「しりあがり寿」タグアーカイブ

深田晃司監督、しりあがり寿、よしひろまさみちで裏話。『海を駆ける』イベント


映画情報どっとこむ ralph 第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を『淵に立つ』で受賞し、今や世界の映画人が注目する深田晃司監督の最新作『海を駆ける』。

自然は時に豊かに美しく、時に脅威となり人を飲み込み、また人間の生活は自然と共にあるという様を、インドネシアの美しい海、そして国籍や宗教を越えて育まれる若者たちの友情を通して描く、ファンタジー。

この度、深田作品の大ファンと公言する『真夜中の弥次さん喜多さん』等で知られる漫画家のしりあがり寿さんと映画ライターのよしひろまさみちさんがイベントに登場!

お二人の深田監督との出会いや、最新作となる本作の撮影方法など裏話について語りました。


日程:6月11日(月)
場所:テアトル新宿
登壇:深田晃司監督、しりあがり寿、よしひろまさみち

映画情報どっとこむ ralph しりあがりさん:観終わって、ここを(映画最後のシーンのように)駆けたくなりますね。

と映画上映終わりの観客と興奮冷めない様子。

深田監督:蝶のシーンなどCGもありますが、最後の海を駆けるシーンは力わざで橋を作って潮が満ちる前にCGなしで撮影しましたね。あと、花を生き返らせるシーンもアナログなのですが、花を枯れるまでずっと撮影し続けて逆再生したんですよね。

と映画ならではの撮影裏話から冒頭はスタート。

二人のご関係について

しりあがりさん:深田監督の『歓待』をきっかけに、私が毎年行っているさるハゲロックフェスティバルを行っており、その映像記録をお願いしているんですよね。

とまさかの関係に

よしひろさん:カンヌ(受賞)の監督にですよ!(笑)

とツッコミ!!


映画情報どっとこむ ralph 『淵に立つ』について聞かれると、

しりあがりさん:大好きですが、嫌な気持ちになりますよね(笑)

と同じく監督の作品が好きな

よしひろさん:言葉を許していただけるのであれば、深田監督の作品はすべてド変態だなと思っております(笑)監督はすごくいい人なのですが、映画はドSですよね。今回の作品ではインドネシア語と英語が話せるおディーンさんが喋らないなんて(笑)こんなドSなことありますか!

と今回の作品にもツッコミが。

深田監督:ディーンさんに喋らせないなんて贅沢だと葛藤しながら、会見のシーンも中国語をもっと増やそうかと思ったんですが、結局インドネシア語と英語のみにしましたね。

と、話す監督。

共演の太賀さん・鶴田さんのインドネシア語の話になり

深田監督:太賀さん・鶴田さんには2か月インドネシア語を勉強してもらい、鶴田さんは上手くなりすぎないように気を付けてもらい、太賀さんはネイティブに見えるようにしていただきました。また、太賀さんはリアクションが上手くて、ちょっとしたしぐさも現地の人も認めるくらい自然で、現地のキャストとも仲良くなっていたので、リアルなリアクションが撮れたと思います。

と太賀さんの演技を絶賛。それを聞いて

しりあがりさん:僕も太賀さんが現地の人に見えました、演技っぽくなく、そのおかげで作品がよりリアルに見ましたね。

と会場の観客も納得の様子。

また撮影は本作ほぼノーアドリブで、太賀とアディパティ・ドルケンのハンドシェイクを太賀からの提案で追加し、映画後半のシーンで歌も追加したそう。

しりあがりさん:その若い子の意見など、どんどん取り入れるのが追加するのが、素晴らしいですね。

歌を追加した経緯について

深田監督:インドネシア人スタッフは休憩の度に歌っていて、それがどんどん広がり、皆で合唱するんですが、日本人スタッフは皆が歌詞を知っているような歌がなくて、(長渕剛さんの)『乾杯』を歌ったりしてましたね。一生懸命iPhoneで歌詞を探しながら(笑)

と撮影も朗らかな雰囲気だった様子。

映画情報どっとこむ ralph 深田監督のSNSでの反応に対して話を振られ、

深田監督:今回SNSのキャンペーンで「#海を駆けてきた」のハッシュタグで感想が見れるので、観てしまいますね。あまり深追いすると地雷を踏んでしまうので、ほどほどで。

と実際SNSでも、多くのコメントに反応し、観客の感想が気になってしまう様子。

よしひろさん:みなさんもツイートしていただければ、(本日風邪で声の枯れ気味な監督に対し)声の枯れていないネット上の深田監督が降臨しますよ!

と告知も。

さらに撮影裏話で、最後の海を駆けたシーンでキャスト4人が同時に海に落ちるシーンに対し、

監督「橋を走っていたあと、本当に落ちるリアクションが欲しかったので、(バラエティ番組の)落とし穴みたいに一気に下を開けて4人同時に落としましたね(笑)

と笑顔の監督に、

しりあがりさん:人がわる~

とツッコミ。

深田監督:映画はいかに上手くウソをつくか、だと思うので、このぐらいが丁度いいんじゃないでしょうか。

と、締めました。

映画情報どっとこむ ralph 深田晃司×ディーン・フジオカ 心揺さぶる美しきファンタジー

海を駆ける
公式HP:umikake.jp
インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すが正体は不明。その謎の男にラウ(=インドネシア語で「海」)と名付けて預かることになった、災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシたち。その周辺で謎の男・ラウは様々な不思議な奇跡と事件を巻き起こしていくーー 果たしてラウは何者なのか…
***********************************

キャスト:ディーン・フジオカ 太賀 阿部純子 アディパティ・ドルケン セカール・サリ 鶴田真由

スタッフ:監督・脚本・編集:深田晃司
企画制作:日活
配給:日活 東京テアトル  
©︎2018 “The Man from the Sea” FILM PARTNERS   


大力拓哉&三浦崇志の代表作『ニコトコ島』 & 『石と歌とペタ』 遂に劇場公開!


