにアップ完了。
※郵送の場合は、当日消印有効。

応募される作品の長さ(短編・中編・長編)、ジャンル(ドラマ、CG、アニメーション、
ドキュメンタリーetc)や、応募者の年齢、性別、国籍などの制限は一切ありません。

作品募集ページ

***********************************



劇場版 進撃の巨人Season2〜覚醒の咆哮〜 ぴあ映画初日満足度調査 1位獲得!!


映画情報どっとこむ ralph 1月13日より全国ロードショーとなった「劇場版 進撃の巨人Season2〜覚醒の咆哮〜」が「ぴあ映画初日満足度調査」(1月13日ぴあ調べ)において堂々の第1位を獲得した。

更に、1月13日(土)、1月14日(日)の土日のスクリーン アベレージ(1館当たりの興行収入の平均)においても、第2位を獲得しており、作品に寄せられる期待とそれを裏切らない内容であることが表れている。

また、映画の最後には、2018年7月より放送のTVアニメ「進撃の巨人」Season3のストーリーを想起させる新規の映像もあり、本編の満足度はもちろんのこと、今後の展開に大きな期待が寄せられる内容となっている。
公開初日に第二弾キービジュアルが解禁された今年7月放送のTVアニメ「進撃の巨人」Season3の放送も控えており、今後も様々に盛り上がりが期待できる本作に、注目です。


劇場版「進撃の巨人」Season2~覚醒の咆哮~

2018年1月13日劇場公開
公式HP:http://shingeki.tv/movie_season2



数量限定!週替わり入場者プレゼント「浅野恭司描きおろしコースター2種ランダム配布」

週ごとに変わるキャラのイラストと、肥塚正史監督のサインがプリントされたコースターを、劇場入場者を対象に2種類の中から先着でランダムに配布する。

映画情報どっとこむ ralph TVアニメ「進撃の巨人」Season3 作品情報


2018年7月放送開始
公式サイト:
http://shingeki.tv/season3/

公式Twitter:
@anime_shingeki

***********************************

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会