映画情報どっとこむ ralph 10/14(土)よりシアター・イメージフォーラムにて公開される、知られ ざる奇才、大力拓哉と三浦崇志の共同監督による『ニコトコ島』と『石と歌とペタ』2作品の予告編、メインビジュアルが解禁です。

2007 年のデビュー作『タネ』からコンビを組み、以降旺盛に作品を発表し続けてきた大力拓哉と三浦崇志。

映画情報どっとこむ ralph イメージフォーラムフィルムフェスティバル2009で大賞を受賞し、第 62 回ロカルノ国際映画祭コンペティション部門に招待された『ニコトコ島』(08)は、細緻で大胆な構図によるモノクロームのビジュアルが印象的な作品。

監督ら自身が出演し、大阪弁の不 可思議なモノローグが続く中、、三人の男がフェリーに乗って謎の 島を旅するという物語である。この度は、解禁された予告編では、 登場人物たちが“山”とは何なのかを巡って一見、他愛の無い言 葉のやり取りをした後に「僕ら、もしかして何にも分かってない んちゃうん」というセリフが映画全体を貫く通奏低音のように聴 こえてくる。 続く『石と歌とペタ』は第 7 回ローマ国際映画祭で招待上映された作品。

映画情報どっとこむ ralph 『ニコトコ島』とは一転、軽快な音楽と、 ビビッドなカラー映像のセンスが光る。物語は「石」と「歌」、そして全く正体不明の「ペタ」と名乗る者たちが“ど こかへ向かう”ロードムービー。「石」「歌」「ペタ」と名乗ってはいるものの、やはり監督自身らがそのまま登場して いる。森に行き、草原を走り、まるで子供のように遊び続ける彼らはどこに向かっていくのか? 「死ぬときは死ぬも んなあ。もっと遊ばななあ」という劇中の言葉からも分かる通り、本作は彼らなりの青春映画なのかもしれない。 海外の高い評価にもかかわらず国内では映画祭以外ほとんど上映されてこなかった彼らの作品がついに一般公開と なる。世界でも類を見ないオリジナリティを発揮し続けている大力拓哉&三浦崇志の作品は、引き延ばされた無為の 時間に遊びながら、「ひとはなぜ生きるのか」「死とは何か」という根源的な問いを、いたって軽やかに問い続ける。

今回、解禁されたメインビジュアルを手がけたのは、80 代より「ガロ」「ヘヴン」「クイック・ ジャパン」「ユリイカ」など数多くの雑誌デザインの仕事も印象的な羽良多平吉氏。二人の作品をかねてより高く評価 してきた羽良多氏たっての希望で今回のコラボが実現。

映画情報どっとこむ ralph しりあがり寿先生、岡田利規先生からのコメントです

しりあがり寿(漫画家)
「デジタル」とか「パソコン」の時代に、すごく手作り感あふれる映像で、一つの画面の中にちっちゃーな事から、大き な事まで、くだらなーい事から、大切な深ーい事まで入っていて、それがユーモラスに語られて長い時間飽きさせな い。素晴らしいとおもいましたね。新鮮なスタイルの作品で、「オレもああいうの作ってみたい」と思う人がこれからどん どんでてきそうな、新しい可能性を感じました。(『ニコトコ島』へのコメントより)

岡田利規(演劇作家/小説家/チェルフィッチュ代表)
『ニコトコ島』も『石と歌とペタ』も、出てくる三人組は生半可なこどもみたい。もしくは、生半可な原始人。退屈さとたわ むれる、ということだけをしている。それだけをして生きているような、夢を造形した映画。わたしが彼らから目が離せ なかったのは、たぶん羨ましかったからなんだろう。 意味の無い、目的の無い、価値の無い、その自由。 彼らの生半可さは挑発的で、かつ魅惑的だ。


ぜひ映画公開を楽しみに!

『ニコトコ島』
Exif_JPEG_PICTURE

『石と歌とペタ』
シアターイメージフォーラムにて 10 月 14 日(土)より公開!以降全国順次

***********************************

『ニコトコ島』(2008/日本/47 分/モノクロ/4:3/DV) 大力・松田・三浦の3人は船に乗る。船に乗って、彼らは「どこか」へ向かう。とある 島に到着した3人は、どこへ向かうでもなく、おしゃべりしながら岩山や森を歩き続け る。誰か一人が死んでも、彼らは歩き続ける。 ◆監督・脚本:大力拓哉、三浦崇志◆出演:松田圭輔、大力拓哉、三浦崇志◆音楽:松 田圭輔、大力拓哉

『石と歌とペタ』(2012/日本・フランス/60 分/カラー/4:3/DV) 石と歌とペタの3人は、出会い、一緒に旅をする。目的地があるから迷う、ということ に気付いた3人は、目的を「いろんなところへ行く」に変更する。 話したり、遊んだり、歌ったり、夢を見たりしながら、3人の現実と非現実の狭間の 旅は、終わることを知らない… ◆出演:松田圭輔、大力拓哉、三浦崇志、中尾広道◆音楽:松田圭輔、松永康平、ラ シャード・ベッカー、大力拓哉◆サウンドエディット:大力拓哉◆タイトルデザイン: 橋本新◆協力:中尾広道、岡本珠希◆プロデューサー:岡本珠希(CaRTe bLaNChe)、 Dairiki&Miura◆監督・脚本:大力拓哉、三浦崇志